5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【一人上手?】家は戦場【妄想上等!】

185 :名無し迷彩:2006/07/20(木) 01:23:10
>>162の続き
接触してきたスミスとヴィアンカがいるところは、ミルズ・ファミリーという巨大なマフィア組織だった。
俺は組織のアサシンであるあの女の殺し現場を見てしまい、口封じに殺される予定だった。
それが手のひらを返したように俺を優待してきたのは、「ワタギを利用する目的が出てきた」かららしい。

翌日の朝スミスは言った。「ファーザーはお前のアサシンとしての素質を見出したらしい。」
「たった1日でか?」
「我々が人間を殺すに当たって、そいつの過去を調べ上げるんだよ。私は半信半疑だったが、彼女から聞いた。」
彼女とはあの男を殺した女アサシンのことだ。

「君は彼女を見た途端、躊躇せずに銃を抜いたそうだね。しかも何発も発砲し、とても好戦的だった。
君は彼女と銃を交えている間、何を考えていた?」
俺は床に目をやり考えたあと、こう答えた。
「早く死んで欲しいと思った。」
「そうだろう。普通の人間なら『死にたくない』とか『怖い』とか、自分の行く末を案じるはずだ。
それとは違い君は相手が沈黙することによって生きる道を得ようとした。違うかね?」
「……言っていることがよく分からない」
「すぐには分からなくてもいい。だが二つに一つ、君に選んでもらいたい」

スミスは改まって俺に言った。
「お前の生きている証拠を全て抹消し、我々の組織に入れ。報酬はもちろん渡すし、お前の部屋も与える。
我々の側にいる限り、ウザい警察に関わらなくて済むぞ。それが一つ目の選択肢だ」
そうか俺は警察に追われているんだったな。 「もう1つは?」

「お前が次に目が覚める時は土の中だ」
短い文章だったが実に分かりやすかった。むしろ選択肢は無いに等しい。
俺はこれから過酷な毎日が来るとは思わなかった。

1年後―
つづく

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)