5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦国時代の浪人の暮らし方について

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:22:37 ID:7QemPERd
戦国時代の浪人はどのようにして暮らしてたのだろうか。
結局はニートみたいなもんだったんのかな?


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:34:35 ID:5Dsqrb0s
( ´゚ω゚` )

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:44:31 ID:wtZV6XUC
つーか、ニートのように親のすねをかじる奴は、
浪人とはいわないのでは。。。

ニート=働かないで遊んでいる=うつけ?、かぶき者?、座敷わらし?
浪人=定職を求めてうろつく人=フリーター?、ハローワーカー?


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:51:45 ID:OgFgWV1y
金は大丈夫だったのか気になる。
主君滅亡後に裸一貫で家を失い浪人になるとした場合で考えると。


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 01:07:12 ID:tlcQQ8jr
特殊な技術を持ってれば転職もできそう

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 01:10:00 ID:VgG66lfC
長宗我部盛親は改易後京で子供に学問を教えてたというから、
きちんと教養があればそこそこ喰えたんじゃないか

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 01:22:05 ID:2ixPqi9v
でも、それは東証一部上場の社長が場末の塾講師になるってことで、喰えると暮らすは別物じゃないかな。それに最後にはあんなに旧臣が集まったのは有形無形の援助があったことも充分に考えられ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 02:01:40 ID:6KujbB04
佐久間の信盛ちゃんの例とかも見ると、それなりの身分の者が浪人で暮らしていくには
やっぱり援助が必要だったんだと思うね。

郎党も何もいない独り身なら何とでもなるだろうけど

9 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/18(月) 20:18:40 ID:WTBaTt4y
戦国時代になると、全国の戦国大名たちが大量の戦闘要員を必要としており、例え主家が滅びて浪人になっても再仕官する機会は多くあった。
また、後の江戸時代と違って主従関係がルーズで、待遇に不満があれば主君を見限って自ら致仕して浪人になり、実力次第でよりよい待遇を求めて別の大名家に仕官する者たちもいた。
この時代は、浪人になって幾つもの大名家を渡り歩く武士が多く、中には大名にまで出世する者もいた。
藤堂高虎はその生涯に10の主家に仕えている。また、この時代は身分が未分化で武士から商人、農民になることも、その逆も容易だった。

10 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/18(月) 21:06:50 ID:OB/EbWio
明智光秀や真田幸隆、前田利家なんかも浪人生活送ってるな。
生活レベルは人それぞれだが、コネや情報、大義名分目当ての他、
戦があれば純粋に戦闘要員として(引き篭もりたくても)狩り出されるんだし、
就職先と死場にはなんら困らないだろう。

11 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/18(月) 21:58:13 ID:uA/OqNdC
仕官する際に面接みたいなものはあったのですか?

12 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/18(月) 22:08:36 ID:o1PceOsb
時期によるが、戦国期、関ケ原後など結構仕官者を募って面接やらしていた大名家はあるよ。

加藤清正が熊本とかで面接やったりしたのは結構有名じゃね?

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)