5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【内助の功】 山内一豊 【功名が辻】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 21:52:52 ID:/yHuV86M
嫁ばかり持ち上げられてて可哀想です。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 21:56:08 ID:GWLvOOnA
相撲大会の話は大河ではやらないだろうなあ。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/27(木) 21:58:05 ID:DIUJFOvt
虐殺の件ね やってほしいなぁ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:26:54 ID:XmsMv43/
夫婦そろって小賢しいという印象しかない。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:42:03 ID:lbZDVtaf
利家とまつ同様面白くない

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 00:46:02 ID:XmsMv43/
来年の主役もパッしないしなあ。
華が無いというか。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 03:16:57 ID:XDJf9YLY
裏切り者め
秀吉の恩に報いるために死ぬのが当然なのに
家康に寝返るなんて
何を考えてるんだ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 07:21:51 ID:1pFWRVyF
>何を考えてるんだ

家康が有利
家康につけば安泰
家康につけば恩賞たっぷり

という戦国武将としてありきたりなこと

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 11:37:52 ID:OQMg437g
>>7
歴史習い始めた頃の自分だ…

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 21:48:06 ID:AbVP+3Cv
城ごと家康に譲る、豊臣氏から頂いた土地を自分勝手に家康に譲るなんて完全な裏切り行為だわな。
でも一豊に限らず、秀吉亡き後は豊臣を見限って家康に近づいてるやつが多いよね。
家康は豊臣を盛り立てると勘違いしてたのは加藤清正や福島正則や子飼い武将くらいでしょ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 02:53:06 ID:iVcDB3sc
山内一豊
大河のおかげで少し注目されたが

おそらく来年には忘れ去られている男だね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 04:57:10 ID:3c3Ns3OR
後方からバックアップがあり周囲との連携があるなら戦う
勝ち目があるなら必死に頑張る
主家がしっかりしていれば裏切らない

まぁこんなの当たり前のことなんだけどさ
でも結局はそれが全てなんだろうね

「負けるとわかってても戦え」
「忠義のために死ね」
って言われるんだろうけど

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 10:53:52 ID:MjZ6ShuQ
|  |
|  | _∧
|_|ω・`) そ〜〜・・・
|文| o
| ̄|―u'
""""""""""""""""

|  |
|  | ∧∧
|_|(´・ω・`)
|文|o   ヾ
| ̄|―u'   愛 <コトッ
""""""""""""""""

|  |
|  |
|_|  ピャッ!
|文|ミ
| ̄|     愛
""""""""""""""""

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 08:13:43 ID:JXHLLHsi
相撲大会を開いて一領具足の残党を捕らえるのだ
一網打尽にしる
郷士は武士といえども被差別階級じゃ
一揆ばかり起こして一豊を困らせた土佐の土人どもは信用できぬ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 12:38:05 ID:deKkh7PG
★☆★裏2ちゃんねるへの入り方
1.書き込みの名前の欄に http://fusianasan.2ch.net/ と入力します。
2.E-mail欄に、20歳以下なら low 21〜30歳は middle 31歳以上は hight と入力します


 (年齢別調査。)
3.本文にIDとパスワードの guest guest を入れて、書込みボタンを押します。
4.メッセージが「確認終了いたしました。ありがとうございます。」に変わればばOK
5.サーバーが重いと2chに戻ってくるけど、まあ30分以内であれば何回かやれば大丈夫。
6.家庭の電話回線よりも、企業や学校の専用回線からの方がサーバートラフィックの
  都合上つながる確立が高いです。
 (注意!)全て半角で入力してください!!
       http://fusianasan.2ch.net/←は、管理者専用の為「直リン」で飛んでも
       「サーバーが見つかりません」になります。入り口は「表2ch」のCGIだけで

す。
       つまり、この掲示板から上記の操作を実行してください。
7.裏2ちゃんねるの内容については違法性、反社会的な内容を多く含んでおりますので
  ご自身で確認してください。サイトの内容についての質問はご遠慮願います。
8.裏はアクセス過多になりやすいので表から誘導すると向こうの住人が怒ります。
表から来た事は秘密。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 18:49:47 ID:VifwokHZ
嘘つくなよ〜↑↑↑

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 13:07:45 ID:C417WSw4
日本を近代化したのは山内一豊だった!

山内一豊、土佐を与えられる

長宗我部の元家臣に「郷士」として土佐に残る事を許可する

郷士の中から坂本竜馬、誕生

江戸幕府終了


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 12:37:05 ID:kjuyS6JO
山内一豊はなぜ「東海道を押さえてくれ」という秀吉の期待を裏切ったのか?
よくもぬけぬけと「内府殿に城をお渡しいたす!」などと抜かしたもんだよ。
「忘恩の輩」とはこやつのことをいうのだろう。好きになれないな・・・

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 13:08:17 ID:9FHTtS6P
龍馬タンのお家はなぜ郷士株を買ったの?
なんか利益あるんぜよ?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 14:03:03 ID:+xHNU73s
>>18
お前は自分の所属している会社が、潰れかけの会社に自社が傾くような資金援助をした結果、
会社が潰れてお前が無職になっても、それを良しと思うのか?
しかも援助理由が自分を今の立場まで引き上げてくれた恩返しという社長の個人的な意思で
自社に全くの利益が無かったとしても。
そういうのは人を養っている人間のすることじゃない。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 14:17:41 ID:MqhtSr+s
山内一豊って、豊臣政権では、どういう名前のグループに分類されてるの?
そりゃ槍働きで大名になったんだから、武断派といえばそうなんだろうけど
文禄・慶長の役にも確か参加してないし、別に黒田や福島らの武断派と
行動をともにしたり特に仲がいいわけでもない。
第一、武断派の連中は息子のような年で世代がひとつ違うし…。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 16:36:28 ID:HDUDaJVR
      

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 16:54:35 ID:Sd7ekRno
大河ドラマでも堀尾吉晴や中村一氏と良く絡んでるでそ?
あそこらへんの連中と同じグループだと思えばいい
要するに秀吉軍団の最古参グループ、三成や正則みたいな子飼いとは世代が違う
後にみんな秀次付きの家老になるけど罪の連座を免れて、
秀吉死後は揃って家康に臣従するといった抜け目無さを持ってる世代

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 17:05:59 ID:LHCVatDw
つーか、豊臣体制が続いたら、「秀次家老」って前歴のせいで、もう芽が出ないことは嫌でもわかってるしな。
よほどのバカでない限り徳川につくわな。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 17:41:37 ID:+mST/sen
>>23
丁寧な解説ありがとうー。やっと理解できました。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 18:55:41 ID:Sd7ekRno
秀次事件の後逆にこいつら加増を受けたりしてるんだよね
はっきりとしたソースはないが、こいつらのせいで秀次があんなに惨めな死に方をしたんじゃないかと疑ってる
同僚の田中吉政なんか積極的に秀吉に秀次のことを諫言してたらしいし

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 20:08:23 ID:BT64phyh
どっちみち秀次をなにがなんでも抹殺したがったのは秀吉であり
その意向を汲んで処世の為、やったことだろ。
彼らが積極的に秀次を抹殺しようとしてたとは思えんね。
第一秀次には秀吉暗殺疑惑があるようだ。
 石川五右衛門をそうだという妙な俗説もあるが
秀次が太閤をこっそり葬ろうとして失敗したから
一族根こそぎ処刑されたとかいう説ね。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 00:55:55 ID:6K5bYYnE
山本周五郎の「土佐の国柱」だったかな。
あのような筋でいけば、相撲大会にかこつけて
一領具足を討ち果たした件も何とかいけるん
じゃないかと思うが…結局、あの件は大河では
やらないのかね。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:47:03 ID:ehVh8GiK
>>10
>家康は豊臣を盛り立てると勘違いしてたのは加藤清正や福島正則や子飼い武将くらいでしょ 
そいつらだってそんなこと信じちゃいないよw

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 00:31:16 ID:yyO+ftAZ
>>29
実際は、豊家の跡取りとしてそれ相応の処遇を…
というところかな。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 14:14:33 ID:khTjICYy
龍馬好きな人って山内家嫌いだよね

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 21:50:20 ID:5myeapOP
>>31
だから、当初は武田鉄矢も出演を渋ったって話

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:02:39 ID:aPBhAhKK
>>1まんまやんか

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 01:41:02 ID:Qt7m0T+k
その武田氏も、大通院お参りしたらしいよ。一豊の墓の前でなんて言ったんだろう。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 20:57:03 ID:vb3/LoYp
虐殺やるね

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 21:16:05 ID:/6/bmh7T
やるけど・・・
千代が撃たれた&六平太の入れ知恵のせいにするつもりらしいな。。。
どうせ千代を聖人君子にするなら、一豊のほうは別に史実&原作通りのどうしようもない小物でもよくね?、
千代は実際に一豊に愛想尽かすんだし。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 21:22:46 ID:6300JQep
そろそろ終わりか

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 22:15:22 ID:oXivYoqQ
内助の功って言う割には随分としゃしゃり出てますがね

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 22:30:22 ID:AnwiR2p0
せっかくの見せ場で悲劇性を出し過ぎて原作どおりにしなかったりするし。

よね姫が亡くなった所は原作ではかなりの見せ場でまさに家を守る内助の功
と言う雰囲気だったのに、大河ではただの悲劇に成り下がってしまった。
そこまでの持って行き方はよかったのに台無し。

もったいない。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 00:03:09 ID:czd70oil
そうだよなぁ。もう亡くなった娘のことなんか忘れてるぽいし。
夫婦にとって一番大事なことなのにその後もあんまり描かれてない。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 00:42:46 ID:FX8jwfRl
原作ではよね姫が亡くなっても一緒に庇って亡くなった侍女を先に労わって
毅然として見せて家臣をないがしろにして夫の名を落とさないようにと健気に我慢しつつも、
後々ふとした事から、一豊に、何故あの時いてくれなかったのかと
泣き付く所とか人間臭さと奥方としての凛々しい所が上手く表現されてて凄い泣けたのに。

大河ではただの悲劇だった。
ちゃんと侍女の名前もオープニングでついてたのになんだったのかw
居たの?ぐらいの勢いw

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 12:55:26 ID:vIMTHYyU
脚本家が駄目

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 19:08:07 ID:N4dGwVo4
この脚本家は人のキレイな部分しか描けないよね。
だからどいつもこいつも薄っぺらいキャラクターばかり。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 13:04:11 ID:njJ+XHn0
>>39
ドラマ自体は薄っぺらいと思うんだけど、不覚にもよね姫落命の回では
泣いてしまったよ。
脚本の力じゃなく子役の子の演技が愛らしかったからだと自己分析してる
んだけど(苦笑)・・ドラマでは確かに夫婦の立ち直り早すぎるよねw。
総じて今回の大河は一豊がスーパー善人になり過ぎてるのでイマイチなのかな?
豊臣裏切ってたり民衆虐殺した史実にしても、そこまで美化せずとも上手く見せる
術はあったと思う・・千代が主役なんだし。
キャラクターも漫画的だし、あまりにもリアリティーがなさ過ぎの感が・・。
でも観てしまうんだけどね。


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 19:45:30 ID:tO7pAyJE
土佐にカースト制度を植えつける暴君の物語?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 19:52:16 ID:7Xc7fx74
そろそろ始まるよ!

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:25:07 ID:Cv/kKCp2
前回撃たれて今回当たっておらぬ、か。
いや良いんだが演出的になんかな。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:46:55 ID:z0UyujvV
浜田学の祖父江が異様にかっこいい

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:50:09 ID:zwVEZgDu
今、大河の後ニュースで高知県に豪雨とでてた・・・う〜ん


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 20:54:17 ID:+3ag+p/U
高知県中村は熊谷と並んで猛暑地帯

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 21:06:04 ID:oj/+GMTa
なんか今回は安っぽいメロドラマになっちまったねえ。
六平太が死ぬところなんてアホくさくて見ておれん。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 21:28:44 ID:DGPvBKsw
泥被った二人が死んだのにはワロタw
新一郎と六平太が死んだら一豊しか言い訳できないじゃんw

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 20:13:07 ID:3saQwKWX
なんか主役以外の見せ場作ろうと必死な大河だよな

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 18:20:35 ID:D85l55Y4
というか土佐20万石ってのは、山内家が移封後に検地し直した数値であって、
家康が与えた時点では9万8千石しかなかったんだが。

20万石じゃーとかありえませんから。


地方の土佐一国9万8千石と
東海道の要所、遠江掛川5万1千石とじゃ

どうみても左遷です。本当に(ry

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 21:03:31 ID:b+19Gwla
>>54
江戸が中心になったのは後の話だろ
まだ中心は機内だよ

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 21:42:59 ID:woNfKS81
当時、土佐が畿内から見てどのような扱いだったのか気になる。

平安末期では、頼朝の同母弟の希義が流されているから、
僻地と見做されていたと思うが。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 21:20:46 ID:Gqxvd/hp
歴史

阿波の戦国大名三好長慶が東四国から京都にかけて8国を支配し、
短期政権を執ったことを例外とすれば、 「無鳥島」の呼び名が示すように
戦国時代以前より四国は中央から大きく離れた土地であった。

織田信長が、土佐の戦国大名長宗我部元親を「無鳥島の蝙蝠」と
呼んだという故事があるほどである。また、「土佐日記」で知られて
いるように昔は島流しの地でもあった。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 09:48:48 ID:F7/l4ZvZ
つまり左遷

59 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/03(日) 23:40:11 ID:cFoKSkn8
今日の話しは最悪だったな

60 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/04(月) 22:02:47 ID:On44iuLv
五十万石でもよかった

61 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/10(日) 22:43:51 ID:+gUE2ctv
ちよ〜

62 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 00:09:28 ID:YfQtPlEk
予想通りグズグズの最終回であったわ!

63 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 00:13:19 ID:hlQLdoKL
仲間と乙葉と三原が尼さんになって
語り合っているシーンを見て、
確か2002年のドラマも(ry

64 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 21:07:50 ID:ZkwnmMlM
ごめんください。
通りすがりの旅の者ですが、大変いいずらいのですが、どなたか親切な方がいらっしゃったら教えて頂きたいのですがよろしいでしょうか。

今年度の大河ドラマは、視聴者にどんなメッセージを投げ掛けていたのでしょうか?
毎週きちんと正視していられないドラマでしたので、よくわからないのです。
最終回は里子に出した義理の息子との再会で泣かしてくれるのかと思っていたら、家康が臨終の際で秀忠に『…このたわけが』っていってました。
西田氏の家康はとてもコミカルでした。(同秀吉)
っていう感想しかないんだけど、そういうドラマが功名ヶ辻だったのでしょうか?
仲間女史は阿部氏との掛け合いドラマが印象に強く、一豊を阿部氏でやっていただけたらもっと面白かったのではないかと思いました。一豊は一豊で一生懸命だったと思いますが…
もう信長、秀吉、家康に媚びた主人公を取り上げるのは勘弁してください(>_<。)
結果的にそうなるのは仕方ないと思うのですが、もう沢山です。もうヤダよ。
取り乱してスミマセン。
正調正当な歴史ドラマなんて今の大河に求めちゃいけないのでしょうね。
本当にスミマセンでした。
長くなりました。これで失礼いたしますm(__)m

65 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 22:18:12 ID:aSOuVkPr
>>64
「金魚のフン的、半端大名一豊」の生涯を描くと
どう頑張ってもああいうドラマになっちゃうだろ。


66 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 22:47:10 ID:mq0DJkfI
要は、本人はあまりにもストーリーも魅力も乏しいので、周りの魅力的すぎる戦国キャラを取り巻かせて、何とか流しただけ。
しかも、あまり織田にも豊臣にも山内は要らない子。徳川だけは使い倒したがな。

67 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 23:43:25 ID:ZkwnmMlM
>>65 どうして今年度の大河は金魚のフンの功名を取り上げたのでしょう?
その題材を取り上げることによって、万民の活気や世界の平和を願っていたのですか?
つまり金魚のフンになることが功名を得られると教えたかったのがテレビ局の意向ですか?
アメリカ(徳川)の傘の下の日本(山内)ですか?
それってただの現状じゃない。
もうちっと夢と希望ぐらい指し示してもらいたかったのですが、ダメですか。そうですか……
『誰がおまいらなんかに夢や希望なんか与えてやるもんか』みたいなドラマだったと解釈すればいいのでしょうか?
でも、与えられたささやかな現状を維持できてれば幸なのかしら……

良かった。ちゃんとに正視してなくてヽ(^▽^)ノ

68 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 23:48:21 ID:0OcUBV4j
つーか大河に何を求めてるんだ?

色々問題はあったけど、それでも今年の大河は例年にしては未だ良い方だったぞ。
ジャニーズでてないとダメ?

69 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 11:08:13 ID:sx1IP3kq
捏造歪曲っぷりが苦しかった。


70 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 20:57:47 ID:0VsWEOp/
何を今更・・・娯楽ドラマだし、今に始まったこっちゃ無い。
例年はジャニのせいでさらに創作として価値が落ちてただけに、
今年は未だ良いほう。去年の義経とか酷かったし・・・。

71 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 21:09:41 ID:Cra6Lg89
戦国時代のドラマで反戦テーマって戦国の全てを否定されてるような気がする

72 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 00:13:52 ID:cQNTpPnX
元々大河って反戦テーマは無かったけ?昨今のはそれが前面に出過ぎている感じはするが。


つうか、今回の功名が辻は原作をほとんど無視したような内容になっていたが、
他の大河も似たようなものなのか?

73 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 02:17:35 ID:ubS7nPxR
利家とまつが放送されていた頃
「これって功名が辻のパクリじゃね?」
とか
「これなら功名が辻をやったほうがいいよ
 功名が辻じゃ主人公夫妻の手柄を捏造してまで
 無理矢理歴史の重大事件に絡めたりしてないし
 千代もまつみたいにどこにでもでしゃばってこないし」
みたいなことを言ってる人を2chでもチラホラ見かけたが

利まつと同等かそれ以上のトンデモになっちまったなw

74 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 11:35:07 ID:Qz2NOZrT
まあ赤マフラー弐号がいたしな〜

これからも続々と登場する赤マフラーをみなさん応援して下さいね

75 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 16:27:30 ID:k2+75Tc/
>>72
堺屋太一原作の大河なんかは
毎回経済的側面からのアプローチをスルーされる

76 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 01:22:20 ID:wuIIkh4a
山内一豊の生涯をあくまで一武将として描いてくれたら視聴率はともかく
重厚で渋い大河になったと思う。

主人公を天下三傑に無理矢理絡めて功績捏造するなら、もっとそれをしても
おかしくない人を主人公にしろと。

なんか魚を使ってむりやり牛肉の味を出そうと努力してる人を見てるような
気分になる。最初から肉使えといいたい。

77 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 03:37:25 ID:tVN3xJdz
そうか?
捏造はあるけど、全部、所詮は傍観者に過ぎないレベルのものばかりだったんで、
例えあれを信じても一豊を凄い人物だと勘違いする奴など皆無だと思うけど。

一豊である必要性は無いけど、最後までそこそこ程度の一武将だった武将の生涯ではあったと思うぞ。
としまつと決定的に違うのは種崎浜があった事だな。

78 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/19(火) 20:41:26 ID:RVrV5V2l
>>76
あれ、有名なエピソードを無理やり絡めたのは、単に脚本家が
そのエピソードを書きたかっただけなんじゃないか?という気がしてきた。
光秀の死ぬとこに駆けつけるという展開を作り出して、それからどうするのか
と思ってたら、たいして意味はなかったし。

一武将として描いても、一豊と千代のホームドラマ的な部分があるから、
案外視聴率は落ちなかったかもしれん。

79 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 18:29:18 ID:C75KEqwo
さっき本屋で司馬さんの原作立ち読みしてたけど、大河の脚本家は司馬さんの顔に泥塗っちゃったって感じ……
司馬さんがあの世で、こういってます。
『あれじゃダメですな。僕が伝えたかった事を何一つ理解してませんな。俳優さんは良くやってましたが、とにかく脚本があれじゃ…』

80 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/23(土) 00:25:59 ID:hB4+161H
山内家先代当主に司馬さんは、
「あれは若い時に書いた物だから、(大河にするには)書き直したいと思ってるが、時間がない」
と、仰ったそうだ。
代わりに書き直したことになるか。

81 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/23(土) 00:39:34 ID:zYB2ia5p
司馬さんは今も書いていると思う。

82 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/23(土) 01:16:44 ID:gOwDPsZj
功名が辻という小説は、
凡庸な一豊が妻千代の機転や内助の功のおかげで一国の太守になったという話だと思ったが…。
民放で昔檀ふみと宅間伸が演じていたドラマがあったが、あれは原作に忠実で面白かった。
今回のは大河だから仕方ないのかもしれないが、どうも夫婦で力を合わせて〜というコンセプトが
全面的に出ていたような気がして少し違和感を感じたなぁ。

83 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/23(土) 03:10:27 ID:oIpCj0WG
原作は、千代が天才と見せかけて意外とそうでもなく、
ちょっと出過ぎてしまう部分があったりするけど、凛々しく決めるところでは
必死で頑張ってるところが魅力。

今回は俳優は結構頑張ってただけに惜しい。

84 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/24(日) 20:30:15 ID:WfsRI5iC
今、ダイジェスト見てるけど
ダイジェストだといいね。
武田氏の二役コントは……

85 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/25(月) 18:31:20 ID:C6wO+XQQ
利家とまつ見たときはひどいもんだと思ったけど、巧妙が辻に比べればまともに思える。

86 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/25(月) 18:37:10 ID:gBfoWyqP
531 名前:名無し権兵衛[] 投稿日:2007/12/25(火) 18:31:20 ID:Xv666+XQ
巧妙が辻見たときはひどいもんだと思ったけど、風林火山に比べればまともに思える。

87 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/25(月) 18:37:18 ID:E/RNBFDN
捏造しすぎだからなぁ・・


88 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/26(火) 01:21:30 ID:WtZPAZ+U
こりゃ、ある意味、安手のサラリーマン賛歌ですたね。

ついでに新妻の教材として、新婚生活に入る前に全編見せて洗脳してはどうかのぅ。

ちったぁ、嫁の心がけが分かっていいんじゃねーか?

89 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/26(火) 02:20:51 ID:uKtuq799
別にアホ亭主に盲目に尽くす話でもないから、こんなんで洗脳はできんだろ。

どっちかつーと、一豊が千代の顔色伺ってるシーンの方が多いぐらいだぞ?

90 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 09:06:35 ID:E8ExLH84
>>86冗談に聞こえないから恐いwww

91 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/06(土) 20:52:19 ID:a4NMnieO
細木数子先生が一豊の妻はは悪女だとおっしゃってました
主君を裏切った、そのせいで土佐でたくさんの人を死なせた、と
豊臣家が滅んだのは北政所や一豊の妻の裏切りのせいだと

92 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/06(土) 21:02:03 ID:jV8E6zHr
本当に言ったか知らんが、まあ本当に言ったなら恥ずかしいわな。
細木m9(^Д^)プギャーとなる。



93 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/06(土) 21:13:18 ID:cYPKoKuR
そりゃ細木が自分のことを善人だと思ってるなら、
その基準では悪女になるのかもしれんわな。

94 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/06(土) 22:26:32 ID:srupybwb
>>91 山内家を守る為に倒産しかけの主君に義理立てする道理は無い

あくまでもよそ者の主君を拒み続けるプロ領民を駆逐して何が悪い

95 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/07(日) 13:53:20 ID:+WwI8QZi
主君を守るために最後まで戦い
ともに滅びるのが忠臣だろうが

96 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/07(日) 14:05:20 ID:RknJFRGQ
織田家を事実上潰した主君の行動を参考にさせていただきましたw

97 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/08(月) 01:55:54 ID:nvvUI2Yq
秀吉が織田家を乗っ取ったからってそれが何なんだ?
そんなのは関係ない
そんなことで山内の裏切りは正当化できない
山内は豊臣家の家臣なんだから
秀吉がどんなことをやった人物だろうと忠誠を尽くすべきだし
秀頼の将来がいかに危うかろうとも裏切ってはならない
「君君たらずといえども、臣臣たらざるべからず」

98 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/08(月) 02:17:20 ID:bBMHBwXY
どこを縦読み?

99 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/08(月) 02:34:03 ID:iJW/mFNW
違う、織田家の家臣だ。

後は既に裏切ってるんだから二度も三度も変わらん

100 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/08(月) 16:59:56 ID:6o6392B0
100

101 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/08(月) 22:36:18 ID:YgGIWRyH
>>95 個人の問題ならそれでも良いが

家臣や家族を養う身分なら主君を裏切ってでも鞍替えしなくてはならない時もある

102 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/08(月) 22:38:45 ID:/duUaFBC
最初はあくまで秀吉の寄騎だしな

103 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/08(月) 23:18:36 ID:zYgCjYzQ
>>102
いや、最初は織田の宗家の信安の家臣だろ、親子共々。
猿の下で働き始めた頃も、身分は信長直臣扱い。


104 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/09(火) 18:25:55 ID:r1qaDz+T
豊臣家のためにつくした大名もいるんだから
家臣や家族がいるからなんて言い訳は通らないよ

105 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/09(火) 19:04:54 ID:Q6M5opjV
言い訳も何も、問題はどっちが勝ち組かって事だろ?

106 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/10(水) 01:30:49 ID:ulK/0WjP
>>104
それはあまり関係ないと思うが。
反対に、豊臣に見切りをつけて家臣やその家族を
救った大名もいる、だから最後まで豊臣にこだわり
続けた大名は下に対しての責任を果たさなかった、
とも言えるわけだから。

にしても、細木先生は、例の墓石商売の黒い噂は
ひと段落ついたのかね?テレビへの露出のしかたを
見ると、ついたんだろうな。

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)