5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【一人上手?】家は戦場【妄想上等!】Part2

212 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/11/11(土) 11:35:49
『ハンクス・・・ミルズのアサシンだ』
イヤホンインカムで囁く。ついてない。二度と会いたくない相手だった。

「本当か?前にいってた奴って事か」
『ああ。ここは突破できんかも知れん』

以前、潜入捜査の過程でしくじったことがただ一回あった。
その際追っ手をかけられた。それがあのブロンドだった。
名は・・・クィーンといったか。Cz75を獲物にしていた。
その場は、俺は腕を。クィーンは脚をそれぞれ分け合い俺は逃れる事に
成功していた。そう、逃げるだけが精一杯だった。
 組織はロックフェラー一家。その後抗争で消滅していた。

私怨で追ってくるはずがない。アサシンはそういった類ではない。
ならば、ミルズに依頼したのだろうか?なんにせようまくない。


銃撃の重奏の中、アルマーニのスーツ姿の男が姿を現していた。

「皆さん、そのまま聞いてください。私はあなた方を助けに来ました」
鈴のような軽やかな、柔らかい声。爆音の中でも変わらず届いた。営業をやれば
トップになれるだろう。だが、血の匂いが染み付きすぎていたが。

「なっなんだお前はっ?!」
「どっどこから入ってきたっ」

にこやかに一礼すると、男は
「あなた方のボスはもう私どもの手引きで逃走しております。あなた方も是非」
慇懃に頭を下げると
「申し遅れました。私、ポーンと申します。ミルズという組織から派遣されております」


502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)