5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【一人上手?】家は戦場【妄想上等!】

1 :名無し迷彩:2006/07/01(土) 00:25:39
お座敷から派生したスレです。妄想に特化し
家の中を戦場、果ては悪党の取引現場にしてシューティング!
でも一人じゃないぜっモニターの向こうには中尉に大尉、本部長がっ!
そして違う場で戦う仲間がいるっw
双方向妄想の熱い戦い。馬鹿丸出しっていうなっやると楽しいんだ、
保証するw

93 :名無し迷彩:2006/07/14(金) 01:02:57
お座敷から来た。素晴らしいぜ…エアガン趣味の幅広さがわかる!
俺もガンガン妄想するよ!

94 :名無し迷彩:2006/07/14(金) 11:32:08
何この良スレ

もっとやれw

95 :名無し迷彩:2006/07/14(金) 20:18:35
イーグルワンです。

>>83
頑張れ。妄想シューティングは部屋を暗めにしてだw

>>86
すまん。その時間俺は爆睡してた。

>>87-92
いいよいいよー!悲劇。背負うものが多い奴こそが、
強くハードボイルド妄想を高めるw
いかしてる。最高だ

>>93
おまいも妄想シューティングすればいいんだ。ついでに
ここで発表してくれ

>>94
こっちこいよっw

96 :名無し迷彩:2006/07/14(金) 20:43:22
ところで今日、エアコキのスコーピオンが届きました。

軽いorzハンドガンより軽いとは・・・。
見た目はいいし、妄想シュートには使うけど、酒の肴としては
残念だったなぁw

97 :???代理人:2006/07/14(金) 21:42:03
>>95
thx!頑張ったかいがあったというもんです。
しかし文章を読み返すと、表現力が未熟すぎる
まだまだ修行が足りませぬな。
それはそうと、???は>>21-27で潰されたファミリーの残党なのです
既にリンクしてますよーしまくりますよー




と寝言をかいてました

98 :名無し迷彩:2006/07/15(土) 08:03:11
>>96
酒の肴にはハドソンのスコーピオンですよ。
ちっちゃくて黒くて重くて可愛い奴です。
酒の肴にしかならないのが難点ですがorz

99 :名無し迷彩:2006/07/15(土) 20:25:51
イーグルワンです。

>>97
いやいや、楽しめた。こちらこそありがとうだw
人の妄想シューティング、最高だぜ。
なるほど。了解だ。リンクしてるね、しまくってるねっ
そして俺も今脳内で目くるめく妄想がうなりをあげてるよーっw

>>98
マルゼンではなくて?勘違いかも知れんorz
ガスブロスコービオンはすべからく売り切れでね。残念したのよ。
いいねぇ。持ってるの?大事にしなよ?

以下レスで妄想ぶん回し(アイドリングw)を見てもらうぜ

100 :名無し迷彩:2006/07/15(土) 20:33:59
引越し先に積まれたダンボール。チョンガーは荷物は
いくらもない。簡単なものだ。

今回のアパートメント、一年とはいわんがそれなりに
長居したいものだ。

ロッキンチェアーに腰掛け、荷物の山の中で一服する。
領収証は下りた。本部長は差し出す俺を一瞥し、何も言わずに
受け取ってくれた。ツーカーは話が早い。

『ふぅー・・・』
人から恨みつらみを買うな、と爺さんはいっていた。
だから俺はポリスならいいだろう、となった訳だが・・・どうも世の中は
不公平だ。
明日泣く子供がいない。それが今日の成果ならそれもいいか。
今日はまぁ仕舞いだ。

カキン・・・・シュカッ

遠くに聞こえた音にくたびれた俺の体は反応した。
RPGの弾頭は空を舞っている。
こんなアパートメント街で、そんな代物が用があるのは多分俺だ。

「野望を知性とテクニックで支える、本当のワルがあなたに目をつけたわ」

なるほど。俺の情報が市場に流れたらしいが、早いご訪問だ。

101 :名無し迷彩:2006/07/15(土) 20:45:09
廊下に転がり出た俺の部屋が、爆音と炎に包まれる。

チョンガーの荷物は少ない。愛用のグラスも失ったわけだ。
手持ちの品、財布とカードと小銭。携帯電話にキーケース。
そして銃が3丁。ショットガンは車の中だ。無事で会えるといいが。

非常階段に走り込む。このまま居座って消防に電話するのは、
得策じゃない。長居は無用だ。
新居はロッキンチェアーに腰掛けた数分。まぁ最短記録では過去に2つ。
たいした出来事じゃない。
俺は螺旋階段を駆け下りた。これは挨拶、始まりに過ぎない。
どこの誰だか知らないが、礼は必ずさせてもらう。オーケイ?

ブンブン回してるよーっw人からリンクしたネタって新鮮でいい。
思わぬ妄想が開かれていくぜっ早きゃ今晩。俺の座敷は戦場になるw

102 :???:2006/07/15(土) 21:55:26
>>100
俺か?俺がやんのか!?
オマイさんには、掃除をして貰いたかったが止むを得ないな。妄想プレイを楽しんでくれW



大量の武器を仕入れたが、正直取引先が無い。
ここは、一つ宣伝も兼ねてドデカイ花火で演出する事にした。
花火を上げる場所は、もう決めてある。
憎きポリス、イーグルワン。
盛大な花火で天国に送ってやろう。
是非、感謝の言葉を聞きたい。が喋る口が無けりゃ無理かW
今回は俺の目玉商品RPG!
お前が死ねば宣伝効果は高い。
演出料は炸裂弾頭だ。よく燃えるぜ?


しばらくして、街は炎に包まれた。

103 :名無し迷彩:2006/07/15(土) 22:02:34
イーグルワンです。

>>102
訂正を要求する。まずは掃除だよw
すまん説明不足だったかも。
刺客による襲撃を脳内展開していたのよ。
黒幕たるおまいさんは、まだ名前も伝え聞いてない。

おまいはおまいの構想を練ってくれw

104 :???:2006/07/15(土) 22:04:11
念のためチンピラを使って、死体を確認させよう。
死体が残っていればなW
だが、俺はもう引き上げる事にする。
長居は無用だ。
駆け付けたポリスに捕まっては。余りにも無様だからな
映画で出てくるやられ役なんて御免だ。
いづれ、とてつもないファミリーを築いてやる。

105 :???代理人:2006/07/15(土) 22:08:19
しまったーはやとちりだー
まー折角だから適当に使ってくれ



と独り言を言ってました。

106 :???代理にん:2006/07/15(土) 22:12:53
訂正の方法を思い付いた。訂正するなら言ってくれ
ちなみに名前はまだ決めて無いWW
思いつかなんだ



と更に独り言を言ってました

107 :名無し迷彩:2006/07/15(土) 22:14:24
すいませんorz
その流れはそのまま使わせてもらいます。
双方向wいい刺激になったですよ!
いろんな不具合が露見するが、今後の是正として試される
時。いずれテンプレ化できるように考えるw

今の状況、今後の妄想展開(アイドリング中)とかw
妄想シュート中はネットどこじゃないからな。

108 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 03:04:58
[USP TACTICAL]
俺が初めて買った銃だ。
サプレッサー用のネジが切られ、大型のサイトが自己主張している。
さらにオプションでピカティニーレイル用のアダプターも装着し、やけにゴテゴテした物となった。

人はたとえば流麗な細身の銃を好むことがあるが、俺の場合この突起物の多さに逆に脅威さえ感じた。
コイツを気に入った俺は積極的にレンジで撃った。

数ヶ月が過ぎたころ、レンジでの射撃の帰りに俺のアパート付近を通りかかったとき、路地裏から音が響いた。
パキン

聞き慣れた音だった。俺のUSPと同じ40口径の弾の音。しかもサプレッサーを装着した爆発音と作動音が合わさった音。
俺は自然と音のした場所に歩を進めた。 おそらくそこからが間違いだったのだろう。

曲がり角から覗き見ると、火薬の白い煙が漂う中 男が黒い水溜りの中に倒れていた。その男の足元に立つ人影。
……女か?

横顔でよく見えないが、若い。俺と同じくらいか。手には銃を持っている。サプレッサー付きの!
これは殺しの現場か?俺はまずいところに出くわしたらしい。

109 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 03:05:47
この時俺は例のUSPを持っていた。携帯許可証は取得していないため、レンジとアパート間限定で律儀にガンケースに
入れた状態だが、マガジンには弾も込められている。銃とマガジンを取り出せば即・自衛行動を取れる。
ケースのレバーをそっと解除しまた、あの人影から遠ざかろうと足を後方に差し出した時―
ピシッ
足で踏みつけた石が弾けた。しまった気付かれた。女はクンッと首をこちらに向け、銃を持ち上げマガジンを取り出す。
あの銃は弾切れだ!相手が新しいマガジンを挿入したときに、俺は自分の銃の初弾を装填した。
こちらの方が僅かに早い!
次の瞬間、建物の影に向かって俺は横に飛んだ。

ドンドンドン!
パキンカキンカキン!
お互い銃を発砲した。俺は怪我はしていない。壁に引っ込んだので見えないが、相手も同じく被弾した様子はない。

さらに2回発砲してきた。後方のコンクリートがえぐられる。本当に殺意を持って撃っているようだった。
俺は混乱しているわけではなく、脳内麻薬が吹き出た状態で『あいつを殺さなければ俺は死ぬ』とだけが明確に分かった。

腕だけを出して、3回発射する。サイティングの仕方とか構え方とか習ったのに、全くそれを行わないでいた。
奴は人を殺したわけだ。さっさと逃げればいいものを、俺に攻撃を仕掛けてくる。やはり俺を口封じするのか?

相手はサプレッサーを装着しているが、こちらの銃は大きな爆発音を発している。この音に誰か気付いてくれ。
撃っている時間が永遠のように感じた。女が倒れることもなく、見えない敵めがけて一心不乱に撃っていたが、
ついに俺のUSPがホールドオープンした。
ガキッ!

110 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 03:06:20
俺の目の前で重い鉄の扉に鍵をかけられたような音だった。……終わった。予備マガジンはもう無い。女は悠然と俺に
歩み寄り、とどめをさすつもりだ。
地面に突っ伏し、目を閉じたが、一向に女は来ない。恐るおそる顔を上げると、そこには誰も居なかった。

女は逃げたのか?助かった! 俺は壁にもたれかかり空気が抜けた。だらんと垂れた腕の先には、
しっかりとUSPが握られていた。
ぼうっとしていると、後ろから人が来た。見ると一組の男女だ。なんだ、隣の部屋の中年夫妻じゃないか。こんにちは。

殺されそうになったんですよ俺。相手は銃を持ってて。でも大丈夫です。俺は自分の銃で応戦して敵を撃退しましたから。
俺はフッと笑みを浮かべながら立ち上がり、夫妻に近寄った。

「来るな!」
男の方が叫んだ。 え、俺どうかしましたか?奥さんは俺を見て怯えている。 
今一度俺の状況を確認する。 手にはUSP、つい先ほどまで撃っていて、ホールドオープンしたポートからは煙が立ち上っている。

それから今まで女のいた場所を見た。そこには先ほどの男の死体があった。

つづく

111 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 10:58:56
( ´д`)ハアハア・・・コリャメガハナセナイゼ

112 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 12:06:40
お座敷から今北産業。

お前らバカだろwもうね、バカ過ぎwww
コテつけてやってくれ。トリも。
誰が誰だか解んない。
しかしイーグルワンって厨臭い名前だが普通に格好いいね。
???も新人もみんなコテ酉でおながいしたい。

俺がおバカなだけかもしんないけどねー

113 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 17:21:51
             ヾ、ツ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ツハ
             ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ
            〃〃---─'' ̄ヾヽハヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`メ
             l l        シ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i'
              !        ヽ_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
             /,,,,  .,;;;;;,,,,,,,.、  `i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
             ヽtヽ :::::t_+-,,:::  ::i;;;;;;;;;;;;,- 、;;;;/
              i' /     ´    l;;;;;;;;;;メ ) i;;;i´
              !〈_,-、 ,       ;:::::;└' ノ;;;l
              ! ..::         ::::-─i;;;;;;;;j
              l ,,-- ,,_         ::  l;;;;;;メ
                 ヘヽニ,,..`    ...::  .:  l`i;;;l
              `i      ,;;::::::: ..:::  !ノ'
     _,,,、       ヽ,,;;;;;'';;''::::::::::.;::::.:::    !、,,
 -─''"   -,,ヽ、_,,,,-─'´ ノ!  :::::::::::::::::.:.:.   ヽ,_\,,_  イーグルワン  389票

114 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 17:24:17
        ヽヽヽヽヽヽヽヽヽ、
          /       ヽヽヽヽヽ
         /         イヽヽヽヽ、
        /ー/ 二 /  ::  lヽヽヽヽ、
       /ニ_  _ ナ ニ   lヽヽヽヽ、
       L_ 、____, ヽ  lヽヽヽヽ
        〉;;;|=;;;;;;ニi・iフ;;ミー  =⌒l、|
        | /::::  ^~~ ヽ ヽ    〉キ|、|
        / ;: 丶      ::   _ノ、:|
        (_,-ヽ \_  | ::   /  |
         |ー―一 」         |
          | ̄        /
          L___ノ-‐‐'           リードマン中尉  587票

115 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 17:25:59
 、,,--,,,__            ,,,.. -ー┬‐ァ   .,,'i
  ゙''-,!,. ~~゙゙''゙''゙~ ̄ ̄ ̄~゙''゙''゙゙   ,,-''゙~  ,,-''゙ |
     ~゙''-,,'          ,,-''゙~  _,,-''゙   ,!
       ,',.c、    ,c..、  ヽ、  r''゙  _,;=‐''゙~
      ,!ヒ;;ノ _   ヒ;;_ノ    |  \ ゙ヽ、
      {D 、_,__,,   ○    ゙|   / /
      ゙ヽ、         ‐==ニ| /,/
       ,! ゙''ー         ,   |ヾ''\
         {  i       / ノ-=ニ|/ /
       },,,,}       〉,,,}   |' <゙
       !、        ,   //
        ヽ、      (  .ノ゙~
        f゙' ,,‐〜ー-- f゙ i゙~
        ~''゙       '゙'゙'~          ハンクス  8654984票

116 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 19:07:54
>>112
バカって言われて素直に従うかよボケ

117 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 19:30:40
      |ハ,_,ハ
      |´∀`';/^l
      |u'''^u;'  |
      |∀ `  ミ  バカシカイナイ・・・
      |  ⊂  :,    モサモサ スルナラ イマノウチ
      |     ミ
      |    彡
      |    ,:'
      |''~''''∪

               l^丶
        もさもさ   |  '゙''"'''゙ y-―,
               ミ ´ ∀ `  ,:'
             (丶    (丶 ミ
          ((    ミ        ;':  ハ,_,ハ
              ;:        ミ  ';´∀`';,
              `:;       ,:'  c  c.ミ
               U"゙'''~"^'丶)   u''゙"J

            /^l
     ,―-y'"'~"゙´  |   もさもさ
     ヽ  ´ ∀ `  ゙':
     ミ  .,/)   、/)
     ゙,   "'   ´''ミ   ハ,_,ハ
  ((  ミ       ;:'  ,:' ´∀`';
      ';      彡  :: っ ,っ
      (/~"゙''´~"U    ι''"゙''u

118 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/16(日) 19:39:54
>>116
もちつけ、漏れはバカまるだしでやってるぜ
この類いは弾けた方が面白いべ?
だからバカ言われても気にしない

>>108
続きキボン。早く見たいっす。

119 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 19:50:09
110の続き

男の死体に歩み寄りかがんで顔を確かめる。
なんとそれは男装したジェニファーではないか!

しかも死体の傍にはカウントダウンを続ける小型核爆弾が...あと5秒。
そんな時俺の脳裏をかすめたのは食べ損ねたあずきバーの事であった。

120 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 19:50:41
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,     ←この辺  ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙


                             完

121 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 19:55:51
という夢を見た

つーかageんな

122 :116:2006/07/16(日) 20:00:15
>>112
>>俺がおバカなだけかもしんないけどねー
ていうのを見逃していた。スマソ。

じゃあみんなバカじゃん。バカ同士楽しく妄想書いていこうや。HAHAHAHAHA!!
てか俺はまだ書いてないんだけどね。今設定考えてます。

123 :???:2006/07/16(日) 20:14:58
>>122
ガンガレ!そしてリンクしてくれ!

124 :108 ◆CCPN63vrlQ :2006/07/16(日) 20:16:28
>>119
お前誰だよww

125 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 20:24:18
ジェニファー頃すなw
イーグルワン泣くぞ


126 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 20:31:43
>>125
不幸にも爆心地に居合わせた中年夫婦の亭主の方が
イーグルワンだったのでした。
合掌

127 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 21:20:04
そして中年夫婦の妻の方は女装したリードマン中尉であった
嘲笑

128 :108 ◆CCPN63vrlQ :2006/07/16(日) 22:21:17
>>110の続き。

酷い自体に陥ってしまった。俺は女が逃げた方向と同じ道を歩いていた。
先ほど遠目からアパートを見てみたが、大勢の警察と野次馬の人だかりが出来ていた。
中年夫婦は、俺があの死体の男を殺したと思っているだろう。

だが俺は誓って無実だ。裏付けだって考えればいくらでもできる。
不幸が重ならなければ俺と男はアカの他人だし、また弾丸とライフリングも一致しないと思う。

―しかし一方でこうも思う。
もしこの件で裁判になった時、俺は正確に証言できるか?ここアメリカに来てから2年、英語を完璧に
マスターしたわけではないし、アメリカの法律を人並みに知っているわけでもない。

ここまで来ると、余計な疑心暗鬼が湧き出てくる。
あの夫婦はそういえば先日、俺の部屋から騒音が聞こえると苦情を言ってきた。
「あの日本人、ちょっとおかしかったのよ。深夜に得体の知れない音楽を大音量で流して。
薬物でもやってるのかしら」

と軽く付け加えれば俺の事は何倍も強く印象に残るだろう。俺はアニソン聞いてただけなんだけどね。

129 :108 ◆CCPN63vrlQ :2006/07/16(日) 22:22:10
日が落ちて肌寒くなってきた。アメリカは気温の変化が激しい。そういえばさっきから脇腹が痛い。
先の銃撃戦で横っ飛びした時に痛打したんだと思う。 アクションヒーローのようには行かない。

ああ、どこかに泊まりたい……。 そういえば、この近くに同じ大学のヤマモトがいる家があったはずだ。
最近再会したわけだが、あいつは小中学生時代の俺を良く知っているし、訳を話せば信じてくれるはずだ。
神であるヤマモトにすがり付くような気分だ。家に着くと、窓から灯りが漏れている。

「ぅお!?有名人が来てくれるとはな!」 軽口を叩いてヤマモトは出迎えてくれた。
「お前のこと、ニュースでやってるぜ。散々だったな。ワタギ。」
ワタギとは俺の苗字だ。
「信じてくれるのか?ヤマモト」
「当たり前だろ。お前が人殺すなんてできるワケねぇし、物取りするほど貧乏でもないしなお前は」

「そうだよな……ていうか普通そう思うよな〜ヤマモト」
ここで俺の緊張の糸が切れた。俺は溜息をつくとソファの上にふんぞり返った。
こういう極限状態での友人の存在は本当にありがたい。

「ニュースもヘンテコな事言ってたぜ。『日本人留学生銃を乱射、薬物乱用の可能性も』だってよ」

……やっぱり言ったのかあの夫婦。

130 :108 ◆CCPN63vrlQ :2006/07/16(日) 22:22:55
ヤマモトの家でUSPのマガジンに予備の弾を込めていた時、ヤマモトが「これが犯行に使われた銃ですか」と
結構ブラックな台詞を吐いた。

「本当に殺されそうになったんだぜ。俺の華麗な銃の舞いが無ければ死んでたなありゃあ」
一応本当の事を言っておいた。

「しかしワタギ、お前このまま警察から逃げていたら、本当に犯罪者だぜ」
「分かってる。さっきまではビビってたけど、こっちから電話すれば良いんだよ。
警察から迎えに来てもらった後に、落ち着いて証言すればいい」

そう雑談していると、不意に玄関のチャイムがなった。
「警察です」

「警察!?ヤマモト、お前……」 「俺は何もしてねぇよ!」
俺が家に入るのを見た誰かが通報したのだろうか。仕方ない、素直にお縄になるか。
ヤマモトが玄関のドアを開けたとき―

ドン!

ヤマモトの後姿が血に染まった。
ヤマモトは腹を押さえ、俺に向かって何かボソボソしゃべった後にドサリと崩れ落ちた。
「ヤマモト!」 目の前には黒服の男数人が立っていた。警察ではない……!
俺はとっさにUSPを掴み、奥の階段を駆け上がった。

131 :108 ◆CCPN63vrlQ :2006/07/16(日) 22:23:33
またもや『殺し』を見たことになる。しかも『見知らぬ男』ではない。俺の知っている人間、
さっきまでくだらないことでゲラゲラ笑いあっていた人間……!

胸の中に泥水を流し込まれた感覚だった。目の前がなぜかボヤけて見えるがそれはお構いなしに、
僅かに記憶しているこの家の間取りを頼りに、無我夢中で一つの部屋にたどり着いた。

目的はウォークインクローゼット。人一人が一方通行で通れるくらいの扉を開けると、幅はドアよりもやや長い
通路の両脇に、冬物の洋服がぎっしりとかけられていた。
俺は扉を閉め、壁の上方に取り付けられた長い棚の上に、極力音を立てずに飛び乗った。
そこで俺は息を潜める。完璧に姿をくらましたわけではないので、上がってきた
男たちがクローゼットの前で歩を止めた。

ドン!ドン!ドン!
男が扉めがけて発砲する。次々と穴が開くが、俺の居る場所は扉よりも横に奥まった位置にあるので当たらない。

やがて発砲が治まり、一人の男が扉をゆっくりと開ける―
いまだ!
俺は棚から飛び降り、男めがけてUSPのトリガーを2回引いた。被弾した男は崩れ落ちそうになるが、俺がその
図体を受け止める。
残り2人の男たちが構わず俺目がけ発砲するが、今抱き上げてるこの男が弾を全て受け止めてくれた。
いわば盾にした状態だ。このクローゼットは一人分の幅しかないので、横から撃たれる心配は無い。
俺はUSPをスッと突き出し、続けて発砲した。 男2人が崩れ落ちたのを最後に辺りは静寂に包まれた。

「終わった……のか?」 ハチの巣になった男を下ろし、クローゼットから顔を出して辺りを伺う。
しかし、階段からまた足音が聞こえてきた。 俺はすかさず銃を向ける。

「まて!撃つな」 また聞きなれない声だ。声の主は40台前半位の白人の男。両手を挙げていた。

「ワタギ、キミの活躍を見ているのは楽しいが、私の部下を何人も失いたくは無いのでね。一つ話を聞いてくれないか」

つづく

132 :名無し迷彩:2006/07/16(日) 22:47:40
(・∀・)ワクワクテカテカ

133 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/16(日) 23:13:42
>>128
ワタギの心境が手にとるように解る
流石に表現力が違いますね。
勉強になります。

134 :名無し迷彩:2006/07/17(月) 13:47:58
今のところ妄想を書いているのは
イーグルワン
???
108

の3名で問題ありませんか?

135 :1O8:2006/07/17(月) 15:18:51
「ワタギ...いや本名で呼ばせて貰おう。ワキガ君。
どうかね。君の優秀な射撃能力と強烈な腋臭を我々の組織の為に役立てる
つもりはないか?
悪いようにはしないつもりだが」

しかしそんな彼の手にはカウントダウンを続ける超小型核爆弾が...

つづく

136 :1O8:2006/07/17(月) 15:19:46
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,     ←この辺  ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙


                             完

137 :ワタギ ◆CCPN63vrlQ :2006/07/17(月) 15:52:29
トリ付けといて良かったw

>>135
俺もそれ言われると思ってたよ。

138 :名無し迷彩:2006/07/17(月) 16:33:41
【次回予告】

核爆発の塵と化したワタギに続く真のヒーローが新たに登場する!
その名は...マタギ!
隣人13号を彷彿とさせるオレンジのベストと二連バレルシャッガンで悪を打ち砕く。

次回新番組【マタギ】
第一話『我が名はマタギ』...乞うご期待!!

139 :名無し迷彩:2006/07/17(月) 16:52:42
そろそろウザくなってきたな。>>138とか。

140 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/17(月) 19:10:11
イーグルワンです。

週末も連休となると、ですね。脳内では3人彼女が居る上に、
何気にモテモテなイーグルワンですが、リアルでも彼女が1人いまして。
さすがに付き合わないとリストラされちまう訳ですよ。

で、付き合ってきたんですが。ただでは転びません。デートのコースに
ガンショップがありましてねw
M1100リヴィジョンVにくっ付くダットサイトとライトを購入しました。
早速小学生でも出来そうな作業に何気に涙目になりながらorzとっつけました。
格好いい・・・。レイルっていうんですか?邪魔だったパーツが俄然輝きますね。
電池とか使ったりするパーツですが、平気ですw

あと、お座敷かここに書いたのですが、スコーピオン購入したのですよ。
マルイの。でも妄想的にうまくないので、キャロムのカスタムでガスブロの
スコーピオン購入しました。今日16-20時着で届きましたw
いいです。フルでぶっ放してなんぼです。
道楽に糸目はつけない。それが俺の主義なんで。
あと、トリコテつけろという話だったのでつけました。
続きます

141 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/17(月) 19:17:33
>>112
俺も正直解りませんorzでも盛り上がるのは嬉しいので、
せめて解りやすいようにはしたいと思います。
俺の妄想は止め処ないぜ?リンクが最高に燃えるんだw

>>113-115
ハンクスがwブッチ切りっすかっ?!何気に他のキャラも渋くて
嬉しい。ありがとう だが俺ドンケツorz

>>116
落ち着こうぜ。冷静沈着だよ

>>117
ああ。思う存分楽しんでくれwイカしてるぜ?

>>118
俺もさwはじけてナンボだとも。俺今月このスレのために
幾ら使ったかwだが道楽に糸目はつけない。楽しむぜっ

>>108-110
コテつけてくれ。楽しんでるよ。最高にクールな展開だ

>>122
楽しみにしてる。コテ(出来れば鳥)も忘れるな。


142 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/17(月) 19:21:58
>>123
同感だ。俺にリンクしたら必ず拾う。倍返ししてやるとも。
ってか俺リンクしていいっすか?妄想がすでに広がりングw

>>124-127
オーケイ。楽しんでくれ。

>>128-131
いいよいいよー。何気にリンクしてるなこんにゃろーw

>>134
いいと思う。正直俺も手一杯なんだ。
もう一杯入れちまったしなwだがこのスレは最高だw

>>135-139
楽しもうぜ。俺は嫌いじゃないぜ、そういう混ぜっ返しノリw

143 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/17(月) 19:27:30
さて。俺が一番ウザイ頃合だが。

マルイの18歳以上エアコキスコーピオンが一丁
余っちまったんだ。いい銃だが、お座敷でしかも妄想系の俺にゃ
少し過ぎた品だ。そこでだね、誰か欲しい人に譲ろうかと思う。

イーグルワン謹製だ。捨てアド晒してくれりゃ取引しよう。
御代?送料もすべて負担で送りつけてやるよw゜
後は転売しようが好きにしな。このままタンスの肥やしじゃあんまりさ。

あ、条件つけようか。右も左もわからないボンクラが、所有している
銃とハンクスを携帯写メで写真撮って、みんなに見せられるには
いったいどうすりゃいいか、懇切丁寧に教えてくれorzいや、教えてください。
本当うずうずしてるんだが、とんとわかりません。

144 :ワタギ ◆CCPN63vrlQ :2006/07/17(月) 19:53:07
>>143
どうも。活躍楽しみにしてますw
取引も何も、その画像をピクトとかのアップローダにうpして、
そのアドレスをこのスレに貼ればいいと思う。

でも今の時間帯はピクトはPCじゃ見れないから、なるべく別のロダに貼って
欲しい。俺が言えることはここまでだ。情報料は手近な募金箱にでも放り込んでくれ。それじゃな。

145 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/17(月) 20:06:40
お疲れ
そんなノリでスレを回して頂くと投稿しやすい。
今後とも頼むぜ。
漏れはピクトぐらいしか知らない。
ひとまず情報はリークしておく

http://t.pic.to/2pwso
これだ

ついでに漏れの愛銃も晒しておく
銃の名称が違うのは気にしないでくれW
いずれこいつが、お前のドタマを貫くんでな。一つ宜しく。

リンクも頼むぜ。

146 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/17(月) 20:20:04
http://mbup.net/d/2944.jpg

>>144
ありがとう。上記でいいかどうか。とりあえず
一部晒してみた。うまくいってるどうか・・・皆目検討もつかんorz

>>145
画像は見てないがw楽しみにしておくよ。俺の画像のサバが、ああサバがなw
お前を欲してるぜ?w

147 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/17(月) 20:23:57
>>145
携帯で見た。格好いいなorz
俺画像見れたけど・・・イケてないなw

でも初めてupとかした。嬉しいよ。

148 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/17(月) 20:33:06
>>145
ハンクスがお前によろしく、との事だ。
この画像を携帯の待ち受けにしないと明日、タンスの角に
足の小指をHITするw

149 :名無し迷彩:2006/07/17(月) 20:33:49
http://mbup.net/d/2948.jpg

画像忘れたorz

150 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/17(月) 20:50:22
>>149
画像見ますた。

なっ何だ?このサバは!?
もしやジェニファーか?それともヨシュアか??
何にしろ、要注意人物である事は間違い無い
漏れの携帯に貼付けて、顔を忘れないようにしておこう。
タンスの角にもHitしたくも無い。
有り難く戴いておくぜ

151 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/17(月) 21:03:18
>>145
ハンクスの愛用ガンさw
狙った獲物は逃がさない。恐ろしい奴らだとも。

ハンクスに銃を向けるのは二度とごめんだ。
わかってくれるよな?w

152 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/17(月) 21:26:15
>>151
そうだったのかw
恐るべきガンだ。ハンクスの野郎の笑顔が、不敵な笑みに見えてきたよ

そろそろ妄想シュートに入らせてもらう。
今日は楽しめたthx

153 :ワタギ ◆CCPN63vrlQ :2006/07/17(月) 21:53:42
>>152
妄想シュート、楽しみにしてるぜ。

154 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/17(月) 22:19:05
ククク・・・いい天気だ。
今にも雨が降りそうな曇り空
まるで正義のヒーローが死んじまったのを神さんが悲しんでいるみたいだ。
吉報が届きそうな予感がする。

バン!

兄弟のロイドが、部屋に飛び込んできた。
「兄貴!ニュースですよ!
ただ嬉しいニュースと嬉しくないニュースが有りますが、どっちから聞きます?」
ほーうら早速来た。しかし嬉しくないニュースとは?

155 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/17(月) 22:21:27
『あー、嬉しくないニュースから聞こうか。
美味しい物は最後に取っておくタチなんだ』
「あっそれ解りますよ。では・・・」
少し渋い顔になる。何だ?気になるじゃないか。
「昨夜襲撃した場所で、うちが雇った奴らが全員射殺されました」
何!?嬉しい方のニュースだと思っていたのに全滅だと?
『・・・でーイーグルは生きてるというのか?』
更に渋い顔になる。駄目だこりゃ
「はい。確認は取れてませんが生きていると思われます」
そんなに甘くは無いという事か。
流石俺達一家を潰した男。
次第に曇り空が悪い天気に思えてきた。

156 :名無し迷彩:2006/07/17(月) 22:23:44
これはいかん。
『まっそれは嬉しいニュースじゃないか?簡単に死なれちゃ面白くない。じわじわと痛ぶってやろうじゃないの』
「・・・流石兄貴、強がりも渋いW」
見透かされてやがる・・・
雨も降ってきやがった、まったく嫌な天気だ!
『嬉しいニュースがあったな?何だ?』
途端に笑顔に豹変する。これはこれで気になるな。
「嬉しいニュースはですね。大口の取引が決まりました!大量に売れますよ武器が」
ほう。宣伝の効果はあった訳だ。まあ良しとしよう。

157 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/17(月) 22:25:47
『うし、これから忙しくなるな。至急準備に取り掛かろう』
「はい、直ぐに」
これで暫く食いっぱぐれる心配は無くなった。



158 :名無し迷彩:2006/07/17(月) 22:25:52
「ところでロイド。新しい腕時計だな。ちょっと大きくないか?」

「いや兄貴。実はバーで知り合った金髪のえらい美人に貰ったんでさぁ。
色々機能が付いてるみたいなんですが説明書が無くって」

「どれ。見せてみな」

それはカウントダウンを続ける超小型核爆弾だった...後7秒...

159 :名無し迷彩:2006/07/17(月) 22:26:24
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,     ←この辺  ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙


                             完

160 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/17(月) 22:30:16
オマイ早いなWWW
ある意味尊敬する。

161 :ワタギ ◆CCPN63vrlQ :2006/07/17(月) 22:44:13
>>131の続き

「落ち着け。撃たないでくれよ?」 俺は男に銃を向けたままだ。
「こんなところで話すのもどうかと思う。外に出ないかワタギ。それにこんな家の中から何発も
銃声がしたら、警察が来るのも時間の問題だ。君はたしか夕方のニュースに出てたな。
また注目されることになってもいいのかな?」
「あんたが先に殺したんだ!」
俺はヤマモトのことを思い出し、銃を向けている優勢さも手伝ってか、声を荒げた。

「そうだ私は、正しくは私の部下が君の友人を殺した。彼がどれほど重要な存在かは知らないが、
君と交渉するには邪魔な存在だった。だから致し方の無いことだったのだよ」
俺は口をガクガクを震わせて、目から涙をこぼした。
「友を失って悲しいか?私もたった今、部下を3人も失った。私と君は同じ境遇じゃないか。
どうだ、その銃を下ろしてくれたら私達はもう君を殺さないと約束しよう。どうだね?」

男の声のトーンが急にやさしくなった。だがこいつは俺の敵だ。そういう図式は最初から分かっていた。
……が、非日常的な時ほど相手の術中にはまり易いもので……。
「俺は……熱いシャワーを浴びて、きれいなシーツを掛けられたベッドで、ぐっすり寝たい」
「そうか。だが君のアパートは既に警察に荒らされたあとだ。良ければ、少なくとも今夜は私の
所で眠るといい。うまい夕食も用意してやるぞ」

俺は涙で顔をベタベタにして、しゃっくりを上げながらうなずいた。
俺は男の部下が運転する車の中で、頭をガラスにもたれながら意気消沈していた。
「銃は君が持っていてもいい」と男が言ったのは意外だった。

「場所を知られたくない。だから外はあまり見ないでくれるか。目隠しをされるのはいやだろう?」
「ああそうかい」

走って数分ほどで、俺は徐々に冷静さを取り戻し始めた。
『もう撃たない』と奴は言ったが、はたして本当だろうか。3人の部下が俺目掛け散々銃を
撃っといた直後にそれはないだろう。この男が仮に銃を持ってないとして、目の前の運転手は?
助手席に居る屈強な男は?

162 :ワタギ ◆CCPN63vrlQ :2006/07/17(月) 22:45:00
まずい。逃げるべきだ。車は猛スピードで走っている。どうやって逃げる?簡単だ。ドアを開け放って道路に
転がり落ちるんだ。映画でよくやっているやつさ。
昼の、女との戦闘で横に飛んだだけで痛打したことはこの際目をつぶろう。

車が減速した瞬間を見計らって、ドアを開ける準備をする。

……今だ!!
「着いたぞ」

目的地に着いたらしい。俺も車から降りる。最初はあの男か誰かの家だと予想していたが、
どうやら違っていた。

施設か?
普通の住宅とは違う、病院や図書館のような大きさの建物。いくつか灯りが着いている部屋もあった。
まるで勝手口と思われるドアから通されると、そこは鉄筋の部屋だった。
日本だと16畳ほどの広さだろうか。木のテーブルに女が座っていた。
見た目は20代後半くらい。 ブルネットの髪を肩まで垂らしたその女は、据えた目でスッと俺を見た。

「確かにニュースと同じ顔ね。ミスタ・スミス」
「彼を連れてくるのに苦労した。優秀な逸材を手に入れるのは一筋縄ではいかないのは本当なんだな。
ミス・ヴィアンカ。彼のことは任せた。」
この会話から名前を知った。スミスにヴィアンカ……。

彼らから俺に自己紹介をすることは、1度も無かった。

つづく

163 :ワタギ ◆CCPN63vrlQ :2006/07/17(月) 22:45:35
なんか一向に銃撃戦にならないんで、これくらいにしておきます。

164 :ワタギ ◆CCPN63vrlQ :2006/07/17(月) 22:50:06
>>158
何その神がかり的な速さw

165 :名無し迷彩:2006/07/17(月) 22:51:22
だんだん面白いと思い始めている俺がいる…

166 :名無し迷彩:2006/07/17(月) 22:58:41
俺の部屋の中にゲリラがいる。
全身黒の悪魔共だ

とりあえず・・・



フマキラーー!!


シュバババババー!!


ライターー!!


ボオオオオオ





ボヤで済んで良かった

167 :名無し迷彩:2006/07/18(火) 01:18:28
ゴキブリあげ

168 :名無し迷彩:2006/07/18(火) 01:24:10
>>166
ゴキブリ側の心境

ガルシア「チィッ、ヤツめBC兵器はタブーなのを知らないのか!?」
マイケル「ガ、ガルシア、ヤツの手元を見ろ!!」
ガルシア「・・・あれは・・・ライターだと!?馬鹿な、こんな狭い場所でありえん!!」
マイケル「いかん、ヤツは本気だ。逃げろガルシアァ!!」
ヒュボオオオ
ガルシア「マ、マイケェーール!!
な・・・壁にまで火が・・・ヤツは・・・狂ったか・・・」
ガクッ

169 :名無し迷彩:2006/07/18(火) 10:29:43
琥珀タソ

170 :名無し迷彩:2006/07/18(火) 12:18:11
ageんなよ・・・・

171 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/18(火) 20:02:40
妄想スタート
シチュ(アイドリングw)

レイ・チャールズの曲がラジオから流れている。
市警ってのは昼も夜もない。寄る辺なき俺が身を寄せた場は、
喧騒がひどかった。寝た気がしない。

「よぅーっキルスコアを昨日も稼いだんだってな?トリガーハッピー」
『・・・』

ヨシュアだ。2mを越す筋肉だるま。獰猛な獣のような笑顔だが、
敬虔なクリスチャンだ。
彼は落ち込んでいる人間、困っている人間を決して見捨てない。
今は俺らしい。彼のからかいの軽口は、ほんの挨拶に過ぎない。

「家はおろか家財も吹っ飛んだって?12人きっちり天国に送ったんだな?
エイメン。お前に神の慈悲があらん事を」
『ありがとうヨシュア。朝飯だ、付き合え』

本部長は部屋のブラインドゥを下ろしたままだ。俺への優遇も今日は
ソールド・アウトらしい。
昨日の晩はまったく生きた心地がしなかった。
統率のとれた動き。生半可なチンピラじゃなかった。
一人二人撃てば、戦意を失い逃げ切ると高をくくっていた。

とんでもない。まったくこうして歩いているのが不思議なくらいだ。

172 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/18(火) 20:11:39
「まぁやれよ」
『どうも』
泥水のようなコーヒー、市警名物のくそったれを啜りながら歩く。

ヨシュアの目線は周囲を絶えず流れる。俺にも。労わりか?
クリスチャンでなければいいシューターになれたろう。
憐憫と慈悲は、自分の体に風穴を作る隙を生むだけだ。

彼はもう21発の不意打ちを体に刻んでいた。俺には真似できない。

「イーグルワン?お前今度は何やらかした?これはやばいぞ。かなりな」
『知らんよ。ただ、とんでもないワルが動いてるらしいとしかな』
「・・・ワイズマン?」
『ああ』

ドッグと朝刊は市警を出た売店で買う。ヨシュアは俺に指を振り、ニヤッと
笑って(猛獣が牙をむいたようにしか、見えなかった)買いに行ってくれた。

俺は今やレディだ。表に出ることも叶わぬ篭の鳥。
キンタマをナッツのように割られる前に、なんとかしなきゃならんらしい。

キャサリンに泣きつくか。かなり恰幅のいいマダムだが、調査に関する資材は
彼女が一手に仕切っている。
レンタカーのキャデラックまで吹き飛ばされちゃたまらない。

ヨシュアが無駄に大買いしたホットドッグを前に、俺は一考した。

173 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/18(火) 20:23:03
キャサリンが微笑めば、優しくすればそいつは終わり。
無愛なキャサリンは、滅多なことでは微笑まない。労わらない。

「・・・これを使うといいわ。21番ゲージ。気をつけて」

俺はもう終わりらしい。キャサリンが「気をつけて」?

21番ゲージにはロートルなシェビーが1台。
キャサリンは俺が嫌いらしい。まぁ、好かれたいとも思わないが。

あの手際。情報統括の手際の良さ。俺はいつまでも寝ぼけている訳には
いかんな。ハンクスがいれば・・・

本部長はそれを知って、俺との面会を謝絶している。
今の俺には数人の気配がまとわりついている。
ありがたい事だ。俺は仲間にもマークされ、警護されているらしい。

お姫様でいるわけにはいかないだろう。
なにやら、ジャパニーズが銃を振り回して逃げ回っているとの話も小耳に挟んだ。
まったく不穏な世の中だ。日本人はみんな大人しくて無害だと思ってた。

シェビーの扉は、20mmの鉄板が挟み込んであった。重い。

俺の勘が正しければ、いや十中八九俺の首には賞金がかかってる。
昨日の奴らは、地下に潜るだろう。これからは清掃だ。
思い当たる節は多すぎる。やるべき事?エサは街を流せばいい。
このイカれたシェビーで。

174 :イーグルワソ:2006/07/18(火) 20:24:18
ふとホットドッグの袋に目をやると、やたらに太いソーセージのホットドッグが一個紛れている。
ブラウンのソースの隙間からなにやら赤い光が見え隠れする。

それはホットドッグに巧妙に偽装された超小型核爆弾だった...爆発まで後3秒。

175 :イーグルワソ:2006/07/18(火) 20:24:50
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,     ←この辺  ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙


                             完

176 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/18(火) 20:43:53
>>152
楽しませてもらった。リンクもさせてもらったよw
おかげで昨日は新調した銃をなでなでするだけだったが。
でも平日、シューティングしないでも脳内妄想はブンブン回るぜっ

>>161
当然のようにリンクさせてもらう。小耳に挟んだ程度だから、妄想を
爆発させてくれw

>>165
スルメみたいなもんだ。味がでてきたろ?俺はもう心底楽しんでるがw
参加すればもっと楽しいぞ。保障する

>>166-168
ゴッキーは厭だなw

>>174-175
イカしてる。俺の脳内妄想を凌駕した展開だw

新調したガンをなでなでしながらの、妄想アイドリングで一杯w
最高に気分いい。一日の疲れが吹っ飛ぶよね。

177 :名無し迷彩:2006/07/18(火) 20:46:56
ワタギ→二回爆発
???→一回爆殺
イーグルワソ→一回爆死

これで全員か・・・・

178 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/18(火) 22:51:08
>>176
乙です。拙い文章ですが、楽しんで戴けましたか。
励みになりもす。
今日は小説を読みながら、ハードボイルディの研究をしてます。
しかし文字だけなのは疲れるorz

>>174
また爆破されてるorz
174氏は、もしかして"あずきバー"ですか?
174氏が妄想シュートすれば、禿しく面白そうな予感が。
妄想読んでみたいです

>>揚げてる方へ
そろそろ夏休みに入り、奴らが湧きだします。
もし目を付けられれば、このスレは壊滅するでしょう。
2chで言っても無駄かもしれませんが
揚げないで下さい!シャレになりません!お願いします!

179 :名無し迷彩:2006/07/18(火) 23:57:31
>>178
了解

俺はレッグホルスター付けて家の中や庭で突っ立ってSP気取りしてる
このスレみたいな奥の深い妄想が思いつかん(´・ω・)

180 :名無し迷彩:2006/07/19(水) 00:32:51
「フン。曇りだが、湿度は低めだな。コイツもいい具合に動いてくれるぜ」
俺は旅行カバンから取り出したライフルを組み立て始める。

今回のターゲットは某国の要人だ。我らの国にとっては不都合な存在なので、消させてもらう。
高層ビルにまぎれて立っている古い鐘の塔が絶好の狙撃ポイントだ。

黒塗りの高級車が何台も走ってきた。まるでアリの行列だぜ。
あの列の3番目の車から、今回の的が出てくる予定だ。

……しかし、今回はSPが少ないな。俺も舐められたもんだな。

そのSPの中に、一際『的』の近くに立っている奴が居た。
そいつは良く見ればモモに銃をぶら下げている。


続きは>>179が書いてくれ。活躍楽しみにしてるぜ。

181 :名無し迷彩:2006/07/19(水) 00:40:13
>>179が活躍する別のエピソード。

俺の名はイナーク。新米のSPだ。
今夜の任務は殺害の脅迫状を送り付けられた判事の護衛。

この判事はシンジケート絡みの公判とは無縁のシケた事件ばかりが担当だ。
九分九厘、愉快犯による悪戯だと思われた為、新米の俺に任務が回ってきた。
30分おきに邸内と周囲を相棒のラスティと交代で巡回する。

まったく退屈な任務だ。
ホルスターの中で愛用のLTEIIが泣いているぜ。

朝の9時半を回った頃、郵便配達のバンがやってきた。
昨日と同じナンバー。昨日と同じくたびれた顔の配達員だ。

軽く手で挨拶すると配達員も挨拶を事務的に返す。
今朝の配達は手紙が3通とチョコレートバー位の物が入ったEMS封筒が一つ。

怠慢な郵便局員が受け付けたんだろう。封印シートの一部ががめくれてしまってる。
こんな小さな爆発物はありそうもないが荷物は検査する規則だし好奇心もあって
封印シートの隙間を覗いて見る。

それはチョコレートバーに巧妙に偽装された超小型核爆弾だった...爆発まで後7秒。

182 :名無し迷彩:2006/07/19(水) 00:41:22
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,     ←この辺  ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙


                             完

183 :名無し迷彩:2006/07/19(水) 13:58:07
>>180>>181
オマイら・・・
妄想が始まったと思って、真面目に読んじゃたじゃないか。
見飽きたつもりだったのに

漏れの携帯が、コーヒーまみれになっちゃったぞWWW

184 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/19(水) 21:12:38
今日も一日お疲れ様でした。
一杯やって銃をイジイジ。勿論脳内ではそれなりにw

>>177
だが生きてる。何故俺だけ爆死なのかが気になるがねw

>>178
ありがとう。楽しんでるよw
ハードボイルディは勉強するものではないような?
まぁサム・スペードとかは昔読んだかなw楽しもう。
道楽は肩の力を抜いてだよ。

>>179
>俺はレッグホルスター付けて家の中や庭で突っ立ってSP気取りしてる
いいじゃないか。部屋を暗めに、後は一杯やるのが『妄想シュート』の基礎だw
立っている。なりきってるだろ?イケてるじゃんか。そこから始まるんだ

>>180
いいねぇ。妄想広がるよ。俺関係ないがw
そういう水引がもう俺の妄想ダムを弾けさせるぜっ

>>181
素質高いじゃないか。だんだんと色がついてきてイカしてきたぞw
その勢いで妄想シュートしてみてはどうだ?
一人だけど、いやだからできる世界もあるw楽しいぞ

>>183
携帯に祈らせてくれ。


185 :名無し迷彩:2006/07/20(木) 01:23:10
>>162の続き
接触してきたスミスとヴィアンカがいるところは、ミルズ・ファミリーという巨大なマフィア組織だった。
俺は組織のアサシンであるあの女の殺し現場を見てしまい、口封じに殺される予定だった。
それが手のひらを返したように俺を優待してきたのは、「ワタギを利用する目的が出てきた」かららしい。

翌日の朝スミスは言った。「ファーザーはお前のアサシンとしての素質を見出したらしい。」
「たった1日でか?」
「我々が人間を殺すに当たって、そいつの過去を調べ上げるんだよ。私は半信半疑だったが、彼女から聞いた。」
彼女とはあの男を殺した女アサシンのことだ。

「君は彼女を見た途端、躊躇せずに銃を抜いたそうだね。しかも何発も発砲し、とても好戦的だった。
君は彼女と銃を交えている間、何を考えていた?」
俺は床に目をやり考えたあと、こう答えた。
「早く死んで欲しいと思った。」
「そうだろう。普通の人間なら『死にたくない』とか『怖い』とか、自分の行く末を案じるはずだ。
それとは違い君は相手が沈黙することによって生きる道を得ようとした。違うかね?」
「……言っていることがよく分からない」
「すぐには分からなくてもいい。だが二つに一つ、君に選んでもらいたい」

スミスは改まって俺に言った。
「お前の生きている証拠を全て抹消し、我々の組織に入れ。報酬はもちろん渡すし、お前の部屋も与える。
我々の側にいる限り、ウザい警察に関わらなくて済むぞ。それが一つ目の選択肢だ」
そうか俺は警察に追われているんだったな。 「もう1つは?」

「お前が次に目が覚める時は土の中だ」
短い文章だったが実に分かりやすかった。むしろ選択肢は無いに等しい。
俺はこれから過酷な毎日が来るとは思わなかった。

1年後―
つづく

186 :名無し迷彩:2006/07/20(木) 03:29:48
俺はそのままの姿勢でじっくり1年考え、スミスに答えた。
「判った。あんたらの組織に入れて貰おう」

「こっちは一日でお前のアサシンとしての素質を見出したというのにずいぶんと時間を掛けてくれたな...」
同じく身じろぎもせず待ち続けたスミスは疲れ切った表情で応じる。

「それでは最終試験を受けて貰う。ヴィアンカ、入ってくれ」
俺の一年の沈黙に耐え切れず一度は席を外したあの女が部屋に戻ってきた。

「ミスヴィアンカを落とす事が出来たら合格だ」
そう言ってスミスは席を立つ。一年の間に伸びた髭でも剃ろうというのだろう。

女は俺の傍にやってくるとその身を俺に預け、挑戦的な瞳で見つめる。
「さぁワタギ。私をあなたの魅力で落とす事が出来るかしら?」

「わけないさ」
俺はヴィアンカを引き寄せ唇を重ね、どちらかといえばスレンダーな左の乳房に手を回して硬くなった突起に
指を這わせる。

「あん。そっちは違うわ。後悔するわよ」
俺はヴィアンカの喘ぎを無視してその突起を押す。ポチっとな...


それは巧妙に偽装された超小型核爆弾のスイッチだった...。
スミスが言っていた最終試験とはどうやら俺の運の強さだったようだ。

187 :名無し迷彩:2006/07/20(木) 03:30:38
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,     ←この辺  ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙


                             完

188 :ワタギ ◆CCPN63vrlQ :2006/07/20(木) 05:08:40
コテ入れるの忘れてました。
一応確認しておくと、>>185が俺で、>>186-187は俺ではありませんのでw

てかかなり爆笑させてもらった。その姿勢で1年も経ったんじゃねぇよww

189 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/20(木) 19:29:29
ヤバスW長文になってたから、そのまま読んでしまった。
爆破される度に、文章も擬装されつつある
気付かないで読んでたら更に深くツボに刺さる悪寒WW
>>185
殺し屋だったのか、ファミリー名も分かったし
これで、リンクしやすくなりますたね。
楽しみにしてますよ。

190 :名無し迷彩:2006/07/20(木) 20:17:29
レッグホルスター装備でウハウハ→そうだ、トイレ行こう→小便が暴発→ぎゃああ愛銃があああ

191 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/20(木) 21:36:04
妄想スタート(はちきれんばかりにアイドリングw)

シェビーに乗り込もうとした俺の前に、本部長が現れた。
泥水を溜めた紙コップを片手に、しかめっ面だ。
黙ってアゴをしゃくる。ついて来い。誰もがげんなりし、恐れ入る仕草だった。

付いていった先は、地下のシューティング・レンジだった。
本部長はショットガンを手にしレンジに向かう。

ショットガンダディー。本部長の徒名だ。
M1100レイル付を扱わせれば、相当の腕だった。かつてのシューター。
大先輩だった。キルスコアでは、俺もハンクスも遠く及ばない。

俺がアゴで促された先にも、M1100があった。ダットサイトにライトがレイルに
付けられている。この前破棄したショットガンの代わりだろうか?

ドゴンッドゴンッ

腹に響く轟音。ブローバックで排莢されるシェルが空を舞う。
本部長は何も語らない。ただ、理想的な姿勢でターゲットをボロ切れにする。

俺も構え、ターゲットに向け引き金を引いた(座ってショッドガンをプロターゲットに撃つ)
不器用なダディの、心遣い。
下心も何も感じない、無骨すぎる優しさが今の俺には嬉しかった。

生きて帰れ。その術は盗み取れ。
神業に近い装填、ショットガン回し。俺はすべてを盗み見た。


192 :イーグルワン ◆8HS0CpO33k :2006/07/20(木) 21:44:55
>>185
まさかそっちに行くとはなぁw漫画のワイルダネスかと思ってたよw
だがいい。おもしろくなってきたね。
リンクさせちゃった手前、こっちもさっさと一年進めにゃいかんがorz
楽しませてくれ。

>>186-187
そのパーフェクトなまでのノリは、どこから来るんだ?w
凄みすら漂わせてるな?実はこのスレの主役かも知れん

>>188
最初は普通に読んでた。ん・・・という違和感は感じたがw
大胆な展開だなぁとwきのこ雲が上がってしてやられたと気付いたが

>>189
みんなダークサイドに行ってしまったよw
名前はまだ未定なのか。中尉が来れば名前を決定してくれるかも知れんが
なぁ。イーグルワン、思いもつかない名前だがすごく気に入ったw
名付け親が現れるといいね。それもまた双方向妄想の楽しみになるw

>>190
ウハウハw高まる気分が伝わってきてすごく好印象だった。
だが・・・(;ω;)

193 :??? ◆bknIp0a9D. :2006/07/20(木) 22:45:16
漏れ只今アイドリング中
そろそろ名前が必要になってきますた。
誰か名付け親になって下さいまし。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)