5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大阪の陣に宇喜多秀家が参加してたなら?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:20:52 ID:PuTu2p2k
宇喜多秀家が「大阪の陣」の浪人招集に応じ大阪入城したなら
豊臣家の養子としての地位・人望・実績から考えるに、大阪の陣は
かなりきわどい合戦となったであろう。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:32:27 ID:CMXUxppv
>>1
どうにもならない。ただ、発言権はあったかもしれない。
秀吉の一門衆だったし。
大野の暴走を止められたかも。


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:33:13 ID:fBT6jfZF
おいおい、また秀家か?^^;

だから格上の輝元の顔が立たないって。
それに昔から宇喜田は毛利の足下の国主にすぎない。
織田軍の中国遠征がなければ、永遠に毛利の属国。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:35:36 ID:PuTu2p2k
中納言・宇喜多秀家が何故、大坂入城をしなかったのか?
八丈島には大阪からの使者は来なかったのか?

長曾我盛親の入城で旧・長曾我家臣団が再結成したように
宇喜多秀家が入城したなら先に入城していた明石全登を筆頭に
関ヶ原の大奮戦の再現が実現したのではなかろうか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:46:12 ID:PuTu2p2k
>>4 ごめん長曾我部盛親だね。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:48:12 ID:cJsdoFiO
慶長14年、関ヶ原の勝者家康は天下統一の仕上げとして豊臣に戦を仕掛ける
太閤秀吉がその力を全て込めた居城大坂城
そこにはかっての栄光を取り戻すため、豊臣のため多くの浪人、武将が集まっていた
かっては土佐22万石の主 長曾我部盛親
秀忠3万を足止めした昌幸の子 真田信繁
宇喜多家57万石の筆頭家老であった 明石全登
黒田家では1万6千石を拝領した男 後藤基次
豊臣へ為、1千石をなげうち馳せんじた 毛利勝永
豊臣家臣筆頭大野治長の弟 大野治房
秀頼の乳兄弟、弱冠22の美男子 木村重成
かれら七将の他、薄田兼相、塙直之等の歴戦の強者達
しかし、大坂城の最高権力者は秀頼の母淀とその取り巻き達であり、七将らの発言力は弱かった
又、この七将達も思惑はそれぞれ。真に豊臣の為に戦うは毛利、木村、大野くらいか…
その時、浪人で溢れかえる大坂城の人だかりを掻き分けて本丸に向かう男が一人
全身に水を滴らせ、息も絶え絶えだが、眼光鋭く人々は気押され、彼のために自然と道が出来ていた
しかし、一介の城兵を城内に入れるわけにはいかぬと彼を遮る門番。しかし、そのずぶ濡れの男は一喝した
その頃、殿中では真田、後藤らの野戦出兵策は退けられ、籠城と戦いの方針は決まっていた
「真田殿、後藤殿の策を取れば勝てようものを……」
歴戦の武将達はこの大坂城の首脳陣を嘆くと共に、彼等を押さえ、七将すら束ねる強い指導力と実績を持つ男が居れば…と思わずにはいられない
初めはそれを、秀吉の遺児、秀頼に期待したものだが、もはや望むべくもない…そんな時だった
――バタン!!
ふすまを開き、ずんずんと上座に進む男。それはさっき、大坂城に現れたずぶ濡れの男だった
「何者ぞ!!」
叫んだのは若き秀頼の忠臣、木村重成
しかし、彼の後ろの淀殿や治長、いや、彼らだけでなく後藤や真田ですらその顔に驚きを浮かべ、ただ呆然とその闖入者の顔を見ていた
「殿……」
明石全登がようやくといった感じで放った言葉に、重成を初め、その場に居た武将達は皆、驚きの声をあげた
「宇喜多備前中納言八郎秀家、豊臣家の御危機を聞き、八丈島より  泳  い  で  参  っ  た  !!!」
秀吉に実の子、いやそれ以上の愛情を受け育ち、豊臣政権の五大老であった男が再び豊臣の為に戦うため帰った来た…  

  泳 げ よ 宇 喜 多 秀 家  
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1154698004/

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 00:50:52 ID:fBT6jfZF
すまん大阪の陣かwww
明石全登が入城してるから同じだってw


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 01:09:25 ID:kkvOxFg/
( ´゚ω゚` )

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 02:10:59 ID:o5ZajyRW
宇喜田秀家は、まだ、43歳。歴戦のつわもの。

「真田殿と共に、家康の陣と秀忠の陣に夜討ち

かけたく存ずる。よど殿。城にこもってばかりでは

いつかは、滅びます。家康は狸、だまされますぞ。

今、豊臣が、秀忠と家康を生け捕りにすれば、

新たに領国もふやせます。秀忠と家康を生かして

取引しましょうぞ。」これには織田の有楽斎も

なにもいえまい。



10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 02:46:34 ID:tVaWM+cs
>>4
それこそ徳川家康に付入る隙を与えるだけじゃないのかな
攻め込む口実にうってつけ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 03:19:19 ID:C1PTBq+O
お前ら秀家大好きだなw

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 03:30:37 ID:dqTF/ewA
正直、大坂の陣の時点でもうどうにもならんよ、秀家が来ようが誰が来ようが。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 03:37:27 ID:hi2MGAdL
既存スレがあるんだからソコでヤレ
スレ立て前に検索ぐらいしろよ>>1

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 07:05:36 ID:2/ufGAEx
八丈島に豊臣の使者が行けるわきゃないだろ。
仮にいったところで徳川の支配する流刑地の八十島でなにが出来る。

大阪の近場の和歌山にいる真田ですら、
結構出るのに苦労したのにな。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 07:06:55 ID:2/ufGAEx
>>12
そうだな。
秀家どころか秀吉でも無理。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 07:11:28 ID:a0IfjEsp
秀家に興味もってくぐったら。
どっかの島に流されて、米の飯食って死にたいとか言ってたんだよな?
可哀想になった。

島流しのあとどんな生活してたん?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 07:14:40 ID:2/ufGAEx
>>16
一応は秀家に苦労をかけまいと十人くらいの従者がついていったが、
物資は不足してたみたい。
ただ、のちには前田家などの仕送りもあって少しは楽になったらしいけど。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 08:12:01 ID:JTSdQqC4
嵐で八丈島に漂着した福島家の船。その船に近づいて来た汚い老人。

福島家臣「汚い。下がれ!」
老人「・・・酒を所望できぬか?」
福島家臣「何?酒だと?何を言っておる。」
老人「どちらの家中のお方じゃ?」
福島家臣「福島佐衛門太夫正則殿じゃ」
老人「福島?するとその酒は安芸の酒じゃな?」
福島家臣「そうよ、関ヶ原随一の働きにより安芸56万石を拝領したのが
     我が福島家。お前の様な汚い老人に恵む酒などないわ!下がれ!」
老人「そうか。ただで恵んでくれとは言わぬ。わしの短刀と交換してくれぬか?」
福島家臣「短刀?見せてみい・・・。」

短刀には金箔で名が刻んであった。「豊臣朝臣秀家」

福島家臣「秀家・・・な・・なんと備前中納言殿であられるか?」
老人「酒をわけてくれぬか?」

1621年、宇喜多秀家49歳の夏であった。



19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 08:18:26 ID:JTSdQqC4
宇喜多秀家が泳いで大坂に入る(絶対条件)

福島が穴を掘って江戸から大坂に入る(十分条件)

前田が宇喜多と通じてるとか噂になって離反(必要条件)

大谷大学に吉継の霊が降りる

これで大阪方の勝利も見えてくる。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 08:31:19 ID:JTSdQqC4
【大坂方、意外な参戦武将】

@浅井井頼(浅井長政の三男? → 落城後も存命)
 
A氏家行広(氏家ト全の二男 → 夏の陣で自害)

B大谷吉治(大谷吉継の長男 → 夏の陣で討死)

C新宮行朝(新宮行家の末裔 → 落城後、逃亡)

D仙石秀範(仙石秀久の長男 → 落城後、逃亡)

E十河存英(十河存保の子 → 夏の陣で討死)

F長曾我部康豊(元親の六男 → 落城後、脱出)

G南部愛信(南部家・北信愛の一族 → 落城後、処刑)

H細川興秋(細川忠興の二男 → 夏の陣後、自害)

I宮本武蔵(剣豪 → 落城後、逃亡)

J増田盛次(増田長盛の子 → 夏の陣で討死)

K平塚左馬助(平塚為広の子 → 夏の陣で討死)

L三好政康(元、三好三人衆 → 夏の陣で討死)

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 10:53:42 ID:5V1LbZ1W
>>13
政康は比較的有名だな。おいぼれなのに獅子奮迅の活躍。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 00:08:03 ID:8KZmjygG
>6

真面目に読んでた。爆笑!

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 07:34:08 ID:QWy6OVlt
>>20
何で大谷息子は親父と一緒に死ななかったの?
織田信忠みたく父と供に殉じるのがスジじゃないの
まあ、それだから舐められて大坂の陣でもマイナーだったんだろうけど。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 11:00:56 ID:ZfPV2Vex
死のうかと思ってたら家臣に止められた。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 18:13:39 ID:Wu/CQ9C6
殉じて死ぬなんて異常だろ
逃げてお家再興こそスジ
信忠は「逃げられない」と感じたから一緒に殉じただけだ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 02:24:56 ID:L1n51Cmu
大谷の息子や平塚の息子は偉いな。死を覚悟の上で大坂の味方をするとは。
同じく豊家のために死んだ父も喜んでるだろう

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 03:08:26 ID:jVNxXnwW
>>18
49才の夏だから〜

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 11:40:50 ID:hIPITYQf
大坂の陣で大坂城に集まった連中って死に場所を求めて集まった「自殺志願者」ばかりじゃん!
宇喜多くんはまだ死にたくなかったから大坂にも行かなかったし、もちろん溺死するのも嫌だったから「泳いで」海を渡ろうなんてしなかったんだよ!

それに八丈島で冷静になって考えたら今更羽柴の為に死ぬよりここでのんびり余生を過ごした方がいいと思ったんじゃないかな?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 15:24:25 ID:jVNxXnwW
大坂に行かれたら島津も困る訳で…

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:50:43 ID:hyildqW4
新宮行朝は、あの源行家の末裔と公言してたらしいけど
落城後も逃亡した所を見ると間違いなさそうだな。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:58:00 ID:mGRivG5H
城塞の新宮行朝はなんか好きだ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:58:31 ID:wN5OyCSb
死罪を免れたのも島津と前田の力が大きかったからな。顔を立てなきゃならないんだよなあ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 21:23:02 ID:dHWDRiY4
それより立花宗茂が入城してたら勝てた

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 00:47:25 ID:D86Ra0R3
立花くんも死に場所探してたのけ?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 01:10:57 ID:YYwbWlPx
立花兵は一人で二千人は軽いからな

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 01:27:13 ID:ZYkDJ3dZ
宗茂クンは関ヶ原後に大阪城での決戦を主張したのに
無視されたから来ません。


37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 13:42:21 ID:aLZXCA/i
宗茂は奥州棚倉3万石の秀忠付きじゃなかったかな


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 13:57:32 ID:EJJEHMMo
3万石でおよそ900人動員出来るとして1人2000人力だから…

ざっと180万人分の戦闘力があったわけだ

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 14:32:02 ID:BmK32S/6
宇喜多秀家がいても、負けてましたよ。
関が原の宇喜多軍は弱小でした。かつての戦上手な部下達を次々にクビにした
あとでした。
また1万5000を失ったあとに彼についていくとは思えない。
戦局を打開する知略もないと思うし、彼に人望はありません。
朝鮮出兵ではほぼ総大将的な位置にいましたが、彼の活躍ではありませんでした。
大阪城にこられた時点でもう戦局は負けでしょう。
立花宗茂は真田幸村のように後世にもっと名をのこせたでしょうね。
この人はかなりの豪傑だったようで、武断派の武将に人気がありました。
徳川家康が死んだあとは許されてしまうくらいですからね。
でも一緒に女武者として戦った奥さんは死んでいましたけど。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 17:58:20 ID:+bxdF9Hg
>>18
1619年に福島家は川中島に転封されてるはずだが。

41 :名無しさん:2006/11/19(日) 15:49:15 ID:CHKK18v/
冬の陣の時に講和をした時点でもう勝負はあったんだろう
あの講和を止められるほどの総大将じゃないと形成逆転は
12無理だと思うけどな

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 17:53:40 ID:XVU4t4sV
>>20
小笠原権之丞を追加(家康の息子でキリシタン)

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 18:39:43 ID:8C2vpt0M
>>39
死に晒せコーエー脳。

44 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/03(水) 13:33:01 ID:M3c3GHkv

別に才能がないわけでもないだろう
実際は朝鮮出兵との戦いで(日本4万1千、朝鮮4万3千)
朝鮮の総大将を討ち取る寸前まで追いつめた。
これにより、従三位中納言に昇進されている故、
大したものだろう。
関ヶ原では、勇将、福島正則・井伊直政を相手に奮闘、
ほぼ互角に戦っている(敗北の原因はヤツの裏切り)
戦においてはそれなりに有能だったに違いない。

45 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/03(水) 15:12:54 ID:3Jtqj2Zn
>>44
碧蹄館の戦いのことかな?
あれは小早川隆景と立花宗茂がメインで活躍した戦いで
秀家はそれを総大将の己の功績のように報告してるから
イメージは良くないな。
ちなみに相手は明軍ですよ。


46 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/03(水) 18:13:11 ID:N5e+d9Ds
>>41
>12無理
どーいう意味の熟語?

47 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/03(水) 22:10:12 ID:/jP+DBAb
無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理

って事じゃないか?無理が12個。
つまり絶対無理!
って。


14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)