5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

横山光輝は三流パクリ漫画家

1 :佐倉広夢 ◆IENTwyoWGs :2006/08/11(金) 09:57:05 ID:Jt0BlCmZ
横山三国志って吉川三国志のパクリでしょ。しかも「信長」だの「政宗」だの
みんな昔の作家のパクリばっか。
そういえば、横山のマンガってどれも三流雑誌に掲載されているよね、パクリ
横山にはちょうどいいね。あれのレベルにあっている。
画力もないから、項羽の強さを書くことが出来ずに「項羽の強さは桁外れであった」
と何度も同じ解説つけて誤魔化しているし。
顔の書き分けもド下手で皆同じ顔だし、よくアレで恥ずかしくもなく大御所気取
りでいたものだ。はっきりいって園田三国志のほうがまだ絵が上手いと思うよ。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 10:18:13 ID:mr/S7+kf
>>1
漫画板でやれ

3 :佐倉広夢 ◆IENTwyoWGs :2006/08/11(金) 10:24:35 ID:Jt0BlCmZ
横山は戦国・三国でしか通用しない漫画家。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 10:26:26 ID:+K1XrEQY
鉄人28号

5 :佐倉広夢 ◆IENTwyoWGs :2006/08/11(金) 10:29:06 ID:Jt0BlCmZ
>>4
駄作。漫画板では通用しない。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 10:43:39 ID:SAsGNFDo
原作の意味知ってんの?氏ね ヒッキーは 

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 10:50:39 ID:E1y5gpQ9
読まなきゃいいんだよ

8 :佐倉広夢 ◆IENTwyoWGs :2006/08/11(金) 11:36:37 ID:Jt0BlCmZ
横山氏の洗脳がいまだにとれないようですね

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 12:07:28 ID:2rOQya9t
俺は横山マンガは好きじゃないが、三国志を庶民に普及させた功績は大きいと思う。

10 :佐倉広夢 ◆IENTwyoWGs :2006/08/11(金) 12:10:47 ID:Jt0BlCmZ
>>9
庶民に三国志を普及させたのは吉川三国志の功績。
横山漫画はつまらないストーリーと汚い絵で、三国志のイメージを
悪化させただけの駄作。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 12:48:23 ID:4ZX2KeTx
マンガ黎明期に中学生でデビューして21世紀まで生きた凄い人ですよ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 13:17:12 ID:1ieJyia2
マーズは結構面白かったが。
魔法使いサリーも横山が原作だったはず

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 14:56:00 ID:Q+O1HNbF
>>10
吉川三国志と横山三国志
世間一般では横山三国志の方が知名度あるだろうな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 17:01:59 ID:dxASoRoc
そんなことはない。
ちゅーぼーのとき横山から入ったやつがそうおもってるだけ。
知名度を上げた功績ならコーエーが一番

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 17:51:41 ID:V7ywmsYa
無双か、確かにw

しかし>>13の答えではないな

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 18:06:59 ID:dxASoRoc
2行目と3行目は別じゃ。
吉川のほうが知名度あるとおもう。
バガボンドより宮本武蔵のほうが知られてるだろうし。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 18:41:16 ID:6auy5GC6
ムムム

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 19:30:49 ID:ZYgIIQja
釣りスレだと分かっていて敢えて言う。

同時代を生きた先人、それも戦国時代を数多く取り上げてくれた人物を
この板で真っ向から貶める>>1には人格的欠陥が認められる。
確かに原作を他に求めることはあるだろう。
「あらヨイヨイ」「なにがむむむだ」「まてこれは罠だ」
「味噌じゃくさやくさや」「蛇と睨み合う」「スキップ猿」
これらの名シーンは横山氏なくしては有り得ない。

貶めるしか能のない>>1よりははるかに偉人だろう

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 19:37:41 ID:9tDc22qE
だいたいあれじゃね?
バビル二世とか鉄人28号とか魔法使いサリーとか、横山先生の作品だろ確か?
自分の漫画書くの飽きて、こういう歴史漫画路線にシフトしたんだろ。
ってか、漫画板の神漫画家をランク付けするとかいうスレで、手塚治虫の次くらいに
ランクされてたぞ。間違いなく画聖なんだと。
1は失礼すぎるぞ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 20:28:33 ID:DG3fdKMP
あらヨイヨイ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 20:29:01 ID:mvrrtT4B
>>10
それなら三国志演義を編集した羅貫中の功績。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 23:09:09 ID:nfDZ54Ef
>>18
いいぞいいぞ
ヤンヤヤンヤ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 23:21:10 ID:bp7sjbhO
     (ー‘; ) ←佐倉
     ⊂   ヽ
  ィ^>>1(;ヽ _)_) )) カポカポ
 (__人__,つ ∪J

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 02:11:50 ID:0kO46+83
ジャーン、ジャーン

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 05:11:50 ID:dJIfd1z2
また夏厨かよ…。
時代も画風も何も考えず、自分しか見えないガキの、ミルク臭い匂いがぷんぷんしますな。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 11:55:24 ID:X7bta7h3
>>1が横光の代わりに焼け死ねばよかったのに

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 12:39:59 ID:jRPob8A9
横山三国志の別冊(2冊のうちの1冊)に、
この作品は、羅貫中の演義と吉川三国志を
元に作りましたと、横山氏が書いているな。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 12:53:42 ID:3YImLsfk
自分なりに描こうとする姿勢だけなら本宮が最強

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 13:26:29 ID:XsVib5cI
>>26
不謹慎だがワロタ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 20:34:25 ID:FmX4uIF7
>>28
そういう姿勢なら掃天航路もなかなかだな

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 20:36:20 ID:FmX4uIF7
と、書いたところで気付いたんだが、ぶっちゃけ板違いだな、この話題

戦国関係ねー

32 :都民:2006/08/14(月) 09:59:41 ID:NPs5b92u
げえっ停電!

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/17(木) 20:43:14 ID:MEs05bfD



34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 06:56:46 ID:rEFPowy2
横山漫画が無かったら
コーエーはエロゲメーカーだったわけだが

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 10:59:50 ID:FYr3rKk3
光栄の歴史は「川中島の合戦」からはじまったんだし
「信長の野望」で大手となったんだから>>34にはならなかったと思うよ

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 02:46:40 ID:ktzl5PlS
横光漫画をだしてる潮出版って、層化学会ってマジ?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 10:35:41 ID:k4abo273
何だ潮出版って
横山光輝といったら秋田書店だろうがwwwwww

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 13:29:35 ID:LUJHTPTX
故人をあまり悪く言うのは感心できんな

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 16:32:52 ID:Yr9DmEra
バビル二世とか普通におもしろかったぞ

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 16:33:35 ID:6hCgnGIp
むむむ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 16:46:29 ID:Yr9DmEra
何がむむむだ!

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 17:30:52 ID:5eiDrCST
三国志:官渡とばしてんじゃねえよ。
    芙蓉姫の登場のさせかた中途半端、不要。
    吉川小説9巻からよく漫画60巻に展ばせたな...。
織田信長:必要以上に尾張時代長過ぎ、後半生短い。
徳川家康:竹之内波太郎、登場させるなら後半生も登場させれ。
     直江兼続かっこ悪い。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 23:17:03 ID:lUngf17D
ホントの横光のパクリは伊賀の影丸だろう
あれは山田風太郎の甲賀忍法帳のまんまパクリ
世が世なら(今なら)矢吹や真島ヒロ並のパクリ漫画家扱いだったかもな
…けどな、時代が違う
鉄人28号はどうみても巨大ロボットものの元祖だし
魔法使いサリーなんかも魔法少女のはしり
歴史モノも代表作にされるくらい世間では認知されてるしな
宦官にひげが生えてたり、マジなのかギャグなのかよくわからん名シーンも多いが横光の功績は偉大だぞ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:17:29 ID:AkUx6IHY
>>36-37
潮出版社に約一名猛烈な横山ヲタがいるようで
この人が(会社上層部を騙して制作予算を出させるとか)大活躍して

鉄人28号原作完全版すら発売させてしまった

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:20:00 ID:AkUx6IHY
>>43
手塚は遥か昔から叩きもあったが
横山は叩きが出現するほど 知名度も無かった


みんな作品は知ってても 作者が誰なのか知らないケースばっかし
最近になって あれもこれもみんな横山先生だったの! と驚く人が多い

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 00:22:09 ID:AkUx6IHY
鉄人とかサリーちゃんなんて
原作なんてない
テレビ局のオリジナルアニメ とか思ってる人も少なくない



そんな自分は 今日本屋で コメットさんの漫画本が売ってて驚いたわけだが
(もちろん買って帰ったわけだが)

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 12:23:55 ID:VkdNZW3H
ジャーン!ジャーン!

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 18:49:02 ID:D0OjUgv/
自分の三国志の漫画に 原作吉川 とつけるのは失礼にあたる
と表記を遠慮した横山先生


ガンダム種に 原作富野 ってあるのは何のイジメ?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 19:11:09 ID:HjnE8B8m
あれは罰ゲーム

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 20:13:23 ID:8X3P3SKU
PL法に基づいて…って事ではなかったのか。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 14:47:13 ID:EIk2JHZd
飯代に困って10万でガンダムの権利をバンダイかサンライズに売ったんだよな トミノ禿

そしてこの仕打ち

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 14:49:18 ID:EIk2JHZd
富野の愛弟子今川が作った
鉄人28号の最後のほうに出てくるラスボスの禿博士って
絶対トミノだよな


たぶん鉄人作った金田博士が横山先生だろうな

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 15:01:20 ID:QCZICT2E
>顔の書き分けもド下手で皆同じ顔だし、

これは同意
漫画家なら書き分けろやと何度、思った事か

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 00:50:56 ID:KA/lM/+x
138 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :2006/09/15(金) 22:13:51 ID:f++hq/8O
早売り買ったけど
「バシュタール惨劇」が「草間博士の乱」
「国際警察機構」が「国際警察連合」など
名称が全部変えてあるのは
フェニックスのコピーライトが入ってないから
著作権対策だろうか?

九大天王も一部メンバーが違うし。

でも今川節を久しぶりに堪能しました。

127 :名無しか・・・何もかも皆懐かしい :2006/09/15(金) 21:09:41 ID:???
何このセルバンテス・・
ttp://www.akitashoten.co.jp/upimage/32.jpg


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 16:07:17 ID:9AsplGIf
ぬぅ

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 16:12:22 ID:2kl/Yh2s
>>53
あだち充に言いなさい

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 16:38:55 ID:KA/lM/+x
キャプ翼の高橋

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 20:55:36 ID:yNFYtpy3
官渡の戦いが無かったのは痛過ぎるな
赤壁並に重要な戦いなのに

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 01:36:45 ID:8mx4FcpL
張飛の頬に十字傷をつけられる者などそういるもんじゃないよ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 18:48:40 ID:fWcF8KvN
>>58
後の時代の漫画家が
三国志漫画を描くための隙を作ったと思えばいい

三国志漫画にチャレンジするやつは多いけど
赤璧以降ちゃんと最後まで描き切ったやつは出てこないね

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 01:11:50 ID:Fjet3QJ3
>>58
雑誌がつぶれるとかのゴタゴタで飛ばされたらしいね。
本人は描くつもりだったんだろうけど

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:00:16 ID:oThGiWz3
横山光輝って創価学会の信者だよな。
三国志出してる潮出版社は学会系

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:44:18 ID:563qQ2lZ
作品が面白ければ気にしないっつーか、何教の信者でもかまわん。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:56:27 ID:nMvFJXmx
>>62
>>63

横山光輝「三国志」だけでなく
藤子・F・不二雄「T.Pぼん」然り(スランプ中)
手塚治虫「ブッダ」然り(一次だか二次ブームが去った後?)
みなもと太郎「風雲児たち」然り(確か「とんでも先生」が終わった後)

創価学会についてはアレだけど、当時旬が過ぎた漫画家が売れ行きを
気にせずにのびのび書ける場を提供し、結果として名作が残った、と
いう意味では一応潮出版社の功績かも知れない。
歴史には関係ないが赤旗しんぶんのMoo.念平というのもあったか。


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 17:38:14 ID:O47h2OQi
>>62
あんたの脳内だと
講談社と東映は幸福の科学な訳なんだなw

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 21:49:51 ID:0xhFoEg/
 
名作の横山先生追悼MAD動画
http://www.youtube.com/watch?v=nF3AUZubMGc

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 22:37:24 ID:Sida16Iv
>>1は八流

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:01:32 ID:kGJtKKGQ
わけわかんないことでageるな

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:01:47 ID:667YjRVi
あれだけの登場人物なんだから顔はいいんでね。〇ャプテ〇翼のほうがもっと分からん。しかもあれだけ長期連載なのに顔変わらないのは凄い。園田三国志は後半手抜き杉。横山先生は三国志の認知度上げた偉大な一人

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:12:45 ID:N6ae9XRl
潮出版に関しては諸星大二郎も挙げて欲しい。でも連載雑誌つぶれちゃったけど。
もしずっと雑誌出し続けていたら、>>62の短絡とは逆に一般への社会貢献、って
ことで一宗教団体傘下としては神行為だったろうが、やっぱり赤字は嫌だったのね。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 23:39:51 ID:RwhmMR5Y
鎧とか背景とか上手いじゃん、セリフも面白いし最高

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 00:03:14 ID:5GC5s+l2
同意、背景・効果にしろ、台詞回しにしろ味があるよ。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 17:32:53 ID:WarRGNdR
「徳川家康」で家康が子供の時に既に城に天守閣があるのは許せなかった。

てか>1は何故三国志?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 19:55:28 ID:kn3gvezk
時代考証を突き詰めればいくらでもアラがでてくるのに
一部の誤りだけをわざわざ言うやつって頭悪そうだよな

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 20:00:54 ID:1GFiyevA
曹操・劉備・孫権・関羽・張飛・孔明・の6人に
おまけで趙雲ぐらいがわかりゃあ吉川演義を原作にした物語としては十分だと思った。
オレは某あさきゆめみしとかいうののほうが見分けがつかない。
綺麗にかきこんじゃあいるとおもうんだがね。

でも家康お子供の時に既に天守閣があるのはたしかに考証ミスだとおもうけどな…

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 20:29:25 ID:wZ58cWGi
天守閣はアラというより致命的なミスだな

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 20:39:55 ID:kn3gvezk
>>75-76
考証ミスなんていくらでもあるのに天守閣のひとつだけあげて騒ぎたてる意味がわからん
しかも物語の中で天守閣について説明してるわけでもないのに致命的なミスというのもわからん

他の考証ミスに気づけないから天守閣のミスだけを騒ぎ立ててるのか?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 21:03:17 ID:1GFiyevA
>>77
なぁ、>他の考証ミスに気づけないから天守閣のミスだけを
というが、つまり>>77も「他の考証ミスに気づけないようなやつでも気づくようなミス」、と思ってるんだろ?

だからこそ致命的なわけで…

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 21:13:08 ID:Rg3KjbmR
あの淡白な絵柄だからこそ登場人物うじゃうじゃの三国志描ききれたんだろうね。
登場人物一人一人の髪型目つき、濃く描いてたらとてもとても・・


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 21:20:41 ID:kn3gvezk
>>78
たまたま天守閣に関する話だけを小耳に挟んで騒ぎ立ててるようにしか見えないと言ってるのだが?

戦国時代にそれほど興味がないやつなら気づきもしないミス
戦国時代について多少なりとも知識が深ければ気づくミスだが
そのぐらいの人間なら他のミスにも気づくし
物語そのものを左右するようなミスでもないので普通は騒がない。

俺は別に考証ミスではないと主張してるわけでもないのに>>75みたいなレスしたり
今度のレスもズレてるし、読解力なさすぎじゃない?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 21:45:38 ID:wZ58cWGi
>>80
>たまたま天守閣に関する話だけを小耳に挟んで騒ぎ立ててるようにしか見えないと言ってるのだが?
いやいや。それはアンタだってw

じゃあ多少の絵の描写のミスはあっても物語がしっかりしていればいいと
いうことだね。細かいこと言うなと。

でもそれってマンガの意味なくね??

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 21:46:58 ID:kn3gvezk
>>81
曲解しすぎwマジで低脳だな

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 00:27:45 ID:vqayLVgK
こういうと後だしになるが、言い訳。
>>75を書いたときには>>74の書き込みはまだ見てなかったんだ。
あさきゆめみしのタイトルを思い出すのに数分悩んだ。
だから>>75の書き込みは>>74を飛ばして>>73以前にしかかかってない。
後半2行のことだろうが、ありゃおまけだ。上4行がメイン。

そもそも絵についての話しかしておらず、たまたま天守閣の話がでたからそれを引っ張ったのは確かに事実だよ。
そして、確かに他にいくらでもあるが、んなこたーどうでもいい。
上4行だけだとただの他作家おとしめして横山マンセーにしかならないから「丁度食いついた」だけだ。
(あえていうなら「天守閣について説明がない上に絵が間違ってる」これがマズいんだけどな。)
で、だ。俺は読解能力よりもむしろ記述能力のほうが弱い。(だから誤解よんだんだろう)
言いたいことを巧いこと一言でいえん。
無理矢理一言にまとめてみた。
「まぁそうやって間違ってるところもあるんだけどやっぱり横山すきだなぁ」
これ以上のことは何もない。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 07:34:37 ID:rQiIp/NF
戦国系漫画でなく、三国志の話なんだが

一話で主人公が待ってる洛陽船っておかしくないか?
幽州に黄河は流れていないし、タク県から黄河までは相当の距離があるよな。
隋の煬帝が建設した大運河があの時代になぜかあるなら別だけど・・・
そもそもあんなでかい交易船がホントにあったのかってのも疑問だし
後漢の時代に茶は存在しなかったはずだし


謎だ

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 11:10:05 ID:1ORh+RS9
戦国中期の城に畳や立派な石垣があるのも致命的なミスだな。
自分の無知をさらけだしているのか、読者の無知を嘲笑ってるのかしらんが。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 12:02:11 ID:+vAvwKZ6
ちょっと遅いレスですが……

>顔の書き分けもド下手で皆同じ顔だし

これは仕方ないんでない?なにしろ登場人物200人以上いるわけだし。
それに、「あの絵がいい!」って言う人も多いんだから。
そこまで書き分けをアレコレ言うよりも、一応最後まで(孔明が死ぬ辺りまでだけど)書き上げた功績のが遥かに大きいでしょ。
ストーリーの穴はもったいなかったけど、それでも横山さんはすごいと思う。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 15:54:15 ID:P49FwuoA
劉備は母ちゃんに孝行できたのかな?
その後登場しないけど。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 15:14:42 ID:pLWz/aWh
>>87
女囚城主になったときは母親いたよ

>>94
パンダが日本に来るか来ないかの時代だから史料がない

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 18:19:49 ID:xPDeiyEv
>>94 に期待

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 18:47:52 ID:HHSB9mfM
>>94
お前に同意!

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 19:39:54 ID:er5fENhG
小説を読まない層に歴史の面白さを紹介した先駆け的存在でもあるよな。
横山が描いてた当時は今と違って資料不足なので、当人も苦労したって
もらしている。
それでも長大な三国志を黄巾から五丈原まで描ききったわけで。
揚げ足取りの余地は幾らでもあるにせよ、凄い存在には違いないだろ。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 20:38:47 ID:bgF/LtZf
三国志は特に原作が素晴らしかったしな。
原作のような深みはまるでないが。
劉備を単なる聖人としか描けてないし好みも激しい。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 23:31:25 ID:ED7ushu6
>>94
wktk

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 17:11:03 ID:nbkOOey1
( ・ω・)?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 15:32:57 ID:wRC/zYzN
>>91
横山先生がいなければ 今のコーエーは無かった
エロゲメーカーの光栄ならあったかもしれんが

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 15:50:05 ID:cV/p5li0
今・史記読んでるけど、しみじみ御大のありがたみが分かる。
文庫版8巻くらいで、ちゃんとしたの売ってるけど、あんなの読んでられないし。



97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 21:36:40 ID:dB2n3GFR
伊達政宗は?
俺持ってるけど。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 01:36:39 ID:BdCCR+s9
過疎ってるな

鉄人28号劇場版 白昼の残月 最新情報
ttp://www.style.fm/as/02_topics/top_061110e.shtml

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 09:36:03 ID:pvAaKALX
バビルU・魔法使いサリーはパクリなんか?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 11:03:49 ID:IalLMOWJ
???????

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 11:44:57 ID:i/pc5ykU
横山キャラ総登場のGロボはセルフパクリだな

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 18:32:22 ID:A1i192TQ
横山先生は神だろ。
作品の素晴らしさが分からない1は可哀想。
なによりも横山先生に大変失礼である。謝罪せよ。

103 :剥離 ◆plyspK9YWM :2006/11/18(土) 02:19:51 ID:2PvDZXp3
ところで話を変えるけどどうして徳川家康は1,2巻だけ単行本大きいの?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 16:51:36 ID:buskmi17
【イベント】川崎市市民ミュージアムにて「横山光輝の世界」展開催(18日〜07年1月8日)
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1163771457/l50


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 15:28:15 ID:eHeZnK9Q
>>84
その苦情については吉川英治にいってくれ。
横山先生は小説のとおりに書いただけだ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 16:16:45 ID:cEolAXys
吉川も羅貫中のパクリじゃん
羅貫中は陳寿のパ… じゃなくて捏造

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 23:57:30 ID:ZiWW0qoC
張飛の殺し方があまりにあっさりしてるのが当時(10代)は許せなかった。
でも実際人なんてあっさり死ぬんだよね…。30代の今はあのあっさり感が
むしろリアルに感じてしまう。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 01:58:47 ID:iU3b8YqO
連載漫画で歴史物をやるには、原作がないと漫画家の負担が大きくなり過ぎて厳しいんじゃないかな。



109 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 22:41:26 ID:yuoIvZ3/
山科けいすけが、ギャグ漫画「SENGOKU」のあとがきで、
昔受験勉強から逃避する時に日本史をネタにして色々な
妄想をさんざんしていたので楽に描けるかと思っていたら
大間違い。あの出来事は何年に起こった事か?等々、
漫画にするのに当たって調べなければならない事が次々と
出てきて困った、とか書いてたっけ。

戦国をネタにしたナンセンス・ギャグでもこれだから、もっと
史実をキチンと押さえておかなければならない漫画だったら
下調べだけでも大変だろうな。

110 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/03(水) 09:25:37 ID:w/D89hhv
横山先生も吉川先生も三国志はみんな歴史のパクリなんだ!
・・・などと言ってみる。

実際にあった物語を複数人書いて皆同じ内容になるのは必然だから、なにをもってパクリと言うのかがよくわからないんだが。


なんだかんだ言うけど、いろんな意味で横山先生は素晴らしい漫画家だと思う。

111 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/10(水) 20:37:30 ID:uzn5sKQ+
まぁ、なんというか
釣られてみるけど、>>1は若いんだろう。

水戸黄門の「この紋所が目に入らぬか」っていうのを
小学生が「目に入るわけないじゃん!」
って言ってるのと同じ。

世間に出て、仕事でもまれて
30代40代になって、若い後輩とか接するように
なるとわかってくるよ。
自分の仕事を若い奴にバカにされても
それでもやってかなきゃいけないって事を。


26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)