5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

江戸の陣

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 19:18:56 ID:3GBIfCDc
西軍が関ヶ原で勝っていたら起こったであろう江戸の陣をかたりましょ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 19:19:44 ID:kjuyS6JO
当時の江戸城は防御面では弱い

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 19:32:34 ID:RN5NjNqU
西軍が関ヶ原で勝ったとしても江戸まで追い討ちをかける
余力があるとは到底思えんが

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 19:41:21 ID:L9G9TN1Z
これ無双のことじゃないか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 13:33:24 ID:f6EiJ1rw
家康に除け者にされてた松平忠直が西軍本陣に特攻して秀頼を討ち取る

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 13:44:08 ID:Jc2s1IsI
関ヶ原の頃はまだ大規模な改築も行っていなかったから
江戸城に篭るのは無理だな
やはり箱根あたりで迎え撃つしかないんじゃないか
もっとも中仙道や北からの進攻もあるしな
関東平野からの進攻防ぐのは大変だね

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 15:16:30 ID:9Cv9wQ5B
関ケ原で西軍勝ったら、徳川は取り潰されてるんでは?
徳川家が存続できたとたしても、一小大名としてしか残れないでしょ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 17:28:52 ID:glFljlCf
関ヶ原で西軍勝利。
その段階での追撃は不可能かと。
とりあえず島津隊、小早川隊はさっさと帰る。
宇喜多隊は福島隊と正面から全力でぶつかってたからおそらく追撃するほど余力はないとおもわれ…
大谷隊、脇坂隊は追撃に加わるも成果がだせずっぽいしなぁ…
もし家康が関ヶ原で討死したら目的は果たしたから追撃はしてないかも。
家康の生死でその後は変わるんじゃないかな?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 17:37:27 ID:aiwFQE2Y
西軍が勝てば、秀忠は江戸に帰るが離反者多数で崩壊寸前に
そこに北から前田軍、西から宇喜多軍が攻めてきて万事休すでしょう



10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 17:52:59 ID:62EEDOcZ
関ヶ原で西軍が勝った時点をまず考えよう。前提条件としては

一、金吾は西軍として行動→福島隊撃破(小川・朽木らも当然西軍)
二、釣られて秀元は吉川の制止を振りほどき参戦
三、立花宗茂到着

こんなとこか?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 17:54:44 ID:3+pwKW6D
前田は母が人質に、宇喜多は福島との激戦で疲弊、箱根まで行けるのか?石田も激戦、小西も大谷も・・・

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 17:58:04 ID:9Cv9wQ5B
家康・秀忠は捕えられて、斬首だろうな。秀康もあぶないかも

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 18:13:52 ID:OKOeFEcp
西軍勝ちの知らせが関東に届けば上杉、佐竹が西に呼応して東軍を挟み撃ちにすると思う。そうなれば伊達も寝返ると思うし

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 18:28:36 ID:aiwFQE2Y
前田は動くだろ、お家存続の危機だからな
母親も「いざとなったら私を捨てろ」と言ってるしね

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 19:15:51 ID:KqCCrpge
しかし西軍は一枚岩じゃないから後は皆が好き勝手にばらけちゃって
結局は巻き返した徳川に各個撃破

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 19:32:16 ID:Jc2s1IsI
秀頼が槍を振るって江戸まで突入すればおk

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 19:34:43 ID:pWv8k45T
すぐ殺される

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 19:44:19 ID:XlC1oZeD
どんな幼児だ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 21:37:08 ID:BT64phyh
>>15
それはないだろ。
関が原が勝って天下の形勢三成にありってことになれば
西軍の勢いも自ずと変わる。
たとえ一戦であれ一旦躓いたら形勢をひっくり返すのが困難なのは歴史が証明している。
関が原で負けても家康なら挽回できたというのは・あまりに江戸幕府以来の
家康の勝利必然論に毒されすぎかと。
局地戦の敗退で世の流れが逆転することも
勝利に向う流れが烏合の衆を一枚岩にするのもままあること。
 
 冷静に考えれば史実で『家康殿が勝利して天下を取るのは自然な流れで必然なり』
という世評を覆し勝った西軍が勢いやカリスマ性を帯びて史実での徳川以上の
圧倒的な勢力となるとも思える。

 西軍に家康との取引や内応や情報提供があったという事実が
関東征伐を急がせる理由になる。
徳川を残していてはせっかくの勝ち馬から脱落処分者になる可能性がある
口封じや処分を上回るような戦功や積極的戦いを必要としたであろう。
「西軍優勢」という情勢判断になれば佐竹や伊達も西軍としての去就を
明白にする。毛利輝元も出陣する。
大阪城でも騎士を鮮明にして家康ではなく輝元や三成を支持するであろう。
そうなれば関東征伐までの流れは自ずと決まるだろう。



20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 00:15:25 ID:4MqdH/3X
そうかなぁ…
仮に関東攻めがあったとしても足並みが揃うとは思えないけどな

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 08:24:55 ID:Y/0543AB
>>1
はいはい、決戦、決戦

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 20:18:47 ID:iEXotg/L
決戦の江戸の陣では何故か加藤清正が東軍にいたよな。どうやって来るのかとw

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 22:06:14 ID:3UON0MHN
無双だけじゃないのな

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 23:20:26 ID:iEXotg/L
無双なんかよりよっぽど決戦のほうがキャラがいいんだよな・・・

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 23:29:05 ID:0fh2HZq7
決戦も無双もコーエーだから反論なし。
バサラと比べると反論有り

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/08(日) 02:31:46 ID:CT6gYOar
関が原でももし、小早川が福島につっこんでいたら

宇喜田陣は鉄壁。絶対崩れない鉄壁の陣となる。

その上、石田陣は士気が上がり、余裕のできた

大谷陣に「陣変え」を要求。大谷刑部は

全面は、宇喜田、小早川の3万に任せ、

小西は、押されどおしだったが、体制を整え、

筒井、などに反撃。太田に陣は石田の陣の側面、

丸山に到着、黒田と対決。黒田からの石田じんへの

攻撃を阻止。勇気百倍の石田陣は、徐々に全面の敵を

粉砕。じっとしていた島津も石田陣の前の黒田を脇から

攻撃。黒田はじりじり後退。ここで近江後方が西軍の鉄

壁となった今、石田は「大阪に密使を走らし、関が原で

西軍は健等。次第に徳川を圧迫しつつあり。豊臣の兵糧

を添えて、毛利軍4万の出馬をこう。正式に秀頼公の

出馬のうわさを忍者にばら撒かせる。これでどうだ。

家康は江戸に逃げるしかないだろう。

家康をにがしてもともあれ、西軍は関西を防衛できた。

同時に石田の豊臣への復権もかない、「大目付」の

役を秀頼からたまわっていたろう。福島や加藤らは

石田を襲った罪で、さらし首だろうな。


27 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/20(水) 21:12:19 ID:9k9NEm3X
関東には難攻不落の小田原城があるから東軍は負けんだろ、
総大将は天才の徳川家康だし。

江戸城は、小田原城の支城にすぎんよ。

28 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/20(水) 21:24:27 ID:9k9NEm3X
>>9
徳川軍本隊4万は、ほぼ全て徳川恩顧の武将だろーが、
離反なんて出るわけねーだろ、ボケ。


徳川軍本隊(中山道・秀忠隊)4万
徳川秀忠、青山忠成、石川康長、植村泰忠、大久保忠佐、大久保忠隣、大久保忠常、小笠原信之、奥平家昌、
酒井家次、酒井忠利、酒井忠世、榊原康政、真田信之、諏訪頼水、仙石秀久、土井利勝、土岐定義、戸田一西、
内藤政長、日根野吉明、平岩親吉、本多忠政、本多正信、本多康重、牧野康成、森忠政、山口重政。

29 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/20(水) 21:26:30 ID:J6bjzHs5
3ヶ月越しの亀レスってのは歴史を感じさせるな。

30 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/20(水) 21:27:35 ID:9k9NEm3X
東軍

[編集] 東海道隊(家康隊)
徳川家康、赤井忠家、浅野幸長、阿部正次、有馬豊氏、有馬則頼、井伊直政、池田重成、池田輝政、池田長吉、生駒一正、生駒利豊、石川貞政、石丸定政、伊丹正親、
伊奈忠次、稲葉道通、猪子一時、宇喜多詮家、遠藤慶隆、大野治長、板部岡江雪斎、大須賀忠政、奥平貞治、奥平信昌、小坂雄長、織田長益、織田長孝、加藤嘉明、
金森長近、金森可重、兼松正吉、亀井茲矩、京極高知、吉良義定、黒田長政、桑山元晴、小出秀家、高力清長、小堀正次、坂井成政、酒井重忠、佐久間勝之、佐久間政実、
佐久間安政、佐久長成、佐々行政、佐藤堅忠、沢井雄重、神保相茂、杉原長氏、鈴木重時、施薬院宗伯、滝川一時、竹中重門、田中吉政、田中吉次、柘植正俊、津田信成、
津田秀政、津田正盛、筒井定次、坪内利定、寺沢広高、藤堂高虎、藤堂高吉、戸川逵安、徳永昌重、永井直勝、中川忠勝、中村忠一、中村一栄、西尾吉次、丹羽氏次、
能勢頼次、長谷川重成、蜂須賀至鎮、一柳直盛、平野長泰、福島正則、福島正之、古田織部、船越景直、別所孫次郎、北条氏盛、細川忠興、細川忠隆、細川興秋、
堀尾忠氏、本多忠勝、本多忠朝、本多俊政、本多正純、本多康俊、松倉重政、松平忠明、松平忠吉、三好房一、三好政勝、村越光、森可政、柳生宗矩、山岡景宗、
山名豊国、山内一豊、横井時泰。


[編集] 本隊別働隊(大垣城包囲・周辺城砦攻略)
市橋長勝、小里光明、小里光親、加藤貞泰、関一政、千村良重、津軽為信、妻木頼忠、遠山友政、徳永寿昌、西尾光教、松下重綱、松平康長、水野勝成、山村良勝。


[編集] 本隊(中山道・秀忠隊)
徳川秀忠、青山忠成、石川康長、植村泰忠、大久保忠佐、大久保忠隣、大久保忠常、小笠原信之、奥平家昌、酒井家次、酒井忠利、酒井忠世、榊原康政、真田信之、
諏訪頼水、仙石秀久、土井利勝、土岐定義、戸田一西、内藤政長、日根野吉明、平岩親吉、本多忠政、本多正信、本多康重、牧野康成、森忠政、山口重政。


[編集] 対上杉守備隊
結城秀康、稲垣長茂、大関資増、大田原晴清、小笠原秀政、岡部長盛、蒲生秀行、里見義康、佐野信吉、千本義定、那須資晴、那須資景、成田長忠、松平信一、水谷勝俊、
皆川広照。


[編集] 江戸城留守居
武田信吉、浅野長政、天野康景、石川家成、菅沼定盈、諏訪頼忠、鳥居忠政、松平康元、由良国繁。


[編集] 東海道守備隊
内藤信成(沼津城・興国寺城)、菅沼定仍(駿府城)、松平康重(掛川城)、保科正光(浜松城)、松平家乗(吉田城)、北条氏勝・松平忠頼(岡崎城)、松平家清・
石川康通(清洲城)。


[編集] 伏見城守備隊
鳥居元忠、篠山資家、佐野綱正、内藤家長、松平家忠、松平近正、山岡景光。


[編集] 在国
奥羽:南部利直、伊達政宗、秋田実季、戸沢政盛、六郷政乗、仁賀保挙誠、最上義光。
越後:溝口秀勝、村上義明、堀秀治、堀親良、堀直寄、柴田勝全、近藤重勝。
北陸:前田利長、土方雄久。
伊勢:九鬼守隆、富田信高、福島正頼、山岡景友、古田重勝、分部光嘉。
近畿:京極高次、細川幽斎、木下延俊、桑山一晴、桑山重晴。
九州:黒田孝高、加藤清正、有馬晴信、伊東祐慶。

[編集] その他
中村一氏(駿府で病床にあり、療養中。決戦前に病死)。
堀尾吉晴(三河池鯉鮒において加賀野井重望に襲われ、負傷し休養)。
長谷川守知(佐和山城で諜報活動)。
柳生宗厳(大和で諜報活動)。
伊東祐兵(大坂で病床にあり、療養中)。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E3%81%8C%E5%8E%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

31 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/20(水) 21:29:15 ID:9k9NEm3X
西軍

[編集] 本隊
石田三成、赤座吉家、安国寺恵瓊、伊藤盛正、稲葉正成、宇喜多秀家、大谷吉継、大谷吉治、小川祐忠、織田信貞、織田信高、加須屋真雄、川口宗勝、河尻秀長、岸田忠氏、
吉川広家、木下延重、木下頼継、朽木元綱、小西行長、小早川秀秋、駒井重勝、島津義弘、島津豊久、鈴木重朝、田丸直昌、長宗我部盛親、寺田光吉、戸田重政、長束正家、
長束直吉、野村直隆、平岡頼勝、平塚為広、毛利秀元、毛利秀秋、毛利勝信、毛利勝永、脇坂安治。


[編集] 大津城攻撃部隊
毛利元康、石川頼明、垣屋恒総、木下俊定、木下重堅、郡宗保、毛利秀包、杉若無心、杉若氏宗、宗義智、多賀秀種、高橋直次、立花宗茂、筑紫広門、南条元忠、逸見時之、
増田盛次、松浦秀任、宮部長熙、矢部定政、横浜茂勝。


[編集] 田辺城攻撃部隊
小野木重勝、織田信包、川勝秀氏、木村秀望、小出吉政、斎村政広、杉原長房、高田治忠、竹中隆重、谷衛友、中川秀成、長谷川宗仁、早川長政、藤掛永勝、別所吉治、
堀田盛重、毛利高政、山崎家盛。


[編集] 美濃・尾張守備隊
大垣城:福原長高、秋月種長、垣見一直、木村由信、木村豊統、熊谷直盛、相良長毎、高橋元種。
岐阜城:織田秀信、木造長政、佐藤方政、百々綱家。
犬山城:石川貞清、生熊長勝、伊藤長俊。
その他:池田秀氏、稲葉貞通、稲葉典通、稲葉通重、遠藤胤直、杉浦重勝、高木守之、武光忠棟、原長頼、丸毛兼利。

[編集] 伊勢守備隊
氏家行継、氏家行広、岡本良勝、岡本重義、菅達長、九鬼嘉隆、新庄直定、新庄直頼、滝川雄利、滝川忠征、建部光重、筑紫茂成、寺西直次、中江直澄、鍋島勝茂、
堀内氏善、蒔田広定、龍造寺高房。


[編集] 北国口守備隊
青木一矩、青木俊矩、青山宗勝、上田重安、奥山正之、織田秀雄、木下勝俊、木下利房、寺西是成、丹羽長重、丹羽長正、溝江長晴、山口修弘、山口正弘。


[編集] 佐和山城守備隊
石田正継、石田正澄、石田朝成、石田重家、宇多頼忠、津田清幽、赤松則英。


[編集] 大坂城留守居・守備隊
毛利輝元、増田長盛、前田玄以・前田茂勝(中立説もあり)。
石川貞通、木下一元、木下秀規、小出秀政、服部正栄、宮城豊盛、山中長俊。


[編集] 在国
奥羽:上杉景勝、小野寺義道、相馬義胤(中立説あり)、岩城貞隆(上杉方に好意的な中立)。
関東:佐竹義宣、蘆名義広、多賀谷重経、山川朝信、結城朝勝。
信濃:真田昌幸、真田信繁。
北陸:前田利政。
九州:大友義統、太田一吉、鍋島直茂、南条元清、島津義久。

[編集] その他
生駒親正(病気を装い本戦には不参加)。
蜂須賀家政(家臣を大坂に派遣し自身は剃髪して高野山に上る)。
織田信雄(西軍に属した説と中立説がある)。

[編集] 中立
大村喜前、片桐且元、片桐貞隆、木下家定、五島玄雅、松浦鎮信。

32 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/20(水) 21:51:45 ID:VM4ipDRC
福島正則、加藤清正の打首はないと思う、高台院がとめると思う

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)