5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

冥王星について★part4

1 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 19:59:50 ID:???
【前々スレ】
不可思議の星☆冥王星☆
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1002384735/
冥王星について★part2
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1084586553/l50
冥王星について★part3
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1126315383/l50
冥王星(蠍座の支配星)マレフィック
「世代的特徴」をあらわすという意味では、もっとも分かりやすい惑星かもしれません。
個人レベルでの影響は、サインでは薄く、影響は弱いので、自覚しにくいのですが、
チャートではあなたの無意識・こだわりをあらわし、アスペクトやハウスではっきりその特徴がでます。
自覚していようといまいと、冥王星はあなたの「無意識」を強制的に「そこ」へ引っ張っていきます。
本人の都合、周囲の状況、事情いっさいを無視して、物事を極限的、根元的に破壊したり消滅させたりする星です。
その力には誰も逆らえません。年齢域は99歳〜115歳ですので、人によっては「死後」だったりします。
この天体はひと星座に20年はいます。

2 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:00:29 ID:???
太陽からの距離        597億1512万q
体積(地球=1)          166分の1
公転周期            248年
自転周期            6日と9時間
軌道平均速度         4.59q/s
赤道直径            2274q
離心率              0.249
比重(水=1)           2.07
表面温度            -215℃
持っている衛星        カロン
この星は太陽系の一番外側を回っています。
太陽からの熱や光はほんの少ししか届かないので、凍った闇の世界です。
地球の衛星の「月」よりも小さく3分の2しか有りません。(藤井 旭 星空図鑑参照)
表面は明るいところと暗いところがあり、何かの模様にも見えなくもありません。
クライド・トンボー(アメリカ)が1930年3月13日に発見し命名をしました。
それから48年後の1978年6月22日にJ・クリスティにより
冥王星の衛星「カロン」が発見されました
カロンは神話に出てくる「三途の川」の渡し守の名にちなんで命名されました
ただこの衛星「カロン」は海王星の外側(冥王星は内側)を回っている
「カイパーベルト(帯)」の仲間とも言われています。
冥王星は海王星と約18年の周期で交差する事がわかっています。
ギリシャ神話ではプルート(ギリシャ語でハーデス)と呼ばれ意味は
冥界(死者の世界)の王です。惑星の名前の由来は色々まだあります。
冥王星の軌道は他の惑星と違い大きく傾いています。

3 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:05:52 ID:???
2006年の国際天文学連合の総会で惑星からdwarf planet (矮惑星) へなりました。
占星術研究者の見解
ttp://aya-shumi.cocolog-nifty.com/heya/2006/08/post_24d7.html
ttp://mademoiselleai.nifty.com/madeailog/2006/08/post_9168.html
ttp://kagami.nifty.com/kagamilog/2006/08/post_834f.html
ttp://www.tora.ne.jp/diary/index.htm



4 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:08:00 ID:???
>>1
お疲れさま


前スレの占星術師の皆さんのコメントって
ここの住人が出していた様々な意見を集約しただけなのでは
という印象を受けますね

5 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:08:45 ID:7qoHqgLP
2ちゃんが中心キタコレ

6 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:09:03 ID:???
いや逆で受け売りだと思う・・・おれもだけど・・・

7 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:15:55 ID:???
他に占い師のコメントない?

8 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:18:15 ID:???

やはり、こりゃ、モダンは終わりっぽいなぁ。。。

いま、人々の認識の深まりが、以前とは違った水準に至りつつある。
平均値そのものが上がってる。それを意識しない人のほうが少ないのでは。

当然、メディアからアウトプットされる情報水準そのものも
上がらざるを得ないし、これまで適当に組み立てていたものは排除されていくと。

BPOのカンファレンスへいったとき、テレビの人たちが盛んに言ってたのは
テレビの地位が下がった、ということだった。それまでの特権性を失ったと。
テレビに憧れていたからこそ、テレビ局に入社したのに、とちょっと悲しそうだったが。

今回の出来事は、これまで一方的に行われていた
マスメディアを中心とした情報流通を解体する動きをさらに進めるような「事件」だと思う。

9 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:21:49 ID:???
新惑星の発見など、天文学上の動きに連動してやり方が変わっていくのがモダンなので。
今回のことで占いが変わるというのがそもそもモダンの発想なわけ
近親憎悪君

10 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:24:15 ID:???
人々の深層心理に与える影響は大きそうだな。

これ、惑星が新しく発見された、というのとは根本的に違うからね。
これまでの科学の定義が間違っていました、ということなんだから。

科学の定義が多数決で決まる、というのも、科学とは?ってのを
考えたことのない人にとっては、かなり異質感がある出来事なんだろう。
しかし、それが新聞記事を通して人々の周知されるようになったと。

そういう「認識の組み換え」が自由自在に起こりうる世界に自分たちは
生きているのだ、という視座を獲得できるチャンスだと捉えるべきに思えるよ。

硬直しきった旧態依然とした世界観にしがみついている人たちは、
いまや旧世代の認識水準の人々なんだな、といいたくなってくるな。
やっと、物事がまともに回り始めたか、という印象が強いね。
いままでの硬直振りはあまりにも変だった。

11 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:25:11 ID:???
どうも俺は
何か=何か っていう話が好きじゃない。
そんな単純じゃないでしょう。
とくに冥王星なんて星に関しては。
土星を一方向の価値観だけで捉えたら何にもならないのと同じでね。

12 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:25:32 ID:???
>>9

ハイハイ。勝手にいってなさい。
何の筋道の筋道も通ってないし、実行力もない体系なんか、
そもそもありえないんだよ。

お前の志向水準はとっくに抜き超えられている。残念だけどな。

13 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:25:39 ID:???
で他の占い師の人の見解まだー

14 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:26:45 ID:???
>>11

いやいや。単純でしょ。これまでのものが、空っぽだった
ということがわかったんだから。

15 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:29:44 ID:???

モダンにはもともと精緻な思考体系などないというのがばれたんだから、
これ以降は続かないでしょう。

もう無理だと思うよ。普通に考えられる人たちは、そう考えるでしょ。

これからは古典の時代だ!というわけでもないし、モダンやってた人たちは
なし崩し的にこれまでどおり、いろいろなんだかわからない理屈をつけながら
やってくだけしかできないんだろうが、これまでのように支持していたひとたち
からも支持されるかというとそのへんは、かなり怪しい。

16 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:32:20 ID:???
なんのために古典派とかモダンとか東洋と西洋とかで棲み分けしてるんだか。
いちいち批判してたらそれぞれのユーザー同士の話ができなくなるから分かれてるんだろうに。
モダン嫌いなのはわかったから他所でやってくれ
いちおうここは冥王星使いたい人のスレなんだからさ

17 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:34:07 ID:???
>>16

これまでのものが壊れていってことがわからないなら、
あなたの認識は旧世代のそれなんでしょ。

ちなみに、年っていくつなのさ? 50こえていないか? ジジくさいな。

18 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:35:06 ID:???
あーうざ

19 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:36:17 ID:???
正直、冥王星が降格されたことが世間の深層に与えている衝撃が
ヴィヴィッドにわからないやつはそーとー鈍いと思うよ。

科学とは?ってのをまったく考えたことのない人たちが、
こういう記事を読んで、「どーなってるんだろうなー」と考え始めるわけで。

20 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:37:56 ID:???
>>18
まぁ、抜き超えられていく立場は辛いよな(オレモナ)。

なんだかよくわからんねーちゃんにさえ、
「冥王星って、もう惑星じゃないんだよね」
って言われるんだし(苦笑)。

21 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:47:23 ID:???
その惑星降格したりTNOが認知されたりしたのを占星術的に解釈してみようってスレ進行してたのに、
終わった終わったってこの人はなにがしたいの?


22 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:49:46 ID:???
>>21
話を摩り替えないように。
だからそれは、無理でしょって話まで進んでいたはずだ。

12+15以上存在する惑星と矮惑星をすべて組み込むのは
いまでさえ、小天体や存在しない感受点を、数が多すぎるとなにがなんだか
わかりませんから、パスという単純だがわかりやすい理屈でスルーしている
人がほとんどなのに、そんな膨大な数のポイントをすべて一律に使えるはずないし
落とすにせよ基準の作りようがない。

お前が何を言いたいのかが、本当にわからん。浅いなー。

23 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:49:55 ID:???
>19
冥王星の降格以上のことが日々起こり続けていくのが世の中であって…
それに目をつぶる君のほうが正直鈍い。頭の中占星術しかないのか。

24 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:51:23 ID:???
今後、占星術研究家を名乗る方々の力量が本格的に問われる訳ですね
大量のデータと素質と経験を武器に・・・

25 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:51:31 ID:???
>>23

ここは冥王星のスレだが。

なるほどね。世間の人たちは、
これまでどおりなにも気がつかないといいたいわけか。
それも牧歌的な感想だよな。増えるよ。気がつく人たちは。

26 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:54:06 ID:???
>>22
お前が勝手にわめいてただけ。自分はそうは考えない、というひとには
理屈がない、で一蹴。おまえの理屈だろそれは

27 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:55:01 ID:???
>>26

いや、じゃぁ、お前の理屈を明らかにすればいいじゃんw。

なにいってるのさ。そういうもんだろ。物事ってのは。
議論馴れしていないか、相当な田舎に住んでる人じゃないのか。

28 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:55:51 ID:???

本当に、個人商店でかってな理屈をこねて、
わがままに振舞ってきた星占い師のツケが
ここにきて噴出しているような希ガス。

29 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:56:34 ID:???
実際の事件と占星術イベントをつきあわせて力を検証する占星術の普通の方法は
脳内でしょ、で済ますし。
占星術やりたくないなら帰って欲しいんだけど

30 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:58:12 ID:???
>>29
その普通の方法そのものが、怪しいと思われているってことくらい
自覚してる? だから甘いんだよな。

あのさ、星占いの世界の以前に、世間ってものがあるの。
世間的な素朴な感想を排除するスタイルでしか
世界観を成り立たせないものなんて
そりゃカルトっていうんだよ。摂理とかもろそれでしょ。

31 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 20:58:51 ID:???
ここは占い板なんですが

32 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:01:02 ID:???
>>31
わかってないな。
占い板の以前に、日本人として暮らしている社会環境があるじゃんか。

2chのローカルルール以前に、日本国憲法を始めとする
法体系があるのと同じ。

君らがごねているのは、内輪で好き勝手に作ってた
ローカルルールが、さまざまな理由で他から圧力受けて
変えられることには納得できない、というのと同じ水準なんだよな。

33 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:02:57 ID:???
結局ただの占いアンチなんだよな
涌いくてくるのは予想はできてたけど


34 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:03:29 ID:???

理屈に合わないようなおかしなことをごり押ししているつもりじゃなければ、
やはり今の占いまわりの状況はおかしいよな、と思って当然に思えるけどね。

それが冥王星の降格で状況のおかしさがこれほどまでに明らかになったのに、
んじゃそれは無視して、冥王星は……というのは、どっか心理的に欠落している
部分があるのではないのかと思えないほどご都合主義に思えますが。

35 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:04:18 ID:???
>>33
そういう2区分しか出来ない単純さにあきれ返ってますけど。

36 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:05:48 ID:???
いやだから占いそのものを否定してて自説ぶったって占いスレ的には意味ないです

37 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:06:59 ID:???
>>36

別に占い否定していないでしょ。オラクルだって占いでしょ。
冥王星を使ってシステムを組み立てていた
星占いのモダンだけが、占いだと思ってるの? 

それこそ傲慢な考え方だよね。

38 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:07:30 ID:???
西洋占星術って時代によってどうとでも変わるデタラメな
占いだったんですね。

39 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:07:43 ID:???
>>25
冥王星のスレってのはわかってるけど…
頭が大丈夫でない人に構ってしまったのだろうか。

40 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:10:15 ID:???
>>37
>>30

41 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:12:15 ID:???
>>39
まーみんな冥王星について自説をぶちあげるだけだから無視して好きにすればいいんだけどね
しつこいけど

42 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:13:19 ID:???
>>38
ヨーロッパでは、ラテン語圏で生活していた社会的上位層と
それ以外の人たちの間で、知的な格差が生じていたし、
今でもそうなのは事実だと思う。

まぁ、これも良し悪しで、ラテン語圏の知識体系は形而上的で
形骸化しており、それ以外の社会性を帯びた実知識こそ本当だ、という
意見もあるんだけど、すくなくとも星占いに限るなら亜b、
こうざっと観察して議論した限りでは、知性の発展に意識的に
障壁が設けられている現状がどこか星占いにはあることも事実だから、
うーん……。

ひょっとすると日本の星占いは、ラテン語圏以外の集団から
あまり整理されていない悪い部分をよりによって受容したのかもしれない。
使えないし体系化されていない俗流の知識として捉えられるようなそれ。
だからこそ、大衆文化とかサブカルの水準で止まってるとかさ。まぁわからんけどね。

43 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:14:01 ID:???
相手するのが間違いだと。
なにがうざいといって、みんなあれこれ書くけど、この人はただモダンは終わった、って延々くり返すだけなんだよね

44 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:15:10 ID:???
>>43

おいおい。嘘は言うなよ。ホント、理解力がないというか。

過去スレ読んでみろ。
モダンを使ってた人たちは、これまでもやむなくモダン使うでしょ、
といってますけど。


45 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:16:08 ID:???
しかし、世間的には、モダンは終わったでしょ。

個人的に終わってない人がいるから、それは違う、というんだろうけど、
どうして終われないのかを意識化できないから、
ご本人にはなにも理解できないだけでしょう。

46 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:20:37 ID:???
以上、終わったのに決まってる、終わったのに気付かないのは頭が悪いせい、
という頭の悪い流れでお送りしています

47 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:21:48 ID:???

頭が悪いのではなく、これまで使いつづけてきたツールだから、
周囲の環境が変わっても、すぐには感情を切り離せないんだよ。


48 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:23:56 ID:???
冥王星を使って、世界を観察しつづけてきたのに、
いま、いきなり使うな、といわれてもなかなか普通は無理でしょ。

経験した範囲は、すべて冥王星が入ってるんだし。
できるなら、このままずっとそうでありたいよね。

でも外の環境は変わったし、それをひっくり返すだけの理屈はもてないし。
そういうジレンマがあるんじゃないの? 占いが当たる当たらないはともかく。

49 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:25:59 ID:???
占星術師が何を信じようが、どんな理屈をこね回そうが勝手。
だけどね、プロとして商売するには、顧客の常識的な知識から判断しても
馬鹿げてて奇妙に映る理論を語ってたら、占星術という占術への信頼や、
変な言い方だが占い上の信憑性が瓦解して、誰からも見向きもされなくなるの。



50 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:39:16 ID:7qoHqgLP
ID消える板はほんとめんどくさいな
ずーーっと書き込んまーすクンはコテハン付けなさいよ。

51 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:42:21 ID:7qoHqgLP
前スレで書いたけど、今更のようにギャーギャーわめいてる奴は
今回のことを是正と考えずに転換と考えてる奴だ
それで意識だのなんだのガチなオカルト話持ってきて人を時代遅れ呼ばわりするのは
自分がゴテゴテに周ってるだけって事に気付いてないだけだ。
今回投票した天文学者と同じ視座に立ってないのね。
どっちが取り残されてるんでしょうね?

52 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:43:00 ID:???
>>51

オカルトじゃないよ(爆笑)。
おまえ、基礎教養足りなさ過ぎ。

53 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:44:45 ID:???

相手に賢くなってもらって初めて勝利を得られる、というのも
かなり辛い戦いだよな。

54 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:48:45 ID:7qoHqgLP
いやオカルトだって。
ぶっちゃけ占星術もオカルトなわけで
白けるのでそこのところは細かく突っ込みたく無いが。

55 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:49:35 ID:7qoHqgLP
それとも哲学とか形而上学とか言ってやれば喜ぶのかな?

56 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:51:57 ID:???

この件で村上陽一郎が新聞にコメント出していたが、
(うろ覚えだが)ああいう微分積分で
ちょっと怪しいコメントを出す人でなく、
占い師が、この件で、もっとガチな科学者と
いろいろ対話してみて、占星術にどの程度の妥当性が
今の時代にあるのかってことはちょっと興味あるね。

57 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:57:47 ID:???

個人的には10中8,9妥当性はないだろうとは思うけど。
鏡氏クラスでも、おそらくはひどいスレ違いで終わるか、
彼の学問的バックグラウンドだけで接点を持てるという感じで終わりそうだ。

妙な理屈で一方的に擁護している人たちはたぶん会話にもならないだろう。
そういう場に直面したことがないから、気軽に信じ込めるんだろうしさ。


58 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:58:21 ID:???
56=57です。連投ごめん。

59 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 21:58:31 ID:sutFMfxg
age

60 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 22:11:53 ID:???
前スレ>>920冥王星は巨大なオーラを持つ星。

それをどうやってみんなにわからせる?納得させる?
どうやって共通認識に持ちこむ?


61 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 22:17:10 ID:???
>>60
非常にわかりやすい例えを適切に探してきたというか。。。

個人商店だから共通認識など必要ない、という暴論はあるかもね。
ものすごく乱暴なことを言えば、狂っていても予測が当たればOK.
占い師に求められている社会的な職能は、つまりはそこなんだからして。
ただ、そういう人は、世間に大々的に出てくるのはまずいかもしれない。

占いが好きな政治家や財界人からたんまり鑑定料金をふんだくるスタイルで
仕事するのが、周囲にとってもご本人にとっても、ベストなあり方だと思う。
年若い知人は、議員会館で占っていたらしいから、そういう口もゼロではないみたいだよ。

62 :61:2006/08/26(土) 22:25:22 ID:???
ただし、社会的な上位にいる人たちに
大して信じていないことをこれ見よがしに吹聴したら、
それはそれなりのしっぺ返しを受けるでしょうが。
逆に、予測技術の本物の実力があるならば、歓迎されるでしょう。
いまも昔も、そういうスキームが求められていることは事実なんだから。

おれは、いろいろ見てきたし、そういうのが日常だったから
別にどうでもいいといえばそうなんだけど、神託に近い世界には、
社会的なニーズがあることは疑いようがない。

ただし、まぁなかなか当たらんけどね。見てきた限りでは。それも含めて、
みなで笑って、酒飲んで、愚痴を言い合って、偉い奴もとくにいないし、
馬鹿は馬鹿なりに(おれだ)という非常にフランクでよい環境にいたと思うよ。いま思うと。

63 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 22:25:32 ID:???
冥王星が格下げされてこだわるのは、
・固定宮が強い人
・自分のチャートで冥王星の位置に特別重点を置いている人
だと思う。

なんだか、
「自分的には、冥王星があったほうが自分のチャートがいい感じになる」
という理由だけで、
感情的反応をしてるやつが多い気がする。

さまざまな占い師の見解を読むたびに、興ざめするわ。

64 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 22:26:29 ID:???
自分のエゴの保身に奔走してる奴、多いよな

65 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 22:53:07 ID:???

本当に疑いようもなく当たる占いを
つむげる人がいたら、国家機密です。
AAAクラスのそれ。

そんな美味しい人材は絶対に国家が抱え込む。
世間にさらすわけなどないですよ。

66 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 23:07:15 ID:MEazQ5BX
別に、降格でも何でもないと思うけど。
単純に、世代の性格の違いって冥王星で顕著に見られるなどという具体例もあるわけだし。

そんな右往左往するようなこと?

67 :名無しさん@占い修業中:2006/08/26(土) 23:10:18 ID:???
>>66
だってあなたは、ありモノの指標で眺めているだけでしょ。
星占い以外の別の指標で説明できるかもよ? 

その可能性を考えないのは不思議。

68 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 00:16:14 ID:???
惑星降格と占いは全然関係ないと言い切っちゃってる占い師もいるね。
ttp://aya-shumi.cocolog-nifty.com/heya/2006/08/post_24d7.html

69 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 01:05:51 ID:???
松村潔の日記も、言ってることが最初のほうと終わりのほうで、
矛盾してる気がするが。
大御所なのに、逃げてるな。

70 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 01:11:12 ID:???
>>68の日記の方がいっそあっぱれだな。
無名だが。

71 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 01:13:38 ID:???
コイツ占星術をなめてる気がする。
http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20060825

72 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 01:20:43 ID:Co7xMZTW
>>2
命名者はこの人
http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/4596246.stm

73 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 01:34:45 ID:QRz34Mg9
冥王星は惑星でなくなったほうが
影響力を発揮するとか言ってる奴も、
めちゃくちゃキモイけどな。
冥王星は、惑星でなくなることを望んでいたとか言ってる奴いるし(藁)

ほんとこういう事件があると
占星術畑は、頭おかしいやつ多いなって再認識するよ。
なんでも都合のいいように話をこじつけて。

74 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 01:40:52 ID:???
実はその手のレスは全部同じ奴が書いてるw

75 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 01:46:45 ID:QRz34Mg9
天文学者は、実に冷静な正しい判断をしたと思う。

76 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 01:58:01 ID:ftnq8Nd7
降格
っていう言葉自体が
おかしい

トリックにひっかっかってるだけ

別に冥王星が惑星だろうがそうでなかろうが、そんなのたいした事かねえ。
天文学においてはその分類のほうが合理的だというだけのことじゃん。


77 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:02:20 ID:m3S+mLvO
うーん
星占いは駄目だなと思えてきた。
血液型占いも。

タロットは良いけど。

だって、自分の意思・意志で変えられない人生じゃぁ、ないから。
自分の努力で、変わるんだ。

78 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:05:08 ID:Fkm+bpl+
>>76
喪前そういうこと、なあなあにしてると
すべてのことにおいて、いい加減になるよ。
それに占星術というのは
天文学の分類を、今まで散々利用してきたわけだからね。

79 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:05:36 ID:C+oDX1UC
だから方向性だけを示すって言う人が多いね。
喋る方もその方が外れないからウマー

80 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:06:10 ID:???
>>67
逆。
冥王星のことは、ずっと後に気付いた。で、それがすべてとも思っていない。
でも、どんな指針だってありモノの指標でしかないんじゃないの?
占星術に限らず。

81 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:10:47 ID:???
>>78
世の中のことなんてすべていいかげんなんじゃないの?




82 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:12:27 ID:???
今回の話で

世間から冥王星が忘れられても、
自分たちだけは、冥王星の真の力を知っている
それは、一般人にはわからないことなのだ

みたいな、
勘違い選民意識を持った、基地外占星術ヲタが増えたのが、
最大の汚点だとおもう
なんだろうねえ、あの 自分だけにはわかる という特別意識。

83 :77:2006/08/27(日) 02:18:54 ID:m3S+mLvO
前スレ999のレスが、印章に残っちゃってさあ。。

血液型占いや星占いは占いの中でも特に罪深いと思うんだよね。
生まれた瞬間に全てが決まるような感じだもの。

そーゆーの信じないことで
なんか、凄く開放される気がする。

84 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:20:11 ID:???
999 :名無しさん@占い修業中 :2006/08/26(土) 19:55:43 ID:???

冥王星の惑星降格という犠牲がモダンという体系そのものを組み換えた、
それにより、占星術に捕らえられていた人々の魂を開放した、

そのくらいのことを言って欲しかったね。


85 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:23:41 ID:m3S+mLvO
>>82
そーゆー言い方はないと思う。
勿論広い心がベターだし、
ことが星占いだから尚更マニアックだけど
誰しも、何事も、そういう自負は付き物だと思うよ。

86 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:24:31 ID:???
以後鑑定や講座で
冥王星のアスペクトが〜とか、占い師が言うたびに、
初心者に「え、でも、冥王星って今は、もう惑星じゃないですよね??」
とか言われたりするんだろうなwww笑えるw

87 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:28:25 ID:???
占いで自負心持ってる人は、どの分野よりも痛い人種だと思う。
自分のホロスコープのほうが、だれだれのホロスコープより運勢がいい。
あの人より私のほうが、優れている!とか言ってる
四十路のヲバヲタ、たくさんいそう。


88 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:30:05 ID:???
「自負」みたいに、自信や誇り高さを連想させればいいんだけど、
全然ないよ、そういう雰囲気は、そういう人たち…
申し訳ないけど「勘違い選民意識」ってぴったり。

ところで冥王星は忘れられるかね?
惑星のままでいるよりずっと強力な印象を残したと思うんだけどね。

89 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:34:31 ID:???
四十路にもなると、占いにしか、最後の可能性を託せないんだよ。
自分の衰えた現実を見るのが嫌で、
占星術の中にしかない、自分のまだ見ぬ可能性を見つけて、安心したいんだろう。
いつまでも白馬の王子様が現れるのを待ってるのと一緒。

90 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:35:40 ID:???
それが幻想だって、いつになったら気づくのだろうか。
冥王星の意味するような、一発逆転のチャンスでも狙っていたんだろうね。

91 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:35:57 ID:???
>>81でFAですな
激しく同意だよ>>87

92 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:39:31 ID:???
>>88
「強力な印象」っていう考えは危険だよ。
勘違い占いDQNたちは、みんなそう言ってる。
そしてその強力な印象とともに、冥王星は惑星じゃなくなっても、
さらなる力を得たのだとか言ってるんだから。
なんだって、ニュースになりゃ、そりゃ最初の数日は印象に残るって。

93 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:44:07 ID:???
>>89
オバハンじゃなくてオサーンの場合もそうかもしれん。

94 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:45:35 ID:???
占星術を知っていることで、全宇宙の仕組みを知ったかのようになってるんだから
おこがましい
宇宙は占星術とはまったく関係がなく、動いてるのかもしれないのに

95 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:51:34 ID:???
>>93
ちょっとまて
オサーンが白馬の王子様を待つのかw


96 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 02:57:11 ID:QRz34Mg9
そういうオバ、オサーンて
プライドだけは、富士山よりも高いんだよね
そのプライドを守るために、占星術で理論武装してるわけか。

97 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 04:02:56 ID:???
>>63
それもあるのかもしれないけど、むしろ逆にチャートの冥王星が
自分の気に食わない位置にある人がスレを荒らしてるような気がするんだな。
あと、アンチ占いの人。


98 :77:2006/08/27(日) 06:21:19 ID:m3S+mLvO
>>87-91
まァ確かに、占いみたいな、曖昧模糊で、滅多にヨソサマの役に立たない分野で、
それも星占いみたいな生まれ落ちたときのドーコーで勝手に決まるみたいな
固まってしまっていて、なんら創造性のない分野で自負を持つのは趣味人の中でも相当サイテーだろうね。

私も星占いからは、しばらく遠ざかろうと思う。

しかし世の中そういう生産性のない趣味人は多いさ。
他人より××を観てます、なんてゆーのが自負の、結局生産性のない映画オタ、漫画オタ、アニオタ。
結局世の中そんなのばっかりじゃないの。
という訳なので、星占いだけをメッタ打ちする気にもならない。
あとまあ四十代の人間を叩く気にもならない。
四十代の体力でも、できることは沢山あるだろう。
星占い云々言える年寄りは、歳食ってても気持ちは若いだろうから、
まだまだこれから他のことで頑張れば良いんじゃないかな。

99 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 06:30:17 ID:???
漫画やアニヲタは、〜について人より知っている、というところでのプライドだけど、
占星術ヲタは、ホロスコープ=自分そのもので
自分や他人そのものをホロで見比べたり、勝った負けたの自負心があるからタチ悪い
相性でも、あの子より私のほうが彼との相性いいから
彼は私を選ぶはず!復縁するはず!とかってドブスが言ってたりするでしょ

100 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 06:33:12 ID:???
つまり、人間や森羅万象のものごとを
すべてホロスコープの解釈を通してでしか、見れなくなってるってことだね

101 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 06:39:30 ID:???
そこで冥王星の降格によって、
冥王星が世間からは惑星として否定された

冥王星の組み込まれたホロスコープ=自分そのもの

占星術を信じてきた、自分の存在そのものに傷をつけられた気分

というわけで
世間はわかってない!過剰反応したりするのだと思われる。

102 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 06:57:20 ID:???
冥王星を、過剰に信奉してるやつほど、痛い奴が多いよ。
そんで、自己愛つよすぎ。

103 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 07:48:32 ID:???
前スレで冥王星とカロンをあわせれば、
2003なんたらより大きい。衛星もあわせて考えようとかいってた人いたけど、
それなら木星にある63個の衛星、土星にある49個の衛星はどうなるんだ。
そっちのほうが、よっぽど影響あるように思えるが、
この幾多の衛星については、不都合だからなかったことにしてスルーしてるね。

104 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 08:03:04 ID:???
>>99
流石に、そンなホロマニアはいないんじゃないか。
そもそも親しくもない、世の中の他人のホロを入手するのは困難だしー。

105 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 08:08:27 ID:m3S+mLvO
>>103
ナイス閃き。
カロンばっかり特別扱いは不思議だね。
漏れ、カロンのこと嫌いだしー。あんな星、ウザいっていうか。

106 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 08:18:18 ID:???
天王星にも衛星は27個、
海王星にも衛星は13個もあるのにね。
なんでカロンだけ併わせて、大きさ稼ごうとしてんの(藁

107 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 08:19:53 ID:???
しかも、冥王星にも衛星3つあるんだけどw
ますますなんでカロンだけ特別扱い??w

108 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 09:15:34 ID:???
木星以降の巨大ガス惑星に多くの衛生や輪が見つかっても、
惑星と衛生の組成や構造が解ってきても、ずっと占星術は無視してきたわけで。
象意、力学関係、その他すべて基本的に従来通りの扱いを続けてきたんだよね。

まあ、衛生はいくら質量が大きくても惑星と一緒に公転してるから、小さくても
独立した惑星群とは違うけど。




109 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 09:54:07 ID:???
>>49顧客の常識的な知識から判断しても馬鹿げてて奇妙に映る理論を語ってたら

もともと、空の星と人間の運命を結びつけること自体、荒唐無稽でばかげて
奇妙ですが、常識から判断したら。
占いの本質とはそういうものですよ。あなた、占星術が天文学を一部借用しているから
といって、占星術を科学的な占いと勘違いしている人達のひとりですか?


110 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 09:58:05 ID:???
>>56
村上先生ってオカルト関連にも結構理解ありそうに見える。
どんなこと言ってたか興味あるんだけど、どこかで見られる?彼の見解。

111 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 10:00:48 ID:???
>>61個人商店だから共通認識など必要ない

そんなこといったら、ここでこうして議論することさえ意味が無くなっちゃうよ。
何のためにみんながここで冥王星の地位の変化について口角泡を飛ばして
語り合っていると思ってるんだ?


112 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 10:05:06 ID:???
>>62
社会的な常識と占星術の関係についてとても拘っているみたいだが、
占星術も占いって言うだけで既にオカルトである、ってことを認識した方がいいと思うよ。
その大前提を受け入れた人達だけがここの板にきているのかと思ってた。

113 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 10:12:00 ID:???
>>76
人間の判断すること、決定したことはやはり占星術的に意味があるんですよ。
じゃなきゃ、これまでずっと存在してきた星が人間に発見されたというだけで
大きな意味をもって輝き出すという風にはならない。


114 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 10:19:44 ID:LAlBCRKf
 天王星の発見はそれ自体が科学の進歩の表れで、世界が大きく変わること
を象徴していた。って考えは面白い。ちなみに同年カントは「純粋理性批判」
で神の存在を科学的に証明出来ないと発表。その他でも、確か産業革命進行
中?

 で、この考えを今回の冥王星降格に当てはめるとどうなるのか?

 冥王星が表すとされていた「創造と絶滅」「生と死」は一つの天体では
象徴しきれなくなった。それらはカイパーベルトの中に、つまり文字通り
灰燼に帰した。殺伐として新しい枠組みを見出しえない今の世界情勢を象
徴している気がしないでもない。

 ま、ヒマバナシとして書いてみました。占星術が当たる根拠なんて
何もないわけですしね。

115 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 11:20:04 ID:???
ディズニー「7人のこびと」、冥王星降格に不満の声明

 【ロサンゼルス=古沢由紀子】国際天文学連合によって冥王星が惑星から矮小(わいしょう)
(ドワーフ)惑星に降格されたことを受けて、「白雪姫と7人のこびと」のキャラクターの「こびと(ドワーフ)」
たちが24日、声明を出し、「ミッキーマウス」の忠犬、プルート(冥王(めいおう)星の意)を自分たちの
仲間に迎え入れる用意がある、と発表した。

 ディズニー社によると、犬のプルートは冥王星が9つ目の惑星として発見された1930年に誕生した
キャラクター。

 声明は「こびと」たちが、矮小惑星に格下げされたことを不満として、プルートへの連帯を表明する内容。

 ディズニーのアニメで今後、忠犬プルートが実際にこびとの仲間に加わるかどうかは明らかでない。


116 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 11:28:25 ID:UavE5d6b
>>115
ディズニーアニメを使って戦意高揚に熱心だった
アメリカって国は、そういう巧妙な狡猾さがある国なんだって。
こういう硬軟使い分ける統治手法はさすがだと思うよ。

ソフトパワーの主導権を握る重要性に気がついているからこそ、
惑星を12個に増やそうとしてたんだろうしな。

117 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 11:33:27 ID:UavE5d6b
ここで、毒にも薬にもならないような話をしているように見せかけている
星占い師たちは、あたりはきわめて柔らかいが人の心理状況に深い影響を及ぼす、
欧米主導のソフトパワー戦略に乗っ取るスタイルで知らないうちに踊ってるのかもしれないね。

普通に議論している人たちは、そのソフトに隠蔽されてきた
心理操作の仕組みそのものをニヒルに眺めているんだろう。

新聞記者の人たちは、このくらい気がついているだろうに、
間抜けなインタビューをしてるんじゃないよと。

118 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 11:42:53 ID:???
こんな現実から一見遠く見えるような場所でも激烈な争いが生じている。

日本って国は、占星術は受け入れるが、易の輸出には熱心じゃないね。
本場中国では文献が残っていないとか、伝統が途絶えているというのが
本当なら、アニメのようにソフトパワー戦略の一つとして考えるとかなぜしないのかと。
易というのはいろいろややこしい人たちが絡んでるから、難しいのか。
だとしたら、両手を縛られてリングにあがってるような状態ですね。

占星術だってもっときちんと組み立てて、再文化輸出するとか
そういう風になればいいけど、蓄積量が違いすぎて
それはちょっと無理っぽい。文献もあっちにしかないし。

119 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 11:49:37 ID:???
ヤバイ。冥王星ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
冥王星ヤバイ。
まず小さい。もう小さいなんてもんじゃない。超小さい。
小さいとかっても
「ビー玉20個分ぐらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ月未満。スゲェ!なんか惑星の威厳とか無いの。衛星とか小惑星とかを超越してる。月未満だし超小さい。
しかも惑星クビになったしらしい。ヤバイよ、クビだよ。
だって普通は地球とかクビにならないじゃん。だって自分の住んでる星だけ仲間はずれにされたら困るじゃん。教科書とかで地球だけ小惑星とか困るっしょ。
惑星を覚える語呂合わせが変わって、一年のときは水金地火木土天海冥だったのに、三年のときは水金火木土天海冥とか泣くっしょ。
だから地球とかクビにならない。話のわかるヤツだ。
けど冥王星はヤバイ。そんなの気にしない。クビになりまくり。最も新しい教科書で調べてもよくわかんないくらいクビ。ヤバすぎ。
月未満っていたけど、もしかしたら月より大きいかもしんない。でも月より大きいって事にすると
「じゃあ、土星の衛星タイタンより小さいのはなんでよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超遠い。地球から約54億km。太陽からだと約59億km。ヤバイ。遠すぎ。スペースシャトルで向かっても着く前に死ぬ。怖い。
それに超何も無い。ほとんど氷。それに超ゆっくり。公転周期248年とか平気で出てくる。248年て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつっても冥王星は由来が凄い。アメリカ人唯一の発見なのに平気でクビだし。
うちらなんてクビとかたかだかリストラで出てきただけで上手く扱えないから退職金要求したり、自主退職勧められたり、再就職先見つけたりするのに、
冥王星は全然平気。クビをクビのまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、冥王星のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ冥王星に調べに行ったニューホライズンズとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。



120 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 12:40:14 ID:XnmfHms4
>>119
「ビー玉」というのは元祖ラムネの瓶に入れるガラス球の選別落ち品だからB級という意味での命名なんだがそれを知っていての発言かな?

121 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 12:44:50 ID:???
星占い師の負けだな。もともと何もなかったのに良くここまで粘ったよ。

122 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 12:54:48 ID:???
蠍座の木星、獅子座の土星、水瓶座の海王星で
Tスクを経過してから今回の出来事が起きたわけだけど、
どう思う?

123 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 13:04:13 ID:???
でもこのTスクは、最近だけじゃなくて、
今まで、数ヶ月の間できてたものだよね。

124 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 13:04:16 ID:???
くしくも木星蠍座の最中というのがね。
でも蠍座はそのままなんだから、蠍座の象意が
冥王星から火星的なものにシフトしていくのかな。
おどろおどろしい宿命やカルマより、もっと現世的な
火星の闘争の意味に重心が移るとか。

125 :名無しさん:2006/08/27(日) 13:27:14 ID:???
>>104 >>99
思春期の頃は10代特有の自意識過剰と重なって自分のホロを特別視してた時もあったけど、
色々な他人のホロを見て相対化していくと、熱も冷めていくよ。
相性も、ホロ同士良くても、
内面がまともじゃないと、良い充実した関係は築けないと20代前半の頃悟ったっけ。


126 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 13:29:42 ID:???
そこで止まっていては、日本のメディア主導の政治状況に
翻弄されるだけで終わりかねないよ。

本当にわからないままにグルグル回ってるなら、
まずは小森陽一の新書を読んだほうがいいかもしれないね。けっこうおもろい。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/list/4480063129

冥王星が惑星から外れたってことは、この領域で価値を論ずる
フレームそのものが新しい段階へ移行したってことだ。
これは、偽のポストモダニズム論文を書いて
専門ジャーナルに投稿して、まんまと掲載されあとで、
「実は、嘘論文ですた!」とちゃっかりばらして(笑)、
専門的なレフェリーの知的フィルタそのものに疑問を投げかけた、
「サイエンス・ウォーズ」に相当するような社会的意味と意義を
星占いに関心を抱いている多くの人々の内面に与えるだろう、
くらいのことは言ってくれ。

ここでみなから疑われているし、ダメだしされたのは、
星占いの専門家を名乗る人たちが太鼓判を押していた「知見」なんだからな。

127 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 13:31:46 ID:???

まぁ、出来事は形を変え、分野を変えて、何度も何度も繰り返されると。
でも、ようやくやっとここまでたどり着いたなぁ、という感じ。

128 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 13:33:49 ID:???
>>125
喪舞さんは、悟れてよかったが、
ずっと勘違いしたまま、四十オバになっていく痛い人種も多いんだよ。
実際に見ると、相当に痛いから、そういう人たちって。
周りにいませんか?

129 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 14:37:52 ID:???
>>128
普段の生活では居ませんね、そういう人は

むしろあなたが昔(今現在)そういう人だったのでは?
そう言いたくなるほどの執着ぶりですが

130 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 15:42:54 ID:???
冥王星降格ごときでこんな騒ぎになっているとは…

ここまでざっと流れを読んだ感想だけと゛
四十オバに固執する、おそらく三十オバの粘着攻撃がギガワロスw
傍で見てると目くそ鼻くそなんですけどね。
自分が見下せると思い込んでる相手は、完膚なきまでに叩きたい醜い人間性を感じる。

それと、「星占い」とか「血液型占い」とか行ってる時点で???
占星術と星占いの違いもわからないような人がこの板で騒ぎまくっているから、こんなに消費が早いの?

131 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 15:43:46 ID:???
暴力、残虐非道な行為、ファシズム、独裁者などを意識することが減って、結果的にこれらが野放しに
なったりしないことを祈るよ。

132 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 15:50:08 ID:???
星占いって子供の遊びでしょ?w
天文学と占いは何も関係がありません
惑星直列をした1999年に何も起こらなかったのが証拠

133 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 15:51:20 ID:???
冥王星のアスペクトでなんたら言う人はウソツキですね、
もう惑星じゃないんだから

134 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 15:53:01 ID:???
占星「術」と、学問でもなんでもない微妙な呼び名しかつかず、
結局は「星占い」という子供の遊びに留まっている、占いモドキなんです。
中世では根拠のないオカルトとして出版等が禁じられています。

135 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 15:57:27 ID:???
>>103
>>106
木星、土星、天王星、等々は冥王星と軌道がまったく違いますが何か?

136 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 16:02:02 ID:???
>>133
ここの盛り上がりを見れば冥王星の力の一端が理解できるだろうw

137 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 16:06:44 ID:???
冥王星は復讐の星。

138 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 16:17:16 ID:???
そのうち「なんでも冥王星が惑星から降格したせいにするスレ」が立つぞ…

139 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 16:31:10 ID:nHk1KLwp
星占いのプロは、ホロスコープにのめりこんではいない。
と言うのは、星だけで人生どうだと言うのではなく、普通の常識的努力とか、
栄養を摂るとか、体を鍛えるというあたりまえのことが重要だと言うことに
立ち返るんだね。で、そういう人は、要するにフツーの人間やってるから逆に
アドバイスも出来るんじゃないかな。

マインドパワーを出す願望達成のセミナーで学んで、後は努力しないでイメージするだけで就職など出来るはずは無い。
それとおなじ。まして、そのようなセミナーよりも理論的根拠も少ないのが星占い。

だから、星は意味はあるけどのめりこんで視野が狭くなら無いようにすべきでしょ。
本当にしっかり勉強したいんだったら、まずは語学力を磨くことでしょうね。
それでもなかなか理解できないのが占星術??。

140 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 16:31:20 ID:???
改めて冥王星が降格されたって事は逆に
隠蔽されがちだった冥王星の象意に対する一般人への理解や暴露が進むとも読めますね

と書くとまた占い嫌いな方に叩かれるのかな

141 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 16:36:14 ID:0EOtPz/w
同じ話でも、占い叩きでなく占星術の盲点を論じる意図なら無問題。

142 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 16:46:06 ID:???
今回のこと、もう少し占星学的な意義に収斂した議論がしたいですな。

「冥王星が天文学的知見の中で、惑星からただの太陽系の小天体に降格されたことの
占星学的意義(意味)とはなにか」

今更、占星術なんて信じられないとか科学的じゃないとかいってる方は、どこか別の所で議論を。

143 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 16:48:12 ID:pjTxS+CI
 >>140 それは他の矮小惑星にでもいえるのでは?
    セレスなんか、軌道もはっきりしていて、
    木星より地球に近いし。

144 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 16:55:22 ID:???
>>143
セレスと冥王星では意味が違うと思う。

145 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 18:03:16 ID:5Ww+ECjd
冥王星の象意に「一度は全てを失い、再び生まれ変わる」と言うのがあるが、天文学で降格された事件はぴったりだね。
発見された後は10惑星として即位し、長年地位を守ったプルトーが、いきなり降格。
またそのうち何食わぬ顔で戻ってきそう

146 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 18:04:27 ID:Pnw53lPe
国際天文学連合>>>>>>>>>占い師 www

147 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 18:06:17 ID:???
贋作という意味もある>>145

148 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 18:11:08 ID:???
>146
天文学と占星学は全くの別モノだよ。
占星学では今までどおり「始めと終わり、死と生、消滅と再生を司る。さそり座のルーラー」です

149 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 18:16:17 ID:???
月が衛星だからね、別に冥王星が惑星でなくなっても
占星術的に差当たり特段の変更があるとは思えない
やっぱり今回の降格騒動は後世に於いて、どんな意義があって
また、今後どんな作用があるのかを考えるべきなのかね

150 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 18:29:46 ID:???
>>147
贋作という意味もあるが、物事の本質という意味もある。

151 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 18:43:11 ID:???
じゃあ幾つか挙げよう
・水瓶座の時代、1930年に発見されし冥王星の不確かな曖昧さが持つ畏敬の念や潜在した無意識が
 科学(天王星)によって、その全貌が明らかになり、アクエリアンエイジの大きな体系に組み込まれた
・冥王星の根底から覆して正反対にする意味を、惑星降格劇という自作自演で見事に演じる
・年代域が死後ですこの星、物事の死後多くの共感を得る、死して尚、名声を得る
 とか

152 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 19:47:44 ID:nHk1KLwp
グラフィック・アストロジーという英語の本ですが、さそり座には三つの動物を当てはめる書いてあったね。
1つはサソリ、2番目はホワイト・ピジョン・白い鳩、三番目がイーグルとなっていた。

人間では、さそり座の性格で上の三つに分けられるようだ。
おそらく、オカルト理論とか性エネルギーの昇華などを表しているとも思えるのだが、、、。
大空を翔ぶ鷲はそのように性エネルギーを精神的エネルギーに変換した状態らしい。
知ってる女の子では、2番目の優雅で洗練されたさそり座も結構いたけどね。
サソリそのものの子もいて、こっちは危うく「やけど」しそうなこともあったわなw

そこのさそり座さん、あなたはどれですかー?


153 :49:2006/08/27(日) 20:14:36 ID:???
>>109
舌足らずだったかな。。。
占い業をやってる自分が言うのもアレだけど、バランスの取れた教養を身につけた
一般人の常識から見れば、占星術は全く以て荒唐無稽でしょうね。
私が言いたかった常識とは、何か問題が起きたとき占い師の元へ相談に行くような
思考様式とかメンタリティを持った、それこそ「占星術を科学的な占いと勘違い
している」タイプのお客さんの「常識」のことです。
占星術は信頼できる、と思ってる人にさえ、今回の冥王星騒動を契機に何らかの
違和感や奇異な印象を抱かれるようになったら終わりだと・・・



154 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 20:20:09 ID:???
99年のときの占い師は、さんざん騒いどいて、
たいしたことが起こらないと、完全スルーでなかったことに。
んでもって後から、つじつまあわせ。
いつでも共通してるのは、後から 理由をこじつけて、言い逃れ、
正当化すること。

155 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 20:32:55 ID:???
誰一人として、前もって冥王星降格を予言できたものはいないのに、
起こった後での、冥王星降格の理由を、
散々こじつけて語ったところで、当たってるわけがない

156 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 20:43:24 ID:???
あれだ、生まれてこのかた彼氏彼女がいないのに
できないことを(てか、キモイので誰も寄ってこない)
もう私は悟っているので、そういう男女関係には捕われない
一歩進んだ人間なんです
と思いこむことで、現実を見ないようなやつに似てるな

157 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 20:47:38 ID:???
つか、冥王星使いたいやつは使って使いたくないやつは使わなければいい、それだけのことじゃん。
占術自体何の根拠もないんだし、それぞれのやり方を統一する必要もない。


158 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 20:49:11 ID:nHk1KLwp
占星学的な意味はと言うと、難しいけど、、、。
今まで120年かそのくらい続いてきた、いわゆるオカルト文化も、再構成していかなくてはならなくなったと言うことかな。
もはや、今までと同じように、霊がどうしたオーラが、、、超能力が、、、などといってお金が儲かる時代はなくなったということ。

今の占星術界に、その意味での新しい論理をしっかり構築出来る人はいるのだろうか?
もしかしたら、しばらく30年くらいは占星術にとっては冬の時代になるかもしれないね。
おー寒ぅー

159 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 20:50:15 ID:???
>>156
それは合理化と逃避です。


160 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 20:51:48 ID:xR1IXVfq
:名無しさん@占い修業中 :2006/08/27(日) 09:25:13 ID:???
1.純粋に太陽に従属しておらず、ほかの影響もあるような動きをすること。
つまり今日決定した惑星の定義に従うと、実はこれまで冥王星の機能として説明してきた扉の性質は
むしろうまく発揮できなくなるかもしれない。太陽に従いすぎると、太陽の視点に都合のいい動きしかできない。

2.黄緯の極端性。太陽系の進化の方向性を一番振り回す

3.小さいこと。支点としては大切。

4.正確な円ではないこと。正確な円は閉じてしまいます。楕円は、円から二分されたものに変化する境界的作用。生み出す力のあるものは、正確な円軌道ではなくなるほど実力が高い。

5.衛星と、連星になっている。水星がほとんど自転していないように見えることで、水星は太陽と未分化。なので水星は醜いヒルコ。つまり独立性というのは、自転に関係する。互いに独立していないザ・タッチみたいな抱き合わせも、楕円軌道に似た作用がある。
こう考えてみると、冥王星周辺の、まだ名づけられていない惑星たちは、冥王星の代役にはなりにくいでしょうか。

先生っ!日記に追加された説明がこじつけにしか見えません!


161 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:01:16 ID:nHk1KLwp
先生も悩んでるだろうねw

162 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:03:36 ID:???
冥王星が降格したのは
冥王星よりもでかいゼナとか、今後もいろいろでてきそうじゃんてことで
冥王星よりも、上のものを見つけたから
相対的に冥王星に意義を感じなくなって、降格させたわけで
今の霊、オーラ、占星術とかのブームも
一般人が上の立場から、冷静にみれるようになって
その、おどろおどろしい影響力に囚われなくなるんじゃないかな。

今までは冥王星というと、なんかわからないけど
暗くて黒くて、すごい力もってるみたいなイメージあったけど、
ここでもそうだし冥王星を茶化すようになったこと自体が、
降格と相似している気がする。

私も、最初の頃は、占星術や霊能力ものを、なんかわからないけど
惹かれる、って感じでわくわくしてたけど、
今は、その影響力に、囚われなくなったというか。
これからは世間でも、もっとそういうのが進むと思う。

心霊系のテレビ番組とかも、ワクワクしてみてる人いるみたいだけど、
慣れるにつれて、冷静で客観的な批判的目線で見るようになった人、多いと思うよ
そしてこれからも、そういうものへの信奉離れ、と客観化が進んでいくんじゃないかと思う

163 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:12:54 ID:???
俺はほとんど何も変わらんと思う

164 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:15:54 ID:???
占星術で説明する心象って、心理学やってればわかることだったりするよね
占星術で勝手に生年月日と結び付けるより、純粋に心理学で分析したほうが
いいんじゃまいか。

165 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:26:50 ID:???
>>162
冥王星が降格したのは、冥王星より上のものが出てきたからではなくて
冥王星の軌道周辺に類似の天体(冥王星族)が沢山出てきた為の分類上の便宜。

166 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:33:32 ID:???
類似の天体が、たくさんあるというだけで 冥王星の絶対唯一無比という価値が、なくなる。
まさしく降格。大きさまでも超えられたし。

167 :預言者:2006/08/27(日) 21:35:37 ID:???
今まで不動の地位を築いていた、冥王星が効いてそうなキャラが主人公の「ゴルゴ13」が売れなくなる。
もしくは作者が亡くなる。

168 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:45:23 ID:???
>>166
冥王星より大きな2003UB313は、軌道が全く違うので、
冥王星の降格とは別問題。

169 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:51:11 ID:1WbW/fuw
>>168
軌道でみたら、冥王星もいえないんじゃない?

170 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:51:39 ID:XnmfHms4
西洋占星術と天文学ばかり取り上げて議論してるようだが、視点を変えてみないか?
虚の概念を用いる東洋の四柱推命や五臓六腑はどうだろうか?

小学校の社会科の教科書ごときが「杉田玄白はターヘルアナトミヤという本で、
実際の死人の解剖によって、漢方の「中焦」という臓器は解剖学上存在しない臓器であり、
偽り(迷信)であることを知った」なぞと教えてるのは罪が大きいと思う。
なぜ社会科でそんなこと教える?自分の領分を越えた越権行為ではないか?

東洋医学で言う
「「腎」には先天の気が宿り、「脾」には後天の気が宿る」
という場合の「腎」と解剖学上の腎臓はイコールではないし、「脾と」解剖学上の脾臓もイコールではない。
五臓六腑にふくまれる「中焦」が解剖学上存在しないと、
「"気疲れ"しやすい人に補中益気湯が効くなど嘘だ!」
という結論になるのか?

いったい合成されたある白い粉が「抗ヒスタミン作用を持つか否か」なんて、
シャーレの中のラットの摘出回腸の収縮抑制作用の有無を見る前にどうやって判断するのだ?
水溶液を垂らす前に、動物に投与する前に議論したって、その薬物の薬効薬理なんぞ
判明しないのだよ。

ひるがえって、実の星(天文学)が天文学的にどうであるかが時代が下るにつれて変化すると
虚の面(占星術)での意味が変化せねばならん道理がどこにあるんだろうか?

理屈を言う前に自分で検証したらいいじゃないか
というかそれ以外は誤りではないか?

171 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:53:48 ID:???
>>167
冥王星の効力は、これからもずっと続くので心配しなくてよい。

172 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:59:09 ID:???
http://www.lcsd.gov.hk/CE/Museum/Space/FAQ/solarsystem/Image/32_3.jpg

軌道でいうなら、2002LM60(クワオアー)なんかは、
太陽系軌道とほぼ同じだよ。

クワオアーは或る意味では冥王星よりも惑星らしいと言える。
クワオアーはより典型的な惑星軌道を持っている
(半径40AUをやや越える円に近い軌道で、
冥王星のような離心率の大きな楕円軌道ではない)。
また、海王星と同様にクワオアーの軌道も
冥王星の近日点と遠日点の間にある。

173 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 21:59:18 ID:???
>>169
冥王星より大きな2003UB313は、別軌道ですよ。

174 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:00:43 ID:???
冥王星だけいれて、クワオアーを入れないのはおかしいもんね

175 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:05:13 ID:???
たしかに2003UB313は冥王星やクワオワーとは
別の分類になる軌道ですが、
今回の天文学会で冥王星の定義論争に決着の付いた直接の引き金は
去年に2003UB313が冥王星を上回るサイズの、恒星でない星であることが
認識されたからなんですよ。

ただ、今回のような事態になる、というか、
そもそも、占星術上でも冥王星が、海王星のような立場の、重要な星で無いことは、
冥王星と同じ軌道のプルティノ群の星に、イクシオンや、オルクスのような
冥王星と大差ない星が発見された時点で、気付いていいはずです。
もう4年位前に、書き込みはしていましたしね。

176 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:07:52 ID:???
そもそも占星術師は、天文学者、科学者が、惑星を調査&発見してくれなかったら
今の時代、占星術なんてできないわけで、すべてを天文学に依存しているくせに、
天文学者、科学者が、ちょっと分類したことには、総反発なんだなww

俺は冥王星の降格は、科学的に見て、
実に正しい、なんの思惑も、政治的策略も含まない判断だったと思うぞ。
最近の、わい惑星の相次ぐ発見から見て当然の流れだ。
占星術師は、自分らの立場をわきまえろよ。頭が高いぞ。
天文学者様、科学者様が、調査しにいってくれてるから
天王星も海王星も冥王星も、これから発見されるかもしれない新天体についても
わかるんだろうが。

177 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:09:06 ID:???
>>172
クワオアーの占星学上の意味とか研究してる人いないの?

178 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:12:15 ID:???
>>177
いる。
スレもある。
ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1128169931/

179 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:14:52 ID:???
冥王星だけに、過大な意味をもたせるのは間違ってる、うん、ほんとそうだ。

180 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:17:55 ID:???
>>175
冥王星を除外したら、近年の占星学が成り立たなくなるからじゃない?
それだけ重要な天体だと。

181 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:20:12 ID:???
だいたい冥王星の重要性を占星術師にごり押ししてきた、
一番の責任者、松村潔の説明があやふやだモンなあ。
こじつけの言い逃れにしかみえん。

182 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:20:54 ID:???
こういう天文学的事件が起こると、個々人の占い師の本性が見えるよねー。

183 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:23:32 ID:+ZbXihxX
今回特に立場が厳しいのは、10天体のみを使用し、惑星とそれ以外の星に
大きな影響力の違いがあるとし、さらにサインルーラーとして10惑星のみを使用し、
「のこり2つのサインを支配する惑星」=トランス「プルート」の存在を期待していたような、
つまり天文学の惑星定義=占星術の惑星定義である、と
(太陽と月が惑星でないと認識してはいても、ルーラーとなるような新天体は
天文学により定義された惑星でなければならないと考えていた)
自覚の無いままルールを定めていた現代占星術です。

184 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:24:23 ID:???
>>180
除外するだなんていってません〜

185 :177:2006/08/27(日) 22:32:26 ID:???
>>178
ありがとう。

186 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:35:43 ID:lvQ0lDez
国際天文学連合>>>>>>>>>占い師 www

187 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:38:48 ID:???
>>186
わかった、わかったw

188 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:41:10 ID:???
そうだよね、占星術師は、自分ではなんの天体の発見も調査も出来ないくせに、

「たかだか人間(科学者)の決めた惑星という分類なんか、関係ない」

とばかりに、科学者という、ちゃんと実際に宇宙の研究をしている人たちをバカにしてるよね。何様のつもりなのだろう。
本当の研究者は、日々コンピュータを使った、たゆまぬ研究を続け、
さまざまなデータに基づいて、惑星の定義だって、決めたんだと思う。

189 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:44:57 ID:vo7Qs/PX
「東京」の実態が暴かれるだろう。
日本を一極集中から解放するときが訪れた。

190 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:46:34 ID:nHk1KLwp

今回の冥王星のことは、ほとんどの占星術師の負けでしょうw

ただ、だからと言ってAstrology全てが駄目なのだろうか?
根本に立ち返ろう。占星学は意義があるのか、無いのか?ということ
さーどっち? 中立なんてのもいるでしょうけど、、、

オレは俺なりに20年勉強して来て、
「まだ不明な点もいっぱいあるが、価値のある未来の学問」と思っとります。

191 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:48:18 ID:???
つうか、プルティノ群がどのような特性をもった天体であるかは公表されていて、
毎年出版されている天文年鑑にも天文雑誌にも載っているし、
ネットでも情報は拾えた。
2000年のバルナ発見以降は、EKBOの問題と絡めて
海外の占星家にも冥王星問題に触れる人はいた。

天文学の学者でなくても、そのファンも、占星術のファンも、
一般人ですら、ちょっと考えりゃ、今回の定義変更は予測できた。
変更されなくても実質的に冥王星は重要な存在でないと、調べればわかったんだから。

192 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:50:07 ID:UavE5d6b
>>190

おれは、「占星術がおもちゃだと気がついたか」
といいながら、ヌケヌケと出版している人を知ってるし、
それを糾弾できなかったこの業界の知性の弱さも知ってるから

ぜ ん ぜ ん 信 じ て い ま せ ん 。

裏表がありすぎる汚い世界だなぁーというだけです。

かろうじて、シュタイナーは、ちょっといいかも、という感じだけ。

193 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:50:35 ID:???
おいおい、もまえら、占いなんぞに嵌っておって、
実生活では、今、周りに家族(妻、夫、子供)はいるか?

1人さみしく液晶ディスプレイに向かって、冥王星のことなんか考えてる場合か?
いつまでも真実なのか虚像なのかもわからん象徴イメージに拘らずに、自分の実生活を改善することを目指したらどうだ。
齢をとるのは早いぞ。気づいたらジジババになる前に、軌道修正しろよ。

194 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:50:48 ID:???
>>190
完敗です

天文学がおかしい、とは、皆考えりゃわかる。
しかし占星術は・・・

195 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:53:43 ID:UavE5d6b
もちろん、真面目に「商売」やってる人もいる。
それは、お互い様。
生活していくには苦い水も
飲まなきゃならんこともあるだろうから。

実害がない限り、そういう人は、あれこれ言わないし、
基本的にはノーコメントにしているよ。

196 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:55:22 ID:???
古代シュメールだかバビロニアの人々は自ら天体観測を行って占星術を編み出したんでしたっけ?

197 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:56:27 ID:???
そう。

198 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:57:02 ID:UavE5d6b
>>196

楔形文字を読んで論文書いた人の話を聞いた限りでは、
最初はさ、王が臣民の群集心理を統治するための政治的手法として
設定されていたのではないか? と酒の席で話していた。

そういうものだったんだよ。たぶんね。いまも昔も。

199 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:57:24 ID:???
占星術活動を生きていく生活費のためにやるのは、どうかと思うな。
そういう人は、たいして理解もしてないのに、金のために、
見切り発車で、とりあえず鑑定で金稼ぐ!!とかしてそうな気がする。



200 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 22:59:49 ID:???
>>199

まぁ、そうなんですけどね。でもさ、言えないでしょ。

仮にですね、売春が悪い、とか考えていたとしてもですね、
それで金を稼いで子供を育てているんだ、と言われたら、
いったいなにを言える? おれは他人の金の稼ぎ方については、
基本的には無茶苦茶あこぎなことをやってない限り何も言えません。

201 :190:2006/08/27(日) 23:00:13 ID:nHk1KLwp
今の占星術界は、特に日本はいい加減ですね。それは認める。
今回のことも、大慌てで弁明してるが、その論理が希薄で余計に哀れに見えてくる。
占星術ファンのオレでも笑ってしまう。

だからと言って、占星術の全てがいんちきなんてのは大間違いだと思うよ。
まだ人類が知らないエネルギーが宇宙から降り注いでる可能性だってあるでしょ。

ま、今の段階では、意味があるか無いか絶対的証明は無理と言うことでしょ。
もう駄目だと思って離れる人はそれでいいよ。自由ですよ。

ただ、オレはある時期、自分を見つめるのには役に立った。
もちろん瞑想の方がはるかに役立ったが、じぶんという存在と言うを考える上で
ある程度は意味があったね。

202 :200:2006/08/27(日) 23:01:47 ID:???
サービス業なんだから、サービスを受ける側が納得してたら、
社会悪としか言いようがない水準に達しているものでない限り
基本的には「お互い様」でスルーだよ。

そりゃ占いの中にも、組織的な巨悪としか言いようのないひどい
ところがあるかもしれない。でも、ほとんどの人は、個人でやってるはず。
自分は、それ以外は知らんし。

203 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 23:04:32 ID:???
占いをやめたら、即、懐具合に直結ってひとのほうが、
今の冥王星の件も、過剰に保身して、いいわけのこじつけしてそうだな。
趣味程度の人は、
自分が冥王星という感受点に特別な思い入れがある人は例外として、
へーそうなんだ程度で受け流せそう。

204 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 23:05:41 ID:???
仮説→実証を基礎に発展してきた自然科学は、後に実証へ導く手段として
精緻な実験解析とか、アインシュタインに代表される数学的手法が取り入れられ
仮説や予測や従来は正しいと見なされたことも、新たな方法論で誤りと解れば
即刻訂正される。
だけど、神話や宗教の教典のように、なんら論証できず、不可知論的事柄を
自然科学に依存し矛盾を含みながら構築してきた占星術は、今回のような事態に
直面すると途端にその脆弱を露呈する。

冥王星発見当時は、太陽系最遠の星とみられたから極限とか生死とか、究極の
意味を与えちゃったけど、ホント大失敗だったわね。
タロットの13番なんかも重要なカードだけにどうするのよ?


205 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 23:07:24 ID:???
冥王星じゃなくて、
タロット13番とかは、「海王星以遠の冥界すべてで担当」にしたらどうでしょうか。

206 :200:2006/08/27(日) 23:08:05 ID:???
>>203
まぁ、サービス業の人は、人の心を掴むことが出来たら
それはそれでOKだから。

別に「占い」に正確無比な的中を求めているわけじゃないでしょ。
そんなことができる人がいたら、とっくのとんまに、内閣府の秘密の
機関でお抱えVIPになってますって(笑)。

話を聞いてもらったり、助言をもらって背中を押してもらうことを
期待しながら、占い師のところに通ってる人がほとんどじゃないのか。

207 :200:2006/08/27(日) 23:11:35 ID:???
もちろん、占い師がおかしなことを言ってると、
論理的に反駁するのは当然。

だが、よほどの実害がない限り、個人向けには
名前を出すスタイルでは、そういうのは言わんよ。
やる気があるなら、思い込みを排して、かってに勉強してくれと。

だから、こういう匿名掲示板があるんだろうから。

208 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 23:12:11 ID:???
俺は占い師が、いつのまにか励まし屋になってる風潮がそもそも嫌いだな。
そういうのはそれこそ、心理系のひとたちやスピリチュアルヒーラーとかが担う分野であって、
占星術にまでそういうのが浸透してきたら、
惑星だなんだも、そもそもどうでもよくなって、
褒めちぎってみたり、なだめてみたり、客の心をうまく操れる技術だけが重要になってくる。

209 :200:2006/08/27(日) 23:15:20 ID:???
>>208
うーん。それを言い始めたら、おれは、
そのスピリチャルなんとかとかも、一切認めていませんけどね。
名前は出さないけどな。チャンネル変えているよ。

20代の頃に、けっこう名前の出てる霊的右翼(笑)な
某チャネラーさんと家族ぐるみで楽しくお付き合いさせてもらってたから、
そういうスピリチュアルなそれが商売になるってのが嫌だというのはある。
こちらは、カミゴトとかやらされて大変な目にあってたんだから、
お前ら、なにのほほんと、テレビでご相談なんかしているのかと。。。

でも、ニーズがあるなら仕方がないよ。知らん。他人のことだし。

210 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 23:15:38 ID:???
>>170
東洋医学も疾病の適用範囲と限界が分かってきたし、疑似科学的要素は臨床では
排除される例がほとんど。
だから、鍼灸学校では東洋医学論以外に、生理、解剖、病理など西洋医学を必修
科目に取り入れ、欠点と事故回避に努めてる。

最近驚いたのは、経穴(ツボ)の位置が中国、韓国、日本等で微妙に違っていたので
場所を統一する学会が設けられたこと。
いままで、鍼刺したり指圧したりしてたツボは何だったんだ?って感じ。


211 :200:2006/08/27(日) 23:17:42 ID:???
>>210
大きく違ったものもあるようだが、針は効くことは事実だしなぁ。
あとさ、気もある。おれ、友達に事故の傷をちょっと癒してもらった。

そういうのはあるんだよ。だからといって、それを特別視するつもりはないけど。

212 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 23:21:28 ID:???
>>204
>冥王星発見当時は、太陽系最遠の星とみられたから極限とか生死とか、究極の
>意味を与えちゃったけど、ホント大失敗だったわね。

別にそれは失敗じゃないよ。
実際、当時太陽系最遠の星は冥王星だったし、時代の変わり目でもあった。

213 :200:2006/08/27(日) 23:26:29 ID:???
霊的右翼(笑)だから、信念があってやってるんだろうし、
別に金銭は絡まなかったしな。
まぁ、お金に困ってないというのもあるんだろうが。
普通に話をしたり、「あ、○○がいまこういってる」とかいう
不思議なメッセージが一緒にご飯食べる途中にあったり、
そういうのなんだが、それはそれでいま思うと面白かったよな。
人柄が悪い人じゃなかったしね。

ちなみに、チャネリングはもちろん占いも含めて、
小銭しか持っていない自分が高額な金銭としか思えない単位が絡むような場を、
自分はまったく知らない。別に常識的な範囲でお金を取るのは
かまわないとは思うんだけど、なんかわからないが
そういうアドバイスは、友達から友達への好意というスタイルでしか
受け取ったことがないな。

214 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 23:37:57 ID:???
キャバクラとか行ったことがないんだけど(誰が連れてってくれw)
キャバクラのねーちゃんが、女性的なフェロモンをムンムンさせていたからといって
「おれに惚れてるんじゃないのか?」と思う人は、よほど世間馴れしていないか
おつむの弱い人でしょ。だってサービス業なんだもん。

ものすごいあくどいことをやってたキャバクラ嬢が、貢いだお客に
刺し殺されたという事件はときどきあるみたいだが、それはお互いが
アホなんだなぁーという感想だけですね。


215 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 23:42:03 ID:???
>>212
時代の転換期とか情勢を惑星の象意に当て嵌めるのは今や無理でしょ。
私が学生だった十数年前は、小学生が携帯持ったりPC使ったり、超小型かつ安価な
HDD型録再機器なんかが、こんなに普及するとは予想で出来なかった。
科学は加速度的に進んでる。
天王星だの海王星だのが発見された時代は、今の1年が10年、20年くらいに該当
するくらい、ゆっくりとした時の流れだった。
だけど今は太陽系の未知なる部分も一気に盛りだくさんで発見され解明される
時代。
前世紀末から次々と見つかった新たな惑星に、現代の複雑多様な社会事象から、
誰かの主観で勝手に時代を象徴する意味づけなんかできっこないでしょ。


216 :190:2006/08/27(日) 23:48:47 ID:nHk1KLwp
で、その時代の特徴だって、西洋人が名付けたのでしょう。
東洋やイスラム、アフリカ人なんかほとんど相手にしないで
時代の特徴と惑星の関係なんていうのを作ってしまった。

ある意味、西洋占星術の混乱はヨーロッパ中心の自作自演で日本人もそれに巻き込まれてる感じはするよな。
抹茶さんなんかその辺をどう思ってるんやろな?

217 :200:2006/08/27(日) 23:51:59 ID:???
>>216

何も考えていないでしょ(笑)。
あの人は、もともと外の概念体系を拒絶するところから始まってる。
異質感で勝負してきたひとだからね。

それはそれで意味がある時期もあった。
だが、オウム事件以降はちょっとやり方に眉をしかめたくなる部分が多いよ。

218 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 23:56:02 ID:???
悪徳詐欺師リストに載ってしまった人の話題はほどほどにね。
抹茶スレみたいに一部の人間の占有状態になると、誰も近寄らなくなるし
白けるから。。。

219 :名無しさん@占い修業中:2006/08/27(日) 23:59:15 ID:???
>>215
あまりにも科学を信望しすぎるんじゃありませんか?
私は恐らく貴方と同じ位の年代だけど、もっと世の中進歩しててもよかった。
もっとも、こんなに早く光回線が我が家に来るとは予想外でしたがw

220 :200:2006/08/28(月) 00:04:59 ID:???
>>219
幼いなぁ。

221 :200:2006/08/28(月) 00:07:49 ID:???
科学の本質が特定の目的を実現するための

プロセス思考

である、と考えられていることも知らないなら、幼すぎるよ。

222 :200:2006/08/28(月) 00:10:19 ID:???
で、目的(操作対象)が変われば、
それを実現するためのプロセス思考のあり方も変わると。

それこそを科学革命として概念化された
パラダイムチェンジと言うんだと、個人的には考えていますけどね。

223 :219:2006/08/28(月) 00:14:48 ID:???
>>220-221
だれも、そんな話はしてないよ。
おやすみなさい。

224 :200:2006/08/28(月) 00:16:56 ID:???
>>223

いや、あなたは幼いよ。何もわかっていないまま
上っ面だけで、科学がどうだこうだというのは、幼い。

星占いなんかにはまるなんて、まだまだ先の話だろ。
その前にもっともっとやることがある。
あなたには、星占いは贅沢すぎる遊び道具だね。

225 :200:2006/08/28(月) 00:19:19 ID:???
星占いは、大人の遊び道具なんだよ。

全部わかってるやつが、
「諸君、まぁ、そろそろ星占いでもどうかね(微笑)」
という感じの遊び道具なわけ。本質的には。

おれもまだまだ無理っす(爆)。

226 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 00:22:30 ID:19mCQPAq
そうそう、星占いは深い、深すぎる、、、、
では、あっしは小惑星sashaと寝ます、ルンルン〜おやすみー

227 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 00:29:27 ID:???
一昔前まで冥王星=核=人類滅亡
みたいな絶対的イメージだったのが
現代では滅亡の元凶が核ではインパクトが薄くなったって事かな
21世紀は本格的に水と食糧の奪い合いが世界中で始まるという事で
「人を殺すに刃物(核)は要らぬ
水と食糧奪ればいい」
みたいな

228 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 00:30:22 ID:nyQjSZMG
冥王星が降格されても何の変化もない。
自分は太陽も月もMCも、冥王とアスがあるが別に性格や人生に変化なし。
あれだけ個人のホロでも影響力の大きい冥王星が、急に力が無くなるとは思えない

229 :200:2006/08/28(月) 00:31:09 ID:???
>>227

そのわりには、イランがプルトニウムを
たくさん得られる重水炉を稼動させたことで、
世界中大騒ぎしていますが。



230 :200:2006/08/28(月) 00:33:16 ID:???
>>228

まぁ、ちょっとここには濃い人たちが集まってるようだから、
君は他のスレにいったほうが幸せなのかもしれないな。

今回の件は、占星術という概念体系を根本から揺るがす「事件」だと
自分は捉えている。その場に居合わせた、時代的背景を共有できた
幸運に、誰もが感謝すべきじゃないのかな。おれはそう考えています。

231 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 00:41:19 ID:???
惑星でなくなると力がなくなるのか>>228

232 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 00:54:29 ID:???
核の脅威なんて冷戦時代みたいな古い話で形骸化してるね。
現代の人類が直面してる脅威は多方面に多々あるから語りきれないけど、
温暖化に起因する異常気象がもたらす災害、生態系の変化や農畜産物の被害による
食糧難、細菌・ウイルス等生物毒による疾病、微生物特有のミューテーション
機能による薬剤耐性化問題・・・etc
ちょっとボケてて変更した例しか思い浮かばなかったけど、冥王星の属性だけで
説明できない脅威が迫りつつあるのよ。



233 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 00:56:08 ID:???

変更×
偏向○
さっそくお痛しちゃいました。

234 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:00:19 ID:???
惑星から降格されたのだから、影響力は下がると思う。
だって今まで、
小惑星のセレスとかジュノー、ベスタなどなどを
ホロスコープソフトに表示させたとしても
そのアスペクトが、
8大惑星同士のアスペクトと同等の影響があるとは読まなかったでしょ

235 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:04:53 ID:???

ソフトでしか知らんの?

236 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:05:41 ID:???
>>235
は?

237 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:10:28 ID:???
>>234
それを言ったら惑星だった頃の冥王星だろうが海王星だろうが、
内惑星やアングルとアス持たない人には感じにくいんじゃないの?

私はタイトなオーブで複合アス作っている小惑星は
緩いアスしか持たない内惑星より強い影響を出ると見ているよ。
実際そういうチャートでは、ヴェスタやセレスは分かりやすく現れるし。

238 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:13:27 ID:???
おいおいそんなこといいだしたら、幾多の小惑星全部入れないとな。
小惑星ラーメンが合だからラーメン好きとか、小惑星占星術ですか?

239 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:15:33 ID:???
小惑星の価値も惑星も、すべてタイトなアスなら同等と考えるのは、
それこそ理由付けのこじつけ論でしかない。
小惑星は、チャートを汚すから入れないっていうのが、
抹茶さんとか小曽根さんの見解ではなかったか?

240 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:24:55 ID:???
ならば冥王星も捨て去れ
それこそ、現代占星術が天文学の定義に盲従している証拠だ

241 :200:2006/08/28(月) 01:27:34 ID:???
FON総合スレッド
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/network/1156459336/l50

自由参加で互助的なネットワークを作ろうよ。

242 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:31:42 ID:???
漏れは冥王星の影響力は、今までよりは落として考えるよ

243 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:32:56 ID:nyQjSZMG
実際には冥王は消えたわけじゃなく、まだ太陽系に居る。

だから、昔に冥王が発見される前から、知らず知らずのうちに人類の運勢に影響をちゃんと与えてたはず。
それが1930年に発見されてからは、人類が「冥王と言う星を“意識”し始めたので」余計に運勢に与える影響が強くなった。
●だから「降格の事をまだ知らない人」は、今も冥王の強い影響を受けてるはず。
要するに“意識”の問題

244 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:37:25 ID:???
>>243
意識の問題ならば、発見以前には影響は無いことになる。
>●だから「降格の事をまだ知らない人」は、今も冥王の強い影響を受けてるはず。

無理がありすぎる。

現代占星術は惑星でなければ影響力は無いと考え、
その惑星の定義は完全に天文学での取り決めに依存していた。
今、天文学と占星術では惑星の定義は違うと騒いでいるが、
今になって騒ぎ始めた殆どの占星家は、天文学の定義に盲従してきた。


245 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:38:43 ID:???
太陽系にいるだけなら、他にもたくさんいるだろうに。

246 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:41:04 ID:19mCQPAq
眠れないのでまたきた

小惑星もタイトなアスで、特に太陽とか月と1度30分〜2度以内で合ならば、結構その性質がはっきり見られた。
ただ、とラインとかスクエアなんかはほとんど無視して指し使え無いようだった。
これは内惑星ではありえないこと。つまり、一般的に言えることだがやはり内惑星の方が影響力は強い。

だから、影響力の強さはこう考えればいいだろうと思う。
親とか結婚の相手が、太陽とか月。・・・一番重要なところね。
兄弟とか隣の人、学友などが水星とか金星、
仕事関係とか同僚・上司などが火星、木星、土星、
宗教関係者とか特に精神的に信頼できる人が、
天王星、海王星、冥王星など。

時々会うとか、ちょっとお付き合いがあるという程度が小惑星。
人生で一度か二度しか会わないような人が彗星。

だいたいこんな感じでいいんじゃないかな。

一応、小惑星はアスペクトの合だけ見てれば良いと思う。オーブ2度以内を見ておけばいいだろうと思ってます。
太陽とか月とかASCに対してはは3度までとかにしてもいい。
他のアスペクトはタイトなものでも無視しています。
ただし、キローン二関してはメジャー・アスペクト5種類を影響ありと見ています。

247 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:41:44 ID:???
>>240
さすがに冥王星は捨て去れない。重要ポイントの1つであることに変わり無い。

248 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:43:09 ID:???
そもそも意識するかしないか事態を、天文学の定義(以前は取り決め)に依存して
いたのだから。
馬鹿馬鹿しいよ、それ

249 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:44:11 ID:???
>>247
では、まずはあなたの占星術が天文学に盲従してきたことを
認めてはどうかな?


250 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:44:25 ID:???
じゃあ冥王星の降格で考えると、
さしずめ、占星術理論信者(たとえば松村潔の)が松村を卒業して
1年に数回日記読むくらいになる
(時々会うとか、ちょっとお付き合いがあるという程度が小惑星)
というかんじかw

251 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:45:31 ID:???
もはや寄生虫よのう、占星術は…

252 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:45:47 ID:???
【宇宙】惑星定義、冥王星「降格」でIAU調整 縮小なら歴史的
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1156320855/l50

253 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:47:55 ID:???
あとさ、そもそもキロンがけっこう重要視されてるのが、わからんのだが。
キロンってセレスとかベスタより、影響あるのかないのかわかりずらくね?

254 :247:2006/08/28(月) 01:49:32 ID:???
>>249
はぁ?

255 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:50:31 ID:???
「あの……皆さん、おはようございます」
それまで賑やかだった教室の雰囲気が、一変に静寂に包まれた。そして私を見るやいなや、
皆がヒソヒソと小声で何かを呟き始める。ある程度予想はしていたが、ここまでとは。
私はビッグバン以来の親友である海王星の座っている席を探す。
彼女は私の姿を確認すると、おどおどとした表情で、私から顔を逸らした。
自分の机に向かおうとした時、不意に足が何かに絡め取られ、バランスを失った私は無残にも床に倒れこんだ。
周囲から冷たい失笑が聞こえてくる。振るかえると、そこには満面の笑みを浮べながら
右足を机からつきだした金星と、その横の席で無様な私を蔑んでいる土星が映っていた。
私は泣きだしそうになるのをぐっと堪え、立ち上がり、自分の机を見つめる。
机の上には花が生けられた綺麗な花瓶が置かれており、太い油性のマジックで『死ねよ矮惑星』
『消えろ』『キモイ』等と描かれてあった。
葬式ゲームだ……
「一時間目体育だから、みんな早く体操着に着替えろよ。おい冥王星、お前も早くしろ」
花瓶の前で立ちすくんでいる私を見つめ、太陽先生がニヤニヤしながら言う。
皆がそれに合わせて、クスクスと笑いながら着替え始める。
嫌な予感がする。私は自分のロッカーに近づき、開けようと恐る恐る手を伸ばした。
その瞬間、私のロッカーは勢いよく開き、中からは大量のダークマターが雪崩のように溢れだした。
「ギャハハハハハハh」それまで笑いを堪えていた地球が、
暗黒物質を全身に被った私を指でさしながら、大声で哂いだした。

256 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:50:33 ID:???
事実でしょう>>254
逃げられないよ。モダン占星術は

257 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:50:50 ID:19mCQPAq
>>近代占星学が天文学に完全に依存してきた。

ちょっと違います。

ウラニアン惑星というものなんかは、天文学では発見されていないものです。8個あります。
これは、8個の惑星と言うよりもある種の「感受点が8つある」として捉えた方が良いかも知れません。

いずれにしてもそういう占星術もあります。

http://en.wikipedia.org/wiki/Uranian_astrology


258 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:53:04 ID:???
>>257
この馬鹿w
それは詭弁だ

ウラニアンの体系でも冥王星を惑星として使用していただろ

259 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:53:35 ID:???
ウラニアン惑星の連中は、もっと逝っちゃってる連中だから
関係したくないなw

260 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 01:55:24 ID:???
>>257
ウラニアンは依存どころかすこしも天文学を基にした部分が無いのだから
論外の論外、話にならない


261 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:00:59 ID:19mCQPAq
>>258

だから、ウラニアンの人たちも他のフツーの惑星も一緒に使っていますよ。
そこに、矛盾が生じるとは思わないけど。

冥王星の影響が今後は小さくなるといってる人もいる。
これは、今後じっくり検討してみないと分からないことでしょう。
影響力は半分くらいになるかもしれないが、ちょっと予測は出来ない。

>>253
キローンはセレスやベスタなどよりも影響は大きいと思います。
ただ、これも内惑星と同等に評価するのは行きすぎの様です。

262 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:02:25 ID:???
>>261

>キローンはセレスやベスタなどよりも影響は大きいと思います。

あなたがキロンが好きなだけなんじゃないかと。。。
そういうのは、思い込みの範囲。どうぞご自由にですが、
いずれにせよ、客観性に欠けると思いますが。

263 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:03:29 ID:???

というか、科学板くらい読めよと。

264 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:04:43 ID:???
24 :名無しのひみつ :2006/08/23(水) 17:56:13 ID:4C3Zc6Qc
仲間はずれといえば、ディズニーのキャラクターでプルートだけが
言葉が話せない奴隷犬(ミッキーの持ち物)として差別されてたのを思い出す。


265 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:05:55 ID:???
天体位置に何の根拠も無いウラニアン天体には何の価値もありません。

266 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:07:58 ID:???
>>264

米国の上層部は、最初からこうなる事態を把握していて、
冥王星をごり押しした可能性も否めないよな。

あの人たちは、食えん。二重、三重の罠を仕掛けるしさ。
イラク戦争のときの詭弁で、そういう気質は、さすがに認知されてしまった。

さて、イラク戦争で傷つきまくった米国を
自作自演でマンセーするプロパガンダ映画『スーパーマン リターンズ』でも
観にいくかね。。。スマステーションであの映画を持ち上げていたのは、
怪訝な感があるよ。もっと深いところで理解してほしいです。

267 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:08:21 ID:???
ならば今後は何年かかけて、個人のホロで冥王星の影響が弱くなったかどうか試してみようよ。
自分は冥王星の影響力は今後、「さらに見えない所や不思議な感じで、さらに余計に、まさかと思うような場面で顕れる」と思うな。
復讐の星・冥王星がこのまま静かに引っ込むとは思えない

268 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:08:49 ID:19mCQPAq
>>262

まー、主観だと言われれば、、そうかもしれないが、、、w。

一応ある時期は星占いでお金を貰っていたことがあるので、結構データは沢山あるんだよ。
自分がキローンの影響が強いチャートだから、相性として一種のシンクロ現象としてキローンの影響を受けやすい人が
集まって来たということも言えるか、、、w。

オレは今は星に捕らわれていないので、あらゆる可能性を考慮しようとは思っていますよ。
常にオープンマインドでいますよ。星占いがつぶれても受けいれますよ(爆
では、サンキュー。

269 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:09:42 ID:???
>>267

だからさ、思い込みには意味がないでしょ。
どうして、サイエンスの知見を元に出来上がったシステムなのに
その大元のサイエンスを無視して話をつむげるのでしょうか。

270 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:11:01 ID:???
>>267
なんかイイ!
復讐の星・冥王星ってカコイイ!

271 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:11:13 ID:???
>>252
変なのが沸いてきてると思ったが、他所の板から来てたのか。

>501 :名無しのひみつ :2006/08/28(月) 01:46:41 ID:6qFEAl3O
>冥王星について★part4
>http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1156589990/l50
>
>いっそのこと、成敗しちゃってやってください。お願いします。

272 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:11:26 ID:???
>>261
あなたが言っているような、内惑星>キロン>セレスだとか、
そういった影響力の違いを見分けられるとはとても思えません。
冥王星の影響力が「半分」になるかもしれないだとか、そういうものも同様です。


273 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:13:27 ID:???
占星術にできるのは、影響力を見分けるというより、
何らかの前提に沿って、区分けを作る、ということだと思います。

274 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:13:31 ID:???
>>271
おまいが変ですが。今の時代、相互依存してるんだから、
身勝手に概念を閉じるのは無理だ。

275 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:19:34 ID:19mCQPAq
>>272

うーん、何故単純にそうに決め付けるの? 何人のチャートを作ってみましたか?

だから、こっちもあらゆる可能性にオープンマインドだって言ってるでしょう。
ただ、オレはね一応お金とってやってた時期がありまして、2500人くらいは鑑定してるのですよ。
データもかなり有るし。それらの経験をまったく否定すると言うのもどうかな、、、?
もうちょっと人の考えを聞く耳あってもいいんじゃないかな?
全部信じてくれといってるんじゃないからねw

276 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:20:04 ID:???
>>274
何言ってるの?

277 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:21:47 ID:???
>>276
バイオインファオマティクスとかしらないなら無理ないか。
現在形の科学の専門分野の概念は、相互依存しながら発展しているんだよ。

天文学の知見を元にして占星術が組み立ててられているなら、
科学の影響力から逃れられるはずがないだろう。

科学ニュース板は面白いから、ぜひ読むべし。君の世界も広がるだろう。

278 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:23:48 ID:j+4/RqFE
冥王星を核兵器としてみると、あれじゃない?・・・かつては核保有国は拡散防止条約
とかで一部の国(超大国・戦勝国)に限られてたけど、ソ連崩壊後は原料があちこちに
流れて、どこの小国やテロリスト集団でも核を持てる時代になってしまった。
つまり核兵器保有が大物の象徴じゃなくなった、小物でも持てる時代になりました・・・
ってことじゃない。それで冥王星が小物に格下げ。ただ、小物が持とうと核兵器の壊滅的
破壊力は変わらない・・・冥王星の意味も変わらないでしょ。

そもそも核兵器は今まで最後の切り札の意味で存在してきたわけだけど、これからは
最後の切り札よりしょっちゅう使える兵器がもっとクローズアップ・・・
ってことかも?海王星がまたクローズアップされるなら、化学兵器かね・・・


279 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:25:16 ID:???
>>275
ちょっと誤解があります。
キロンやセレスが有効ではないといっているのではなくて、
影響力の差をそこまで判定できないだろうということです。

280 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:28:07 ID:???
>>277
そりゃ、すごいなw

281 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:31:28 ID:19mCQPAq
>>279

はいはい、、、

キローンとセレスの差、、、いやこれは自分の鑑定から来た体験ですから、一応は私見です。
一応、水星&金星>キローン>セレス&ベスタ、、、と言うのが今は妥当とおもっています。

冥王星の今後の影響はなんとなくの予想です。別に何か客観的な根拠があるわけではありません。

では、寝ます。
お疲れさま、
サンキューでした。

282 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:32:29 ID:???
ガクブル))))))

283 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:32:58 ID:???

まったくかみ合っていない会話が続いているなぁ。
どうにかならんのか。これ。

バカの壁っていうオチはちょっと悲しいぞ。

284 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:33:52 ID:???
2、3日前から抹茶スレ住人っぽい椰子が出没してる。
昔、竹下首相は「言語明瞭、意味不明瞭」と揶揄されたけど、
抹茶スレ常駐者は変な日本語を駆使して、言語・意味ともに不明瞭の
出口の見えない議論を無限ループで続けてるから要注意。


285 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:35:42 ID:???
>>284

それは、偏見だな。お前の論には根拠がないよ。
ただただ、占いを守りたいだけにしか思えない。身勝手なやつ。

286 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:36:11 ID:19mCQPAq
追加

惑星の影響力の大小云々〜と言う考え方もなにかに囚われてるかもしれないですね。

もっと柔軟でスケールの大きいセオリーが出てくるといいですね!

ではホントニ GOOD NIGHT!


287 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:36:41 ID:???
>>281
キロンの影響が強いということですが
実例では、どのような影響が見られたのでしょうか
実例を5例ほどよろしくお願いします。

288 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:36:42 ID:???

時間論という出口にたどり着けないから、ループしているように
見えるだけでしょ。

こんなにはっきりと示しているのに「読まない」「読めない」まま、
うだうだぶつくさいってるのは、あなたが能力不足なんだよ。

289 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:38:01 ID:???

ようするに、もっと精進しようぜってことだ(オレモナ)。

占いだけがすべてじゃないんだし。そんなものだけで
この世界が構成されているなんて、おこがましいの一言です。

290 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:38:57 ID:???
もう皆寝ようという結論でどうですか

291 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:41:15 ID:???
しかし、サイエンス馬鹿はどうにかならないの。

292 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:41:55 ID:???
>>291

何も知りもしないくせに、他人をバカ扱いするお前のほうがバカですが。
どの板に常駐しているか、いってみなよ。

293 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:43:07 ID:???
占星術にはまってしまうと、それを通してでしか、人も物事が見れなくなる
そうなると無意識のうちに、占星術どおりに、人生も動いていくもんなんだよ
そうなると占星術は当たってる!!とさらに確信を深めてしまうけど、
それこそが占星術の罠なのだよ。

それは宗教にもいえるから。
何かの宗教に嵌っている人は、そこに沿った思考でしか考えられないけど、
その思考に嵌って従ってるうちは、
ほんとうにその宗教をやっている人だけにしか見えない
神体験や神秘体験のようなものが起こったり、
ああ宗教やっててよかった、やっていたから助かったのだ!わかったのだ
というような出来事も多発する。

294 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:44:20 ID:???
占星術信じてるなんて、一般からすりゃキチガイの群れなんだから
まあ冥王星の影響が〜とかキロンに影響されてます〜とか
一生やってりゃいいんじゃないw

295 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:46:01 ID:???
電車の中とかで、
今日は冥王星の角度が悪いから、朝から調子が悪くてさ〜
あ〜土星も来てるからね〜
とかいってたら、はたから見たらほんと基地外以外の何者でもない

296 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:49:18 ID:???
>>290
そうですね。警報も出てますからw

297 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 02:52:07 ID:???
米で旅客機墜落、49人死亡・1人生存…テロ情報なし

 【ニューヨーク=白川義和】米ケンタッキー州レキシントンで27日午前6時(日本時間同日午後7時)過ぎ、
レキシントン発ジョージア州アトランタ行き米コムエアー旅客機(乗客47人、乗員3人)が
離陸直後に墜落した。

 コムエアーは記者会見で、生存者が1人いると明らかにした。
他の乗客乗員は死亡した。日本人が搭乗していたとの情報は入っていない。
米連邦航空局(FAA)報道官はAP通信に「テロとの関連を示すものは全くない」と語った。
空港から約1・6キロの野原に墜落後、炎上した。

 FAAによると、墜落機はカナダ・ボンバルディア社製の小型ジェット機CRJ―200型機。
(読売新聞) - 8月28日1時58分更新

↑これも冥王星の降格と関係してるんでつか??
墜落って上から落ちるわけで降格って感じでつね

298 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 04:00:48 ID:???
↑ソースも貼ってくれよorz

299 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 04:01:34 ID:???
あったわスマソ
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/20060828/20060828_005.shtml

300 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 04:09:43 ID:???
降格云々は知らんが
火星とスクエアだな
確かに飛行機事故って冥王星絡んでるのを多々見かける
チェルノブイリもそうだったが・・・
水星絡んでそうだけど、レキシントンで6:10で見たところ
私が見るに水星ぢゃなさそうだ

アセンMCを含めて、海王星土星金星木星の綺麗なグラクロ
これかな
ちょっと事故の原因発表して欲しいな
確かギリシアのどっかの都市でもケッタイな事故あったよな
キプロスだっけ、子供イパーイ乗ってて遺体は殆どカッチカチに凍り付いてたって事故
あれも原因がちょっとヘンだったぞ

301 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 05:12:13 ID:???
>>284>>291

670 :名無しさん@占い修業中 :2005/10/27(木) 20:41:27 ID:1+77omcV
>>657=>>647=>>644=>>636=H田=夜勤=原田健司

必死だな。。。

みんな、聞いてくれ。
このH田=夜勤=原田健司(1966-1101-0010広島)は、
この板(特に松村潔関連のスレッド)では少なくとも2000年頃から
かれこれ丸5年間、
nifty時代も含めれば90年代後半から10年くらい、ずーっと同じ内容を
鸚鵡返しのように反芻して電波を発しまくってる奴だよ。

荒らし云々というよりはもはや真性のキチガイだと思う。
こいつにはもはや何を言っても無駄だし、議論など期待する方がアフォ。
他人の意見は何もかも、自分の考えから少しでもずれるものは何一つ受け付けないんだから。

自治スレ関連でも、1〜2年前に、老子に対してガキみたいな揚げ足取りで噛み付いて
延々と不毛な荒らしまがいのやり取りを、飽きもせず凝りもせず延々と繰り返してた前科がある。
こりゃ反復中毒、アスペルガー症候群によく見られる行動パターンだ罠。

ということで、ID:7EXQWs1j のスルーを強く推奨しておきたい。

302 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 05:21:23 ID:???
原田さんは蠍座の男だよね
それこそ冥王星の男だww
抹茶氏に粘着するのも、それこそ冥王星のパワーだったりしてw

303 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 05:23:50 ID:???
冥王星は復讐の星。夜勤くんは復讐中なのでしょうよ。

304 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 05:37:17 ID:???
原田はもう少し理屈っぽく欝っぽいレス返してきやがるけどな
確かに、2〜3日前から
原田的考えのシンパが現れているのは私も解る

しかし、原田本人なのだろうか?

もしそうだとしたら、随分アフォになったなと
糞過ぎる。

305 ::2006/08/28(月) 05:54:32 ID:???
糞はお前

306 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 05:59:36 ID:???
さすが冥王星スレ
人生全レスカッコイイ

307 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 07:24:36 ID:???
冥王星は新惑星として発見されたので、モダンに組み込まれた。

惑星ではなかったのだから、枠から外すのも当然。問題ないはず。

308 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 07:26:00 ID:???
>>304
このスレに限れば、↓の9割以上は本人

8,10,12,14-15,17,19-20,22,25,27-28,30,32,34-35,37,42,44-45,47-49,
52-53,56-58,61-62,65,67,116-118,121,126-127,192,195,198,200,202,
206-207,209,211,213-214,217,220-222,224-225,229-230,241,252,262-264,
266,269,274,277,283,285,288,289,292

309 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 08:36:29 ID:???
こんなにみんな冥王星に関心あるとは
おもわんかったw

310 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 09:29:05 ID:???
>>308
多過ぎw

311 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 10:37:55 ID:???
みんな無視してたのか。土曜にまともに相手しちゃったけど、有名な困ったちゃんだったのね

312 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 10:39:25 ID:???
みんなから仲間はずれにされる原田氏(蠍座の男)って
まるで降格されて惑星に入れてもらえない、冥王星のようw

313 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 12:18:43 ID:???
占いって普通に議論できる人たちじゃないね。

>>307

ようは無根拠なことを語っていたということだよね。
しかも調査も議論も受付ないままに。

そういう身勝手な体質が嫌われている訳。

314 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 12:47:17 ID:???
冥王星は降格されても存在するんだから関係ないよ

315 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 12:59:03 ID:???
>>314

関係あるとかないとか、自分たちでは決められる段階じゃないでしょ。
最初から、使っていなければ、天晴れでしたが。

理屈はわかりやすいスタイルで破綻したんだな、ということくらい認めないと。

316 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:05:39 ID:???
天文学の方では、この分類変更によって冥王星研究の重要度はますます上がりこそすれ、
地位が低下するとかそういうものではないそうですよ。

研究が進んで「何も分からないナゾの天体」ではなくなってきたのは
神秘のベールは薄くなっても親しみは増すでしょう。

317 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:11:19 ID:???
>>314
それは違うと思う
なぜなら、今はまだ発見されてない、
海王星以遠の惑星があるかもしれないわけだ。
でもまだ発見されていないのだから、占星術では使わないよね?
しかし惑星自体は、昔からずーっとすでにそこに存在してる

ということは占星術では「人間の意識が捉えたとき」が判断のポイントとして
重要なわけだ

となると冥王星の降格は「惑星からはずれた」そう認知したのだから
影響も降格されたものとして、考えなければならないと思う。

318 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:15:03 ID:???
>>317

あの。太陽圏って知ってます?

ようするに人間の意識じゃなくて、「占い師の常識」というべきだし、
ミステイクじゃないの?

319 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:19:19 ID:???
結論

占い師養成講座に科学教育のプログラムを紛れ込ませたら
占い師が言ってることも状況も、あっという間に変わるでしょ。

ようするに、占い師が知らないことは存在しない、そんだけの話でしょ。


320 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:20:03 ID:???
占星術自体を批判したい人と、冥王星の降格の影響について意見する人とで土俵が違う。
とりあえずここは冥王星スレなので冥王星話にしましょう。

321 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:23:38 ID:???
なにやら難しい話を書いている人へ
難しい話を、わかってほしいなら、
初心者にも、わかりやすく書くことが大事だと思いますよ。
貴殿の意見に興味はありますが、わかりやすくしなければ、
いつまでたっても、あなたの理論を理解してくれる人は増えないと思います

322 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:27:12 ID:???
>>315
使うと決めたのも関係あるから使い続けるのも、占い師が自分で決めたわけだからべつにそれは矛盾してない

323 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:30:44 ID:???
>>322
そういう幼稚な話はもういいよ。
自分で決めた訳じゃなくて、他人が決めた惑星の概念に沿わされただけでしょ。

324 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:32:41 ID:???
>>317
認知された、というのは存在が知られた、ということだから、発見されたときから影響力を発揮するというのはそれでいい。
でもって、降格しても、天体そのものが消えたわけではないので、
それは太陽や月が天文学上の惑星でなくとも占星術上の「惑星」であるのと同じように、「惑星」として扱うだけ。

325 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:33:49 ID:???
トランスサタニアンが発見された衝撃が大きすぎて、
その流れで、プルートを惑星だと見なして組み込んだだけ。

自前の観測手段を持たないんだから、他人の意見に左右されざるを得ないと。
それほどまでに他の分野と依存関係にあるのに、過去に一体化していた
ときのままになんでも意見が通る唯我独尊状態で振る舞ってるから、
怪訝な目で見られている。しかも、閉じてるからろくな情報はいらないままで。

しかもそれすらわからないようだしな。みっともないね。

326 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:33:51 ID:???
他人がどう惑星の定義をしようが冥王星という天体は天体

327 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:35:21 ID:???
>>325
きみが一番他人の決めた惑星の定義とやらに振り回されてるね
天文学上の惑星と占星術の惑星は違うというそれだけのこと

328 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:35:23 ID:???
土星は「抑圧」って意味があるけど、トランスサタニアンを「無意識領域」あるいは
「顕在意識外」とすると、土星は「無意識下への抑圧」ともとれる。認めたくないものを
意識から除外して無意識の方へしまいこんじゃう『抑圧』。

トランスサタニアンの発見はその抑圧によって隠されていたものがあらわになってしまった状態。
その結果、発見された時代の人々の無意識下(=集合無意識下)に抑圧されていたものが噴出し、
革命や世界大戦やホロコーストが起きた。
抑圧していたものが噴出して困ったことになれば、また抑圧したくなるもの。
冥王星の惑星降格によって「冥王星」は教科書からも名前が消え、特に興味のある人以外の
一般大衆からは「忘れ」られてゆくだろう。この「忘れる」ことこそ、意識から「除外」する
ということでもある。除外されたものは、また無意識にしまいこまれ、「抑圧」が
完了する。
占星術的には、これから再び土星やトランスサタニアンを除外した古典占星術が注目されそうだ。
すでにそういう動きが占星術師たちの無意識領域では起きはじめているのかも知れない。

329 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:36:06 ID:???

悔しかったら、中世のように自前の観測手段を持ってさ
独自に定義すればいいじゃん。

でも無理でしょ。それなのに今も発想が中世に留まってるんだ
ってことにそろそろ気がつきなよ。本当に遅れてるんだってこともさ。

330 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:36:12 ID:???
そもそも新惑星が発見されたから、じゃなく、新天体が発見されたから、組み込んでみただけ

331 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:37:51 ID:???
>>330
意味不明。もう少しわかりやすい日本語を書いてね。

332 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:38:01 ID:???
死の抑圧は、良い部分と悪い部分があると思う。
核兵器を抑圧はするけど、死から目を背けることは、刹那的な生き方
をすることにも繋がる・・・

333 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:38:32 ID:???
>>324
それをいうならたくさんの小惑星はどうなる?

しかし、そもそも天体の名前や意味を決めているのは
科学者やその他関係者、つまり一部の人間だよね?
その勝手に決められ、神話に結び付けられた意味を、なぜ占い師はそのまま鵜呑みにする?
その天体の影響力が、人間が勝手に決めた意味と同じになると思うのか?

それこそ惑星のほうからしてみたら勝手に性格を決められて、いい迷惑じゃないか?

そして鵜呑みにするのなら
一部の人間が決めた、惑星からの降格という事実にも目を向けなければならないよ。

334 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:41:02 ID:???
過去に天体観測と一体化していたときには、概念を自由に決められた。
おかしなことを言っても、どこからも文句がこなかった。
だってほかの人たちは、概念を定められるコミュニティーに入ってないんだから。

占い師がいまもその調子で振る舞ってるから怪訝に思われる。
社会のあらゆる分野の概念構築が相互依存関係にあるということを無視して
身勝手な「お話」を作る。しかも、本人たちは無自覚。それが一番始末が悪い。

335 :名無しさん@占い修行中:2006/08/28(月) 13:41:39 ID:7Ae5mizj
>>317

ということは占星術では「人間の意識が捉えたとき」が判断のポイントとして
重要なわけだ

となると冥王星の降格は「惑星からはずれた」そう認知したのだから
影響も降格されたものとして、考えなければならないと思う。

私もそう思う。今は時代の転換期なのでは?
TNOとは、たくさんの可能性のひとつと考えてる。冥王星もTNOの代表的存在。
少なくとも占星術における惑星の影響力は、天文学と人類がその星をどう定義したかで
変わると思う。心理的にも。
冥王星は大体の役目を果たし、例えるならスポーツ選手が現役引退しただけで、引退後は
芸能活動をしてまだまだ世の中で認知度の高い活躍をしていくのだろう。
そんなイメージ。

336 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:41:47 ID:???
>トランスサタニアンの発見はその抑圧によって隠されていたものがあらわになってしまった状態。
>その結果、発見された時代の人々の無意識下(=集合無意識下)に抑圧されていたものが噴出し、
>革命や世界大戦やホロコーストが起きた。

殺戮自体は、何百年も昔の、トラサタが発見される前からあったと思いますが。

337 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:43:19 ID:???
>>333
冥王星を組み込み、小惑星を無視したのも結局は妥当性があった。
冥王星はカロンとの連星であり、連星を占星術の「惑星」とみなしたわけだ。
その特殊性(他に衛星も2つある)とそれら全部を含めた大きさというのは
他の小惑星やTNOよりも大きい。占星術上の惑星として特別に扱う資格は有ると思われる。
小惑星やTNOにしても使う人は使うわけだし。

338 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:44:46 ID:???
>>337
大きさで決める根拠を理論づけられないとみたね。

339 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:45:36 ID:???
うむ。わかりやすく書いてくれる分には、
なかなか興味深くて、おもしろいんだけどね。

340 :めいちゃん:2006/08/28(月) 13:46:01 ID:PdYF80MI
335>バカ目、占い板の私のスレを見てこい。


341 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:46:22 ID:???
>>335
いや、新天体が発見されたときはそういうものがある、と認知されたのが重要だろうけど、
降格の影響は?だとおれは思う。
太陽や月が天文学上の惑星でないと分かっても、占星術では「惑星」扱いなのと同じでいいとおもう。


342 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:46:25 ID:???

いまの星占いは、出がらしの番茶ような分野になっちゃったんだよ。
よいところは、皆ほかの人たちが受け継いじゃった。

残ってるのはなんだか意味不明なことを言ったり信じたりする人たちだけだ。

343 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:46:29 ID:???
冥王星だけを、連星で考え、大きさで勝ってる!発言は
愚の骨頂だと思いまつが。

344 :めいちゃん:2006/08/28(月) 13:46:47 ID:PdYF80MI
動物だ動物だ

345 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:47:44 ID:???
天体観測技術は天文学の人には遥かに及ばないし、
象徴学的なアプローチもユング派にはかなわないだろうしなぁ。

もう何もないじゃん。

346 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:47:54 ID:???
>>343
なかなかいい考えだとおもうけど

347 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:48:58 ID:???
無意識とかの話は
心理学で説明すれば、よくわかることで
占いでこじつける問題じゃないとおも。

348 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:50:44 ID:???
天文学上の惑星定義で冥王星単体で決められちゃうのは仕方ないけど、
占星術の「惑星」としてはカロンも冥王星も同じ感受点として扱ってきた。二つで一つ。

349 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:50:48 ID:???
もはや、占いは宗教なんだよ。
宗教やってる人に、いかにそれが、おかしいことか説明しても
絶対に理解してくれないだろ?
それと同じで、
いくら説明したって信じきってる人は盲目だからわからないよ。

350 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:51:14 ID:???

身勝手なお話ですよ。どこともつながっていない空中楼閣。

351 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:52:39 ID:???
>>348
それなら、月と地球はなぜ同じと扱わないのですか??
それから衛星であって、本体と分離してるものを、同じと見るのは
ナンセンスですよ。



352 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:54:10 ID:???
占いがブームになってきて、占い師が調子にのり出してるのもどうかと思う。
批判して厳しい目線を送ってくれる人も大事だよ。

353 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:56:00 ID:???
>>351
ああ、やっぱり月のことを考えていたわけですか。
だから天文学上の定義と占星術の「惑星」は違う。月も太陽も「惑星」。
地上から考えれば、月は地球と分離して回っているが、カロンと冥王星は同じ感受点として回っている。

354 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:56:42 ID:???
>>351
古い宇宙論を踏まえた世界観すら知らないままで
モダンをやってるから、そんな妄言を吐くんだろうね。

星占い講座の教育プログラムもたぶん欠損が多いのではないのかな。
個人的には、科学教育を受けた経験のない人が多いと思うから、
これを機に科学教育プログラムに関心を抱くのが吉ではないかと。
自分の世界観が壊れるのは苦痛だろうが、現実はそういう方向に進んでるんだし。

355 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:56:43 ID:???
土星の輪を土星とべつとして扱ったりしないでしょ

356 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:58:26 ID:???
土星の輪と、衛星を同じ次元で考えているやつがいるとは…

357 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:59:51 ID:???
>>355
だからさ、星占いを成り立たせていた宇宙論は、古代のものなんだ、
ということを全く意識できないから、そういう場当たり的なことを
君はいう訳じゃん。

一事が万事すべてそうでしょ。上っ面だけを齧って、周囲の馬鹿どもを
適当にごまかせる、ごまかしてやる、なんて意気込まなくてもいいですよ。
みっともない。

358 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 13:59:56 ID:???
木星・土星・天王星・海王星は、やっぱり実際に画像見たとき圧巻な美しさがあるからなー
冥王星は単純にショボすぎるw


359 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:00:51 ID:???
>>357
よくわからない。もっとわかりやすく書かないと

360 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:02:08 ID:???
>>357
それだけ思想があるんだから、わかりやすく書けば
万人を納得させられて、占星術ヲタがいなくなるかもしれないよ、
そこまでガンバw

361 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:03:13 ID:???
ほんと、今回の騒動は、月や太陽は惑星ではない、とのと同じことで天体の占星術利用そのものには関係ないな

362 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:05:13 ID:???
占星術の太陽は、地球のことをあらわしているので、
惑星です。


363 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:06:29 ID:???
冥王星は大事だ重要だー

とか言ってても、なんで蠍の守護星になったか経緯を知ってる人いないんでしょ。

364 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:06:49 ID:???
ヘリオセントリックだと月と地球が同一視されて月が消える。
ジオセントリックだとカロンと冥王星がペアで占星術上の「冥王星」になる。

365 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:08:46 ID:???
>>359
肉眼でしか天体観測できなかった時代の宇宙論と
ガリレオ以降のそれを同一視するのは根本的に異なるのではないのか。

星占いは、観測手段と概念構築そのものを同じ人がやっていて、
一人の内面で一体化していた時代の宇宙論に基づいている。
それを基盤にして、そうじゃなくなった時代においても、
うやむやのうちに拡張してきたんだけど、
ここにきてあからさまな矛盾が露呈してきたと。

間違った概念の土台の上に高層建築たてちゃったから
さすがに揺らいでしまってるという感じじゃないの。
で、ビルの中にすんでる人たちが右往左往していると。
ビルの中にいたら、土台まで目が届かないのは仕方ないよ。
でも揺らいでるんだから、一度、外に出てみなきゃ。

これでわかりやすくなりましたか。。。

366 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:08:52 ID:???
一歩譲ってカロンと連星だとしても、だから何?

367 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:11:19 ID:???
小惑星やTNOの中で冥王星だけ特別扱いする理由として。

368 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:11:36 ID:???
>>365
わかりやすくなった。よくわかる

しかし、占星術に嵌ってる人は、惑星や冥王星の影響はある!と
勘違いかどうかはしらんが、実感を覚えてるようなので、
こういう人に、なにを説明しても無理だと思うよ。

例えば霊を見た!という人は、霊なんていないよといわれても
自分が見たという実感がある限り、それを信じるでしょう。
それと同じ
占星術教と名づけたらどうか。

369 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:12:50 ID:???
>>365
月や太陽が天文学で「惑星」とされなくなくなっても平気なように、平気です。

370 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:13:51 ID:???
占いを信じるか信じないかでいえばそうでしょう。
科学的に証明できる!とかは考えてないです

371 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:14:38 ID:???
しかし冥王星が、惑星でなくなるまでは
カロンのカの字も誰も言ってなかったのにねw
カロンの存在自体、知らなかったんじゃないの?w
まるで身体検査のときに、髪の毛を逆立てて、
ちょっとでも身長をかせごうとしているかのようだw

372 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:16:53 ID:???
二重性に意味があるということは言われてましたよ。
それにペアで占星術上の「冥王星」とするなら、いちいち冥王星・カロンと併記することもないわけで

373 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:17:42 ID:???
つまり信じちゃったから、小惑星だろうと石ころだろうと塵だろうと
かまわんってことねw

374 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:18:40 ID:???
負け惜しみ?

375 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:18:48 ID:???
占星術上の「冥王星」ってなに?
カロンの存在、いっしょくたにされてるし( ´,_ゝ`)プッ

376 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:19:12 ID:???
>>368

いつの間にか積み上げられてしまった上の建物を取っ払って、
そもそも基礎となってる土台ってなんなのですか?ってところを
再確認する時期が来たと思うんですよね。

個人的にはその土台にはいまでも考えるだけの価値があるものが
あるんじゃないのか?って思ってる。
ただ難しいのは、この概念のビルの中に住んでる人がいるってことなの。
誰だって、自分のお家を壊されたくないわけじゃん。

「そこ、危ないよ。いまにも倒れそうだよ!」

っていっても、ほかに移る場所がなければ住み続けるしかない訳で。
だからまぁ、一部は「いいんじゃないですか?」と
かなり意図的に曖昧にしてるわけで。
熱心に読んでるコアな人には影響を与えるだろうが、しかし、こんなスレは
一般には気がつかれないままいずれ沈没していくんだしね。
そのくらいのゆっくりとした壊し方で著度いいのではないかと。。。


377 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:20:53 ID:???
>>373
宇宙の石ころで占う占いだもの

378 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:21:17 ID:???
信じちゃったなら、

私は、占星術を、信じているので
科学的な見解は、すべてなかったことにします。
ご批判があるでしょうが、そのご批判は右から左に流すことにしています

と明言して、いかにももっともそうな意見を書いた誤魔化しはやめたら?

379 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:21:59 ID:???
なるほど、それなりにもっともらしくて反論しようがないとは認めるんだw

380 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:22:23 ID:???
占い好きは宇宙の石ころに、てめえのしょぼい人生を投影する
キチガイだと自覚してるのか?

381 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:25:18 ID:???
反論しようがあるないも、こじつけに何いっても
次々に、なんか言い訳考えるからねw

382 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:26:00 ID:???
>381
議論なれしてないんだね、、、幼いなぁ

383 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:26:36 ID:???
盲目の宗教信者と、議論なんでできないw

384 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:27:12 ID:???
敗北宣言ですね

385 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:27:34 ID:???
>>382
議論の意味を履き違えてないか?幼いなぁ

386 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:29:26 ID:???

もちろんさ、シュタイナーのように、惑星と内蔵の分泌には
相関がある、と主張する人もいる。あ、これはモダンじゃないよ。
シュタイナーはゲーテの自然学という知的バックグラウンドがあるから、
かなり手強いというか、思わず説得されてしまうんだよな。

そういうのはわからん。そういうのもあるかもしれない。
でもここにいる人たちがそういうことを主張するなら、
やはりもっとちゃんと組み立てられた話を聞きたいな、としかいえない。
今のような水準ではちょっとダメじゃんかと。


387 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:30:52 ID:???
つまり、批判派を納得させられるだけの、
説得力がまったくないってことだね

388 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:33:54 ID:???
批判派も信者を説得できてないしね

389 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:34:02 ID:???
つまりこういうことでしょ?

国際天文学連合「冥王星はわい惑星に格下げ!」

冥王星信者「(∩゚д゚)アーアーきこえなーい」

390 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:34:21 ID:???
スレ読んだけど、ほんと占星術教だわ。
おかしいことを自覚してないのが怖い。関わるのよそー

391 :名無しさん@占い修行中:2006/08/28(月) 14:37:08 ID:7Ae5mizj
>>380
冥王星を単なる石ころ扱いするのはどうかとおもうな。
天文学者だって、その石ころに自分の一生をかけて熱心に研究してる。
トンボーも、冥王星を見つけたときはさぞ嬉しかっただろう。
占星術を長年趣味でやってきてた者として一言言わせてもらうけど、
他の人にはショボイ天体にしか見えなくても存在してるからには何か大きな
意味があるとロマンを持ち続けてきたんだ。
人生を投影するのは、天文学者だって占い師だってどちらも一緒だよ。
理系の人には非科学的に思えるのかもしれないが、小さいひとかけらの星に
天文学者や国家(ついでに占い師も)が懸命に宇宙の謎を解き明かそうとした
夢と希望と努力を踏みにじらないでほしいな。

392 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:39:58 ID:???
天文学者のロマンと
占星術オタのロマンはまったく違うと思うが。

393 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:40:18 ID:???
>人生を投影するのは、天文学者だって占い師だってどちらも一緒だよ。

それは嘘。だって「占星術がおもちゃだと気がついたか」といいながら
本を出版する人だっている界隈なんだから、それは嘘。
しかも、そういう話をしても、誰も批判的に考えられなかったしな。
もう何というか、研究じゃないんだよ。ほとんどすべてがそう。

天文学の分野でそんなことやる人なんていないでしょ。

394 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:42:27 ID:???

嘘だとわかりながら、てきとーに語ってる人たちは、
シュタイナーのような、一種異様な感じでくみ上げられた世界観で
説得する努力をしている訳でもないでしょ。

シュタイナーのそれも変だ。だが、知的誠実さはありそうだよね。
この界隈って、それがないんだよな。だから議論しなかったんだろうし。


395 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:42:34 ID:???
宗教なんだから、使いたい奴は、勝手に使えばいい。

しかし盲目になるな。
それ以外の世界があるということ、
占星術への疑念の心を持つことは、信者であっても大事。
自分を客観的に見る姿勢であり、はたからどう見られているのか
考えられないのは愚かなことだ。

396 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:44:42 ID:???
このスレにはもう来ないよ じゃあな。

397 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:49:34 ID:???
漏れも言いたいことは書いたので、卒業するかw
いつかこのスレを読んだ信者さんの一部が、
目を覚ましてくれればいいと願う。

398 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 14:53:10 ID:???
じゃあ、みんなで散りましょうか。
降格騒動も、そろそろ終わりが来たのね。

399 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:01:23 ID:???
散っちゃったのか


400 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:04:43 ID:???
誰もいなくなると、それはそれでさみしくなるな
批判されるより、無視されて存在を気にもとめてもらえない方が悲しい
ほんとうの占星術、冥王星の終焉のようだ

401 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:06:55 ID:???
俺もいなくなろう

402 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:08:17 ID:???
まだ冥王星が発見される前から、有名になった大物は太陽やASC、MCが冥王星と合になってた人が多い。またはアングルに冥王星がある人。
発見前なら太宰治や川端康成(2人とも太陽と冥が合)。

発見後なら松田聖子(ASCと冥が合)、紀子妃(太陽と冥が、わずか10分差の超タイト合。しかも、その太冥はICぴったり)。
マイケルジャクソンも太陽と冥が合。
世界の有名な政治家にも多い。

だから降格されても、冥王星が宇宙から消えない限り影響力はつづくだろう。

403 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:12:13 ID:???
冥王星合の人って、思い込みが強すぎるし、自己愛が強い人が多くて嫌い。
自分には何かが成し遂げられると勘違いしてる凡人も多い。

404 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:12:30 ID:???
あとづけはいらないよ。

405 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:14:22 ID:???
冥王星が発見される前の、時代のASCやMCなんてどこまで信憑性あるかなぁ?
ズレがありまくりで、正しい時刻じゃないと思うけど。
生まれ日まで、違ったりするし。

406 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:15:39 ID:???
確かに、冥王星合の人間の勘違い度はスゴイよ。
傲慢だから、そこに気づけない。

407 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:20:45 ID:???
一番、業が深そうでもある。
謙虚にならないといけないのに、
傲慢になって、いつかしっぺがえしがきて自爆しそうなタイプ。

408 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:26:55 ID:???
彼氏が冥王星太陽合に月オポだけど全然執念深くも傲慢でもないな
で、私は冥王星太陽月トラインだけど、すげー執念深いよw
20年以上経っても昔の恨みは絶対忘れん
まさに報復と復讐の星だと自分で実感するよ


409 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:28:41 ID:???
>>408の2行目にあるトラインは、グラトラです。スミマセン

410 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:31:16 ID:???
冥王星のアスペクトを持っていること自体を
自慢にしてるやつ多くね?
そういうとこからして傲慢だったりする。
これは別に>>408さんのことを言っているのではないけどね。
洩れの知っている範囲では。

411 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:32:51 ID:???
私は冥王星のアスないけど、
死ぬほど執念深いよ。
冥王星の問題だけともいえないのでは?

412 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:33:05 ID:???
>>328
なんかそれわかるような気がする。人が見つける前からトラサタはあるけれど、
初めて発見した時の時代が一番規模の大きい象徴的出来事があるんだよね。
昔もトラサタは影響してたんだろうけど、人の顕在意識が「発見した」という
ことは、それなりに格別な意味を持ってると思う。
潜在意識だけに影響してた頃と、顕在意識レベルにまで影響が及んだ時との
違い、みたいな。

413 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:33:44 ID:???
あ、トラインは1個あったけどね、スマソ。

414 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:37:01 ID:???
>>410
いや、持ってる自分としてはちょっと扱いに困ってるんだよ。
自分のハードも調停してくれてるし、グラトラまでやってくれてるんだけど
冥王星って制御不能なところがあって
土星内惑星だとスクエアだの何だのあったら
自ら練磨や諦めを心がけ変化は伺えるけど、トラサタになるとなぁ。
もしかしたら、ソフトアスだから制御不能なのかも。
ただ、既婚男性の友人2人に冥王星と金星のスクエアある奴が居るけど
2人とも色っぽいな、本当に。金星冥王星ソフトの人らは色っぽくないのに。

レベルの低い話してスマソ。冥王星話はここでしかカキコできねーんだよ!w

>>411>>413かな?
ソフトアスのが執念深いかな?w

415 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:38:47 ID:???
トラインとスクエアのひとは傲慢じゃないと思うよ。
合の人はかなり傲慢。

416 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:46:04 ID:???
>>412
冥王星の降格は、土星内の抑圧だとは思わないけどね〜。
むしろ今回の事件は、進化だと思う。

なぜなら冥王星を除外したというより、
わい惑星が発見されたことによって、
冥王星が担っていたものを、
冥界全部のわい惑星なども含めたもので担われることになったと思うから。
その意味で冥王星の価値が、相対的に降格しただけ。

わい惑星が、他になにも発見されていないのに
冥王星だけを排除したわけじゃなく、
最近の発見を踏まえた上での、除外だからね。
むしろ、これからは
この進化を踏まえて、ゼナやクワオアなどが出てきた上で、
新しい占星術はどのように進化するのかってとこだと思う。

417 :めいちゃん:2006/08/28(月) 15:49:43 ID:PdYF80MI
動物だ動物だ

418 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:52:45 ID:???
>>358
木〜海には観測機がいったからねえ。
冥王星の画像は今小惑星帯を飛行中の
ニューホライズンズが到着するまでお待ちください。

419 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 15:54:25 ID:???
じゃあわい惑星はそれ自体独自の意味はなく、
冥王星の意味を分担して引き継いだってこと?
冥王星単独では冥王星としての意味を持たなくなったってこと?

ゼナやクワオワが歴史上の大事件の時どの場所にあったか調べられればなんかわかりそうだね。

420 :めいちゃん:2006/08/28(月) 15:55:36 ID:PdYF80MI
動物だ動物だ

421 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 16:05:55 ID:???
冥王星は惑星としての意味よりは、
外宇宙との扉みたいな役割だと、松村さんは言っていたよね。
冥王星の意味は、人間が勝手に変換してつけただけで。
降格により、扉自体が開いたというか、扉がたくさんに増えたというか、
扉がなくなって宇宙が全開になったとまではいかないだろうが

422 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 16:08:26 ID:???
太陽系外との開閉弁

423 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 16:08:43 ID:???
扉を忘れてしまった(外宇宙の存在を忘れて狭い世界に閉じこもった)
ってことにはならんといいがな。

424 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 16:13:14 ID:???
希望としては、
さっさとゼナやクワオア、その他まだ未発見のものにも
親しみやすい和名がついて
その他、わい惑星の認知度をはやく上げることだと思う。

それにしてもゼナはゼナなのか?はやく名前決まらんかな?

425 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 16:18:04 ID:???
例えば、これを学校で考えてみよう。

冥王星くんが、イジメにより転校することになった。
居なくなってすぐのころは、
「あいついなくなったよな〜 
まあ、小さいくせにでかい顔してたからな、当然の結果」
とか
「イジメはよくなかったんじゃないか」
とかみんなの噂話が交錯する。

しかし数週間後、
ゼナちゃんと、クワオアくんなどなど新入生が編入してくることになった。

クラスは、新入生の話題で持ちきりになり、
冥王星くんの思い出は、だんだんと忘れ去られていく。

みたいな感じじゃないかね?

426 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 16:37:26 ID:???
>>328
核を抑制しよう、って動きになるといいな。
ウチに溜まったもの(ストレス含む)が噴出していつも以上に暴れちゃって、
ある程度落ち着いてから「アレはやり過ぎだった」って反省するみたいに。


427 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 16:48:30 ID:???
冥王星は関西に引っ越しますた


428 :冥王星:2006/08/28(月) 17:55:30 ID:???
ワイをみくびると道頓堀に沈めたるでぇ〜

429 :281:2006/08/28(月) 17:59:29 ID:19mCQPAq
>>287

質問されたので、まじめに答えますーw
キローンの影響です。

実例
@K・リュ○ジ氏 占星学者 1968年3月2日午後1時50分京都市
9室のキローンと3室の天王星がぴったし180度。

A故山田○男氏 瞑想指導家 1942年4月20日午前2時30分弘前市
6室のキローンと冥王星が合。

B故ルル・○ブア氏 1945年11月19日午前9時30分茨城県日立市のそば(疎開先)
キローンと天王星がトライン

C青山○秀氏 サイババ関連著書多数 1959年2月12日午前8時福山市
太陽とキロンが12室で合

Dトーマスアルバ・エジソン 1847年2月11日 午後11時20分ボストン市
キローンと冥王星がオポ、キローンと太陽がトライン

Eブルース・リー(俳優) 1940年11月27日午前5時 サンフランシスコ市
キローンが冥王星と合、太陽とトライン、金星と火星に対してスクエア

その他、心理学者ユング、フロイト、シルバメソッド創始者ホセシルバ氏もキローンが3室であった。
あっしも3室w。
カウンセリングや占星術に関するアスペクトは、キローンと天王星が関わっている模様。

430 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 18:06:31 ID:???
キローンと天王星、冥王星のアスペクトとかって
その世代の人、ほとんどそうだと思いますが。
しかもキロンと天王星のオポは、かなりの世代の人が持ってますよ。
実例とは言いがたいレベルですね。

431 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 18:11:24 ID:???
キロンと天王星だってwwwww
たいがいの人180度持ってるけどww
ワロス、超まぬけwww

432 :281:2006/08/28(月) 18:21:45 ID:19mCQPAq
>>キロンと天王星だってwwwww
>>たいがいの人180度持ってるけどww

わるいわるい、ちょっと間抜けだったね。w
イヤー自分でもちょっと恥ずかしいね。
しばらく星から遠ざかっていたからぼけたねーゴメン。

ただ、上に書いた人はきっちりチャートを書いてみると
フムフムと言う位置に有るんだけど、、、室の方とかASCやMCのことも有るし、
それほとんど書かなかったのはまずいかったな。
ぱっとチャートアップできないからね。

また、ちょっと仕事あるので、夜10時頃来れるかもしれない。
ではまたまた、、、、サンキュー

433 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 18:27:35 ID:???
>>432
質問です。
キローンと海王星のトラインはどう解釈されますか?
回答ヨロです。

434 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 18:32:08 ID:???
キローンと海王星のトラインも
1960年〜1970年くらいに生まれたひとは
かなりの確立でトラインだからなぁ

435 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 18:45:09 ID:VxuPuXv4
>>368
そうだねー。
ある占いを信じるか否かは、それがよい内容だろうと不吉な内容だろうと、
自分や誰かと照らし合わせてみて、当たっているという実感があるかないか
の影響はある。
ところがやがて、自分=偉大な人間、他人=劣った人間とかいう願望の
根拠に都合よく占いを解釈する手合いも出てきて隣の板みたいなことにもなるが。

科学的に惑星ではないとはいえ、太陽系の中心である太陽や、
人間が住んでいる惑星との関係の強い月が、占星術での扱いが大きいのはわかる。
また、占いの中での扱いも、水星や金星その他と少し違い、
より自我やパーソナリティと密接な扱いになってもいる。

・冥王星を、他の小惑星と別格的に扱う根拠というのがあるのなら、
冥王星を惑星に準じる扱いもありだと思う。
・それとも、天体としての冥王星にはそもそも変化はないものの、降格を何かの象意として捉え
降格自体に意味を見出すとか(人間の死生観の変化とか、アメリカの地位とか)
冥王星の占い上での影響力を変えようとするか、
・よりドラスティックに占星術を見直すのか、
ってことで、もうずっとここで議論してるんだろうけど。

436 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 18:53:48 ID:???
死生観の類の変化というのはあり得るかもね。
生と死という所でぷっつり切れる二元論でなくて、
もっと神秘的領域とか霊的領域とかこれまで非科学的とされてきた領域
への認知度が高くなるようなの。

自分に起きた影響は、ホルストの「惑星」が聴きやすくなったw
自分の中ではあの曲の海王星が、これまでの冥王星のイメージで、
一番外枠にある惑星が外に繋がりつつも薄まって消えるような
曲の雰囲気が不気味だった。
今はあれが終わりでなくてもっとわちゃわちゃした世界がある感覚が出てきている。

437 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 22:02:37 ID:???
>436
興味深い話をありがとう。「惑星」を聴いてみたくなった

438 :432:2006/08/28(月) 22:29:39 ID:19mCQPAq
>>433

お答えします。

海王星とキローンのトラインは1960年代中ごろから後半生まれの人の「世代的影響のアスペクト」とも言えるもので、
これだけでは個人的な影響はどうとかいえません。
このアスペクトがASCやMCに関わっているとか、太陽や月、または上昇宮の支配星に強いアスペクトが有る場合は
影響力は発揮されると思います。

海王星はリズム感や霊的直感、または芸術性、また水や液体などとの関係として捉えるべきす。
で、キローンとのトラインはの世代は、1940〜50年代あたりまでの生まれの人が、のめりこんで行ったヨガなどで「修行するぞ」のような、
精神世界初期の雰囲気とは違います。セラピーや瞑想なども伝統的なものに加え新たな手法を付け加えよりソフトになって行きました。。
心理学ブームやヒーリングにエレガントな雰囲気を加えそれを一般化させ広める働きをしたアスペクトといえるでしょう。

このアスペクトが月と関わっていた人ですが二人ほど知っていますが、片方はこの三つで水のサインでグラトラで、アロマテラピストでした。
片方は月と海王星が合でプロではないがアートセラピーをやっていました。チャネリングなどは二人とも大好きでしたが、ヨーガなどはそれほどでもないようでした。

別な人で金星と関わっていた人はシンセサイザーで一種の「マインドミュージック」を作っていました。

火星と関わると、たぶんスポーツ的な要素も出て来るでしょうか。
水中エアロビクスなどと関わって来ることもあるでしょう。

何らかの形でこのアスペクトを土星が圧迫すれば、セックスレスになるとか、
精神面・芸術での表現力にマイナスな要素が入ることも有り得るでしょう。

とにかく、海王星とキローンのコンビを創造的に建設的に捉えていくと言うことで、1960年代のトラインは、特に水のサインなので
精神世界やヒーリングと強いかかわりが有ったようです。この世代が生まれた頃はマリファナやLSDが世界的に流行し始め、色々と問題になりましたが、
新しいアート運動などとも関わって、いわゆるサイケデリックムーブメントの最盛期でもありました。



439 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 23:13:57 ID:???
冥王星の惑星除外を「再抑制」としてみたり、死から目をそむける傾向の暗示なのか
っていうことを言ってる占い師もいるみたいだね。
ttp://aya-shumi.cocolog-nifty.com/heya/2006/08/post_1c1b.html

440 :名無しさん@占い修業中:2006/08/28(月) 23:25:38 ID:cmUvWBnd
まあムーみたいなネタとしては面白いけどなあ・・

441 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 00:51:32 ID:Vm2scmgR
中華航空旅客機墜落事故はホロスコプの冥王星が0度でした
今回アメリカ旅客機も冥王星がらみでようか

442 :433:2006/08/29(火) 00:53:06 ID:???
>>438
なるほど〜。
すごく参考になるお話ありがとうございました!

443 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 01:08:43 ID:???
>>441
冥王星に絡めたら、火星とスクエアしてますた
でも土星木星海王星もハードやってて正直解らない
冥王星のデカイ事故多いけどね・・

444 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 04:01:00 ID:???
冥王星と個人的な天体が絡んだ場合、パワー最強なのはやっぱりオポ?それとも合?

445 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 06:27:06 ID:???
てすと

446 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 06:28:31 ID:???
冥王星のタイト過ぎるアスペクトは、その影響に振り回されてしまい
影響力を、いつまでも客観化できないので、傍若無人な はた迷惑な人になりやすい。
合は特に、オポは調停いかんにより。
トラインなどで調停して、その影響を無闇に撒き散らさない、余裕が欲しいよね。
合やオポの場合、オーブは3度くらいは離れてたほうが、逆にいいのではないかと思う。

スクエアは自分の視点が、いつももう一方の視点からの試練がくることで、
だんだん客観化してみれるようになるので、受け入れれば、
いちばん成長の可能性があるかも。試練慣れして、逆境に強い人になりそう

447 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 06:32:26 ID:???
冥王星の降格らしき出来事あったよ

↓↓
ギネス最高齢、エクアドルのマリアさん死去116歳
【リオデジャネイロ=中島慎一郎】AP通信によると、
ギネスブックで世界最高齢と認定されていたエクアドル人女性の
マリア・エステル・デカポビジャさんが27日、
同国南西部グアヤキルの病院で死去した。116歳だった。
↑↑
年齢域もぴったりだし、
冥王星はお亡くなりになったと書いてた人いたけど、その通りかも。
やはり降格という事象を、無視して考えないようにするのはよくない。

448 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 06:40:54 ID:???
思えば坂東眞砂子の行為って、
至極冥王星的なのな・・・

449 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 07:54:09 ID:???
何でも冥王星が惑星から降格したせいにしてみるスレ
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1156671646/l50

450 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 08:01:21 ID:???
ギネスの世界最高齢が死んだ、ってのは確かにすごいな…

451 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 08:02:07 ID:???
坂東は、火星天王星のアスかなんかで説明されてたけど。
冥王星にもともとたいしたアスペクトない生まれの人だし。

452 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 12:30:52 ID:???
無内容。

453 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 13:13:35 ID:???
カキコのレベルが急降下


454 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 13:35:29 ID:???
今後また変更あるまで、今の冥王星の意味に、
「凄いものと思われたのがメッキが剥がれてたいしたことがないのがわかった」
あるいは逆に
「一部だけみて本質を見誤られて不当に軽い扱いをうける」
みたいなのが加わりそう

455 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 13:39:50 ID:???
>60
>前スレ>>920冥王星は巨大なオーラを持つ星。
>
>それをどうやってみんなにわからせる?納得させる?
>どうやって共通認識に持ちこむ?

発言者本人のどう考えてるか分からんが、
巨大なオーラとはオカルト的な喩えで、
何か人間にとって目立つところとがある、という意味にも取れるな。
それなら認識の問題だな。

実際に検証できるかは分からんが、
物理作用の石源説の受け売りから、文化的な説明まで色々可能だ。


456 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 14:01:01 ID:KuPo57y8
まあ、冥王星が巨大なオーラを持つかどうかはしらないけれど、
どうなんだろ、結構影響が大きく出ている人もあったような、、。
これは、どうだろね、反対にあまり影響が目立たない人もいたし、、、。

内惑星と関わらないと個人的現実とは縁遠い感じだしな、、、

ま、これからじっくり調べてみようかな、、、

周期の短いキローンの方が結構現象として自覚しやすいかも。
先は長いかも??


457 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 16:17:48 ID:???
いや、正直おいらは
カイロンよりも冥王星のほうが現象が自覚しやすい。
もちろん、どちらもアスがあるのだが。


458 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 16:27:45 ID:???
やはりキロンと冥王星を同列にかたってみよう、というのがすでに降格の影響でもあるような
カロンと一緒に見間違われて大きいと思われて惑星扱いされた、という経緯からみても他の小天体とは違うと思う。
そういやカバラの生命の樹では深淵やダースというのが木星と土星の間になるんだが、そこらには小天体ないの。


459 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 19:26:28 ID:???
仲間はずれにされた冥王星はグレて
ならず者のTNO集団を率いて冥王星族のヘッドになり
海王星軌道の内部に特攻を仕掛けるのであった。

冥王星って普段は海王星の外を廻っているのにたまに内側に入り込んでくる。
海王星までが惑星となったので
外宇宙の意識を無理やり持ち込んでくる媒介としての役割がはっきりしたのでは。
今までの冥王星の役割を他の天体に分担したとしても、
こいつはそれらの天体の意識をまとめあげて持ち込んでくるので
結局、トランジットの冥王星の影響力は変わらないのではないか。
冥王星自体の持つ意味は削られると思うが。

と、妄想してみた。

460 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 20:13:01 ID:???
なぜ1930年代から1992年まで冥王星以遠の星がみつからなかったかというと、
冥王星はカロンの分大きくみえたから観測できてたわけで。
やはり他のTNOといまのところ同列にはできないな

461 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 20:17:23 ID:EKVGo3WJ
そもそも惑星いと非惑星の影響の違いを考慮しないと
 だめじゃない?
 冥王星の現す現象が今までよりも影響が少なくなるのか、
 忘れられやすくなるのか、いままで人間がコントロールできると思っていたけど
 やっぱり無理だったとか。
 惑星を意識、非惑星を無意識と仮定するなら、意識、無意識の定義変更が
 あるとも妄想できる。最近の脳科学では、自己決定とは何かてのが話題。
 いままで、個人が意識して冥王星のチカラまで使えると思いきや、
 実はせいぜい海王星までシカだめでしたってことでは。

462 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 20:17:24 ID:KuPo57y8
そうそう、冥王星とカロンは、パートナー、夫婦みたいなものか?
一心同体みたいなものかな?
「ええ女房」かどうかは知らんけどw

463 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 20:58:23 ID:HD5l76+s
海王星が発見された時は、当然海王星が冥王星より地球に近い軌道だったから
昔の望遠鏡でもみつけられたんだよね?

464 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 21:35:35 ID:???
やっぱり冥王星の持つ元来の意味が、今回の出来事をぴったり表してる感じする。
「全か無か。全てを奪い、全てを失う」。

ならば次は「再生」の象意が実現するのかな。

465 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 21:36:31 ID:???
今頃になって冥王星とカロンを二つで1つ扱いして、
他のTNOに対して優位であると考えるのはバカバカしくないか。
二つを合わせても、その大きさの半分近い星がごろごろしているのが
EKBですよ。

今回の騒動以前に、冥王星とカロンは二つで1つのシンボルを持っていると
書き込んだら、殆ど反応がありませんでしたしね〜

466 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 21:38:50 ID:???
ジョンベネちゃん事件の偽犯人騒動みたいなもんだな>冥王星降格

467 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 21:44:27 ID:hFJxJa3H
 <ポーランド>元ナチ告白グラス氏に反発 名誉市民はく奪も

 【ベルリン斎藤義彦】戦後ドイツを代表するノーベル文学賞作家のギュンター・グラス氏(78)がナチス・ドイツのヒトラー親衛隊の
 軍事部門(バッヘンSS)に所属していたことを告白した問題で、ナチスに最大の被害を受けた隣国ポーランドが反発している。右派与党「法と正義」
 は同氏の出身地であるグダニスク市の名誉市民号はく奪を要求しており、同市議会が31日にはく奪の是非を協議する。
 ワレサ元大統領もグラス氏を批判するなど、告白が両国関係に影を落としている。グラス氏は旧ドイツ領だったグダニスク(旧ダンチヒ)生まれ。
 冷戦時代に両国関係改善を訴えたことから名誉市民号を贈られた。しかし、反ドイツ姿勢を鮮明
 にして人気を集めている「法と正義」は「ナチ親衛隊だった者に栄誉は与えられない」とはく奪要求を突き付けている。
 グダニスクは共産主義政権時代に民主化運動を始めた自主管理労組「連帯」の発祥の地であり、同労組を発足させたワレサ元大統領も
 グラス氏に釈明を求めた。
 グラス氏は22日、グダニスク市あてに手紙を出し「黙っていたことは誤りであり、断罪されるだろう。多くの市民が名誉市
 民号に疑いを持つのを受け入れざるを得ない」と謝罪した。
 同市議会は31日の臨時議会で名誉市民号はく奪問題とともに謝罪書簡について協議する予定だ。市民の72%ははく奪には反対しているが、
 与党はグラス氏批判をゆるめていない。秋に地方選を控え、与党が反ドイツ機運を盛り上げることで人気とりを図っている側面もあるようだ。
 グラス氏は自伝「タマネギをむきながら」の発売を前にした独フランクフルター・アルゲマイネ紙のインタビューで、17歳の時に親衛隊軍
 事部門に入り、戦車部隊に配属された過去を明らかにした。同氏は小説「ブリキの太鼓」などで知られ、99年にノーベル文学賞を受賞した。

ナチスがドイツの占拠で大躍進したのは、冥王星発見と同じ年の1930年。

468 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 21:52:07 ID:???
そういやネオナチが活動拠点として買い取ろうとしていたアパートだかを
市民が協力して買い取ろうと活動しているとかというニュースがありましたね、
天文会議の最中に

469 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 22:35:10 ID:???
無意味。

470 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 23:10:42 ID:???
マジレス。冥王星が降格したせいかトランジット火星のせいかハッキリしないが、昨日2回も軽傷ながら怪我をした。

最初は料理中に包丁で指を切り、次はまた料理中に火傷。

私のネータル月は魚座で、もともと冥王とオポ。
そして今トランジットの冥王星とはスクエア、火星とはオポになっていて、T型スクエアを形成してます。

471 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 23:20:46 ID:???
>>470
( ・ω・)つ[絆創膏]オダイジニ
火星といったら刃物
冥王星が降格したせいではないと思うけど
注意力が落ちていたとか?

472 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 23:21:18 ID:???
>>470
ただの料理下手だと…ww


473 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 23:25:06 ID:8N2vNrlr
>>470
何作ったの?

http://www.asahi.com/science/news/TKY200608290119.html
アメリカが核実験。

474 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 23:27:01 ID:???
核実験はしょっちゅうやってるから、無問題。

475 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 23:34:50 ID:???
ボイドだから・・・って言う人がいそう


476 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 23:41:54 ID:???
いるいる、なんでもボイドのせいにするやつ〜
あと水星逆行のせいにするやつね(藁

477 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 23:44:54 ID:???
>>火星と言えば刃物

そうですよね。シチューの野菜を刻んでる時、まさにグサリと。
次にそのシチューが煮えて、お皿に入れようとした時に、手に汁がかかり火傷。
火傷も火星が表すし

478 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 23:46:56 ID:???
>>471
絆創膏ありがd

479 :名無しさん@占い修業中:2006/08/29(火) 23:58:24 ID:???
そうとうな料理ベタだな。

480 :名無しさん@占い修業中:2006/08/30(水) 00:10:03 ID:gZ2ME9Nk
ちがうよ!火星のせいなんだよ!

481 :名無しさん@占い修業中:2006/08/30(水) 00:31:51 ID:???
>>477
火星だか冥王星だかのせいで厄災がふりかかるとして、
その程度で済んで良かったということかもしれない。
痛そうだけど…。お大事に。

482 :名無しさん@占い修業中:2006/08/30(水) 00:55:16 ID:???
くだらなない

483 :名無しさん@占い修業中:2006/08/30(水) 07:46:38 ID:???
くだらななない

484 :名無しさん@占い修業中:2006/08/30(水) 18:16:10 ID:???
ネタは寝たスレへ

485 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 01:58:19 ID:VTVyimNv
くだららい

486 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 04:07:07 ID:???
くだだらい

487 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 06:32:32 ID:???
ぐだだだだ

488 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 12:03:31 ID:???
ぐだたらいおけ

489 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 12:05:59 ID:???
なななないななーい

490 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 13:02:41 ID:???
>192
>おれは、「占星術がおもちゃだと気がついたか」
>といいながら、ヌケヌケと出版している人を知ってるし、
>それを糾弾できなかったこの業界

業界全体に知れ渡ってないことを糾弾できないのは、
仕方ないじゃないか。
鏡のような公の発言なら、矛盾は露呈するが。

491 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 13:39:48 ID:???
クローズアップ現代が「さよなら冥王星」、か。
自分は一応占星術上は関係なし、という立場だけど、
近代になって太陽と月も兄のアポロン、妹のダイアナ、というには
意味的にもっと過剰に太陽が重要視されるようになったと思うし、
太陽系の惑星からさよなら、っていうのも大きな意味がやっぱあるのかなぁ
それにしても太陽系外との境、異物を持ち込む、とか言われてたけど、
冥王星そのものが太陽系に異物になったところで、
イメージ的にはなんか変わらないなぁ。



492 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 14:47:30 ID:???
冥王星と合とかのアスペクトがある人が
いきなりの急死とかするかもね

この前のギネスの最高齢の人もそうだけど
注意してみておくわ。

493 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 15:31:00 ID:???
>>492
鬼のように居るわけだが >冥王星の合とかアスペクトある人

494 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 17:30:14 ID:nar67Nn9
「冥王星の合とかアスペクトある人」限定で原子力による絶滅作戦を実行する
っていう陰謀なんだよ!
(※MMR風に読んでください)

495 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 20:34:22 ID:???
星占いなんて当たらないから

496 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 21:38:31 ID:T5Ueyk69
★冥王星降格に「ちょっと待った」 著名学者ら署名集め

・冥王星が惑星から外れることが決まった国際天文学連合(IAU)の定義に対し、
 米国の有力な天文学者12人が、この定義を拒否するよう呼びかけている。
 英科学誌ネイチャーのオンラインニュースが伝えた。

 12人は、米航空宇宙局(NASA)の冥王星探査計画の責任者アラン・スターン博士、
 76年前に冥王星が発見されたローウェル天文台で地球に近づく小天体の監視計画
 責任者を務めるテッド・ボーウェル博士、木星に衝突したシューメーカー・レビー彗星
 (すいせい)の発見者デービッド・レビー氏ら。

 連名の「IAUの惑星定義に対する異議申し立て」と題したメールを25日付で天文学者や
 惑星科学者に送った。この中で、約9000人いるIAU会員の5%未満で定義を決議した
 こと、この定義では地球や木星も惑星でなくなることなどを批判。12人はこの定義に
 反対し、使わないことや、よりよい定義が必要なことを宣言している。呼びかけに賛成の
 場合は専用サイトで署名するよう求めた。この「電子署名簿」はIAUに送られるという。

 署名できるのは科学者に限られていたが、締め切られた30日までの約5日間で
 300人の署名が集まったという。

 スターン博士が率いる探査機「ニューホライズンズ」は、先週までは太陽系9番目の
 惑星(冥王星)へ向かっていたのに、いまでは「矮(わい)惑星への旅」となった。
 「そのため、博士が『IAUが台無しにした』と強く感じても不思議はない」とネイチャーの
 記者は皮肉を込めて伝えている。
 http://www.asahi.com/international/update/0831/017.html


497 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 22:06:13 ID:???
もし冥王星にその探査機ついて
未知の生物ハケーンとかなったら
どうすんだろ。
復帰すんのかしら。

498 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 23:08:19 ID:???
復帰しなくていいよ

499 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 23:58:08 ID:hbDXM6kc
蠍座は冥王星とともに格下げ

500 :名無しさん@占い修業中:2006/08/31(木) 23:59:40 ID:QJpFyAeR
500ゲッチュ

501 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 04:13:36 ID:???
>>496
なんか往生際悪いですね。

502 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 04:15:00 ID:???
>>496
アメリカ人というのがまた、惑星を発見した自分たちの都合上という感じがしますね

503 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 09:52:04 ID:???
でも一理あるし頑張って欲しい。
惑星、というカテゴリ自体疑問視する意見もあったみたいだけど
その方が正しいかもな。岩の塊なんだから際限なく中間くらいのやつが出てきてもおかしくないのに

504 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 09:54:26 ID:???
惑星のカテゴリ作るとしたら、見た目で「惑星」と感じるような大きさ、見た目に沿った分け方じゃなくて、
内部構造や磁場、大気の有無なんかを天文学上の定義の「惑星」の基準にすべきじゃないかしら

505 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 12:03:32 ID:???
星占いは陳腐

506 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 12:20:47 ID:rDWm35Rn
惑星にもオーラがあるんよ、
それも基準に入れなくちゃ駄目だよヽ(`Д´)ノウワァァン!!

507 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 12:34:30 ID:BveNmein
ジャナサンつまらない

508 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 13:32:01 ID:???
昨日のクローズアップ現代、TNOはたくさんあるっていってたけど、
なんと一万年周期のセドナというのがあってこれがいまのとこ太陽系最外縁です、
みたいなこと言わなかったよね?
313のことはよく言ってたけど。
一般的には一万年周期のセドナが回ってるってことろくに知らされてないってことになる。
一般的な宇宙観としては、冥王星が格下げで惑星8個、その外を冥王星みたいなのが何個も回ってるらしい、
って感じ?
太陽系内外の境目が曖昧になった、ってイメージだと
今、海王星・土星が180度だけど、アスペクトの意味にはぴったりだね

509 :本当は怖いマドモアゼル:2006/09/01(金) 19:36:12 ID:oxhqOZqK
.,〜((((((((〜〜、   
( _(((((((((_)
|/ ~^^\)/^^~|  
|  _ 《 _  |  <ほう、冥王星ですか?
(|-(_//_)-(_//_)-|) 
.|    厶、   |
.\ |||||||||||| /     ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  \_______/  ∧∧ < な、なんですか?あなた・・・
  /    \  (゚Д゚;) \____________
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (つ_つ__
  ̄ ̄ ̄日∇ ̄\| BIBLO |\
         ̄   =======  \





510 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 20:57:33 ID:???
昨夜のクロ現で面白かったのは、なんと言ってもTNOの軌道が歪んだ原因が
海王星の太陽からの後退現象だという点。
太陽系誕生後、惑星系が完成して以降、海王星の軌道は確か16天文単位?後退し
現在の位置に到達した。
その際、元来は他の惑星とほぼ同一円盤状を回転していたTNOが、海王星の移動と
ともに次々と外側に追い出され散乱したため、軌道傾斜角も多様に歪んでいった
とのこと。

こういう仕組みが解ってくると、冥王星に付された深遠な意味も霞んでしまいそう
だねー。
冥王星は海王星によって今の位置に追い払われた身。

もっとも、月だって現在、毎年3Bずつ地球から遠ざかってるんだけど。。。
だから、まだ生命が生まれてない30億年くらい昔は、今より遙かに巨大な月が
夜空に輝いてたんだよねー。


511 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 21:22:20 ID:???
土俵際でキタ━━━ヽ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ノ━━━!!!!

【科学】「冥王星惑星降格」問題・急遽凍結へ!米天文学会惑星科学部会の異議申立てが受理される!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/river/1153320493/l50

512 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 21:53:55 ID:???
ダム板ってあったんだ

513 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 22:21:35 ID:???
riverってなによ

514 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 22:26:44 ID:???
>>511
そこ、私の常駐スレw


515 :名無しさん@占い修業中:2006/09/01(金) 23:46:22 ID:???
>>510
うん。アレは面白かったね。

オカルトマニアなら、
「肉体的生命が現れる前の地球には霊的生命体がいたのだ!」
と言うだろう。


516 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 01:26:37 ID:???
まあ、冥王星発見当時、占星術師達は太陽系の仕組みが宇宙天文学によって
将来どのように解明されるか予測してなかった、っていうか甘く見てたのかな?

とはいえ、太陽系の成り立ちや構造にはまだまだ未解明の部分が山積してる。
恒星である太陽をはじめ地球に近い内惑星だって、私達の足下にある地球だって
謎だらけだ。

TNO以遠にばかり目を奪われてる間に、近所の天体で全身の血液が逆流するくらい
驚きの新事実が明らかになり、占星術理論を脅かす事態が起きないとも限らない。

今後、科学的にいろんな事が急速に解ってくるのは大歓迎だけど、宇宙天文学の
進歩は必ずしも占星術師には手放しでは喜べないだろね。


517 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 09:27:04 ID:n9iROms5
超犯罪都市 太陽系。ここには、平和も秩序もない。あるのは、暴力と死だけだ。
市長冥王星はシティを正義のある町にするため巨大な暴力集団 地球に、徹底的な攻撃をくわえた。
2006年のことである。
冥王星「ん わたしだ 冥王星だ!」
IAU「へっへっへっ 市長さんよ 初めてお耳にかかるなあ」
「おっと きると後悔するぜ なにせ娘の命が かかっているんだからなあ」
冥王星「なに! カロンになにをした!」
「きさまは だれだ!」
IAU「まあ あせるな」「そこにある TVをつければ わかるかもよ」
冥王星「きさまぁ〜」

IAU「あんたは やりすぎた 太陽系はいままでどおり おれたち地球の好きにさせてもらうぜ」
「これ以上 太陽を介入させるなら カロンの命はないものとおもいな!」

2003UB313「なに!カロンがさらわれただと!」
セレス「カロン?!」

2003UB313「ああ おさななじみだ」
「地球め 俺がぶっつぶしてやるぜ!」

セレス「なんと 卑怯きわまりない」
「せっしゃも すけだちいたす」


518 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 09:54:28 ID:???
なんだか冥王星ネタも飽きてきたなあ。

519 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 11:33:31 ID:???
冥王星の絶対的な力が重視される一方、海王星なんかは夢や精神世界に関わる惑星で
リアルでの影響力は曖昧、みたいに言われることもあったの真に受けて、
父親が死んだときの自分のチャートを冥王星だけで調べて、なんだかピンとくる配置じゃないなー
と思ってたら、よくよくみると、出生の太陽にトランシット海王星が合になってたのに気付いた。
なかなか馬鹿にならない。

520 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 14:03:55 ID:???
>>510
冥王星が、海王星によって追い払われた身だと考えると、
なんだか冥王星の不気味なイメージも、拍子抜けしますね。
やっぱり海王星以遠は、惑星とはいえないですね。

521 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 17:21:46 ID:???
クローズアップ現代で言ってたけど、惑星っていう言葉もやめようって
言い出した学者もいるらしいね。惑星と非惑星っていう線引きは人工的なもので、
本当はただ「天体」があるだけなんだって。
実は思ってるほど太陽系は閉じたシステムじゃなかったんだよな。
ただ、人間の意識が認識できる範囲が狭かったってだけで。

522 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 17:58:05 ID:???
たしかに占星術の用語では太陽も月も惑星だが、
一般的な10天体のみを使用する占星術のように、
冥王星を使用はするが、「惑星」でないものは認めないとしてきたことは
つまり天文学の惑星の定義に従っていた、ということだからな。

今更後付けでどうこう言えないわな。

523 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 19:48:06 ID:???
>>521
でもさ、占星術って、仕事・恋愛・結婚などがおもな相談内容なんだから、
意識が認識できない範囲のことあまり言っててもなあ。

524 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 19:57:24 ID:???
それはそうかもね。
恋愛とか結婚の場合は、あまり冥王星とか関係ない気がする。
冥王星同士、同世代なら合が多いからかもしれないけど。
やっぱり、基本は、月や太陽、金星火星、水星、木星土星くらいまでかな〜

外惑星同士が相性よくても、月とか合わないとやっぱダメだし、
金星火星合わないのも、もちろんダメだし。
金星とか火星の威力って、さすがにやっぱり男女関係だと、冥王星なんかより猛烈に感じるよね。
自分の人生の動きを見るときには、外惑星の影響あるなあと思うけど。

525 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:05:46 ID:???
それと例えば、今の20歳くらいの若者で、
乙女座が、猛烈に強い子がいるとしよう。
金星も火星も、その他もろもろも乙女座みたいな。

でも彼が、今の35〜40代のおばさんを、
自分の金星火星に、乙女座の冥王星と天王星がのるからって
イキナリの衝撃的な一目ぼれみたいに好きになるか、
好きになるのはあるにしても、付き合ったり結婚するかといったら、
そういうのって、やっぱすごい稀少な例だよね。

男は、若い女が好きだという、星にも超えられない現実があり、
男20歳と女40歳とか、やっぱあまりありえないでしょ。
芸能人ならまだしも。

526 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:09:26 ID:???
よくあるんじゃない

527 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:11:37 ID:???
20歳差なんてありえ茄子。男女逆ならあるとは思うが。

528 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:13:14 ID:u+GbghaE
おおっぴらな交際とか結婚なら男40女20でもあまりみないとおもうけど、
交際だけならいろいろあるでしょ。

529 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:13:19 ID:???
乙女じゃなくて、獅子座冥王星天王星世代と
獅子座に天体の多い20歳でもいいんだけど
それじゃ、もはや親子

530 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:15:34 ID:???
女のほうが、20年上の場合はないかもな。
援助交際、不倫にしても、男が上ならあると思うが

531 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:19:07 ID:???
>>528
>>交際だけならいろいろあるでしょ

それは果たして冥王星つながりの交際なのだろうかね?
不倫、援助交際は、海王星の範囲かな?

532 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:31:01 ID:???
冥王星さよなら

533 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:35:12 ID:???
日常的なこととか結婚とかは、圧倒的に土星・木星だね

534 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:44:44 ID:???
男から言わせてもらえば、どんなに相性悪くても、若い女のほうにいくにきまってるだろうが
冥王星なんて関係ねえ。

535 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:46:07 ID:???
つうかそんな年上にトキメクっていったらマザコンか
なにか問題ありだろう。

536 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 20:58:20 ID:???
さよなららららら

537 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 21:32:50 ID:???
>>534

つ チャールズ皇太子

538 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 21:39:12 ID:???
冥王星以前に、チャールズとカミラは、ASCがほぼ同じ位置。
蠍座のチャールズに蟹座のカミラはかなり相性いい。

539 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 21:43:24 ID:???
チャールズは、あの怖そうな母親コンプがあるから年上好きなんじゃない?

540 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 22:03:01 ID:???
チャールズは変態

541 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 22:11:49 ID:???
あんな母親だったら鬱。

542 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 22:21:09 ID:???
月と冥王星ってマザコンのアスだよね

543 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 22:21:55 ID:???
皇太子とカミラは年齢1歳差で、世代が違うってほど違ってない。
普通の同世代恋愛。


544 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 22:23:07 ID:???
1歳差だったんだ。もっと上なのかと思ってた。
なんだ、たかが1歳かよ。

545 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 22:28:02 ID:???
月冥王星は、マザコンでやっかいそうだから関わりたくないなあ。
普通の恋愛じゃなくて、自分のトラウマを投影されそう。
相手と向き合ってるようで、実は相手なんて見てなくて、
トラウマの中の母と恋してそう。

546 :名無しさん@占い修業中:2006/09/02(土) 22:41:05 ID:???
しかしチャールズにはそのアスペクトはないがな。

547 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 00:20:47 ID:???
>>520
そうだね。
例えば、生物の分類では界→門→網→目→科→属→種とか系統的に分ける。

冥王星を含むTNOは太陽系の形成と進化の歴史を辿ると、惑星の組成も
生い立ちも明らかに異質。
もし冥王星やUB313などを惑星に含めるなら、同じ系統のTNOが他にもたくさん
あるんだから、それらも惑星と認定しなければおかしい。

今回、惑星の定義が定められたから、生物学的分類に喩えるなら、TNOは科は
一緒だが属が違う、といった感じかな?
とにかく、TNOを惑星に含めるのはヒトとゴリラやチンパンジーという違う系統を
一つに纏めちゃうような暴挙。

冥王星が発見されて、そこが太陽系の「最果て」と思ったのに違ってたわけだけ
ど、占星術理論の思惟体系と構造が発展する過程で、非形而上的な天文学や宇宙
物理学が組み込まれてしまったから、今後も新たな発見やメカニズムの解明が
進むにつれて、何かと矛盾が露呈して厄介な問題を引き起こしそうだね。


548 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 00:33:14 ID:???
アメリカが仮に政治的な権力で強引に冥王星を惑星としたところで、
TNOの一員である冥王星は、海王星までの星とは物理的存在としての
性質が全然違う事実は変えられないのにね。
アメリカの手法はこの件に関しても、イラク侵攻とかヒズボラ、レバノン問題と、
変わんないな。


549 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 01:01:37 ID:???
質問っ!
団塊ジュニアの僕は土星と冥王星がスクエアになるんだけど、
冥王星が格下げされたってことは何か影響があるのかな?

550 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 01:05:26 ID:???
土星を超えて海王星に至った段階で、占星術の解釈上、想像力や特殊な感応力によってのみ感知可能な
世界にまで行き着いてしまったわけだ。そしてその領域に接しつつさらに外側にはみ出した冥王星は
意味付け可能な限界ぎりぎりにあるわけだ。冥王星よりも外側となると実際に何があろうが、
感知不能、想像不能の無意味が広がっているってことだろう。

従って、冥王星の持つ意味は果てしなく大きい。

551 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 01:16:41 ID:???
うちらの世代までには不可能だけど、これから生まれる世代は
冥王星の「究極」的な意味がかなり相対化されてもはや極限ではなく、
さらにその外側を感知できるようになるかも知れないな。

地動説が唱えられた直後の人間たちは、すぐに世界観をシフトできなかったけど、
のちのちの人間の世界観は変わったように。

552 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 01:23:42 ID:???
みんな知ってるように、インド占星術では土星までしか使わない。
ということは(すでに明白な惑星である天王星、海王星を放棄してるわけだが)
海王星以遠の天体と最初から無関係だから何が起きても関係なし、めでたし
めでたし・・・と言えるか?

答えは「言えない」
放棄というのは存在している「もの(天体)」へのアンチテーゼとしてのみ意味
づけられる。
従って、「放棄」もまた依然として「存在」の言語的意味関連の圏内の一事項
にすぎない。
だから、その辺りを明確に説明できなければダメだ。



553 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 01:29:11 ID:???
そういえば土星と冥王星が180度のホリエモンは捕まったし、
土星と冥王星がトラインの村上氏も捕まった。
ホリエモンと同じ土星冥王星180度の楽天三木谷氏も、捜査が迫っているみたいな話になってるなあ。
世代を代表する人物に影響が出てるとみなすべきかどうか・・・

554 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 01:48:29 ID:???
堀江、村上、三木谷はただの株転がし。
同世代のベンチャーであっても成功してる人はいるでしょう。
彼らほど派手に振る舞わず、正攻法でも。



555 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 03:03:19 ID:???
しかもその3人はヒルズだ罠

タックル関係ももう一人御用じゃねーか?

西村シンゴたんに永田メール。あと一人は平沢か一太か

556 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 14:54:58 ID:???
たとえば、92年頃までは冥王星は最外郭の天体だったわけでそれだけでも十分重視する意味はあったと思う。
惑星降格でも二重連星であることなど、占星術上は重視できるような要素もあるし。
太陽系や宇宙の構造やその理解が人間の意識を暗示してると考えると、降格って事実そのものも無視はできないのかな
と思えて難しい。
それなりに重視すべきものが今度は格下のものに埋もれてしまった感じ。
天文学上のカテゴリではTNO=矮小惑星じゃなく、矮小惑星もまだ限られてるけど。

冥王星の暗示としては
一つだと思われてたものが連星と分かった1→2の変化、
それが二千年の切り替わり前後におこったこと、
1→2となったうちの1つづつと同程度とされる天体がいくつも見つかったこと、
その同程度の天体と違って二重連星や他の衛星を持つユニークさがあるにも関わらず、
カテゴリ上は同じとしてあつかわれること、
等もあると思う。

そういや惑星の定義に、惑星の定義1-3に加えて、さらに衛星をもつものは惑星とする、という定義があっても
十分成り立つし、理解もされやすいと思うのだが。

557 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:09:53 ID:???
冥王星発見・・・究極絶対的な価値観、プルート、プルトニウムから来る死や恐怖にまつわること、全体主義
衛星の発見・・・絶対的と思われていたことがそうではないと分かる、いくつかのものに分裂、それらも死に関わる
TNOの発見・・・さらに多数の価値観が認められる。死や創生に関わること。その中で冥王星的なものはまだ揺るがない
冥王星降格・・・多種多様な価値観の中で、そのいくつかが複合しているせいで他と比べて突出してるはずのものが、
          部分で判断され、過小評価される。しかしその存在は変わらない。          


558 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:12:08 ID:???
冥王星(TNO)が海王星の移動とともに、その巨大な朝夕力によって軌道が外側に
押し出され、攪乱されたってことは、TNOは物理的に太陽と海王星の二重支配
、別な表現をすれば海王星の支配下にあるとも言えるのでは?

ということは、冥王星属の小天体は海王星のサブ的存在となり、アスペクトなら
今まではメジャー扱いだったけど、マイナーレベルの強度へと格下げ。
意味上のウエイトも他の惑星と同列にしておくのは筋が通らない。



559 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:17:18 ID:???
>>558
それは一学者がシミュレーションしてみただけのことでまだ不確定だと思う

560 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:17:56 ID:???
アメリカで科学者達が冥王星復権運動だってw
デモのプラカードに「size doesn't matter!」だってさw

561 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:21:57 ID:???
冥王星とカロンがそれぞれ矮小惑星とされたならされたで、その二つを感受点として同じと扱うわけだから、
他の矮小惑星やTNOと別格にするのは当然だと思う。

562 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:23:06 ID:???
「大きさなんか関係ないさ!」?
こりゃまた情熱的だね。
愛があれば関係ないよね。うんうん。
アメ学者がんばれ。必死だなとは言わない。

563 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:24:50 ID:???
カロン発見・・・1978
ニクス・ニドラ・・・2005

1978年には目立った事件は起こってないようだ。日中友好条約が結ばれている。
米ソ冷戦時での第3の軸としての「第三世界」の台頭の象徴的な事例?

564 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:36:49 ID:???
衛星もってない水星までは1-3の定義で惑星、さらにくわえて自前の衛星もってる天体も惑星、
って分かりやすいと思うんだけどなぁ
天文学的には意味ない考えなんだろうか。

二重連星は太陽系で特徴的な天体、として発見からの経緯も含め、惑星として扱う、ということはもうできないのかね
それと冥王星やカロンが個々でどういう部類の天体か、っていうのとは別ってわけか。
理性では、他の9つの意識と比べ、意味がない、とされ、表からは完全に放逐される。
だけどイメージしてみると意味ありげに感じる、そういう天体になった。

565 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:44:23 ID:???
これらの変化が占星術上でも冥王星の影響力に変化があるかどうか。
もしなければ、「冥王星」は以前、地球、太陽系内においては「惑星」のように振舞う。
もし「冥王星」意識というようなレベルに達した場合は、
そこで初めてそれが二つ(4つ)から成り立ち、周りには同じような存在がいくつもあることに意味が生じる。
こんな感じか。

566 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:47:50 ID:???
逆に矮小惑星にされたUB313やセレスが冥王星なみの影響力を振るい始めたのかどうかも知りたい

567 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:55:37 ID:???
大きさが関係なかったら、
小惑星の「小」という字はなんのためについているんだ。



568 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 15:58:07 ID:???
>>556以降の人
なにやら冥王星を惑星にしようと、必死だなw



569 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 16:02:25 ID:???
>>564
衛星を持つ小惑星も30ほどあるんですけど。

570 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 18:02:35 ID:???
大きさが関係あるとしても、
その基準ラインが冥王星以上とか以下にあると考えるのは可笑しい。
何の占星術的な根拠もない。

古典の占星術的な概念で捉えるなら、
セレスやベスタは天王星・海王星級の明るさがあるのだから、冥王星より重視されても
よいはず。

571 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 18:21:35 ID:???
>>569
なんだ、あるのか。じゃあ衛星の有無を基準にするとそれらが惑星昇格ということで。

TNOの中じゃ冥王星は一番内側ってことでいいの?他に近いのがやっぱある?

>>570
セレスは天文学の定義でも矮小惑星になっちゃったみたいだしね。これからは重視したほうがいいかな
ボーデの法則にも一致するんだよね。
支配星座やカバラなど他の体系との整合性をまたかんがえなくちゃなんないけど


572 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 18:39:09 ID:???
>>571
>TNOの中じゃ冥王星は一番内側ってことでいいの
本当に何も調べてないんだなー、
皆今回ニュースになってから騒ぎ始めたわけかな?
今回の事態を少しも予想できなかったわけだ。
そんなんならカバラだの支配サインだの考えるの止めな、ムダ。

573 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 20:17:40 ID:???
>>571
TNOの中で一番内側は冥王星ではありません。

574 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 20:40:18 ID:???
ラダマントゥスか

575 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 20:47:43 ID:???
http://cfa-www.harvard.edu/iau/lists/TNOs.html
あのさ、一般には広まってないけど、
TNOは、こんだけあるのよwww?

576 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 20:49:15 ID:???
現段階で発見されてるのが何個あるか数えてみてねw

577 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 20:50:54 ID:???
>>556以降の1人語り、浅い知識でバカみたい。妄想乙!

578 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 20:53:49 ID:???
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%9D%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E5%A4%A9%E4%BD%93

>>574
たぶんここを見てそう思ったんだろうが、
おそらく違う。
このリストは有名なTNOのみを集めている。

579 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 21:00:26 ID:???
しかし>>558には賛同したいな。
TNOは、海王星の支配下っていうのはけっこう納得いく

580 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 21:02:32 ID:???
海王星の威力によって、吹っ飛ばされてるようなものが
海王星より力があるとは思えない。
よって支配下説に同意。

581 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 21:05:11 ID:???
共鳴軌道による支配という意味ならば、
海王星の支配下に入るのはプルティノ群やトゥーティノ群などの
「共鳴天体」のみであって、
キュビワノ群(クワオワーやヴァルナ)はそこに含まれないことになる。

キュビワノ群は冥王星と違い、円に近い軌道を持っている。
これらは創世の神話にちなんで名付けられている。
その意味では冥王星=あの世の神話が付けられた星は海王星の支配下にあり、
創世の名前を付けられたキュビワノ群は、それらの外側にある。

582 :581:2006/09/03(日) 21:06:39 ID:???
ただ、TNOでもセドナは
海王星ではない何かによって大きく影響されているのかもしれない。
あの軌道の遠日点付近に何かあるのかもしれない。

583 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 21:09:02 ID:???
冥王星が最果てで、一番の影響力がある、
一番外側を回るものこそが、深いところからの影響力があるんだって
いってる占星術師らが多いけど、
それで判断したらキュピワノ族のほうが、外側だし、
円に近くて綺麗な軌道してるし、海王星からの支配もない
というわけで、よっぽど採用したいよね。

まあ結論としては、
もう今となっては、どっちにしろ冥王星は中途半端な存在でしかないということだ。

584 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 21:13:53 ID:???
◇米国人にイスラム改宗要求 アルカーイダがビデオで

(画像)2日、公開されたビデオ映像に登場した国際テロ組織アルカイダ副官のザワヒリ容疑者(AP)
http://www.sankei.co.jp/news/060903/kok034-1.jpg

【カイロ3日共同】
 国際テロ組織アルカイダは2日、米国などの非イスラム教徒に対し、イスラム教に改宗して
「誤った生き方」を改めるよう、米国人メンバーの男が呼び掛けるビデオ映像をウェブサイトで
公開した。ロイター通信などが報じた。

 映像の冒頭でアルカーイダ副官のザワヒリ容疑者が登場し、ビデオを注意深く見るよう促した。
改宗を呼び掛けたのは、アルカイダの宣伝工作に関与しているとして米連邦捜査局(FBI)が
行方を追っているアダム・ガダハン氏とされる男。

 男は英語で「米国人と他のキリスト教徒」に対し、「真実の光(イスラム教)」に帰依するよう要求。
その上で「イスラム教徒は自国の圧制者を追い出すために民主主義を必要としない。必要なのは
イスラムの信仰と聖戦の精神、そして外国軍の介入を取り除くことだ」などと述べた。

 背景などから、ザワヒリ容疑者と男は別々の場所で撮影されたとみられる。

ソース:産経新聞
http://www.sankei.co.jp/news/060903/kok034.htm

冥王星がはじかれてから面白いことが起きるね。

585 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 21:16:23 ID:???
おいおい、冥王星云々の前から
こんなことしょっちゅうやってるだろうが。
ニュースをよく見ろ。

586 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 21:36:35 ID:???
銭天牛氏はトランスプルートには冥王星以上の
惨劇を引き起こす力があるとして、キュビワノ群の最初の星1992QB1が
発見されたときも、多くの占星家がこの星を「伝説のペルセフォネ」と呼んで
あれこれ解釈しようとしたが、結局は、こういった事態になった。

あれほど取り付かれたように、サイン支配に整合性をもたらす星、
だが冥王星の属性を引きずった存在としての「トランスプルート」を
皆求めていたのだからなあ。
実際はペルセフォネなんて絶対発見されることはないことは、
もう同名の星があるのだから、決まりきってたことなんだけどね。


587 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 21:47:20 ID:???
冥王星が、今まで惑星認定されていたことを思うと
負けてるのになぜかチャンピオンベルトもらってしまった亀田興毅を思い出す。

588 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 22:07:55 ID:???
しかしさ、あちこち見てみると、冥王星もセレスも矮惑星なのだから
占星術上の影響はほとんどないと思う、と発言している人が、けっこういるのね。

やはり、10天体の占星術は天文学の惑星定義に盲従していた、のだと思うよ。
惑星でなければ影響ない、のだと考えてるわけなのだから。

589 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 22:12:59 ID:???
>>587
上手いこと言う。
それでも、アメリカは奪われたメダルを強引に取り戻そうとしてるんだけどね。
アメリカにおいては科学は政治に屈す。
ガリレオの「それでも地球は動く」という言葉も浮かんだ。


590 :名無しさん@占い修業中:2006/09/03(日) 23:03:54 ID:???
>>588
ぜんぶの影響がなくなりはしないだろうが
今まで冥王星の力自体が、最果ての天体として、たくさんの意味を担わされ、
過剰評価されすぎていたのだと思うよ。

そう、まるで亀田興毅の決戦前夜のようにww

なので降格した今となっては、割り引いた影響で考えないといけないと思う
海王星の支配下くらいでちょうどいいというか

591 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:14:45 ID:???
■モデル岩田ゆりさん25歳で死去
ファッションイベント、東京ガールズコレクションは3日、ファッション誌ViViのモデルなどで活躍した
岩田(いわた)ゆりさん(25)が米ラスベガスで2日午後0時18分(現地時間)、脳内出血のため死去したと発表した。

1981年6月12日. 出身地:, 千葉県

この方、月冥王星合でつ。降格とともに突然の死去でつか?

592 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:17:09 ID:???
眠い

593 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:18:18 ID:???
25歳で脳内出血は家系的な遺伝かね。
そういう意味で月(血縁)に冥王星の業

594 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:19:33 ID:???
月冥王星合なんて約13人に1人、腐るほどいるわ。

595 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:20:12 ID:???
ご愁傷様

596 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:22:38 ID:???
なんか冥王星とともに、死ぬやつ多いな

597 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:26:39 ID:???
ノシ 月冥合持ちだが生きてますよ
ついでにセレスも合だが、特に何ともない

598 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:26:50 ID:???
>>594は頭が悪そう・・・・・・

599 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:28:48 ID:???
つ 突然死

600 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:34:08 ID:???
>>591
太陽冥王星もトラインだね
ソフトアスペクトしかないし、
今のトランシットからのアスもソフトしかないのに
死ぬときは死ぬんだね〜
けっこうソフトで死ぬ人も多いよね。

601 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:36:07 ID:???
亀田が試合中に死んだら、冥王星の降格ってスゴイ。

602 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:39:37 ID:???
世界人口が65億人目前の今日日、毎秒4.1人が誕生し、1.8人が死亡してるんだよ。

そういう、冥王星騒動に乗じて日常茶飯事を何か特別な現象のごとく、先入観に
汚染された眼差しを通して跡づけるのは感心しないな。

だから、変な占いヲタクとか依存症が生まれて来ちゃうんだよ。


603 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:41:44 ID:???
占い依存症は、なんでも冥王星にこじつけて考えるから
ほんと失笑モノ。

604 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:43:02 ID:???
もはや惑星でない冥王星など 名前もかえたらどうか?
冥とか王とかやめて、迷負星でよし

605 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:43:39 ID:???
迷負星wwww

606 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:49:52 ID:???
>>596
冥王星は完全に破壊して戻さないからね。
そういや、山口の事件も被害者の女の子の月の真向かいが冥王星。岩田さんと誕生日近いね。
>>600
冥王星オポ。外から禍々しきものがいきなりドカンと来るんでしょう。
ここ数年双子座有名人の自殺なんかの突然死多いお。松井も突然怪我してる。
冥王星がいる辺りの射手座は逆に妙に活躍したりしてる。
トラインはアスペクトとして影響が強いので、その時に冥王星の悪い面が出たりする。
自分自身、一見太陽とトラインでよさそうなある地点に来た時危なかったし、
占い師にも良く生き抜いたと感心されたw

607 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:55:06 ID:???
いんやー完全に破壊されずに帰ってくる人もいるよ。
失踪日記で賞とった吾妻ひでおは太陽と冥王星がオポジションだが
挫折からそこそこは立ち直れた。
キロンと太陽のアスペクトなんかが良かったからなんだろうけどな

608 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 00:57:42 ID:???
しかしまあ、科学的に大きな変革や事件が起きても、依然として従来の占星術理論
に則ったまま読み解こうとしてるしてる椰子が、このスレにも多いのに驚いた。
何があっても、一度インプットされた占星術理論はアップデートも修正もされず、
旧態依然・古色蒼然としたまま。
いくらなんでも問題意識が欠落しすぎてないか?
いつまでも盲信、洗脳状態から脱出できずにいると、将来、必ず対処不能な事態に
見舞われるぞ。



609 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 02:45:41 ID:???
冥王星降格で
なんか、ことごとく破壊的な出来事が続きそうだな
山羊へ移って落ち着くまで。

ちゅか、山羊へのイングレスまじオソロシス。
とんでもねー地震とか起こりそう。

610 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 07:58:48 ID:???
迷負星ってなにげにピッタリなネーミングだな、
惑星にするか迷われて、結局負けた星。

611 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 11:05:55 ID:???
Q.まず最初に一言
A.どんなもんじゃーい!

Q.降格なされた心境は?
A.まだ実感ないな

Q.なぜ、8月24日を選んだのか?
A.オレ流のサプライズや

Q.中国・韓国といった東アジアの国が反発していますが?
A.言いたいことがあったら言ったらええ、人それぞれ、いろんな見方があるからな


612 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 11:32:39 ID:???
山羊座と冥王星の暗示?

338 :本当にあった怖い名無し :2006/08/30(水) 06:00:54 ID:3eMXPsHG0
おいもまいら、大変気持ちの悪い夢を見たので聞いて下さい。

とある一室にいる俺。
扉のからデカイ山羊?が入ってくる。
よく見るとケロイドなのか生まれたてなのか
顔が崩れてたり、ネバネバっぽいのをまとってる。
それがヨタヨタしながら接近してくるワケ。
「何?もしかして妖怪のくだん?予言でもすんのか?」
そう思った瞬間、苦しそうに人間の声で一声、
「エム、エム、エムエム」
それだけ言うと口から泡吹いて
おれの方に倒れてきた。
俺は咄嗟にこちらに倒れてくる香具師の
口掴んで直撃は避けた。

なんなんだキモー!
世界的に有名な「エム、エム、エムエム」って何?

613 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 12:15:28 ID:???
星占いなんて子供の遊びにすぎないし

614 :名無しさん@占い修業中:2006/09/04(月) 12:47:21 ID:???
子供の遊び

615 :名無しさん@占い修行中:2006/09/06(水) 10:05:42 ID:V8LqFTXK
>>558 >>579
今朝 8時27分に紀子さまが男児を出産されましたが、親王はすごく
海王星の影響が強く出ていると思いませんか?
やはり冥王星の象徴する呪縛を解き放つカギとなるのは海王星なのかな?
海王星は呪縛さえもコントロールしてしまうのか?
海王星のイメージのちからって運命を飛び越えてしまう程なのか?
冥王星スレだけど、冥王星より海王星の方がパワーを強く感じます〜

616 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 10:23:13 ID:???
>>609
山羊入りっていつ?

617 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 13:44:46 ID:???
そう言えば冥王星には「それまでの価値観をガラっと変えるほどの」事を起こす
力があるね。
新宮様が誕生するまで女帝論があったのに今朝から完全に消えた。
皇室典範も改定しなくて済んだ。

冥王星の降格の力かも。
紀子様は太陽と冥王星がすごくタイトな合だし、降格時に男児出産と言うのは、
象徴的。男児出産したことによって肩の荷が降りただろうね=冥王星降格。

618 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 15:56:34 ID:???
>>617
いや、そうじゃない。
今回の親王誕生は、すでに何年も前から皇室や宮内庁関係が裏で画策してたこと。
男系を維持するために、守旧派が必死になってた。

表沙汰にはなってないけど、ていうか事実上バレバレだけど、M妃とK妃は男子
誕生に向けた産科的行為が数多く実施されてきたわけで。

結局、幸か不幸か、今回は男子懐妊、親王が生まれたお陰で、皇室典範の改正は
見送り。手付かずに終わった。
つまり、守旧派が笑う結果となった。
だから、冥王星の「破壊」なんて何にも起こらす、まさに冥王星信者?にとっては
「無力」を証明したことになる。



619 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 16:14:37 ID:???
産み分けについては無いと思うけど…
出産抑制なら当然あったろうがな。秋篠宮家11年のブランクを見ると。

620 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 16:29:58 ID:3SeeqjQJ
>>611
ワロタ

621 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 16:33:49 ID:3SeeqjQJ
>608
チミみたいにいつまでも、「検証」という科学的態度を持ち合わせずに、
余所の板へ「啓蒙してやる為に」出張してきて、いつまでも他人を上から見下ろした口の利き方
してると将来、必ず対処不能な事態に見舞われるぞ。

622 :名無しさん@占い修行中:2006/09/06(水) 17:10:45 ID:ZUwKRDLd
>>618
反対でしょ。皇室典範を改正しようとしていた連中の画策が
「破壊」されたのかもよ。

623 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 17:25:26 ID:GUtQt3rL
冥王星には地位の逆転の意味があるよね。
もしかしたら将来は秋篠宮ご夫妻が天皇皇后になるかも。
男児が生まれた事で、ご夫妻の人気は頂点に、そして皇太子ご夫妻は危うい。

もともと紀子様は雅子様が、とても叶わないすごいホロの持ち主。
紀子様はネイタルで太陽・冥王星・水星・天王星がタイトな合で、しかもそれがMCとタイトにオポ。しかも『10室土星』がグラトラ持ち。
MCの度数はヘッドを含むタイトなミスティック・レクタングル。

これは冥王星の示す『逆転劇』によって、すごい権力をつかむホロだ。
男児出産によって、すでに人気的には紀子様の地位が雅子様より今は上

624 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 18:09:26 ID:???
>>608
正論

625 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 19:43:09 ID:???
>>622
それは牽強附会な論理だし屁理屈。
対立する二者が戦えば、どちらか一方しか勝者となれないのだから、
このケースで改正派と維持派とどちらの立場から見るかによって「破壊」の
意味は変わる。

とすれば両者を同時に眺めると、一方は守り抜き、もう片方は破壊されたのだから
プラマイゼロというか勝敗混交。

でも、旧来の伝統が改められずに継続する結果となったのだから、改正派にとって
の破壊の意味の方が歴史上は、はるかに小さい。



626 :名無しさん@占い修行中:2006/09/06(水) 20:35:31 ID:iFH/fKBK
>>625
改正派を黙らせた意味は大きい。小さいわけがない。

627 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 21:48:26 ID:???
いずれにせよ、親王誕生で一時的に皇室典範改正・女系論議が沈静化するのは
確かでしょ。
でも、これで男系男子伝統の保持が未来永劫にわたり保証されたわけでも、問題が
落着したわけでもない。

放置しておけば皇族の減少と皇位の安定的継承が確保できないのは明らかで、
将来必ずこの問題は再燃するし、何らかの措置をとらねばならないのは必至。


628 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 22:17:17 ID:???
>>618
だから、冥王星の物事を変える力がなくなったので典範改正も見送りになった、
それは冥王星降格の影響では、って意味でしょ、617は。

629 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 22:28:16 ID:???
海王星土星の影響下にあることを考えると、物事の壁や今までの常識や伝統を崩し曖昧にするという意味では、
典範そのままで男子継承、良かった良かったでは済まないと思う。
守旧派が、典範改正派というものを敵とすることで、伝統の守り手というイメージを売りたかったのだとしたら
当分は大丈夫だ、先送りでいいや、難しいこといいっこなし、という空気になるのも嫌かもね。
うやむやにされたという意味では改正派もいっしょだけど。

630 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 22:30:20 ID:???
違った。皇室典範が問題になってたときに海王星土星のときに起こったんだから、
典範についても今後なんらかの崩す作用を起こすのではないか。


631 :名無しさん@占い修業中:2006/09/06(水) 22:50:09 ID:???
むしろ冥王星は土星海王星に対してソフトだったんだけど、影響減だとするとそれが期待できなくなる

632 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 02:31:00 ID:VFdt8vHo
何で、冥王星降格とか、破壊の方だけを論じてるんだろう。
落ちていたパワーを再生させたんでしょ、この惑星は。

キコさんのチャートでは、4室に冥王星と水星と太陽と天王星。
180度オポでMCにタイトなオポ、そして10室にキロンと土星に対しても弱いけどオポ。
海王星と60度。

男系天皇論者の人たちの消えかかっていたパワーが、日本民族の祖霊的な
集合無意識=4室からの働きを受けた冥王星と天王星が共同で働き
太陽を助け、MCと土星に反映させ伝統を守った。
4室側は地味だが、ここで特に冥王星ががんばって土星の側にエネルギーを送り
最近見られ始めたた弱弱しくなって来た皇室の流れを見事に復活させた。

キコさんの場合は、土星と冥王星はけんかしていない。
調停する5室のさそり座の海王星もあるから。

ということで、冥王星や天王星は世代的な影響が強いといわれているが、
キコさんの世代はこの二つはぴったり合であり、そして土星や海王星との強いアスペクトにより、
重要な働きをする集合的カルマがあるのであろう。集合的なパワーと個人的なパワーが相互乗り入れする
典型的なチャートの人なのであろうか。
ということで、そのパワーを強く受けたキコさんのチャートは
M妃殿下の星図の力ををはるかに上回っているのは明らか。

皇太子側は、ある種の人気低下現象で「降格」の要素を味わっているかもしれないが、
M妃殿下の心理的な負担を軽くした面もあるのであるから、マイナスでもないであろう。

いずれにしても、M妃殿下とK妃殿下、、、太陽と太陽がスクエア、、、
ライバルか、または90度のアスの意味である4室的関係で前世で親子なのか、、、
、、、これも運命というものであろうか、、、。

633 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 09:30:21 ID:???
なんでずーっと前に生まれた人の出生図だけで今のことを語るんだろう
皇室ネタはアレだな

634 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 13:30:12 ID:a9TvYtOn
チベットだかの占星術協会がなんかほざいてることについては
皆何も話さんの?

結論言ってしまえば、占星術が冥王星を伝統的に惑星と定義していたというのなら、
セレスなどをどう定義して扱ってきたかだな。
これらを惑星と定義しないで扱っていたのなら、
結局、占星術で独自の定義をしていたのでなくて、
天文学が惑星扱いしていたものを惑星と呼んでいたという、それだけのことってことでしょ。

恥さらしもいいとこだ

635 :名無しさん@占い修行中:2006/09/07(木) 15:47:35 ID:a1GUm3CO
>>634
恥をさらしているのはアンタだよ。
占い師は、知識不足・勉強不足だとなじっているつもりなら考えを改めた方がいい。
まあ人にもよるだろうが、新聞を読んだり、ネット等で世の中の動きを追いかけながら
自分なりに占いの解釈をしている人が殆どだろう。
確かに占いをしている者はよく偏見に晒されるが、しかし人並みには常識を兼ね備えて
生活している人達ばかりだ。
私達は、恥をさらしているなんてこれっぽっちも思ってないよ。
『アメリカも今ケチをつけようとしてますが、惑星の定義ってなんですか?』って、
マスコミによく登場している鏡リュウジにでも聞いてみれば?

636 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 16:11:13 ID:???
>>635
違う。知識不足・勉強不足だなどとはいっていない。
「占星術は独自に冥王星を惑星と定義していた」なんてことは
あり得ない、後付の嘘つきではないのか、と言っている。

チベットの占星術協会が恥さらしだと言ってるんだよ、この文盲

637 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 16:19:47 ID:a9TvYtOn
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060905-00000014-mai-int&kz=int

おお、このニュースだった。チベットではないな、すまん。
「伝統的に惑星と定義してきた」ことが真実だと、あなたは思うのかな?>>635
これが真実なら占星術が惑星と定義しなかった星が、存在するはずだが
それは何かな?おそらく、そんな定義は無く、あるとしても、
天文学が惑星としていたものを惑星と呼んでいた、ただそれだけではないのか?
自分が聞いた範囲内では、惑星と定義した、などという事実は聞いたことが無い。

この主張は世間からネタにされるだけだよ。

638 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 16:22:53 ID:???
鏡リュウジは、もうマスコミ相手に答えてるでしょ。

639 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 17:06:32 ID:???
>>632
揚げ足取りをするつもりはありませんが・・・
「パワー」「祖霊的」「集合的無意識」「エネルギー」「カルマ」等々の述語を
多用して解説されてますが、これらの用語を使って鑑定結果を説明するのは、
慎重になった方が良いと思いますよ。
もちろん、あなたが現在我々が普通に使い慣れてる一般的概念として用いてるのだ
と思います。
が、言うまでもなく学問の分野によって、また各々のコンテクストのなかで意味する事柄や概念には大きな相違と隔たりがあります。

私がクライエントだったら、少々意地悪を承知の上で、まず鑑定結果以前に、
それらの述語の概念や意味をお聞きしますね。
でないと、さっぱり理解できませんから。

おそらく、占い結果の解説がこなれた雰囲気なのでプロの方と推察しますが、、、

>>634
占星術が天文学にオンブにだっこで、自律した体系確立に無為無策だったことへの
批判は、すでに当スレでも鏡スレでも指摘されてますよ。


640 :名無しさん@占い修行中:2006/09/07(木) 17:06:52 ID:a1GUm3CO
>>637
あなたは惑星の定義について深読みしすぎだよ。
ひとつ、私なりに占星術のことについて話をさせてもらいたいんだけど。
ご承知のとおり、占星術は霊感占いと違って推理力だけで占えるんだ。
占いに頼らなくてもわかることはいっぱいあるし、仮に星占いをする時は
霊感なんて全くいらない。推理力だけでいろいろわかったりする。
そうだな、占い師が使う時の『惑星』という単語は、わかりやすく言えば
ポイントとか、象徴のキーワードとか、そんな感じで、天文学としての厳密な定義ではない。
天文学が惑星としたものを惑星と呼ぶ、それはあなたの意見に全く同意だが、
占星術は星自体が象徴のキーワードとする以上、『惑星』という単語以外にどう呼べばいいのか私は知らない。
ちなみに、象徴の強弱をミャンマーの人達は言ってるだけで、>>637が問いただしたいこととは
かけ離れているように感じる。

641 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 17:44:59 ID:???
>>640
あなたもわからん人だね。
私は現行の大半の占星術が「天文学が惑星としたものを惑星と呼んできた」
ことを指摘して、占星術に独自の惑星の定義があったことを否定しているのだよ。
 そしてミャンマーの占星術協会は強弱を言っているのでなく、定義を言っている。
その定義そのものが存在したことはないのでは、といっている。
 そしてもう1つは、あなたが惑星という単語の定義を象徴のキーワードというような
意味で捉えたとしても、現実には冥王星を含めた10天体の体系を重視しているのなら
それはやはりスタートの段階から、天文学による惑星定義(過去から存在した曖昧なものね)
を、前提にした上でやっていたことであるということだ。
星自体が象徴のキーワードになるというのなら、あなたは、10天体以外に
どのような星を使用していたというのかな?
結局貴方のスタート地点も同じではないのかな?

642 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 17:50:39 ID:???
象徴のキーワードとして使おうが何だろうが、
冥王星を惑星として視野に入れて重視していたのなら、結局、
天文学の定義に盲従していたことに変わりないでしょう、ということ

643 :名無しさん@占い修行中:2006/09/07(木) 18:28:14 ID:a1GUm3CO
>>642
なんだ、そういうことね。
そうだよ。
だから今回、受け入れられない人達と、受け入れて今後の解釈をどうするか
考えている人達とに分かれている。



644 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 18:39:42 ID:???
盲従したり利用してたのが天王星以後の占星術で、それでいいんじゃねーの
盲従でもいいじゃん。盲従だから悪い、って言われても平行線でしょ。
べつにどうでもいいと思ってるわけだし。


645 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 18:40:16 ID:???
訂正
べつに悪くないと思ってるわけだし

646 :名無しさん@占い修行中:2006/09/07(木) 19:02:13 ID:a1GUm3CO
例えば、これからアメリカが冥王星について論議して、
惑星としてじゃなくても海王星以遠の天体のなかでは特別扱いするようになったとしたら、
それはそれで『やっぱり冥王星は特別な星なんだ』と占い師たちは意味を後付けするだろう。
星占いは、その時の政治背景などで意味が付加されていく。
この星が話題になった時は世の中はこうだった、て具合に。
天王星が見つかってからそうやって星占いは進化?してきた。
よく覚えておくといい。
絶対に星占いは無くならない。
断言してもいい。

647 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 19:02:30 ID:???
で、あなたは冥王星降格についてはどうするね>>644

648 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 19:03:13 ID:???
ああ、なくならないよ。
一部を除いてはね。>>646

649 :名無しさん@占い修行中:2006/09/07(木) 19:57:24 ID:a1GUm3CO
星占いをやってて、未来を先読みするというのは、何にも変えられない程の達成感があるぞ。
『アナタ、昔はこうだったでしょ』なんて過去を言い当てるよりもよっぽどおもしろい。
私には霊感があるわけではないから、先のことを見通すのにも当然当たるも八卦、当たらぬも八卦だが、
自分の考えたとおりに物事が動いていくのは、なにか気持ちが引き締まる。
やめられないな、占いは。
天文学者や科学者だって、はるか先のこと考えて仕事してるんじゃないの?

650 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 20:09:45 ID:???
考えていたならば今回の事態にも対応できたでしょうね
このスレ(前スレ)では話を振っても反応は鈍かったな

651 :名無しさん@占い修行中:2006/09/07(木) 20:43:56 ID:a1GUm3CO
>>650
今回の事態って冥王星の降格のコト?
冥王星の降格を予想できたかってコト?
反応が鈍かったって?
そりゃ大抵の人は数が減るなんて思ってなかったんじゃない?
占い師ってたくましいよ。
前スレで反応が鈍かったとしてもそのうちに完全復活して元気を取り戻すよ。
占いなんて当たらない、と否定している人達は、このスレの住人の底力を知らなすぎる。
むしろそっちに諦めてもらうしかない。
占いを否定しても無駄。

652 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 20:56:20 ID:???
かつての土星にも匹敵する一種の壁として、冥王星は占星術で解釈されてきた。
それほど冥王星の重要度は高い。当然天文学上の定義など無関係だ。
最初からそう言う見方がほとんどだっただろう。

653 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 21:03:46 ID:a9TvYtOn
勘違いしてるようですが、占星術を否定したいわけではありません>>651

冥王星降格からは絶対に占星術は逃れられないでしょう。
特に10天体の占星術は。
それは今になって彼らが天文学と占星術では星の定義が異なる、と口にしても
それが後付であることが明白だからです。

ttp://kagami.nifty.com/kagamilog/2006/08/post_21fe.html
少なくとも10天体を中心に据え、それらをサインルーラー扱いしていた
モダン占星術は、「惑星でなければサインルーラーの資格は無い」
「残り2つのサインを埋める、2つの惑星が発見される」
と、長い間主張してきました。彼らは天文学で発見時に惑星扱いされたような
特別な星が発見されるたびに(キロン等)、サインルーラーとしての議論をし、
そして天文学が惑星扱いをしなければ、それを止めてきました。

ほとんどの占星家は、むしろ、太陽と月が惑星ではないのに、
天文学で惑星扱いされただけで冥王星を太陽や月と同格であると考える
「カテゴリーの混同」を行っていたことに自覚的でなかった、そういうことです。
もちろん古典派や、その他そうは考えていなかった占星家もいました。

654 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 21:07:01 ID:???
なんか急にレスの内容がmadになってきたな。
なんで?

今後も占い師が一般社会からち池沼扱いされ続けてもいいの?


655 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 21:09:01 ID:???
>>652
それは正しい認識ではありません。
天文学が惑星扱いしていたからこそ、占星術は冥王星を重視したのです。
その証拠に、1992年に最初の冥王星外天体の1992QB1が発見されたとき、
占星術はさほど騒ぎませんでした。
むしろ発見時から天文学が惑星扱いしてはどうか、と提案した
クワオワーなどの「冥王星級の、巨大な星」の発見時により注目したのです。
つまり今回の定義以前の天文学と同じように、サイズに注目していた
(=天文の惑星定義に従っていた)のです。

656 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 21:16:12 ID:???
なんだか>>635からヘンな話が入ってきたw

657 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 21:35:36 ID:???
状況証拠レベルだな。決定的とは言えない。

天体がどれくらいの影響力を持っているかは、それがどんな影響力かを仮定出来さえすれば、
数例程度実際に検証してみれば大体のところはすぐつかめる。だから単純にそうしただけだろう。
当たらなきゃしょうがないんだぜ。サイズなど関係なし。

658 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 21:41:12 ID:a9TvYtOn
>>657
数例でわかるものなわけがない。
サイズが関係ないのなら、あなたは一体いくつの星について
実例検証を行ったのですか?

無理でしょ?

チャートに入れる前から、天文学で惑星扱いしていたもののみを
重視しようという視点を持っていた。
こう考える方がはるかに自然だし、
占星術の一般的な協会も、そう認めるでしょうね。
それが当たり前の思考ではないかな?

659 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 21:44:57 ID:???
占星術が扱う惑星は、発見されたものは小惑星でも
実例検証した上で、優先度を決めている。

冥王星は当時、その他の惑星扱いされていなかった星と比較されて
優先度が高いと判断された。

こんなことは、あるわけがない。
そういった情報は、無いですよ。
1930年に新惑星として冥王星が発見され、チャートに組み込まれた。
これだけ、です。

660 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 21:53:01 ID:???
>>658
つまり、状況証拠だけってことだ。

新しい天体が持っているのはどんな影響力かを仮定するのが難しいんだよ。その見当さえつけば、
関係あるかないかだけだろう。そう書いた。状況的にでかい天体ほど関心を集めるだろうが、
実際に解釈出来て影響力が感じ取れなければ、取り入れようがない。

661 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 22:01:08 ID:???
>>660
一般的な占星術関係者に、天文学で惑星扱いされた星を
ほとんど意識せずに占星術でも重視すべきだという意識があったことは確かです。
冥王星が天文学で惑星扱いされていたことが決定的でないというならば、
なぜ大半の関係者は、「天文学がサインルーラーとなる新しい惑星を発見する」
ことに期待していましたか?
小惑星などサイズの小さい星はそのような可能性を考慮もしなかった、
だから占星術もサイズ=天文での惑星認定を重視していたのです。

繰り返しますが冥王星が発見された際には命名された小惑星は大量にあった。
それらを冥王星と同様にチャートに配して、
影響力を検証しようとしてみたことは、ほとんどないでしょう。
そしてあなた自身も、92年以降発見された新天体でなくとも、
それ以外の星については、検証したのですか?


662 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 22:05:38 ID:???
そもそも状況証拠だけになるのは当たり前ではないのですか?

>当然天文学上の定義など無関係だ。
>最初からそう言う見方がほとんどだっただろう。

最初からのわけが無いでしょう。
天文学が直径10000kmの惑星であるとしたからこそ、
チャートに取り入れたのでしょ
占星家によっては、地球の内側を回る仮想の「惑星」、バルカンのようなものの存在を信じて
それがサインルーラーに整合性を与えると考えていたものもいましたよね?
重要なのは「惑星」であるかどうか、だった。


663 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 22:15:31 ID:???
1950年代、天文暦などでは定着してなかった冥王星。
天文暦として定着してから使う人が増えた。
疑問を持ち続けていた人はいたわけだが。
特に定説では蠍のルーラだからね。

どうやってサインのルーラを決めるのか考えれば、
どの天体を重視するのか疑問を持つのは当然の事だが、な。

天体の発見前には影響がないとか、の説や、
死後も社会に影響を与える歴史的有名人?の場合は
死後に発見された天体もホロスコープに書き込むとか、の説も
すぐには納得しがたいものがあるな。
それなりにつじつまをあわせることは可能だが。

それらを含めて、自ら検証してる人はごく少数だろうな。

664 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 22:16:13 ID:???
どっちがより長く、同じことを繰り返し粘着して書き込めるかを競争したって仕方あるまい。
頭の悪さの完全な証拠だ。

665 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 22:24:46 ID:???
>>664
申し訳ないね。すまん

666 :名無しさん@占い修行中:2006/09/07(木) 22:32:12 ID:g0HlA/Mf
>>662
重要なのは「惑星」であるかどうか、だった。

これ本当にそう思う。冥王星が「惑星」だったから、チャートに取り入れられ、占星術上の意味も調べられた。
今回の不幸な点は、影響力がかなり大きいにも関わらず、降格によってないがしろにされていきそうな
冥王星が今後、占星術上でどう扱われるかで皆が注視している。

667 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 22:37:04 ID:???
そう。10天体の占星術にとっては、冥王星を特別扱いする理由が無くなったわけだ。
10天体とサインの関係なんて、もうそれ自体崩れちゃうわけでしょ。
モダンの大半はこの10天体のみの閉じた世界だから、これは終わった。

対外的には古典だ小惑星占星術だと言っても理解されないでしょ。


668 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 22:44:04 ID:???
>655
>チャートに入れる前から、天文学で惑星扱いしていたもののみを
>重視しようという視点を持っていた。

まあ似たようなもんだが、
「人類に惑星と認識された」ことが重視された。
当然サイズでは無い、な。
すでにガリレオ衛星他を知っていたわけだから。

キロンの場合もサイズでないことは明白だし。
「人類に惑星と認識されなかった」ので、
小惑星扱い、だしな。

支配サインについてはセレスは蟹と乙女とか、の説があるな。
意味的な類似が重要みたいだけどな。
意味は実際に検証されなくてはならないから、
言うほど簡単なことではないけどな。

669 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 22:49:39 ID:???
>667
>10天体の占星術にとっては、冥王星を特別扱いする理由が無くなったわけだ。

他の惑星並みに扱う理由はなんだろうね。
カロン発見当時から、
それが意味を持ちそうだと考えてた人はいたけどな。


670 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 22:49:46 ID:???
>>668
うーん、サイズが大きく太陽中心で公転するからこそ、
惑星扱いされて、そして大衆も認識したのだと思いますが・・・

まあ、人類が認識した惑星の定義と、(これからの)占星術の惑星の定義は
違うんですよ、ということを、説明できるかどうか・・・
なのだと思いますよ。



671 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 22:55:25 ID:???
>カロン発見当時から、
>それが意味を持ちそうだと考えてた人はいたけどな。

いたでしょうね。
二重惑星扱い説(主星と衛星の関係ではない)は前から言われていましたが
いつ頃からだったんでしょう。

私は、冥王星はプルティノ群という、独特の軌道をもつ星の一群の最初の星なので
そういう理由で重視してよいと思いますが
(新しい軌道の星の群れの発見は、太陽系の認識を大きく変えるから)
この場合結局セレスやキロンと同じ立ち位置です。

主観的な問題しか思いつかない>他の惑星並みの扱い



672 :名無しさん@占い修行中:2006/09/07(木) 23:06:52 ID:g0HlA/Mf
>>671
セレスやキロンと同じ立ち位置、てのは、ずっと前からそう思ってたの?
私はあくまでも8月24日までは冥王星は「惑星」として君臨してたのだから、
影響はかなり大きかったと考えているクチ。
8月24日以降は意味を減少させてる。

673 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 23:10:10 ID:???
大きくは2つの理由だろうね。
一つは、お説の通り(主観というより)太陽系に対する認識だな。
もう一つは、信号としての特異性。

占星術的には2重惑星は常にコンジャンクションだわな。

674 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 23:10:56 ID:???
>>672
5年位前にイクシオンという星の発見を知ってから。

自分は実質で考えるよ。
新発見の星も、発見より過去の時点のチャートをもとに検証するし

675 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 23:17:19 ID:???
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:TheKuiperBelt_75AU_Large.svg

学校で勉強してちょっと疑問に思った学生がちょこっと調べれば
こんな図を発見するようにこれからなってゆくのだから、
皆、認識は変わるわな

676 :名無しさん@占い修業中:2006/09/07(木) 23:30:08 ID:???
>670
>うーん、サイズが大きく太陽中心で公転するからこそ、
>惑星扱いされて、そして大衆も認識したのだと思いますが・・・

その認識は天文学的には不正確な内容だけどね、
だから今回定義し直したんだろうけど。

文化的な認識こそが大きい。
多分、今後も情報戦になるよ。関係妄想を含めて。

677 :名無しさん@占い修業中:2006/09/08(金) 00:13:04 ID:???
>>676
大衆の認識も文化的な認識も、
従来はサイズが大きいこと=惑星という天文の判断を
元にしていたのは事実だと思うのですが。

678 :名無しさん@占い修業中:2006/09/08(金) 12:22:43 ID:???
大衆的、文化的な認識では「サイズが大きいこと」と思っていた。
天体のサイズを詳しく知らんからな。
それは多分そうなんだろうね。
これまで天文学的にも厳密な定義が無く習慣的なものだから。
不正確とはそういうこと。

だから冥王星が惑星の中に入っていたし文化的にはそーゆこと。
認識の問題とはそれだな。厳密な知識に基づいてないんだから。
でも習慣とはクセのように身についてしまったものだからな、
認識もそれに左右されるわけだ。
クセつーのは神経回路も関係してるからな。

679 :名無しさん@占い修業中:2006/09/08(金) 19:26:11 ID:???
自民党ってかなり冥王星的だと思うんだけど、降格でなんかなるかなぁ

680 :名無しさん@占い修業中:2006/09/08(金) 22:56:19 ID:foJwSqI6
自由民主党創設
1950年11月15日午後1時20分東京都中央区中央大学講堂

681 :680:2006/09/08(金) 22:59:06 ID:foJwSqI6
680です。
自民党結党は、1955年のマチガイでした。すみません。
時刻と場所はプロの方に聞いた情報なので間違いないと思います。

682 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 01:19:01 ID:???
ニュースでーす。

国際天文学連合(IAU)で決定した「太陽系の惑星の定義」により「矮惑星
(dwarf planet)」となった冥王星に、小惑星センター(MPC)が小惑星番号
(134340)を与えた。同時に、「矮惑星」2003 UB313に(136199)、「矮惑星」
の有力な候補である2003 EL61と2005 FY9にそれぞれ(136108)と(136472)が
与えられた。
ソース:アストロアーツ
ttp://www.astroarts.co.jp/news/2006/09/08pluto_134340/index-j.shtm

683 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 01:31:18 ID:???
おお、なんかこう、決定的というか。
それもやっちゃいますかという感じですね。

どうせならキリ番を与えてやっても良かったのに・・・

684 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 01:31:42 ID:???
小惑星番号を与えられると、なんか悲しいですね
試験などで、不合格としっていても、通知がくるまでは実感ないが、
不合格と書かれた通知が届いたときの悲しさみたいな感じですね

685 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 01:32:20 ID:???
被ったねw

686 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 01:51:04 ID:???
134340 数霊は6
冥王星は 愛の星になった!!

687 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 01:52:24 ID:???
全世界で最初にそーいうネタを発表したのは
あなたかもしれないなw>>686

688 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 01:56:07 ID:???
デスノートの関係者も、捕まったり死んだりしてますね。
デスだけに関係ありますか?
なんか、そんなことで?( ´,_ゝ`)プッ って感じの捕まり方だったので
降格〜ってかんじしました

689 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 01:57:34 ID:???
小惑星番号666666とかを与えればいいのにね

690 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 02:00:01 ID:???
134340・・・中途半端ーーー!

その他小惑星たくさんの中の1つって感じで冥王星の特別感、皆無になりましたねw
キリ番すら与えてもらえませんでしたか。

691 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 02:01:57 ID:???
誰か、たのむからアナグラムだかカバラだかで
この番号に隠された崇高な意味を解き明かしてくれw

692 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 02:08:23 ID:???
隠れているものなど、ございません。

693 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 03:45:17 ID:???
単純に冥王星が消えてから自分と周囲の人物の憑き物が落ちた。
すげー楽だ。もう二度と戻ってこないで欲しい。

694 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 09:54:03 ID:???
紀子といい夫婦である秋篠宮も太陽が射手座だから(乙女座が強い
ホロとはいえ)、雅子と紀子に射手座と乙女座の対立関係まで読まなくてはいいと思う。
しかし昭和天皇(牡牛)、今上(山羊)、からすると今回の親王の乙女は
流れとしてはスムーズとも言えるが、あくまでもネタ程度のレベル。

本題に戻って、冥王星発見前と、発見後の違いから、
逆に冥王星降格の意味を取ることはできるのだろうか?
そういうの抜きで考えた場合、それまで恐れを与えてきた冥王星の
降格により死生観のようなものが変わっていくのかなと思ったりした。
逆に海王星の影響力上昇か。

695 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 09:57:10 ID:???
>>682
なんだか、ラストエンペラーを思い出したw
皇帝としての価値を剥奪され、
改造所に入れられ、一般人にされる。
フランス革命でも、ルイ16世夫妻は国王の称号が奪われ、
ルイ・カペーとか、未亡人カペーにされたんだっけか。

696 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 11:29:55 ID:???
あーーースッキリした!!
胸につかえてたモノがとれて。

やっと冥王星も科学的に正常な居場所に落ち着けるね。
おめでとう!!



697 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 13:37:38 ID:???
実は結構以前から、映画の黒幕悪役みたいに、
闇に包まれてなんだかわかんない迫力のあったものが、
今はいやっていうほど光の中にさらされて、
意外に陳腐な正体が暴露され、カリスマを失ってきてるなとは感じてた。

698 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 14:07:47 ID:???
新しい発見によって、
正体不明だったものが軽くなるってのは繰り返す。

「原子核」の意味は続くが
「極限」の意味は薄れるかもね。
意味の範囲は物質とエネルギーの境界の領域だけどな。
基本的には「あっちの世界」の星だったんだよ。

699 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 16:23:28 ID:???
>>697
それ激同。
正体不明のうちって、なんかすごい力があるように見えるけど
実際、暴露されると、なんだ、そんなこと?というかんじで拍子抜けする。
冥王星も、コレだけ2chでネタにされて、もはや苛められっこキャラ。
暗黒の王みたいな強いイメージ皆無になっちゃったよw
実はただのオサーンだったみたいな

700 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 16:36:31 ID:???


              +  ____
               / ::::●:::::::ゝ
                ̄ ̄∠/ヽ::ゝ
      ∧_∧           ヽ::ゝ
 +_  (3 e 3 :;)   新たなる守護☆募集中だーよ
/,,,,,,\  \ ::;<           /;;ゝ
”” 冫;;三>-(><)-<三テゝ   /;;ゝ
 ..丿;;ノ  /;>(////)<;ヽ_ _ _/;;ゝ
   ̄   ヽ;|/;>(////|;/;ヽ:)<;ヽ:)<;ヽ:)
       ’ヽ;|  ̄ ̄ |;/  |;/  |;/





701 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 16:49:14 ID:???
>>699 ハゲド
シリアスキャラからコメディーまでこなす意外な芸達者←冥王星

蠍座も注目集まり、さすが木星入宮中とでも言いましょうかw

そんなカンジで700?

702 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 21:17:15 ID:???
これまで絶対視されたことの反動で、笑いものにされてるけど、
(蠍座のサビアン30度みたいだ)
今度は過少評価になってると思う。
TNOのうち最初に発見された星、冥府の王は、科学者がこれが最後の惑星の意味でつけたことなど、
それなりに意義のある星だと思う。
行き止まりだと思っていたら、あの世への入り口だった、みたいな意味はあるんじゃないかな。

703 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 21:23:19 ID:???
実占上はどうかな。
おれは今、他のTNOも冥王星並に働くと思ってるので、
市販のソフトでは表示されない70くらいの感受点が散らばってることになる。
ほとんどはなにかの吉凶挫創を作ることになると思うので、
従来のチャートではこうでるけど、現実になにがどうなるかは予想ができないという状態。
もちろん占星術が全部あたるとはみんな思ってないわけだけど、
的中率最近どう?おかしくない?


704 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 21:23:59 ID:???
挫創→アスペクト

705 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 21:43:05 ID:???
蠍30度で笑い者になったら、もう蠍に戻ることは不可能。次のサインに入るんだから射手の多角的な視点で考えないと

706 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 21:46:23 ID:???
つまり今までの冥王星一極支配から、
たくさんのTNOも視野に入れるように考えねばならない。

707 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 21:57:29 ID:???
実際はチャートにしたら感受点ありすぎで、すべての惑星に冥王星並の力が働くということになると、
読む意味があるのかという・・・
まさに何が起こるか、何が起こっても不思議じゃない世界になったということかも。
オカ板もいくけど幽体離脱できるやつはスレからごろごろ出たりするし。

読み方としてはどうだろうね。出生惑星に30くらいTNOがアス作ってたらやばい、
40くらいだと終わってる、とかそういう単位の話になるのかな


708 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 22:08:52 ID:???
冥王星はもう、9番目の天体としてたまたま発見され、最果ての「惑星」として76年
間君臨した歴史的意義しか残らないでしょうね。極言すれば。
海王星以遠の天体や太陽系の構造が解ってきた現在、冥王星は岩石と氷を主成分と
する特別変わったところのない、何の変哲もないEKBOの一員だということがハッキ
リしたんだから。
冥王星をVIP扱いする合理的理由はなくなってしまった。
占星術だけが奇妙キテレツなこじつけを押し通すのはもはや無理だろう。
さて、これからがお手並み拝見だ。




709 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 23:44:58 ID:???
>708
>冥王星は岩石と氷を主成分と
>する特別変わったところのない、何の変哲もないEKBOの一員だということがハッキ
>リしたんだから。

占星術は天体の成分で考えてないだろ。
それを言ったら冥王星だけの問題ではないんで、
指摘はちょっとずれてるんじゃないのか?

成分の問題を言うなら、
そもそも天体は何で人間に影響するんだ、
って所から批判した方がスッキリする。

710 :名無しさん@占い修業中:2006/09/09(土) 23:56:03 ID:???

プルート日記
【7:12】 カロンの笑い声で起床。まだ眠い。顔を洗う。顔が凍って力が出ない。大気       
は暖めない。俺には大気がない。
【7:22】 朝食のかわりに東半球に日光を浴びる。日陰が冷たい。イヤになる。「パト
ロールに行っておいで」太陽の言葉だ。うるさいんだよ。俺は警察じゃないただの惑
星なんだよ。「気を付けて!」うるせぇんだよこのカロンが。
【7:35】 ダルいパトロール出発。庭ではうるせぇ彗星がガスをまき散らしている殺
すぞ。
【7:43】 「助けて〜!」小惑星が叫んでいる。俺にどうしろっていうんだよ。
【7:50】 小惑星救出。海王星のラグランジュポイントに入れられたらしい。うだつの上がらない奴だ。
【8:03】 今日は曇りだ。気分が盛り上がらない。早く公転軌道へ帰りたい。
【8:46】 カロンがニヤニヤしている。
【9:30】 早朝パトロール終了。
【9:40】 帰宅。
【9:45】 お腹がすいた。西半球に日光を浴びる。また視等級が大きくなる。
【10:11】みんなで談笑。カロンの潮汐力に俺だけがいらつく。
【11:20】2003UB313 登場。
【11:22】「よ〜く来たな、冥王星!」 相変わらず元気な奴だ。「やめろ〜!ニクスとヒドラを離すんだ!」本当はどうでもいい。ニューホライズンズ早くこい。
【11:40】国際天文学連合(IAU)に襲われる。早い。惑星から外されて力が出ない。
【11:42】「冥王星大丈夫〜!」小惑星センター(MPC)だ。タイミングが良する。
どこから見ていたんだ?
【11:43】「新しい名前よ〜!」さようなら、第9惑星プルート、 こんにちは小惑星
134340。カロンがニヤニヤしている。
【11:45】「いくぞ〜!水金地火木土天冥海!!」ただの楕円軌道だ。「小惑星番号10000番にしてはどうか〜…!」このセリフには飽き飽きしている。
【11:49】戦闘終了。「大丈夫?」格好だけ聞いてみる。
【11:53】ニューホライズンズが来た。「冥王星!助けに来たよ!」遅すぎる。帰
れ。うだつの上がらない奴だ。
【12:30】帰宅。小惑星帯でケレスが流星物質を食べていた。カロンがニヤニヤして
こっちを見ている。

711 :名無しさん@占い修業中:2006/09/10(日) 01:17:12 ID:???
708→ >>709
仰るとおりです。
成分について触れたのは、EWKB以遠にたくさん存在する小天体の中で、一時「惑星」
候補に挙がった星と冥王星が似たような組成と考えられてること、外見、サイズ等を
含めて兄弟といえる星が多数あり、冥王星だけが突出し特筆すべき特徴を持ち合わせ
ていない点を強調したかったまでです。
誤解を招く余計なことを書いてしまいましたね。



712 :名無しさん@占い修業中:2006/09/10(日) 01:44:31 ID:???
大脱線で申し訳ない。
占星術の背後にあるもの(自然学など)は、渋谷の
ワタリウム美術館でシュタイナー・ノート展をやってます。

深い感情を投影していた友達数人だったりする要求するプロトコルを通じては、
どこまで共同主観が成立するかわからない。
HTTPは駄目でもTCP/IPなら可。

こちらが自然学に向かったのは、ショッカー=日本政府って
泥にまみれてみなきゃ、他人の気持ちはわからなかったりするよね。

酒飲みながらでも話を聞けるとうれしいですね。
山本義隆先生から泥にまみれてみなきゃ。
別の意見があれば、ぜひ聞かせてください。


713 :名無しさん@占い修業中:2006/09/10(日) 18:18:01 ID:???
占星術なんて天文学のように学問とは認められていないお遊び

714 :名無しさん@占い修業中:2006/09/10(日) 20:12:35 ID:???
ドワーフよ、いつまでもモルゴスやサウロンの真似して遊んでないで、
早く仕事場へ戻りな!

715 :名無しさん@占い修業中:2006/09/12(火) 17:19:01 ID:???
手持ちの占星術ソフトから冥王星の表示チェックを外した。




正直、すがすがしい気持ちになった。

716 :名無しさん@占い修業中:2006/09/12(火) 17:33:24 ID:???
おれはまだ使ってるな
出方がどんな風にかわってくるか楽しみ

717 :名無しさん@占い修業中:2006/09/13(水) 00:23:15 ID:???
学会が人間の作った概念のカテゴリから外したら冥王星の影響や働きが
なくなってしまうという考え方もへんだよね。

718 :名無しさん@占い修業中:2006/09/13(水) 00:28:58 ID:???
冥王星を発見したからって、すぐに占星術のカテゴリに入れちまったのも変だよね。

719 :名無しさん@占い修業中:2006/09/13(水) 03:08:06 ID:12pAj4Aj
ヽ丶    ,へ
    \ \ / , i
     ヽ Y 人 )
  |\_/ ̄ ̄\_/|
  \_| ▼ ▼ |_/Y
     \ 皿 / ===== < 私は冥王星と関係ないです!
     / ̄◇◇ ̄∨/
     │i⌒Y⌒) \/
     i > ...く
    彡 i Y ,,)
        i / /
       \ヽ
       ∠ヘi


720 :名無しさん@占い修業中:2006/09/13(水) 03:11:50 ID:3M4zb5BI
そもそもなんで冥王星を占星術にいれたんだ?
経緯には興味があるな。

721 :名無しさん@占い修業中:2006/09/13(水) 16:37:26 ID:???
星占いなんてまったくアテにならないインチキなんですね。

722 :名無しさん@占い修業中:2006/09/13(水) 18:01:37 ID:???
>>691
1+3+4+3+4+0=15=1+5=6
セフィロトの樹では6(ティファレト)だけが全ての数字に小径をのばしている
ティファレトは生命エネルギー供給の中心。守護天使はミカエル
ミカエルは魂を冥界に導く者。煉獄の門番。
が、6の数字のティファレトには太陽が当てはまるから冥王星はしっくり来ない
セフィロトの木ではトランスサタニアンは基本無視。
カバラ、セフィロトに詳しくないからどの数字をとればいいのかよく分からんが、
関連する数字持ち出せばどうにでもこじつけ出来そう。

いつのまにか冥府の王からネタキャラに

723 :名無しさん@占い修業中:2006/09/13(水) 23:20:51 ID:???
>>720
天文学が惑星扱いしたから。

724 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 02:52:10 ID:4YZSuogA
  戦前、華厳の滝から翔び下りた旧制高校生がいた


    巌頭の感 藤村 操  一高生徒  十七歳

「 悠々たるかな天壌 遼々たるかな古今 五尺の小躯を以ってこの大をはからむとす

 ホレーショの哲学ついに何等のオーソリティを値するものぞ 万有の真相は一言にして悉す  曰く『不可解』

  我その恨みを懐いて煩悶ついに死を決す すでに巌頭に立つに及んで胸中何らの不安あるなし

  始めて知る 大なる悲観は大なる楽観に一致するを 」






  なあ、ホレーショ、この天地の間には、われわれの哲学ではとうてい
 考えおよばぬことがたくさんあるのだからな。
                 
(「ハムレット」第1幕第5場三神勲訳)


冥王星も惑星も、占星術もまだまだ分からぬことが多いのう、、、
まさに『不可解』
謙虚に見つめていければ良いのじゃがのう、、、




725 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 10:03:46 ID:???
アグレッシブな惑星にしては、 引き際はけっこうアッサリしてんな。

726 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 11:38:41 ID:???
カロン発見前は一つと思われてて実際より大きく思われ、惑星とされた。
カロンの周回分も含めたら惑星並でいいってことじゃね。
天文学上の定義とのズレはやっぱ月や太陽と似たようなもんだと思う。
TNOで一番最初に発見されたってことも象徴的だし、最初に発見された=意識に上がったときに、惑星と思われてプルートと名づけられたことに占星術的に意味を持たせても構わないと思う。

727 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 13:39:15 ID:???
>>726
そういう浅薄で安易な態度が今日の危機を招いてきたんじゃないの?
その意味では>>718さんの指摘はごもっとも。

だいたい「意識に上がった」って事を、占星術理論を正当化しようとする人たちは
よく口にするけど、「意識にのぼる」とか、そもそも「意識」とは何か?という大問題が
学問的な前提および難問として立ちはだかってるのに。
「意識に上がる」ことを、単に「発見された」とか「知覚した」という日常的言語空間
で把握し使ってるのは、あまりにも粗雑。
だから、ほころびが拡大してきたんだし、もう耐えきれない段階まで進行しちゃった・・・

もはや、そういう場当たり的、その場しのぎ的なことで解決はつかないよ。

728 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 14:15:35 ID:???
占星術って当たらないんですね。がっかりしました。

729 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 14:48:21 ID:???
もしかしたらの話をすると冥王星発見時の占星学グループは
『とりあえず12星座分の支配星作って被ってるのやめねぇ?』になってたのかも。


730 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 15:40:04 ID:4YZSuogA
冥王星の影響で今後を占うと、
有名人で近日冥王星が太陽に合になる人は?。

ジョ○ユウ・フ○ヒロ アー○フ代表
1962年12月17日 時刻不明 福岡県城島市生まれ


731 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 16:57:52 ID:???
>727
>「意識に上がる」ことを、単に「発見された」とか「知覚した」という日常的言語空間
>で把握し使ってるのは、あまりにも粗雑。

それには同意しますよ。
人間の認知機構についての考察が曲がりなりにも必要でしょうね。
でもその研究が日本のメディアで占いの話題として上ることは、
多分、とても難しい。


732 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 17:03:45 ID:???
「天体を使う癖がつく」ことも、アスペクトも1日1年法も、調波も同様です。
アディ調波には、(石源の分割調波にも)その辺りの原理に対する考察が、
当然ながら行われています。

733 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 17:20:07 ID:???
占星術は基本的に解読の表面的なルールです。
以前にも述べましたが、
人間の認知機構はグルッジェフの指摘したように
神経伝達物質が関係しています。

734 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 17:26:52 ID:???
そして神経回路は文化的な影響を受けます。
人生経験の影響も受けます。
地球・宇宙の物理的環境の影響も受けます。
信号とノイズを分けるのは人間の神経回路です。

735 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 17:34:31 ID:???
信号が来ている時に、それと関連する行動を身体感覚になじませることが
「天体を使う癖をつける」には効果がある。

↑これ(731〜734)なら、夜勤氏の興味と被るでしょうか。


736 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 18:19:06 ID:???
夜勤って誰よ

737 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 20:32:50 ID:???
>>731
べつにメディアに上る必要はないでしょ。占術が「意識」を解明出来るわけでもなく、解明する要請が
有るわけでもないから。
ただ仮に「意識」の研究についてなら、いろんな方面からアプローチがなされているけど、占星術上の
概念をキチンと規定し、その意味フィールドの広がりというか立ち位置を明確に定めておかないと、
将来、例えば脳科学で認識システムの新事実が明らかになったりしたとき、また占星術理論が揺さぶられ
脅かされる、なんて事態が発生してしまう。
占星術は哲学、宗教、科学、、、と様々な思想理論を組み込みつつ発展し、またそれらから借用するのは
仕方ないにせよ、一貫性や統一が欠落してたらどうにもならない。

すくなくとも研究者や実占家らは、用語の示す意味を説明できるようにしておかないとね。


738 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 20:50:01 ID:???
そういえば、神経回路については数年前に凄い発見があったよね。
シナプス間では多種類の伝達物質が交換されてるけど、神経細胞内部の微小管というレールに
沿ってキネシンという蛋白質が特定の伝達物質を運搬している様子が映像で確認された。
神経細胞のみならず、鞭毛やミトコンドリア内のATP合成酵素が持つ蛋白分子モーターの構造が
解明され、それらは精密機械と同様に機能してるためナノマシンと呼ばれてる。

私は生体内のナノマシンについては、NHKの番組で初めて知ったけど、その絵を見てると本当に
生物と物質との境界が危うくなってきた。

飛躍するけど、いずれ遺伝子操作やクローン技術を応用した医療、自己と非自己を認識する免疫システム
のコントロール、すでに行われてる他の個体からの臓器移植と占術との絡みなどなど、複雑な問題が
出てきそう。



739 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 21:03:10 ID:???
まあ、日本では第一章にあたる
(調波なり、1日一年法なりの)認識論の部分を飛ばして、
ルールしか示さないしな。
石源も分割調波のそこは専門書で書いてるだけだし。

740 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 21:40:41 ID:???
>>729
そーね、誰もその可能性を否定できないわね。


741 :名無しさん@占い修業中:2006/09/14(木) 23:27:08 ID:???
そりゃ、可能性であるならば否定できないし、検証もできない。

でも実際に表に出た全ての資料には何があるか?

それはおれには分からん。
しかし、冥王星の意味を考えるための事例研究が有ったのは知ってるよ。



742 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 00:30:54 ID:NQaBwY1E
>>730

アサハラのネータル冥王星に対して、トランシット冥王星がまもなくトライン。
、、、、ということで裁判所では、、、、

、、、ということで冥王星の影響が、、、どうかな?


冥王星のことで、具体的な現象から目をそらして空理空論に走る人たち、、、
9月になってから色々調べたが、冥王星の影響力は、あまり変わって居ないような感じだよ。

今後はまた違うかもしれないけど。
でも具体的事象をもっと調べてから議論したらどうでしょうね?
そこがおかしいといつも思ってたよ!



743 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 00:54:58 ID:???
>>742
空理空論に走ってるのは
間違いなくアンタです。

744 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 00:58:03 ID:???
>>729
でも
水星と金星は未だに2つ使用されてるでそ

745 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 02:20:45 ID:???
冥王星発見前は土星が死の象徴ってのはやっぱ「老いから死をうかがう」
ってことだったのかな・・・個人を占う場合、老いと死はイメージが比較的近い。
古典占星術の中では一番冥王星に近い土星。
土星で老いが始まり、天王星で往年の姿とは一変し、海王星でボケてもうろくし、
冥王星ではいさようなら。

746 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 02:25:28 ID:???
ウィキペディアの占星術の項目も書きかわったね。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%A0%E6%98%9F%E8%A1%93

747 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 02:25:50 ID:???
冥王星の降格の原因となった新発見小惑星の名前がエリスに決定。
サイズは冥王星と同等くらい。占星術で採用するかな?

748 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 03:03:40 ID:NQaBwY1E
>>743

あほらしいな、俺プロだけど
じっさいに8月25日から昨日まで百四十人も鑑定して言ってるのだよ。

その中で進行とトランシットで強力なアスペクトを作った人が結構多かった。
33人いた。(冥王星の影響下にある人がなぜか普段の時の割合よりも多かった。
たぶん、自分が冥王星のデータが欲しいと思ったせいもあるだろう)

確かに鑑定には主観が入るし、自分の意識に近い人がクライアントとしてやって来る、という法則もある。
だからデータが全てとはいわないけどね。でも、まずは客観的な出来事と照らし合わせたデータは大事だよ。

それを無視して、ごちゃごちゃいってる人は、なんかむなしいな、と思うね、、。

でもこっちの言ってる事無視しない人は無視しないから、そういう人にだけそっと教えてあげるよw。

冥王星の影響力は今のところ変化ありませんよー。

749 :748:2006/09/15(金) 03:16:57 ID:NQaBwY1E
748の続き

強いて言えばね、冥王星のむしろ肯定的な面が少し出てきたかな、、ということはあるよよ。

例として今まで誰にも言えなかった自分と家族の過去(自殺&他殺など、あるいは倒産など)をカウンセラーや友人には言えるようになったという人が5人いた。
死と再生ということでいえば、再生とまではいえないが、前向きに、またはちょっぴり余裕を持って冥王星の影響力を捉える人がちょっと増えているような感じはする。
ただ、ほとんどの人はあまり変わっていないようだ。

もう少し色々とデータ集めたらまたここに書き込むか、あるいは別なところで発表するよ。

では、またまた、、。

750 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 03:53:03 ID:???
スンゲーナ
実占からのデータって説得力あり

751 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 04:37:50 ID:???
748ー9を読む限り、データが集まったところで「御本人だけが満足」する以上のものは
期待出来んよ。




752 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 08:36:29 ID:???
んだ

753 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 10:07:28 ID:???
>>748
キ○ガイの見本って感じ・・

754 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 10:26:39 ID:???
占いに科学的根拠を求める人っているの?

755 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 11:00:15 ID:???
>>737
それは言葉一つで大騒ぎするあなたや同類の方にとって重要なだけで、
信奉者が適当な意味づけで満足できてるのならそれはそれでいいわけだが。
前からこの手のレスはあるけど、逆に占星術を絶対確実な真理とでも思ってるのかと思うよ。

756 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 11:12:51 ID:???
>>754
それってキチガ○肯定論?

757 :748:2006/09/15(金) 11:44:05 ID:NQaBwY1E
ここは、変な遊び人がが多いんだな。
所詮レクレーションで落書き掲示板かー、、、残念だね。

実占をばかにしている人が多いのか、、、占い掲示板なのに不思議だな、、。

データが、オレが勝手に主観的に思ってるといわんばかり、、、。

だから、このデータが全てだと入っていない、と前に書いたではないか。
データと経験からこういうものの研究は始まるんではないのかね。

データ発表に関しては、場合によってはクライアントのプライバシーに関する
ことも有るので、公表が難しいこともあるが、そのうち出すつもり。

しかし、この掲示板には出しませんよ。

不勉強&非論理的なばかが多いからね。

ではバイバイ!


758 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 11:44:59 ID:???
ヒント:「バカの壁」

759 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 12:29:23 ID:???
データというと科学的な統計がどうのって臭いはするけど、
占いは実占してみてどう看れるかも重要だろうしね。
占者が使えてれば冥王星でもなんでもいいだろう。
それに対して理論がどうの、と突っ込んだ気になってる人がいるけど、
結局占い信者も占い否定派もいるのと同じで、それは単にその当人の問題でしかない。

760 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 12:44:33 ID:???
>>757
ほんと馬鹿の厚すぎる壁を感じる

761 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 13:56:26 ID:BFkJD3dG
ちかんで捕まった植草一秀、きのうチェックしたら冥王星が太陽に乗ってた・・・。
冥王星、やるじゃん、と思った。

762 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 14:14:20 ID:???
04年ごろにはn太陽の近くをうろうろしはじめたって感じだけど、こんどはついに乗っかって決定的な変化を及ぼすということかな。
今はまだ教授やれてたけど、今度ほんとに終わるのかな。
もし冥王星の意味合いが変わってれば何か別の展開もありそう

763 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 15:18:00 ID:???
占星術の信者にとっては、どう意味付けされようと、
認知の不協和が起きないにするだろうさ。
論理的な整合性も無視して。

趣味や遊びなら不整合も気にならんかもしれん。
マジな研究者は気になるかもな。
理論的な整合性を気にしない人には占星学は無理だな。
占い実占派は気にしないかもな。

764 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 16:43:20 ID:???
>737

自分のかかわる分野について、
説明能力があるか無いかだからな。

実占派と思しき人の中には、
説明能力の無さを、その必要性を認めないことで
認知の不協和を避けているように見える人もいるからな。

鏡リュウジのように、ごまかしに自覚的な人もいるだろうが。

765 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 17:25:06 ID:???
占いに「論理的整合性」を求めてもな
占星術は科学だとか言ってる人だけでしょ、気になるのは

766 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 18:03:00 ID:???
実占のみ研究する人は整合性は重要じゃ無いかもしれん。
ただそれでも、社会で何かを主張する場合は、
世の中に通じるような論理的整合性が必要になる。

オウムも正当防衛が成り立てば殺人にはならないし。
抹茶の活動も、占星術も整合性が無ければ、同じ扱いをされる。

まあ占星術はAFAの活動が全てとは言わないが、
学問的な研究者は整合性を考えてる。

767 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 18:20:34 ID:???
学問の為の学問されてもね。

768 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 19:02:12 ID:L9p2o5R8
>>767

現状の松村占いほかは、マインドコントロールの要素が多いよ。

その第一の要素は、情報隠蔽。

みんな、マインドコントロールが日常的なものだと知らないから
これまで見逃されて来たんだろうけどね。

769 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 19:26:59 ID:???
かつて13星座占いというのがあって、実際の天体の位置で占うという物があった。
現在の占星術で冥王星を否定している人は13星座占いを支持していたの?。


770 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 19:57:13 ID:???
>>769
あなた東洋の人?愚問もいいとこだよ。

771 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 21:21:03 ID:???
今上天皇のアセンにやってくる冥王星も
どうなるか見物ですね

772 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 21:26:24 ID:???
>>771

自分の心(と、占いを信じてる他人の心)に
なんらかの影響を及ぼされているだけでしょ。

773 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 21:34:28 ID:???
占いは占う人とその結果を信じる人の為にあるんだから別にいいじゃん。
ベジタリアンの為に家畜を殺す必要はない。

774 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 21:51:03 ID:???
>>771
何の意味もないよ。いい加減空しい妄想は止めたら?

775 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 22:55:23 ID:???
エリスのせいでプルートが格下げ・・・
冥王も小物ですね

776 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 23:06:51 ID:???
             / ̄ ̄^ヽ    / __        __   ヽ_
             l       l / / ヽ   , ,  / \   ヽ
       _  ,--、l        ノ /  o"⌒  ^ __丶 ⌒  O  ヽ   __o 
   ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l | 。 ノ )   //tーーー|    ) )o  |      | 二|二゛  ___
  ,/   :::         i ̄ ̄  | |  ( (    |:::::::::::::::::|   ( (    |      ノ   |  ヤ      ツ
/          l:::    l:::    ..l  |  ) )   |⊂ニヽ:::|   .) )   |
l   .   l     !::    |:::    l | ( .(   i .|  |:::T::::i|  ( (   /
|   l   l     |::    l:      l \  )   ト^^^^^ ゝ,  )  )/
|   l .   }    l:::::,r-----    l   \:: ・ 。゚ ̄ ̄ ̄   丿 /
ヽ  :l::::   ト:;;;;;;;/-/__...........  /    

       冥王星プ、プ、プギャープギャプギャプ♪
      \   ププププギャプギャププギャプギャ/
         ♪  (^Д^) ♪
          _m9   )>_ キュッキュ♪
        /.◎。/◎。/|
  <(^Д^)> | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |    ヽ(^Д^)ノ
    )  )  |       |/    ノ ノ
((((  > ̄ > )))) <(^Д^)9m ((( < ̄< )))) 
              )  )
         (((  > ̄ > ))))

      m9 三 9m
     彡  ∧∧  ミ
    m9  (^Д^)  9m プギャプギャプギャプギャー!!
     ヾヽ\ y  ) 彡
      m9/三 9m
       ∪ ̄ ̄ ̄\)

777 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 23:11:57 ID:???
>>763>>764
同意。
>>765
私は占いを科学と見なしてないけど、論理的整合性は必須と考えてますよ。

>>766>>768
今回の冥王星問題が象徴するように、情報が一瞬で世界中を駆け巡る時代、
占星術と他の学問との間に子どもでも不可解と感じる齟齬があったとき
珍妙なこと唱えてたら話にならないですもんね。

私は松村氏とマインドコントロールとの関係についてはよく分かりません。
しかし、いわゆる占いヲタクと呼ばれる人の中でも狂信的な人は、外部から他動的な力で
感化された訳じゃなく、かといって自発的に意図的に目的を持って占いにのめり込んだ
訳でもない人がいますよね。
偶然出会った本に触発され、それを契機に無意識のうちに自己の世界観や価値観や思考様式
形態に占いが刷り込まれ織り込まれてしまったような人が。
私もそういうある種のオカルティストを知ってる。常人からみれば完全に常軌を逸してる。
その彼の思考は主観と客観とか科学と非科学等の二項対立や分節構造を含まない。
あらゆるものが閉じた世界の中で渾然と溶け合ってる。

でも、マインドコントロールっていうか、占いに感化されてしまうっていうのは、恋愛の心理
学とも重なって、一度恋に落ちると認識や意識が変性してしまうのとも通じませんか?






778 :名無しさん@占い修業中:2006/09/15(金) 23:44:46 ID:???
この板だけで考えても、
ここは一応、社会に開かれている。
社会のルールは論理的整合性を求めている。

ここで何かを主張するなら、
やはり世の中に通用する整合性が必要になる。

オウムを例に出すまでもなく、
ルールを軽視する思考が行動に結びつけば、
時に大きな問題を引き起こす。

老婆心ながら、
上記の危惧をいだくのは公○に限らない。

779 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 00:22:28 ID:???
>>756
雑誌やテレビの星占い見てる人が科学的根拠を求めてるとは思えない
ので、占い師もそんなもんだと思ってた。

780 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 01:27:34 ID:pfYASNjH
オカルトやヨーガなどの知識で言えば、松村とかあの辺の40歳代〜50歳代前半の人らが
一番あるようだな。

なにしろ、あの辺の世代は、学生運動の後の世代で
精神文化とやらを求めていくのはいいが、勝手気ままなやりたい放題だったようだw
だから1980年代から1990年代半ばまでの15年くらいは
以下のように百花繚乱状態だったわけだw

占星術、天中殺など占いブーム
オカルト全般、心霊スポット探しの始まり
ハルマゲドンとかノストラダムス予言
ピラミッドパワー&ヒランやパワー?
守護霊とか天使との交流、いわゆるチャネリング
大衆心理学と何とかセラピー、
ヨーガ、気功法など
自己啓発セミナー

、、ということで、とにかく色々あり過ぎてにぎやかだったw。
今のヤングにはわからないものすごいブームであったわけだw。

、、、で、そういう知識があっても別に幸せにはなれないし、
冥王星のことが詳しくてもどうってことがないかもしれない、、、と気が付き始めたわけだな。
オウムの事件が端的に状況を示してるのかもしれんけど。

ただ、人間は物だけでは生きられないし、
今後とも精神文化を深めていくことは必要だろう。

でないと、変な軍国主義政治家に心の大切さを説かれていつの間にか
不自由な国になっていたりするかもしれないからな(笑)。


781 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 02:15:24 ID:???
冥王星は小さくてもパワーが大きいと思う。
そう言えば蠍アセンは「小柄な人が多い。でも体力がある、体重が重い」
とある。冥王星も小さくても力があると思う

782 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 02:16:54 ID:???
冥王星は小さいから惑星から外されたわけではない

783 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 12:22:46 ID:fCWP2QnD
>でも、マインドコントロールっていうか、
>占いに感化されてしまうっていうのは、恋愛の心理
>学とも重なって、一度恋に落ちると認識や意識が
>変性してしまうのとも通じませんか?

そういうことじゃないよ。
松村の占星術研究会でやっていた、多人数で新規参加者の
ホロスコープを読解するという行為は、マインドコントロール
のテクニックである「告白」と「熱い席」を組合したものだ、
と具体的に指摘したい。

もともと、星占いというものを通じて発せられる言葉そのものが
受容されている事を前提とされているものだし、シンボルと言葉を
組み合わせて一方的に語られる、論理的な背景が分からない言葉、
つまり<呪術的言語>である事は明らか。そして、呪術的言語は
それを与えられた相手に、強制力を伴うメッセージとして機能するのだよ。

この辺の事は政治の世界では当たり前だ。たとえば、小沢一郎が発した
「普通の国」という呪術的言語が原因で日本の政界は激震したでしょ。

占いだけの世界に閉じこもっているのは、きわめて危険だと思う。
なにもわかりません。

784 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 12:29:07 ID:???
>シンボルと言葉を
>組み合わせて一方的に語られる、論理的な背景が分からない言葉、

小泉がよくやってるアレだな

785 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 12:44:14 ID:pfYASNjH
占い以上に危険なのは、今の日本人が知的に劣化してること。
簡単なシンボルと言葉にすぐに迷わず付いていく。
あれ、ちょっと待てよと考える人が少なくなったようだ。

やっぱりいろいろ肉体をぶつけ合う運動をしたり、農作業したり、
直接的に議論したり話し合ったりする場は多いほうが良い。
ネットと携帯でばかりの付き合いはまずいと思うな。

商品を売る企業にとって、またはTV番組を作る人たちも
簡単に視聴者を動かせるのだ。占いと同じように「新宗教&ミニカルト」に
はまる人は後を絶たないようだしね。

その意味で、すぐにコントロールしやすいネットウヨなどは
権力者にとって実に都合の良い状況になってきている。
国家全体のカルト化を促進する援助者になってくれるし。

そして冥王星が第1室にある人が今度首相になるようだ。
しし座のプルトーね。
若い人は支持するのだろうか?
18歳で2年間ボランティア義務付けなどを本気でいってる人だよ。
甘く見てるけど、彼は半端じゃないよ本気だよ。与党は議会で圧倒的に多数だよ。
ヤング諸君はどうするの?  賛成するの?

786 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 13:23:04 ID:???
>>785
逆、ネット上ではコントロールしにくい。
雰囲気に呑まれる可能性が少なく、文章を再考する時間も十分にあるから、
疑問を持ちやすい。
ウヨウヨ言ってる人はネットの性質を理解していない。

787 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 15:06:46 ID:fCWP2QnD
>>784
そう。おっしゃるとおりだ。「骨太の方針」などの
キャッチフレーズも呪術的言語だよ。

群集心理を動かすテクニックってかなり発達している。
心脳マーケティング辺りが、最近、こちらの内面にヒットしたけど、
それだって郵政民営化の選挙に実際に使われていた。
大学時代の友人が広告会社でブランド構築手法の研究やってるらしいが、
その方面の研究レベルでは、郵政民営化の選挙で試されたことよりも、
もっともっと先のことが研究されていると思ったほうがいいかもね。

こういう流れは止まらないだろう。だからこそ、心理的防御機能を
発達させなければならないのだが、この板の連中の一部と来たら(苦笑い)。
生け贄になりたいって、自ら宣言している人としか思えない。

冥王星が惑星降格しても何も疑問を抱かないような人はこれからも
メディアで垂れ流される心理操作手法にやられっぱなしだろう。
やられっぱなしで満足できるなら、そういう人たちは、
ワケのわからん思考をずっとやってればいいが、
嫌だと思うならちょっとでも前に進まなきゃ。自分の意思で。

お互いに進歩しなきゃね。そういう感じだと思うよ。


788 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 15:18:41 ID:fCWP2QnD
>>786
質問が。

ニュー速+のようなチャット状態だと、情報処理そのものが追いつかず、
無意識のレベルに情報が刷り込まれる可能性って無いの?

何度も何度も掲示板を見返したりしないし、一定の時間が経つと
強制的にDAt落ちして、どのような会話がなされていたのかを
ワザワザ再度見直すような人も少ないだろうしさ。

こちらはそのへんをかなり意識しているんだけど。どうだろうか。

789 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 15:51:59 ID:pfYASNjH
権力者が、庶民の意識をコントロールする傾向は今後強まるでしょうね。

そして、ネットのアダルトサイトなんかが完全に規制されることはない。
数年後共産党なんかは解党させられてるかもしれないw。

そういう風に思想は厳しく取り締まられるが、風俗は自由にしておく。
適当にセックスと酒で紛らわしてもらいましょう、ということ。
権力批判の矛先を曲げてしまおうという寸法さ。

そして、スポーツの一部の選手の状況を誇大に報道し、
まるで自分の親戚が成功したように感動させる。
感動してる彼は、いずれ息子がメジャーリーグとか
ワールドカップで活躍すると思って我慢しながら安月給で働く、、、。成功する確率はきわめて低いのにである。


大衆の幻想を上手く扱うのが権力者。
俺もどうしようかな、権力者に取り入った生活をしたほうがいいかな、、、、w
そのほうが楽だし、いい暮らしも出来そうだなー、とも思う、、
でも、うその社会は長く続かないような気もするし、、w

ま、出来るだけ自分に正直に生きて見るかな!

790 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 16:59:43 ID:???
>>788
そりゃ上から下へと考えなしに次々と文章を読んでいくようなやり方すれば
ある程度刷り込まれるかもしれないけど、
文章を読むということ自体が脳を働かせることだから、
テレビや実際の演説のような言葉と映像で直接伝達するようなことに比べれば、
コントロールされる危険性は少ない。
洗脳の基本は相手に考える暇を与えないことなんだけど、
ネット掲示板だとどう足掻いても読み手の考える時間が残る。

791 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 18:24:25 ID:???
こじつけ原田まだ生きてたのか

792 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 21:49:29 ID:???
松村占い解体おめでとう!

793 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 22:08:23 ID:???
2ちゃんで勝利宣言して喜んでいるのは誰ですか?

794 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 22:13:54 ID:wIMkSxb7
>>790
なるほど。内部情報が固定されることなく、
ガンガン書き換えられるって理解でいいですか?

しかし、この板の人たちの内部情報が
ここまで頑固に固定されている理由がよくわからない。
冥王星が降格した、という天文学上の圧倒的事実すら
直視しないようにしているフシがある。

一つ考えられるのは、ここまで情報遮断しないと保てないほど、
内面が脆いってことだよなぁ。弱いから情報遮断するし、
情報遮断するからますます沈滞して、さらに脆くなるって具合に
妙な悪循環が生じてそうだ。

795 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 22:27:53 ID:???
チビは何をやっても説得力がないのと同じで冥王星はカス

796 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 22:44:19 ID:pfYASNjH
ま、それでもって、実占鑑定やってる人たちのなかには、8月下旬以降も、
冥王星の影響と思われるもの、、親や友人が死ぬとか会社の倒産とか離婚などの
象意が変わらず起こっていますよ、ということを言いたいのだろうね。

その辺で、そ言う態度が別に情報遮断にで内側に篭りすぎともいえないような感じもするけど。
でも、実際の占いの知識から、どういう風に持っていったら、データとして生きてくるのかという、
まずそのルール作りとか、またそれ以前の、世界観の違いなどをどうすり合わせするかも必要になってくるから、
冥王星降格のことと占いにどう適用するかという問題は、話がかみ合うのはまず不可能みたいに感じるねw

今のところは、いろいろな人が色々言ってておしまいと言うことなのだろうか?
なんか淋しいけどね。

797 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 22:53:46 ID:???
>>796
自分の太陽の蠍座の守護星が冥王星だから淋しいんだね。
かわいそー。

798 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 22:54:59 ID:wIMkSxb7
>>796
『洗脳原論』を書いた、苫米地英人の本を読んだり、
サイトを見たほうがいいかも。

どうしても伝わらないのはわかってるんだけど、
時代はドンドン進んでるし、メディアコントロールも強まってる。

そのままだと取り残されるよ。すでにちょっとその気はあるようだし。



799 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 22:59:10 ID:???
蠍座は元は火星でしたしね。

800 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 22:59:55 ID:wIMkSxb7

もう星占いは、従来のスタイルで存続するのは
ちょっと難しいところに来てると思ってるけど。

星占いの外の環境の理解力の進展度って、こんな
停滞した板にいたらとてもわからないんじゃないのか。

まるで鎖国していたときの日本が、ヨーロッパの状況を知って、
近代化しなきゃと慌てふためく様子と同じものがこれから展開されそう。

801 :797:2006/09/16(土) 23:01:15 ID:???
あ、間違えました。
× >>796

802 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:01:49 ID:???
>>783
新規参加者は有無を言わせずサンプラーになり、ホロスコープを集団で解読される!?
すると、元来暗示にかかりやすい人とか、暗示にかかりやすい諸条件が整っていた場合、
被験者は強烈なショックを受けるような解釈を告げられたり、良かれ悪しかれ超越的な
体験をしてしまうと・・?
もともとクリティカルな精神が乏しい人や思いこみの激しい人は、ブラックホールに捕
えられたかのように無限に落ちてゆく。
でも、占いに興味を持つタイプはそういう傾向が強いでしょうからね。

一時流行した「自分探しの旅」なんかも、現状に満足できない人や自分の才能を自覚できない人が、自分の何処かには必ず素晴らしい能力が潜んでいて、まだそれが見つかってい
ないだけとか、気付いていないだけとか、社会から一種の幻想を抱かされた現象とも言え
ますよね。私みたいに本当は無能かもしれないのに・・・ww

それにしても、松村氏がマインドコントロールの手法を使うのは、いかなる目的で?
単に学生を増やし私益をはかる以上のものでもあるんでしょうか?
占術の研究会が、それほど緻密に組織立てられているとは、一般的には考えにくい気が
しますけど。







803 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:06:23 ID:wIMkSxb7
政治の世界では、情報操作と心理誘導がガンガンなされていて、
しかもそれにみんな気がついちゃってるからなぁ。。。
ここまでみんな政治に関心持っちゃうと当たり前のように気がついてる。は

まぁ、占いだけ例外って考えられることはないわな。普通に考えれば。

804 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:10:19 ID:???
社会的に通用するものを作るつもりがある人だけで
考えを述べ合えばいいと思うよ。

通用しないものなら、そもそもルールの意味が無いんだから。

それから批判にはその場で反論するより、
それぞれが受け止めて、ルール作りに生かせば良い。



805 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:12:03 ID:wIMkSxb7
>>804
こちらは、そもそも、モダンはこれで
終わりだ、解体すると思ってるから。
完全に整合性を失ってしまったとしか思えない。

残るものがあれば、古代の7天体のそれに回帰するだろうと。
ロブハンがそうであるようにね。

806 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:14:08 ID:???
古代の世界観を引きずる必要はないわけで。

807 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:14:25 ID:wIMkSxb7
ただ、古代の7天体に返っても、
おそらくは従来のような使い方はもう出来ないだろう。

それは、従来ならば、星占いという領域でつむがれる
文言を受容していた人たちの意識水準が
ネットの利用が普及したこともあって
ここ数年で、急速に上がってるから。そうとしか思えない。

808 :796:2006/09/16(土) 23:17:03 ID:pfYASNjH
別に俺は占星術は本質的には関わっていないのどうでもいい。
ただ、あれは何かは意味があるものだと思ってる。それが何かは今は??だが。
とにかく、占星術がぱっとしないのは、今の占い師&お客が低級だということだろうか。

自分の場合、ヨーガのほうが哲学的にも生理学的にも面白いし、そっちのほうを追求してる。
ただ、ある占い師が「惑星の位置と個性はチャクラや内分泌腺」と
関係があるというので少し関心を持った程度です。

809 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:17:33 ID:???
7天体である必要もないわけで。

810 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:20:00 ID:wIMkSxb7
まぁ、結果は見てみなきゃわからないけど、
10代の頃からネットをやってる人たちが
社会に台頭してきたら、たぶん、かなりの
ところまで社会全体の平均的な認識水準が
達すると思ってる。

>>797あたりの構え方では、彼らの水準には
たぶん追いつけない。前々から言ってたんだけどさ。


811 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:22:26 ID:???
もちろん10天体である必要もないわけだ。
信号とノイズを切り分ければいいだけの話。

812 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:24:02 ID:wIMkSxb7
>>811

そういうのをさ、独り善がりのそれでなくて、
あらゆる方向からチェックされても、
ちゃんと社会的に受容されるような
水準まで高めなきゃならないんだよ。

残そうと思うなら

813 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:24:45 ID:???
それにしても人よりちょっと変わってるからって
排除してしまうなんて随分差別的だよね…

814 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:28:01 ID:wIMkSxb7
情報遮断を行って、人々の認識水準が自然に高まっていく
可能性を握り潰すほうが、よほど差別的だと思いますけど。

しかも、インターネットという開かれた情報空間で。
まぁ、こういうのはもう、お互いいいっこなしにしたいですね。


815 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:30:39 ID:???
>812には同意。
それは何度もね、主張するなら社会的に通用するようにって。

ずっと以前、夜勤氏とは虹の話も打ち切りになっちゃたけど、
そのときより少し考えがまとまったから、
またなんかヒントが欲しいなと。

彼の批判は、はっきり言って色々調べれば役に立ちます。
直接、会話するとウザイですが。

816 :796:2006/09/16(土) 23:33:13 ID:pfYASNjH
今の中学生や高校生で、ネットでがんがん色々な占星の知識とか持ってて、
(彼らはさそり座冥王星の世代だけど)で、その子たちが20年後になってどうなるかということだな。
ちょうどそのころは、さそり座とスクエア関係のみずがめ座に冥王星がいるんでしょ?
なんか面白そうw、
、、と少し野次馬今根性で見てる!

、、、で絶対的な星占いの変革がおきると思われるのは、
たとえば、南極や北極で出産した場合はどうなのか?

宇宙ステーションとか、月や火星で受胎したとか出産した場合はどうなのか?
ホロスコープはどうするのか?

そういうことが、2020〜2030年代以降は実際に起こりうるということでしょ?
星占いの根本が崩壊(変化)していくよ? ドースルの?

だから、冥王星の降格程度で驚いてる占い師なんてのは駄目で、
もっと未来を見なくっちゃね。

21世紀の前半は、やっぱしスリルに満ちたおもろい時代なんだと思うけどね。

817 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:40:26 ID:???
今の形の継続なら、月心座標や火心座標だろが、
たぶん宇宙線の影響が違うだろうから、
その先はちょっと分からん。

818 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:56:54 ID:???
一番大きな違いは、地球の物理的環境と違いすぎること。
生物の適応力が宇宙船の実験で調べられてたりするが、
無重力や低重力でも生理的な活動が大違い。

生命の適応力は非常に大きいと思うが、
信号とノイズの切り分けは混乱するだろうな。

819 :名無しさん@占い修業中:2006/09/16(土) 23:58:59 ID:???
まあ宇宙生態学の出番だろうな。

820 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 01:16:13 ID:???
>>794
>しかし、この板の人たちの内部情報が
>ここまで頑固に固定されている理由がよくわからない。

個人の内面の劇化のための道具立てだから、
世界観を固定すること自体に意味がある。
熱が冷めれば離れるでしょ。大半は。

821 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 02:03:51 ID:???
占いが自然科学に歩み寄るのって現代的な態度なんだろうかねえ。
擬似科学バッシングの餌食にされて終わりな気もするが。

822 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 02:18:10 ID:???
さよなら、冥王星。こんにちは、エリス。

823 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 02:19:42 ID:TJyAW64H
不和と嫉妬の女神か、、、

824 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 02:27:10 ID:???
さよなら、ドチビ冥王星。こんにちは、神々しいエリスタン。

825 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 02:30:38 ID:???
エリスってエロイ名前だな

826 :エド:2006/09/17(日) 02:31:23 ID:???
ドチビゆうなーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

827 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 02:49:45 ID:???
自然科学に理論体系がぶち壊される危機を孕んでいるのは、スレ違いだけど
東洋系の時間と地理を使った占法でも事情は変わらない。
宇宙科学なり生命科学の進歩は自分たちに殆ど影響ないと高をくくってたら
痛い目に遭う。
月面基地より早く宇宙ステーション移住が実現するんだろうけど、静止軌道
じゃなく地球の自転速度より早かったり遅かったりしたときは???
また、宇宙空間では上下左右が無い。東西南北はどういたしますか?
ロケットは何方向に飛びましょうか?
どっちの方位・方角に移動したからナンタラ、祐気取りがナンタラなんて言えない。
水も空気も植物が根ざす大地も山もない。人間は真空の「屋外」に直に出られない。
龍脈が云々、河川の流れが云々??何とかサツが云々??

もっともっとハテナ事項のリストは続きます。。。


828 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 06:22:13 ID:???
冥王星の影響なんか端からなかったんだよ。
無理しなくてもいいんだ。無理にこじつけなくても良い時代が来たんだ。

829 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 11:17:35 ID:???
>>828
なんなんだ、天文学が惑星扱いしたら
影響があるっつうのか
それもアホだな

830 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 12:00:10 ID:???
だから地球より外側の惑星の影響を個人のホロスコープに
あてはめちゃダメだよってオイラあれほど忠告したのに、
土星・木星スレの椰子らときたら・・・

831 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 13:30:01 ID:TJyAW64H
>>830

太陽と月と水星、金星だけでやれというの?
アハハハハハ、単純でいいかも?

832 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 14:09:12 ID:???
冥王オタってキチガイの集まりだろ

833 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 14:11:46 ID:???
蠍座しかいない

834 :名無しさん@占い修業中:2006/09/17(日) 23:58:48 ID:???
もう太陽と月だけでいいよ

835 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 00:43:39 ID:???
シンプルで(・∀・)イイ!

836 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 00:44:53 ID:???
太陽はあと10億〜20億年経つと温度が上がりはじめ地球は干上がる。
30億年過ぎ当たりから膨張が始まり、地球など遙かに超える赤色巨星となる。
だから、水金地火星あたりは完全にあぼーん。ガス惑星のガスも吹き飛ばされる。

どっちみち仮に人類が将来、もの凄い科学技術を獲得して、地球に近い惑星を見つけ
移住して生き残る道を選ぼうとしても、○○光年単位の宇宙旅行をせねばならない。
まず不可能。

SFチックにホントに他の惑星系に移住できたとしても、我々が使ってる占星術など
未来社会には跡形も残ってないだろうよ。www




837 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 00:50:47 ID:???
人によってだな、影響出てるかどうかは。小惑星も含めて。
有名人の詳しい伝記で出来事を年表にしてみ。
たいてい、目立つ天体があるから。


838 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 10:53:53 ID:???
冥王星もスタレたな

839 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 11:48:40 ID:9xcpP/lC
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/astronomy/?1158545640

<冥王星>除外される 来春以降中高教科書から

 

840 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 12:00:16 ID:???
冥王星?何それ?という子供が増える。

841 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 12:04:41 ID:???
これから育つ子たちは
セーラームーン見て首をかしげることになるんだな。

まだ海外で再放送されまくってる筈だけど
どーなっちゃうんだろ

842 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 12:20:59 ID:???
子供「ねーママめいおうせいって何?」

ママ「その話は外でしちゃダメよ!仲間外れになるからね」

843 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 13:29:01 ID:???
ジジババ占い師「冥王星の影響がっ!冥王星の影響がっ!」

若者「はあ?」

844 :モビラー:2006/09/18(月) 17:35:25 ID:???
>>836

未来の太陽系像について

「いや、太陽が遠い将来赤色巨星になって水星と金星は飲み込まれるんだけど、
 干上がり後の地球は絶対太陽に飲み込まれないだろ。」

845 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 19:29:17 ID:???
>>844
計算では現在の100倍から200倍に膨らむ予測が主流のようだよ。
およそ地球の軌道程度から最大では火星軌道付近まで。

宇宙の科学
ttp://www.s-yamaga.jp/nanimono/uchu/kousei-4.htm

《永久保存版!びっくり宇宙豆知識》
ttp://kajipon.sakura.ne.jp/kt/kt81.htm

846 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 22:48:23 ID:???
冥王星T字スクエアを持つ自分、
冥王星とともにT字のしんどい影響も消えた、わーい

なんてやっぱ思えないっす・・

847 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 23:14:23 ID:???
げ!今度引っ越すんだけどその日がちょうどネイタル冥王星に進行の太陽が合のときだ。
いわゆる悪いクセがついちゃってるのかな・・

848 :名無しさん@占い修業中:2006/09/18(月) 23:18:56 ID:???
>>846
>>847
お隣板へ行った方が話が盛り上がると思うよ。

849 :名無しさん@占い修業中:2006/09/19(火) 01:56:19 ID:U8HFcqwX
http://pulog1.exblog.jp/2739441/

原子怪獣ゴジラ、、、とジラース

ゴジラは冥王星そのものという感じ。

エリマキつけたゴジラであるジラースはウルトラマンに惨敗w

今の冥王星降格を40年前に予知していたような、、、、。

850 :名無しさん@占い修業中:2006/09/19(火) 18:50:03 ID:???
冥王星は冥府にお戻りになられました  めでたし  めでたし、、、、。

851 :名無しさん@占い修業中:2006/09/20(水) 03:22:23 ID:???
>846
わかる。
自分は金星(7室)が双子後半、月が乙女でもうすぐT冥王星とでTスク…

ジャストの時に何が起きるかな〜それで冥王星の威力がわかる。
何かあったら報告する

852 :名無しさん@占い修業中:2006/09/20(水) 07:37:00 ID:???
冥王星は遠いから影響はジャストの時よりも遅れてくるよ

853 :名無しさん@占い修業中:2006/09/20(水) 11:55:01 ID:???
巧いこと言う>>852


854 :名無しさん@占い修業中:2006/09/20(水) 11:59:38 ID:???
あほどもしつこいね

855 :名無しさん@占い修業中:2006/09/20(水) 12:05:00 ID:???
ほんと、もういい加減うんざりだ。

856 :冥王星:2006/09/20(水) 12:13:02 ID:KIDBnwOo
とりあえず俺が来ました

857 :冥王星:2006/09/20(水) 12:13:44 ID:KIDBnwOo
ち…IDがKIDだと?

858 :名無しさん@占い修業中:2006/09/20(水) 12:17:22 ID:t/h32IIT
>>852

冥王星だけじゃないよ。天王星とか海王星とかもね。
きっちりアスペクト形成してから少し後の方が現象ははっきり出るようだよ。
山田孝男さんも岡本しょう子さんもそのように書いていたと記憶しています。

これは自分の経験だが、トランシットのorbは、ディレックション形成する前1度、
形成した後は2〜3度まで影響があるみたいだよ。
上の3個は動きが遅いので特にそういう傾向が強いので、
やや大きめに許容度を取ったほうが良いでしょうね。
試してみてちょ。

859 :冥王星:2006/09/20(水) 12:19:38 ID:KIDBnwOo
Ooは冥王星とカロンだろうな。
Bnwは何だ?わからん。

860 :名無しさん@占い修業中:2006/09/20(水) 12:39:35 ID:???
っていうか、地球から冥王星までの距離は光速(秒速30万キロメートル)でも5時間半かかる。
だから、見かけ上ジャストの時はすでにジャストじゃなくなってる。

まあ、占い師が言う「星から注ぐエネルギー」とやらが何だか知らんが・・・


861 :名無しさん@占い修業中:2006/09/20(水) 12:41:27 ID:???
目を塞ぎ耳を塞ぎ

今日も冥王星妄想に浸るジジババ占い師どもw

862 :名無しさん@占い修業中:2006/09/20(水) 12:43:29 ID:???
KIDはしつこいアホどものことだな。
Ooも面白いな。
ナイスだね>>857>>859


863 :860:2006/09/20(水) 13:02:54 ID:???
おっと、これじゃ858の意見を後押ししてることになっちゃうな。
光速だと月まで1秒。
占星術では物理学的作用じゃない「力」を想定してるんだろうからな。


864 :名無しさん@占い修業中:2006/09/22(金) 11:09:33 ID:???
冥王星降格で、少しは日本の猟奇的事件が減ると期待してた
がダメだね。変らない。
冥王星消失は占星術にとって一体どう言う意味合いがあるんだ!

865 :名無しさん@占い修業中:2006/09/22(金) 12:09:10 ID:???
ゼオライマー

866 :名無しさん@占い修業中:2006/09/22(金) 15:47:26 ID:???
冥王星は影に隠れてネチネチ工作するのスキだから  マイナーなって喜んでるお

867 :名無しさん@占い修業中:2006/09/22(金) 19:55:10 ID:???
>>864
つか消えてないし。
大体なんで「日本の」猟奇的事件が減ると思ったんだろうね?

868 :名無しさん@占い修業中:2006/09/22(金) 19:58:44 ID:???
普通冥王星が猟奇的な動機に関わっていると信じられていたとして、
冥王星を占星術的に重視しないことになったら、猟奇的な動機は
もともと別の天体とか冥王星じゃない何かが要因としてあったのだと
考えるよね。
でなければ冥王星の影響力は小惑星にしては大きいものであるとか。
猟奇的な動機自体が減ると考えるのがわからない。

869 :名無しさん@占い修業中:2006/09/22(金) 22:57:47 ID:S+GVgadX
情報によりますと、
新総理は、獅子座上昇、冥王星が第1室

1954年9月21日午前2時35分 東京都港区愛育病院

、、、だそうです。

870 :名無しさん@占い修業中:2006/09/23(土) 00:56:32 ID:???
それにしては  カリスマ性が弱いなぁ、、。

871 :名無しさん@占い修業中:2006/09/23(土) 01:49:52 ID:nSGyp9qY
精神愛世界にのめりこんでいた友人がむかし言っていた。

☆ある、西洋の預言者は1995年に来日中に言っていたそうだ。
「21世紀には日本全体がAUM化するよ、(そうならないように)君たちは気をつけたほうがいい。」

☆ある環境保護グループのリーダーで
1981年に交通事故で臨死体験して未来世界を
見た人はかつて講演会で言ったそうだ。
「10年後にソビエト崩壊
20年後にニューヨーク崩壊
40年後に世界が崩壊」

いま、日本や世界の流れを見るとき、むかし聞いたことが
ホントに冗談で無くなって来たのではないかな、、、と感じるね、、、、。
まさに、ガクガクぶるぶる、でんな、、、


872 :名無しさん@占い修業中:2006/09/23(土) 02:25:57 ID:???
安倍首相誕生と同時に、とある宗教団体はより活発に動き出すと思う。
21世紀のオウム化があるとしたら、おそらく力を持つのはそこだろう。

873 :名無しさん@占い修業中:2006/09/23(土) 03:32:07 ID:???
文鮮明?

874 :名無しさん@占い修業中:2006/09/23(土) 15:54:58 ID:???

冥王星が意味するのはネガティブな面として、おどろおどろしいカルマや
闇に潜む悪、激情、極端に異様な出来事、など。

日本に今ほど異様な事件が多くなったのって冥王星が射手座に入り始めた
あたりからのような気がする。
オームサリン、神戸児童殺傷、宮崎勤、池田小学校の児童大量殺人、
長崎小6女児の友人殺し、etc.

なのでその冥王星の効果が薄れれば、日本の凶悪犯罪事件も減るかな
と単純に思っただけなんだけど。




875 :名無しさん@占い修業中:2006/09/23(土) 17:57:05 ID:nSGyp9qY
2chは多分閉鎖されるね。

享年8歳ということか、、、

後1週間くらいは持つのだろうか。
せいぜい書き込みしたら、、、?

876 :名無しさん@占い修業中:2006/09/23(土) 19:43:48 ID:???
>>874
やけに無鉄砲でワイルドな…  射手座入宮で舞い上がっちゃったかな。。

877 :名無しさん@占い修業中 :2006/09/23(土) 22:35:45 ID:AutKzFPC
射手座入宮のプルートこと冥王星です

一体何が起きてるんですか?ココも閉鎖されるような事態が…?



878 :名無しさん@占い修業中 :2006/09/23(土) 22:52:16 ID:AutKzFPC
別に煽りではないですけど…

879 :名無しさん@占い修業中:2006/09/23(土) 22:53:00 ID:???
ひろゆき氏失踪って噂のことでしょ?
真偽は不明。
ニュー速板行ってごらんよ。
ゴシップ好きが集まってホットだから。

880 :名無しさん@占い修業中:2006/09/24(日) 13:34:03 ID:???
36 名前:ひろゆき@どうやら”管理”人☆ ◆AvmY.MI1o. [] 投稿日:2006/09/23(土) 15:09:01 ID:QaJkGtBJO
試しに閉鎖してみる?

881 :名無しさん@占い修業中:2006/09/24(日) 13:36:02 ID:???
ひろゆきって蠍座だったよね。
冥王星降格とともにどこかに雲隠れの2ch経営者・・

882 :名無しさん@占い修業中:2006/09/24(日) 15:48:19 ID:sfVyB963
ニポン、オウ○化 確定。

逆らう人は独房修行ならぬ、○×収容所?

そして。損師に相応する人は誰か?
ショーコーの十万倍も危険な男とは?

しかし、年貢1000万円以上出せば安泰。
地獄の沙汰も金次第。これが未来ニポン

カネもコネも無いオレはガクガクぶるぶる??

883 :名無しさん@占い修業中:2006/09/24(日) 19:57:04 ID:???
21世紀のニッポン
カイシャは成果主義という名前の教義を振りかざすカルト教団。
職場によってはまだ逃げる自由は与えられているが、逃げる自由すら制限された職場もすでに存在する。
鬱病患者が大量に出ようとも、自殺者が出ようとも、単なる修行不足とされる。

884 :名無しさん@占い修業中:2006/09/24(日) 22:07:38 ID:xKPa/ZOs
>>875

ライブドアが買い取ったりして、
もっとまともに運営されるといいかもね。

ライブドアがSNSを設けてさ、その会員にだけは
2chの過去ログを無料で見せるということになれば、
たぶん、あっというまにmixiを追い抜く。
ちまちま、小銭を集めているよりも、そのSNSがIPOして
3000億くらいの金をゲットしたほうがいいと思う。

885 :名無しさん@占い修業中:2006/09/24(日) 22:17:32 ID:???
冥王星にかわるNewStarに期待すべぇ...・:*:・°`☆、。・:*:・°`★

886 :名無しさん@占い修業中:2006/09/25(月) 17:17:13 ID:OyOTq3XK
ミンス党代表の人の星図

進行図というのを出してみなさい。

そしてp太陽とn冥王星の位置を見る、、、

アマチュアの諸君、トランシットだけ見ていてはいけないよ。
Plutoの力は全然変わっていませんけどね、、、。

887 :名無しさん@占い修業中:2006/09/25(月) 17:20:06 ID:???
存在感なくなったな  憑物がおちたかんじ。。

888 :名無しさん@占い修業中:2006/09/25(月) 17:32:06 ID:???
俺のプログレス太陽も冥王星と合だが。

何か起こることを楽しみにしているのだが。

889 :名無しさん@占い修業中:2006/09/25(月) 19:17:19 ID:OyOTq3XK


>>144 :名無しさん@3周年:2006/09/25(月) 07:04:22 ID:NZzgunEO

>>植草一秀氏は今、謀殺の危機に晒されている
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2006/09/post_5052.html

 >>これは冗談でも何でもなく、私は植草一秀氏の生存が脅かされている可
能性を真剣に憂慮している。それをブログに書く私を、あざ笑う者はいるだ
ろうが、ことはそのような些細な問題ではない。植草一秀氏が生命の危険
に最も晒されているのが今であると感じているのだ。その理由をざっと述
べる。

 、、だそうです。政経版にありました。
上草氏 12月18日生まれ  ただいま太陽に冥王星が合





890 :名無しさん@占い修業中:2006/09/25(月) 20:32:13 ID:???
植草氏は確信犯です。 もう冥王星のせいだなんて言わせません!

891 :名無しさん@占い修業中:2006/09/25(月) 20:52:33 ID:???
植草は冥王星の謀略で痴漢働いたの?プッ…

892 :名無しさん@占い修業中:2006/09/25(月) 21:28:16 ID:???
冥王星降格については、効果が落ちるとかそういったことが重要な問題なわけではない。
モダンの10天体の占星術の体系とルーラーシップそのものが崩壊したということ。

893 :名無しさん@占い修業中:2006/09/25(月) 21:38:31 ID:???
10天体とかルーラシップとかを、
今だに占星術の根本原理だと思っている人は、
混乱してるかもね。

894 :名無しさん@占い修業中:2006/09/25(月) 22:26:48 ID:OyOTq3XK
以前、非常に意識の高い、太陽おひつじ座のヨガの先生がいた。
彼の場合、牡羊座のルーラーを冥王星を当てはめると、よく特徴が出ていた。

モダンの原則とかにとらわれる必要はなく、柔軟思考で研究されたい。

895 :892:2006/09/25(月) 22:56:49 ID:???
もちろん。以前から警告していたのに対応できなかったものに用は無い。
10天体を重視するものもルーラーシップも

896 :名無しさん@占い修業中:2006/09/25(月) 23:49:57 ID:???
>>894
フレキシブルな対応には賛同するけど、普遍的な原理を構築できないと困るのでは?

とくに実用面で、鑑定の際にクライエントの来歴を詳細に吟味して、何に反応してるか
検証してるヒマは無い訳だし・・・
現象的にも後付けで辻褄合わせしてるように見られてしまうし・・・

897 :名無しさん@占い修業中:2006/09/26(火) 00:18:47 ID:???
>>895
冥王星を牡羊に当てはめるのは
モダン的にはありなんだよ。
894はどっかから情報得てるね。

898 :897:2006/09/26(火) 00:19:21 ID:???
失礼。
>>896でした。

899 :名無しさん@占い修業中:2006/09/26(火) 02:43:12 ID:???
>896

鑑定も今はパソコンがあるから時間次第だよね。

900 :名無しさん@占い修業中:2006/09/26(火) 04:20:16 ID:???
ところで牡羊のルーラを冥王星と考えた場合、
実際の解読は火星の場合とどう変わる?

具体的にはチャート全体が関係することだが、
読み方のルールとしては、という意味で。

901 :名無しさん@占い修業中:2006/09/26(火) 05:11:53 ID:???
牡羊座はパイオニアだからなー
フロンティアスピリットがある、またはそういうのをを良しとするサインなんだよね
開拓者、先駆者、挑戦者。
それはアクティブな属性だから「火星」ってことになるのかな
だけど、パイオニアっていうのはリスクといつも背中合わせ
のるかそるか、有か無か、のせめぎあいをしなきゃならない
十二宮の最初に昇る星座らしく「生」の躍動感に満ち溢れているが
実は「死」にも最も近い場所にあるとも言える
こういうところが「冥王星的」

902 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 00:29:11 ID:EzxhMQQd
牡羊座のルーラーを冥王星にして、サブルーラーを火星にしてみていくとか、
さそり座のルーラーを火星で、サブを冥王星にしてみていくとか、

または、さそり座、牡羊座両方とも、サインの前半15度までをルーラ火星、後半30までを
ルーラー冥王星として読み取るとか、色々工夫してきた。

上記のことは、当てはまる人が結構いたことは確かだ。
ただ、俺の経験ではそれはデータ不足だし、今のところ決定的にはいえない。
ただ、ASCや太陽が牡羊座の人は「自分探し」をしてるようなもの。
そのために各分野を開拓するのだが、当然行動力を規定するのは火星である。
精神的な方面の「自分探し」を行う人は冥王星を重視すべきだとは思う。

903 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 00:50:44 ID:???
「自分探し」ってなんですか?
「自分」って探すと何処かで見つかるんですか?
今現在、自己不在感に陥っている人でも、「自分」は客観的に存在していて
運が良ければ発見できるようなものなんですか?

904 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 01:22:32 ID:???
そんなの占い板で尋ねてどうする。

905 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 01:29:42 ID:???
もし、私のASCや太陽が牡羊座だとして902みたいなこと言われたら意味解んないから。


906 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 01:44:46 ID:???
わはは。

(全部)−(他者)=(自分)
じゃいけませんか?

>今現在、自己不在感に陥っている人でも、

”自己”不在感を感じ取る何者かが存在するという前提があるわけだよね?
だとしたら、そいつは誰?

907 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 02:10:11 ID:???
>>906
その方程式、理解できません。

私がここで使ってる「自分」の概念は、哲学的、形而上学的にではなく、
来談者が普通に「適職がわからない」とか「生き甲斐を見失った」とか
いうレベルでの意味です。


908 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 02:19:07 ID:???
>>907
じゃあ「自分」を「適職」や「生き甲斐」に言い換えれば済むんでないの。

「適職探し」ってなんですか?
「生き甲斐」って探すと何処かで見つかるんですか?
etc.

909 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 02:25:00 ID:???
>>908
ああ、なるほど、単純に置き換えれば済む問題だったのですね?
そして、仮に「適職探し」がテーマだったら、ハウスとサインとルーラーの
既存の象意から導き出すと・・・
了解しました。


910 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 07:20:20 ID:???
適職がわからない人は
適職は整備士だの弁護士だの画家だのという職業がわからない以前に
適職とは何か、という時点で誤解してる人が多い。
結局のところ哲学的自分でもいいと思う。
男女の付き合いみたいなものでただ楽しいラク仕事が適してる人もいれば
ツライ仕事をしてそこから学ぶ人は本人が感情的に嫌悪してもそれが適職なのでは、と。

まーそれ以前に羊の人は「あなたの適職はコレ」と言ってもあまり聞かない希ガスw

911 :名無しさん@占い修行中:2006/09/27(水) 19:01:05 ID:HxGAU5QT
太陽が雄羊の第3デークにある者です。
雄羊のルーラーを冥王星で見る、という意見に驚きながらもかなり納得。
牡羊座は単純、とかいうけどそんなことはない。
私はかなり物事を深読みするタイプです。

912 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 19:28:14 ID:FjAzoxe1
冥王星がリストラされて
エリスっていう星が昇格しましたけどどうですか?
アストロロジーって主にギリシア神話から命名されてるけど
今後どうなんだろう。地球〜太陽系の占星術ってそれで
まかないきれるのかな。

913 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 21:03:17 ID:EzxhMQQd
太陽系の外側の惑星からルーラーとする
星座は通常と逆周りにあてはめていく

牡羊座・・・冥王星
魚座・・・・海王星
水瓶座・・・天王星
山羊座・・・土星
射手座・・・木星
蠍座・・・・火星
天秤座・・・金星
乙女座・・・水星
獅子座・・・太陽
蟹座・・・・月

双子座・・・?
牡牛座・・・?

蟹座まではすっきり当てはまる。
最後の二つは今後の研究課題とする。

これでどうですか?

914 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 21:19:01 ID:???
射手座をキロンにして牡牛を木星に。
草食ってて豊かなイメージ、メシの後ゴロゴロしてっからデカくなる、のんびり、
怠惰、モーとモク似てるし、ゆったり幸せな感じで。

915 :名無しさん@占い修業中:2006/09/27(水) 22:43:09 ID:???
>>913
これぞモダン!て感じのルーラーシップだね。いいと思う。

916 :名無しさん@占い修業中:2006/09/28(木) 10:30:08 ID:???

双子座・・・リリス
牡牛座・・・地 球  ...がデフォ

917 :名無しさん@占い修業中:2006/09/28(木) 16:29:10 ID:???
2 :名無しSUN:2006/08/28(月) 15:11:43 ID:JLOHWzpD
冥王星なんて飾りですよ、
偉い人にはそれがわからないんですよ。

918 :名無しさん@占い修業中:2006/09/28(木) 16:32:41 ID:???
7 :清き一票@名無しさん :2005/03/21(月) 14:20:48 ID:ykwreNee
ギリシャ神話ではダッサイ冥王星に1票


919 :名無しさん@占い修行中:2006/09/28(木) 19:07:27 ID:xQFZ9PVd
地球と太陽って度数同じなんだっけ?
そしたら、牡牛座のルーラーは太陽で決まりじゃね?
牡牛座と蠍座は180度なんだから、かつて冥王星がルーラーだった頃を考えれば、生命力あふれる
太陽が牡牛座のルーラーでも問題ないと思うんだけどなぁ。
太陽も、アマテラスの神話や、日食などで『死と再生』がよく語られるんだし。
双子座は月じゃない?
単純に考えて、エジプト神話のトトも、ヘルメスと同一視されてる割には月の神様でしょ。

牡牛座=太陽
双子座=月

で、モダンとして、いかがでしょう?

920 :名無しさん@占い修業中:2006/09/28(木) 20:24:56 ID:???
bu......

921 :名無しさん@占い修業中:2006/09/28(木) 22:25:23 ID:???
919はあんまり喋んない方がいいと思う

922 :名無しさん@占い修業中:2006/09/28(木) 23:14:34 ID:???
>>913
冥王星は惑星ではないでしょうが。
天文学が惑星扱いした星をルーラー扱いしていた占星術は
もう終わりだよ。


923 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 00:35:02 ID:???
ザクロに前立腺がん抑制成分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060928-00000315-yom-soci

ザクロといえばハデスがペルセフォーネに与えた冥界の食べ物。
エリス発見による冥王星の降格で死を超えることができるのだろうか?

924 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 00:39:49 ID:???
確かにルーラ扱いする基準が天文学上の惑星ならな。
しかし月太陽は違うから、天文学上の惑星が基準ではない。
統一された基準は、今のところない。
が、当人なりの基準は述べないと議論は深まらない。

925 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 01:21:11 ID:???
>>924
月と太陽を惑星とするのは伝統のルーラー体系を下敷きに、
天王星発見以降天文学が惑星とした天体のみをルーラーに追加したためだ。

つまり10天体の占星術はカテゴリーの混同を行っている。
そもそもセレスなど小惑星をルーラー扱いしていなかったのだから、
モダン占星術は「天文学上の惑星を基準としていた」という認識が、正しいのでは?

そううでなければなぜ、>>913は未だに冥王星を惑星として扱うことに
疑問を持たないのか?
完全に、天文と占星の惑星定義を混同しているからではないのか?

冥王星をセレスより優先してルーラー扱いしたという点だけで、
何を言ってもムダ。モダン占星術は天文の惑星扱いを基準にしていた。

926 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 01:23:53 ID:???
>しかし月太陽は違うから、天文学上の惑星が基準ではない。

とにかくさ、これは嘘っぱちだぞ、本当に。
モダン占星術の主流派は小惑星にルーラーシップを与えていなかったのだからね?
冥王星より100年早く発見されていたセレスにすら。

こんな簡単に突っ込まれることを口にしない方がいいよ、
特に、マスコミに出てるような占星術関係者はさ。バカ過ぎるから。


927 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 01:29:29 ID:???
モダン占星関係者の大多数は、
「天文学が新しい惑星を発見することを」あれほど期待していたでしょうが。
残り2つのサインルーラーが発見されるはずだ、といって。
ちょっと前まで言っていた事まで誤魔化そうとするからなあ。

日本の公言している占星家で、この問題を回避できるのは
古典占星術と石川源晃くらいかもしんないよ

928 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 01:58:57 ID:???
ここでよく話題になるM村は、ルーラーシップは天海冥を除いた土星までで見ないと当たらないと言う
見方だったよな。

929 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 02:09:23 ID:???
>>927
古典はもとから回避してるんでわ

930 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 14:12:07 ID:???
御大がハウスを用いない事に拘っていた理由が良く分かる事態だ。

問題があるものは新しい問題を生むものなんだな。

931 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 15:45:22 ID:???
もし石源説がその問題を回避できるなら、
その内容を理解している石源派?は(居るなら)回避できるだろう。
故人に代わって説明できる人がいれば。


932 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 16:05:35 ID:RmUM3pKk
代わりに説明などできんけどな。

石源は天文学の定義を利用してなかったからな。
そもそも惑星という呼び方をせず天体としているし、
どの天体をホロスコープに取り入れるかを考えている。

氏はキロンをルーラ候補として取り上げる際に、
一般の彗星と異なり安定した軌道を持つことを重視した。
それが何を意味しているかを考えていれば混乱などしないな。

冥王星問題を鬼の首でもとったように騒ぐのは、
それを知らんのだろうな。

933 :冥王:2006/09/29(金) 18:04:04 ID:???
惑星じゃなくなったので

934 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 20:11:13 ID:i1zAdAWu
冥王星が降格された日の夜、
妹の帰りが遅かった、、、。
もともとホロで太陽と冥王星がぴったり△であった。

こやつめ、きっと初エッチしやがったな、、、と思った。

20歳、、、、最近、急に大人びてきた、、、、
いや女の子が変化するのは早いわなー、、、ビチクリ

935 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 21:33:08 ID:???
>>934
初エッチなんかもう随分前に済んでるでしょ…
つか、おまいみたいなキョウダイいたらきもい詮索すなw

936 :名無しさん@占い修業中:2006/09/29(金) 22:18:38 ID:???
>>934
きもすぎw

937 :名無しさん@占い修業中:2006/09/30(土) 16:38:34 ID:dr4YxSq6
冥王星って一番影響あるのはやっぱSEXのことだよね。
、、、と思うが、、、、。
あ、時々大金を示すこともあるのかな?

近付くサタリタと冥王星のASC合におびえるw一市民。

938 :名無しさん@占い修業中:2006/09/30(土) 16:58:35 ID:???
セックスは天王星の影響もつよい気するな

939 :名無しさん@占い修業中:2006/09/30(土) 16:59:48 ID:???
n太陽にt冥王星がヒットで記憶喪失が治ったw

あの星の力、枯れてないよ

940 :名無しさん@占い修業中:2006/09/30(土) 17:03:51 ID:???
何が出るかさっぱり分からないのが冥王星の凄いところだよね
自分は4室にあって何の効果も感じたことはないが。

941 :名無しさん@占い修業中:2006/09/30(土) 18:13:41 ID:???
ここのおばさん方ほんと頭固い。

一生蠍、8室、セックスとか抜かしてんだろうなあ・・

942 :名無しさん@占い修業中:2006/09/30(土) 22:37:34 ID:dr4YxSq6
>>941

頭固くてすいません。
ひとつの星座と室、惑星にひとつのキーワードしか憶えられないので。

しかし、8室はSEXと共に妊娠、死ですか? 子供出来るのと死では正反対の意味ですが、
こ子が冥王星的なんでしょうかね? あ、子ども関連は全部5室かなー??

お金では、ギャンブルでもうけたのも8室? いや2室かな?
ギャングが強盗して得た金wも8室ですか?

943 :名無しさん@占い修業中:2006/09/30(土) 23:00:30 ID:???
いや、そういうことよりも、モダン占星における認知的不協和の問題だと思うんだけど・・・

944 :名無しさん@占い修業中:2006/09/30(土) 23:33:19 ID:???
8室はニート

945 :名無しさん@占い修業中:2006/10/02(月) 00:31:56 ID:zijlVR/p
8室はヒモ、または逆玉

946 :名無しさん@占い修業中:2006/10/02(月) 00:52:22 ID:???
8室とか蠍はいつも誰かに寄生してる印象がある。受身なのに文句タラタラ・・・。

947 :名無しさん@占い修業中:2006/10/02(月) 08:34:53 ID:???
随分と偏った見方だことw

948 :名無しさん@占い修業中:2006/10/02(月) 11:08:49 ID:???
ひとつの魂が冥府に行ったなら、その分ひとつだけ冥府から此の世に魂が送り出されるんでないの?

それなら「死」と「子供」が同じ位置に立てる。

949 :名無しさん@占い修業中:2006/10/02(月) 13:24:05 ID:???
死と再生と言われてるけどそれは外へも自分へも向くんでしょう?大変そうだね。
自分で積み上げたものをある日突然壊されるのが続く・・・。

950 :名無しさん@占い修業中:2006/10/02(月) 15:40:42 ID:???
自分はまさしくそうです。
冥王星にはハードはないものの、
環境、人間関係等、小さな頃から失っては築きまた失っての繰り返し。
わりと波乱の人生です。
数年前には、人より自信があった記憶力や知識、それに関する才能まで、
鬱のショックでその部分だけ記憶喪失のようになり全て失いました。
本当の意味で0になり、まだ這い上がれません。

951 :名無しさん@占い修業中:2006/10/02(月) 16:55:24 ID:???
太陽蠍だけど冥王星が降格してから
ロクな事がないような。。
気のせーか・・な。

952 :名無しさん@占い修業中:2006/10/02(月) 18:15:07 ID:zijlVR/p
蠍座の有名人
亀だ兄・・・ボクシング・・・練習中怪我、試合延期?
亀井シズカ・・・国会議員・・・いまいち人気なし
サーシャ・コーエン・・フィギュアスケーター・荒川に敗北・今後は未定
ホリ衛モン・・・裁判中の被告の身

蠍座の人で順調な人いますかー?


953 :名無しさん@占い修業中:2006/10/02(月) 18:17:06 ID:zijlVR/p
スノーボードの今井メロも蠍座だったなw

954 :名無しさん@占い修業中:2006/10/02(月) 19:30:38 ID:???
ホリエモンも頂上に立ったと思ったら刑務所いきだものね
冥王星恐るべし

955 :名無しさん@占い修業中:2006/10/03(火) 09:47:27 ID:???
ホリエモンは冥王星というより、獅子座土星に懲らしめられたような
宮内も獅子座だし

956 :名無しさん@占い修業中:2006/10/03(火) 13:05:51 ID:???
どの事象がどの天体によるのかを確かめるためには、
条件を決めて切り分ける必要があるんじゃね?
例えばチャートの条件の一つとして、
太陽がオーブ5度で冥王星とのみアスペクとか。
事象の条件として、刑事事件の被告とか。

957 :名無しさん@占い修業中:2006/10/03(火) 15:09:31 ID:???
後付け厨必死

958 :名無しさん@占い修業中:2006/10/03(火) 15:42:29 ID:???
↑禿同
天体とサインとハウスと、あんなに膨大な象意があるんだから
過去の出来事に合致するよう後付けするのは容易なこと。

上で指摘されてたように、後付け厨は「デナイアル」の心理と
「認知的不協和」を解消しようとしているのだろう。。。

なんか侘びしいね。


959 :名無しさん@占い修業中:2006/10/03(火) 17:13:54 ID:???
後で降格された哀れな冥王星らしいスレじゃないか

960 :名無しさん@占い修業中:2006/10/03(火) 18:31:04 ID:Ip0Mzdn7
アメリカの古いキリスト教生活してる学校を襲って子供を処刑した犯人も冥王星みたいだな。

海王星=信仰とかキリスト教。
冥王星=変質的で暴力的。復讐が何とかとか言ってたそうだ。

今後、魚座とか海王星的な人が冥王星的な粘着アフォに襲われるような悪寒、、、。

961 :名無しさん@占い修業中:2006/10/03(火) 23:18:13 ID:???
後付でも決まった条件で再現すれば良いんだけどね。
有効性が再現できる条件を絞ってないんだからねぇ。
一つ一つの事例が違う条件では何でもありになってしまうね。


962 :名無しさん@占い修業中:2006/10/04(水) 15:22:55 ID:???
再現できないつーことは、
当たらないつーことだからな。

963 :名無しさん@占い修業中:2006/10/05(木) 19:34:29 ID:???
後付だの再現だのいうのは単に占い否定か肯定かってだけだと思うが・・・

964 :名無しさん@占い修業中:2006/10/05(木) 19:40:47 ID:???
冥王星はまだ普通に使ってる
ここのレスみると実占上は影響ないみたいだな

965 :名無しさん@占い修業中:2006/10/05(木) 22:16:00 ID:???
>963
>単に占い否定か肯定かってだけだと思うが・・・

違うな、それは。
そんな単純なものじゃないだろう。

966 :名無しさん@占い修業中:2006/10/05(木) 22:56:45 ID:???
>>964
元々ないものをこじつけてるだけ


って可能性は?そういう思考をしないから占いが出来るのかな?w

967 :名無しさん@占い修業中:2006/10/05(木) 23:27:40 ID:???
逆に聞きたいんだけど冥王星がなくても
影響なく読んでるのは読みが浅いんでしょうか?

ドシロウトなんでメンドクサイから土星以降は使ってない…

968 :名無しさん@占い修業中:2006/10/06(金) 00:55:49 ID:???
ライターで12星座占いやってるとか、占星術の知識が全くないお客の個人鑑定なら
結果だけを伝えればいいから、どの天体を使おうが使うまいが関係ないだろう。
でも、素人でも勉強してて詳しいお客からの依頼だったら、天文学的事実と占星術との
関係やリーディング上の変化について、いろいろ突っ込まれるんじゃないの?

969 :名無しさん@占い修業中:2006/10/06(金) 07:49:37 ID:???
素人なのにお客?
無料診断という事?

970 :名無しさん@占い修業中:2006/10/06(金) 12:48:39 ID:???
実際使ってていまだに影響ありそうなんで使ってます、って言う
今のところそれしか言えないしね
納得いかない人は古典の人に占ってもらうか、占星術自体笑いにきた冷やかしってことで

971 :名無しさん@占い修業中:2006/10/06(金) 14:57:37 ID:???
>>967
読むのはいいけど、果たしてその結果がどうかって事よね。
多少面倒でもここまで定着している以上は、結果を伴ってると私は思うので
リーディングに加えるのも勉強のうちのひとつかと思いますよ。

>>970
最後の一文は余計な気がします。

972 :名無しさん@占い修業中:2006/10/06(金) 15:59:22 ID:???
冥王星に影響を受けやすい人や事柄とかを読む必要がなければ、
関係ないだろうね。

973 :名無しさん@占い修業中:2006/10/06(金) 19:22:35 ID:ZokN4DtX
冥王星の影響は、明らかにあるけどね。8月25日以降もね。

6月14〜19日生まれの人、12月14~19日生まれの人、
またASCやMCにトランシット冥王星が合になる人などですね。

色々大きな現象が出ています。

いちいちデータは示せませんが、ちょっと調べれば分かるはずです。

974 :名無しさん@占い修業中:2006/10/06(金) 19:41:19 ID:ZokN4DtX
973の
続き

ただ、親や知人などの死、職場の変動などは
土星または天王星が関わっている場合も多いですね。
ですから、冥王星ばかりにこだわっていてはいけないですね。
解読には少し年季かかると思います。




975 :名無しさん@占い修業中:2006/10/06(金) 21:30:23 ID:???
>>973
なんか逆切れっぽいw

976 :名無しさん@占い修業中:2006/10/06(金) 23:47:12 ID:???
968>
>>969
文章が変でしたね。
素人=お客。占星術に精通してる素人のお客という意味で書きました。


977 :名無しさん@占い修業中:2006/10/07(土) 00:00:38 ID:???
>968>976
969は967がドシロウトだからお客なんか来ないだろうと思ってしまいました。スマソ。

978 :名無しさん@占い修業中:2006/10/07(土) 07:46:51 ID:???
影響があるないという問題じゃなくて、
冥王星を特別扱いしてきた根拠が「天文学が惑星扱いしていた」ことであることが
問題。
モダンの大半の10天体重視の占星術は終わり。意味がないんだからさ。


979 :名無しさん@占い修業中:2006/10/07(土) 11:23:35 ID:???
勉強中で詳しい事が全然わからないのですが横レス失礼します。

占星術における冥王星の採用が天文学の誤認(?)が原因していたとするなら
今後の仕切り直しをして占星術にどの天体を適用するかの問題では
もし冥王星を含むなら他の星もしっちゃかめっちゃか全部入れるべきで
冥王星を省くなら海王星まで(あるいは土星まで)でいい、という事?
そしてどちらを選択するのは別の問題として。




980 :名無しさん@占い修業中:2006/10/07(土) 15:26:11 ID:???
>978
もし冥王星に影響があるとして、
それは天文学が惑星扱いしたからなのか?

違うなら違うなりに理論を修正すれば良いだけだと思うが。


981 :名無しさん@占い修業中:2006/10/07(土) 20:05:07 ID:???
いままでおバカ相手に上からものを言っていたのに、
かなり都合がいいお話で。

982 :名無しさん@占い修業中:2006/10/07(土) 22:53:52 ID:???
都合のいいお話じゃないけどな。
人間の作った理論が修正されるのは当然だが。
それを知らずに物を言ってるわけでもあるまいに。

批判対象をはっきり指摘してないからな。
このスレは特定の誰かの説に限定されてないしな。



983 :名無しさん@占い修業中:2006/10/07(土) 23:01:28 ID:???
Q:なぜ冥王星は占星術で使用されていたのですか?

A:天文学の「新惑星発見!」に軽々しく乗っかってただけ。

Q:冥王星は小惑星になりましたが、占星術の世界では今後どう扱われるのですか?

A:みんな使うんじゃないの?シラネーヨって感じで(笑)
西洋占星術好きは根本的なところを考えない人達が殆どだから、
言ってもしょうがない。


984 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 00:09:01 ID:9XBri9/8
何しろ、実占をやっている立場からしては、
「今のところ」冥王星の影響と思われる現象は
変わりなく起きているようだ。

もちろん、今までのモダン占星学の言うところの
天文学的に認められた惑星を使用するという前提は崩れた。

冥王星と占星術。
これは、(他の惑星もそうだが、)人類の集合無意識の力も影響しているかもしれないので、
冥王星が惑星だと教わって育った世代の多くは今後も影響が続くとも言えるし、今後は違ってくるともいえる。
また色々と異なる考え方が出てきても不思議ではない。

自分は実占家ではあるが、色々な可能性に対しては謙虚に受け止めて生きたい
そういう姿勢だけは保っています。

ただ、相変わらず「親が8月に死んで遺産相続でもめてます。」なんてのがあるね。
その本人12月16日生まれ、兄弟は6月18日生まれなどというのがある。
T冥王星の太陽に対する合とオポだね。

ただそんな相談は、こっちも聞いてて疲れてくるけどねw


985 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 01:29:09 ID:???
遺産相続の揉め事なんて、昔から年がら年中起きてるよ

986 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 03:55:10 ID:???
>983
>天文学の「新惑星発見!」に軽々しく乗っかってただけ

これは違うな。以前にも指摘があるが、
冥王星が占星学の一般的な天文暦に載るようになるのは、
発見から30年近くたってから。

それ以前には、冥王星も惑星なのに、
なぜ使わないのかが問われていたしね。
発見以前には影響が無いのかも議論されてるし。
世界的には。

天文学が認めた惑星を使用する前提は、
占星学の一般的な合意ではないな。

モダンの定義が「天文学が認めた惑星を使用するもの」なら、
ま、そーゆ意見もありだけど、
それなら古典・モダンの分け方も曖昧つーことで、
色々な立場がある。

987 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 04:00:31 ID:???
「天文学が認めた惑星のみを使用する」占星術は
終わった。

988 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 04:11:18 ID:???
つーか、惑星のみを使うつーのは表面的。
太陽占星術から月、金星、火星〜10天体占星術。
一般的な影響の広いものから10天体、
さらに4大小惑星、キロンと、
認識が細かく文節されるのに同期してるんだがな。

989 :モビラー:2006/10/08(日) 09:16:09 ID:???
そろそろ誰か次スレ建ててくれませんか?

990 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 12:56:44 ID:???
>>988
もっとも一般的だったのが10天体のみを使用し、
それらを支配星にする占星家だった。

>>986
あくまでも、主流派がそうであって、
この見方がモダンのルーラーの体系の基本になっている、という点。
問題があるのはモダンでもこの主流派ね。
>天文学が認めた惑星を使用する前提


991 :984:2006/10/08(日) 14:25:18 ID:9XBri9/8
>>985

えーと、遺産相続の争いと言う事実が冥王星の影響だといったのではなくて、
親の死という現象は、太陽に対する冥王星のトランシットのアスペクトが
関係してるんでしょ、という意味で言ったのです。


992 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 16:43:56 ID:???
支配星とか格式とか、解読の都合で決めてるんだからさ。
教条主義的な否定も肯定も、頭が固いよ。

993 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 16:49:47 ID:???
モダンの主流派というより単なる教条主義。
古典・モダンに限らず、
「理論は常に修正される」という前提で
占星術の研究は行われる。
自分なりの説を唱える人はそのような人だろう。

994 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 17:06:52 ID:???
理論ていうほど大したもんじゃないんじゃないw
ただのこじつけと寝言をさーw

995 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 18:38:22 ID:???
冥王星を惑星として重視してきた事実は、
支配星や格式とはまた違う話だろう。
どーしようもない

996 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 20:47:31 ID:???
>>991
親と死に別れてる人だって、日本国内だけでも毎日、何千人も何万人もいるよ。

スレ終了直前滑り込みセーフ!

997 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 23:39:12 ID:9XBri9/8
>>996

冥王星がすべて親の死と関わると言ってるのではないのです。
冥王星も関わる、、ということ。

まー占星術の本50冊以上読んで、1000人くらいチャート作って読んでみてね。
批評はそれからやっても遅くないよ。
書き込む自由は認めるけどw

それ以上は議論したくない。バイナラ。

998 :名無しさん@占い修業中:2006/10/08(日) 23:57:23 ID:???
>冥王星も関わる、、ということ。

こんな曖昧過ぎる意見、初めて聞いたwww
じゃーどっちでもいいんじゃんww



999 :名無しさん@占い修業中:2006/10/09(月) 00:34:32 ID:bG0CzVGP
わい、惑星や!

1000 :名無しさん@占い修業中:2006/10/09(月) 00:36:59 ID:bG0CzVGP
終わったな。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

315 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)