5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鹿折信濃

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 05:29:53 ID:7EEBSlN+
元零細領主。滅亡後、釜石に逃げて金堀一揆(鉱夫一揆)を首謀。
また逃亡して故郷に潜伏。実は伊達の忍者か?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 13:17:32 ID:MqpKlcxR
パラメータ的にはどうよ?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 13:22:40 ID:NuSM2ZJC
戦闘51 統率35 智謀63

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 19:58:16 ID:LGMdMN+G
ししおりしなのって 「し」が多すぎ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:17:24 ID:u2Q8XSLf
「かおり・しなの」だよ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 00:12:29 ID:bdVdycFf
「ししおり」だな
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E6%8A%98%E5%94%90%E6%A1%91%E9%A7%85

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 00:41:41 ID:JUdTzTgx
>>6
そこに「かおり」だと書いてある。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 23:02:24 ID:GaQAk5yK
ししおり
しかおり
かおり 読みもはっきりしない程マイナーなのは確かだ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 00:14:03 ID:ZVF8czDH
滝川一益とか尼子とか、読みはいろいろ問題あっていいんじゃないか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 02:53:18 ID:OW4QxJiV
勝手に「かおりん」と呼んでやる

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 15:11:59 ID:tMhfB5aM
本姓は及川氏なんだよね。別名「及川信濃」。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 19:51:00 ID:56rmcxBW
及川氏は、清和源氏、源三位頼政の子、伊豆冠者成綱の子孫。
源三位頼政が但馬国木崎郡(きのさきぐん)及川荘を
領したが、その地に土着したもの及川と称したという。
しかし旧木崎郡の域内には「及川荘」という荘園も「及川」という地名も見つからない。
また有名な系図類でも頼政系の部分で及川なる苗字に
ふれているものは滅多にないので後世の仮冒にすぎまい。

郷土史家などには、神奈川県の「及川」や会津の「笈川」などを
発祥地として想定する説を唱える者が多い。
(及川・笈川・追川・老川・生川などは当て字の違いで
すべてもとは同系と見られる)

現在の及川姓は、岩手県内陸部〜宮城県北部に大量に集中しているほか、
千葉県にも小さくまとまって存在している。

一説にはその分布から上代の部民である吉美侯部(きみこべ)との関連を
想定する説もあるが、詳細に検討されているわけではなく
今のところ思いつきの域を出ない。
吉美侯部(吉弥侯部)は上毛野公(かみつけののきみ)氏の部民で俘囚を
編成したものだったが、多くは「上毛野」の氏を下賜されて農民化した。
このことは福島県内あたりまでは記録があるがそれより北の情況は不明。
また及川氏と上毛野氏を結びつける証拠も今のところない。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 21:46:51 ID:vQ90SyOW
オイカー

ミッチーは東京都大田区出身か

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 03:16:56 ID:BInW7hHT
及川光博の「光」は奥州の及川氏も通字で使っていた。
よって、及川光博は由緒正しい及川氏かもしれぬ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 00:22:17 ID:1OfWXwXN
ほう

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 23:25:10 ID:P0c3FhS8
>>15
どうせならアゲてくれ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 12:40:45 ID:Uongxluy
>>12
及川氏の系統は枝分かれして勢力の中心も複数あったが
岩手県東南の大和田東根の及川氏の分流で
宮城県北部の鱒淵城(宮城県東和町)による鱒淵及川氏というのがあり
その一族で及川光政が勲功により主君葛西氏から
元良(本吉)郡の鹿折邑を与えられたのが「下鹿折氏」の発祥。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 18:28:27 ID:dIFql8JL
その後、「下鹿折」氏を初めて称して代々すべて
「信濃」と称して(下鹿折信濃、鹿折信濃、及川信濃、等)
最後の「下鹿折信濃守源時兼」に至るまで七代続いた。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)