5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【一人上手?】家は戦場【妄想上等!】Part2

1 :名無し迷彩:2006/09/11(月) 18:52:43
お座敷から派生したスレです。妄想に特化し
家の中を戦場、果ては悪党の取引現場にしてシューティング!
でも一人じゃないぜっモニターの向こうには中尉に大尉、本部長がっ!
そして違う場で戦う仲間がいるっw
双方向妄想の熱い戦い。馬鹿丸出しっていうなっやると楽しいんだ、
保証するw

268 :ガルシア ◆bknIp0a9D. :2006/11/17(金) 21:23:17
方向性は決まった。
リンクを開始する





『なあ、どこまで行くつもりなんだ?』

長らく沈黙が続いてた車の中で
俺は溜まらず口を開いた

「もうすぐですよ」
隣に座っている男―――
ポーンと名乗る男の静かな返答。

この男・・・・ミルズの者だと言っていたが・・・・
成程。
一見紳士なのだがオーラとでも言おうか
凄まじく危険な香りがする。
こんな奴が他にもミルズの構成員としているなら
ミルズが巨大な組織として存在するのも頷けるというものだ。

269 :ガルシア ◆bknIp0a9D. :2006/11/17(金) 21:25:48
この車には、俺、ロイド、ポーンが乗っている。
あとミルズの運転手。
俺の仲間は後続の車に。
クィーンという女は同行していない。
何故かは知らない。どうでもいいが
脱出時、クィーンが俺の顔を見たときの表情が少し気になった

「・・・・追跡されてはないようですね、もう安心ですよ」
ポーンは余裕の笑みを浮かべていた
『一ついいか?』
「どうぞ?」
『何でミルズが危険を侵してまで俺達を助けたんだ?』
「警備会社からの依頼でもありますが、ボスの意向もありましてね。詳しくは後ほど」
『・・・・そうか』

270 :ガルシア ◆bknIp0a9D. :2006/11/17(金) 21:28:11
『・・・・そうか警備会社か、お宅のボスにもえらい借りが出来てしまったな』
やれやれ
これは、とんでもなくデカイ借りだ

俺達の救出に使われた脱出路は、
使われなくなった地下鉄道だった。
この街には致る所に廃棄された地下鉄道がある
これのお陰で俺達マフィアの犯罪ルートが出来ていたのだ
警察署にショットガンダンディが現れるまで

奴によって地下鉄道は埋められ、逃走ルートを制限。
犯罪は次々と淘汰された。
しかしミルズは極秘に地下鉄道を掘り返したのだ
その一部を救出に使ったという事は、警察に発見された事を意味する。

271 :ガルシア ◆bknIp0a9D. :2006/11/17(金) 21:30:54
そこまでして俺達を救う価値とは―――
「つきましたよ」
車は、とあるビルの地下駐車場についていた
ここは知っている。
ミルズ所有のビル「ダイヤモンドビル」だ
取引の際、何度か立ち寄ったのを覚えている

「こちらへ」
俺達は案内されるがままエレベーターに乗った






救出に来たのはミルズのみとさせて頂いた
詳しくは後ほど

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)