5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

趙雲と忠勝・・・・・・・・

1 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 20:01:06
似てますね、この人たち。長坂橋と一言坂の踏ん張り具合も。

2 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 20:03:16
どう見ても趙雲のほうが上。

3 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 20:05:53
いや、どっこいどっこい。小牧・長久手合戦時の秀吉本軍へのけん制は趙雲を彷彿とさせるではないか。

4 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 20:06:03
漢の弱兵と日本の兵隊を一緒にしてはいかん

5 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 20:09:56
忠勝に一票

6 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 20:20:31
俺は日本の呂布「真柄直隆」と日本の張飛と称された本多平八の一騎激戦の様子を詳しく知りたい。
榊原康政も強いと聞いたが・・・


7 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 20:24:26
「ふたりはプリ強!」と称して一緒に敵と戦って欲しいわ。

8 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 20:46:28
きめぇ

9 :項龍:2006/09/08(金) 20:48:33
>>8と同感

10 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 22:34:22
二人を比べるのが無理。趙雲子竜なんて脚色しすぎで真実味のないキャラだし、本多とは比べるべくもなし。

11 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 22:38:10
本多も徳川マンセーで過剰に脚色してる部分はあるだろうよ。

12 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 22:40:01
日本人は中国人と違いそんな歴史の捏造はしません

13 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 22:43:52
史記では趙雲なんて一行くらいの記述しかねぇんだろ?吉川三国志の読みすぎで大した事ぁねぇよ、実際戦闘マシーンじゃないみたいだし。忠勝に一刺しで殺られるだろうよ。
過剰に脚色しても忠勝のほうが歴史が若い分だけ得。


14 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 22:45:14
きめぇ

15 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/08(金) 22:46:38
本多平八郎より最強部将は朝倉家臣・真柄直隆・直澄。多分呂布、張飛といい勝負か上。

16 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 08:17:11
三国武人と戦国武将を比べるのがナンセンス

17 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 10:24:23
呂布…忠勝
じゃねーの?

18 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 10:50:15
無双厨氏ね

19 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 10:51:55
真柄との一騎打ちに苦戦していた本多忠勝公。家康公思わず「鍋(忠勝の幼名)が危うい、助けろ!」と言ったとか。
忠勝は趙雲ではなくて張飛だな、織田信長も「日本の張飛」と言ったらしいし。三国志も呂布に苦戦する張飛を心配した劉備玄徳が助けに行ったし・・・

20 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 11:14:10
誰も>>13の「史記では趙雲なんて」につっこまないのはなぜだっ!?

21 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 11:52:02
でも史実では劉備の息子を救った、くらいしか記述ねーんだもん。
羅漢中が無茶苦茶に創作するから趙雲も全然違う人になっちゃった、って感じだわ

22 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 11:53:08
松平健に趙雲させたらさぞお似合いだろうに・・・

23 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 12:04:48
>>21 お! >>13の「史記では」は「史実では」、の間違いってことか… ああびっくりした。
でも正史三国志でも一行というのは、どう読んでもありえないし、正史=史実とか言ってるなら、それはそれで(ry

24 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 12:08:44
北伐で活躍した記述も正史にあるよ

25 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 12:13:46
どんな記述? でもこの二人、タイプ似てるよね、寡黙で無骨で戦闘の仕方が似てる。


26 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 12:17:16
しんがりとして曹真の追撃を防いだ

27 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 12:18:56
175cmの巨大刀が愛刀の真柄直隆

こんなでかいものよく振り回せたもんだ

28 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 13:35:50
むしろテンイやキョチョじゃね、

29 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 14:57:32
一騎打ちって中国だけだと思ったら日本でも結構やってんだな。
山中鹿之助もやったらしいし。信長も若い子ろ林秀貞の弟を一騎打ちで瞬殺したらしいし。

30 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 15:10:09
一騎打ちの本場はむしろ日本だろ
中国じゃ滅多に無いぞ

31 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 16:16:46
え、そうなの?知らなかった・・・
で、有名なのは? 創作らしいけど謙信VS信玄とか?


32 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 16:47:52
日本人は正々堂々と勝負する民族だからな
中国人は騙し討ちしかしないし

33 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 16:51:30
元寇の話を思い出す。

34 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 16:56:05
中国が日本に来て一斉に攻めてくる戦いをするまで日本は大将同士の
一騎討ちで決着を付けていたとかどっかで聞いたお。

35 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 16:58:03
決着付けようって申し入れる前に、雑兵とかがさんざん殺し合いしてるんじゃね?

36 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 17:04:44
少しは勉強しろよ・・・
一騎打ち、組み討ちは日本のほうが有名だろうよ
承平・天慶や前九年・後三年の頃からあり、戦国時代後期まで続いてる

37 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 17:21:13
やっぱ、三国志の影響が強いせいか、一騎打ちといえば中国のイメージが。
日本の一騎打ちってあまり聞かんな。一騎打ちで勝敗決した事はないだろ。あったとしても絶対総力戦となる展開なんだろうな。

38 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 17:24:56
で、三国志武闘派と戦国武人で一騎打ちしたら最強なのは呂・・・

39 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 17:30:35
日本の武士の時代初期は戦いは1対1の所謂一騎打ちが多く、勝てば目立てた。その名残で一騎打ちが多いと思う
中国は多対多が多いから一騎打ちといっても流れで実際は戦ってたら偶然敵将と戦う羽目になった と思う


40 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 17:31:38
日本の武士の時代初期は戦いは1対1の所謂一騎打ちが多く、勝てば目立てた。その名残で一騎打ちが多いと思う
中国は多対多が多いから一騎打ちといっても流れで実際は戦ってたら偶然敵将と戦う羽目になった と思う

41 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 19:28:34
三国志演義で行われてるような一騎打ちは、平安時代武士の成立からしばらくの間だけだね
その頃は合戦の日時も開始の合図も決まってて一対一の騎射戦が行われていたみたい
「近頃の合戦は〜」って老人が嘆く話が源平盛衰記に載ってる

42 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2006/09/09(土) 19:54:59
武士による初期合戦の作法

対陣

鏑矢→物分れ(話し合いで決着)
↓└→矢駆け→一騎打→組打(名乗りを上げる)

答矢(合戦に応じる)

矢合戦

騎突

43 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 20:38:16
三国志の時代の戦争方法はどんなだったの?

44 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 20:58:44
>>43
基本的には集団戦

45 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 22:01:53
じゃ、長坂橋の戦いで張飛が仁王立ちして魏兵を雷喝して退散させた話はウソなんだよね。

46 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 22:04:15
あーあ。>>40>>44をよく読まずにカキコしてる>>45がいるよ

47 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 22:15:19
俺は元自○官だったんだけど、演習では隊の統率をするに無線を使う。昔は無線なんてないから旗とか楽器で統制とってたんだろうけど、三国志で扱う軍兵は十万単位でしょ?
どうやって動かしていたんだろう。曹操が「曹仁に兵十五万を預ける」なんてくだりがあるけど、実際預けられたとしてもまるまる使わずに勝敗が決するような緩慢な戦いだったのかと想像してしまう。

48 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 22:28:56
>>45
張飛は一騎打ちをする為に長坂橋にいたわけじゃないよ、
しんがりとして敵を防ぐのが目的。

49 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 22:40:57
忠勝も一言坂でしんがりしたよね〜

50 :勇魚 ◆Cl39TXJnDE :2006/09/09(土) 23:34:15
>>47
都市を占領した後にそこで統治を行う部隊と引き続き敵の掃討に向かう予備部隊と考えては?
昨日まで敵だった地域で交代制で警戒するなら兵は決して多いとは言えず…。
用語も間違ってるやも知れず、元自衛官の方に釈迦に説法状態な事に気付いて赤面な私。


51 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 23:50:24
>>47
実戦部隊の単位は数千単位じゃね?
三国志で出てくる数量はほとんどが誇張されていて、正史を読むと5万とか2万程度の数になってる場合が多い。

まあ、日本でも関が原の合戦があるわけだからそれが参考になるかも。

52 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/09(土) 23:59:03
いえいえ、とんでも。元自なので大した事ありません。
しかし、当時でもいろんな職種の部隊を高効率配備しなければ戦争は勝てませんよね。例えば兵站部隊。半戦闘者ばかりの後方支援の任ですが、きわめて重要ですよね。
だから十数万の中の予備部隊と考えても不思議ではないですよね・・・
その中で大軍団で戦争に行く場合、三国志の時代なんかどういう編成・編制していたのか興味のあるところ。
日本と違ってスケールのでかい中国では、一会戦で何万人という集団で戦う訳だから信号や識別なんかをどうコントロールしていたのかホント興味あります。
曹操、孔明はどうやって両手両足の如く軍運営したのかなぁ・・・

53 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/10(日) 00:04:41
どれだけ正しい命令を下しても伝令係の解釈と記憶違いがおきれば軍はズタズタ。

54 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/10(日) 00:18:58
>>52
兵法に通じた者同士の定石のぶつかり合いならば、ある程度は相手の動きにも予想が。
普段から各部隊長に自分の戦略を教え込み「今度は陣形A」とか手旗で通達で戦闘は無理?


55 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/10(日) 00:26:23
格闘技にも攻撃防御に型があるようにきっと軍にも型があるのだろう、と想像してみる。
現代の一騎打ちは攻撃ヘリの空中戦といったところか・・・


56 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/10(日) 02:11:21
俺がガキの頃にやってたアメリカの刑事ドラマ『音速ヘリエアーウルフ』は
徒歩で逃げる犯人をエアーウルフで追撃したり
あんまりエアーウルフの必然性が感じられないドラマだった

57 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/10(日) 08:14:57
戦国時代の戦立ての彼我識別として基本なのはノボリですね。
本多忠勝というと鹿の兜が有名ですが、あれしか持ってなかったのでしょうか?
鹿の兜の違うバージョンとかスペアとかあったのかな・・・

58 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/10(日) 23:00:13
>>54
お互いの位置把握が難しいと思う。

59 :無名武将@お腹せっぷく:2006/09/22(金) 22:06:25
携帯があれば楽なのになぁ

60 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/06(金) 13:26:24
>>57
同じ徳川四天王の酒井忠次なんかだと
鹿角兜の他に葉っぱ型兜が現在でも残存してるしね。
忠勝が他の兜を持っていたとしても不思議ではない。

61 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/14(土) 02:49:59
鎧兜はそれぞれ違うデザインの奴を複数持ってたんだと思う。馬だって十数頭くらいいたんだろうね。
武将は戦争に直結するようなアイテムは多すぎるほど用意していたと思う。
忠勝も拝領した兜も着装した事もあると思うが残っていなくて残念・・・


62 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/14(土) 06:59:47
そういえば呂布と張飛が一騎打ちしたことってあったっけ?

63 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/14(土) 09:18:33
呂布と趙雲ってどっちが強い?

64 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/18(水) 23:48:43
>>28
許チョや典イは軍勢の大将になって戦うことがないでしょ。ハンカイと同様。
日本でそういうのは誰だろ?時代が違うけど弁慶ぐらいしか思いつかない。

65 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/20(金) 19:10:07
渡辺半蔵・服部半蔵、こいつらも強い。

66 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/20(金) 19:12:07
岡崎城?では酒井、本多、榊原、井伊等四天王の本物の兜を展示中!と中日新聞に書いてあった。
急げ、武者共!

67 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/29(日) 09:00:40
渡辺半蔵って誰?

68 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/29(日) 09:15:39
>>67
槍半蔵こと渡辺守綱

69 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/29(日) 18:50:45
岡崎市美術博物館へ行ってきました。
ガラス張りのとても綺麗な美術館に感動しました。
展示室は徳川四天王が当時使用していた合戦アイテムに思わず感動!!
私は本多忠勝ファンなので鹿角の鎧兜に初対面、レプリカでない事にさらに大感激、目の前にあるこの兜で主要合戦をかいくぐってきたと思うとグッくるものがあります。
榊原も井伊も酒井もみんな本物の兜、太刀、直筆の家康、秀忠、また秀吉からの手紙も本物だった。酒井コーナーでは有海原合戦時、鳶の巣山急襲に喜んだ織田信長からのプレゼント品の陣羽織、太刀等もあったよ。
史実に近い長篠合戦屏風図もじっくり拝見、やっぱ織田・徳川本陣は山中の安全なくぼ地に陣を構えていた。やっぱ全体が陣城だったね。陣城付近から丘陵上段まで幾重にも馬防柵があり、三段鉄砲攻撃は全然なかった。

70 :無名武将@お腹せっぷく:2006/11/07(火) 22:03:36
すごいな。

71 :無名武将@お腹せっぷく:2006/11/20(月) 23:37:19
趙雲と忠勝ではなく、趙雲と康政なら何となく理解できる。

72 :無名武将@お腹せっぷく:2006/11/21(火) 03:32:18
なんで忠勝ではなく康政?
ふたりとも旗本先手役で年もタメなのに
忠勝じゃだめなの?
俺は直政が馬超と少し被ると思う
新参で苛烈な性格で、でも実は結構育ちが良かったりするところが

73 :無名武将@お腹せっぷく:2006/11/21(火) 03:33:28
なんで忠勝ではなく康政?
ふたりとも旗本先手役で年もタメなのに
忠勝じゃだめなの?
俺は直政が馬超と少し被ると思う
新参で苛烈な性格で、でも実は結構育ちが良かったりするところが
二人とも容姿の評価が高いのも一緒だな

74 :無名武将@お腹せっぷく:2006/11/22(水) 00:06:22
じゃ、何で忠勝なの?一言坂合戦時、橋の上で武田軍相手に良く食い止めた話なんか正に三国志長坂橋で防戦した張飛に似てるじゃないか。
信長からも日本の張飛と言われたらしいし。
地味なところでは榊原と趙雲は良く似ていると思う。榊原も趙雲同様、相当強いと思うが。
鳥居元忠は伏見城戦では関羽を思い起こす。

75 :無名武将@お腹せっぷく:2006/11/22(水) 00:10:12
俺は馬超と聞くと何故だか伊達政宗を連想する。
渡辺謙に馬超を演じてもらたいものだ。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)