5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦国時代より南北朝時代の方が面白い

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 02:39:56 ID:Y0FIDQS1
お前ら太平記読めよ。
戦国時代並に各地の勢力が動いてて面白いぞ。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 02:42:56 ID:9FMVymK0
鉄砲が戦争をつまらなくした

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 02:54:35 ID:mzpkYtmc
南北朝時代がおもしろいのは同感

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:03:30 ID:F67W9xsU
高師直は不当に評価されてるよね
名将だと思うが

忠臣蔵がこの時代が舞台で、悪役とされてきた影響が大きすぎるのかね

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 04:01:13 ID:wWgACARM
小説から入ったんだけど、北畠顕家って本当にすごい人なの?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 04:19:21 ID:FC+sJHRV
後醍醐と北畠親房こそ南朝の癌だった
顕家を殺し
顕信、顕能の足かせになったのは
父親である親房その人の古い思想のせいだ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 20:13:42 ID:zxoaS729
戦国と比較してもあまりにカオスな時代だな。尊氏が南朝方になったり、
楠木正成の息子が北朝方になったり、何でもありの時代。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 21:01:00 ID:OD9e2v4l
名和長年なめんな。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 00:30:17 ID:fnFaf10O
>>8
激しく同意

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 02:40:17 ID:qUhh+pri
>>5
私は「破軍の星」で知ったが、あなたは何?

最近、太平記を読み始めました。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 03:42:26 ID:mT6vm+N7
北畠太平記もよんどけ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 05:55:28 ID:rIW0LDqd
山崎正和の太平記

わけわかめ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 06:49:36 ID:eAcZM34A
ちょっと興味あるけど
動員兵力とかショボそ〜だよな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 09:42:11 ID:tYyclr/z
>>13
何を言っとるんだ、80万騎とか100万騎とか普通に動員される時代だゾ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 16:33:30 ID:p1XJhbni
まあ日本史なんてすべての事柄が

侵略軍国国家の戦前へとつながって行く伏線だからね。

学問のうちでもっとも凶悪で軍国的なものだな。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 17:51:25 ID:C/dek+n0
>>1
どっちも面白いと思うよ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 17:53:52 ID:UBt51K6M
全国各地で戦いがあるし、皇族、貴族、武士、寺社、土豪など各勢力がそれぞれの動きをするから複雑だけど楽しいよね

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 18:20:41 ID:RmygIxDa
この時代の小説探したがなかった、南北のわかりやすくて面白い小説あんの?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 20:09:24 ID:660f6F40
面白そうに見えて非常に虚しい時代だよ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 23:26:10 ID:R96UCxRP
>>15
チョン乙。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 00:53:21 ID:7a3byZDp
戦国の没落大名達が、星の様に輝いてる

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 21:03:22 ID:wvuEGxN+
維新の時のショボショボ大名が星のように輝いてる戦国時代

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 18:05:37 ID:haNb0eLY
伊達の事か〜

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:51:28 ID:JqR1nFRE
つまり、毛利・島津最強と。

25 :10:2006/11/02(木) 15:31:25 ID:jpK2LQNl
帝が奈良?へ移りました。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 01:34:55 ID:OVdQ7bso
戦国時代を待たずに滅亡した津軽の曽我氏に萌え

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 02:38:32 ID:q7Ldzf8e
>>18
山田風太郎「婆沙羅」講談社文庫
200P程度で薄い。
どうよメインで関東はあまり出てこない。新田とかも。
大雑把な流れは掴み易い。

28 :10:2006/11/05(日) 03:39:54 ID:zTmROy1Z
太平記をぽつぽつと読み始めて一週間ほど。
ついに楠が登場!
平家物語を読んだときと違って、なんとなく人を覚えやすくて嬉しい。
各エピソードがスリリングで楽しいですね。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 10:20:21 ID:HHQ1/ipY
副首都格の大阪府民にして大阪市民たる俺がふと気付いたこと。
近頃の浪花では、楠木正成の影が異常に薄い。
きっと忠臣だからだな。こんなところにもB利権の影が。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 12:19:59 ID:nHRcrZhM
南北朝時代って「天下統一」っていう最高の終わり方がないんだよね。
内紛ダラダラやってていつの間にか終わってたみたいななんか
スッキリしない展開だし。
もし尊氏が秀吉・家康のような圧倒的支配力をみせつけてれば
もっと人気は出たとは思う。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 14:26:47 ID:P8WNeff4
>>29
戦前は日本史最高のヒーローだったらしいね。
楠。
実際太平記ではめちゃかっこいいし。
平家物語より面白いし。
義経なんか、目じゃないよ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 00:14:12 ID:bYaqlEzg
圧倒的な支配力といえば、義満なんだがな。南北朝より更に下って
後南朝まで追いかけるとミステリーの領域だな。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 01:59:26 ID:ALQaA7aU
楠木は今風に言うと極右だろ、ただの電波

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 02:10:30 ID:H+A+v23P
極左よりはまし。

と済ませたい所だが、現代の極右とは違うんじゃないかい?
頭の固いやつ(たとえば理より法を優先するようなやつ)が
ちから(当時は武力、現代なら経済力)も持っているって印象。
それが極右だといわれると、そうかもしれないけれど。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 02:44:32 ID:vlT9wl3e
楠木正成は忠義を尽くしたのがたまたま天皇だっただけ
それを明治以降に当時とは異なる天皇及び国家の価値観に結び付けた

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 14:45:54 ID:yXzkISPj
>>35
戦後の左派イデオロギーに洗脳されたな。

楠木正成は読み本分野を通じて庶民の間では江戸時代より爆発的人気がある。
そして彼を天皇への忠節へと結びつけたのは水戸光圀。
光圀が打ち立てし水戸学派が尊皇攘夷の根本になりえた。
明治以降楠木信奉を政府が支持したとするならば、それは大衆に迎合したに過ぎん。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 14:01:03 ID:PWyVUdUS
>>36
>>35>>33に反論じゃね?現在の右翼とは違うって事を強調したいんだろ

まあ俺は佐々木道誉派なんだけどw

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 23:11:23 ID:KmP4SN+a
俺は円心派。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 10:15:01 ID:DauuBzly
てか、何で楠木が忠臣で尊氏が逆賊扱いなのかさっぱりわからん。
今の天皇は北朝じゃん。
尊氏に感謝すべきだろ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 13:16:00 ID:Ni7zYwha
楠木正成の子孫が「先祖の逆賊扱いをやめてくれ。」
と豊臣秀吉に陳情して受け入れられたって話があるよ。
北朝正統が本来の流れだったけど水戸黄門が逆転させた。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 09:22:57 ID:XyROrjzt
結局「大日本史」も江戸時代の朱子学の価値観で書かれてるから

42 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 13:29:31 ID:30g0Ybkf
歴史上の事実を正確に書くのは必要だし、可能だとしても、
その評価について何の価値観にも縛られない書き方って、ほとんど不可能だと思うけどね。

43 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/15(金) 22:44:19 ID:D0WB7cLi
悪党の裔

44 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/15(金) 23:05:18 ID:+ApdvLE7
江戸時代には北朝が正統であり、朝臣のほとんどが北朝公家の末裔だったから異論の余地が無かった。
松平定信が家斉の名代で上洛した際に吉野の後醍醐天皇の墓に立ち寄ってから入京したために公家達から叩かれたはず。

45 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/16(土) 02:09:03 ID:iRszkJHu
朝鮮半島スレかと思ったらただの糞スレか

46 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/16(土) 16:16:54 ID:k4RFqWxS
>>45
南北朝の文字を見て半島をイメージするとは、相当汚染されているな。

47 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/17(日) 00:49:32 ID:CT7U9TyX
まだ中国と間違えるのは許せるが。

っていうか、ウィキの執筆者で
単に[[戦国時代]]・[[南北朝時代]]と書いても曖昧さ回避のページにしか繋がらない事を知らない奴多すぎ。


48 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/17(日) 14:12:44 ID:ByrU/NWQ
南北朝時代の城跡や本拠地跡は山過ぎてびびる

49 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/20(水) 17:18:35 ID:QUbcOy/u
ほんと山だよな
南北朝時代の地元は新田氏が落ち延びてきててその城跡があるんだけど
ほんっと山ン中、ちょっと道外れたらそのまま白い骨になるんじゃないかと思うほど

50 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 01:58:10 ID:AaZyq6lX
南北の始まりはやっぱ1336年?

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)