5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

   合戦においての陣形について   

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 00:09:47 ID:1Jg70e5o
魚燐や鶴翼などの陣形が
三方ヶ原合戦や川中島合戦で使われたと言われますが
実際に使われたのでしょうか。
またどんな効果があったのでしょうか。

詳しい方語ってくださいませ。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 00:13:41 ID:spDMsuVy
この前のNHKの川中島の番組で
堂々と「車懸りの陣」とか言ってて笑ったよ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 00:15:38 ID:mgNfUTN7
現実的には各個撃破の的となるだけだよね。
それに移動時間が多くなるため、スタミナ切れも心配。

軍の統制力を誇示するくらいには使えるのかも。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 00:31:28 ID:+rvXQLcI
>>1
甲陽軍鑑を真に受けないように

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 00:33:46 ID:Z+/WvoD/
孫子とか中学生までだよね

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 00:34:02 ID:KAmFEtH9
別に甲陽軍艦がおかしいわけではない

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 00:38:43 ID:xzPlal09
陣形と言うのは恐らく防御側が攻め寄せる敵に対し、どういう形状で味方が兵を展開させている事をいうのじゃないかな?
攻め込む(寄手)はたとえ野戦にしろ、城攻めにしろ布陣という形はありえないだろう、
攻め手は必死の形相で皆バラバラで攻めるわけだからまともに布陣を引いて攻めるのは、不可能。
よって防御側が寄せ手に対し物見などの間諜の報告でいかに布陣させるかきめたのでは?
みかたが原の戦いにおいても武田側が寄せ手の状況を即座に判断し魚りんの陣をひいたのでは。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 04:39:01 ID:nxGTIYlD
関ヶ原の島津軍が鋒矢の陣で敵中突破したとか

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 19:32:25 ID:T6fzJVFl
でも車係の陣て個性的で中世の合戦みたいな本で陣形編があって詳しく書いてあって面白かったなあ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/30(日) 20:17:01 ID:nXsUomcx
>>2
「車懸りの陣」実在説というのを研究者の河合秀郎が主張している。

>>7
>陣形と言うのは恐らく防御側が攻め寄せる敵に対し、どういう形状で味方が兵を展開させている事をいうのじゃないかな?
いや、攻撃側でも1番だれそれ、2番だれそれという
感じで一応の兵の展開と兵を率いる部隊長は決定するよ。
長久手の戦いのときに秀吉が書いた命令書が残っている。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 00:02:32 ID:/u6VFqZ1
http://www.m-network.com/sengoku/senjin.html

これは「武田家八陣」と言われるもので、武田信玄が三国時代の中国・蜀の名軍師であった諸葛亮孔明の考案した「八陣の法」を参考に定めたものと伝えられている。
実践例としては、信玄最後の戦いとなった、上洛途中における遠江三方ヶ原の合戦において、鶴翼の布陣を敷いた徳川家康軍に魚鱗の陣形で対陣した武田軍が、これをさんざんにうち破っている。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 00:07:05 ID:U/eZzOQc
>>10

上杉(宇佐美系)文書だと、「車懸り」を否定して「車返し」らしいけどね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 23:41:39 ID:TB8bypXn
「唐の軍法、一に魚鱗、二に鶴翼、三に長蛇、四に偃月、五に鋒矢、六に方円、
七に衡軛、八に井雁行、是よきと申せど、皆合点仕らず候」

「甲陽軍鑑」の記述を纏めるとこんな感じ。
要するにわけわからんって書かれてる。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 09:49:10 ID:c+g5JJ4S
>>11
諸葛亮孔明?
ワロタ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 16:16:08 ID:Tx0cj5gO
ていうかサッカーが昔ながらの合戦の原型をとどめてるよ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 18:30:34 ID:1D6Ra8qh
>>11
孔明は戦そんなに強くないと思うがな。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 19:22:17 ID:csCqgkrv
>>16
孔明は演義に比べて手堅くて地味な戦い方をするだけで戦績はかなり良いけどスレ違いだなこのレス。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 02:15:46 ID:jTwsdjaH
あげ

結局なかったの?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 20:58:57 ID:FhAND6an
あげ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 21:06:02 ID:RrIr1HFv
大規模な陣形を展開し尚且つ移動できる地形って日本じゃ少ないよね
山岳地帯じゃ獣道程度の通路しかなく周りは藪だし
平地といっても泥地や田畠にやはり藪だらけ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 04:25:16 ID:eXjwZCSD
これは孔明の罠だっ!

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/17(火) 11:49:49 ID:u6FNTnBI
げぇ!孔明?あわわ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 01:20:44 ID:2GJiNE/+
はわわ、ご主人様、敵が来ちゃいました!

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)