5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小牧・長久手の戦い

1 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 04:08:56 ID:IpZZzv3M
秀吉軍は家康信雄連合軍の10倍の兵力だったと言われます
信雄の懐柔にも成功しましたし、
この時点で家康を滅ぼす事が出来たと思うんですが
長久手の敗北はあくまで局地戦ですし、
あのままずっと粘っていれば、家康軍は内部から崩壊したと思う

2 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 04:10:22 ID:P+aFwbp3
鬼武蔵あっけなさすぎるよ・・・
秀次のアホのせいで・・・・。

3 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 06:09:50 ID:TxxnGm1J
信玄の攻撃を(運よく)しのぎきった実績のある徳川家が内部から
崩壊することはまずないと思うが、ジリ貧になるのは確実。
戦争の勝敗を決めるのはやはり国力だよ。

ていうか、信雄が勝手に講和したことで、徳川・織田連合軍は
事実上内部崩壊しとります。

4 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 08:08:16 ID:vTtjKLus
秀吉が家康を滅ぼさなかったのは
滅ぼせなかったのではなく、
例の人材収集癖かもしれない。
優れた徳川の兵力を組み込みたかったのかも。

5 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 12:00:01 ID:SFACBWZX
減んな顔の火↓と


6 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 12:38:20 ID:O9vvauZ0
(´゚ω゚`)

7 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 13:16:35 ID:c+OocvEk
>>6
( ´゚ω゚` )9m

8 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 13:19:18 ID:IaDDfcQq
背後で長宗我部や島津が暴れてるのにいつまでも家康一人に構っていられない
信雄を懐柔して兵力と名分を削ぎ向こうから動かなくなれば取り敢えずそれでよかったのだろう

9 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 20:29:37 ID:UDtUwXq4
池田恒興の中入りがぐずぐずしていたせいで失敗したと言われるが、
あれは賤ヶ岳の再現を狙った秀吉の策だろう。
家康を釣りだし、本隊と挟み撃ちにするという。
しかし家康が一方上をいった。

10 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 19:50:17 ID:DAwvhNSU
>>9
秀吉は反対してただろ?
しかし周りは未だ織田に仕えてた同僚が多く、強くは言えなかったんじゃなかったけ。

11 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 21:09:46 ID:QV0vow2X
>>1
あの時点で統制の取れてない秀吉軍を統括するだけで秀吉は手一杯だったんだよ。
長期戦になったら織田家の同僚にサル呼ばわりされている秀吉軍が崩壊していたのは確実。
だって基本的に欲で釣ってただけだからね。
譜代がいない秀吉はよくやってたんじゃね?

12 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 21:18:10 ID:QV0vow2X
>>10
池田勝入に離反されたらお仕舞いだったもんね。
なんせ信長の乳兄弟が信雄を見限って秀吉についたって言う金看板だったから。
濃尾2ヶ国の恩賞で釣った挙句自分の方針を池田勝入の脅しで曲げざるを得なかったって言うところに秀吉の辛さがあった。

譜代に恵まれ北条と同盟を組んで後顧の憂いを絶っていた家康に比べたら長期戦になったら内部崩壊の可能性の高い秀吉は圧倒的に不利。

あと小牧・長久手って表向きには織田信雄VS羽柴秀吉で家康は単に同盟の誼ってだけじゃなかった?

連投スマソ


13 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 21:42:24 ID:+rDDUa19
徳川も無理な動員体勢のために領内において一揆も発生しかねないほどに
追い詰められてたというのが史料からわかるらしいねえ

14 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 21:52:58 ID:v3UKFYQi
>>13
なんて史料?

15 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 22:22:05 ID:+rDDUa19
>>14
小和田哲男著の戦争の日本史15巻の小牧長久手の章に書いてあったよ。
さらっと読んだだけなんで史料名は覚えてないけど三河の寺の住職の日記だったかな。

16 :14:2006/12/30(土) 22:24:09 ID:v3UKFYQi
>>15
d 今度探してみる。

17 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/31(日) 20:26:24 ID:LTDeuGZA
三河の寺の住職か。家康に含むところありそうだな。

18 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/02(火) 08:31:10 ID:lcWA/6Iz
後方や内部に不安を抱えていたのは、秀吉だったろう。
特に紀州の地侍の活動が活発で、秀吉政権のお膝元である和泉にまで進出したりしている。
逆に家康側のデメリットは、決戦方面兵力の圧倒的な劣勢。
その決戦方面である小牧での長期戦という展開は、家康の望み通りの展開だったろう。
ただ、秀吉の大局観は家康の一歩先を行っており、決戦方面で睨み合いをしつつ、自身の最強の兵団を秀長に指揮させ伊勢方面に投入、織田領の美濃、伊勢の殆どを奪って継戦不可の状況に追い込んでいる。
流石に名将同士の戦争と評価していいが、旧信忠支配下の美濃諸将、池田等の去就を定めた政治力、毛利、前田、上杉等(この時秀吉の味方になった大名はいずれも後に)全国の大名にたいする外交手腕、等において秀吉が家康を上回った戦だった。
池田、森を、散々に破るという大勝利にも関わらず最終的に敗北(豊臣徳川中立地の尾張伊勢が実質的に豊臣支配下に)したのは、戦略的に圧倒的な敗北を既にきっしていたからである。
そして和解以降、徳川に連携した大名達(四国、越中、紀州)はことごとく各個撃破された。
ボケる前の秀吉は、日本史上最強クラスの軍事指揮官、政略家だったと思う。
ただし家康の敗北を敗北に見せなかった手腕も流石。
後に天下を取る。

19 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/04(木) 01:04:33 ID:YBwd8Fgn
小牧城ってショボイよね。

20 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/04(木) 01:17:22 ID:D7g3rT+V
家康有り得ないぐらい運がいいよなぁ

21 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/04(木) 12:10:12 ID:7urTERrl
>>20
運も実力のウチだよ
運が無ければ天下は取れない

22 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/04(木) 19:52:53 ID:XMCLavDv
>>19
あのショボい城で忠勝は秀吉本隊と戦ったんだぜ

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)