5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

書道が趣味の人2

1 :硯研ぎ:03/08/04 18:05 ID:TiAdUPJ3
前スレが落ちたので新しく立てます。

952 :名無しの愉しみ:2005/08/27(土) 00:03:49 ID:Itrb1SoN
公文のペン習字6段です。
先生が転居することになり、うろついています。
これから先も公文で同じことを繰り返すのが良いのか。
それとも教養としても書道をもういちどやり直すのが良いのか。。
少しだけ書道をしたのですが、時間の都合で、やめてしまったのです。

953 :名無しの愉しみ:2005/08/27(土) 09:28:26 ID:CgpIrHqf
知らなくて申し訳ないのですが、公文ってペン習字まで英語や数学、国語以外に「ペン習字」までやってたんですか?驚きです。

954 :名無しの愉しみ:2005/08/30(火) 17:07:30 ID:Z5ZYzaR6
>951
本当に良いと思われる先生が見つかったなら
転勤で異動しても通信ででも習い続けられた
方がよいですよ。
良い先生の見つけ方の一つは逆に日展に審査員や
入選者がいないってのもポイントですが、リスクは
大きいですね。

955 :名無しの愉しみ:2005/08/31(水) 20:48:56 ID:w0M1SXIX
>954さん
「日展に審査員や入選者がいない」というのは、その先生の
門下生にそういう人がいない、ということですか?
リスクが大きいというのは??

956 :名無しの愉しみ:2005/09/02(金) 13:58:16 ID:w7RUgidM

そうですね。中央に何ら関係も興味もない先生を探す手段としては
有効ではないでしょうか(ただ「お金」に焦点をあわせての発言です
ので)。
良い先生はいっぱいいますよ!
でも、私の先生をご紹介できればよいのですが・・・。

リスクというのは、その先生の実力が分からないという意味です。

ご自分の好きな字を書かれる先生に出会えれば最高ですね。


957 :名無しの愉しみ:2005/09/02(金) 18:03:48 ID:7QKIYOJ+
 初めて梵字の書道作品を見てとても美しいと感じた。宗教的な意味づけさえなければ見よう見まねで
やってみたいと思ったよ。


958 :名無しの愉しみ:2005/09/03(土) 00:54:48 ID:???
>>954
真正だったんだ。

959 :名無しの愉しみ:2005/09/04(日) 00:50:10 ID:mixZanhk
>954
日展に頼らなくてもやっていける実力のある先生はいますよ。
私は運良く大学で出会えましたが…





960 :名無しの愉しみ:2005/09/04(日) 01:34:43 ID:tMWVEmyA
筆の持ち方についてだけど、人差し指を上に向けて筆を持つ人って今は居ないのでしょうか?
二〇年ぶりに、始めようかと思って見学に行って書かせてもらった時
普段通りの持ち方で書いたら、変わった持ち方ですねwって笑われてしまった…
自分が小学生の時に、五十歳くらいの先生に付いていた時に教わったから、知らないってことはあり得ないと思うのですが…

961 :名無しの愉しみ:2005/09/08(木) 17:46:39 ID:LWA25Zig
>960
人差し指を↑に向ける???


962 :名無しの愉しみ:2005/09/08(木) 18:06:09 ID:sLQVC2tC
http://www38.tok2.com/home/omega/

963 :960:2005/09/09(金) 02:25:09 ID:???
>>961
そうです、人差し指を↑に向ける。
一応自分で調べてみたのですが、中国の持ち方だそうです。
言われてみると、書法を向こうで習ったときは何も言われなかった…
やっぱり、知られていないのは当然の様ですね。

964 :961:2005/09/09(金) 12:59:14 ID:G86KwHxE
>963
單鉤法、雙鉤法、二指法、三指法、五字執筆法
、撥鐙法、撮管法、握管法、提斗法、 捻管法、
提腕法、枕腕法、懸腕法及迴腕
と、色々調べてみたけど見当たらないね。
でも、線質が問題ないなら自分が書きやすいのが
一番だと思いますが。

965 :960:2005/09/10(土) 03:05:56 ID:???
>>694
筆の持ち方でググって、一番最初のページに載ってる。(筆の持ち方のNo7)
持ち方の名前は載っていないが、中国人に稀に居ると有る。
正しいかどうかじゃなくって、笑われたのがコレを書いたキッカケだから
確かに問題ないってのには同意します。
書道というより、書法で書の面白さに目覚めたからね

966 :960:2005/09/10(土) 03:25:53 ID:wmtP38cG
>>964
所作等に詳しそうなので、もう一つお願いが有るのですが
画像見て持ち方の名前を知っていたら教えてほしいです。
また行って、嘲笑されるのは気分が悪いので…

967 :ちょすいりょー:2005/09/10(土) 10:40:58 ID:a4DoRoid
こんにちは。人生初の書き込みです。
自分は、伊豆にある日本書道芸術専門学校を卒業しました。
2年間でみっちり実技から、漢文や陶芸など、一流の先生を(少人数制のなので)
独り占めできて、すっごくおすすめです。


968 :961:2005/09/10(土) 12:18:40 ID:tz6huKUG
>966
西東書房『精萃図説書法論』でも調べてみます。
ちなみに↑(>964)に書いたもち方は↓に載ってますし、
図も載ってますので参考にされてください。

ttp://www.yces.chc.edu.tw/~chang/elementary.htm#003



969 :960:2005/09/11(日) 00:50:37 ID:???
>>968
早速、サイトの方を見てみました。
筆の運び方はここに載っている肘運法に近いですね
懸腕法の亜流なのかもしれない、それとも独立した持ち方なのか…
もし、お持ちの本に載っていたら名前の方よろしくお願いします。

970 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 11:58:11 ID:???
>>969
肘運法みつからねえ
懸腕法てのは運筆法で、人差し指が上をむくのは執筆法だと思うんだが。
つーかこのサイトの認識もあやしい。

971 :960:2005/09/11(日) 23:17:27 ID:???
>>966
もしサイトの中で見つからないというのなら、肘運法は、運筆の3に載っています
確かに、五字執筆法で出てくる画像にも近い感じがします。(懸腕法で出てくる画像にも似てる)
おっしゃる様に懸腕法が運筆法だとすると、執筆法なのかな…
このサイトを信じるとして運筆法は、ここに載っている肘運法に近いです。

ただコレだと、肘運法と懸腕法は同じ事になってしまうのか
それとも肘運法自体がないのかな…
んー素人にはよくわからん

972 :名無しの愉しみ:2005/09/12(月) 13:32:36 ID:1ZJPaE3R
このスレは「お習字」レベルの人が多いね。

本に書いてある筆の持ち方なんてどれもダメ。
筆のてっぺんの方を持って書かないと、
線が字の中心を通らないよ。
下部を持つと、形ばかり取り繕った側筆の字になりがち。

973 :名無しの愉しみ:2005/09/12(月) 14:44:45 ID:???
>>972
社中に毒されすぎ。

974 :名無しの愉しみ:2005/09/12(月) 14:48:23 ID:???
書の実力で言ったら、

社中>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>習字教室

でしょ!

975 :名無しの愉しみ:2005/09/12(月) 14:51:07 ID:???
>>974
社中に毒されすぎ。

976 :名無しの愉しみ:2005/09/12(月) 14:56:40 ID:???
>>974
社中に毒されすぎ

977 :名無しの愉しみ:2005/09/12(月) 21:33:35 ID:???
社中に毒されてるのは
謙○系の奴ら。

978 :名無しの愉しみ:2005/09/12(月) 21:35:04 ID:???
習字教室の手習いで終わりたくない。
才能がもったいないわ♪(^ー^)

979 :名無しの愉しみ:2005/09/12(月) 21:37:35 ID:???
形重視、中国系漢字中心の社中はウンコ。

980 :名無しの愉しみ:2005/09/12(月) 23:11:03 ID:???
社中攻撃されたから、社中の人は向こうのスレにああレスしたのかな?

981 :段玉裁:2005/09/13(火) 05:56:50 ID:???
>>971
あなたの言う執筆法は撥鐙法、今の五指執筆法ですよ。
人差し指が上を向く、とは指頭が上を向くわけですね。
たまに撥鐙法でそのような持ち方をなさる人がいます。
ニ玄社の『書道講座』楷書編をご覧あれ。そこに西川氏邸に集う中国書家の
写真があります。その中の一人がそのような持ち方をしていますね。

で、要点です。
撥鐙法は小指、薬指が掌側についてはいけません。
虎口(親指と人差し指の間)は開けたほうがいいです。
丸く開くのを「龍眼」、楕円に開くのを「鳳眼」と言います。
鳳眼の方が筆が闊達に動作します。
掌中は虚、指頭は実。
以上は私が北京の書法協会の重鎮にアドバイスしてもらったものです。

この執筆法は筆の先端とか根元とかそんな次元の話ではありません。
筆を<長く持つ>ことです。
つまり筆幹を大幅に支配できる執筆法です。
そのためには人差し指の指頭と中指の距離を離す、これですよ。
是非試してみてください。
尚、宮島詠士の善隣書院が今も発行している『中鋒書法について』という小冊子が
あります。そこには宮島氏の執筆写真が掲載されています。
それも参照してください。

ただしこの執筆法は近代詩やその他現代日本の筆を捏ね繰り回す書法には
不向きです。あくまでしっかりとした骨格のある字しか書けません。
どうぞご研鑽を。

982 :名無しの愉しみ:2005/09/13(火) 09:47:02 ID:???
中国人の筆の持ち方を真似する奴いるの?


983 :名無しの愉しみ:2005/09/13(火) 10:57:54 ID:F9zUDl7P
書道好きの母が、書道の美術館に行ったら、そこで「書道大学」というのを知り、
通いたいというので、趣味は大いにやったらいいと思ったのですが、
このスレ見ると、>>654の書き込みがあって、ちょっと心配になりました。
2年で30万近くするそうですが、一流の講師が教えて、門下生による代理授業は一切ないというのが、
母は気にいっていて、「○○先生に教えてもらえる」と喜んでいます。
かなり本格的なようですが、どういう団体がやってるのかも気になります
(日本教育書道連盟というところだそうです)。
公募展もあるようですが、お金をどんどん取られるような怪しいところではないんでしょうか。
何か情報や参考になるサイトがありましたら、教えて下さい。

984 :名無しの愉しみ:2005/09/13(火) 11:48:26 ID:???
2年間限定ならお金をどんどん取られることはないと思われ。
公募展で入選などしたらお礼金は払うのでは?数万円。
それがこの世界の慣例。


985 :名無しの愉しみ:2005/09/13(火) 12:41:16 ID:Y+wtZNP1
数万ですむのかなぁ?
一応、一流の○○先生ってことになってるんでしょ。
お金を前面に出してるところは実力より金力ってぽい
けどなぁ。


筆の持ち方がどうとかってあるけど、初心者のほとんどが
習字から始めてるから「雙鉤法」が多いのでは?

本格的に線質を研究するようになってからでも、大丈夫だと
思われ・・・まともに臨書ができないうちに、あれこれ
してると変なクセがつくような気がするとも思われ・・・。



986 :名無しの愉しみ:2005/09/13(火) 12:56:08 ID:???
字の形より、線質と筆遣いを教える書家のほうが本物。


987 :983:2005/09/13(火) 15:37:31 ID:F9zUDl7P
皆様、レス有難うございます。
>>985
母は一応、十年くらい書道を習ってて、書道大学というのも、一級?程度の実力がないと
いけないとか、そういう決まりがあるようです
更なる研鑚のために、入学したいというのですが、ネット見ても、あまり情報が出てないようなので、
大丈夫なのかとちょっと心配になりまして。
主宰団体についても、各流派があるのではと、私は素人なので、よい選択なのかがわかりません。
ちなみに、お金が私が出すので、一応まともな所なのか確認しておきたいと思うのですが。

988 :段玉裁:2005/09/13(火) 16:32:43 ID:???
>>987
日本教育書道連盟はWebページがありませんね。

ここに住所があります。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~suikei/syodoukai.html

随分古い団体のようです。
http://66.102.7.104/search?q=cache:bBehv1A-J7UJ:www.budoshop.co.jp/NoroGaho/ryakureki.html++%22%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%95%99%E8%82%B2%E6%9B%B8%E9%81%93%E9%80%A3%E7%9B%9F%E4%BC%9A%E9%95%B7%22&hl=ja&lr=lang_ja
これが認定状
http://www.ygns.ne.jp/aboutme/shodoukyouiku.html

ここが本体のようです。
日本書道美術館
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/kankou/207shodou-mus.htm
http://www.ozora-net.co.jp/odecal/tokyo/0416.html

怪しい団体ではないようですね。
書道団体の選択は大変ですよ。本人の好みもあるでしょうし。
まず書をなさっている方々多数にリサーチするのもいいでしょう。
その会派が出している競書雑誌も参照になさるといいかもしれません。

あとはご本人とのコミュニケーションを。

989 :段玉裁:2005/09/13(火) 16:37:15 ID:???
あw
お母様が習われるのでしたか・・・。

990 :名無しの愉しみ:2005/09/13(火) 20:10:58 ID:???
有名な書家=良い先生 とは限らない。

もっと若くてやる気があって、お金に汚くない先生もいる。
よく見極めたほうがいい。

991 :名無しの愉しみ:2005/09/14(水) 22:08:33 ID:AopvYWax
>>119

昨年12月、ペン教授補資格を取得しました。


992 :名無しの愉しみ:2005/09/15(木) 12:25:00 ID:V7INjS69
>986
いきなり線質云々ってどの年代に対してですか?
まさか小さな子供に・・・ですか?

993 :名無しの愉しみ:2005/09/15(木) 13:16:10 ID:???
>>992
線質の勉強に年代は関係ない。
小さな子供にこそ、線質(筆遣い)の訓練をさせたほうがいい。
線質を無視して形だけ綺麗に書くなら、筆を使う必要はない。
書道は筆遣いが命。小さいうちから筆遣いをマスターしておけば、
将来は恐ろしい程実力のある書家になれる。

ほとんどの習字教室では筆遣いをみっちり教えないのが現実。
形重視の書家が多いからだろうか…。


994 :名無しの愉しみ:2005/09/15(木) 13:47:14 ID:???
子供にも筆遣いは教えた方が良いと思う。
毛筆の特徴がわかると、いろいろなことができるようになるし。
太い線と細い線の書き方、筆を速く運ぶとかゆっくり運ぶとかそんな感じで良いと思うけど。

線質というと、感覚的に過ぎて子供はわからないかも。
もっとゆっくり書いたほうがいいよとか、ここは良く書けてるねとか
子供がなにが課題なのか、なにを評価されているのかがわかるように教えた方が良いと思う。
筆遣いの結果として、線質があるわけだから。

995 :993:2005/09/15(木) 14:04:30 ID:???
私なら、まずは筆の持ち方と線の運び方から教える。
筆遣いはテニスや野球でいう「素振り」と同じで、書の基本中の基本。
線の太や書くスピード等はその後だ。
持ち方と筆遣いをおろそかにすると、形偏重の側筆の字になってしまう。

996 :名無しの愉しみ:2005/09/15(木) 14:26:48 ID:???
形偏重[ならば]側筆ってのがよくわからない。
側筆も用筆のひとつのわけで。
側筆でないと言うことは中鋒ってことだと思うんでけども、
篆書はともかく、行草では側筆もなければ単調になると思うんだけど。
相対的なもんでしょ。メリハリだからさ。
祭姪にしても書譜にしても、米フツにしてもさ。

997 :993:2005/09/15(木) 15:14:28 ID:???
>>996
たとえば、で言ったまでです。
側筆も用筆の一つなのも知ってます。
私は行草でも側筆は使いません。流派の違いですね。
個人的に米フツや書譜は好きじゃないし、側筆使わない書は
線が円運動の中心を描くので(言葉ではうまく説明できませんが)、
引き締まった美しい線が書けます。



998 :名無しの愉しみ:2005/09/15(木) 15:20:29 ID:???
>>997
2行目以外意味がわからないんだけど。

999 :名無しの愉しみ:2005/09/15(木) 15:38:33 ID:???
>>995
次スレよろ。

1000 :名無しの愉しみ:2005/09/15(木) 15:44:27 ID:???
書道が趣味という人はいないんだろうか?
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1122272468/l50

重複してたのね。
とりあえずこれを消化しましょう。


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

356 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)