5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

武将のもっともらしい逸話を捏造するスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 01:01:32 ID:DIrwAufi
この人ならさもありなん的なリアリティに富む創作よろ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 01:13:18 ID:cmnT7QlH
2ゲト

3ゲトしてくれ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 01:15:03 ID:r239pqpn
3ゲト

4ゲトする??

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 01:16:46 ID:UUzs3ViK
4ゲト

5ゲトはしない方が・・・

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 01:20:04 ID:YEqhjU6H
5ゲト

・・・してしまった。何かくそスレになる予感が・・・

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 01:34:10 ID:Ec0LaP9Y
徳川家康

心優しい大御所は本当は秀頼を助けたかったが家臣との作戦手違いにより殺めてしまう

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 01:40:05 ID:GNkUr9IA
秀吉は卑賤の生まれのためにあまり文字を知らない。

ある日、秀吉は千利休の茶室をたずねた。
秀吉はその茶室にかかっていた難しい書のかけじくを見て
「これは何の絵ですか?」と利休に聞いてしまった。
これを利休に笑われ、恥をかいたことが
後に利休への切腹命令に繋がる。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 10:40:30 ID:tDXa08ow
>>6
それ、なんて大河ドラマ?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 12:58:07 ID:Yj5FLpQ4
日本人記者がアドルフ・ヒトラーに
「もっとも尊敬する日本人は誰ですか?」と聞いたところ
「織田信長だ」と答えた

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 14:45:02 ID:2vMqfGbA
伊達政宗は同じ独眼武将の夏侯惇を尊敬していた。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 15:10:52 ID:h+tBtDVB
>>10
むしろ独眼竜の本家である李克用だと思う

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 15:13:47 ID:PrA1M0ts
それじゃ捏造にならん

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 16:36:00 ID:RS6sV8Ei
は?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 19:35:24 ID:059kuuW2
本能寺の変前夜光秀は秀吉旗下の者により斬られ
既に秀吉によって抱き込まれた光秀旗下の者共によって本能寺の謀反はなされた

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 21:35:49 ID:/Dyf4fnZ
三方が原の戦の後

戦場の一角
信玄は当時十二歳の井伊直政を捕え、弄んでいた。
信玄「はぁはぁ、直政タン。いいよ…君の穴いいよ…あっいく!いくよ!!」
直政「…ズバッ」
信玄「ひぃ〜、チンポが〜俺のチンポが〜〜」
直政「逃げるには今だ!!くっ…けつが痛い…。」

…この時の傷により、信玄は間もなく死亡。直政はトラウマにより人斬り兵部と呼ばれる程、他人に厳しくなる。尚、井伊の赤備えは、直政の処女を狙っていたのに、信玄に先を越された家康の変質した妬心とも、直政の複雑な男心の反映とも言われている。(民明書房より)

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 23:55:48 ID:PbnTaiW4
信長が七つのとき、弟の信行にこう聞いた。
「信行、お前は将来どのような男になりたい?」
信行は答えた。
「あにうえ、ぼくはすごくえらいひとになりたいです!」
この答えを聞いた信長は将来自分の地位が奪われることを恐れ、
このときに信行を殺すことに決めた。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 13:12:38 ID:N4jEv21m
庶民の間では大福を「家康」と呼ぶのがはやった


理由は外は白いけど中身が黒いから

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 16:13:58 ID:zZYULHR1
秀頼は乱交プレイの果てに産まれた子供だった。
自らの子種に自身がない秀吉が、上京した大名達と茶々の肉体を介して次々と乱交。大名がいない時は、近臣の治長や三成等と。
産まれた子を次代にする事で、豊家安泰を狙ったと云われる。
ちなみに、健康オタクの家康(性病を恐れた)はこれに加わらず、それが後の淀との確執になったとも。
尚、秀吉や利家は性病にかかり寿命を縮めた。家康の慎重さが両者より勝ったといえよう。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 17:17:25 ID:vRsTBVSO
>>17
これいいな
というか他のがクソすぎ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 19:11:57 ID:eDRsVSYo
伊達政宗は隻眼に対するコンプレックスから、
領内の隻眼の人物を一箇所に集めて焼き殺した。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 19:22:43 ID:TO0mvVdV
秀吉は関白になってから自分の事を猿と呼んだものを全員斬首した。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 01:51:31 ID:cyp25QQn
家康が下淫好みなのは、高貴な女性だと萎縮してしまい、ちんちんおっきしないから

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 15:43:56 ID:GpJy9PgB
松永久秀に子供が少ないのはアナル中だしが好きだったから

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/21(月) 22:41:08 ID:vhed4Zwl
タラちゃんといくらちゃんが一騎打ちする。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 14:35:39 ID:chklAGo9
織田信長は幼少時一人でトイレにいけなかった

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 07:54:33 ID:sDjGYDUk
よく、伊達「政」宗という名を伊達「正」宗と誤って表記する人がいる。
確かにこの場合「正宗」は誤りではあるが、「伊達正宗」という言葉自体は、
江戸期に実在したものである事は余り知られていない。

この言葉が生まれた当時の日本は将軍・徳川綱吉の治世の下、
元禄文化が花開き、戦乱とは無縁の平和な世が続いていた。
当然、武士達の佩刀はその殆どが鞘に納まったまま、実際に使用される事は稀であった。
にも拘らず、一部の武士の間には他人に見せびらかしたいが為に、
名刀を買い求め、美しい螺鈿の装飾などが施された鞘に入れて街を闊歩する者達も存在した。
しかし、実際には当時大量に流通していた「正宗」の贋作を安価で入手し、
鞘ばかり華美なものを作って腰に佩びる者が殆どであった。
それを見た
町人達は、そういった外面のみに拘る武士達を皮肉り、
戦国時代の名将、伊達政宗の名とかけて、「伊達正宗」と呼んだと言われ、
転じて「外面のみで中身は安っぽいこと」をそう呼ぶ様になったのである。

また、そういった武士の多くが、実際の立ち合いではてんで弱かった為、
「豪華な外見の割にものの役に立たないこと」の意味でも使われる様になって行ったとも伝わっている。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:48:04 ID:N8h37LNU
糞スレwwwwww

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 21:56:17 ID:LTd5FmYz
家康が糞を漏らしたときその場に居た部下は笑いをこらえるのに必死だった



29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 23:03:19 ID:N8h37LNU
本来は>>17>>26の様なネタが大勢を占めているべきなんだろうな。
それ以外の低能は失せろやカスども。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 01:26:26 ID:7y9DehHf
>>29
お前が消えろ。カス。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 05:52:14 ID:KeTQe6Ko
何故私が消えねばならない?
低能で下品なネタしか出せんお前が去れと言っている

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 07:06:09 ID:bNR+pjC5
>>31
確かに言う通りかもしれんが
言うからには自分でも書いてや
ただ批判しても誰も聞かない

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 07:26:15 ID:7y9DehHf
>>31
お前は真性池沼か?それとも神になった積もりの誇大妄想狂か?一体、何様のつもりなん?
誉めんのは勝手だが、自分に合わないからって去れだの、低能だのよく言えるわな。普通にスルー汁!このカスが。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 11:00:39 ID:KeTQe6Ko
それが品性が無いと言っているのだ。
この様なスレに用はないし、私は既に作品を出している

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 12:26:45 ID:sbqgfDK9
どれ?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 15:10:36 ID:KeTQe6Ko
自分で考える意思を持たないのか

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 16:59:18 ID:KeTQe6Ko
私が26だ。これで文句あるまい

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 17:19:44 ID:bNR+pjC5
みんな解ってるよ
そして次の展開も解るよね?
みなさんご一緒に
自演乙

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 17:45:27 ID:KeTQe6Ko
どういう理屈だ

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 17:53:12 ID:ndxtRrY0
>>39
IDが違う

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 17:57:22 ID:F+vpF4eC
あるとき秀吉が側近と雑談をしていると
話題は人物評になった
秀吉は「

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 17:59:43 ID:KeTQe6Ko
は?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 18:03:04 ID:KeTQe6Ko
41よその調子だ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 18:13:43 ID:7y9DehHf
>>34
お前には基地外乙としかいいようがないな。
突っ込みどころ満載でこっちの頭までどうにかなりそうだ。まずは自分を顧みてから、書くべきだな。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 18:52:57 ID:KeTQe6Ko
下手な日本語だ

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 19:03:40 ID:cqs7Voxj
信玄が信虎を追放したのは、元服直前に掘られたから。
義信も信玄に掘られたが為に復讐しようとしたが失敗した。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 19:11:01 ID:cqs7Voxj
>>46
補足
信玄は掘り専門

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 19:13:19 ID:KeTQe6Ko
すぐにその様な話に結び付けるべきではない

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 19:21:36 ID:cqs7Voxj
>>48
スレ違いではないと思うけど…
ダメですか?そうですか………。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 19:26:43 ID:KeTQe6Ko
私の好みを言っているのだ。好きに書けば良い

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 19:57:02 ID:iIdr6lUy
>>33
>>31は八戸じゃないのか?
何言っても聞かない奴だから、構わない方が良いよ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 21:01:54 ID:7y9DehHf
>>51
そうなんか…。教えてくれてありがと。
しかし、こいつってダメ人間の要素、幾つ持ってんだろ…。本人はまぁ、病気だろうから仕方ないが、親が可哀相だな。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 22:53:09 ID:KeTQe6Ko
悟ったような台詞を吐けば大人になった気にでもなれるのか

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 07:25:24 ID:/0eUFprB
>>52
そんなあなたにオススメの一品が壷!
毎日2chや生活の情報についてのお知らせが来て、
スレを閲覧するときに、最後に読んだところが一発で出る優れもの!
さらにウザイコテをローカルあぼーんできて、あなたの精神を清潔に
保てるというから驚きです。
さあ、奥さん!お申し込みは2chのトップ、2chのトップです!
在庫無限なので、すぐにどうぞ。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 10:10:54 ID:EJQmmczq
現実から目をそらすな

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 11:01:42 ID:NDa6GO12
ネタスレでそんな必死にならんでも…

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 11:03:14 ID:EJQmmczq
たかがネタスレではない。
ネタっは本気で作るものだ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 11:15:08 ID:mrS1/DHf
>>33
お前がスルー汁>>31はただのツンデレ

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 11:21:29 ID:mrS1/DHf
57はまともな気がするが
必死に叩くやつらがアフォ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 14:01:56 ID:vfHGeTvd
スレは伸びたがこの荒れようは如何に如何に

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 14:16:26 ID:KkFmPnV0
キチガイってどこにでもいるね

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 15:41:27 ID:XxAeXqY6
……これが後に言う小田原評定でございます。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 18:25:12 ID:8Zd+uZ5Q
今宵はここまでに致しとうございます。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 18:29:35 ID:Bt+gk7c0
我が子、晴信は・・・・

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 00:37:27 ID:1LYBWC03
さて、自画自賛坊やはもう消えたかな?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 04:40:04 ID:CMhgCfuF
風流人として知られる今川氏真は、天才的な料理のセンスにも恵まれていた。
彼の料理には、京都から下向してきた公家に仕えていた料理人もうなったという。
湯漬けにかける汁の量は多からず少なからず、いつも完璧なまでに適量であり、
義元は「これで今川家は安泰ぞ」と喜んだという。

出展:『わかる!甲陽軍艦』(民明書房)

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 12:29:57 ID:LqSfX4Hi
家康は家来が病気になると、自らの医学の知識で家来を治療していた。



ただ、素人治療なので間違いも多く家来からは迷惑がられてた。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 20:31:39 ID:+sG1XI6J
ある時竪楽第で伺候した大名達が四方山話に興じていた。
その内に誰かが「太閤百年の後には誰が天下を取るであろう」と
言い出した。家康ではないか、いや利家ではないか、
或いは蒲生氏郷ではという声もあった。
そこに秀吉がすいと入ってきた。彼はある意味では不忠とも
取られかねぬ話題について咎めることはなく、その代わりにこう言った。
「自分の後天下を取るものは、伊予の鉢ひらきめよ」と。
意外な名が出て驚く一同を前に秀吉は続けて言った。
「恵瓊は本来人の死に向き合う僧侶であるのに、
生に対する造詣も深い。滅びた名家の末が刀鑓を扱うことなく
城持ちになる等に例がない」と笑い、
「さらに、一介の僧侶でありながら中国の雄たる大毛利を動かし
この秀吉に天下を取らしめた。この無形のちからこそ、
真に畏るるに足るものである」と締め括った。
一同はその弁に打たれ、声もなかったという。

「泉州老爺聞取夜話」より

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 20:41:08 ID:9sFQFEDR
二階堂盛義、死に際に発狂!

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/29(火) 23:50:56 ID:fNiUjr++
ちょっとした民明書房スレですな

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 02:10:56 ID:DsH+px6j
いよいよ臨終が近いことを悟られた毛利元就公は、三人の子を枕頭に呼びよせになられた。
遺していく子らの行く末が気がかりと思し召したからである。

まず、三人の兄弟に一本ずつ矢を折らせてみた。

七男の天野元政殿はこのとき13歳、こともなげに矢を折ってみせた。
八男の末次元康殿は12歳、やすやすと矢を折ってみせた。
九男で末っ子の小早川秀包殿は、まだ5歳だったが簡単に矢を折ってみせた。

次に三人の兄弟に、三本の矢を束ねて折らせてみた。

のちに名門天野家に婿養子に入り、上月城の戦いなどで手柄を立て、
右田毛利家1万3000石の祖となることになる天野元政殿は、束ねた矢を折れなかった。
出雲末次城主となったのち、早世した兄・椙杜元秋の跡をついで月山富田城主となり、
関ヶ原戦後には厚狭毛利家の祖となる末次元康殿もがんばったが、矢は折れなかった。
隆景殿の養子となり、太閤のもとに人質に出され、秀秋殿が小早川家を嗣ぐことに
なったため別家を立てることになる小早川秀包殿も、やはり矢の束を折れなかった。

元就公はこのようにして三人の子供、
天野元政殿(1559〜1609)・末次元康殿(1560〜1601)・小早川秀包殿(1567〜1601)
に向かって、次のように遺訓をお示しになったのである。

こういうエピソードをつくってでも名前を残していかないと、
マイナーな武将は歴史に埋もれて誰からも忘れられてしまう。
そもそもわしも吉田郡山の土豪の弟分として、一生を終えかねなかったのじゃ。
なんとかエピソードを残そうとして、わしも若い頃は必死でな……

元就公の若い頃の苦労話は、夜明けまで続いたということである。

出典:『仁義なき広島県史 資料編(7)』(民明書房)

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 18:02:31 ID:7cvJbPL+
全部読み直したがここウケるw
一度寂れた後ここまで良作でて復興するて羨ましいな
松永久秀も大喜びだ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 19:19:27 ID:TXOnBQHM
東軍勝利の立役者、金吾中納言秀秋殿にお話を伺い申す。
 問 金吾殿の参戦にて東軍が勝利した心境は如何?
 答 まだ実感ござらぬ。
 問 なにゆえ、大谷陣への攻撃が昼過ぎまで遅れたのでござるか?
 答 拙者流の「さぷらいず」にて候 。
 問 西軍に組して伏見城を攻め、東軍に加わるは「返り忠」ではござらぬか?
 答 言いたき事があれば言えばよろしい。人それぞれ、いろんな見方がありまする。
 問 有利な方につこうと日和見していたという噂については如何?
 答 それぞれ判断基準があり申す。されど、拙者は密約を守るのみ。
 問 最後に西軍の諸大名衆に一言お願いいたす。
 答 どんなもんじゃ〜〜〜〜い!でござる 。
 
『−慶長年中見聞記 大田牛−』


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 03:12:54 ID:fBjNng3N
難波田神社 ▼埼玉県富士見市下南畑
         ▼東武東上線志木駅東武バス下南畑下車10分

難波田城址を整備した難波田城公園の程近くに、城主・難波田弾正憲重(善銀)
を祀る難波田神社がある。難波田弾正は扇谷上杉家に仕える重臣であったが、
1546(天文15)年の河越合戦の折に討死した。一説に古井戸に落ちて死亡した
とも伝えられ、地元では「弾正さん」として親しまれている。社殿(県重文)
は1732(享保17)年の建立で、「河越合戦図屏風」(重文)や、「万事に陥穽
あるものなり、足許に油断あるべからず」など、武将としての心得を子に伝え
た「難波田善銀話記」(県重文)などが所蔵されている。例大祭は弾正の命日
と伝えられる4月30日。「油断大敵」の戒めを伝える神社として崇敬を集めてい
る。10月に行われる「富士見弾正まつり」には仮装行列も繰り出し、多くの市
民で賑わう。また、市制施行30年を記念して2002年に制定された富士見市のシ
ンボルキャラクター「弾正くん」は、井戸から這い出す難波田弾正の姿を図案
化し、不屈の精神を表現したもので、境内には「弾正くん」の石像もある。

出典:『埼玉県の歴史競歩』(民明書房)

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 05:15:55 ID:fBjNng3N
1575年、織田信長は明智光秀に命じて丹波平定に向かわせた。
これに対し、丹波黒井城主の赤井直正ら丹波の諸豪族は頑強に抵抗を繰り広げた。
戦局ははじめ一進一退。時に光秀が勝利を収め、時には直正が凱歌を上げた。
敵も味方も直正の天晴れ武者ぶりを称え、丹波に赤鬼ありと謳われたのだった。

とはいえ、相手は天下の信長軍、大将は知将明智光秀。
光秀は信義をもって国人たちを帰服させ、亀山に城を築いて支配を固めていった。
押されながら抗戦を続ける「赤鬼」赤井直正も、ついに病の前に倒れたのだった。

秀吉の家臣に脇坂安治という者がいた。彼は丹波に援軍に送られていたのであるが、
直正が病に倒れたことを聞くや、降伏勧告のために単騎黒井城に向かった。
いや、降伏勧告など、名目に過ぎなかったのかもしれない。
たとえ命を危険に晒しても、豪傑と一目対面したいという思いがあったのだろう。
敵城に飛び込んだ若き安治の堂々たる態度に、直正も深く感じ入るものがあった。

直正は言った――
「脇坂殿。そなたに、わが赤井家の3つの家宝のうちのひとつを差し上げよう。
 今日のこの日の対面の、かたみとされよ」

安治は答えた――
「それがしには勿体ないお言葉。赤井殿の武勇を思い起こすよすがに、戦場に伴い、
 子に教え、孫に語り継ぎ、末代までの家宝といたします」

兵火を交える中で芽生える漢と漢の友情。強敵と書いて「とも」と読む。
嗚呼、英傑は英傑を知るのである。
直正は小姓に命じて、3つの家宝を持って来させた。


 ・パンダの皮で作った着ぐるみ。
 ・立ち上がったレッサーパンダの剥製を前立てにした兜。
 ・貂の皮で作った槍の鞘。


安治は、しばらく考えた末、槍の鞘を選んだ。


出展:『日本おとこ話』(民明書房)

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 06:36:28 ID:fBjNng3N
石合戦、

というものがあった。

子供同士の遊びではあるが、そこは荒々しい戦国の時代である。
数百人規模の子供が集まり、時には死者も出るという危険きわまりないものだった。
1555年から56年にかけて越後の子供たちを巻き込んで繰り広げられた石合戦の様子が、
「弘治越後石合戦録」「餓鬼大将家滅亡記」という書物に残っている。

小千谷の六歳児「拾い」と姉の「茶々」は、信濃川の河原に二重三重の堀を廻らせた
難攻不落のヒミツ基地を築き、「餓鬼大将」を称して越後じゅうの子供の上に君臨して、
我が世の春を謳歌していた。これに対し下越地方に一大勢力を誇る少年「竹千代」は、
表に従順を装いながら「餓鬼大将」の地位を狙い、たくみな権謀術数でひそかに味方を増やしていた。

1555年、小千谷の橋の下の落書きに「狸のバカ」と書いていることがきっかけとなり、
両者の間は決裂する。仲裁しようとした片桐村のかっちゃんは泣き出した。
有力な子供が「竹千代」につく一方で、寺子屋の盛ちゃん、後藤の又っぺ、
由岐村のサナダ丸くんといった名の知れた子供たちがヒミツ基地に続々入城、
互いに数千人の子供を動員する、大規模な石合戦が展開された。
石見村の重太郎君がメンコに熱中してる間に砦を取られたりいろいろあったけれども、
ヒミツ基地は難攻不落。竹千代軍は夜も昼も投石器で石を投げつづけたり、
どんちゃん騒いだり、たぶんいやらしいな言葉とかも投げつけたりして、
お年頃の茶々姉ちゃんの神経をすり減らし、和議に持ちこんだ。
これが世に言う「針千本の和約」である。

しかし、約束ではヒミツ基地の外堀だけ埋めるよ!という話だったのに、
ずるい竹千代君はどさくさにまぎれて内堀まで埋めてしまう。
茶々姉ちゃんが「ずっこい!約束破り!」と叫んだけれども後の祭り。
56年夏、越後じゅうの子供8千人くらいを率いた竹千代軍が小千谷に来襲。
サナダ丸くんも又っぺも盛ちゃんも、圧倒的な石礫の前にはどうしようもなく、
裸同然のヒミツ基地の本丸にはとうとうネズミ花火が放り込まれて炎上。
拾いと茶々はわあわあ泣きながら薩摩ならぬ信州の方へ落ち延びていったのである。
これが「弘治の越後石合戦」の顛末である。

さて、この石合戦に、大関弥七という少年も参加していた。

大関弥七は後年、北蒲原の名門・水原氏の跡を継いで水原常陸介親憲と名乗り、
諸国を転戦して数多くの武勲を立てた。
1614年の大坂冬の陣には69歳の高齢ながら出陣、
徳川秀忠から感状を受けたが、次のような言葉を残している。

「子供の石合戦みたいな戦いで、感状を賜ることになるとは」。


出典:『クレヨン信玄 嵐を呼ぶアッバレ!戦国石合戦』(民明書房)

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 00:22:06 ID:/HkEeSQP
長宗我部家の中島可之助が、織田信長のもとに使いに行った。

信長は言った。

「みじかびの、きゃぷりきとれば、すぎちょびれ」

可之助はすぐさま答えた。

「すぎかきすらの、はっぱふみふみ」

周囲の者はなんのことやらさっぱりわからなかったが、
信長と可之助は満足げな笑みを浮かべて互いに顔を見合わせたという。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 14:50:12 ID:/HkEeSQP
天正遣欧少年使節団は、マヨネーズをはじめて食した日本人である。

伊東マンショ「マヨネーズというものは、うまいものだな」
原マルティノ「うめぇ!」
中浦ジュリアン「むしろ最強の万能調味料だろ、これ」
千々石ミゲル「……そうか?」
中浦ジュリアン「なあ、ご飯にマヨネーズかけてみようぜ」
千々石ミゲル「お、おい! それはご飯に対する冒涜だぜ。やめろよ」
原マルティノ「うめぇ!」
伊東マンショ「うん、これはなかなかいけるかもしれないな」
中浦ジュリアン「マヨごはんは至高!マヨごはんは究極! よし、味噌汁にも入れてみようぜ!」
原マルティノ「うめぇ!」
伊東マンショ「そうだ、日本に帰ったらマヨネーズを大いに広めよう!」
千々石ミゲル「…………」

千々石ミゲルは、のちに棄教した。

出典:「天草版 麻与良物語」(民明書房)

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 08:11:23 ID:FItUZhcO
所詮この程度しか作れぬか

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 08:30:46 ID:As1udonR
ホームページ制作王は、世界の権威として名高いCOMDEXが
21世紀のワールドスタンダードに認定したWebパブリッシングアプリケーションである。

ホームページ制作王に不可能はない。
不可能があるとすれば、そこが人類の英知の限界点である。

21世紀、世界のWebはホームページ制作王を中心に回っていくのである。
にもかかわらず、ここ日本では、心ない風評のため、まだまだ普及に
遅れがみられる。

ホームページ制作王を普及させないかぎり、我が国のWebは、
世界の趨勢の後塵を拝するばかりである。

世界が認めた高性能!ホームページ制作王
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/hp/1106508682/

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 09:33:56 ID:1DwdRtyj
>>78
原のキャラに笑った

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 13:15:34 ID:FItUZhcO
今更自己レスか

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 01:23:32 ID:+MNyIq3+
朝鮮出兵のさい島津軍と伊達軍が鉢合わせをして
訛りが酷くてお互い何言ってるか理解できずに
敵軍と勘違いして交戦状態になった。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 05:49:39 ID:kMyj8CFd
立花宗茂の河童退治の話きぼんぬ

85 :堀秀政:2006/12/10(日) 00:40:05 ID:ixIQ1fP7
天正十五年(1587年)の九州攻めにも参陣。
秀政は先鋒部隊を任される。
諸城を次々落とし、薩摩の武士五十数人生捕り、
助けてやる代わりに、

「堀久太郎は、このたびの戦に先陣を承り、
至る所で敵軍は手間も入らずに崩れたが、
このため遥々とやってきた我等人数は、
休息の暇も無く、殊の外くたびれている。
だから行く先々の城兵は、いずれも精を出して、
せめてもう三日は、城を持ちこたえていてほしい。
そうしている間に我等は人馬を休ませたいのだ」

この事をしっかりと伝言せよ、と言いつけて生捕りを放した。
薩摩の武士は驚いて逃げ帰り、この事を伝えれば、
秀政の武威に、もはやこれまでかと詠嘆した。

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)