5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

翠星石「すこやかにーのびやかにー」

1 :花咲か名無しさん:2005/05/17(火) 18:45:01 ID:EYfburso
翠星石「みんなの家にある草樹が元気になるようにーですぅ」

2 :花咲か名無しさん:2005/05/17(火) 18:46:45 ID:VNz/OzZ/
糞スレ立てるなカス

3 :花咲か名無しさん:2005/05/17(火) 18:46:47 ID:Me82MJPy
2げと

4 :花咲か名無しさん:2005/05/17(火) 18:47:18 ID:Y1KS1gVu
翠星石のジョウロが欲しい

5 :花咲か名無しさん:2005/05/17(火) 19:09:49 ID:AuB2+N09
あのじょうろで塩酸ぶっかけられたいヽ(´ー`)ノ

6 :花咲か名無しさん:2005/05/17(火) 22:10:46 ID:b8kFn97Y
>>2
おまえの木もみてやるですぅ

7 :花咲か名無しさん:2005/05/17(火) 22:59:33 ID:4ytRftxC
やーなーのー

8 :花咲か名無しさん:2005/05/18(水) 11:51:30 ID:WoUDsFXV
ちゃっちゃとレスするですぅ

9 :花咲か名無しさん:2005/05/18(水) 17:07:42 ID:88VzEpSI
      ___
     く/',二二ヽ>
     |l |ノノイハ))
      |l |リ゚ ヮ゚ノl| <アニメ2に帰れ
     ノl_|(l_介」二つ┃
    ≦ノ`ヽノヘ≧  |フ 
.   ミく二二二〉ミ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  >>1

10 :花咲か名無しさん:2005/05/18(水) 19:25:02 ID:GWIRMqYU
ローゼンメイデンより装甲猟兵侍女中隊

すれ違いw

11 :花咲か名無しさん:2005/05/18(水) 19:33:05 ID:qtcBtkeG
      ___   ♪
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) ))
 ((  |l |リ゚ ヮ゚ノl|  このスレが大きく育ちますように
     ノl⊂l_介」つ0匚lア ミミ
    ≦ノ`ヽノヘ≧     ミミ
.   ミく二二二〉ミ     ψ

12 :花咲か名無しさん:2005/05/19(木) 22:28:32 ID:KZbYFI/a
|─┐
|ニニ二i
|ノノヽ)))
|リ゚ -゚ノリ ネエサン、アニメ2ニカエロウ・・・
|⊂/
| /


13 :花咲か名無しさん:2005/05/20(金) 03:12:25 ID:pgu1pAx8
このようなジャンクなスレには水銀燈こそが相応しい(ニヤソ

14 :花咲か名無しさん:2005/05/20(金) 08:34:20 ID:FpmzQKn/
              _                         ,,从.ノ巛ミ    彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
             ,'´r==ミ、                   人ノ゙ ⌒ヽ         彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)'
       ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _ゴオオオオオ     ,,..、;;:〜''"゙゙       )  从    ミ彡ミ彡)ミ彡,,)i
     /   `."-|l〉l.゚ ー゚ノl/    ,,..、;;:〜-:''"゙⌒゙          彡 ,,     ⌒ヽ     ミ彡"
    '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつ i==m==:::゙:゙                    '"゙∀`) >>    ミ彡)彡''"
            ''y /x lヽ      ``゙⌒`゙"''〜-、:;;,_              )   彡,,ノ彡〜''"
           l†/しソ†|                ゙⌒`゙"''〜-、,,     ,,彡⌒''〜''"人 ヽノ←>>13
           lノ   レ 
      アニメ2にお帰りなさぁい

15 :花咲か名無しさん:2005/05/20(金) 09:54:00 ID:CX0244hr
おまいらアニメ2に失礼。
VIPに帰れ、が正しい。
もうほんとに糞スレ立てないでください。お願いします…

16 :花咲か名無しさん:2005/05/20(金) 16:31:55 ID:FpmzQKn/
    , .-=- ,、
 ヽr'._ rノ.'   ',
 //`Y. , '´ ̄`ヽ
 i | 丿. i ノ '\@
 ヽ>,/! ヾ(i.゚ ヮ゚ノ いっそのこと ここを良スレに変えてしまえばいいかしら
  `ー -(kOi∞iミつ 
      (,,( ),,)
.       じ'ノ'


17 :花咲か名無しさん:2005/05/20(金) 23:55:23 ID:AkFnuVxT
      ___
    く/',二二ヽ>
     |l |ノノイハ)) からたちの
((   |l |リ゚ ヮ゚ノl|  とげは痛いですぅ〜♪.:。゚*.:☆
  /.ノl_|| ,― \ o 。。。
  | ||三∪●)三mΕ∃  青い青い
  \_.へ--イヘ≧ ゚ ゚      針のとげですぅ〜♪゚
   ミく二二二〉ミ  ))


18 :花咲か名無しさん:2005/05/21(土) 00:05:49 ID:AUG8Z36a

     .!                   '|
      |_, -‐'‐. ̄ ̄ ̄‐‐ー---、     /                  /
_,______|___________       `‐- 、/                  /
|              ´ ̄ ̄ ̄ ̄‐ー-イ,                   /   .
\                        `ゝ、              /   /
  \  ___------------‐-- 、____       , /          /   ,  ヽ
   `|   、 .| .!       、   `''=、  /           |  'ニ''゙l′ | 、
    |  │/ ./ l、ヽ -、    \  .、  \           ,ノ'| 、 .ゝ/.ゞ  /
    ! :!  7 人、ヽ \\、  __-ニ, 、.!   ヽ        _r'´  | `ー、 ___/
    .! ヽ/, イl==-ヽ、 `ーニー-=j|l |  .ト、 !      r'´‐ \ 亅  |
    ='/!、.!`'' /  \、_  |,''‐'ノ'゙,| | │ヽ.!    . /   ノ゙゙〈\  .|
     ヽ\_゙' ̄    ,  ´  ̄´/ | / .!|  ,r'´二`ヽ_/ / `'y/
      \ T'~    -     ,j/, ト-─‐!--! .i'´ `! |', z〈、  /
        \ `=、_    , -''´ / _____   _-/r/''─`Y´
   '二'' ̄し--‐丁_リミ7‐, -‐'ニ‐' ´ ̄   ゝ、 .!i'´''.!.!  , ! _!
 /´ .し'_jヽ`|r'`>'´  `‐‐-/, イ-!ゝi‐l、  .//  .,ノ-ニゝ '!- 、'′
     !__ ノ_ノ´   ‐=t_ ./ rへ_.!ッ .!.7ヽ 〃  // _  ヽゝ
  ,_-‐‐' ´.!.く    -、  〕\/ ノ `y !フ // . //,‐'´  Ti  l |
./     .| r'´  -、_  スハ ヽ''  `').! |‐' /ノ/_    !|  .!‐7
       | ./'-┬ 、, フ r |''| 、ヽ  , 〈‐' , |/./、  `丶、.!| ,‐' /
剪定するよ

19 :花咲か名無しさん:2005/05/21(土) 09:56:09 ID:SOh5o18o
カラタチ デ ツギキ シテヤルデスゥ・・・
      ___
     く/',二二ヽ>
     |l |ノノイハ))
      |l |リ゚ ー゚ノl         _
     ノl_|(l_介」つ0匚lア、、、 ,',i><iヽ
    ≦ノ`ヽノヘ≧   、、、 /((ノノリノ))
    ミく二二二〉::::::::::::((ミi!゚ -゚ノミ)):::::::::

      ___
     く/',二二ヽ>         _
     |l |ノノイハ))       ,',i><iヽ  ぴょこ
      |l |リ゚ ー゚ノl       /((ノノリノ))
     ノl_|(l_介」つ0匚lア   ((ミi!゚ -゚ノミ))
    ≦ノ`ヽノヘ≧        (
.   ミく二二二〉ミ  ::::::::::::::::::::::::::::::::

      ___         ,',i><iヽ   にょにょにょ
     く/',二二ヽ>       /((ノノリノ))
     |l |ノノイハ))     ((ミi!゚ ヮ゚ノミ))<なのー
      |l |リ゚ ヮ゚ノl      ⌒(
     ノl_|(l_介」つ0匚lア      )⌒
    ≦ノ`ヽノヘ≧        ⌒(
.   ミく二二二〉ミ   :::::::::::::::::::::::::::::::::


20 :花咲か名無しさん:2005/05/22(日) 00:57:20 ID:XtxCfWeA
          ノi><iヽ
       ♪..((ノ(ノリノ)λ   イッチゴジャムー♪
     ♪  .(ミ(・∀・∩))   イッチゴジャムー♪
          (( ⊃ ム)
           し'し'

            _
          ,',i><iヽ
     ♪   /((ノノリノ))
       ♪ ((∩・∀・)ミ)   イッチゴアジーノスッパゲッティー♪
           (ム ⊂ ))    イチゴモイッパィハイッテルゥー♪
           `J`J

21 :花咲か名無しさん:2005/05/22(日) 01:24:07 ID:MAub3HD6
>>20
 ↓乱入どうぞ
ttp://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1067872874/

22 :花咲か名無しさん:2005/05/22(日) 01:39:24 ID:F4i6m2q8
いちごパンツ100%

23 :花咲か名無しさん:2005/05/22(日) 22:11:14 ID:XtxCfWeA
::::::/::::l::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.::::/:.:/.:/ !:.:/.::::::::丶.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::!:::::::
 ̄| ̄:r=ェ,‐-:::_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:::::/.:,イ:./ /.:/.::::::::::::::_ヽ-―  ̄ ̄|:::::::
:::::l:::::/ /:::.:.:.:.:.丶、:.:.:/.:::::::::/〃:.イ /:/.::::::::,.イ´.:::::.\.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::
:::::|::/ /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ -く .:::::::::/// //.:::::/.::::::::::::. .::::::ヽ、:.:.:l:::::::::
_/ /  _ -‐ ニ´_ :::::::.ヽ/ /イ  //.::/.::::::::.  _ -‐ ___」:.:.:.:.:
.:://:::.. ̄ ‐- 、‐テ、-    /   〃   -‐ 二 == キ  ̄ア/.:.:.:.:
,'.;'.::::::::::::..:.:.:.:.:.:.:. く ヽ / ..:::::/:::::::..  イ lrイr:::::j i l  /イ.:./.:.:.:.:
:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.    \::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::-ゝ――- '< /.:/.:.:.:.:.:.
:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     丶/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.../.:/.:.:.:.:.:.:.:
:::::::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.      ',           .:::::::::::::::::::::::/イ:.:.:.:.:.:./
::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      l    j            / /.:.:.:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    :. l_  ___,         /.:.:./ ヽ l7
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  .::::. l、      /       /ァ'「! =‐ ′
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::: l ` ‐-‐ ´         /|l:.{(  =' /!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::: l            _ イ:.:.:.|l/     レ_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::::::::::::::::: l           _.. '"|:.:.:|:.:.:.:/  _.. '"
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::/ _     _.. "´|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:.」‐ '"
:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::/   ` ー "´    |:.:.:.:ll:.:.:|/
甘くてみょ〜に美味しいリンゴはいかがですぅ?



24 :花咲か名無しさん:2005/05/23(月) 00:09:16 ID:HOSqvfRf
>>20
      ___      
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ ゚ 3゚) お馬鹿苺は苺スレにでも行くですぅ
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
    ミく二二二〉ミ 




25 :花咲か名無しさん:2005/05/24(火) 17:42:06 ID:x+oGJwqw
           _
          ,'´r==ミ、
          卯,iリノ)))〉
      /`-|l〉l.゚ ー゚ノlノ\ 園芸板的に、水銀百足で登場よぉ
      レ´V|!/'i)卯iいVヽ!
          ‐((癶^^/癶 キチキチ
        ‐((癶^^/癶               λ  λ
        ‐((癶^^/癶                 ハ  ハ
   /⌒((‐((癶^^(癶))⌒))⌒))\       )〉 / )
 ≦(⌒((≧‐((癶^^\癶^^≧-≧))\    ノ レ ノ
≦‐((⌒\≧ ‐((癶^^\癶 ≦^^≧))⌒))⌒))_ノ キチキチ
  ≦‐((⌒\___(癶(^^^^)癶     ≦^^^≧^^≧
    ≦‐(‐((‐((‐((癶^^)癶
     ≦^≦^≦^≦^^^≧

26 :花咲か名無しさん:2005/05/26(木) 21:05:41 ID:CIpRPRy9
>>25
      ___    
    く/',二二ヽ> 
    |l |ノノイハ))  害虫スレにでも行きやがれですーッ!!!
     |∩#゚听ノ∩
    ノ l_|(l_介」)丿 
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ
家に ムカデ が出ました 自殺したいです
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/engei/1020456648/

害虫統合スレッド 5匹目
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/engei/1092153976/



27 :花咲か名無しさん:2005/06/16(木) 02:10:49 ID:Jw+ESoWN
このヌレは水銀党が占拠する!



・・・って、誰も稲ーし

28 :花咲か名無しさん:2005/06/16(木) 11:14:26 ID:bjSZl9y2
               _
             ,'´r==ミ、
       ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _
     /   `."-|l〉l.゚ ー゚ノl/    ヽ  だぁれもいない過疎スレ… 
    '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ '''"ー"``   いいわぁ……
            ''y /x lヽ
           l†/しソ†|
           lノ   レ 

29 :花咲か名無しさん:2005/06/16(木) 15:14:59 ID:Jw+ESoWN
生姜ねーな、ほれ燃料投下だw
直に流れるからお早めに。少し前は水銀燈ヌレもあったんだが…
ttp://dat.2chan.net/23/res/54080.htm

30 :花咲か名無しさん:2005/06/17(金) 09:06:10 ID:e0A5q26+
      ___      
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ ゚ 3゚) 今日からここは「翠星石が園芸相談に適当に答えるスレ」ですぅ
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
    ミく二二二〉ミ 


31 :花咲か名無しさん:2005/06/17(金) 16:35:15 ID:SNA5QGp/
>>30
ハイドロボール使用の植物を風呂で育てたいんですが、何がいいですか?
前にアイビーでチャレンジしたら腐らせてしまいました。

32 :花咲か名無しさん:2005/06/17(金) 18:05:27 ID:e0A5q26+
      ___
     く/',二二ヽ>
     |l |ノノイハ))
      |l ;゚ ー゚ノ§ は、はいどぼろ・・・?
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
    ミく二二二〉ミ 

      ___   っ
     く/',二二ヽ>  っ
     |l |ノノイハ))
      |l |リ`Д´ノl| <そんなもん使わねーで風呂釜に土ぶちこめですぅ
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧
.   ミく二二二〉ミ





33 :花咲か名無しさん:2005/06/18(土) 02:12:51 ID:JMfImHx+
ユグドラシルを育てたいのですが、何処で手に入りますか?
また、育てるにあたって注意事項とか有りますか?

   by おーでん

34 :花咲か名無しさん:2005/06/19(日) 01:35:57 ID:dX2JAqrx
      ___      
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ ゚ 3゚) 翠星石に5万円渡せば、夢の世界から小枝盗って来てやるので挿し木しやがれです
     ノl_|(l_介」).|  育て方は、水と肥料やって光に当てとけですぅ
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
    ミく二二二〉ミ 


35 :花咲か名無しさん:2005/06/28(火) 02:13:30 ID:LFcjTTA4
マンドラゴラを採取したいのですが、私の代わりに取ってきて貰えませんか?
元々精神がイカr(ryなオマイ、、、もといドールの貴女なら、アイツの悲鳴にも耐えられると
思いますので…

36 :花咲か名無しさん:2005/06/28(火) 19:44:45 ID:RLIsb54g
      ___      
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ ゚ 3゚) 珍しいイチゴ属のマンドラゴラを採ってきてあげたですよっ!
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
    ミく二二二〉ミ 




            _
          ,',i><iヽ
     ♪   /((ノノリノ))
       ♪ ((ミi*''゚д゚)ミ)   ウオォ〜アンマァエアウエァ〜♪
        ((と__つつ))  クハッ♪キャハ♪ケヘァ♪カハァ♪




37 :花咲か名無しさん:2005/06/29(水) 04:32:34 ID:KQOBhOpM
蒼い方
ttp://dat.2chan.net/23/res/69641.htm

38 :花咲か名無しさん:2005/07/06(水) 18:31:55 ID:6+q+griQ
      /⌒ヽ
     / ● ヽ  
     / ,.'´ `ヽ ヽ 
   (● |ノノイハ))●)  梅雨の時期、キノコに気をつけるですぅ
     ヽ |リ゚ ー゚ノ| ノ
      ノl| 介 |つ 
     ≦ゝ___ノ≧ 
.    ミ U  U ミ


39 :花咲か名無しさん:2005/07/08(金) 02:24:11 ID:znxg/wjl
キノコル先生よりも黴の類方が 問題でし。
つーことで、うどん粉猫の正しい翠星石的対処方法を
下々の者に教えるのれす。

40 :花咲か名無しさん:2005/07/10(日) 00:02:09 ID:ymVBD22B
      ___      
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ ゚ 3゚) うどん粉猫がどんな猫なのか誰か描きやがれですぅ
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
    ミく二二二〉ミ 


41 :花咲か名無しさん:2005/07/10(日) 03:42:58 ID:7OBEZDve
          ,∧,,,,,∧ 
         ミ,,。・∀・彡 
        ,ミ゙        ミ
       .,ミ    づ  づ ミ 
       ミ           ミ
       ミ           ミ
        ミ   づ   づミ 
         彡ミ彡,,,,,,,,,,,,,,,ミミ
           """""" 
   揺らしたり息吹きかけるの厳禁の最終形態

42 :花咲か名無しさん:2005/07/12(火) 14:03:16 ID:o7O4dQu/
      ___   ♪
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) ))
 ((  |l |リ゚ ヮ゚ノl|  面白そうだから育てて見るですぅ
     ノl⊂l_介」つ0匚lア ミミ
    ≦ノ`ヽノヘ≧     ミミ
.   ミく二二二〉ミ     ミミ
              ,∧,,,,,∧ 
             ミ,,。・∀・彡 
            ,ミ゙        ミ
           .,ミ    づ  づ ミ 
           ミ           ミ
           ミ           ミ
            ミ   づ   づミ 
             彡ミ彡,,,,,,,,,,,,,,,ミミ

43 :花咲か名無しさん:2005/07/15(金) 22:00:58 ID:xg4LNsXZ
 ___      
     く/',二二ヽ>  早く育つですぅ
     |l |ノノイハ))         ,∧,,,,,∧ 
     |l |リ ゚ 3゚)  フーフー  ミ,,。´Д`彡 
     ノl_|(l_介」).|       ミ゙        ミ
    ≦ノ`ヽノヘ≧     .ミ    づ  づ ミ
     ミく二二二〉ミ    ミ           ミ
                ミ           ミ
                ミ   づ   づミ
                彡ミ彡,,,,,,,,,,,,,,,ミミ
                    """"""


44 : ◆R.caNInaEM :2005/07/18(月) 23:37:08 ID:piN5j4tl
ここに飽きたら、「すこやかにーのびやかにー」の決め台詞でこっちにも来てね。

ttp://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1119135673/

45 :花咲か名無しさん:2005/07/19(火) 01:32:04 ID:ZmxtHgSQ
>>44
RealTekスレかと思ったですぅ

46 :花咲か名無しさん:2005/07/21(木) 20:06:49 ID:3wm7fMF7
      ___      
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |リ ゚ 3゚) 蟹チップネタなんて園芸板のほとんどの人は分からないですよっ
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
    ミく二二二〉ミ 

47 :花咲か名無しさん:2005/08/16(火) 21:39:35 ID:Qx4r0uq6
          ,...-‐'''''''''''''''''''''''''''''ー..、
       ,..‐:'´:::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::::::::::\
      /:::/::/::::/!::∧::', \:::ヽ:ヽ:::::::::ヽ
     /::::::/:::::〃:/  ' ′ ヾ、.  \'ヾヽ::::::::ヽ
     /::::::::|::/!/      u   、    ヾ::::::::::',
.    イ::::::::::レ /r‐'´ u       ``'ー .ヽ::::::::', 
   ,':l::::::::::::l ´ _..----、      ,r‐ー‐- 、 u ';::::::::l, 
.  l::l::::::::::::l r'.r'´ ̄.) )    ヽ.'、 ̄ ヽ ) l::::::::!',  
  l::::l:::::::::::| '、ゝ--.'/       `'`ニ´イ  l:::::::l:::', 最近質問が来ないですぅ〜
  ,'::::::l::::::::::l  `! ̄|     / \   |  |  ,l:::::l
 .l::::::::l::::::::::l\.|   |   ∠___ヽ   l  l/:l:::::l       


48 :花咲か名無しさん:2005/08/18(木) 15:36:16 ID:aUrwZxnn
ふふふ、不様ね。
とりあえず客寄せのために、なんか芸でもおやりなさい。

49 :花咲か名無しさん:2005/09/07(水) 21:50:27 ID:3wtIsHKD

      ィ/~~~' 、         /\
   、_/ /  ̄`ヽ}        / ./
   ,》@ i(从_从))    / ./
    ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||つ /  / <ageるわよ
  | ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄|\/
  |          .|


50 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 22:38:00 ID:80ErYujr
      ____
     く/',二二ヽ>
     |l#ノノイハ)) -3
      |l |リ`Д´ノl|   ジュンはなぜ真紅ばかり抱っこするですか!
     ノl_|(l_介」).|    いつもいつも真紅ばかりずるいですぅ!
    ≦ノ`ヽンヘ≧
.   ミく二二二〉ミ

      ____   っ
     く/',二二ヽ>  っ
     |l |ノノイハ))
      |l |リ`Д´ノl|   翠星石だってジュンをマスターに選んだです!
   ( ⊂i,l_介」jつ )   言わばジュンは私の下僕も同然だろ!ですぅ!
    ≦ノ`ヽンヘ≧
.   ミく二二二〉ミ

      ____
     く/',二二ヽ>  っ
     |l |ノノイハ))
      |l |リ///ノl|   だから翠星石も真紅のように抱っこして欲しい……です
     ノl_|(l_介」jつ
    ≦ノ`ヽンヘ≧
.   ミく二二二〉ミ


51 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 23:02:53 ID:T5JGc/iP
ひきもっこりの妄想アニメだったずら、つまらん

52 :花咲か名無しさん:2005/09/28(水) 22:55:30 ID:RMiXYs4r

      ィ/~~~' 、         /\
   、_/ /  ̄`ヽ}        / ./
   ,》@ i(从_从))    / ./
    ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||つ /  / <ageるわよ
  | ̄ ̄∪ ̄ ̄ ̄ ̄|\/
  |          .|



53 :花咲か名無しさん:2005/10/01(土) 15:42:10 ID:W45LC//K
     冫⌒ハ く: : :_フ / l:/ 、l         i: i :i、       /    /
     ′ .└r‐': :_7   |′ __\        l小lr'     /      /
     i . . : :.:.|: : : Z    //::::::ヾ`′   ∠.  lハl    /      /
      |: : : : :.:.!:.:. :7    /  {tヘ__,リ     i':::iヽ !: :|  , '      , ′
      ! : : : :.:.:|:.:.:.{       `ー'´      t_リ '/: : l /      , ′
.     | : :. : :.:.:l'⌒、                '   {: : : レ'       /
      !: :.:. :.:.:.:|  〉      ,.-―−- ._    }:.: : |     /          
      l: :.:.:.:.:.:.:|ヽ._`_      {        7   /:.:.:l|   / あげ!
     | :.:.:.:.:.i:.| `ー->、    ヽ      /  , ':.:.:.:l| !  /
    !:.:.:.:.:l|:!    '  i     `    '_,.イ:.|:.:.:.:.l !| /
      !:|:.:.:.:!l:!       }     ` T_7_´ ヽ:.:.:.:.l:|:.:.:ハリ'


54 :花咲か名無しさん:2005/10/02(日) 00:28:18 ID:v1/zJZAz
、:. :. : : : : : : : : : : : : : : :`、 
ヽヘ:::::. : : : : : : : : : :-、 : : \
   \::::::.. : : : : : : :_,. -'7 r‐、ー-:―:-、_____   ..__
    \::::i : : : ,. - .二: : ヽ  `ヽ、: : : t      ` ー- _
      ヽ::: : :/   |/\\;┐ }: : : }_,,. -―  _     ` ー-
      ノ: : : {    l:/  `_j,.ゝ―--'、_      ` ー‐- 、
     /: : : : : :t   ,.ィ  、r^:.:. ̄`ヽ:.:.:.:.:`ヽ         ヽ
    r'_: : : : : : : }_,.くr'ハ ミ:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
.  /  `t: : : : / └' i′{:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i_      ,. -‐
/    ム-‐'      !{` !::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト.〉_  /:, -'二
   , '´         ヾ1:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!V:.:. ̄:.:.//
  /     ,       ,ゝ、::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:ハ:__;;.-‐'´
. /     〃      {.ァ´:}^i:::.:.:.:::::::::::::::::::::/、___,
 ′    {{        /...:::jこト、_:::::::::__; -'´`ヽ、<
/     __,.>ー--‐:'´:.:.::::ノ /イ:.ハ{ ̄

55 :花咲か名無しさん:2005/10/10(月) 00:37:19 ID:dRRIqFt3
トロイメント!トロイメント!


56 :花咲か名無しさん:2005/10/16(日) 22:13:05 ID:2cOvTt/o
      ___    
    く/',二二ヽ> 
    |l |ノノイハ))  久々登場!おまえら翠星石に投票しやがれですぅ
     |∩#゚听ノ∩
    ノ l_|(l_介」)丿 
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ
 アニメ最萌トーナメント2005対策本部 1Rozen
 http://yy14.kakiko.com/test/read.cgi/rozen/1125685013/
※投票コード発行所はこちら(携帯電話での取得を推奨)
http://banana236.maido3.com/~bs5114/a05/

投票所
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1129441240/

57 :花咲か名無しさん:2005/10/19(水) 01:27:33 ID:rz2pVJL/
10/26
<<真紅@ローゼンメイデン>>


58 :花咲か名無しさん:2005/10/19(水) 16:20:43 ID:i+wVICyK
草取りは蒼星石の役目に入りますか?
だったらやっぱりセットで( ゚д゚)ホスイ

59 :花咲か名無しさん:2005/10/20(木) 06:48:53 ID:vVQQJYzN
人形とはいえ児童に仕事させて良心が痛まんのか

60 :花咲か名無しさん:2005/10/20(木) 08:49:54 ID:ooRBpgJK
     .!                   '|
      |_, -‐'‐. ̄ ̄ ̄‐‐ー---、     /                  /
_,______|___________       `‐- 、/                  /
|              ´ ̄ ̄ ̄ ̄‐ー-イ,                   /   .
\                        `ゝ、              /   /
  \  ___------------‐-- 、____       , /          /   ,  ヽ
   `|   、 .| .!       、   `''=、  /           |  'ニ''゙l′ | 、
    |  │/ ./ l、ヽ -、    \  .、  \           ,ノ'| 、 .ゝ/.ゞ  /
    ! :!  7 人、ヽ \\、  __-ニ, 、.!   ヽ        _r'´  | `ー、 ___/
    .! ヽ/, イl==-ヽ、 `ーニー-=j|l |  .ト、 !      r'´‐ \ 亅  |
    ='/!、.!`'' /  \、_  |,''‐'ノ'゙,| | │ヽ.!    . /   ノ゙゙〈\  .|
     ヽ\_゙' ̄    ,  ´  ̄´/ | / .!|  ,r'´二`ヽ_/ / `'y/ 剪定するよ
      \ T'~    -     ,j/, ト-─‐!--! .i'´ `! |', z〈、  /
        \ `=、_    , -''´ / _____   _-/r/''─`Y´
   '二'' ̄し--‐丁_リミ7‐, -‐'ニ‐' ´ ̄   ゝ、 .!i'´''.!.!  , ! _!
 /´ .し'_jヽ`|r'`>'´  `‐‐-/, イ-!ゝi‐l、  .//  .,ノ-ニゝ '!- 、'′
     !__ ノ_ノ´   ‐=t_ ./ rへ_.!ッ .!.7ヽ 〃  // _  ヽゝ
  ,_-‐‐' ´.!.く    -、  〕\/ ノ `y !フ // . //,‐'´  Ti  l |
./     .| r'´  -、_  スハ ヽ''  `').! |‐' /ノ/_    !|  .!‐7
       | ./'-┬ 、, フ r |''| 、ヽ  , 〈‐' , |/./、  `丶、.!| ,‐' /
 でも、ちんこも切るよ

61 :花咲か名無しさん:2005/10/20(木) 09:05:59 ID:/G9sOCWG
アブラムシとハダニ駆除してくれるのはどっち?

あとアメリカシロヒトリもなんとかしてください

62 :花咲か名無しさん:2005/10/20(木) 18:44:54 ID:vVQQJYzN
>>58
ほぅら呪われちゃったじゃないか
>>61
そういう仕事させてるから翠が性悪になるんダゾ

63 :花咲か名無しさん:2005/10/20(木) 19:32:06 ID:/G9sOCWG
>>62
咲いた花を愛でるだけなら板違いだ。ふたばに逝け
腐ってても俺は園芸板の住民なのだ。

違うよ、一緒に草むしりしたいんだよ〜。
一緒に水やりながらお喋りしたいんだよ〜。
一緒に草焼きバーナー振り回して毛虫と戦いたいんだあ〜〜〜

(´-`).。oO(水やりだけはせめて当番制を提案したいのだが駄目か?…orz)

64 :花咲か名無しさん:2005/10/21(金) 01:05:56 ID:4AdcIjDy
>>61    ___   ♪
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) )) 農薬の代わりにイチゴ果汁の水を害虫に噴霧するですぅ
 ((  |l |リ゚ ヮ゚ノl| 
     ノl⊂l_介」つ0匚lア ミミ
    ≦ノ`ヽノヘ≧     ミミ
.   ミく二二二〉ミ     ψ

             _
            ,',i><iヽ オイシーノ
            /((ノノリノ))
           ((ミi!゚ 〜゚ノミ))
            ⊂)夲!つ
             (ム!,,jム)
             し'ノ





65 :花咲か名無しさん:2005/10/21(金) 01:37:38 ID:s5xR4nri
ここで正座するか

66 :花咲か名無しさん:2005/10/21(金) 02:31:05 ID:tqPImVcb
正座終了

今日の感想: 翠星石は悪くない

67 :花咲か名無しさん:2005/10/21(金) 02:34:31 ID:gH0XESGS
頭以外は。

68 :花咲か名無しさん:2005/10/21(金) 03:10:20 ID:bxi/3OCi
性格も・・・

69 :花咲か名無しさん:2005/10/21(金) 19:39:51 ID:ao9w/Dub
苺のジョウロって100均のだな

70 :花咲か名無しさん:2005/10/28(金) 02:31:50 ID:1JNlCKx0
昨日増えたバラは13本。
真紅の薔薇が爆発したですぅ

71 :花咲か名無しさん:2005/10/28(金) 02:42:28 ID:wlJoQV4u
正座終了

今日の感想: それでも翠星石は悪くない

最後の小箱ぎゅ、で一抹の迷いも吹っ飛びましたよ。えぇえぇ、、
そして水遣り要員が増えるという非常に喜ばしい出来事がありました。


>>69 あなたも持ってますね?

72 :花咲か名無しさん:2005/10/31(月) 20:55:21 ID:EA7KGOgg
日本ば○園のチビチビ苗なんて100均のジョウロでたくさんですぅ

73 :花咲か名無しさん:2005/11/02(水) 17:47:06 ID:Tmp10n1t
○○園の実生苗はどうしようもない爪楊枝ですぅ

74 :花咲か名無しさん:2005/11/03(木) 09:06:01 ID:I/6NFIsD
不精しないでAAも一緒に貼りやがれですぅ

75 :花咲か名無しさん:2005/11/04(金) 19:58:02 ID:5T7ykfEV
なんて君は便利でかわいいんだろう。

乾燥機より消火器のほうが一家に一台だよな、うん。

76 :花咲か名無しさん:2005/11/08(火) 09:15:19 ID:ShWzt0z6
今週は翠星石がメインの回ですよっ!おまえら正座して見やがれですぅ
その旋律は、夢見る様にですぅ


77 :花咲か名無しさん:2005/11/08(火) 18:39:07 ID:ShWzt0z6
>>74
|   __
|二. .-.―.-. . ._` ー 、
|: : : :,. -:_: :二: : `丶、`ヽ、
|: /: イ: : : : : : : : : :l: \ \
|ヽ: :_|_: : : : : _: ノ: : : }ヽ. ヽ
|` 〉、_j_ ̄: : : : : :ノ : :ハ: ヽ ヽ
| {j人Tー- ァ―: ´: :/┘L : ヽ ヽ
|   ヽーjニ‐_ ニ ヘ: _lユ┌}: : :', i
|`ー '´  ̄〉=ニ二 ヽ|、: :リ: : : :! l
|      {   {jノ   ̄ヽ/: : : : l  l
|` ー、_  ヽ     ノ/:/: : : :リ′|
|// ヽメ }  ` == 彡 /: : : :/  |
|    V   、_,. ': : : :, イ-― '
AA規制で貼れなくなったです



78 :花咲か名無しさん:2005/11/08(火) 21:04:37 ID:LtXP3YU4
>>77
モニターから1m離れて目を細めてみたのだが
ミジンコの背中?

79 :花咲か名無しさん:2005/11/10(木) 02:55:07 ID:aOKoggck
http://www.2chan.net/

80 :花咲か名無しさん:2005/11/11(金) 14:36:51 ID:IbmTDCTn
バラ推奨さんの「薔薇」は好物由来だからか
花の薔薇のイメージがわきません

むしろ最近カタログで見た なんとかっていう
バラにそっくしがウリのトルコ帰郷に似てる。

今世界で一番「青薔薇」に近い薔薇。
でもまだ青バラには至れない開発過程の品種なので、
名前は付かない、永遠に札の記号で呼ばれる薔薇
…にしとこう無理やり。

81 :花咲か名無しさん:2005/11/11(金) 14:50:20 ID:IbmTDCTn
かなさんは、名前そのまんまの薔薇もあるけど
むしろそれよりモッコウバラ。どこか垢抜けない色と形の可愛いバラ。
大輪ならジュリアやジャストジョーイのイメージかなぁ

雛ちゃんはロサ・カニナ。素朴なピンクの一重が可愛いバラ。
赤い実がいっぱいつくし(食べられるし)
大輪系はちょっと思いつかない

82 :花咲か名無しさん:2005/11/11(金) 15:26:53 ID:IbmTDCTn
翠星石さんは、マーガレットメリル
柔らかいウエーブと丸みのある花弁が女の子らしい綺麗な白薔薇。
メルヘンケニギンみたいな優しいピンク色の薔薇も考えたけど、
やっぱりこっち。

蒼星石さんはイントゥリーグ
ずっと淡い紫のブルーバユーを思っていたのだが(ようするに存在感薄)
最近えらーく漢前なので、もっとくっきり鮮やかな感じに変節。

83 :花咲か名無しさん:2005/11/11(金) 15:29:26 ID:IbmTDCTn
銀様は、、HTで凛とした純白の薔薇ってなにがあるだろう。

とりあえずパスカリ。願いも込めて。

84 :花咲か名無しさん:2005/11/12(土) 01:30:49 ID:xiPvfmqD
    ,lヽヘ/ヽ
  <     へ
  / ノlノ^^ノノリ>、
  ヾcリ口‐□yゝ そんなの簡単じゃないか
     ゝ.._ニ,ノ
    (ll^Y^l)
     .|._ハ_.|
     ゝ' ゝ'


水銀燈はスターリングシルバー
蒼星石はブルームーン
金糸雀はカナリーバード
薔薇水晶はロージークリスタル
雛苺はストロベリークラッシュ
翠星石はちびちびグリーンアイス


真紅はレッドデビル

85 :花咲か名無しさん:2005/11/12(土) 03:20:46 ID:OUgs/PkR
ロサ・蟹名といったらロサ・記念死す
ウニメ違いスマソ。

あ゛っ、でも↑検索してたら雛苺@黒バージョンのコスプレ衣装がヒットしたですの。

86 :花咲か名無しさん:2005/11/16(水) 19:06:42 ID:B1ByFN8B
                 /   rク      , --=====ミ \
                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
           \/  V{{  |   −/―--<.  / イ / /       |
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ// 園芸相談翠星石の中の人が
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }} 水銀党に鞍替えしたのでカキコが少ないですぅ
   /     r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽh__   |   |{{     ヾ! 
 /       |_し-.\〔_r┐ ∧∨_/介ー、\ r┐ヘ |{{   __}}__
'       / / _仁\〔__ |  ヽ / 乃ヘ \\弋!ィ  ̄ ̄  ____ヽ

87 :花咲か名無しさん:2005/11/16(水) 21:40:24 ID:H6xHnKPv
>>86 
えーなんでー 逆じゃねーの?

>>82 
真紅様はクリムソングローリーという事で
どなたも異議ございませんね?

88 :花咲か名無しさん:2005/11/16(水) 21:51:46 ID:H6xHnKPv
そうそう、イントゥリーグって陰謀とか密通てことなんだが

ま、いいか。

89 :花咲か名無しさん:2005/11/16(水) 22:15:30 ID:B1ByFN8B
           _
          ,'´r==ミ、
          卯,iリノ)))〉  おばかさぁん
      /`-|l〉l.゚ ー゚ノlノ\ 最近は水銀系板にばかり出入りしてるのよぉ
      レ´V|!/'i)卯iいVヽ!
          ‐((癶^^/癶 キチキチ
        ‐((癶^^/癶               λ  λ
        ‐((癶^^/癶                 ハ  ハ
   /⌒((‐((癶^^(癶))⌒))⌒))\       )〉 / )
 ≦(⌒((≧‐((癶^^\癶^^≧-≧))\    ノ レ ノ
≦‐((⌒\≧ ‐((癶^^\癶 ≦^^≧))⌒))⌒))_ノ キチキチ
  ≦‐((⌒\___(癶(^^^^)癶     ≦^^^≧^^≧
    ≦‐(‐((‐((‐((癶^^)癶
     ≦^≦^≦^≦^^^≧

90 :花咲か名無しさん:2005/11/17(木) 00:10:50 ID:LWLyaMiQ
        /,. -‐'⌒ ̄⌒ー-、 \    \
         /':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:\ ヽ: /_/
       /.:.:.:.:.:/:.:.:.:,:.:.:|:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.', } /:.:.|
      l{:.:.:.:|:.l:.:.:.:/l/'ハ:、.:.:ヽ.:.:.:.:} .{::.:.:.:.:l
      ハ:.:.:.|:|:.// ノ ‐ヾ\_|l.:.:.:i }::.:.:.:.:.',
       ヽ:.:.{. ,:=、   ==、 ノ.;./ /::.::.::.:.:.:.',
        ヽゝ  、     ソ!※}::.::.::.::.:.:.
         { `ヽ、ヽフ /イ  /‐、_:.:.:.:.:.:.
  f^)^)^)^)^)^)^)^)^)^)「-、_,{※} r′ヽ:.:.:.:.
 r''⊇、             l|ヽ_/  } t′  ',:.:.:.
 { =='、 おまえら    l|!;r'!※{ t′   ',:.:.:
 ハ,,_う´             l||;;l}.  {,コ      !:.
_{'V|l さっさとアニメ板へl||;;;{※.},コ      !、
ゞ |l                l|.l;;{  },コ      }
\,,|l 帰りやがれですぅ l| L{.※{,コ      /|

91 :花咲か名無しさん:2005/11/17(木) 00:36:45 ID:EdvmomZE
アニメ板だったらいいんだがな
どうも別の穴につながってるような気もする

けどまあ穴は埋まってしまったみたいだし、
放置でいいんじゃね。ここも年に二回は圧縮が来るようになったからさ
そのうち落ちると思うよ。

92 :花咲か名無しさん:2005/11/17(木) 22:03:27 ID:+/Eym/t/
>87

      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..−'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:. 真紅?
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.   あー香茶がおいしいですぅ
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !_x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.

93 :花咲か名無しさん:2005/11/18(金) 01:19:29 ID:g8UQ+RQD
  ∧_∧
 ( ・∀・) 舞乙を5min動かしてクレ
 ( つ旦)~ 
 と__)__)

94 :花咲か名無しさん:2005/11/20(日) 04:05:38 ID:u8d47/2a
ツンデレ大全、メイドさん大全と合せて買ってきた。
ツン95% : デレ5%
って可笑しいなと思ったら一期の数値かい。

>>93
つ AT-Xで捕獲

95 :花咲か名無しさん:2005/11/20(日) 13:56:37 ID:TYmknZ/n

  ∧,,∧  
 ( ・ω・) 。・゚・。・     AT-X?       Λ,,Λ
 /   o━ヽニニフ              (>>94)
 しー-J                      U_U_)o


  ∧,,∧
 ( ・ω・) ズドム                 Λ,,Λ
 /   o━Σ・∴  -====ΞΞΞヽニニフ)>>94)つ
 しー-J       ・゚・。・ ゚・。        ⊂⊂__/



  ∧,,∧
 ( ・ω・) 5minどころか30min動いたよ、反対方向に
 ( つ旦)~                    ヽニニフ
 と__)__)      ・゚・。・ ゚・。・゚・ 。・゚     ⊂ ̄⌒⊃>>94)⊃

96 :花咲か名無しさん:2005/11/23(水) 22:47:06 ID:u3BGSvFr
>402
      / 〃::/:::::::/ ::/ ::::ノリ::/::::::ヽ:::::\ヽ
     /⌒'!::/::::/ ィ/´/ /〃 \`ヽ!:::::::ハ 〉
      /__ ィ__ -‐_ ´  //  ==ヽ }}::::i::::!    イーヒッヒッヒッヒッ
       /::::{!:::::ヽ〈 (' )  /   (' ) ノ/:::::ィ リ
      '::::::::{ヽ::::::\     '    ノ::::イノ
     /:::::::::::{! `ー -- _   -‐7 - 7 i}
.    /::::::::<⌒)ソヽヽ  ` ー‐‐ ´  / 〃
  /::::::(>'´   ハん、`   __  ィ:::l  {!
/::::::::{/      } (ハ ヽ   /:::/l  {{
::::::::::::/         | ( ! ハ \/ \ l   {!
:::::::::/       レ{  ハ<卯> \  {!

釣られてやるですぅ
少なくとも日本庭園がどーたらなんてスレよりこのスレの方が100万倍有益ですぅ

97 :花咲か名無しさん:2005/11/25(金) 02:21:20 ID:6LcYpVOA
ここが>>402に達するのはいつのことになるのやら。

98 :花咲か名無しさん:2005/11/25(金) 02:58:35 ID:qx19nfgw
  ∧,,∧
 ( ・ω・)  今日は乙を見た
 ( つ旦)~  おやしみ
 と__)__) 

99 :花咲か名無しさん:2005/11/26(土) 09:31:29 ID:F3XivkGI

     .!                   '|
      |_, -‐'‐. ̄ ̄ ̄‐‐ー---、     /                  /
_,______|___________       `‐- 、/                  /
|              ´ ̄ ̄ ̄ ̄‐ー-イ,                   /   .
\                        `ゝ、              /   /
  \  ___------------‐-- 、____       , /          /   ,  ヽ
   `|   、 .| .!       、   `''=、  /           |  'ニ''゙l′ | 、
    |  │/ ./ l、ヽ -、    \  .、  \           ,ノ'| 、 .ゝ/.ゞ  /
    ! :!  7 人、ヽ \\、  __-ニ, 、.!   ヽ        _r'´  | `ー、 ___/
    .! ヽ/, イl==-ヽ、 `ーニー-=j|l |  .ト、 !      r'´‐ \ 亅  |
    ='/!、.!`'' /  \、_  |,''‐'ノ'゙,| | │ヽ.!    . /   ノ゙゙〈\  .|
     ヽ\_゙' ̄    ,  ´  ̄´/ | / .!|  ,r'´二`ヽ_/ / `'y/
      \ T'~    -     ,j/, ト-─‐!--! .i'´ `! |', z〈、  /
        \ `=、_    , -''´ / _____   _-/r/''─`Y´
   '二'' ̄し--‐丁_リミ7‐, -‐'ニ‐' ´ ̄   ゝ、 .!i'´''.!.!  , ! _!
 /´ .し'_jヽ`|r'`>'´  `‐‐-/, イ-!ゝi‐l、  .//  .,ノ-ニゝ '!- 、'′
     !__ ノ_ノ´   ‐=t_ ./ rへ_.!ッ .!.7ヽ 〃  // _  ヽゝ
  ,_-‐‐' ´.!.く    -、  〕\/ ノ `y !フ // . //,‐'´  Ti  l |
./     .| r'´  -、_  スハ ヽ''  `').! |‐' /ノ/_    !|  .!‐7
       | ./'-┬ 、, フ r |''| 、ヽ  , 〈‐' , |/./、  `丶、.!| ,‐' /
すっかり葉も落ちて剪定の時期だね。
今日からここは 蒼星石に剪定のコツを教えるスレ にしようと思うんだけど
どうかな?

100 :花咲か名無しさん:2005/11/30(水) 23:32:55 ID:f/3ZAaIt

         .ィ/~~~' 、
       、_/ /  ̄`ヽ}       <波乗り真紅様が100get!!
      ,》@ i(ノ()))) /⌒ヽ
       ||ヽ# ゚∀゚ノ||/   |゚:: ゚;゚ ゚
      ≦⊂iミ'介'ミ / ゚.;゚ /; :;;
      テ   \  / 。゚ /.;.;::: 
           ( //⌒ ̄⌒`´ ̄`〜ヽ'ー--、
           _/      ιυっ ̄~つyへつ
         /    フっιつ人´ / /つυ^っへ  っっ
       /   /つつ。o/ / / /  ^つっへυっつ
      _/     〉o°o。   。 / /  /°>つっっっつっっ
     /      \γ、。 o 。 /o。/ /つっっつっつ
__/           `⌒ヽっ/ 。/  / っつ) っつっつ
=/     っっ       τ-っつつっ、。|    つ  っつつつ



101 :花咲か名無しさん:2005/12/16(金) 15:25:55 ID:5Kagf29E
>99
    ,.:'::.,::' ,.::‐':,,::.',゙゙''::..,_゙"':,        ,'        :,  ゙:, 
    ゙;:.,.:゙'゙:.,:',':,:'.,';.;::.;,:゙:.,,,,,.:':,:' .    ,:゙ .;      ,'    . ゙:,. .',     、':,
   ,'  ゙"'゙,:'::,' .,' ;.;::.'.'‐‐;‐''゙     ,゙ ,; .   ,!     .  ',. .',  ',   .':,',
   ,'   ,:゙::.,' ! ';:::.', .,'      ,' .,:'.;.;  .  ;,.;    .   ',  ;   ',   ':',
  ,'   ,'.::.,'. i  !:::.':,;      ,' ,'. ;.;,.   ;゙,;,     ; .i.  ;  ;     ',
 .,:'   ,'.:::.; .,,.:;‐" .',:::::.',      ; ,;_  ';.',  . ; ';',  .   ; .; . ,'.  ,'  ; ;, .',
..,:゙,:'  . ;.::,.::'゙,:'゙.!   ':,:::::.':, .    ;.,' ,゙,';:.'.'.'---:':,.':.',     .; ; ,'  .,'  ,' ;.',. ;
:',:'   ,.‐'゙::,;'゙ . ',   .':,::,;゙.,,..:-‐''"゙゙.:::::::...,,..::;''"゙, ',゙:,:,   ; ,' ,';  ,゙   ,;' .,:゙ .;.;
,'. ,.-'゙:::.,:'゙;::;   ',  ,..::‐''゙゙..:::::::::::...,,..::‐'"   ':., ', ゙ ':,;, .,','.,:'.,' .,:' ,.:','..,:'  ;.;
,.::'゙::::.,.::'゙  ゙,;.:-‐‐''''"゙..::::::::::...,.::‐'"゙',=_';:...,_  ._____i''、 .','',.,'.,:',;-,.:'.,.::'゙,:',.:゙ .  ,;
:::.,.:;'゙-‐''"゙゙...:::::::::::::::::....-::.',゙,゙;;__   ',゙''ー゙.''ー:,=.,=.-   .;.,;._'゙゙_,;'::'゙,
::''゙゙..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...゙゙"'''‐::..,,_        '゙`:゙゙";   ;
::::::::::::::::::::::...,.:-'''","゙゙゙゙゙,゙゙"""'''''''';'':,'''''''';'''`         ,. ,゙,:.'; . ;
::::::::::...,.:-'"゙ ,.:-'゙________'_;.,__.   ゙', ゙'-:..';..         ,.i,:' ',':' .,:゙
::::..∠.......::::'.'.゙,゙_゙゙..::::::::::::::::::::..ヽ,  ゙:.,  .  'ー:::..,,, _.,.':゙''゙,..::' .,.::'゙
::::::::::...,,,__.:::::::::...゙゙"'''ー-::....,,_.::..゙'‐:.,,_.゙':,_     ,.:-'゙゙  '''゙''''"゙   いいわよ。できるならね


102 :花咲か名無しさん:2005/12/16(金) 19:36:32 ID:M7HILoeM
蒼星石、原作に続きアニメでも死亡・・・
この企画はなくなりました。

103 :花咲か名無しさん:2005/12/27(火) 11:11:55 ID:jvZayCVT
翠星石の如雨露が500円で出てる

104 :花咲か名無しさん:2005/12/27(火) 23:33:52 ID:Oxm0qWZt
どこで?

105 :花咲か名無しさん:2005/12/27(火) 23:43:25 ID:aA3QfB49
  ,-----------------------------、
 /______[__ i __]_______| ヽ、
 ヽ、::::::::::::::::::::::::::::.ィ/~~~' 、:::::::::::::::::::::::::::ヽ、ヽ、
   ヽ、:::::::::::::::::::、_/ /  ̄`ヽ} :::パカ ::::::::::::::ヽ、ヽ
    ヽ、____,》@ i(从_从)) ______ヽ/  
     /::::::::::::::: ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||:::::::::::::::::::::::::::::/|
   /:::::::::::::::::::: || 〈iミ'介'ミi〉|| ::::::::::::::::::::::/ .ノ
  ┌────────∪────.||´ ./
  │      [[二二二]]       .| /
  └─────────────´

106 : 【末吉】 【1424円】 :2006/01/01(日) 12:10:03 ID:mVGkyqDS

          ,へ                      \     |    /     ,ハ百
         \ \                   \   |  /      ム.只
         /へ/)                    ./ ̄\
    ∧_∧∩  )(            ‐ ‐ ‐−──( ゚ ∀ ゚ )──−‐‐ =夫=_
    .(*・∀・)7   (  !      ______ノ'""ゝ. \_/       フi三iヽ
   ゚ .冂つム゚_」   Y       (_   ____)    ':;  |  \      '─'
  ゜ ム_」」」」ゝ   人    ___) (__∠__   \|    \
   (,_,,ノ `ー´   (  ';   (__________)   ~':;,,.     \
   ,' . / .'     ヽ (_        ,,;::'~            ~':::;;,,,_
  / / '        \ヽ.  __,,,,-‐''"~     ∧_∧   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
   '0      __,,..l⊂Z_).⊃!         ( ´∀` )    ̄ ̄ ̄ ̄) (二二二二二......  0
  0Π0- ‐‐'''""   |;;:.:. ヮ . .:::;|        ,べヽy〃へ  ( ̄ ̄ ̄             0Π0
  HΠH       ∩.∧_∧∩    ∧∧/  :| 'ツ' |  ヽ  ̄λ_λ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧∧ ̄ HΠH
 EEE      匸(´∀`;)フ   (,゚Д゚,). o |=宗=! o |  ( `ー´) ヮ    (゚ー゚*) EEE
  |l|lil|ili|        瓜ゞッ=Lく   ,くリ=ッ=[ゝ.__」「「「「L_.」  厂〉=ッ冂づ ヌ Oヮ⊂[]ヨ  |l|lil|ili|
,,.<卅卅ゝ.__.,.,.,___.__.,.,.,(__)ヾZ)'_.,.,_じ(ノルハ)Jつ」」」」」⊂ソ.,_.,_.(入ム]つつ.__,L!__. (_」つ.,<卅卅ゝ,,.,,

〜ラッキーレス〜
2006年新年あけましておめでとうございます!
さて、このレスを見た人は、コピペでも良いので26分以内に3つ以上のスレに貼り付けてください
そうすれば今年中に、体の悪いところは全て治るわ好きな人に告白されるわ出世するわで大変なことです!!

107 :花咲か名無しさん:2006/01/01(日) 12:19:33 ID:tnl4jZ2e
          ,へ                      \     |    /     ,ハ百
         \ \                   \   |  /      ム.只
         /へ/)                    ./ ̄\
    ∧_∧∩  )(            ‐ ‐ ‐−──( ゚ ∀ ゚ )──−‐‐ =夫=_
    .(*・∀・)7   (  !      ______ノ'""ゝ. \_/       フi三iヽ
   ゚ .冂つム゚_」   Y       (_   ____)    ':;  |  \      '─'
  ゜ ム_」」」」ゝ   人    ___) (__∠__   \|    \
   (,_,,ノ `ー´   (  ';   (__________)   ~':;,,.     \
   ,' . / .'     ヽ (_        ,,;::'~            ~':::;;,,,_
  / / '        \ヽ.  __,,,,-‐''"~     ∧_∧   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
   '0      __,,..l⊂Z_).⊃!         ( ´∀` )    ̄ ̄ ̄ ̄) (二二二二二......  0
  0Π0- ‐‐'''""   |;;:.:. ヮ . .:::;|        ,べヽy〃へ  ( ̄ ̄ ̄             0Π0
  HΠH       ∩.∧_∧∩    ∧∧/  :| 'ツ' |  ヽ  ̄λ_λ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧∧ ̄ HΠH
 EEE      匸(´∀`;)フ   (,゚Д゚,). o |=宗=! o |  ( `ー´) ヮ    (゚ー゚*) EEE
  |l|lil|ili|        瓜ゞッ=Lく   ,くリ=ッ=[ゝ.__」「「「「L_.」  厂〉=ッ冂づ ヌ Oヮ⊂[]ヨ  |l|lil|ili|
,,.<卅卅ゝ.__.,.,.,___.__.,.,.,(__)ヾZ)'_.,.,_じ(ノルハ)Jつ」」」」」⊂ソ.,_.,_.(入ム]つつ.__,L!__. (_」つ.,<卅卅ゝ,,.,,

〜ラッキーレス〜
2006年新年あけましておめでとうございます!
さて、このレスを見た人は、コピペでも良いので26分以内に3つ以上のスレに貼り付けてください
そうすれば今年中に、体の悪いところは全て治るわ好きな人に告白されるわ出世するわで大変なことです!!

108 :花咲か名無しさん:2006/01/02(月) 17:50:28 ID:RWF3NvHC
     ⊂且∩      ___
 ♪   (・x・ )   . く人二,'ヽ>
     (_ ̄iつ ,---'、< >))|l
  ( ((  |人 (      VД´iリ|
      `/ /  ) ))⊂l_介_|)|ヘ
       i _|ヽ   ≦ノヽノ`ヘ.≧
       |_)'。   ミ<二二二>ミ
        ∵
        ∴+

109 :花咲か名無しさん:2006/01/03(火) 20:12:18 ID:/yEeBEtz
これからは如雨露にこだわろうと思う。

110 :花咲か名無しさん:2006/01/06(金) 04:17:59 ID:PZdedf5i
           _,-,
    ⊂iヾ、 ∩且つ/      ___   
    ≡ \ .( ・x・)/    く/',二二ヽ>
        ヽ i' |,へ    |l |ノノイハ))
 ≡       )人i 、ゝ. 人l|リ`Д´ノl|
         / /   ヽ< >l_介」つ
    ≡   //  ゚∴.  Vノ`ヽノヘ≧
       (/    ∵+.  ミく二二二〉ミ

111 :花咲か名無しさん:2006/01/06(金) 10:57:20 ID:ILmcdNkx
   ┏━━━ / |━━━━━┓
    ┗┳┳━ |_| ━━━┳┳┛
      ┃┃ /  ヽ     ┃┃
    ┏┻┻ |======| ━━┻┻┓
    ┗┳┳ ヽ__ ¶_ ノ ━━┳┳┛
      ┃┃ (/)     ┃┃
      ┃┃ (/)     ┃┃
    凸┃┃ (/)     ┃┃凸
    Ш┃┃ (/)     ┃┃Ш
    .|| ┃┃ (/)     ┃┃.||
  ∧_∧   (/) ∧_∧  ∧ ∧
  ( ・∀・)  (/)(´∀` )  (゚Д゚ )  
  (つ  つミ (/)(⊃⊂ ) ⊂  ⊃
  |_|_|[nullpo] )_|_|_|__|  |
  /////ノ,,,,,,ヽ ////||  |〜
////////////  |∪∪
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|  園 芸 神 社 奉 納 |

112 :花咲か名無しさん:2006/01/06(金) 21:10:20 ID:PZdedf5i
     _/)
    / / 且 つ
     \(・x・ )⌒_)⊃
      / '  (
     i⌒iヽ _, ゞ
     ∪/ ,/   ∴
      i人| +∵。
     く< >ヽ>
    ,.ζl | Vノイハ))
 ⊂'⌒≦つリ>_<ノミつ


113 :花咲か名無しさん:2006/01/07(土) 04:29:46 ID:mKgNrVb8
          .∞ 〜
     く/',二二ヽ>
  ν⌒,,ζl |ノノイハ))
 ⊂_:#:≦|#:;)Д。#)

114 :花咲か名無しさん:2006/01/07(土) 17:58:29 ID:mKgNrVb8
  翠 星 石 (すいせいせき)
 ───────────────────────
 人体に近い皮膚感と骨格の組み込みによりリアルな抱き心地

                                ,,,,,,,、
●つなぎめの目立たない精巧なつくり。  ,,..、ヽ、   (iiiiiiiiヽ>
●お年寄り特有の前後屈曲を再現。   ;'"~ヽ、,)  `:、iiiii|>
●丈夫で扱いやすい皮膚素材。     l@。。@/     ヽ-'
●下肢・股関節の動きもスムーズ. デスゥ>ヽAノ"l   かつら
                       ,/i"ヽ'、,ノヽ、
                      ,:' ,..|     ;' ヽ:
                    ,:'~,:'~ ,i     ;、 ヽ:
                   /丶' 。(_ ;    `/、ヽ,
                   / /  ,../.ヽ。ノ  i ヽ  i;
     ,,            /、/_._._/    ヽ:、i  ヽ ,i;
     i,ヽ,、      ,,...-.-,i. i i _ _, ..;.'  、 ,i" ,/'~ /
     ヽヽヽ、_ _ ..-:::::' ,...,;-'ヾ~~" ~     ),/ ,/~,/
      |,,,.ヽ ヽ、,... .::-::"   ,、_ _    __..丿'`ヽ,:'
        |  ,.. . .... .... ..,::-:" ~ ~ ^ ~ ~ ~, /,.,;'~
        `-'" ~ ~ ~ ~~           ~ "~
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  身長:.80cm 重量:.約5kg シリコン製 寝衣付き  |
 |                     ¥504,000(税込価格)|
 |_______________________|

115 :花咲か名無しさん:2006/01/07(土) 20:07:56 ID:ZytSN/O5
撒きますか 撒きませんか 農薬

116 :花咲か名無しさん:2006/01/08(日) 02:24:08 ID:roMbK6NB
○撒きます

117 :花咲か名無しさん:2006/01/08(日) 04:31:15 ID:Kq47eFLV
    /⌒⌒ヽ          ___
    //ゞ\※        く/',二二ヽ>
    §!゚ ヮ゚ノ§     ブスッ |l |ノノイハ))
    ミ([{.∞}]ミつ≡三二≡=☆|l )))Д´)
     /(__ハ_)         ノl_|(l_介」).|
      `しテ         ≦ノ`ヽノヘ≧
                ミく二二二〉ミ

118 :花咲か名無しさん:2006/01/08(日) 11:06:27 ID:WSlfQlVE
蒔きます


119 :花咲か名無しさん:2006/01/08(日) 19:15:07 ID:Kq47eFLV
    , .-=- ,、 
 ヽr'._ rノ.'   ',   ___ 
 //`Y, ⌒⌒ヽ)/',二二ヽ>
 i |丿(リノヽ、卯)|l |ノノイハ))
 ヽ>,/9、゚ ヮ゚ノミ,つ);`Д´ノl|  や、やめやがれですぅ!
  `ー(ミi∞iミノ ノ⊂l_介」つ
    (,,( ),,)≦ノ`ヽノヘ ≧
    `しン′ミく二二二〉ミ

120 :花咲か名無しさん:2006/01/08(日) 22:14:02 ID:nCiqYHO3
せっかいいおうごうざい、まかれる…orz

121 :花咲か名無しさん:2006/01/10(火) 02:51:18 ID:hokAxzsI
   r@" ̄~@ヽ
  /ノリliliハiliハ
  ノ从リ ゚ヘ$ノ   |\l☆
  ノ从とi,,ξ,,iつ─‐l  l ガッ
 ノ从く,,,,ξ,,,>リ   人‐___ 
    U U   <  >二ヽ> 
            Vノノイハ)) 
            ||ヽ|| `Д´)| ノ
           ノl_|(l_介」).| 
           ≦ノ`ヽノヘ≧,
           ミく二二二〉ミ

122 :花咲か名無しさん:2006/01/10(火) 03:00:32 ID:hokAxzsI
             .ィ/~~~' 、
           、_/ /  ̄`ヽ}
           ,》@ i(从_从))
           ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||     
           || 〈iミ''介ミi〉||
       ─┬=====┬─┬―┬          
         ヽ┴-----┴ 、/_ /                      ___
        ==||:|:  :|: 「r-┴──o                く/二二,'ヽ>
 ____________ |:|:__ :|: ||--┬┘ ̄                (((ハイ))|l|
 |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___             Σ ||l゚Д゚.iリ|l|
└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤              (l_介_|)|ヘ
 ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三)              ≦ノヽノ`ヘ.≧
  ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ              ミ<二二二>ミ


123 :花咲か名無しさん:2006/01/10(火) 20:13:36 ID:26ORJf2J
よりによって園芸板で翠星石いじめるのは止めてくださいとマジレス。

124 :花咲か名無しさん:2006/01/12(木) 23:41:16 ID:jdG0DCZy
>>122 よりによってチハかよww

125 :花咲か名無しさん:2006/01/13(金) 00:58:06 ID:oPOj6yaZ
>>124
環状アンテナとかんざし砲身だけでチハタソ認定はあんまりだ!
チハタソはこんなKV2みたいなゴツイ砲塔してないやい。

126 :花咲か名無しさん:2006/01/13(金) 05:29:36 ID:rQ3NUdNM
園ゲイ板住人には意味不明の話題だな。
おぶいぇーくと!!

127 :花咲か名無しさん:2006/01/19(木) 22:32:34 ID:kdJU3/Hi
【翡翠の妖精】翠星石とみんなでハッスルですぅ5 ttp://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1127144493/
【翠星石ですぅ 5スレなのかしらー】ttp://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1131535222/Rozen Maiden】
翠星石スレ 【ツンデレ担当】ttp://ex14.2ch.net/test/read.cgi/campus/1135410140/
ローゼンメイデンの翠星石のように罵るスレ その4ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1128825977/
ツンデレ翠星石の投資相談室ttp://live19.2ch.net/test/read.cgi/market/1132351752/
■■■翠星石と遊びやがれ喪女共!ですぅ■■■ttp://human5.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1122864740/
【薔薇】翠星石のお悩み相談所2【乙女】ttp://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1132562927/
【Rozen Maiden】翠星石萌えスレ【ローゼンメイデン】ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/cchara/1130228844/
【フィギュア】「ローゼンメイデン・トロイメント」の翠星石がフィギュア化 ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1135335880/
翠星石ttp://etc4.2ch.net/test/read.cgi/male/1135331309/
翠星石「すこやかにーのびやかにー」ttp://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/engei/1116323101/
ローゼンメイデンの翠星石が質問に速攻で答えるスレ・part3ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1137322428/
【ストレス】翠星石虐待スレ【解消!】ttp://anime.2ch.net/test/read.cgi/otaku/1135238891/

128 :花咲か名無しさん:2006/01/23(月) 21:25:08 ID:gs/tOJBF
                 /   rク      , --=====ミ \
                /    ィ7     ≠″        `¬\
            ,. '     〃   /   /           \
         ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
         \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛
          \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
           \/  V{{  |   −/―--<.  / イ / /       |
               /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |
           /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//
           , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/
         /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′
       /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /  >>126
      /       // {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//  >意味不明
    /        //   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}  お前は知らないだろうが意味不明瞭が正しい言葉ですぅ。
   /     r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽh__   |   |{{     ヾ! 
 /       |_し-.\〔_r┐ ∧∨_/介ー、\ r┐ヘ |{{   __}}__
'       / / _仁\〔__ |  ヽ / 乃ヘ \\弋!ィ  ̄ ̄  ____ヽ

129 :花咲か名無しさん:2006/01/27(金) 03:21:33 ID:JDa4xY7V
実装石はまだか?

130 :花咲か名無しさん:2006/01/27(金) 03:31:31 ID:97eNqBN7
点呼はじまってるよ >>129

131 :花咲か名無しさん:2006/01/27(金) 11:23:55 ID:46F3FALS
    く/',二二ヽ> 
    |l |ノノイハ))  なんちゃってに騙されたですーッ!!!
     |∩#゚听ノ∩
    ノ l_|(l_介」)丿 
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ


132 :花咲か名無しさん:2006/02/03(金) 21:01:02 ID:AL9j5004
びんちょうタンの活用法を教えてくらさい。

133 :花咲か名無しさん:2006/02/12(日) 11:38:03 ID:g2xpZM6v
>>132
パックンチョ

134 :花咲か名無しさん:2006/02/14(火) 15:56:02 ID:ttU1CY1d
                  , -r- 、 。.,
               _,. rT´.::;;|_;;;;;| ヽ `
              l´_,..L!-=─-<
             ,.ィ/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ、  _ノ
            / 〃.... /..:.ハ......:..:...   ヽ'"
           l..:.:ll.:.:.:.l l_ L.!Lヽl\/l l l.ハ
              |.::.:ll.:.:.:.!Vl,l‐テ、`  ,.ニヽリ_,}
              !.::.:ll.:.:.:| / {ヾ|   'lrl`//ノ
           l.::.::ll.:..:l  ゝ┘   |_j { |!
           _V::::l、:.ト    r‐ァ  ノリ    <土に混ぜるびん
           {``ヽ-ヽr `‐-,. ー' -r'「ノ       
              l ...::::::::::>'´ ニ介「ノ//
           l...:::::::::/ L__フソ_.l/〈
           ヽ::::::/ _,l_r-─// ハ
            >!?ヒi⌒r ̄ {⌒i 〉   
            / /!  T-f、_三r-' {  
           く/.:l   |_|_|_|.  |
            /.::|   | !l.:.:.l |  !  
             ,r'..::└r‐r゙ / l.:.:! ├┘
  _,. -─- 、_,..イ..:::::...::/ / .,'  l.:.:| |!_
  ヽ..:..:... .:..   .:. :::::::{ ! {  l.:.:! |ヽ`ヽ、._
   `ヽ、..:...:.. .:.,__,ノ | ヽ.  `l==ト-----`
     ` ー '      `ー-゙ └ ┘


135 :花咲か名無しさん:2006/02/14(火) 17:26:04 ID:nQoh2DQD
                  , -r- 、 。.,
               _,. rT´.::;;|_;;;;;| ヽ `
              l´_,..L!-=─-<
             ,.ィ/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ、  _ノ
            / 〃.... /..:.ハ......:..:...   ヽ'"
           l..:.:ll.:.:.:.l l_ L.!Lヽl\/l l l.ハ
              |.::.:ll.:.:.:.!Vl,l‐テ、`  ,.ニヽリ_,}
              !.::.:ll.:.:.:| / {ヾ|   'lrl`//ノ
           l.::.::ll.:..:l  ゝ┘   |_j { |!
           _V::::l、:.ト    r‐ァ  ノリ    <土をほじくる棒
           {``ヽ-ヽr `‐-,. ー' -r'「ノ       
              l ...::::::::::>'´ ニ介「ノ//
           l...:::::::::/ L__フソ_.l/〈
           ヽ::::::/ _,l_r-─// ハ
            >!?ヒi⌒r ̄ {⌒i 〉   
            / /!  T-f、_三r-' {  
           く/.:l   |_|_|_|.  |
            /.::|   | !l.:.:.l |  !  
             ,r'..::└r‐r゙ / l.:.:! ├┘
  _,. -─- 、_,..イ..:::::...::/ / .,'  l.:.:| |!_
  ヽ..:..:... .:..   .:. :::::::{ ! {  l.:.:! |ヽ`ヽ、._
   `ヽ、..:...:.. .:.,__,ノ | ヽ.  `l==ト-----`
     ` ー '      `ー-゙ └ ┘


136 :花咲か名無しさん:2006/03/03(金) 14:39:11 ID:FwJ710yA
      ___
     く/',二二ヽ>
     |l |ノノイハ))
      |l |リ゚々。 )l|  すこやかに〜
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧
.   ミく二二二〉ミ


      ___
     く/',二二ヽ>
     |l |ノノイハ))
      |l |リ゚々。 )l| のびやかに〜
        ))
       ((
        ))
       ((
        ))
       ((
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧
.   ミく二二二〉ミ

137 :花咲か名無しさん:2006/03/04(土) 21:36:07 ID:WzXxyP6N
  r‐-、    ,. -┐
  〉 _,,,二二,,_ 〈
 /./  ノ))ノ  ヽヽ
 | |  O , , O  | .|
 'l 'l,   A   ,ノ ,ハ <デププププ・・・
  `-`ニニニニニ"-''        教えて欲しかったら
                コンペイトウ持って来るデスゥ

138 :花咲か名無しさん:2006/03/08(水) 01:47:02 ID:ZHpvLdPJ
ぬこ木ってどうやって育てればいいんですか?

139 :花咲か名無しさん:2006/03/08(水) 14:15:06 ID:QqXCSG12
                      _____
                 ,.  ´     `  、
                /              \
                /  ,. _.. -─‐-- ._ 、  丶          /) ,、
             /  ..:/'´,.ィ´ フ ̄ ‐-.、`ヽ.   ヽ    r 、// // _
               i  .:r'7/ /ヽ、    ,jヽ,、ヽ   '     j. ゝ   '"/
               _,V:O|.:.| ,. ‐-`   ニ´ノ !j:ヾ_  j  /,{      ,ニ=
           ,. ‐.:.:/Oj-j!i´rノ:ハ    rノ:ヽノjヽハ ノ ,.イ 丶  ._,.ィ´
         /.:.::/  ハ r! ゝー'    L::'ソ |、ノ>ゞ/ '、   ` ー ノ
       /.:.::/      〉j. ' ' ' '_'_ ' ' ' ' ノ ソ/    丶._ /    うまいきー!
        /.:.:.::/  _,. -‐ ´{ ヽ. {    |   />'´        .:/
        / :.:.:/ /    ハ  `` 、`ー一'_, ‐ ´/        ..:/
       ,'.:.:.:/ /       / iヽ.   `,ニ‐'´_, イ/i     :/  ..:/
       !.:.:/ i     __/ j 丶..__    _,.ィ | i    .:/  .:/i
      !:/  ヽ  ̄ /| / / ヽ/7´|  j! | !  .:/ ..:/ヽ:.|
      '′   「二7 | ,' /   |o|  ヽ   |   .:.:/   |:.j
          ゝノ ,.'.、,.,i.    |o|   >、,ノ、  i:/    j;ノ
            /  ,{   .}   `´ , {    }ヘ, |
           \ | `'ー'^ヽ,    ';  ,ゝ- '   | |
            '、\  /     '; |    ,ノ ノ
                /\  ̄        ヽ-‐ ´./


140 :花咲か名無しさん:2006/03/12(日) 18:55:04 ID:hFHmwuHQ ?
ttp://info.from.jp/mu/robom.cgi?nonono=4555
ウマイキー(゚д゚)

141 :花咲か名無しさん:2006/03/15(水) 16:07:43 ID:8vngC9wa
何気にTBSに占領されてるなw

142 :花咲か名無しさん:2006/03/15(水) 21:10:02 ID:ALAv2Jm7
ほんとーのわたしを

143 :花咲か名無しさん:2006/04/19(水) 00:17:38 ID:bs2t8BBl
        ___
      く/',二二ヽ>
       |l |ノノイハ))  虐待なんてできるもんなら
       |l |#゚听ノl|      してみやがれですぅ♪
      ノl⊂l_介」つ ローゼンメイデン一可愛い翠星石を
.      /ノ>、,.<ヽ\ 虐待するAAや文章をつくることなんか
.      `<_/ |. ヽ_ン'  チビ、デブ、ハゲ、バカな人間にはできっこないはずです♪
        ∪∪
        ‖‖
        ε  З ドカドカ




           ボンッ!
      Ω ;: ;  Ω
    Ω ・,' ;*;∵; ζ。;:,.
     ∵~'ハ∴∵;:;
       |l |#ξρ。;,;。∵
      '.:; *,,,,: ;・∵:;゚
      ノl⊂l_介」つ "〆
.      /ノ>、,.<ヽ\
.      `<_/ |. ヽ_ン'
        ∪∪
        ‖‖
        ε  З

144 :花咲か名無しさん:2006/04/19(水) 00:18:31 ID:bs2t8BBl
          ___
   ___   く/',二二ヽ>  カサカサ
.く/',二二ヽ> |l |ノ。ノイハ))
. |l |ノ。ノイハ)).ノl_|(* 々゚ノ| <ですぅ…
.ノl_|(* 々゚ノ| ミ<<     >>ミ ___
ミ<<   >>ミ       く/',二二ヽ>
 カサカサ          .|l |ノ。ノイハ))  カサカサ
              ノl_|(* 々゚ノ| <ですぅ…
             ミ< <   >>ミ

          ___
        く/',二二ヽ>
        |l |ノ。ノイハ))
        |l |(* 々゚ノ| ですぅ…
          ノl_|癶^^/癶
        ‐((癶^^/癶               λ  λ
        ‐((癶^^/癶                 ハ  ハ
   /⌒((‐((癶^^(癶))⌒))⌒))\       )〉 / )
 ≦(⌒((≧‐((癶^^\癶^^≧-≧))\    ノ レ ノ
≦‐((⌒\≧ ‐((癶^^\癶 ≦^^≧))⌒))⌒))_ノ
  ≦‐((⌒\___(癶(^^^^)癶     ≦^^^≧^^≧
    ≦‐(‐((‐((‐((癶^^)癶
     ≦^≦^≦^≦^^^≧

145 :花咲か名無しさん:2006/04/19(水) 00:19:27 ID:bs2t8BBl
.   ____    ___
   | |・∀・| く/',二二ヽ>
   | |\  |` |l |ノ。ノイハ)) カク
.  (( |_|_ィ⌒ ノl_|(* 々゚ノ| <おまんまん気持ちいいですぅ〜♪
    ノ と、入ミ_,つ λ う
  カク

146 :花咲か名無しさん:2006/04/19(水) 00:20:46 ID:bs2t8BBl
    ___
  く/',二二ヽ>
  |l |ノ。ノイハ)) 
  |l |(* 々゚ノ|
≦ノl_|/ っっl≧
ミ   しー‐J ミ




    ___
  く/',二二ヽ>
  |l |ノ。ノイハ))
 ヽ|l |(* 々゚ノ| ノ
 (( ノ ( 介 )ヽ ))
 ミ  <   > ミ




 ┌──┐
 i二ニニ二i    ___
 i´ノノノヽ)))  く/',二二ヽ>
  Wリ゚ ー゚ノリ   |l |ノ。ノイハ))
  ⊂)_介」つ8三|l |(* ノ三三三7
   〈__|__〉  ≦ノl_|/ っっl≧
   〈_ハ_〉 ミ   .しー‐J ミ

147 :花咲か名無しさん:2006/04/19(水) 00:21:25 ID:bs2t8BBl
┏━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
┃⇒ 虐待する  ┃クソミドリか゛ あらわれた。     ┃
┃  ブッコロス ┃と゛ うする?▲            ┃
┃  折 檻   ┃                     ┃
┃  ΡΟΑ   ┃                     ┃
┗━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛

                ___
              く/',二二ヽ>
               |l |ノ。ノイハ))
               |l |(* 々゚ノ|
             ≦ノl_|/ っっl≧
             ミ   しー‐J ミ

148 :花咲か名無しさん:2006/04/19(水) 00:22:42 ID:bs2t8BBl
   ___       ___      ___       ___      ___      ___
 く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ> く/',二二ヽ>
  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  .|l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ)) |l |ノ。ノイハ))
.ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ.ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ .ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ.ヽ|l |(* 々゚ノ|ノヽ|l |(* 々゚ノ|ノ
 ノl_| へ  )   ノl_| へ  )  ノl_| へ  )    ノl_| へ  )  ノl_| へ  )  ノl_| へ  )
. ミ     >ミ  ミ     >ミ ミ     >ミ  ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ
      ___       ___      ___      ___      ___       ___
    く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ> く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>
     |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))
   .ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ.ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ. ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ
    ノl_| へ  )   ノl_| へ  )  ノl_| へ  )  ノl_| へ  )  .ノl_| へ  )  .ノl_| へ  )
    ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ
   ___       ___      ___      ___      ___       ___
. く/',二二ヽ>   く/',二二ヽ> く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>
 |l |ノ。ノイハ))   |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))
ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ .ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ.ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ. ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ
. ノl_| へ  )   ノl_| へ  ) . ノl_| へ  )  ノl_| へ  )  .ノl_| へ  )  .ノl_| へ  )
 ミ     >ミ  ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ

149 :花咲か名無しさん:2006/04/19(水) 00:23:30 ID:bs2t8BBl
                               ヽ`        く/', ,li
      ´ 々゚.;.;i    永  遠  に  お  や  す  み  −  ,,:。゙゙゙i;)
       。 .;.                      ´.    ´ ´  |l |(* 々゚;ヽヽ`;;
                ,;,.く/iii      __,,:::========:::,,__
         ;;;;;;,i。.;. ..        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...   く/';;;     .;.
                      ..‐´      ゙          `‐..   ;;;。ノイ`
     ;*;∵; 。*;         /                  .;. .;. ゚ノ|. .;,
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´  。ノイ;::::                 ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'      ~';∴ 々゚i;,                  ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
  ;;;;。ノイハ))      ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
 ゙゙゙i;/々;;;;i;      /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ

150 :花咲か名無しさん:2006/04/19(水) 00:24:04 ID:bs2t8BBl
                          ┗0=============0┛
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃クソミドリ ┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃く/'二二ヽ┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃|l |ノ。ノイハ)┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃|l |(* 々゚ノ|┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|

151 :花咲か名無しさん:2006/04/21(金) 20:18:33 ID:wD16REXz
     ┌──┐                                          ___
     i二ニニ二i                                チュイン ☆  く/',二二ヽ>
     i´ノノノヽ)))      ダダダダダダダダダ                   .\.|l |ノノイハ))
.     Wリ゚ -゚ノリ-ィー‐ti=i=―'Σ   ゝ_―_  ‐― ‐  ― _ - ̄‐―  _ -・:‘;゚|l |リ゚'Д゚'ノ|
.      (l_介」つ(/゚ ̄| |   /`Y゛ヽヽ                        ・:‘;゚;ノl_つ_介」つ
       〈__l__〉   B|_|                                /   ≦ノ`ヽノヘ≧
.      〈_ハ_〉 B                                ☆    ミく二二二〉ミ
          B                                   チュイン

152 :花咲か名無しさん:2006/04/21(金) 20:19:14 ID:wD16REXz
            ┌──┐  
             i二ニニ二i
            i´ノノノヽ)))
             Wリ゚ ー゚ノリ
              ()_介」つ                                ですぅ!!
           __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,          Ω ;: ;  Ω
           | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''     Ω ・,' ;*;∵; ζ。;:,.
      _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘     ´''::;;;;::'''"´         ∵~'ハ∴∵;:;
     |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン          |l#ξρ。;,;。∵
    .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤              '.:; *,,,,: ;・∵:;゚
     ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);                ノl⊂l_介」つ
      ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ――ノ三ノ;*;∵              ≦ノ`ヽノヘ≧
                                              ミく二二二〉ミ

153 :花咲か名無しさん:2006/04/21(金) 20:20:48 ID:wD16REXz
  ,---------------------、
 /____[__ i __]____/ ヽ、
 ヽ、::::::::::┌──┐::::::::::::::::: ヽ、 ヽ、
   ヽ、::::i二ニニ二i:::::パカ ::::::: ヽ、 ヽ
    ヽ,:i´ノノノヽ)))______ヽ/
     /:Wリ゚ ヮ゚ノリ:::::::::::::::::::::::::::: /|
   /:::::::⊂)_介」つ:::::::::::::::::::: / .ノ 
  ┌─────────.||´./ 
  │    [[二二二]]    .|/
  └─────────´




  ,---------------------、
 /____[__ i __]____/ ヽ、
 ヽ、:::::::::┌──┐::: ___::::ヽ、∞〜
   ヽ、:::i二ニニ二く/',二二ヽ>ヽ、 ヽ
 バカ ヽ,i´ノノノヽ)))|l |ノ。ノイハ))::::ヽ/
     /Wリ゚ ー゚ノリ:|l |リ:;)p。#) ::/|
   /::::::⊂)_介」つ⊂)_介」つ/ .ノ
  ┌─────────.||´./
  │    [[二二二]]    .|/
  └─────────´

154 :花咲か名無しさん:2006/04/21(金) 20:21:34 ID:wD16REXz
     ___
   く/',二二ヽ> 荒らしは死にやがれですぅー!
   |l |ノノイハ)) 翠星石こそが正義ですぅー!
   |l |リ゚∀゚ノl|     バリバリバリバリバリ                      ・,';*;∵; ζ。
   ノl/l_介」 Lr○ュ"_ l_ ___,.,;:''''""`'';;;...,,            - ̄‐― ∵~'ハ∴∵;:;
 ト--l∪r=tl[((三三((三((=(;;'',       '',.:;,,,. '" .,.  .,,..; "'`,.,,  ‐―  i#ξρ。;,;。∵ 人違いだよ翠星せ…!
 ヒ[冊冊冊ツヽ ̄ ̄!! ̄; ̄ll ̄||'':;:,..  ,...;:''"           - ̄‐―.   Wリ Д ノリ
   ミく二二二〉ミ                                 ⊂)_介」つΟΟ
                                           とl__)__)  Χ




     ___
   く/',二二ヽ> ?今蒼星石の声が聞こえたような…
   |l |ノノイハ))  気のせい気のせいですぅー!
   |l |リ゚∀゚ノl|     バリバリバリバリバリ                      
   ノl/l_介」 Lr○ュ"_ l_ ___,.,;:''''""`'';;;...,,            - ̄‐―      ・,';*;∵; ζ。
 ト--l∪r=tl[((三三((三((=(;;'',       '',.:;,,,. '" .,.  .,,..; "'`,.,,  ‐―   ∵~'ハ∴∵;:;
 ヒ[冊冊冊ツヽ ̄ ̄!! ̄; ̄ll ̄||'':;:,..  ,...;:''"           - ̄‐―.   i#ξρ;:;。;,;∵
   ミく二二二〉ミ                              ⊂'⌒mWリ p ゚ノリmΟΟ
.                                                    Χ

155 :花咲か名無しさん:2006/04/21(金) 20:22:49 ID:wD16REXz
.             |
.             |
サンドバックデスゥ♪   .|
  ___        '´ ̄`ヽ
く/',二二ヽ>     i´ノノノヽ)))
. |l |ノノイハ))    Wリ*゙;;0゙ノリ
. |l |リ゚ ー゚ノl|      (@介」@
.ノl_|(l_介」).|     〈,,,,,@,,@
≦ノ`ヽノヘ≧
ミく二二二〉ミ

.               |
                |
     ___        .|
.  く/',二二ヽ>     '´ ̄`ヽ
   |l |ノノイハ))   i´ノノノヽ)))
   |l |リ゚∀゚ノl| ≡从Wリ*゙;;0゙ノリ
   ノl∩l_介」三○∴ ヾ@介」@
  ≦ノ`ヽノヘ≧≡ ,;W  〈,,,,,@,,@
  ミく二二二〉ミ


       /
      /
    /        ___
   '´ ̄`ヽ    .く/二二,'ヽ>
 i´ノノノヽ))) ,  ((ハイ))|l|
 Wリ*゙;;0゙ノリ 从'  从゚∀゚iリ|l|
  (@介」@',∵(\∩l_介_|つ
 〈,,,,,@,,@ W'  \ ノヽノ`ヘ≧
         ミ<\二二>ミ
            し'

156 :花咲か名無しさん:2006/04/21(金) 20:23:24 ID:wD16REXz
       /  ≡
.      /  ≡
     /  ≡
    '´ ̄`ヽ       ___
  i´ノノノヽ)))     く/',二二ヽ>  
  Wリ#゙;;0゙ノリ ) )   |l |ノノイハ)) スッキリデスゥ♪
   ノ@介」@ ) )     |l |リ^ー^ノ|
 〈,,,,,@,,@ ) )     ノl_|(l_介」).|
            ≦ノ`ヽノヘ≧
ぶん         ミく二二二〉ミ

       \
         \
          \
    ≡≡     '´ ̄`ヽ     .;っ,
     ≡≡  i´ノノノヽ)))  。゜: ' 二ヽ> ,; '
      ≡≡ Wリ#゙;;0゙ノリ、,.从∴, ;'イハ))` , .
        ≡≡ (@〈@  @※;,ξ゚' Д゚'ノ|∵
               "''''"Wノl_|つ介」つ` ; 、
         ぶん     ≦ノ`ヽノヘ≧’。 ; ,
                ミく二二二ニ〉ミ

157 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/23(日) 05:18:01 ID:x86pHVDH
あぼんしますた。

そういや今期はTBSのアニメなんにも見てないな。
TXとtvkばっかだ。
あと、WOWOWのGAみたいなヤツ。


158 :花咲か名無しさん:2006/04/23(日) 14:35:19 ID:RFGIb4CP
                                     ___
                                 /く/',二二ヽ>
                                /  |l |ノ。ノイハ))  クソミドリ畜産
  一列に並びやがれなのー             /    |l |(* 々゚ノ|   精肉工場
   ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           /______________
      _                          ┠┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
     ,',i><iヽ                    .グヒャッ┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
    /((ノノリノ))                   グヒャッ.\┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
    ((ミi!゚ ヮ゚ノミ))                    .\ ┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
      ()夲!つ                         ┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
   ___ですぅ  ___ですぅ  ___ですぅ  ___ですぅ .__┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
.く/',二二ヽ> く/',二二ヽ> .く/',二二ヽ> く/',二二ヽ> く/',二 ┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
 |l |ノノイハ)) .|l |ノノイハ)) .|l |ノノイハ)) .|l |ノノイハ)) .|l |ノノ┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
. ノl_|リ゚ ヮ゚ノl| ノl_|リ゚ ヮ゚ノl| ノl_|リ゚ ヮ゚ノl| .ノl_|リ゚ ヮ゚ノl| ノl_|リ゚ ┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
≦c(,_uuノ≧≦c(,_uuノ≧≦c(,_uuノ≧≦c(,_uuノ≧≦c(,_u┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
=======================┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
    ((◎))       ((◎))       ((◎))      .┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
=======================┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
     ゴトゴトゴト・・・・・

159 :花咲か名無しさん:2006/04/23(日) 14:36:20 ID:RFGIb4CP
     | | | ピュー
     ___
   く/二二,'ヽ>
    ((ハイ))|l|  
    从゚ヮ ゚.iリ|lですぅーーーー 
  ≦⊂    ⊃≧
    (    )〇
    ∪"∪"



     .___ 
   く',.・二二ヽ>
  #%∴;.:;'ノイハ))∵デズブフェ!!
  ((;・;(* 々゚'#%・:
   \ ̄ ̄ ̄ ̄/
     \   /
 ̄ ̄ ̄[[|‖|]] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    □ ガタガタガタ・・・
    □□□□
.      ∞∞∞            ___
 ̄ ̄ ̄‖  ‖ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .| | ̄ウィィィン
     \ /               .| |
.       |.|     /        /  | |
 ビチャ  :;.;    /        ./  ..| | パクン
  ビチャ;:*;.:.__/ .______/ __[_]__
   |く/',二二ヽ>.| |く/',二二ヽ> | |く/',二二ヽ> |
   | |l |ノ。ノイハ))| | |l |ノ。ノイハ))| | |l |ノ。ノイハ))|
   | |l |(* 々゚ノl| | | |l |(* 々゚ノl| | | |l |(* 々゚ノl| |
》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》
 ◎   ◎   ◎   ◎   ◎   ◎   ◎
巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛

160 :花咲か名無しさん:2006/04/23(日) 14:37:39 ID:RFGIb4CP
                      _______________
                     .|く/',二二ヽ>|く/',二二ヽ>.|く/',二二ヽ>.|
                     .||l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))|
      / ̄ ̄ ̄ ̄┏━/ ̄ ̄ ̄||||l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| |
     / .⊂且∩  i┸i///,' ̄ `ヘ.|||く/',二二ヽ>|く/',二二ヽ>.|く/',二二ヽ>.|
    _./_ (・x・ ) | ::|/レ θ。θ ',|.||||l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))|
   |/,,,,,, つ⌒⊂ヽL:::」  ゝウ < ||||l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| |
  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|_/ ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |~ ゜ ̄゜ ̄ ̄ ̄~~| ̄ ̄   =。||  クソミドリ畜産株式会社........................|
  |______: |,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,[|
 ._|]0::∴:::0::[二二il:]    ,-―-、 ,,||                      .[|
 |====== ;...........|  //  ̄ヽ|~~||.          /,  ̄ヽ |       {|
 ヽニ[_]ヾニニヽ''''''| ―|. (※)|':''''||.'''''''''''''''''''''''''''''''''''''|.(※)|:|'''''''''''''''''''''''''''/
     ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

161 :花咲か名無しさん:2006/04/23(日) 14:38:38 ID:RFGIb4CP
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| いらっしゃいかしらー  |
\             /
.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
              /⌒⌒ヽ
             //ゞ\※             ________
             §!゚ ヮ゚ノ§            ‖ く/',二二ヽ> .‖
            ⊂ミ[{.∞}]ミ⊃           .‖ |l |ノ。ノイハ)).‖
 _____________________.‖ |l |(* 々゚ノ| ‖
 |く/',二二ヽ>.|く/',二二ヽ> |く/',二二ヽ> |く/',二二ヽ>‖  う     ‖
 | |l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))‖   ま    .‖
 | |l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl|‖    い   . ‖
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.‖     よ  .‖
 |            ○カナ精肉店            .‖_____ .‖
 |____________________.‖        ‖

162 :花咲か名無しさん:2006/04/26(水) 10:38:53 ID:C1x/W/Ba
特製翠星石ジュースの作り方
@熟睡している翠星石とミキサーを用意します。

┌───┻───┐
 |           |
 |           |
 |           |
 |           |
 |           |
 |           |
 |           |        ___、Zzz...
 \   〒    /       く/',二二ヽ>
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       ,..ノl |ノノイハ))
. /   ◎   \   ⊂'⌒≦mリー_ーノ≧m デスゥ...
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

A翠星石をそーっとミキサーに押し込めます。

 |    ___ Zzz... |
 |  く/',二二ヽ>  |
 |  |l |ノノイハ))  |
 |  |l |リ- -ノ|   |
 |  ノl_|(l_介」).|   |
 |. ≦ノ`ヽノヘ≧  |
 | ミく二二二〉ミ  |      
 \.   〒   /      
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       
. /   ◎   \  ┌───┻───┐
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

163 :花咲か名無しさん:2006/04/26(水) 10:39:30 ID:C1x/W/Ba
Bおもむろに水を注ぎます。

     ビクッ!
 |    _从_      |
 |. く/',二二ヽ>  |
 |  |l |ノノイハ))  |
 |  |l |リ;゚Д゚ノ|   |ナニゴトデスカ!!!
 |~~~~~~~~~~~~~~~~|
 |          |
 |          |
 \.   〒   /
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. /   ◎   \  ┌───┻───┐
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

C注ぎ終わったら蓋を閉じます。

┌───┻───┐パチン!...
 |~~~~~~~。゚ ~~~~~~~|
 |  く/',二二ヽ>  |
 |  |l |ノノイハ))  |
 |   |l |リTДTノ|   |ベブゥ! ゴボゴボー!!!
 |((ノl⊂l_介」つ)) |
 |. ≦ノ`ヽノヘ≧  |
 | ミく二二二〉ミ  |
 \.   〒   /
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. /   ◎   \
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

164 :花咲か名無しさん:2006/04/26(水) 10:40:48 ID:C1x/W/Ba
Dスイッチ”強”でスタートです。

 ギュルギュルギュルッ!!!
┌───┻───┐
((|:;;;::;:≦:;ノ`;:;:ノヘ::;::;| ))
(( |::;;:ミ::くニ;;:::::;:;;:〉;;|))
((|く/',二;::;::;:::;;:≧;:;::;;| ))
(( |:::つ;::;;;;;二ヽ>;:;::::|))
((|;:;:::::;;;:ノノイハ)):;;::;;:;| ))
(( |;::ミ:;;;:リ゚' 々゚');:;;:::;|))ベビュゥゥゥゥ!!!...
((|::;;:::⊂::;;;:::;_介」:::::;:| ))
 \::;;;:::;;:〒::;;:::::;::/ガリガリッ!!
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. /   ◎   \
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

E良く混ざるまで続けます。

 ヴギュルルルルルル!!!!!
┌───┻───┐
((|:;;;::;::;;;:;:。ノイ;:;::::;;;:;;::| ))
(( |::;;:ミ::;;;;;;;::::::::;:;;::::;;|))
((|:::;;;;::::;;;::;::;:::;;:つ;:;::;;| ))
(( |:::;;;;;;::ヽ))::;;;;;:::::;:;:|))
((|;:;:::::;;;::;;;::::⊂:;;;;::;::;::| ))
(( |;::ミ:;;;:;:;;::::::::;;::::::;;;:;|))・・・・・。
((|::;;:::;;;;;::::::::;;;;::::;::::::;;:| ))
 \::;;;:::;;:〒::;々゚::;/
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. /   ◎   \
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

165 :花咲か名無しさん:2006/04/26(水) 10:42:01 ID:C1x/W/Ba
F程よく混ざったらスイッチ”切”です。

     ッン...。
┌───┻───┐
 |:;;;::;::;;;:;:。ノイ;:;::::;;;:;;::|
 |::;;:ミ::;;;;;;;::::::::;:;;::::;;::|
 |:::;;;;::::;;;::;::;:::;;:つ;:;::;;|
 |:::;;;;;;::ヽ))::;;;;;:::::;:;::::|
 |;:;:::::;;;::;;;::::⊂:;;;;::;::;::|
 |;::ミ:;;;:;:;;::::::::;;::::::;;;:::;;|
 |::;;:::;;;;;::::::::;;;;::::;::::::;;:|
 \::;;;:::;;:〒::;々゚::;/
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. /   ◎   \
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

G・・・一杯いかが?(オエッ)

 |           |
 |           |
 |           |
 |:::;;;;;;::ヽ))::;;;;;:::::;:;::::|
 |;:;:::::;;;::;;;::::⊂:;;;;::;::;::|                 .//
 |;::ミ:;;;:;:;;::::::::;;::::::;;;:::;;|                //
 |::;;:::;;;;;::::::::;;;;::::;::::::;;:|                //
 \::;;;:::;;:〒::;々゚::;/             |;;::つ;;|
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|               |。ノイ:::|
. /   ◎   \┌───┻───┐ヽ;;ミ;:/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                      (おしまい)

166 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 00:40:52 ID:/dxdxJ94
ttp://www.geocities.jp/suiseiseki1031/


167 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 12:07:20 ID:ChKYF3ri
     ____
   く/ '二二ヽ>
   l(ノノイハ))l  虐待なんてやめて
   l |、゚ ヮ゚ ノ| l  翠石星と遊ぶですぅ♪
   |⊂l_介」⊃| ローゼンメイデン一可愛い翠星石様を
   /ノ>、,.<ヽ\ 崇めるAA、文章を貼り付けるですよ、下等生物♪
.  ≦<_/ |. ヽ_ン≧
  ミ   ∪∪    ミ
.     ‖‖

     ε  З ピョンピョン


168 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 12:08:27 ID:ChKYF3ri
            ?   ____?
               く/ '二二ヽ>
  /            .l(ノノイハ))l ?ナンノオトデスカ?       \
/ ゴォォォォォォォ.      l |、゚ ヮ゚ ノ| l            ゴォォォォォォォ \
\             |⊂l_介」⊃|                   /
  \           ≦ノ>、,.<ヽ≧                 /
.              ミく二二二〉ミ

169 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 12:09:10 ID:ChKYF3ri
         \\
       ̄ ̄|    __|_ __|_ __|_ __|_ __|_ __|_
         |    /|   /|  /|   /|  /|  /|
       ̄ ̄
           キャッ ! タイヘンデスゥ !
              ____
−− | ̄ ̄|     く/ '二二ヽ>    | ̄ ̄| −−−
二二 |    |   Σ .l(ノノイハ))l     |    | 二二二二
三二 |    |     l |、;゚Д゚ノ| l     |    | 二三三二
二二 |    |     |⊂l_介」つ|    |    | 二二二二
−− |__|     ≦ノ>、,.<ヽ≧    |__| −−−
            ミく二二二〉ミ

170 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 12:09:57 ID:ChKYF3ri
        \\
      ̄ ̄|    __|_ __|_ __|_ __|_ __|_ __|_
        |    /|   /|  /|   /|  /|  /|
      ̄ ̄
            ヒィィ ! タスケテデフゥ〜
              ____    
      −− | ̄ ̄|'二二ヽ| ̄ ̄| −−−
      二二 |    |.ノノイハ)|    | 二二二
      二二 |   |;)゚8゚( |   | 二三二
      二二 |. (( |⊃介⊂| )) .| 二二二
      −− |__|ノ>、,.<ヘ|__| −−−
             ミく二二二〉ミ

171 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 12:10:39 ID:ChKYF3ri
          __ | |
        /  / __
       /   /        / \Λ
          /    ̄ ̄ /    /\
          ./    _/        \
                 > ブヘェ
               ∴.';: 
       −− | ̄ ̄|く | ̄ ̄| −−
       二二 | : . : ;|3゚'|‥;:. | 二二
       二二 |  ∴|::.':| ‥.'.:;つ 二二
       二二 ⊂:.'':,' |:,:ミ|.': ,. | 二二
       −− | .;'::,:|':;:'|∴. ' | −−
            ̄ ̄ .':  ̄ ̄
                ∵ミ

172 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 12:11:30 ID:ChKYF3ri
         __ | |   /
       /  /    /|
      /   /    __|__ \Λ
         /       /     /\
         ./      /        .\
                   '二二ヽ  
                 .(ノ。ノイハ))
               l | .':. * 々゚ノ| l
           く:.': . ∴:.'  ´´´″
          __∴___      .,‥.';:>
      −− | :,,'・||∵.':,'| −−
      二二 |  ;':||‥,;':;| 二二
      二二 | ,‥||・.':.': | 二二
      二二 | :.'':,'||‥..:;| 二二
      −− | .;'::,:||∴::).| −−
        ミ.:.':  ̄ ̄.': ̄ ̄  /..'.:  ≧‥.': .:;つ
   ⊂:;:.': .,   ..' ∵ :ミ.:..':.': 
       ≦.:..':・.'  ∪    ‥.':.':⊃

173 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 12:18:19 ID:ChKYF3ri
                                OーO、
                               (wiw,、 `!
                                )  !  l
                               (wi|i,ツ .ノ
                                ヾ (
                                 /ーヽ
                                  ヾ../   ._,,,‐''^^'''''>
                        、....,,,,..,,_       !.;! .,/'゙`,_   .,ノ
                        \  .⌒\    | .|!.,,iミ/ ._,,,./′
                          i  '^'''‐、..゙'hノ,| l.|厂 . ̄′
                         .ヽ_    ゙メリ|||.|
                             ̄ ̄   |.lk|
                               く/;・;',二ヽ>:・
                               |l |;・;',.・ハ)) みんなの家にある草樹が元気になるようブヒィ!
                               |l |・:‘々゚):・..
                               ノl⊂;',;介」つ0匚lア
                             ‘ .゚;・。;・.|;i/≧;・:
                              ミく二:・。;二〉ミ 。;・

174 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 12:19:15 ID:ChKYF3ri
すこやかに〜のびやかにぃ〜
   ,lヽヘ/ヽ.          ⊂且∩       /,' ̄ `ヘ
 <     へ.        ( `x´ )       レ θ。θ ',| 
 / ノlノ^^ノノリ>、.      /    ,\       ゝウ <
 ヾcリ口∀口ゝ        | l    l |     /    ,\ 
  /    \        | .;|;;:。;:,:、| ;|    ..,. | l    l |
  | l    l |     ..,. ., ヽ '゚;_。:_;./ /;-゚;・,。:゚;:.゚|;;|.   | ,|
  | |    | _|。.:_::゜。-.;.:゜;/_ン∩ソ/\;;:;.:.。:  ヽ '゚;。_ / /
  ヽ \_ .。'゚/   `。:、`;゜::;.:、,:゚;: .:..゜:: ゚。:..;: /_ン∩ソ/\ 
   /\_ン∩ソ\    ゚ ;:゚..゜:: ゚。:.:.:゚; ゚ ;:゚..;゚;  /  /`ー'ー'\ \
.  /  /`ー'ー'\ \    ゚ ;:゚..゜:: ;。:.:.::゚。;:;.:ヽ  <     / /
 〈  く     / /    ゚ ;:゚.。゜:;゚;゚.。.:`;:;.:.。 \ \    / /
.  \ L   ./ /     .;.:.;.゜::: ;。: ;:゚.゜:: :  .〉 )  ( .く,
    〉 )  ( .く,     ゚.;゚;:;。 ___ヤメロデスゥ(_,ノ   \.`)
   (_,ノ    .`ー'     ;:く/',二二ヽ>:゜;.;.
                ゚;:;|l |ノノイハ)):;。..;
                ゚:;:|l |リ`Д´ノl|;:゜..:
                 ~~~~~~~~~~

175 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 12:25:43 ID:ChKYF3ri
「痛いです、はなすです」
翠星石の髪の毛が掴まれている。

「人形のくせにこんなに長い・・・人間なめてんの?」
グイ!
「やっ、やめるです。ハゲ人間のくせに生意気です!」
「立場がわかってないようだな!!」
髪の毛が真上に引っ張られる。足は宙に浮いている

「確か昔の漫画にこんなのがあったな」
グルグルグルグル
「いてぇです!髪掴んだまま、まわすなです!」
「なんか言ったか!」
「ふぅうう、何も言ってないです。痛いです!」
「うるせぇぞ」
手を離す。
ヒューーーーーーーーーン!  バン!
本棚にぶつかる

「ヒギャ!急に手を離すなです!痛いじゃないですか!」
「こうやって腕をたてに連続で回してから投げる魔球がむかしあってなぁ・・・。作者は書いてからボーグだって気づいたけど・・・開き直ってたな」
「知らないです!それよりなんてことするんですか!」
「人形の髪の毛をもって投げただけだけど!」
再び髪の毛が掴まれる。
「やめるです! ハゲ人間の髪がないのが翠星石のせいじゃないです!」
「いいこと思いついた」

176 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 18:00:03 ID:ChKYF3ri
ビリッ!
「ひぎゃぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁぁぁっぁぁぁ!」
「お前の髪の毛をこうやってむしりとればいいんだ!」
ビリャァァッァァァッァァァァッ!

「ヒイイイイイイィッィィッィィッィ!!!!痛いです!痛いです!痛いです!翠星石の髪を抜かないでです!」
そんな言葉にはおかまいなしにどんどんむしりとられていく!

「もうすっかりおそろいだな、はっはっはっ!俺のハゲよりひでぇけどな!」
「うう、ひどいです」
床に落ちた髪を手に取り涙を流す翠星石

「なに感傷にひたってんだ、性悪人形!掃除しとけよ!」
ゲシッ!
蹴られる。
「ヒグゥ!」
コツコツ、パタン
人間は出て行ったようだ

「どうして翠星石だけこんなめにあうですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
ひとり泣き崩れた

177 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 20:11:58 ID:ChKYF3ri
「ここからはいってくるなよ、チビ人間ですぅ」
「誰に向かっていってるの?」
「チビ人間ですぅ」
「ふぅん」
当然そんな言葉を無視した人間は、翠星石にズカズカと近づいた。
「近づくなですぅ!」
後ろを向き走り出そうとしたが・・・。

「フン!」
ズリッ! バタァァァァァァァァァァン!
人間は翠星石のスカートを踏んでいた。
「その減らず口きけなくしてやるよ!」
ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!
連続して踏みつけられる翠星石。
「へギャッ!フグッ!やめるです、チビ人間!」
「うるせぇ!」
ドゴッ!
蹴りが翠星石の腹にめり込む。
「ヒグッ!」
前のめりになる翠星石。顔は苦痛でゆがみ、涙がそれを彩っていた。
「翠星石が何をしたって言うですか!」
「菓子食っといてうそつくなよ!性悪人形!!」

178 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 20:12:50 ID:ChKYF3ri
ズン!
「ヒグッ!や、やめるです、翠星石じゃないです」
「まだいうか!」
ズン!
「ハギュッ!ちがうですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
「うるせぇ!みえみえ!」
ズン!
「ギャッッ!認めるです!認めるですからチビ人間やめるです!」
「口の利き方がなってないんだよ!」
ドゴッ!
「ッ!」

ふとみると靴の先が翠星石の腹を抜け背中から見えていた。
「気絶したか」
人間は足を抜くと翠星石を床に叩きつけ部屋を後にした。

ゴン!
「ヒグ、ヒック!ヒッグ!どうして翠星石だけっ!」
叩きつけられた衝撃で意識がもどった翠星石は力なく泣き続けた。

179 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 23:01:19 ID:ChKYF3ri
そいつは突然やってきた。翠星石とか言うわけのわからない人形が鞄に入ってやってきたのだ。
そしてこう言うのだった。
「お前は今日から私のマスターになるのですぅ。どうも頼りない馬鹿そうな人間ですが、仕方ないですぅ」
「なに?おい!俺のどこが馬鹿だと?」 俺のストレスメーターは70まで上昇した。
「きゃあ!近寄るなですぅ!」 少し歩み寄ろうとしただけで翠星石は部屋から逃げていってしまった。
俺は馬鹿らしくて追いかける気も起きなかった。それよりもこの時間は俺のパソコンライフの時間だ。
人形に構っている暇なんてない。 俺はすぐさまパソコンを起動させる。
いつものようにゲームに熱中する俺。と、そこへ「人間、ドアを開けてですぅ」
おい、なんなんだ!こっちは今いいところだってのに!無視だ無視!
すると今度は行動が激しくなった。 「開けろと言ってるですぅ!開けないとドアを壊すですよ!」
ドンドンとドアを殴ったり蹴ったりする音が聞こえてくる。 「あーもう五月蝿い!開けるから待て!」
ドアを開けるなり、翠星石が部屋に飛び込んできた。そして俺の脛を思いっきり蹴るのだった。
「いってぇ!何するんだよクソ人形!殺すぞ!」
「すぐにドアを開けないからですぅ」
何なんだ!俺のゲームの時間を邪魔した上、言うこと聞いてやったらキックされるなんて。俺のストレスメーターは80に上昇した。
 それからしばらくして翠星石は俺のことをまじまじと見つめたり、ゲームを観察したりしていた。
なんだかんだいって俺には気があるらしい。
「人間、椅子が無いから膝の上に座らせるですぅ」
「は?邪魔だっつうの。第一、ゲーム見えないじゃん。俺現在司令官やってんだから、負けるわけにはいかないんだよ」
「そんなことしったこっちゃないです」
そう言って翠星石は俺の膝の上に無理矢理よじ登ってきた。そのままプレイを続けたが、ゲームの内容は酷い有様だった。
味方の陣地に誤爆してしまったのだ。おかげで司令官解任、さらにはサーバーからバン(追い出される)されてしまった。
それもこれもこいつのせいだ!この人形、妙にいい匂いするし、感触いいし・・・!
とりあえず気分をすっきりさせるために風呂にでも入ってこよう。
俺は翠星石を抱きかかえて床に下ろした。

180 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 23:02:00 ID:ChKYF3ri
風呂から上がった俺は、服を着ながらいつもの楽しみである風呂上りのヨーグルトの一気飲みのことを考えていた。
暑く火照った喉に流れ込む冷たいヨーグルトのことを考えただけで、ニヤけてしまった。
そして服を着終わった俺は冷蔵庫を開ける。ついにきたぜ!ヨーグルトちゃん!
「・・・え?」
そこには信じられない光景があった。
ない!間違いなくそこに置いてあったはずのヨーグルトがなかったのだ!
「オーマイガーーーーット!!!ちょっとちょっと、嘘でしょ!嘘でしょ!?」
俺はもう泣きそうな気分だった。なんでよ?牛乳屋さんちゃんと持ってきたじゃん。マジありえねえよ!「まさか・・・あいつか!!!」
翠星石だ。クソ人形め!俺のストレスメーターは98に達した。
と、2階の俺の部屋と思われる位置からガシャン!と音がした。
「今度は何をした?何をしたんだよお!」
急いで部屋に駆け戻った。ドアを開けるとそこには、人形がなぜか増えていた。そして・・・
「あー!俺の1/700大和のマストが!○○○のポスターが!」
「あーそれ雛が描いたのー、えへへ上手いでしょ。」
「ふざけるな!翠星石!こいつらを追い出せ!」
「そんなことでいちいち騒ぐなですぅ。陰気な趣味脱するチャンスですぅ」
俺はもう一体の人形を見いやった。
「どうも、翠星石がお世話になっています。妹の蒼星石です」
こんな時に自己紹介か?あ?空気読めよ馬鹿妹!
「はいはいわかったから今日は二人とも帰ってくれ」
俺は強引に二人を帰らせると、物置から釘バットを取ってきて部屋に戻った。


181 :自治スレでローカルルール検討中:2006/04/27(木) 23:02:41 ID:ChKYF3ri
俺のストレスメーターはすでに爆発している。
「まったく、こんなことでいちいち騒ぐんじゃ・・・っきゃあ!」
翠星石の腹に思いっきりパンチを食らわせてやった。
そしてぐったりする翠星石を釘バットで猛打しまくる。 「きゃ!痛いですぅ!やめやがれですぅ!」
「ふざけんな!ヨーグルトの分がまだ残ってるんだぜ!」
「ヨーグルト飲んだくらいでごちゃごちゃ五月蝿いですぅ!」
この期に及んでまだ自分の罪を認めないのか!
俺は服を引き裂いて下着だけにしてやった。 「ひい!この変態!」
「人形ごときの裸見たって嬉しくもなんともねえよ!」 おら!直に痛みを味わえ!
どのくらい殴っただろうか。100回近く殴った気がする。
「う、っひぐ・・・どうしてそんなに殴るですかぁ・・・」
翠星石は涙をぼろぼろ流しながら問うのだった。
だがまだ怒りはおさまらない。破壊された模型と破られたポスターの分の恨みが残っている。
「まだ終わってねえ」 翠星石の下着を剥いで、尻を露出させた。
「いや、そんなところ見るなですぅ!」
「うっせえ!そして尻の穴らしき部分にバットを突っ込んでぐりぐりとほじくってやった。」
「ああ!痛い!痛いですぅ!やめてですぅ!あ・・・ああぁん 」 少し感じたのか喘ぎが漏れた。
「この野郎!妙に感じやがって!」
腹が立ったのでバットを抜くと、もう一度殴打しまくった。
「そしてこれが○○○ちゃんポスターの分だ!」
翠星石の尻の穴に手榴弾を詰め込んだ。ピンには糸をつけ、穴の外からでも抜けるように細工してある。
「へへ、こいつが何かわかるか?俺がこの糸を引けば、お前は木っ端微塵になるんだよ。謝るなら今のうちだ」
すると翠星石は泣きながら
「御免なさい!もうしないですぅ!でも私は大好きなお前の陰気な部分を取り除きたいからやったんですぅ」
最後の言葉が感に触る!死ね! 俺は糸を引いた。その瞬間、物凄い爆発が起こった。
煙が晴れた後、そこには塵と化した翠星石の無残な姿があった。

182 :花咲か名無しさん:2006/04/28(金) 00:35:10 ID:mPGiM0lf
なんだこのスレ?

183 :花咲か名無しさん:2006/04/28(金) 08:04:09 ID:a74ga3tT
あれほど言ったのに、まだこんなスレ立てるですか!もう許さんですぅ!あんたを許すわけにはいかんですぅ!
こんなスレでレスたくさん付くとでも思ってるなんて頭おかしーよですぅ!
あんたみたいなバカ初めて見たですぅ!あんたみたいなバカ、雛苺以下ですぅ!あんたみたいなおバカ、水銀燈以下ですぅ!
死んでほしーですぅ!つーか、死ぬべきですぅ!あんたは絶対に許されないですぅ!
あんたもっと現実を知れよですぅ!いつまでも引きこもってネクラなことしてる場合じゃないよですぅ!
あんたは生まれ変わってもどうせダメ人間に決まってるですぅ!絞め殺したいけどあんたに触るのが嫌なのでやめるですぅ!
絶対許さんですぅ!絶対許さんですぅ!絶対許さんですぅ!あんたみたいなヤツは絶対許さんですぅ!早く消えろですぅ!
さっさとこの世からいなくなれよですぅ!!!いつまでも勘違いしたまま生きていけると思ったら大間違いだよですぅ!
このまま生きててもお前にはいーことなんにもねーよですぅ!何でもいいからさっさと死ねよですぅ!!!
|──┐コイツハ…___
|ニニ二i   く/',二二ヽ>
|ノノヽ)))   |l |ノノイハ)) 
|リ-д-ノリ    |∩#゚听ノ∩
|⊂/     ノ l_|(l_介」)丿
| /       ≦ノ`ヽノヘ≧
        ミく二二二〉ミ




うるさいよ
 ┌──┐     ___ っ
 i二ニニ二i  く/',二二ヽ> っ
 i´ノノノヽ)))  |l #ノノイハ)) なっ何しやがるですぅ!
  Wリ゚ ー゚ノリ  ∬|リ`Д´ノl|
  ()_介」つ━・∬|(l_介」)l|
   〈__l__〉ジュッ≦ノ`ヽノヘ≧
   〈_ハ_〉  .ミく二二二〉ミ


184 :花咲か名無しさん:2006/04/28(金) 18:43:46 ID:a74ga3tT
              デブゥ…!!          ですです五月蝿いんだよ!!!
おらあああ!!      \从从///    ∧_∧ ジャンクのクセに散々調子に乗りやがって!!
 ―=≡三 ∧_∧     く/',二二ヽ>    (´∀` ) 三≡=―
―=≡三と( ´∀`)つ''"´"|l |ノノ;*;''"´"''::;:,(    つ 三≡=―
 ―=≡三 ヽ     ̄ ̄⌒)>ε(;;;((⌒ ̄ ̄ ̄_  ) 三≡=―
 ―=≡三 /  / ̄ ̄´"'''⊂;;;#':*,'´''::;;;;::'''"´ ̄ヽ \ 三≡=―
 ―=≡三 \__); ///(_ ,、 `^)^) \\\  (__) 三≡=―

    ぎゃはははは!!!「デブゥ…」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!おもしれぇなあ!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` )
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
           (⌒)y'⌒;ヾ从从(⌒〜∵;)|l |ノノイハ)),;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:#二ヽ>::;つ彡(:::゜`)Д。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;)デスゥゥゥゥゥッ!!!
            ⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃

 ソ…ソウセイセキ……  ∧_∧ 死んじゃえよお前    ∧_∧止めとけよ
   ,;;rノノイハ)),... ペッ(∀`  )              (´∀` )ツバがもったいねえよ(藁
  :;ノ(:メ,゚;々。:・; ζ。´ (    )               (    )

185 :花咲か名無しさん:2006/04/28(金) 18:47:13 ID:a74ga3tT
翠星石はジュンのことが食べちゃいたいくらい大好きですぅ!

       ∫ ∫ ∫ ∫
           ┃
          /ヽへ/l、
         〆     >
        <レl从。^从`、
         <(#)Д(;;;)レu/
           ┃
      ___ ⊂ll^Y^l⊃
.    く/',二二ヽ>|._ハ_.|
     |l |ノノイハ))ゝ' ゝ'
      |l |リ゚ ヮ゚ノl| ┃
     ノl_|(l_介」二つ
    ≦ノ`ヽノヘ≧┃
.   ミく二二二〉ミ


        ___
       く/',二二ヽ>
       |l |ノノイハ))
       |l |リ゚Д゚ノl| ボヴェァェェェェエッまずいですぅ
      ノl_|つ!!;:i;l 。゚・
      と__)i:;l|;:;::;:::⊃
       ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃


         ___  ピチャピチャ
       く/',二二ヽ>
      ,.ノl |ノノイハ)) でももったいねぇですぅ
   ⊂'⌒≦mリ。 。ノ≧m:;;:;::;:::⊃
  ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃

186 :花咲か名無しさん:2006/04/28(金) 22:25:41 ID:a74ga3tT
            _
             ,'´r==ミ、  /ー- 、
       ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 /==ヽ i
     /   `."-|l〉l.゚ ー゚ノl)/     |/+ キラッ
    '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ   ___
            ''y /x l/、 .く/',二二ヽ> 〜♪
           l†/し'/†|.  l(ノノイハ))l
        三  lノ  / .レ   l |、゚ ヮ ゚ノ| l
                  |⊂l_介」⊃|

                    ?      ヒュンッ
                   ___ .//
          _―==く/',二二//ヽ>二二二三三
    ‐−―一二二二.三三l(ノノイ//ハ))l二三三三二
             ̄―=l |、*゚//々゚ノ| l二二三三三
                 |⊂l//_介」⊃|


187 :花咲か名無しさん:2006/04/29(土) 13:43:42 ID:DLmFM8Co
   デスゥデスゥデスゥ DEATHDEATHデスゥ   ♪
    \DEATHDEATHDEATHデスゥ!/
       ___
    ♪く/',二二ヽ>  ♪
      |l |ノ。ノイハ))
      |l |リ* 々゚ノ|
     ノl_|U.介ヽ)_ キュッキュ♪
     |\.◎。\◎。\
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




   G A M E O V E R !

. く/'ヾ   ⌒)⌒`;;`    ,二二ヽ>
  |l |゙(´⌒;;ノ⌒)`);ゝ;;⌒)ノ`,
 ,;´⌒:;i⌒`;,∴ヾ;;゙ノ;⌒`))、  `
 `:ミ(´⌒ノ;;ヾ∵゙ミ⌒)⌒`";゙;;,、,,;.、ハ))
,'"(´(⌒;人;゙ノ从;⌒`;;ノ⌒)`;、ζ* 々゚ノ|
 ,(´⌒;;ヾ;从;;人;:ノ;ノ⌒`,ノ。` `゙゙゙゙゙
   `ヾ∴从;;ノ;;⌒`));、;ノ
     ノl_|U.介ヽ)_ 
     |\.◎。\◎。\
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

188 :花咲か名無しさん:2006/05/01(月) 19:43:16 ID:k032cz3m
.                                          ___
                                       く/',二二ヽ>
.                _                      |l |ノノイハ))
               ̄   ̄                     ノl_|;;)`Д(;:;)
        . '            ヽ                ≦⊂メ;;:: "つ≧
       /                                    ミ (" :;/:;ノ  ミ
      /                                /   し'"し'
           ,-( ヽ         i         / /
    /     ./メ、ヽ ヽ          |          / /
         //  ヽl  |        |        / /
       //    // /        !     /
      //⊂且∩// /            /
    // ( #`x / /
  //   γ    /         /
  .|/     ヘ    |      .'. ./ ,
         )   |      .∴ '.. 
         /     |     ' . ,・ ,  . '
         /  ヘ   |   / ' ,
        /  / |  |  /    _/  |l
       /  /   |  |        / ̄/
      /  /.  /  |       /  / 〃.,
     (  /   /  l            /
     し'   /__)

189 :花咲か名無しさん:2006/05/02(火) 19:29:48 ID:9wKndf3r
庭を見たらクソミドリが庭師の如雨露で水をまいていた。
「すこやかに〜のびやかに〜」
とかほざいてやがる!
「おい、こら!俺が毎日芝刈り機で芝生の手入れをしてるってのに!人の苦労を無にしやがって!」
すると、ボーボーに伸びた芝生を指差しキャンキャン喚くクソミドリ。
「ふん、毎日こんなに短く刈り込んで不自然なのです!植物は自然のままに太陽の光をいっぱいに浴びてのびのび育つのがいいのです!」
「クソ!この性悪人形め!」
飛び掛る俺に向かって叫ぶクソミドリ。
「スィドリーム!」
が、その動きを予測していた俺は真剣白刃取りの要領で庭師の如雨露を奪い取り、
すばやくクソミドリの悪趣味なひらひらスカートをめくり、クソミドリのアナルに如雨露の先をブッ刺した!
この間わずか一瞬。何が起きたのか理解できないクソミドリは目を白黒させる。
「はうっ!お、おしりがっ?!翠星石のおしりが痛いですよぉ!
 そ、それに、じょ、如雨露は?翠星石の如雨露は?何がどうなってるですか?!人間、翠星石に何したですか!?」
くっくっく、うろたえまくるクソミドリにすっかり気を良くした俺は特別大サービスとして
クソミドリの両方の質問に答えてやった。
「おめぇの如雨露は俺が奪った、そして如雨露は今てめぇのケツの穴に入ってるぜ(笑)」
その言葉に痛みでしかめっつらをしつつクソミドリが恐る恐る後ろを振り向く
「いやぁぁぁ〜〜っ!!す、翠星石の如雨露があ!!翠星石のおしりにぃ!?いやいやいや!
こんなのいやですぅ!翠星石のおしりぃ、まだジュンにも許してないのにですぅ!
 取って!取って...と...ああああ如雨露の取っ手に手が届かないですぅ!」
俺は腹をかかえて笑った。クソミドリの如雨露は無駄に細長いので手が短いクソミドリには取っ手に手が届かないのだ。
それを何とかして自分で取ろうと身をひねったりするものだから、ケツに如雨露を刺したまま
クソミドリが妙ちきりんなダンスを踊ってるように見える。
ケツ振るもんだから如雨露がシッポみたいに上下にピコピコして笑っちまうwww

190 :花咲か名無しさん:2006/05/02(火) 19:31:15 ID:9wKndf3r
「ううう〜こんな屈辱...おめー絶対許さないですぅ!元通りになったら、まっさきにおめーを八つ裂きにしてやるです!」
俺は如雨露の取っ手をつかんで言ってやった。
「すこやかに〜のびやかに〜」
「な、何を言ってやがるですか!?おろかな人間です!庭師の如雨露を使えるのは翠星石だけなのです!
 翠星石が『触れて』なければいくら「すこやかにのびやかに」と言っても反応しねーのです!」
「今『触れてる』じゃん、ケツの穴でwwww」
「あっ!?」
そう確かに『触れてる』しかも「すこやかにのびやかに」とも言ったwwということはwww
「あ、お、おなかが!?い、痛い!痛いですぅ!違っ!スィドリーム、今のは違うですぅああああっ!!!」

ぼこぼこぼこぉっ!!

どうやらキャンセルするのが遅かったようだ、クソミドリの体が内部からふくれあがっていく。
ぎゃはははっはwwwこいつケツの穴から自分で自分の体の中に水まいちまいやがったwwww

ぼこぼこぼこぼこっ!ぼこぼこぼこっ!ぼこめきょめきょめきょぼこっ!!

そうこうしていくうちに体内からツタやら葉っぱやら太い根っこや茎が生えていくクソミドリ

「うっぎゃあああああっスィドリームち、ち、違うです!違っ!!ちちちちちち、 う わ ら ば っ!!」(べしゃっ!!!)

体内で急激に成長した木の幹に内部から押し破られ、クソミドリは四散したwwwww



191 :花咲か名無しさん:2006/05/02(火) 19:37:05 ID:9wKndf3r
朝、鞄のフタが勢いよく開いた。
「おはよ〜ですぅ!」

俺は鞄から飛びだそうとした翠星石の顔にアイアンクローをかました。
「うぎゃあっ朝っぱらから何しやがるですか!」

「うるせぇ!毎晩歯ギシリしやがって!うるせぇんだよ!」
「す、翠星石は歯ギシリなんてしないですぅ!その証拠に昨晩も静かでグッスリ眠れたですぅ」

その言葉にむかついた俺はアイアンクローしたまま
翠星石の耳たぶにハサミを入れてやった。
ぎちぎちぎち
翠星石の耳たぶに切れ込みが入っていく。
「ぎいぃぃぃやぁあっ!!や、やめろですぅ!!」

ぎちぎち ぎちぎち
かまわずハサミを入れていく。
「やめろです!やめ…お願いやめてですぅ!痛いですよおっ!」
そしてついに

ばちんっ

翠星石の耳がボタリと床に落ちた。
「うぎゃあああっ!翠星石の耳があ〜っ!!耳が!耳がないですよお!翠星石の耳があ!?
耳の感覚はあるのに耳がないのですぅ!うぎゃああああ翠星石の耳〜ッ!!!」

192 :花咲か名無しさん:2006/05/02(火) 19:38:23 ID:9wKndf3r
翠星石は耳があったはずの場所をおさえながら床をころげまわった。
「ぐえっ!」 俺は泣きわめく翠星石を足蹴にして踏み付けた。
「てめーのせいで俺はすっかり不眠症なんだよ!それなのに何だ!
グースカ寝やがって!俺に対するあてつけかよ?」

「違っ…翠星石のせいじゃないですぅ!!」
俺は翠星石を踏み付けたまま、今度は、まぶたの間にハサミをねじこんだ!

「いやぁっ!目をつぶさないでですぅ!」
「けっ、んなワンパターンなことするかよ。
目をつぶれねーように、てめぇのまぶたを切り開いてやるんだ!」
「やめて!やめて!いや〜〜ですぅ!!」

俺はかまわず、まぶたを切開した。 「ぎゃあ!」
ばちんぱちん
俺は翠星石の両まぶたを切り落とした。

「あああ目があ!目が閉じないですよお!恐いですぅ!痛いのにですぅ!目が目があ!」
そう言って泣き喚く翠星石の顔は紅と緑の目が顔面から出目金みたいに飛び出して
化け物と化していた。
むき出しの紅と緑の眼球。それを血走らせた翠星石はもはや人形ならぬ異形だw

193 :花咲か名無しさん:2006/05/02(火) 19:39:55 ID:9wKndf3r
プッ!
「くさいです!空気を入れ替えるです!」
バカッ!
翠星石が眠っていたカバンが開く。
パタパタパタ。手を振って空気を入れ替えているようだ。
「ふぅ、これで大丈夫です」
そういったとき見ていたこちらに気づいたようだ。

「お前、屁こいたろ」
「気、気のせいですぅ。翠星石は屁なんかしないですよ、めがね」
「音したぞ」
「さ、さっとねるです」
グイ!
「い、痛いです、離しやがれです!」
カバンを閉じようとしていたので手を掴みひっぱりだす。
「嘘はよくないな!」
ドゴッ!
床に叩きつける。
「ギャッ!」
ドス!
腹に足がめり込む。踏みつけられているようだ。
「やめるです。翠星石はなにもしてないで」
「まだ言ううか!」
ドゴ、ヂギッ、ベキャ、コローーーン。
踏みつけられて部品がはずれたようだ。
「ヒギャァァァァァァァァァァァァァァァ!翠星石が悪かったです。もうやめるです。痛いです!」
「あれなにもしてないんじゃ?」
ドゴッ!
「ヒグッ!」

今夜も長くなりそうだ。

194 :自治スレでローカルルール検討中 :2006/05/03(水) 18:56:04 ID:Gt9o6p2h
「チビ人間〜何処にいるです〜?翠星石にお茶をいれやがれですぅ〜」 
っち!まったく五月蝿いんだよ!こっちは勉強で忙しいんだよ!無視無視!
「ガチャ」翠星石が部屋に入って来た。
「こんなとこにいやっがたですかチビ人間。
こんなとこに引き篭もってないでさっさと翆星石にお茶お入れやがれですぅ」
「・・・・・・・・。
うるせえな。今勉強で忙しいんだよ。
茶くらい自分で入れやがれ、この性悪人形」
「勉強?チビ人間のくせに生意気ですぅ〜。
そんなことしてる暇があるならとっとと翆星石にお茶を入れるですぅ」
はぁ…。しょうがない。
これ以上騒がれると勉強できないし早く茶を入れて黙らせよう。

キッチンに降りお茶を入れ始めるジュンに翆星石は。
「チビ人間の入れるお茶はいつもまずくて飲めたもんじゃねぇですから、
今日は翆星石の事を思って美味しく入れるですよ」
「カチン」 
頭に来たジュンはすぐそばに居た翆星石におもいっきり蹴りをかます
「ぎゃんっ!」
翆星石壁にぶち当たった。
「何しやがるです!このチビにん・・・・。」
「うるさいっっ!!これ以上グダグダ言うとばらすぞ!!」

195 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 18:57:23 ID:Gt9o6p2h
「うぅ・・・ですぅ〜」
とりあえず五月蝿いのを黙らせるとジュンはお茶を入れ始めた。優しいヤツである。
そして2つのカップに出来あがったお茶を入れる。
「ふぅ〜」
一度はキレたジュンだがお茶を飲みゆったりしたことで、だいぶ落ち着きを取り戻しつつあった。
「休憩もしたし、次は苦手な数学でもするかなぁ〜」等と、次の勉強のことに思いをはせていた。
そんなジュンの隣で翆星石は……。
「オウェ!やっぱりチビ人間の入れるお茶は飲めたもんじゃねぇですぅ!
翆星石を蹴り飛ばしたくせにお茶もろくに入れられねぇなんてとんだ役立たずですぅ」
ブッチンッ!!
落ち着きを取り戻しかけていたジュンだがさすがにこの一言にはキレた。
「バチャバチャビチャバチャ」
翆星石の頭に出来たばかりのお茶をぶっかける。まだ相当熱いだろう。
「きゃああああああっっっ!!!!!熱いでずっーーー!!!!!!」
頭を抱えて転げまわる人形を見て、ジュンは汚い物を見るかなように見下していた。
そしておもむろに台所に向かった。
「はぁはぁはぁ…。死ぬかと思ったですぅ〜。
チビ人間!この誇り高い翆星石に何しやがる…ですぅ…??」
辺りを見回すもジュンの姿が見当たらない。
「チビ人間!何処に居やがるですぅ!ささっと出て来て謝るですぅ!!」
「ここだよ」
後ろから声がして翆星石は振り返った。
「あれ…ですぅ」
何故かいつもより頭が軽い気がし、何気なく髪に手をやると…。
「無い!無いですぅ!翆星石髪がっ!!」

196 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 18:58:17 ID:Gt9o6p2h
そう。ジュンが切ったのだ。ドールたちは当然髪は生えない。
しかもジュンが適当に切ったためひどく不揃いである。
「よくも…よくもお父様に戴いた大切な髪を!!生えてこないのにどうしてくれるですぅ!!!」
「五月蝿い。黙れ。僕を怒らせたお前が悪い」
ジュンは酷く冷たく言った。
「うぅ…翆星石の髪が…髪が…」
翆星石は瞳を涙でいっぱいにしながら自分の髪を見ていた。
「ジョキン!」
「!?」
また髪を切られたのかと思ったがどうやら違う様だ。
何気無く下に目をやると…。
「!!!!!!!!!!!!!」
「きゃああああっっっ!!翆星石のドレスが穴だらけの傷だらけですぅーー!!」
そう。髪の次は大事なドレスを傷つけたのだ。
「うぅ…お父様に戴いた大切な物が次々と…グスングスン…ですぅ…」
「ジョキン!」
また後ろで切る音がした。
「もうこれ以上翆星石の大切な物を壊すなですぅ!」
翆星石はジュンの手に噛み付いた。
「いでっ!糞!このジャンクめ!」
ジュンは翆星石を思いっきり床に叩き付けた。
「遂に僕に傷を付けたな!」
手に傷をつけられたジュンは遂に翆星石本体に攻撃を始めた。
まずは左脚に鋏で傷を付け始めた。

197 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 18:59:29 ID:Gt9o6p2h
「イタ!イタイ、イタイですぅ!止めやがれですぅ!グスン」
翆星石は泣きながら抵抗した。
しかし、力で人間に勝てる訳も無く無駄な抵抗におわる。
当然鋏では深い傷は付かない。
しかし、なんともいえない痛さが延々と続き翆星石は10分間地獄を味わった。
「よし。もういいかな」
翆星石の左脚はもう傷だらけになっていた。
だが、壊れているわけではないので、歩行には問題無さそうだった。
「やっぱ、これじゃつまんねーな」
「ゲシッドコッグギャドコッ」
ジュンは左脚を踏み砕き始めた。
「ギャッ!や、やめろですぅ!これ以上やったら本当にジャンクになってしまうですぅ!」
「うるさい!お前は最初からジャンクだ!」
「ゲシッドコッグギャドコッ」
左脚は鋏で受けた傷と蹴りでベコベコに変形し、膝、足首の関節がいかれていた。
「んじゃ、最後にっと…」
そしておもむろに包丁を取り出し顔の近くに持っていった。
「ひぃっ!顔は顔は止めてくれですぅ!顔はドールの命ですぅ!」
「スパッスパッ!」
「きゃああああーーー!!痛いですぅーー!!」
左頬には見事な十字傷が刻まれていた。
そして目の前に鏡を置く。
「顔に!顔に傷がぁ!!
うぅっ…翆星石の顔が…。うあああ〜あん顔が顔がぁ〜…グスングスングスン…」
「これにこりたらもう生意気なこと言うんじゃねーぞ。
次はこんなもんじゃ済まないからな」
翆星石は言い返せないくらい心に傷を受けていた。
「うぅ…。ジュンのヤツ今に見てろですぅ。絶対に復讐してやるですぅ!」
翆星石はひそかに心に誓うのであった。


198 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:03:05 ID:Gt9o6p2h
その夜はさっさと夕食を食べ部屋に戻った。
食事中にのりや、真紅に翆星石のことで話し掛けられたが、完全に無視した。
翆星石は四六時中ジュンを睨みつけていたがこれも無視。
昼に切った髪はのりが切ったのかショートカットになっていた。
服もつぎはぎがしてあったりして直されていた。
それでもかなりみすぼらしい姿であった。
だが、痛めつけた左脚はどうにもならなかったらしく、おかしな歩き方をしていた。
「ふぅ〜。今日はこんな時間まで勉強しちまったぜ。
昼にストレスを解消したおがげかもな」
時間は1:30。ジュンは電気を消し布団に入った。
すると何者かが階段を上がってくる音がきこえてきた。
「ぎしっ…ぎしっ…」
足音はジュンの部屋の前で止まった
「きししし。この時間ならチビ人間のヤツは絶対寝ているですぅ〜。
昼翆星石にしたことをたっぷり後悔させて、床に頭を擦り付けて謝らさせてやるですぅ!」
ふっ…。まったく独り言の多い人形だな…。
ジュンは静かに置きあがり物影に隠れた。
「ぎいいぃ〜」
ドアをあけ翆星石は部屋に入った・・・・・・・。

199 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:04:53 ID:Gt9o6p2h
「きしし!やっぱりチビ人間のヤツは寝ていやがるですぅ。おこちゃまには夜更かしはできねぇですね!」
「スィドリーム!」
翆星石がそう言うと、植物が巨大化しじゅんに巻きついた。
「うわぁ!何事だ!?」
「目がさめたかですぅ?チビ人間」
翆星石はニヤニヤしながら言った。
「てめぇ!何のつもりだこれは!!」
「昼に翆星石にしたことへのお返しですぅ〜。たっぷり復讐してやるですぅ。」
そう言とさらに攻撃を強くした。
「ぐううっ・…。」
「痛いですかぁ〜?チビ人間?翆星石はもっとひどい目にあったですよ〜?きししですぅ」
「い、痛い・…」
「まあ、てめぇと違って翆星石は優しいですから、
今から泣きながら頭を床にすりつけて土下座するなら許してやらないこともないですよ?」
「だ、だれがお前みたいな性悪な人形なんかに謝るもんか!傷だらけのジャンクめ!!」
「なら別にいいですぅ〜」
さらに攻撃を強める翆星石。
「ぐわあああっっっ!!やめろー!!」
「きしししししっ!ざまあ見ろですぅ!!」
「ぎゃああ………プッ…あははははははははははははははは!!!!!」
ジュンは突然笑いだした。
「何が可笑しいです!チビ人間!さてはあまりの痛さで気が狂ったですね?」
「悪い悪い!お前の必死になってる姿を見てたら笑いが我慢できなくなってwwwwwww!」
「くっ、さらに強くしてやるですぅ!!」
だがジュンはまったく反応がない。
「何故!どうして痛くないですうかぁ!?」
そう叫んでいる翆星石の頭に凄まじい衝撃がはしった。
「ぐぎゃあーーーーですぅーー!!」
翆星石は壁に思いっきり叩きつけられた。
「痛い!痛いですぅ!!・・・一体何が起こったですぅ!?」
するといきなり辺りが明るくなった。
すると目の前には釘バットを持ち、不気味な顔で笑っているジュンがいた・・・・・

200 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:06:42 ID:Gt9o6p2h
「なっ!?なんでジュンがここに!?」
「何はアホな事言ってんだ。よく見てみろよ。ジャンクだからわからなかったか?」
翆星石は自分の攻撃していた『じゅん』を見てみた。
「あれは・・・人形ですぅ!!ジュンじゃないですぅ!」
そう。翆星石は人形相手のずっと攻撃していたのだ。
「くっ!スィドリ・・・」
「馬鹿め!ワンパターンなんだよ!」
ジュンは翆星石の如雨露を蹴飛ばし、顔面におもいっきり正拳突きをかました。
「ぐぎゃん!」
そして近くにあったベルトで翆正石の手を縛りベットの足に括り付けた。
「翆星石にまた酷いことをするつもりですか!そんなことが許されるとでも思っているですか!!」
「うるせえなぁ・・・」
ジュンはそう言うと翆星石の服を脱がし始めた。
「や、やめやがれですぅ!変態ですぅ!このスケベ!エロ助!」
「バーカ!だれが人形相手に変な気おこすかよ。ましてやこんなジャンクに。こうするんだよ!」
そう言うと翆星石のドレスに火をつけた。
「ああっ!翆星石のお父様に頂いた大事なドレスがぁー!!!」
翆星石は目の前で大事なドレスを灰にされ涙した。
「グスングスン・・・。明日からいったい何を着れば・・・」
「どうやって壊そうかな〜♪」
ジュンはとても楽しそうにしていた。
「やめやがれですぅ!今すぐこれをほどいて翆星石を解放するですぅ!」
「これにき〜めた♪」
ジュンは髭剃りを持って翆星石に近づいた。
「すぐ壊したら面白くないから、散々虐めたあとで壊すしてやるよ」
そう言ってジュンは翆星石に目隠しをした。

201 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:08:49 ID:Gt9o6p2h
   /             ドッカン  ドッカン
  / /    ,,_                    ドッカン
 ━━━━━'), )=         ☆ゴガギーン
      ∧_∧ヽ\         /                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   ) 〉 〉                                 ∧_∧ ∠ ジャンクのくせに車とかってw
     / ⌒ ̄ /    _,,,...... . .,,,,__,,---、___ .....,,,,_                (`∀´ )  \___________
     |   | ̄    y"'''"'ヽr"、、_/「 rく/'二二ヽ>`;、翠星石の新車がぁ…/     \
 .    |    |     /    ;!♯ ♯ '!:〈,. |l |ノノイハ)) .':;,,,、            | |   /\ヽ
       |   |     /ゞ,_,,,,♯,;!.♯.....〃i.,i 〉|l |リTДTノ|.、、 ,,,)}...,,,_        へ//|  |  | |
      (   |  . ,,}     /-     ゙゙:,'''''''''''''''''''''',,._ '''"'   `,;r,l''ヽ/,へ \|_  |   | |
       | .lヽ \ {,,r=ミ,   i "'''"'‐、   :, !_,.:'´ (メ::)r;:=====i、.\/  \_ / ( )
      | .|  〉 .〉;!,r=、i:r` :       ,:'"三ミ:、    ,',' +:;:;:;:;:;:;:;(::):|       | |
     / / / / Y!  |ゞ,;;;..;,,,,,,_,.:'´'''"__,!:;;r'~`;,:ゞr---ゞ_ニ=======)      | |
     / / / /  iヾノ:;;リ  ̄~~~`'''''―' :;|  リ;;;;;!二二..,,,,,,,,:,---',,;:;:;!        | |
    / /  / /    `'''''"          ヾニ":::/        `''''''''"         | |

202 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:11:15 ID:Gt9o6p2h
ジュムが朝起きると部屋の壁にジーンズが干してあった
1年前に5万円で購入したヴィンテージ物だ
しかし干してあるそれはまだらに色落ちし、ヴィンテージ特有の風格は消えていた

そしてその下で翠星石がにこにこしながらちょこんと座っている

ジュムは瞬時にこの事態を理解し叫んだ
「翠星石!!お前ジーンズ洗いやがったな!!!」
「そうですよ?ジュムはいつもこれを履いてるから寝ているうちに
 わざわざ洗濯してやったですぅ!さあ、感謝するですぅ!!」
得意げに胸を叩く翠星石

「ふざけんな!こんな色落ちして台無しじゃねえか!!
 このジーンズはお前みたいな人形よりもずっと価値があるんだよ!!」
「な?!こんなただの服のほうが翠星石より価値があるといいましたか?!
 どうせ出かけないんだから服なんて要らないじゃないですか!!!」

ジュムは叫びながら翠の顔面に向かってドロップキックをあびせた
壁にぶつかり、跳ね返ってうつぶせに倒れこむ翠

「うう・・・痛いですぅ・・・どうしていきなり・・・」
「うるせえんだよ、この中古人形が!!お前みたいに汚い奴は
 洗濯してあげないとなぁ??」
翠の首根っこをつかみ下まで引きずっていくと、
ジュムはその薄汚れたゴミを洗濯機に叩きいれると、スイッチを入れる

「ジュム!!これは汚れた服を洗う物ですぅ!
 翠星石は汚れてないのに・・うぎゃあ!水が出てきたです、早くここから出すです!!」
「汚れてないって思ってることがもう汚い証拠だな!ほら洗剤はこれだ!」
そう言うと翠星石に小便をかけ始めた

203 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:13:18 ID:Gt9o6p2h
「いやああああ!!き、汚いですうう!!ぺっぺっ・・・あっ水が・・・
 だ、出してですぅ!!勝手に洗ってゴホッ・・わ、悪かっゲホッ、たですぅ!!」
翠は完全に沈んでしまった。しかしもがいて助けを求めているのは見えている
ジュムは蓋を閉めるとその上によりかかりしっかりと押さえた

「ジュムッ、ゴボゴボッ・・・プハッ出しゲボ・・・・・プッたすけ・・ハッですぅ・・」
洗濯機の壁にぶつかる鈍い音が何度も何度も聞こえる
それに混じって翠星石の声が聞こえるたびにジュムは笑った
そして脱水のころには声も聞こえなくなった

蓋を開けると翠星石は苦しげにジュムの顔を見上げた
ドレスは破けてぼろぼろになり手足は折れ曲がり、自慢の
髪も体に絡まり身動きが取れなくなっていたようだ
「キレイになったじゃないか、翠星石。
 いままでは汚くてしょうがなかったからな!!」
「ひどい・・・ひどいですぅ・・・もう翠星石はボロボロになってしまったのですぅ・・」

その言葉を鼻で笑うとジュムは翠星石を取り出そうとする
しかし洗濯機に髪が絡まってしまいすぐにはとれない
「ああああ!!痛い!!ひ、引っ張るなですぅ!!
 千切れてしまうのですぅ!!!!!ああああああ・・・・!!!」

いきなり翠の髪が一気に引きちぎれて、勢いよく洗濯機から飛び出した
「うああ・・・翠星石の髪が・・・もう生えてこないのに・・・
 ああ!!ゆ、指が無いですぅ!!ドレスも・・・こんな・・・」
反抗的な目でジュムを見つめる翠星石
それを見てジュムはただへらへらと笑い続けているのであった・・・。

204 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:17:16 ID:Gt9o6p2h
「ジュム、通販ばっかりしてないで翠星石と遊ぶですぅ!
 そんな不健康な生活をしていたら早死に決定ですよ?」
なんてことは無い翠星石のいつもの減らず口だ
しかし通販で返品に失敗し機嫌の悪いジュムをキレさせるには十分すぎた

「あ?!うるせえ奴だな!!お前のせいで返品失敗したんだよ!!」
「なっ・・八つ当たりは止めるですぅ!運動不足だからそんなに
 イライラするですよ!だから翠星石と・・・
話の途中でジュムは椅子から立ち上がり、翠を蹴り飛ばした

「うう・・・な、何するですかぁ?」
「運動不足の解消に遊んでやるよ!!」
鞄を持ち上げ、翠の手足に何度も叩きつける
「ひっ!!止めるですぅ!!んぎゃっ、止め・・・いやっ
 うぎゃ・・い、痛いです、ひあっぎゃうっ・・・ジュムやめ・・ぎゃっ」

必死に転がり逃げようとする翠に容赦なく何度も鞄を振りおろす
数分後には翠の手足の先はつぶれ、ほとんど歩けなくなっていた

205 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:18:01 ID:Gt9o6p2h
「うう・・・どうして・・・?翠星石はジャンクになってしまったですぅ・・
 ジュムは翠星石をいらない子だと思っていたのですか・・・グスッ」
「今更気付いたのかよ、お前みたいな馬鹿はそれがお似合いさ
 いや、これじゃまだまだジャンクとは言えないな・・・」

ジュムはおもむろにバールのような物を取り出した
それを見ると翠は這って逃げようとする
その背中に容赦なくバールのような物を振り下ろした
「ぎゃあああああああああっ、あっ、ああっ・・・
 翠星石のドレスと髪が・・・・お、お父様が作ってくださったのに・・・」

かぎ状の先端に引掻かり、翠のドレスは一気に破れ、後ろ髪はまばらに抜けていた
さらに背中には穴が開き、体の内部が見えていた

「しばらくそのままにしていな。お風呂に入れてやるよ。」
にやりと笑って部屋を後にするジュム
翠星石は一人泣き喚いた

206 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:37:51 ID:Gt9o6p2h
「さあさあ、風呂の準備ができたよ」
笑顔でジュムが部屋に戻ってくる
翠はさっきと同じ姿勢でまだ泣いていた
「おら、降りろ!風呂の時間だろが!!」
ジュムは翠の髪をつかむと引きずりながら部屋をでて、階段を下りる

「ああああ離すですぅう!!これ以上何をする気ですか!!
 いや、いやですぅ!!い、痛!階段で引きづるなですぅ!!
 痛い、ぎゃ、ぎゃうっ・・ぎゃっ・・・あ、真紅!!」
翠は廊下の真紅に向かって助けを求める
しかし真紅は翠から目をそらすとリビングに入っていく

「そ、そんな・・・真紅う!!助けてですぅ!!ジャンクにされるですぅ!」
「うぜえんだよ。最初からお前はジャンクなんだよ。
 真紅も雛苺も、同情でお前に優しくしてやっていたんだよ、この失敗作が!
 おら、風呂に着いたぞ」

湯船の中は緑色の奇妙な物体でいっぱいだった
翠を持ち上げ、中を覗き込ませる
「な、なんですかあ、これはぁ!!気持ち悪いですぅ!!
 翠星石に似てるけど・・・臭いし変な鳴き声ですぅ!こんな物見せるなですぅ!」
「おいおい、これはお前のお仲間だぜ?
 実装石っていうんだよ。通販で買ったらどんどん増えて困ってたんだよ」
「な、もしかしてこの中に・・・いや!いやですぅ!!
 こんな気持ち悪い奴らの仲間なんかじゃないですぅううう!!!」
翠がひときわ大きな声を上げると実装石が一斉に翠を見上げた

207 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:38:49 ID:Gt9o6p2h
「デスゥ・・・」
「ひっ・・見るなですぅ!!!」

その瞬間、ジュムは翠を湯船の中に落とした
落ちた翠に一気に実装石が涎を垂らしながら群がる

「いぎゃああああああああああああああああ!!
 く、来るな!!来るなですぅ!!!ひああああ臭いですぅうう
 気持ち悪いですぅうううう!!!ひ?!は、入ってくるですぅ!!
 やめ、うあ、ごほごほっ・・ジュム助け・・・ですぅ・・」

口と殴られて開いた穴から実装石が翠の中にどんどん侵入し、
翠がもがくたびに体中で実装石がつぶれる
翠はあまりの恐怖と、体の中で実装石がうごめく感触にもがき苦しんだ
「ひああああああああデスゥあああ!!
 出てけ出てけですぅ!!いぎいデスゥいい気持ち悪いですぅ!!
 助けデスゥて!!ジュム助けてデスゥですぅ!!
 いやあああデスゥああああデスゥああデスゥデスゥああああデスゥ!!」

実装石に埋もれて翠が完全に見えなくなったのを確認すると
大量の濃硝酸を湯船に一気に注いだ

「ふう。我が家のごみが一気に減ったぜ」
ジュムは風呂の栓を抜くと、換気扇をつけて、真紅の居るリビングへ向かった(了)

208 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:53:52 ID:Gt9o6p2h
部屋で東京スカパラを聞いてくつろいでいるジュムに
翠星石がしつこく話しかけている。
「ジュム〜ヘッドフォン外すですぅ!せっかくこの翠星石が
 話しかけているのですよ!」
「うるせえな!お前と話すよりスカの方がずっといいんだよ!」
そう叫んでジュムは翠星石を部屋から追い出した

「こらー!ジュム、開けるですぅ〜!翠星石よりスカが・・・・
 ・・ってスカ?スカってなんですか?」
単純な翠はすぐにもりに聞きに行った
「え?じゅむくんがスカが好きですって?思春期からそんな趣味があるなんて・・
 あ、あのね翠星石ちゃん、スカっていうのはね・・・」


しばらくしてジュムはトイレに行き大便をした
流そうと振り向くと便器の中には
ジュムの大便を恥ずかしそうに咥えた翠星石が入っていた

209 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:54:49 ID:Gt9o6p2h
「な、おおおお前一体そこで何してるんだよ!!?」
「何って・・うあ、に、苦くて臭いですぅ・・で、でも
 ジュムがスカが好きだって言うから・・・・・う、うん、ゴクン」
(まじかよ?こいつ音楽のスカとこっちのスカ勘違いしてやがる・・
 なんて汚い人形なんだ。こりゃ超ドン引き)

「ジュム、う、嬉しいですか?翠星石頑張ったです」
「んなわけねーだろ!!キモ過ぎんだよ!変態人形が!」
ジュムは恥に置いてあったブラシで翠をもう一度便器に突っ込んだ
さらに嫌悪感からなんども叩きつける
「ぎゃっ!痛い、痛いですぅ!!何するですか?!んむ、ふがっ・・・」

ジュムを翠の口にブラシを突っ込み押さえつけたまま水を流した
そしてすぐにトイレを出て行った

「ゴホッゴホッ・・・ジュム・・どうして・・・?」
問いかけるがそこにはもうジュムの姿は無かった

210 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/03(水) 19:58:04 ID:Gt9o6p2h
タイムマシンで未来に行って来た。
未来では店で普通に翠星石が買える。
どこの店先や露天でも大量の翠星石たちが「すこやかに〜のびやかに〜」「〜ですぅ」
とか喚いてる。
人々は毎日のように翠星石を買い、そして殺す。
翠星石を殺すことは未来では当たり前のことであり、人々は老若男女問わず何のためらいもなく翠星石を殺す。
俺はストレスすべてを翠星石にぶつけているので、未来では犯罪が少ないということを
ニコニコしながら翠星石の首をねじきる御隠居さんから聞いた。
未来では翠星石を大量に虐待虐殺したことが社会で評価され、成功をつかむことができるので、
親たちは競って子供を翠星石屠殺塾に通わせ、将来翠星石をジェノサイドするようにさせる。
塾に通えない貧しい家の子供でも
将来破壊された翠星石をリサイクルして再び市場に供給する業者になれる。
そんな翠星石虐待虐殺者には理想社会。


そんな夢をみたよ。俺も翠星石を大量虐殺してぇw

211 :花咲か名無しさん:2006/05/04(木) 00:37:39 ID:d0K5qLf+
なんだ、翠星石も某所の実装石も一緒じゃん。

212 :花咲か名無しさん:2006/05/04(木) 20:46:58 ID:Buc066Kb
翠星石が「ナデナデシロデスゥー」ってうるさいから
頭の上にマッサージ器あてて死ぬほどナデナデしたら
「ファー…ブルスコ…ファー…ブルスコ…ファー」ってなった。
最初は面白かったんだけど、なんかキモくなったので首元を横から思い切りチョップしたら
「モルデスゥ」みたいなこと言いながらすごい勢いで飛んで行った。

また戻ってきて翠星石が「ナデナデシロデスゥー」ってうるさいからめんどくさいので
マッサージ器を渡したら、翠星石は股間にマッサージ器押し当てて死ぬほど摩り始めて
「ファー…アンアンアンデスゥー…ファー…アンアン…ファー」ってなった。
最初は面白かったんだけど、なんかまたキモくなったので首元を横から思い切りチョップしたら
「イクデスゥゥゥゥ!!!」みたいなこと言いながらすごい勢いでdで逝った。

213 :花咲か名無しさん:2006/05/04(木) 20:48:27 ID:Buc066Kb
翠星石を高い高いしてやると、顔を真っ赤にして
「こ、子供扱いするなですぅ!!べ、別に全然
 嬉しくなんかねーですよ!」とわめきやがる。
そうか、どうやらスリルが足りないらしいな。
もっと楽しくしてやろうと思いっきり地面に叩きつけた。
「ぎゃっっ!いたっ、バカ人間!!翠星石を落とすなですぅ。」
言い切らないうちに鋭いニードロップを腹に食らわす。
「げほっ・・うぅ・・・苦しい・・れすぅ・・どうしてぇこんな・・うっ」
するとショックでげろ吐きやがった。
なるほど、排泄はしなくても食ったばっかりのものは出てきてしまうのか。
こんな汚い人形はやっぱり洋物ダッチワイフが相応しい気がしてきた。
フリフリスカートをめくるとパンツを一気に下ろす。
「うあああああっばっ見るなですぅ!!!!
 お前だけには見られたくないですぅううううう!!!」
なんとそこには割れ目があってもそれ以上の作りこみは無かった。
それでも自分でやるよりはましか。
僕は自分のを翠の尻の間に突っ込んでピストンを始めた。
「うあっあっあっあっ・・・ジュン・・あっ止めるですぅ・・・んっ
 ううっ・・グスッどうしてグスッ・・・」
遂に泣き出してしまった。
そんなに恥ずかしいのならお口でしてもらおう
泣いて隙だらけの翠の口に一気に奥まで突っ込んだ
「うう・・・やめへ・・・くるひっずすぅ・・じゅむ・・」
泣いて涎たらしながら喜んでいる。
やっぱりこんな人形はジャンクにしたほうがいいな

214 :花咲か名無しさん:2006/05/04(木) 20:49:59 ID:Buc066Kb
「おはよ〜ですぅ♪元気な朝は翠星石のスコーンから!ですぅ!」


              _ -- 、
     ス        入    _>   、_人__人__人__人__人__,
     タ        /:::/トイ::::|   _)               (_
    タ      /:::/:::|::::|:::::|   _) 元気な朝は   (_
   タ     /:::/:::;イ:::::l:::::|   _) 翠星石の      (_
   タ    /:::/:/:.!::::::l:::::l    _) スコーンから! (_
      _∠ニフ': : : :.',::::::l:::::l   _)              (_
   r┬':仁二): : : : : : :Y二二)  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
   └ハに二Y ー-: : :_:_:_`フイ
     `}\:.)ノ: : : : : : : : :└rう
     ⌒'7辷_┬┬┬イノ))
      / // / //⌒⌒´
    ' // / // /
    // / / '
.   /


ちぇすとおっ!!!(どっごすっ!)

「ですっ?!」(ぐしゃあっ!)

極真カラテで鍛えぬいた俺の拳が
朝っぱらから、お盆いっぱいの手づくりスコーンを持って入って来たクソミドリの顔面をぶち抜いた。
目鼻も口もいっしょにグシャグシャの破片になった。
まだ動いていたので、俺は苺ジャムをクソミドリの顔面にぽっかり開いた穴から流しこんでやった。
体内のぜんまいにジャムがからみついたのだろう
ぎぎぎ…ばちんっ!
切れたぜんまいが顔から飛びだした。

215 :花咲か名無しさん:2006/05/04(木) 20:53:33 ID:Buc066Kb
                                   .____
                                  /__/|
                                 く/'二二ヽ>
                                _|l |ノ_ノイハ))___
         ______             ./  ノl_|#:;)Д(;:#)   /|
    ♪      \|       (____       | ̄ ⊂=====⊃ ̄ ̄| |
      .ィ/~~~' 、.|\            ` ヽ、    |___=====' ____|/        @⌒丶〜丶
   、_/ /  ̄`ヽ}.|  \       ♪     \      ∪ ∪| |            | ||||||| r==ミヽ
   ,》@ i(从_从))|  ♪\                〉      |   | |               .| |||||〈(((ノリi卯   _ _ _
   ||ヽ||.゚ ヮ゚ノ|.|||     \              /       |   | |            | ||||||从゚ー ゚,l〈l| /    ヽ
   || 〈iつ介ミi| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ        |   | |            | |||||⊂二(i'ヽ!|ゝ '''"ー"``
   ≦ (ノノ匚____..┌- 、,. -┐♪ー―rー´               ┌──∬    | |||/ //l xヽy''     ♪
   テ〓〓UU.||    く|_,.ヘ_|〉 /⌒⌒ヽ   ♪ χ~ ̄~∬χ  ♪ i二ニニ .|⊂ヽ | |/ / |†レしl,†l
    || ||   . || ♪ ノ イ从|从)、.//ゞ\※ /   <(((从从|⊂ヽ.  .(((/从ノ‖ヘ/  |  / レ   |ノ  ♪
    || ||.  ◎    |ミ|ミ!^ _ ゚ノミ!|. §!-ヮ-ノ≠)n=ョ ノ|,l!゚-$/‖ヘ./   从゚-( ‖ ).   ̄
             =∪=∩=}]) ' .ミ(_)二つ,,ノ    ノ(lつ━╋━━   (lつ━╋━━   ♪
                /__ハ_|   ./(__ハ_)  ♪  ( /,.ノ( .∬ )    〈__( . ∬ .)
                `もテ      `しテ′    ζ `~U. ⌒†⌒ ♪   〈_/. ⌒†⌒


216 :花咲か名無しさん:2006/05/04(木) 20:54:45 ID:Buc066Kb
         , '´ ̄`ヽ
         i ノ '\@
         ,9、゚ ヮ゚ノ 
        /   つ
        (_(__⌒)  |^lヽ、
       ┌―(_)─┘.| )
         ゙ミ;;;;;,_    
        ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
       i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
       ゙ゞy、、;:..、)  }
        .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
     /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ
    ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}
    ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′
   /;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..ヽ
   ゙{y、、;:...:,:.:.、;、;:.:,:.:. ._  .、)  、}
   ".¨ー=v ''‐ .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
  /i;i; '',',;;;_~υ⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
  ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:.ミ.:,:.:. ._υ゚o,,'.、)  、}
  ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ
         |l |ノノイハ))
          |l |;´Д`ノ| うまそうですぅ・・・
         ノl∩l_介」∩
        ≦ノ`ヽノヘ≧
.       ミく二二二〉ミ


217 :花咲か名無しさん:2006/05/05(金) 11:59:25 ID:34uPhzce
今日、資源ゴミの回収日だったんで、ゴミ置き場に出してきたんだ。

で、外出して帰ってきたら、俺んちの前に出したはずのゴミ袋が戻ってきてたんだ。

よく見たら袋に回収業者のメモが貼ってあってさ、そのメモに


『 翠 星 石 の 残 骸 は回収できません 』

って書いてあったよ。

ちっ、どっかに不法投棄するしかねぇな。まったくバラバラにしても世話のかかるクソミドリだぜ!

218 :花咲か名無しさん:2006/05/05(金) 12:00:06 ID:34uPhzce
翠星石が目覚めるとそこは真っ暗な場所だった。どうやらどこかに閉じ込められてるらしい。
「み、身動きできねーですぅ!ここはいったいどこですかあ?」
真っ暗だが、周囲からは歌や拍手の音が聞こえる。
「きいいいっ!きっとまたあのおかしなヤツのせいですぅ!
 翠星石をこんなところに閉じ込めるのはヤツしかいねーですぅ!」

と、わめきちらしていた翠星石だったが、やがて口の中の違和感に気づいた。
「もごもごもご、あれ?ですぅ、何か甘くて柔らかいですぅ!翠星石のまわりのモワモワしたもの、ケーキの味がするですぅ!
 そう、なぜか翠星石は巨大なスポンジケーキの中に閉じ込められていたのだ。
「も、もしかして翠星石はケーキの中に閉じ込められてるですか?これなら大歓迎ですぅ!脱出ついでに全部このケーキを食べてやるですぅ!」
異常なシチュエーションにもかかわらず、あいかわらず食い意地がはった意地汚い人形であった。
「真っ暗でよくわからねーですぅが、こ、この感触は生クリームですね?あっ、このぷにっとしたのはイチゴですぅ♪おいしいのですぅ♪」
調子に乗って巨大ケーキを食いあさる翠星石、と、そこへ

     ざくっ!
「ひっ!きゃああっ!い、いま何かが翠星石のホッペをかすったです!いったいなんですかあ?!」
     どすっ
「ぎゃあああっ、肩を切られたですぅ!」
     ざくっざく
「痛いっ!!痛いですぅ!!!う、腕を切られたですぅ!!」
     ぶすっ!
「ああああああああああっ目が!翠星石の目があっ!!」
ケーキの中に閉じ込められたまま、翠星石は切り裂かれ突きさされていく。

ここは披露宴の席、幸せいっぱいの何も知らない一組の男女の初めての共同作業。
それは何者かが仕込んだ翠星石入りのケーキを切り分けることだったのだw


終われ

219 :花咲か名無しさん:2006/05/05(金) 12:01:18 ID:34uPhzce
俺は嫌がる翠星石を無理矢理押さえつけ、異物を翠星石の口に入れようとした。

「うううっ、おえっ、もう、もうやめてです...グニュグニュしてて気持ち悪いですぅ、口から血があふれて...ドレスに黒いシミがついて...」

「ダメだ、せっかく苦労してもいだ『睾丸』なんだからよ、残さず食え」

「な、なんでそんなものを翠星石が食べなきゃだめなんですかあ!」

俺は翠星石の問いに遠い目をして答えてやった。

「この睾丸の元の持ち主wらは『翠厨』といってな、常日頃オマエの中に自分のちんこ挿入してセーエキぶちまけたいと、そればかり願っている悲しい哀れな奴らなのさ
 だから、俺が特別にそんな『翠厨』たちの願いをかなえてやろうと、セーエキなんてみみっちいこと言わず、
 どうせなら丸ごとに、と、セーエキ製造器官たる睾丸をもいで、ダイレクトにお前の胃袋の中に入れて消化させて、文字通り1つにしてやろうと思ったわけよ」

「わ、わけわからねーですぅ!翠星石にそんな奴らの小汚ねー玉袋を食べる義務はねーですぅ!」
「いいから食え!お前が食わねーと睾丸もがれた奴らが浮かばれねーだろ!!」

俺はすっかり変色して赤黒くなった睾丸を翠星石の口に押し込んだ。

220 :花咲か名無しさん:2006/05/05(金) 12:03:21 ID:34uPhzce
「おげえええええっ!気持ちわるいですぅ!腐ったイカみたいな臭いがするですぅ!
 ぐちゃぐちゃいってるのですぅ!血生臭くて、げろげろですぅ!!ああああ何かどろっとしたものがああああああ
 あ...あああ...あひ...あひひひひあ.ひひひ...睾丸...
睾丸...ジュンも睾丸持ってるのですぅ...翠星石にジュンの睾丸よこすですぅ...あふあひひぃ」

「そういうと思ったよ、ほら翠星石、お望みのモンだぜw」
そう言って俺はあらかじめロープで縛っておいたメガネの引き篭もり少年を引きずり出し、
ズボンとパンツをおろしてやった。
「や、やめろ!なにするんだ!」
「ジュン!」
「翠星石?なんでオマエがここに...うわっ!や、やめろ!なにするんだ!?」
「睾丸...ジュンの睾丸ですぅ!ジュンの睾丸は翠星石がいただくのですぅ! はくっ!はむっ、ふぅんですぅ」
「やめろぉぉぉおぉっぉぉ!!!!!!」
  ぶちっ
「ぎゃああああああああああああああああああっっ!!!??」
くちゃくちゃくちゃくちゃくちゃくちゃくちゃ
「おいしいおいしいおいしいのですぅ♪ジュンの睾丸おいしいのですぅ♪♪」

えんど

221 :花咲か名無しさん:2006/05/05(金) 12:05:41 ID:34uPhzce
休日、俺は大枚はたいてわざわざとりよせた物を食べていた。
そこへクソミドリが乱入してきた。
「翠星石に隠れて、おいしい物を一人で食べようなんて、そうは問屋がおろさねぇですぅ!」
と意地汚く食卓に手をのばしてきた。
「ピンク色ですね、桃ですか?フルーツ大好きですぅ♪」
ぱくもぐもぐ
「ひっぎゃああっ!かか辛いですぅ!生臭ぇですぅ〜!げろげろ〜っですぅ!」

そう喚いてクソミドリは極上のワサビをつけた産地直送の大トロを吐き出し、俺が食ってた特上寿司をだいなしにした。

このクソミドリめっ!

後日、俺は回転寿司屋を貸し切りにしてイベントを行った。
俺はカウンターの中に入り客がのぞむネタを握る。

客「にいさん、俺翠星石の耳ね」
「すいやせ〜ん、耳は二つで終わっちまったんですよぉ」
「じゃ、いいや翠星石の頬で」
「へい!」
そういって俺はまな板の上のクソミドリに包丁を入れる
「ぎゃあ!やめて、ゆるしてですぅ!耳がなくなったのですぅ!食べちゃいやですぅ!」
馬鹿を言え、せっかく情報を聞き付けた翠厨たちが、一口でも良いからクソミドリ寿司を食いに殺到してるってのによぉ。
おかげでボロ儲けだ!

222 :花咲か名無しさん:2006/05/08(月) 05:42:08 ID:zhbyGM91
                    _______
               , -‐' ´  __, -―‐ 、 r‐,―` ‐、
               /   , - '     ̄/!\ ̄  \_
            /   /、!∠ _, - ´ ̄ ̄ ̄ ̄`´ヽー、_フ
          _/   / /!`イ   /         ヽ \
        / \! //  ,/     /             |   ヽ
           ̄`<,ト/ _、i/      /       / ,./ / /l!   ト、    -‐''´'´
            / ,) /!!   , /    / / / / ,__-‐'''´-‐'''-‐''´     
            ! l!   |     | f --,ノ_-γ--''´ ̄   / /       
            li    l     | !(◎弋       / // /   ` 
             //li    !    |リ ゞノ"}        l l |  |  
          / //!   \,  ! //ノ"}|         l   | 丶  
          / / ! liヽ│/ lト、 \  '|         ,. -'´  \'  
          / / l li ‐┼‐ li \`ー`//)      /   :∠ミーニ丶、 |`! !' ,/
         !/   |イ!/│ヽ.l! | \  \丶、__ ../ ̄>-'⌒ー‐r;┬' ∠ミーニ
          !! / ∧!    liノ!   `  、__, イ_ /:| │ |
          i' /:| ! リ   / ` 、_,. -―'´ ̄V /ヽ/ ::| │ |
         //:::| j:/   リ三f::::f三ヽ   / ,,/ヽr、!  |  |
        //rーfく   /!/イ!!l::\ \ヽ!  / r ' / フ |

223 :花咲か名無しさん:2006/05/08(月) 05:43:08 ID:zhbyGM91
                    _______
               , -‐' ´  __, -―‐ 、 r‐,―` ‐、
               /   , - '     ̄/!\ ̄  \_
            /   /、!∠ _, - ´ ̄ ̄ ̄ ̄`´ヽー、_フ
          _/   / /!`イ   /         ヽ \
        / \! //  ,/     /             |   ヽ
           ̄`<,ト/ _、i/      /       / ,./ / /l!   ト、    -‐''´'´
            / ,) /!!   , /    / / / / ,__-‐'''´-‐'''-‐''´     
            ! l!   |     | f --,ノ_-γ--''´ ̄   / /       
            li    l     | !(◎弋       / // /   ` 
             //li    !    |リ ゞノ"}        l l |  |  
          / //!   \,  ! //ノ"}|         l   | 丶  
          / / ! liヽ│/ lト、 \  '|         ,. -'´  \'  
          / / l li ‐┼‐ li \`ー`//)      /   :∠ミーニ丶、 |`! !' ,/
         !/   |イ!/│ヽ.l! | \  \丶、__ ../ ̄>-'⌒ー‐r;┬' ∠ミーニ
          !! / ∧!    liノ!   `  、__, イ_ /:| │ |
          i' /:| ! リ   / ` 、_,. -―'´ ̄V /ヽ/ ::| │ |
         //:::| j:/   リ三f::::f三ヽ   / ,,/ヽr、!  |  |
        //rーfく   /!/イ!!l::\ \ヽ!  / r ' / フ |

224 :自治スレでローカルルール検討中 :2006/05/08(月) 07:59:01 ID:f8joTQWh
    ___
  く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |≧∀≦ おめーら一緒に遊ぶですぅ!翠星石は空気が読めないですぅ!
  ノ|⊂l_介」つ
. /ノ>、,.<ヽ\
. `<_/ |. ヽ_ン'
    ∪∪
    ‖‖
     ε  З

じゃあ、おまえをサンドバッグにして遊ぶか


225 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/08(月) 07:59:36 ID:f8joTQWh
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ゚ ー゚ノl| さぁ煮るなり焼くなり好きにするがいいですぅ!
 ノl_|ΞΞΞΞl|
 ≦ ΞΞΞΞ ≧
. ミく二二二〉ミ

よしじゃあ黒ヒゲ危機一髪ごっこをした後に高層ビルの屋上に連れて行ってガソリンぶっかけて、
頭に包丁ブッ刺しておまえの意識がなくならないうちにライターで火をつけて突き落としてあげるね

226 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/08(月) 08:01:44 ID:f8joTQWh
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |≧∀≦ 言葉の意味は全然わからんがとにかくすごい自信ですぅ
 ノl_|ΞΞΞΞl|
 ≦ ΞΞΞΞ ≧
. ミく二二二〉ミ

こんな簡単な言葉もわからないなんて、
本当に翠星石はかわいいクズだなあ
ご褒美にかわいいちっちゃなおててを地面に五寸釘で固定して、
その上に重いものをどんどん落としてあげようか

227 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/08(月) 08:02:36 ID:f8joTQWh
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ゚ ヮ゚ノl| やっぱり翠星石は他のジャンクどもとは格が違うのですね
 ノl_|ΞΞΞΞl|
 ≦ ΞΞΞΞ ≧
. ミく二二二〉ミ

そりゃもちろんさ!格が違いすぎるよ!
バカさとかムカつき度とかいろいろね!
愛してるよ翠星石
今すぐそのヘッドセットをそのかわいらしいさくらんぼのようなおくちにつめこんで、
そのさらさらのこの世のものとは思えないほど美しいウェーブのかかった髪を切って禿げ頭にして、
その髪でその華奢で少し掴んだらいとも簡単におれてしまいそうな愛らしい首を絞めてあげたいくらいだよ

228 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/08(月) 08:03:49 ID:f8joTQWh
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ^ヮ゚ノl| さすが翠星石はチビ人間どもの人気者ですぅ!
 ノl_|ΞΞΞΞl|
 ≦ ΞΞΞΞ ≧
. ミく二二二〉ミ

そうだよぉ、だって翠星石とーってもかわいいし、いじめがいあるしね
よーしまずはそのキラキラしてる生意気なくりくりおめめを片方くりぬいてみようか
くりぬいたおめめは晩御飯として出してあげるから安心してね

229 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/08(月) 08:05:01 ID:f8joTQWh
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ゙々゚ノl| ムグムグ…翠星石の目玉は意外といけるですよ
 ノl_|ΞΞΞΞl|
 ≦ ΞΞΞΞ ≧
. ミく二二二〉ミ

くりぬいたところがぽっかりあいてて間抜けだから山芋を流し込んで固めて瞬間接着剤つけてふたしてあげるね
ふたは翠星石の望む柄にしてあげるよ

230 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/08(月) 08:05:54 ID:f8joTQWh
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |★ヮ゚ノl| ふたの柄は翠星石の好きなお星様ですぅ!
 ノl_|ΞΞΞΞl|
 ≦ ΞΞΞΞ ≧
. ミく二二二〉ミ



                ___
       、,,;,,、、    く/',二二ヽ>
     、Ξ#,,;ミΞ,,,、 、,, |l |ノノイハ)) ですぅ・・・
   とΞ;;,、;;∴λ、;;;∵゙, |l |★々゜ζ;;,
  "  '゙゙;゙` ' ゙`゙;~;~^゙;;:   '''`''"
      '`;;Ξつ   `'';;:;Ξミ,.

・・・あーさっぱりしたさっぱりした

231 :花咲か名無しさん:2006/05/09(火) 03:07:03 ID:pLTsqYfz
            /   /┼   ┼`  .土_  ┼‐  l7 l7 
          /\ 二l二 <ノ⌒) >|  ) / こ o o
                             , -、
.         , --、       , -、   _      (  j
        (   j     /   ⌒´  \    / /´
          \ \.  ∠   ハ M ,   ',  / /
           \ \ / ヽ ト、l !/ |  ハ / /
            \ ヽ! l八⌒_⌒ル トリ/ /
             \∧{l リ  V_ノ イ j∧′/
               // .ヽ { >‐< j/ \ヽ
              \  メ/^<>^',ヽ  /
                `{  〉 f::l .〈o Y
                 } / l::::l V .}
                くム. ∨  }!人
                  {====}  \
                 /     l    ヽ
                   /      .!    、ゝ
                   ,'      i l\   !
                i   !    ! ! ヽ ,リ
                 l   i.    !  l`=' ’
                   l !  !    !   l
               l i  i    .!  l

232 :花咲か名無しさん:2006/05/09(火) 04:30:38 ID:pLTsqYfz
      ___  
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) 
      |l |#゚听ノl| 
     ノl_|(l_介」).|
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ の
.   ミく二二二〉ミ び
.   ミく二二二〉ミ や
.   ミく二二二〉ミ か
.   ミく二二二〉ミ に
.   ミく二二二〉ミ ぃ
.   ミく二二二〉ミ |
.   ミく二二二〉ミ |
.   ミく二二二〉ミ |
.   ミく二二二〉ミ |
.   ミく二二二〉ミ |
.   ミく二二二〉ミ |
.   ミく二二二〉ミ !


↑見てると虐待したくなる

233 :花咲か名無しさん:2006/05/09(火) 04:31:09 ID:pLTsqYfz
                    _______
               , -‐' ´  __, -―‐ 、 r‐,―` ‐、
               /   , - '     ̄/!\ ̄  \_
            /   /、!∠ _, - ´ ̄ ̄ ̄ ̄`´ヽー、_フ
          _/   / /!`イ   /         ヽ \
        / \! //  ,/     / >>232        |   ヽ
           ̄`<,ト/ _、i/      /       / ,./ / /l!   ト、    -‐''´'´
            / ,) /!!   , /    / / / / ,__-‐'''´-‐'''-‐''´     
            ! l!   |     | f --,ノ_-γ--''´ ̄   / /       
            li    l     | !(◎弋       / // /   ` 
             //li    !    |リ ゞノ"}        l l |  |  
          / //!   \,  ! //ノ"}|         l   | 丶  
          / / ! liヽ│/ lト、 \  '|         ,. -'´  \'  
          / / l li ‐┼‐ li \`ー`//)      /   :∠ミーニ丶、 |`! !' ,/
         !/   |イ!/│ヽ.l! | \  \丶、__ ../ ̄>-'⌒ー‐r;┬' ∠ミーニ
          !! / ∧!    liノ!   `  、__, イ_ /:| │ |
          i' /:| ! リ   / ` 、_,. -―'´ ̄V /ヽ/ ::| │ |
         //:::| j:/   リ三f::::f三ヽ   / ,,/ヽr、!  |  |
        //rーfく   /!/イ!!l::\ \ヽ!  / r ' / フ |

234 :花咲か名無しさん:2006/05/09(火) 05:26:56 ID:pLTsqYfz
翠星石マジでウザイ
ですぅですぅうるさいし調子に乗りすぎ
しかも強気ぶってるし
マジでハンマーで粉々に破壊するぞ

235 :花咲か名無しさん:2006/05/09(火) 05:57:00 ID:pLTsqYfz
test

236 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/09(火) 22:59:10 ID:jjBjXszC
「空気が乾燥してるせいか目が渇くですぅ、目薬よこしやがれですぅ」

「え〜とどこだったかな」ゴソゴソ

「とっとと出しやがれです。まったく役立たずです」
(ムカッ)「ほら、あったぞ」

「よこしやがれですぅ!」(目薬使用して目をパチパチさせようとする)

「?!目、目が開かねーですぅっ!!」


(さすが『瞬間接着剤』だなw)

237 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/09(火) 23:00:13 ID:jjBjXszC
翠星石がカバンで寝てる隙にカバンのフタ同士をまた接着剤で固めてやった。

あ、翠星石が起きた。カバンが開かないからビックリしてるらしい。中からドンドン叩いたり暴れたりしてる。
カバンの中で翠星石が暴れるたびにカバンが床からピョンピョン跳ね上がるのが見ていて、ちょっと楽しい。
「開かなね〜ですぅ!」「ど〜なってるだですぅ!」「ボケっとしてないで開けやがれですぅ!」
とか喚いてる。

無視しておこう。

さてどうしてくれよう。

電ノコでブッた切ってもよし。プレス機でいっきにつぶすもよし。糞尿まみれにするもよし。
焼却炉に放り込むか?コンロでジワジワ焼き焦がしてやるか?自衛隊の演習場に放置してきて射撃の的にさせるもよし、戦車に踏み潰されるもよし。
ドブ川に違法投棄?黒髭危機イッパツのごとく少しづつ串刺し?小さな隙間からゴキブリやシロアリとか注入する?
それとも硫酸流し込み?冷凍庫で凍らせる?遠心分離機に放り込んでみたりして?
水銀燈にあげてみるのもいいかも?

僕はワクワクがとまらなかった。

END

238 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/09(火) 23:01:44 ID:jjBjXszC
視界の隅で、床をカサカサと動くものが。
ウゲッ!ゴキブリだ!
どっから入ってきやがった!

ハエタタキないかなあ。おっとちょうどいいものがあった!
四肢をちぎられた翠星石の髪を掴んでゴキブリ目掛けてたたき付ける。
ドガッドガッビシィッ!股間から流れ続けるきったねえ汁を部屋中に撒き散らす。
もはや翠星石は抵抗する気力も無い。
「フグッ…アウッ…」と蚊の泣くような声がかすかに聞き取れるくらいだ。
汁まみれの股間は、床にたたき付けられ続けて青紫になり、腫れ上がってくる。
なんと精巧なドールだ。

グッシャアアア!
ついに翠星石の股間がゴキブリにクリーンヒット!
やったね!
そのまま翠星石を宙づりにすると、くっついたままのゴキブリのハラワタと翠星石の汁が
混ざりあって床にボタボタと落ちる。
よく見ると翠星石の股間でゴキブリが動いている。
一本の足が翠星石のクリをかすったかと思うと、何とこのエロ人形はピクンと反応し、
ハウッと声を漏らしやがる。
…感じてやがる。涙を流しながら。
ゴキブリの足の動きに合わせて、「ん…んっ…」と呻く。

さてこの淫らな糞人形に、どうとどめを刺してやろうか・・・。

239 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/09(火) 23:03:17 ID:jjBjXszC
「明日遊園地行かないか?二人っきりで」
「!…な、なにをいきなり寝ぼけたことほざいてやがるですか!寝言は寝て言えですぅ!」
「そっか…残念だな」
「そ、そこまで言うなら、しゃーねーから、行ってやっても良いですぅ♪」
そう答えると、翠星石はいそいそと自分のカバンの中にお菓子の類
(チョコとか紙パックのジュースとかクッキーとかシュークリームとか)を鼻唄まじりでつめこんでいった。

で、当日。

先に結果から言うと二人で行った遊園地、僕は楽しかった。

観覧車にも乗った。遠くの方までよく見えた。
ジェットコースターもスピード感が最高だった。
コーヒーカップは目を回したっけ。
絶叫マシンはGがすごかった。
ウォーターライドは水浸しになったっけ。

ああ楽しかった!

な?翠星石もそう思うだろ?

僕は部屋へ戻ると遊園地の帰りにホームセンターで買ったバールを使って、
鍵が壊れて開かなくなったカバンをこじあけてやった。

カバンの中では吐いたゲロとお菓子とジュースが混じった汚物まみれになった翠星石が目を回していた。

END

240 :花咲か名無しさん:2006/05/10(水) 02:17:09 ID:uh9jVSYe
>>236-239
職人さん(`・ω・´) b


241 :花咲か名無しさん :2006/05/14(日) 00:12:26 ID:mYfbFYqM
翠星石は悪行をしても謝らない。
まさに性悪なので、その精神を叩き直すために体罰を与える。
これは当然のことだ。

┏━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  料理する .┃翠星石か゛ あらわれた。      ┃
┃  殺す    ┃と゛ うする?▲            ┃
┃  虐待する .┃                    .┃
┃⇒ 燃やす   ┃                     ┃
┗━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛

              ___
             く/',二二ヽ>
             |l |ノノイハ))
              |l |リ゚ ー゚ノl|
             ノl_|(l_介」).|
            ≦ノ`ヽノヘ≧
.           ミく二二二〉ミ


           ξ  ___ξ
           く/',二二ヽ> ξ
.           ξ |l |ノノイハ))   ξ
.            |l#:;)*Д*#) 熱い、熱いですぅ〜!
          ξ ((ノl⊂l_介」つ)) ξ
           ≦ノ`ヽノヘ≧ξ    
          ξミく二二二〉ミ

242 :花咲か名無しさん:2006/05/14(日) 00:13:13 ID:mYfbFYqM
ゴキブリ並にしぶといわね   .,__    ., \
くたばりなさい害虫     ‐-;-.,_ "''=;- .,_\ \\.       ___
               .ィ/~~~' 、 ‐-> "`"'-' \    く/',二二ヽ>
             、_/ /  ̄`ヽ}二)  \     ヽ  ,、`;:,";:,`,・
             ,》@ i(从_从))-           ヽ,,;:`;:";+,;:"`";:,`;";:,;・
              ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||,,:::::='''''""""´ ̄ ))  i;・;:`,;:"";:+,;`;:*,;:
              || 〈iミ''介ミir'''''"""´´´ ̄ ̄    !r`"・;:`,;;・*つ
             ≦ノ,ノハヽ、≧ヾ./_     _   //ノ`ヽノヘ≧
.              テ ` -tッァ-'テ ー`、-、ヾ、、,  、, /i/⊂ 、二二〉ミ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」// ./// /    し'
―-/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ―――┬┘/ / / /

243 :花咲か名無しさん:2006/05/14(日) 12:14:10 ID:mYfbFYqM
        (o)  (o)
  lゝlヽ   ||___||  γlノl
  ゝ´;ノ, く/',二二ヽ> ゝ;ソ
    ゝ ~|  |ノノイハ } ノ
    /\l  |リ゚ ヮ゚ノ| l/ヽ すこや蟹!のびや蟹!
    /\l___⊂l_介」つ/ヽ
    ヽ ̄≦ノ`ヽノヘ≧~7
      ミく二二二〉ミ

                             (o)  (o)
                       lゝlヽ   ||___||   γlノl  カタカタカタ・・・
                       ゝ´;ノ, く/',二二ヽ> ゝ;ソ
    ノ⊂l_介」つ              ゝ ~|  |ノ。ノイハ } ノ
    ≦ノ`ヽノヘ≧           〜  ./\l  |* 々゚ノ| l/ヽ
.   ミく二二二〉ミ           〜   /\l____|~~~~~~|__l/ヽ
.                         ヽ ̄        ̄7

244 :花咲か名無しさん:2006/05/15(月) 22:47:29 ID:zi01JN+2
「ゲシッ!」「イタイですぅ!」日頃のですぅ節と「おのれをしりやがれですぅ」
の図々しい暴言に堪忍袋の緒がキレた俺は、クソミドリをやつの鞄で思いっきりブッ叩く。
「ひぐぅぅ!か、鞄で暴力・・やめ・・ろ・です・ぅ」
殴りまくるのにも飽き飽きしてきた俺は、メッタ殴りで弱ってきたクソミドリに?みかかると
頸と背中を押さえつけてうつ伏せに床に擦りつけると、両手両足を背中にまわして
束ねあげてくるくると縛りあげ、その縄尻を天井の蛍光灯の紐に括り付けた。
判る連中には、判るだろう。所謂、駿河責めといわれる拷問の縛りのスタイルだ。
宙吊りにされたクソミドリを5分ほど、何十回転もゆっくりと廻す。
そして手を離すと、回転で絡まったロープの反動でクソミドリが勢い良く
猛烈な逆回転を始めた。そうそう、これやってみたかったのさね!
「ぶぶぅぶるぅぶるぶるbるぅ!めめぶるぅ!めががめめめががまわわわwrぅぅでぇすぅうぅぅ!」
クソミドリを強烈な遠心力が襲う。回転と共にクソミドリのチャームポイントである
フカフカフリルのパニエスカートと二股おさげ髪がヒラヒラと舞い、
それに思わず見とれた俺は、面白がって数十回ほど、この反動回転責めを繰り返した。
このクズ人形でもまだ美的に魅了する要素があったとは。これであのクソ毒舌と
妙に恩着せがましい、かまってちゃん性格が矯正されれば、まあキラqバラよりは
格上にしてやったっていいがなw なんてことを考えながら、
俺は何度もクソ翠をクルクルとまわし、そよ風のエチュードのようなスカート&オサゲの舞を堪能した。
回転は暫く続き、クソミドリは次第に朦朧となる意識のなかで
だらしなく涎を垂らし始めた。そろそろ飽きてきた俺は、緩やかに回転がおさまるところを狙い、
朦朧としているクソミドリを満タン2リットルペットで力一杯ぶっ叩いた!

245 :花咲か名無しさん:2006/05/15(月) 22:48:06 ID:zi01JN+2
「びぃひhぃぐぐふっぅ!」「へへっ!もうぅいっちょうぉお!」バゴォッツ!
俺は両手の満タンペットでクソミドリをタコ殴りの往復ビンタにした。
殴られるたび、ぶひぐぅ!ぶべっつ!ぶげでぅすぅ!などと得体の知れない
阿鼻叫喚のハーモニーが最悪の楽しさだ。クソミドリの苦しむ様を眺めるのは
最高の快楽、ストレス発散になるのはこのスレ住人には言わずもがな、だよなあw
「へへへっ!そういや、往復ビンタなら、こいつのほうが面白れえw」
そういうと俺は天井で回転しているファンのハネを自慢の怪力で折り曲げ、
ハネが垂直になるようにすると、宙吊りのロープの長さを、クソミドリの眼前に
丁度ファンの刃先がくるように調節し、ファンのハネの間に翠星石の顔面をはさむように
ポジショニングした。そして空調ファンの電源をONにすると・・・・・
「ぶぶぶデスゥデスゥデスデスデスゥぶぶっぶうぶうぶぶうぶぶデスゥデスゥデスデスぶぶ
デスゥデスゥデスデスぶぶぶデスゥデスゥデスデスぶぶぶデスゥデスゥデスデスぶううぶぶぶっぶぶb
デスゥデスゥぶぶbbっぶぶぶぶっぶデスデスぶぶbbっぶぶぶぶっぶぶぶ・・・」
かくしてクソミドリの永久無限往復ビンタ・ショーの幕開けだ!
時折クソミドリが身体をよじらせ顔面がファンから外れるようにもがくので、
床に転がっていた鞄の取っ手に紐をくくりつけ、鞄ヌンチャクよろしく
振り回しながらクソミドリのボディにスマッシュヒットさせる。
顔面無限ビンタ・鞄によるメタ殴りのダブル虐待に、クソミドリの意識は遠のき・・
暫くすると顔面のビスクパーツに罅が入り始め、それからほどなく、
ピキッ!パリッ!と不気味な音と共に、クソミドリの頭部パーツは
ゆっくりと罅割れて砕けていき、30分後には無残な首無しドールとなったとさ。
粗大ゴミにすら出せないこのクソ人形の処理は、まあ燃やすしかないだろw
俺は再びこの首無しクソジャンクをクルクルと廻し始め、
勢い良く逆回転のところを狙い、スカートに火をつけた。勢い良く全身に燃え移り
回転火達磨と化すジャンク翠。その様を、悦に浸りながらXOを傾けつつ鑑賞する俺だった。

246 :花咲か名無しさん:2006/05/15(月) 22:49:46 ID:zi01JN+2
「人間〜なに食べてるですかあ?あっ、ポッキーですぅ!大好きですぅ翠星石によこしやがれですぅ!」
ポッキーめがけて飛びついてきた翠星石を僕は叩き落とす。
ぐしゃ
「んげふっ!な、な〜にしゃーがるですか、このメガネちび!」
わめく翠星石を無視して僕は床にはいつくばる翠星石のスカートをめくりあげ、下着をおろした。
「きゃあっ!?なにしやがるですぅ!このスケベちび!」
真っ赤になってわめく翠星石に僕は
「ポッキーならやるよ、た〜んと食べるがいいさ。ただし……下の口でね!」
「え?ですぅ」
僕の言うことが理解できず、
無防備に、きょとんとしてる翠星石の下の口に僕は束ねたポッキーを突っ込む。
ぬ゛ぬ゛っ
「んああっ!?お、お尻に何するですぅ!」
肛門に違和感を感じた翠星石が背中ごしに振り返る。
「何って、ポッキーさ。大好きだって言うからさ、ぜ〜んぶ翠星石の下の口に食べさせてあげたのさ」
「し、下の口って、お尻の穴だと言うですかぁ!ひ、ひどいですぅ!ポッキーをお尻に入れるなんてぇ!いやぁですぅ!ああ取れないですぅ!ポッキー引っ張ったら中で折れたのですぅ!取って!ポッキー取ってですぅ」

247 :花咲か名無しさん:2006/05/15(月) 22:50:37 ID:zi01JN+2
「や〜だね、そうだ!真紅に見せてやろうっと!」
「いやぁ!やめてですぅ!」
「しょーがない抜いてやるか」
僕はおもむろにポッキーの束をつかみ、ずるりとぬいてやった。
「あうんっ」
ポッキーが抜ける瞬間、翠星石が変な声をだしたが無視。
ぬけたポッキーを見ると肛門でしごかれたせいかチョコクリームがなくなり、ただのプリッツみたいになっていた。
抜いたポッキーを恥ずかしさのあまり真っ赤になり、うつぶせになってる翠星石の目の前にチラつかせる。
「ホント食いしんぼうだなオマエって下の口でチョコを食べちゃうなんて」
「う…う、こんな乙女の翠星石に…よくも、ゆるさんですぅ!」
屈辱のためかうまく手足に力が入らず立てない翠星石に僕は次々とお菓子を食べさせる、もちろん下の口でw
ぬ゛ぬ゛っ
「んぁっ!痛いですぅ!」
煎餅は引っ掛かるのか。ならば
「やめろですぅ!そんなの入らないですぅ!入らな、んあっ!」
僕はオレンジジュースをペットボトルごと翠星石にむさぼらせた。
もちろん下の口でw

248 :花咲か名無しさん:2006/05/17(水) 02:02:21 ID:CWGB/QCF
虐待SSってどれもデュードの劣化コピーに見える

249 :花咲か名無しさん:2006/05/17(水) 08:02:05 ID:VHJ7fkG0
そんなことは決してないんだがほとんどワンパだから相対的にデュードのほうが勝ってるんだよな

250 :花咲か名無しさん:2006/05/18(木) 13:58:57 ID:8Z1Q3NvV
「今日は良い天気だから庭に出て水をまくですよ?ちびもたまには暗〜い薄汚ねー部屋から出てきやがれです!」
仕事で忙しくたまの休日でへとへとの俺は、その一言でキレた。
「ざけんな!俺は疲れてるんだよ!そんなに木に水やるのが好きなら公園にでも住みやがれ!」
「きゃー吠えたですぅ!ツバをとばすな!汚らわしいですぅ」
「な、なんだとこのクソミドリっ!」
そう怒鳴りつけ俺は翠星石のドレスをひきはがした。
「ああっ!何するですか!変態ちび!」
「うるせぇ、こんなもんこうだ!」俺はガスレンジの上にドレスを放り点火した。
ごおっ
バーナーの火にあおられあっと言う間にケシ炭になる翠星石のドレス
「翠星石のドレスがあ!なんてことするですか!」
「うるせぇ、てめぇにはもう必要ねーだろが!」
おれはバットで翠星石の頭をカチ殴った。
「んっぎゃああー!!翠星石が何をしたっていうですか!」
「まだほざくかこのクソミドリ!」
さらに俺は乱打する。
「ごふっ!ぶっ!やめてげふ!いたいですぅ゛げっ」
俺はとうとう全裸でぐったりしてしまった翠星石を見て、笑みを浮かべ言った。
「俺がつれていってやるよオマエにふさわしい場所になw」

251 :花咲か名無しさん:2006/05/18(木) 14:00:00 ID:8Z1Q3NvV
「んん…ここはどこですか?」
気絶から目を覚ました翠星石は辺りを見回した。
「ここは公園ですぅ!たしか噴水のところですぅ」
「目が覚めたようだな」
「ちび!こんなところに翠星石をつれてきてどうするつもりですぅ!」
「どうするもなにも、もうすんだ」
「何わけのわからねーことを…?!か、体が動かねぇですぅ!」
「間接部にセメント流し込んだんだ」
翠星石は公園の真ん中で全裸でしゃがんだ状態で固定されてしまってたのだ。
「な、なんてことするですかあ!」
公衆の面前でそのあまりに恥ずかしい姿に全身真っ赤になる翠星石。
だが辱めはまだ終わらなかった。
「そろそろだな」
俺は時計を見ながらつぶやいた。
その時だった、しゃがんだ翠星石の股間から、シャーッと水が勢いよく飛び出した!
「いやああっなんですかあ!」
「お似合いだぜクソミドリw木に水まくの好きだっていうからさ!」
そう俺は翠星石が気絶してる間に、翠星石に噴水装置をとりつけたんだw
「いやいやいや!こんなの嫌〜ですぅ!」


数日後。
街のタウン誌で街のニュースポットとしてクソミドリが
『ション便小娘』として写真入りで紹介されてたw

大笑いだぜ!

END

252 :花咲か名無しさん:2006/05/18(木) 14:00:58 ID:8Z1Q3NvV
           ガッ!!  ___
.            ,−く/'二二ヽ>
           ’;┼l||l |ノノイハ))’;. ゴメンナサイデスゥ
            l|l l|l∴ |リ#)。々)
            | l | |’,;l_|‘``”l_|ヽ
.           |, l┼≦      ≧
           | |  |.l|l       ミ
          ,i | l|i '; ・`
         _|  | i | *;.
       '´  `ヽ, l|
   _ _ _  I     #I |┼_ _ _
./    `\|l ||   ||l|/    ヽ,..,.,.よくもやってくれたわねぇ、クソミドリィ!!
'"'⌒`~"'" ''|从从从|ゝ '''"ー"``介」つ
       / /_ヽヽ    ノ`ヽノヘ
.      〈,r'OOヘ,〉    く二二二〉

253 :花咲か名無しさん:2006/05/18(木) 19:03:24 ID:M+NxRazd
他人の作品そのまま載せちゃ失礼だよ

254 :花咲か名無しさん:2006/05/18(木) 19:45:12 ID:8Z1Q3NvV
それもそうだねぇ・・・

255 :自治スレでローカルルール検討中 :2006/05/21(日) 09:59:40 ID:KLxGOp2E
草花に水やる翠星石
「すこやかに〜のびやかに〜緑の葉をひろげて大きく育てですよ、おまえたち♪」

「そこまでだっ!」
「な、なんだ貴様らですぅ!?」

「我々は麻薬取締捜査官だ!ここで大麻の不法栽培がされてると通報があった、これより強制捜査に入る!」

「いやぁ!何勝手に入ってくるですか!?
ああっ?!葉っぱをひっこ抜くなです!やめるです、この子たちに罪はねーのです!」
「これらは証拠物件として確保するのだ」
「うう…す、スィドリ〜ム!」
「抵抗するか!かまわん発砲しろ!」

警官隊に蜂の巣にされる翠星石であった。

256 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/21(日) 10:02:48 ID:KLxGOp2E
よし、翠星石の胃袋を縫ってやろう。
そう考えた俺は、裁縫セットを取ってきた。
ブラックジャックもビックリの手術開始だ。
まずは長針を取り出す。ここからどう虐待してやろうか?
考えた挙句、翠星石のおまんまんに突き刺すことにした。
グサッ!
「ギィヤアァァァァァァ!何するですか!このチビ人間!」
翠星石のおまんまんに激痛が走る。
「治してやってるくせに文句言うなこの性悪人形!」
「翠星石はお前みたいなゴミカス人間に治されるぐらいなら自分で治すですぅ!」
相変わらず生意気だ。翠星石のこの言葉に、普段は温厚な俺もついにキレてしまった。
「じゃあ治せるものなら自分で治せば?」
俺は翠星石を思いっきり殴りつけた。
ボコッ!ドガッ!
「痛てーですぅ!ふざけるなこのクソチビ人間!」
そう言うと翠星石は如雨露で俺を殴ってきた。
ガンッ!
「痛てーな!ただじゃ済まさないぞ!」
ドターン!
翠星石の顔面を蹴っ飛ばしてやった。顔にヒビが入ったようだ。
「わかったです!もうやめるです!」
「うるせーな!二度と動かないようにしてやる。」
翠星石のおまんまんや腹、そして顔におもいっきり包丁を突き刺してやった。
「ギャアァァァァァァァ!!やめろです!痛いです!今止めれば許してやるですぅ!」
「お前のその『ですぅ』を聞くとイライラするんだよ!お前なんかブッ壊してやる!」

257 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/21(日) 10:03:50 ID:KLxGOp2E
翠星石のきれいな巻髪を引き抜く。
ビリビリビリビリビリビリビリ
「イヤアァァァァァァアァァァ!翠星石の大切な髪の毛があぁぁ!お前なんか絶対にゆるさないです!」
「ほぅ。お前はまだそんな毒舌を言えるのか。もっとお仕置きしないとダメみたいだな。」
ボキッ!バキッ!
「いやぁーーーー!これじゃあもう翠星石は歩けないです!うっ、うっ・・・」
両足を折ってやった痛みと激痛で翠星石は泣き出してしまった。
「ついでにオナニーもできないようにしてやるよ!」
バキッ!ボキッ!ゴトン!
「す、翠星石のおててがぁ〜!もうなにもできないですぅ!ひっく・・・ひっく・・・」
「人形には必要ないおまんまんも使用不能にしてやろう・・・」
俺はハンマーを持ってきて翠星石のおまんまんに振りかざした。
バキッ!バキッ!グシャーン!
「翠星石のおまんまんが潰れちゃったですぅ!ひっく・・・」
薔薇乙女の命であるおまんまんうぇお破壊されてしまった翠星石はかなりに精神的ダメージを受けたようだ。
「なんで翠星石がこんな目に遭わなきゃいけないのですか!翠星石はなにもしてないですぅ!ひっく・・・ひっく・・・」
その後、翠星石は一人さびしく泣き続けた

258 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/25(木) 15:31:26 ID:VDxxALR2
         ___
       く/',二二ヽ>
       ゚。|l |ノノイハ))゚。 痛いっ!やめやがれですぅ・・・
.       。|l |リTДTノ| ゚
       ノl⊂l_介」つ
       ≦ノ`ヽノヘ≧
      {{ミく二二二〉ミ}}
   ̄ ̄ ̄ {{ し" ̄ ̄ ̄/\
         8    /    \
         8   /       \
   ∩且つ ,●/          \
  (   `x´)´●|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
  (  つつ8 凄く面白いじゃんw ||
   ) ) )● ||          ||
  (_)_)   ||              ||


     |l|     |ll|
       ___
     く/',二二ヽ>
      |l |ノノイハ))
      |l |リ゚'々゚'ノ|
   ̄ ̄ノl⊂l_ξ,'; ̄ ̄/\
     ≦ノ` ;;   /    \   ズダンッ!!
    ミく二ζ;: /       \
   ∩且つ 8/          \
  (   `x´)8|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
  (    )●,  …プッ、キモッ||
   |   |  | ,●´          ||
  (__)_)`●          ||
      //W\

259 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/25(木) 15:32:11 ID:VDxxALR2
                                        ___   ♪
                                      く/',二二ヽ>
  _∩且つ______ : . ヒューーーン             |l |ノノイハ)) ))
  (_( ・x・)_(      (():∴ .              ((  |l |リ゚ ヮ゚ノl|
    (_ Υσ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : .                  ノl⊂l_介」つ0匚lア ミミ
     |___|__|                              ≦ノ`ヽノヘ≧     ミミ
     l                              ミく二二二〉ミ     ψ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        /
                   / /_
                  /  /
                     /   \__________________________
      死ね        |
  _∩且つ______|
  (_( ・x・)_(      ((|
    (_ Υσ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      __________________________
     |___|__|          |    /                  ,;,;:.:,;:;:';';'''
     l        |\|\ \   >               ミく二二二〉ミ     ψ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

260 :自治スレでローカルルール検討中:2006/05/25(木) 15:32:51 ID:VDxxALR2
       ___
イヤデスゥゥ!!´;;;γ'⌒゙ヽ、
タスケテデスゥゥ/     ヽ
.く/ '二二ヽ>  ◎   l ))
。(ノノイハ))|l|、。     /,..;               /ヽへ/l、
.从゚`Д´゚゚リ|l|。ヾ、__, /彡・,             〆     >   
⊂;:;⊂・/;;':"γ'⌒;ヽ、`ミ゚;`'.             <レl从^^从`、
;:∵;:・:/,;;;;;;;'/     ヽ;'∵;.‘             <口 _ 口レu/  翠星石を「RozenMaiden」から追放する?
 (( i;;;;;;;;;;i  ◎  ゙i ;;;'                (l^Y ll)
    ヾ;;;;;;;,ヽ、   ノ  ;;               |._ハ_.|
     `ー--=ニ-ー'                   ゝ' ゝ'



       ___
     /;;;γ'⌒゙ヽ、
ブッ・・・・・!!! /     ヽ  ;::・;:
イヤ…デス…  ◎  l ))*;:∵;::
  ;:・;::*:ヾ、     /;:%;:∵;::;            /ヽへ/l、
  ;:∵;从゚'дヾ、__,/彡・;:*;::;:           〆     >
   ゚・/,;;;'γ'⌒;ヽ∞;::;:・;::;;;::'.          <レl从^^从`、
    /,;;;;;;;'/    ブチャブチャッ!!;;'∵;;‘      <口∀口レu/  「この世」との間違いですぅw
 (( i;;;;;;;;;;i  ◎  ゙i;8:・o;:∵;:;;;'          (l^Y ll)
    ヾ;;;;;;;,ヽ、   ノ                  |._ハ_.|
     `ー--=ニ-ー'                   ゝ' ゝ'

261 :花咲か名無しさん:2006/05/27(土) 01:33:07 ID:1+Z/W/OT

                                    ___
                                  く/',二二ヽ>
.                                  |l |ノノ。イハ))  ;*∵,
           うゅ?                  rノl_|(#)々゚ノl| ';∴+
 _,,,...... . . ----------- .....,,,,_                ≦〉#介」(つ≧
/――r''''"~~~「_,.'- ,',i><iヽ ̄~`;、        ガッ ミ⊂二二二〉  ミ
    ;!     ヽi /((ノノリノ))    ':;            /し´
..,,__,;!..........(ニi.,ノレ((ミi!゚ ヮ゚ノミ)).............,)}...,,,_       ///
   /-    ゙゙:,       ,,._      ̄`,;r-、__人///
,   i       :,      (::::)r;:=====i、.,;! )   て
i:!   :       ,:'"三ミ:、   ,','(::):;:;:;:;:;:;:;(::):|`ヽ,  (
|ゞ- ..;,,,,,, ____ _,!:;;r'~`;,:ゞr---ゞ_ニr仮免i=) '⌒´`
!:;;リ  ̄~~~`'''''―' :;|  リ;;;;;!二二..,,,,,,,,:!---',,;:;:;!
'''"          ヾニ"::ノ        `''''''''"

262 :花咲か名無しさん:2006/05/27(土) 01:33:41 ID:1+Z/W/OT
                                        ___   ♪
                                      く/',二二ヽ>
  _∩且つ______ : . ヒューーーン             |l |ノノイハ)) ))
  (_( ・x・)_(      (():∴ .              ((  |l |リ゚ ヮ゚ノl|
    (_ Υσ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : .                  ノl⊂l_介」つ0匚lア ミミ
     |___|__|                              ≦ノ`ヽノヘ≧     ミミ
     l                              ミく二二二〉ミ     ψ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        /
                   / /_
                  /  /
                     /   \__________________________
      死ね        |
  _∩且つ______|
  (_( ・x・)_(      ((|
    (_ Υσ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      __________________________
     |___|__|          |    /                  ,;,;:.:,;:;:';';'''
     l        |\|\ \   >               ミく二二二〉ミ     ψ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

263 :花咲か名無しさん:2006/05/27(土) 01:36:53 ID:1+Z/W/OT
                                     ___
                                 /く/',二二ヽ>
                                /  |l |ノ。ノイハ))  クソミドリ畜産
  一列に並びやがれなのー             /    |l |(* 々゚ノ|   精肉工場
   ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           /______________
      _                          ┠┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
     ,',i><iヽ                    .グヒャッ┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
    /((ノノリノ))                   グヒャッ.\┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
    ((ミi!゚ ヮ゚ノミ))                    .\ ┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
      ()夲!つ                         ┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
   ___ですぅ  ___ですぅ  ___ですぅ  ___ですぅ .__┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
.く/',二二ヽ> く/',二二ヽ> .く/',二二ヽ> く/',二二ヽ> く/',二 ┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
 |l |ノノイハ)) .|l |ノノイハ)) .|l |ノノイハ)) .|l |ノノイハ)) .|l |ノノ┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
. ノl_|リ゚ ヮ゚ノl| ノl_|リ゚ ヮ゚ノl| ノl_|リ゚ ヮ゚ノl| .ノl_|リ゚ ヮ゚ノl| ノl_|リ゚ ┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
≦c(,_uuノ≧≦c(,_uuノ≧≦c(,_uuノ≧≦c(,_uuノ≧≦c(,_u┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
=======================┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
    ((◎))       ((◎))       ((◎))      .┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
=======================┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
     ゴトゴトゴト・・・・・

264 :花咲か名無しさん:2006/05/27(土) 01:37:32 ID:1+Z/W/OT
     | | | ピュー
     ___
   く/二二,'ヽ>
    ((ハイ))|l|  
    从゚ヮ ゚.iリ|lですぅーーーー 
  ≦⊂    ⊃≧
    (    )〇
    ∪"∪"



     .___ 
   く',.・二二ヽ>
  #%∴;.:;'ノイハ))∵デズブフェ!!
  ((;・;(* 々゚'#%・:
   \ ̄ ̄ ̄ ̄/
     \   /
 ̄ ̄ ̄[[|‖|]] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    □ ガタガタガタ・・・
    □□□□
.      ∞∞∞            ___
 ̄ ̄ ̄‖  ‖ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .| | ̄ウィィィン
     \ /               .| |
.       |.|     /        /  | |
 ビチャ  :;.;    /        ./  ..| | パクン
  ビチャ;:*;.:.__/ .______/ __[_]__
   |く/',二二ヽ>.| |く/',二二ヽ> | |く/',二二ヽ> |
   | |l |ノ。ノイハ))| | |l |ノ。ノイハ))| | |l |ノ。ノイハ))|
   | |l |(* 々゚ノl| | | |l |(* 々゚ノl| | | |l |(* 々゚ノl| |
》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》 》
 ◎   ◎   ◎   ◎   ◎   ◎   ◎
巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛 巛

265 :花咲か名無しさん:2006/05/27(土) 01:38:10 ID:1+Z/W/OT
                      _______________
                     .|く/',二二ヽ>|く/',二二ヽ>.|く/',二二ヽ>.|
                     .||l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))|
      / ̄ ̄ ̄ ̄┏━/ ̄ ̄ ̄||||l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| |
     / .⊂且∩  i┸i///,' ̄ `ヘ.|||く/',二二ヽ>|く/',二二ヽ>.|く/',二二ヽ>.|
    _./_ (・x・ ) | ::|/レ θ。θ',|||||l |ノ。ノイハ))|.|l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))|
   |/,,,,,, つ⌒⊂ヽL:::」  ゝウ < ||||l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| |
  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//|_/ ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |~ ゜ ̄゜ ̄ ̄ ̄~~| ̄ ̄   =。||  クソミドリ畜産株式会社........................|
  |______: |,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,||,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,[|
 ._|]0::∴:::0::[二二il:]    ,-―-、 ,,||                      .[|
 |====== ;...........|  //  ̄ヽ|~~||.          /,  ̄ヽ |       {|
 ヽニ[_]ヾニニヽ''''''| ―|. (※)|':''''||.'''''''''''''''''''''''''''''''''''''|.(※)|:|'''''''''''''''''''''''''''/
     ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ゞゝ三ノ ̄ ̄ ̄ ゞゝ_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

266 :花咲か名無しさん:2006/05/27(土) 01:39:29 ID:1+Z/W/OT
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| いらっしゃいかしらー  |
\             /
.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
              /⌒⌒ヽ
             //ゞ\※             ________
             §!゚ ヮ゚ノ§            ‖ く/',二二ヽ> .‖
            ⊂ミ[{.∞}]ミ⊃           .‖ |l |ノ。ノイハ)).‖
 _____________________.‖ |l |(* 々゚ノ| ‖
 |く/',二二ヽ>.|く/',二二ヽ> |く/',二二ヽ> |く/',二二ヽ>‖  う     ‖
 | |l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))| |l |ノ。ノイハ))‖   ま    .‖
 | |l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl| | |l |(* 々゚ノl|‖    い   . ‖
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.‖     よ  .‖
 |            ○カナ精肉店            .‖_____ .‖
 |____________________.‖        ‖

267 :花咲か名無しさん:2006/05/31(水) 11:35:50 ID:DAbqL72C
クソ翠星石が大好きなおまえたちの見ている目の前で
クソ翠星石をキクイムシの幼虫で満たしたドラム缶に
素っ裸後ろ手錠状態で叩き込んでやる。

無数の幼虫にたかられ、生きながら喰われるクソ翠星石のおぞましい姿。
体中数ミリ程度の小さな穴だらけとなり、それでも死ぬ事さえ許されず
「なにしやがるです、はやく助けやがれですぅ」と
間違った主張を繰り返すクソ翠星石の強情で醜い腐り果てた性根。

そのクソ翠星石の哀れな姿を他山の石として、己の誤った価値観を矯正するがよい。

268 :花咲か名無しさん:2006/05/31(水) 11:36:24 ID:DAbqL72C
クソ翠星石の尻にタバスコ浣腸してやりたい。

あ? ドールだから肛門はないってか。
じゃあ作ってあげよう。ジュンの見ている目の前で。
泣き叫んで暴れるクソ翠星石を無理やり押さえつけて、
錐を使ってゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくり時間をかけてな(キャハハハハ


269 :花咲か名無しさん:2006/05/31(水) 11:37:24 ID:DAbqL72C
「帰ったですか、チビ人間」とかいってふざけているクソ翠星石の片足を掴んで
全力で地面に叩き付けてやりたい。
首も手足も胴体もバ〜ラバラ。転がった首がオギャーオギャー泣き叫ぶ。
やかましいから髪の毛わしづかみにして、もう一度コンクリートの地面へ。
今度は頭も粉砕され、目玉がコロコロ転がっていく。血の涙を流しながら(プゲラ

270 :花咲か名無しさん:2006/05/31(水) 11:38:32 ID:DAbqL72C
動かなくなったクソ翠星石を万一に備えて道路工事用のロードローラーで
轢き潰した上で、ガソリンぶっかけて焼き払ってしまいたい。

271 :花咲か名無しさん:2006/05/31(水) 11:39:17 ID:DAbqL72C
翠星石ってさあ、ヒエロニムス・ボッスの地獄絵も円山応挙の幽霊画も泣いて
逃げ出す位醜悪なキャラだよな。
なんでオグリッシュのサイトに翠星石の画像が見当たらないんだ?

272 :花咲か名無しさん:2006/05/31(水) 11:40:18 ID:DAbqL72C
ジュンとのりの見ている目の前で、
大型の剣山を置いた幼稚園児用の椅子に、泣いてあばれるクソ翠星石を無理やり座らせる。
肩から加重をかけて、剣山の針が尻に充分刺さるよう調節。
被検体のサルに使用する実験用器具でクソ翠星石が微動だにせぬよう固定。
特殊工業用鋼鉄製やすりを用いて、クソ翠星石の頭部を斜め45度から研磨してやる。
1ミリたりとも動けぬ状態のままで、かような痛苦を与えられているにも拘らず、
「いたいですぅ〜」、「たすけやがれですぅ〜」、「チビ人間、はやくしやがれです!」
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ翠星石。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ翠星石の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ翠星石の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ翠星石の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
それどころか、「ばかやろうですぅ〜」、「翠星石はおまえをゆるさないです!」と己の罪業を罰し、
罪を軽減してくれた恩人を面罵する始末。

ジュンとのりに向かってトコトコよろめきながら走り寄る頭部半月形クソ翠星石。
腰を抜かしてガタガタ震える以外為す術のないジュン。
背中に隠した鞄に全神経を集中して待ち構えるのり。
クソ翠星石の余りの強情さを目の当たりにして、優しいのりでさえついに決断したのだ。
「これ、いらない」と。


273 :花咲か名無しさん:2006/05/31(水) 11:41:31 ID:DAbqL72C
翠星石の鞄を粉々に叩き壊してやりたい。
翠星石の分際で何で一人前に鞄で寝るんだよ?
生意気なんだよ。
便所の床に転がって寝くさるのが一番のお似合い。

鞄を失って安眠できなくなった翠星石。
睡眠障害から統合失調症(精神分裂病)を引き起こし、半狂乱になって
中央線快速に飛び込んでバラバラに粉砕されてしまえ。
頭部を車輪に轢き潰されて 眼 球 突 出 を起こした翠星石タン。
あ ご も 外 れ て ブ ラ ブ ラ している翠星石タン。
それでも死ねずに「いたいですぅ〜」、「ジュン助けやがれです!」
「のり〜 」と泣きわめき続ける翠星石タン。オメガカワイイ(ゲラゲラ

274 :花咲か名無しさん:2006/06/03(土) 22:46:06 ID:K9joT878
煙草をジュウッと押しつけたい。翠星石を灰皿人形にしてやるのだ。
最初は腕だ。翠星石の白い肌を焦がし、真っ黒に染めあげる。
足も忘れてはならない。はじめは末端から、じっくりと焼いてやり、いたぶっていく。
この時点で翠星石の手足は、炭化し二度と使いものにならないだろう。
しかし、まだ殺しはしない。胴体にグリグリと押し込むように煙草を擦りつける。
煙草とはいえ、高温だ。実際に押し込めるかもしれないな。翠星石の腹を焼くなんて興奮するじゃないか。
さぁ、次はいよいよ顔だ、恐怖に泣きわめく翠星石。ゾクゾクする。
より熱いよう、より痛いよう、ゆっくりゆっくり丹念に焼いていく。
翠星石の美しい顔に化粧をするのだ、炎と灰の化粧を。

締めは、ボロボロに炭化した唇に優しく口づけだ。
「綺麗だよ、翠星石」

275 :花咲か名無しさん:2006/06/03(土) 22:46:47 ID:K9joT878
俺がジュンだったら
まずホームレスの集団の中にに翠星石を放り込んで輪姦させて、ぼろぼろになったところを
棒キレからなんかで殴打して四肢を骨折、全身打撲、裂傷させる、そして翠星石の白い綺麗な肌に
直接フックを貫通させて吊り下げ長時間放置、いい加減死にそうになった所で優しく介抱してあげる。
翠星石が自分だけに心を開くようになった時に強姦して、四肢切断するね。

276 :花咲か名無しさん:2006/06/03(土) 22:47:52 ID:K9joT878
翠星石の為にエサを用意。
花丸ハンバーグ一個。オレンジジュース(無果汁)2リットル。
ミキサーで混ぜ合わせれば出来上がり。
これを医療用のチューブで鼻の穴から強制給餌。

おいしかった?
あれ、なに怒ってるの?翠星石にくせに。
花丸ハンバーグとジュースを一緒に食べられて楽だったでしょ?
かなえてあげたんだよ。感謝してくれないと困るな。

(´-`).。oO(なんて下品で貧乏臭い夢なんだ……)

277 :花咲か名無しさん:2006/06/03(土) 22:48:29 ID:K9joT878
翠星石はだっこしてなでなでが正しい使用法。
なぜなら、四肢を切断されて虐待を受け続けた為に
他人に依存しなければ生きられない体になってしまったから。
もちろん、気が向いたらプールに投げ込んで肩や腰をくねらせて
必死にもがく翠星石や、壊れた膣を更に犯して泣きじゃくる翠星石を
楽しむのも有り。

278 :花咲か名無しさん:2006/06/03(土) 22:49:31 ID:K9joT878
しょうがない、こんなにみんなから嫌われているんだから
翠星石はひざとひじの先から切断の上、
切断部を木製バットで思いっきりブッたたきの刑。

279 :花咲か名無しさん:2006/06/03(土) 22:51:23 ID:K9joT878
俺は朝起きるとトイレに直行し、便座にドカリと座った
小便を出し始めると便座がじたばたと抵抗する
気にせず体勢を変えて大便も済ませた
朝から快便だ

バケツを手に取り水を流し、部屋を出ようとすると
便座がごちゃごちゃ喋りだす
「うえ・・げえっ・・げほっ、げほっ・・・
 ジュン・・・どうして翠星石にこんなことするのですか・・
 蒼星石・・真紅うぅ・・・・助けてですぅ・・・」
体中汚物まみれになってもまだ自分が便器だという自覚が無いのだ

「くそ臭い口で話すなよ。こっちはジャンク同然のお前を
 せっかく便器として再利用してやってるんだぞ。」
「マスター、ご飯ができたから早く来てー」
「今行くよ」

便器をブラシでぶん殴り、リビングへと向かった

「うう・・・蒼星石・・気付いて・・
 助けてですぅ・・・・うっうっ・・」

280 :花咲か名無しさん:2006/06/05(月) 13:05:01 ID:ue5blUSr
( ^ω^)一人で頑張ってるねぇ

281 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/06(火) 16:47:34 ID:l1vruUjN
ヤスヒロはネイルハンマーをふりあげ翠星石を殴打した。
「ぶへっ!な、何をするですヤスヒロ!気でも違ったですか!?翠星石をそんなもので」
ぐしゃっ
その時翠星石の右手がまるでふみつぶされた貝殻のように無残に砕けた。
「いやあ−−っ!手が!翠星石の手があ!ヤスヒロなんてことを、ひっ」
だがヤスヒロはうすら笑いを浮かべるだけで翠星石に耳を傾けようとしない。
それどころか翠星石をつかみあげ台所へと向かっていく。
ボールと泡立て器を蹴散らし、ボールを踏み付けベコベコにするヤスヒロを翠星石は信じられなかった。
どさっ
「んきゃっ」
床に投げ出された翠星石は動転していた。いきなり目の前で行われる惨事。
この凶事をおこした主は今台所で食器棚の扉を引き剥がし、中の食器をひとつひとつ叩き割っていく。
クリスマスやバレンタインデーの時のケーキ皿、翠星石のお気に入りの食器。
とくに紅茶のティーポットと翠星石用のティーカップにいたっては、ネイルハンマーで執拗にテーブルの上で粉々にされていく。
その光景を茫然とみつめながら砕かれた手をかばうように、残った手でおさえる翠星石。
その薬指にはめられた翡翠の指輪に目がとまる。
手の痛みをおさえながら翠星石は指輪の送り主に声をあげる。
「ヤスヒロ!いったいどうしたというのですかぁ!?やめるですぅ!!」
だが、声など聞こえないとでも言うように翠星石に背を向けたままヤスヒロは台所を出て行く。
「いったい何がどうなってるのですぅ...」
翠星石はむごたらしく荒らされた台所を見回す。そして信じられないという表情をする。
この台所はヤスヒロとの生活の拠点と言っても過言ではない大切な場所のはずだ。
今でも目を閉じればこの場所で起こった様々な思い出がよみがえる。
なのに。
「?」
翠星石は何かを感じ取った。
「くん、くんくんくん、何かにおうですぅ。この匂いは...」
と一瞬、翠星石の視界が曇った。
「こ、これはもしかして煙?!こ、焦げくせぇですぅ!外の方から煙がくるですぅ!」
翠星石は台所の勝手口を開けて外に飛び出した。

282 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/06(火) 16:48:10 ID:l1vruUjN
翠星石を裸にひんむいて関節を固定し、股間に水道管を入れ。
小便小僧ならぬ小便翠星石に改造w
たえまなく股間から吹き出す水に翠厨が殺到。

「いやあああっ!やめろですぅ〜!」
って泣き叫ぶ翠星石の股間に直に口をつけてゴクゴク噴水を飲む翠厨w

283 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/09(金) 17:22:04 ID:BVK44WoU
日曜の朝、俺はコーヒーを優雅に楽しんでいた。
すばらしい一日が始まろうとしていた。

「あ〜今日もいい天気ですぅ!!朝ごはんはまだですかぁ?!」
耳障りな高音の声、翠星石だった。
一気に俺のいい気分は冷め、コーヒーはただの苦い液体に変わる。
「またそんなまずい物飲んでるですか!そんなまずい物よりおいしい紅茶を
 飲むのがまっとうな人間ですぅ!!しょーがねーから翠星石が淹れて・・・」

いきなりコーヒーに文句を言い始めた翠に俺の怒りは加速する。
「お前みたいな糞人形にコーヒーの味が分かる分けないだろが!!!!」
まだかなり熱いサーバーのコーヒーを一気に頭からぶちかけた

「ぎゃああああっ!!あ、あついですうう!!!いきなり何てことするですかあ?!」
翠はばたばたともがきながら頭をかきむしる。
「ライダーキック」
さらに顔面に回し蹴りをおみまいすると、小さな前歯が折れ、みっともない顔になった。
「ふが・・・ああ・・翠星石の顔がぁ・・・こんな不恰好になったら・・
 もうジャンクと同じですぅ・・・ぐすっ・・・どうして・・」

284 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/09(金) 17:22:38 ID:BVK44WoU
完璧を求められる人形にとって体の一部でも損なわれる事は死と同義だ。
「もうジャンクと同じと言ったな?今日はちょうど燃えるゴミの日だ、
 お望みどうりジャンクにしてやろう!!」
「なっ?!お前翠星石をこんな風にして責任は感じないのですか?!!」
「ああ、お前をちゃんと捨てなきゃいけない義務感を感じるよ!!」

翠星石に飛び掛ると両足首をつかみ、足を広げた
「ひっ?!な、何をする気ですか!!やめるですお下劣人間!!」
「何勘違いしてやがる、この変態人形がっ」

膝と股関節を思い切り踏みつけ、球体関節を砕く。
感触を人間に近づけているせいかそれは想像以上にもろく、
簡単に翠星石の両足はだらりと外れた。

「ひぎゃあああああああああああ??!!す、翠星石の足が、ああ足が折れてしまった
 ですぅううううううう!!痛っ・・・こ、こんな、ひど過ぎるですぅ・・・」
俺は翠の足から手を放すと、腕も同じように踏みつけ、完全に動けなくした。

「た、助けてですぅ・・・ジャンクにはなりたくないですよぉ・・・
 もう生意気なこと言ったりしませんから・・・」
翠星石は泣きながら許しを求めるが、おれの考えは変わらない

「あ〜しまった・・・でかいゴミは細かくしないと捨てられないのか〜」

285 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/09(金) 17:24:43 ID:BVK44WoU
翠の巣コロリってあるじゃん。
クソ翠の行列にポンと置くと、一瞬ビックリして列が乱れる。
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る。
そのうち好奇心旺盛な一匹が翠の巣コロリに入る。
そいつをマネして何匹も入る。
毒とも知らずにツブツブを運び出す。一匹が一粒づつ。
いつのまにか行列は翠の巣コロリが折り返し地点になる。
黄色い粒とクソ翠が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい。
一匹が一粒づつ、丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ。
せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。
クソ翠って愚か者だなと思う。俺も頑張らなきゃなと思う。
次の日、あれほど沢山いて俺を困らせたクソ翠が一匹もいない。
ほんとにいない。探してもいない。泣きたくなった

286 :花咲か名無しさん:2006/06/11(日) 02:40:30 ID:ZlRqiw05
 小説の文章では無いし、昔のジュニア小説や今のジュニア小説とも違う。
もしかしてTVゲームの文体ってこんな感じ?
 忍耐力が無いのでTVゲームを見た事は有るがやった事は無い。
見た程度の知識では判断がつかない。

287 :花咲か名無しさん:2006/06/12(月) 10:09:34 ID:7/W1OQHq
││┝┥┌──────────────────┴┐
│││┝┥┌──────────────────┴┐
││││┝┥┌──────────────────┴┐
│││││┝┥ゼロッワーン!!!            .exe  .[×] |
┤│││││┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━|\カチ
└┤│││││┌───―┐                    ´||.`| カチ
  └┤│││││  _ _ ∩│  ゼロッワーン!!       .│ カチ
    └┤││││( ゚∀゚)彡...|   ゼロッワーン!!       .│ カチ
      └┤│││   ⊂彡.. |   ゼロッワーン!!       ...|  カチ
        └┤│└────┘  ゼロッワーン!!       .|  カチ
          └┤          [ゼロッワーン!(s)]        .. .|   カチ
            └───────────────────┘

288 :花咲か名無しさん:2006/06/12(月) 12:18:47 ID:nav5NSRD
誰だ、我が師ヤスヒロの名を使った奴は!

289 :花咲か名無しさん:2006/06/12(月) 17:15:00 ID:zjKWECRT
…今日、親父が交通事故にあった。
赤信号で右折してきた乗用車に跳ねられたのだ。
俺は大学で事故の知らせを聞いた後、病院へ急ぐ。
しかし、手術のかいもなく…親父は死んてしまった。俺は無言で帰宅する。
自分の部屋で、壁に寄りかかって座った。何をする気力もなく、ただ時間だけが過ぎていく。
「…人間って儚いですぅ。」
突然、翠星石の声で沈黙がやぶれる。
「…………なんだって?」
俺は奴の言葉にピクリと反応する。
「え、あの…かわいそうですぅ。」
…かわいそう、だと?
あろうことか奴は、俺ををここまで育ててくれた親父の死を『かわいそう』で片付けたのだ。
まるで動物の死を哀れむような眼差しで俺を見ている翠星石が許せなかった。
「ふぅ…。お前もめそめそせずに早く立ち直るですよ。」
そう言うと、翠星石はお茶をすすり始めた。
俺は頭に一気に血がのぼり、翠星石の湯のみを下から叩いた。
「きゃあん!!熱いっ!熱いですぅ!何しやがるですかチビ人間っ!!」
「てめぇ…人の命を何だと思ってんだよ!?」
「だ、だからかわいそ…うぐぅっ!!!!?」
翠星石の腹を思い切り蹴り飛ばす。奴は勢い余ってガラスを突き破り、庭まで飛んでいった。

290 :花咲か名無しさん:2006/06/12(月) 17:15:47 ID:zjKWECRT
「クソ人形め…!」
俺は早足で倉庫に向かい、ロープと杭を持ってくる。
「ゴホッゴホッ…うぅ…痛いですぅ…。」
俺は庭に転がっている翠星石をキリストのように杭に縛り付けると、近くにある交差点の路側帯に突き刺した。
「…な、何しやがるですか!?ほどくですぅ!翠星石が一体何を…ぐぶっ!」
「てめぇには人間の心がないらしい。だから人間の悲しみというものを体で覚えてもらう。」
そう言って家のガレージに向かうと、自慢のフェラーリF430で家を飛び出す。
そのまま翠星石が縛ってある交差点に向かい、赤信号を無視して、極端に歩道寄りに右折した。
奴が何か叫んでいるような気がしたが、俺にはどうでもよかった。
ボンボンボンボンッ!!
そう、むかし猫をひいたときと同じだった。音、ハンドルの感触…すべてが一緒だった。
ただ、唯一無かったのが罪悪感、唯一あったのが快感だ。
車を降りて交差点に戻ると、翠星石が横たわっている。
「う…うぅ…」
関節がおかしな方向に曲がり、全身傷だらけだったが、奴は生きていた。
「…う、腕が…翠星石の…翠星石の体がぁ…」
「ふはは…どうだ?これが親父の痛みだ。分かるか?どうなんだよ!ああん!?」
俺は半ば興奮しながら、翠星石に話しかける。
「……ご…ご、ごめんなさい…ですぅ…。ただ…ただ翠星石は…」
「分かるのか分からないのか聞いているんだよボケがァ!」
「ひぃぃ!…わ、わ、分かるですよ…。でも…仕方がなかっ…グェッ!!!」
俺は翠星石を踏みつける。このゴミ野郎め、機械的に謝るだけで何も分かってねぇ…!!
「…いいか、親父が死んだのが『仕方ない』なら、てめぇがジャンクになるのも『仕方ない』わけだ。」
「じ…ジャンク…!?す、翠星石…が…?」
「さぁて、事故にあったんなら『手術』しかねぇよな。」
俺は翠星石の髪をつかむと、そのまま家の中へ引きずっていった。
「ひ、ひぃ…あ…あぁ……」
翠星石はこの後何が行われるか分からず、ただ震えることしかできなかった。

291 :花咲か名無しさん:2006/06/12(月) 17:16:51 ID:zjKWECRT
俺は翠星石をキッチンまで引きずっていき、まな板の上に寝かせた。
「手術台、スタンバイOK。次は…メスと針だな。」
そう言って棚から出刃包丁とアイスピックを取り出す。
「ひ…!や、やめるですぅ…!!翠星石は…に、ニンジンじゃないですぅ…!!」
必死にもがいて逃げようとするが、車にひかれて関節が壊れたので動けない。
「!!…あうぅ…痛い…!腕が…痛いですぅ…!た、助けるですぅ…人間…。」
こいつめ、自分でもがいたくせに左腕を押さえながら顔をしかめてやがる。呆れたバカだ。
「…しゃあねぇな、助けてやろう。じゃあその痛い左腕とさよならだな!」
そういって俺は包丁を振りかざす。
「ひ、ひいぃぃぃぃ!!!!な、何を…するですかぁ!いやぁ…!や、やめ…」
「黙れ。」
そのまま包丁を奴の左腕に叩き落とす。左腕は回転しながら床に転がった。
「!!!ぎ…いやぁぁぁあぁぁぁあ!!!!!!!」
翠星石は涎と鼻水をたらしながら悲鳴をあげ、切断された傷口を押さえながら悶えている。
「おいおい、傷口を触るとバイ菌が入って化膿しちまうぞ?」
「…ああ…あぁ…ひあ…あはぁ…は……」
俺のボケを完全無視し、翠星石は言葉にならない声をあげながら傷口を押さえ続けている。
…まったくムカツク野郎だ。まともな会話すらできなくなったらしい。俺は再び包丁を手に取る。
「傷口に触らないように、右腕も切断しますね〜。」
俺がそういっても聞こえてないようなので、そのまま右腕も切り落とした。
「!!!ぎ…いやぁぁああぁぁぁああ!!!!!!!!!」
「なんだ、左腕の時と反応一緒かよ。つまんねぇな。」
そうつぶやきながらも、俺は内心楽しかった。

292 :花咲か名無しさん:2006/06/12(月) 17:17:23 ID:zjKWECRT
こいつが苦しめば苦しむほど、死んだ親父が報われるような気がしたのだ。
そして何より、痛めつければ痛めつけるほど、俺の悲しみが快感に変わっていくのが実感できた。
俺は冷蔵庫から水を持ってくると、まな板の上で痙攣している翠星石の顔にぶっかけた。
「!!ゲホッゲホッ!!ガ…はぁ…はぁ…。……う…うぅ…手…が……。」
やっと正気に戻りやがった。どうやらまだ言葉は話せるらしい。
「おいクソ人形!気分はどうだ?次は何してほしい?ん?順序よく足いくか、足?」
「…ぐすん…もぅ…ゆ…許して…ですぅ………。」
「ああん?許して『ください』だ!豚がァ!」
「あひぃ…!…ゆ…ゆるじて…ぐださぃ………ですぅ…」
「『ですぅ』じゃねぇよクソッタレが!」
俺はアイスピックで翠星石の胸を貫いた。体は意外と柔らかく、簡単に貫通した。
「アアアァァァッ!!い、痛い痛い痛い痛い!!!!ぎ…ぃ…いだぃですぅ…!」
あまり痛くなさそうな声をあげたので俺はますます頭にきた。
「いいかクソ人形め!よく聞け!もはや貴様の存在価値は俺を楽しませることだけなんだよォ!!」
「だが俺は今ムカついてるんだ。…分かるか?えぇ?つまりお前の存在価値は無ェってことなんだよっ!!!」
「だから早く死ねよ、死ね!死ね死ね死ね死ね死ねーッ!!!!アヒャヒャヒャーッ!!!」
ブチキレた俺は泣き叫ぶ翠星石の口を押さえると、アイスピックで体をメッタ刺しにする。
「…はぁ…はぁ…ふぅ。糞が…俺をナメやがって…。」
体中がハチの巣のように穴だらけになった翠星石はぐったりと横たわっていた。
「ん…死んだか?よし…ならば次は『火葬』か…。」
俺は動かなくなった翠星石を再び外へ引きずっていった。

293 :花咲か名無しさん:2006/06/12(月) 17:19:02 ID:zjKWECRT

俺は翠星石を裏庭に置いて、倉庫からガソリン缶を持ってきた。
目を閉じて動かない翠星石にぶっかけてやった。
「!!!ひぎゅッ!?…ゲホッ!…う…ううっ…」
こいつ、死んだと思ったら生きてやがったらしい。ゴキブリ以上にしぶとい輩だ。
「ぐすっ…ごれは…なんでずかぁ…?ぐすん……。く…臭い…ですぅ…。」
「ああ、気を失ってたみたいだから…気付け薬をかけてやったんだ。…大丈夫か?」
俺はもはや相手をするのも面倒になって、テキトーに嘘をついて流した。
「…ぇ…?う…うぅ…。ぐすっ……ありがと…ですぅ…。」
だが、なんとこのバカときたら素直に信じやがったのだ。まったく、バカにも程があるぜ…。
まぁ、そろそろ痛めつけるのも飽きてきたし、許すのも癪なのでこのまま燃やすことにしよう。
「じゃあ仲直りのプレゼントだ。あばよ!」
そう言ってて、吸っていたタバコを翠星石めがけてピンと弾いた。
「……ぇ…に、人間…?」
翠星石にタバコが当たったとたん、服に染み込んだガソリンに引火した。

294 :花咲か名無しさん:2006/06/12(月) 17:19:47 ID:zjKWECRT
「!!!?こ、これはっ!?ギ…あ、あづい!あづいですぅっ!!ヒ…ひぎゃあああああああ!!!!」
翠星石は何が起こったのかも分からずに、熱さのあまり悲鳴をあげる。
「言い忘れたかしらー、それガソリンかしらー。ヘッヘッヘ。」
「ヒィィ…アギィ!!!イギャアアアアア!!!!!!」
俺の言葉が届いてるかどうか知らんが、足の関節が折れているので奴は転がりまわるだけだった。
以前自分が大切に育てていた鉢植えを破壊しながらのた打ち回る様には、もはや笑うしかなかった。
「アギャアアアア!!!ギイイイイイイイ!!!!」
数分後、暴れまわった火達磨もやがて大人しくなり、ピクリとも動かなくなった。
俺はキッチンに転がっていた奴の両手もその火の中に入れる。
「ふ、ふはは……フハハハハハハハ!!!!ハーッハハッハッハッハッハッハ!!!!!」
燃え尽きていく翠星石の亡骸を見つめながら、俺は大声で笑いまくる。
これで、親父を失った悲しみも完全に吹き飛んでしまったのだ。
「フフフ…エイメン!」
黒く残った燃えカスを踏みつけながら、俺は笑いながら親父の冥福を祈ったのであった。
今、親父の仏壇に灯っているろうそくの炎も、この時の炎を引き継いだものである。


Fin

295 :花咲か名無しさん:2006/06/12(月) 17:55:44 ID:G+ms5ycQ
庭であじさい植えてたら、真紅が遊びに来た。
真紅「何をしているの、あなたたち」
俺「え?あ、いらっしゃい」
翠星石「いらっしゃいです真紅ぅ。今この殺風景な庭にあじさい植えてるですよー。
     ちょっと時間かかるかもですぅ」
真紅「あじさい?まったく、せっかく来てあげたというのに、客人にお茶の一つも出さないなんて…」
俺「ごめんねー。て言うかちょっと手伝ってくれない?数が多いから結構大変で…」
真紅「嫌よ。服が泥で汚れてしまうもの。それに、私は入らない方が良いでしょう。
    そういうことは2人だけでなさいな。早く終わらせてちゃんとお茶を淹れるのよ、ヤスヒロ」
俺「早く終わらせて欲しいなら手伝ってくれても良いのに…」
翠星石「ヤスヒロー、こっち手伝いやがれですー」
俺「ああはいはい」

俺「やっと終わったよ。はい、お茶」
真紅「ありがとう、遅かったわね。それにしても突然あじさいを植えるだなんて。翠星石の発案かしら?」
翠星石「そうですぅ。もうすぐジトジトジメジメの季節ですからね。綺麗なあじさいでも見てないと落ち着いてられないですぅ」
真紅「そうね。これからの季節、毎日のように雨が降ると外に出るのも億劫になってしまうし、
    そういう時には、雨に映えるあじさいを見ながらゆっくりとお茶をいただくというのもいいかもしれないわね」
俺「(翠星石がいるとそんな優雅にしてられない気もするけど)」
真紅「それにあじさいは翠星石にぴったりの花かもしれないわね」
翠星石「へ?どういうことですか?」
真紅「ヤスヒロ、あじさいの花言葉を知っているかしら?」
俺「え?えーと、小学生の時に調べたなあ。確か…『移り気』…だったかなぁ。
  確かに気分屋の翠星石っぽいっちゃあぽいけど」
翠星石「な、なんだか、微妙すぎて返す言葉もないですぅ」

296 :花咲か名無しさん:2006/06/12(月) 17:56:49 ID:G+ms5ycQ
真紅「確かに、日本の花言葉ではそうなっているわね。
    けれどフランスの花言葉では『元気な女性』、『忍耐強い愛情』となっているのだわ。
    どちらもあなたにぴったりね、翠星石」
翠星石「し、真紅ったら突然何言い出すですか。
     た、確かに元気で可憐で上品でおしとやかで水も滴るお人形ではあるですけどぉ」
俺「なんか言ってることめちゃくちゃだな。それにしても元気な女性はともかく、忍耐強い愛情ねぇ…」
翠星石「え?な、なに見てやがるですか、ヤスヒロ」
俺「いや、愛情とはいかなくても、もうちょっと優しく接してくれないもんかなあと思って…」
翠星石「は、はあああああ!!?お、お前これ以上何を望みやがるですか!
     お前にくれてやる愛情なんてこれっぽっちも持ち合わせちゃいねーです!お調子に乗りやがるなですぅ!」
俺「わ、わかったからそんな怒るなよ」
真紅「この調子だと、当分耐え忍ぶ時が続きそうね、翠星石」

だって。
確かに雨が降るとすることも減っちゃうし、そのときにあじさい眺めるなんてのも良いかもしれないね。
うちの場合は雨が降っても賑やかそうだけど…。
でも、翠星石といれば、少なくとも梅雨で気分までジメジメすることはないかもね!俺は幸せ者だなあ!

297 :花咲か名無しさん:2006/06/13(火) 00:11:39 ID:z1w+MmgI
「…ほら、起きなさい。朝なのだわ!」
俺は真紅の声で目を覚ますと、カーテンを開けた。ほほぅ、久しぶりの快晴だ。
「うーん…今日は日曜か…。大学も休みだなー。」
「もぅ、だからってダラダラしすぎよ。シャキっとして頂戴。」
「へいへい…。」
もう少し寝たかったが、たまには早起きもいいだろう。俺はベッドから起き上がる。
リビングへ行くと、愛犬のアンディが牛乳ビンをくわえて走り寄ってきた。
「おう、ありがとよ。」
「ふふふ、おりこうね。アンディはとっても賢いのだわ。」
俺は真紅と一緒に朝食をとりながら、キッチンで皿を洗っている翠星石に尋ねた。
「おーい、アンディの朝飯はどうした?」
「…うるせーですね。もうあげたですぅ。文句あるですかぁ?」
俺は返事をせずに、真紅と話を始める。まぁ、いつものことだ。翠星石と口ゲンカになるとなかなか終わらない。
奴は何故か時々嬉しそうな顔をするのだが……こっちはたまったもんじゃない。無視するのが王道だ。
「……」
翠星石は黙って皿洗いを続ける。最近は翠の奴もずいぶん大人しくなったので、家はだいぶ落ち着いた。
俺は部屋に戻って服を着替ると、広告の束を見る。ふむふむ、街に新しいショッピングモールができたらしい。
どうせ今日はヒマなので、街に出かけることにしよう。たまには豪華な昼飯もいいしな。
「さぁて、せっかく早起きしたことだし、今日は街にでも行ってみるか!」
「遊びに行くのね?当然、私も連れて行くのよ。」
「まったく…もうこの前みたいに使いすぎるなよ。」
そう言いながら、俺は預金通帳とプラチナカードを真紅に見せびらかして玄関へ向かう。

298 :花咲か名無しさん:2006/06/13(火) 00:12:28 ID:z1w+MmgI
「…あ…あのっ、す、翠星石も…」
俺たちが玄関を出ようとすると、翠星石がキッチンから出てきた。そうだ、一応確認しておくか。
「アンディの昼飯忘れんなよ。あとお前のは棚にカップラーメンあるからな。勝手に食えよー。」
「…ぇ…あ………わ、分かってるですぅ!…気をつけて…行ってくるですよ…。」
まぁ、翠の奴は留守番には慣れてるから大丈夫だろう。アンディも翠に任せておけばとりあえず安心だ。
「アンディ。俺たちはちょっと出かけてくるから、いい子にしてるんだぞー。」
「じゃあ頼んだわよ、翠星石。」
そう言うと、俺と真紅はフェラーリに乗り込む。紅いフェラーリの助手席に真紅とは、これまた味があるもんだ。
まぶしい朝日に照らされながら、俺たちは町へと繰り出していった。
――昼になり、家には正午を知らせる時報が鳴り響いていた。
「えへへ…な、なんで翠星石に留守番させやがるのですぅ。チビ人間はホントにバカですぅ…。」
「………さぁ…アンディ、ご飯ですぅ…。…す、翠星石の分まで…いっぱい…食べるですよ…。」
翠星石はアンディにたっぷりとドッグフードを与えると、一人でカップラーメンを食べ始める。
「…え、えへっ……お、おいしい…ですぅ…。」
「…………ぐすっ…。…う…うぅ……。」
ラーメンを食べながら翠星石は泣き出した。涙がカップの中に滴り落ちる。
「真紅ぅ…。チビ人間と…お出かけ…楽しむですよ…。……ぐすん…。す、す、翠星石は…お…お出かけ……ぐすっ…。」
――ガラガラガラガラガラーッ!!!
そのとき突然、玄関が開く音がした。時計は12時15分をさしている。
「…え?……に、人間…?もう…帰ってきたですか…?………!!…え…あ、あぁ…!!!!」
翠星石が玄関を覗き込むと、そこには覆面をした2人組の男たちが立っていた。
「…ん?何だこの人形、しゃべりやがったぞ。…セキュリティロボットか。おい、どうする?」
「さっさと破壊しろ。」
いきなり、男の一人が震える翠星石に近寄ってくる。
「ひぃっ…!いやぁ…。だ、誰か…誰か助けるですぅ…。」

299 :花咲か名無しさん:2006/06/13(火) 00:13:51 ID:z1w+MmgI
「ワンッ!ワンッ!ワンッ!」
その時、アンディが男に飛びかかり、腕に噛み付いた。
「ぎゃー!!!いててててっ!!!」
しかし、それを見たもう一人の男は、キッチンからフルーツナイフを持ち出すとアンディを斬りつけた。
「ギャインッ!!!」
「い…いやぁ!」
アンディは床に崩れ落ち、返り血が翠星石にかかる。
「…チッ……こ、このクソ犬め…!」
「アンディ!アンディ!し、しっかりするですぅ!」
アンディの背中にはナイフが突き刺さり、力なくもがいていた。
男は他の部屋を物色しにいった。そして、もう一人が翠星石の前に立ちはだかる。
「次はコレの番だな。」
そう言うと同時に、男は翠星石の腹を蹴り上げる。
「ぶへぇっ!!」
翠星石は放物線を描きながら食器棚に激突する。衝撃で皿が何枚も落ちて割れた。
「クックック。犬ならともかく、人形なんかに驚いて逃げる泥棒なんていねぇよな。」
「ひぎゃあっ!!」
男は先ほどよりもさらに強い力で翠星石を蹴り飛ばした。今度は本棚に激突する。
「…ぁっ…ぎ……い、痛い…ですぅ…。」
何とか起き上がったものの、右腕に激痛がはしる。右腕は折れてだらりと垂れ下がっていた。
間髪いれず、男は翠星石を蹴り倒し、空き缶を潰すように何度も踏みつけた。
「…いぎぃっ!…あがぁっ!…うぐぅっ!……」
「…………うぅ……たすげて…だすげで…ですぅ…!」
翠星石は無駄だと思いながらも、必死で床を這って逃げようとする。

300 :花咲か名無しさん:2006/06/13(火) 00:14:46 ID:z1w+MmgI
「うわっ!すげー丈夫じゃん。やっぱ中の機械を直接ぶっ壊さねぇとダメか。」
そう言うと、男はポットのフタを外して熱湯を翠星石にぶっかけた。
「いぎゃああぁぁぁ!!!あづい!あづいですぅ!ああああああ!!!!」
翠星石は熱さのあまりのた打ち回る。そのうち、もう一人の男が戻ってきた。
「おいダメだ。財布も通帳もカードもねぇ。失敗だ。ずらかるぞ。」
「ああ、でもこのロボットなかなか壊れねぇんだよ。防水仕様らしくて水も効かねぇ。」
「…馬鹿か。電化製品の壊し方なんか、これしかねぇだろ。」
すると、片方の男は懐からスタンガンを取り出すと、翠星石に押し付けた。
「あぎゃあっ!!あぇえぇぇぇぇえぇぇぇぇぇぇ!!!!!」
翠星石は気を失って動かなくなった。
「…やっと壊れやがったか…。いくら丈夫でも防犯用品としちゃ失格だな。」
そう言い残して、男たちは足早に退散していった。
――時刻は2時を過ぎていた。
「今日のお食事、とてもおいしかったのだわ。また連れて行って頂戴。」
「……つーか、ドッグフード買いすぎだろ…。」
そんな話をしながら、俺と真紅は家に帰ってきた。
「アンディ、お土産だぞー!」
そう言いながらリビングに入ると、俺たちは血を流しながらこちらを見つめるアンディを見つけた。
「…お…おぃ…!アンディ!アンディ!どうしたんだ!一体何が!?」
「…た、大変なのだわ!早く病院に連れて行くのだわ!!」
俺はアンディに刺さったナイフを抜いて、真紅と一緒に動物病院へ急いだ。

301 :花咲か名無しさん:2006/06/13(火) 00:17:39 ID:z1w+MmgI
アンディは何とか助かった。傷は深かったが背中だったのが幸いだったようだ。
しばらくは入院らしいので、俺と真紅は病院を後にして家に帰った。
俺は怒りで言葉も出ず、リビングの中を行ったり来たりする。真紅も黙ったまま椅子に座っていた。
「………あのっ…人間…?」
俺はその声で振り返ると、そこには、血まみれの服を着た翠星石が右腕を押さえながら立っていた。
その姿を見たとたん、俺の中の怒りが殺意へと変わっていった。
「……あの…これはっ…。す、翠星石はっ…」
「……」
俺は無言で奴に近づくと、そばに落ちていた空のポットで殴りつけた。
「きゃあん!」
「…最近おとなしくなったと思ったら…やっぱりこういうことだったのかっ!このクソ人形がァ!!」
「…うぅ…ち、違うですぅ…!これはっ…す、翠星せ…ぐべえっ!!!!」
俺がさらに蹴りを加えると、翠星石は真紅が座っている椅子の近くまで転がっていった。
翠星石は、椅子から降りて立っている真紅を見上げる。
「…ぁうぅ……し、真紅ぅ…。し…し、信じるですぅ…。…翠星石は…アンディ……」
「……翠星石…!あなただけは…絶対に…絶対に許さないわ!」
そう言うと、真紅はステッキで翠星石の脇腹を強打した。
『ビキィッ!』という何かが割れる音が部屋に鳴り響く。
「あぎゃあああああああっ!!!!!!!!」
翠星石は砕けた脇腹を押さえ、悲鳴を上げながら苦しみもがく。
さらに真紅は、脇腹を押さえている翠星石の左腕をステッキで叩き落とした。
「ああぁぁぁあぁぁあぁぁ!!!!!!!!」
腕が無くなったのが分かっていないのか、悲鳴は先ほどと変わらない。
泥棒の男に右腕も折られているので、蛆虫のようにごろごろと転がっている。
「…アンディの痛みはこんなものじゃないわ…。この外道っ!悪魔っ…!」
そう言うと、真紅は床に転がる翠星石の髪をつかみ、俺のところまで引きずってきた。
「この醜い人形は私の姉妹でも何でもないのだわ。早くジャンクにしてやって頂戴。」

302 :花咲か名無しさん:2006/06/13(火) 00:19:25 ID:z1w+MmgI
「…ああ。」
俺は翠星石の足をつかむと、ムチのように何度も石柱に叩きつけた。
「ギギャッ!!ヒギイッ!!!」
奴は動物の叫び声ような声をあげる。ぶつけられるたびに体のパーツが壊れて飛び散った。
何十回叩きつけただろうか。奴の折れた右腕は完全にもげ、首が折れて頭が垂れ下がっていた。
鼻や頬は陥没し、前歯が全て折れている。以前のような面影はもはや無かった。
「はぁ…はぁ…。ヘッ、見苦しい姿だな。廃人ドールが。だがこれで済むと思うなよ…。」
俺はアンディに刺さっていたナイフを持ってくると、奴の背中に突き刺した。
「…えぅぅ…」
もう泣き叫ぶ気力もないのか、翠星石は力なくうめき声をあげた。
「ああん?なんだよ痛くねぇのか!?…ふざけやがって。これならどうだ!!」
俺はナイフをさらに深く刺し、グリグリと左右にひねる。
「い…あ、あぁ…ああ……」
奴は体を動かしながらうめくだけで何も抵抗してこない。つまんねぇな。相変わらずムカツク野郎だ。
もうこんなゴミの相手をするのもバカバカしくなってきたので、とっとと処分することにしよう。
廃棄方法は……まぁ、燃やすしかないな。

303 :花咲か名無しさん:2006/06/13(火) 00:20:14 ID:z1w+MmgI
俺は庭にバーベキューコンロを用意すると、真紅に話しかける。
「なぁ真紅〜!今日の夕飯は庭でバーベキューといこうぜぃ!」
「あら、今日はやけに気が利くのね。」
真紅が冷蔵庫から食料を持ってくる間に、俺は火の準備をする。
翠星石を木炭と一緒にコンロにぶち込み、火をつけた。
鉄板をのせ、熱くなるのを待つ。コンロがガタガタ揺れているが、どうでもいいか。
「お肉と野菜も用意できたわ。ふふふ、早く食べましょう♪」
「おぅ。まずはこの特上和牛ロースからいくぜ!」
さっきまで暴れていたコンロも完全に動かなくなったので、俺たちは肉を焼き始める。
「今日は火力が強くて快適なのだわ。…ちょっと、私の分も焼きなさいよ!」
熱い鉄板の上で、霜降りの和牛ロースはすぐに焼けた。奴も最期だけは役に立ったようだ。
…うむ、うまい。やはり天気がいい日の夕食はバーベキューに限るぜ。
「アンディ、早く退院できるといいのだわ。」
「そうだな〜。」
…こうして、俺と真紅は久しぶりのバーベキューをじっくりと楽しんだのであった。


Fin

304 :花咲か名無しさん:2006/06/13(火) 20:10:53 ID:ZVUx+Np9
││┝┥┌──────────────────┴┐
│││┝┥┌──────────────────┴┐
││││┝┥┌──────────────────┴┐
│││││┝┥ゼロッワーン!!!            .exe  .[×] |
┤│││││┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━|\カチ
└┤│││││┌───―┐                    ´||.`| カチ
  └┤│││││  _ _ ∩│  ゼロッワーン!!       .│ カチ
    └┤││││( ゚∀゚)彡...|   ゼロッワーン!!       .│ カチ
      └┤│││   ⊂彡.. |   ゼロッワーン!!       ...|  カチ
        └┤│└────┘  ゼロッワーン!!       .|  カチ
          └┤          [ゼロッワーン!(s)]        .. .|   カチ
            └───────────────────┘

305 :花咲か名無しさん:2006/06/13(火) 21:17:23 ID:z1w+MmgI
                                     ___
                                 /く/',二二ヽ>
                                /  |l |ノ。ノイハ))  クソミドリ畜産
  出来損ないに用はないの〜           /   .ノl_|(* 々゚ノ|   処理工場
   ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           /______________
      _                          ┠┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
     ,',i><iヽ                    .グヒャッ┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
    /((ノノリノ))                   グヒャッ.\┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
    ((ミi!゚ ヮ゚ノミ))                    .\ ┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
      ()夲!つ                         ┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
   ___でスぅ  ___デすぅ  ___でスぅ  ___デすぅ  __┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
.く/',二二ヽ> く/',二二ヽ> .く/',二二ヽ> く/',二二ヽ> .く/',二 ┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
 |l |ノノイハ)) |l |ノノイハ))  |l |ノノイハ))  |l |ノノイハ))  |l |ノノ┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
. ノl_|リ゚々。ノ| ノl_|リ゚々。ノ|  ノl_|リ゚々。ノ| .ノl_|リ゚々。ノ|  ノl_|リ゚ ┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
≦c(,_uuノ≧≦c(,_uuノ≧≦c(,_uuノ≧≦c(,_uuノ≧≦c(,_u┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
=======================┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
    ((◎))       ((◎))       ((◎))      .┣┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴
=======================┣┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬
     ゴトゴトゴト・・・・・

306 :花咲か名無しさん:2006/06/13(火) 21:18:05 ID:z1w+MmgI
      |___|                      ___
      ||_でスぅ  ___デすぅ  ___でスぅ ___デっγ'⌒゙ヽ、
      || 二ヽ>.| .く/',二二ヽ> く/',二二ヽ> く/',二二,・/      ヽ
      ||ノイハ))|  |l |ノノイハ)) .|l |ノノイハ)) |l |ノノ・:‘;゚;・ ◎   l ))  ウイン
      ||゚々。ノ|.| ノl_|リ゚々。ノ|  ノl_|リ゚々。ノ| ノl_|リ゚'々;;;);'、    /,.;     ウイン
      ||uuノ≧|≦c(,_uuノ≧≦c(,_uuノ≧≦c(,_u∴ '~;ヾ、__, /彡・,
      ||◎)三) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○)゚・/;;'"γ'⌒;ヽ、`ミ゚;`'.
          ̄ ̄ ̄| ̄| ̄| ̄ ̄ ̄.| ̄| ̄| ̄ /,;;;;;;;'/     ヽ;'∵‘
              |\| ̄|ウイン  |\| ̄|(( i;;;;;;;;;;i  ◎  ゙i ;'
             |\| ̄| ウイン |\| ̄|   ヾ;;;;;;;,ヽ、   ノ  λ
             .\| ̄|     \| ̄|    `ー--=ニ-ー'    ∵ ∞w(;';;∵8‥゙;;;),,,....
                 ̄        ̄            ∵ (;';;∞∵‥゙;λ;;),,,....  ∵ (;';;∵λ‥゙;;;),,,....

307 :花咲か名無しさん:2006/06/14(水) 19:05:33 ID:4HP3Ft30
││┝┥┌──────────────────┴┐
│││┝┥┌──────────────────┴┐
││││┝┥┌──────────────────┴┐
│││││┝┥ゼロッワーン!!!            .exe  .[×] |
┤│││││┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━|\カチ
└┤│││││┌───―┐                    ´||.`| カチ
  └┤│││││  _ _ ∩│  ゼロッワーン!!       .│ カチ
    └┤││││( ゚∀゚)彡...|   ゼロッワーン!!       .│ カチ
      └┤│││   ⊂彡.. |   ゼロッワーン!!       ...|  カチ
        └┤│└────┘  ゼロッワーン!!       .|  カチ
          └┤          [ゼロッワーン!(s)]        .. .|   カチ
            └───────────────────┘

308 :花咲か名無しさん:2006/06/14(水) 20:15:26 ID:/cp7rbOP
     ___
   く/',二二ヽ>
    |l |ノ。ノイハ))
   ノl_|(* 々゚ノ|
  ≦ / っっl ≧
  ミ しー‐J  ミ

     ___
  く/',二二ヽ>
   |l |ノ。ノイハ))
 ヽノl_|(* 々゚ノ| ノ
  (( ノ ( 介 )ヽ ))
  ミ  <   > ミ

 ┌──┐
 i二ニニ二i     ___
 i´ノノノヽ)))  く/',二二ヽ>
  Wリ゚ ー゚ノリ   |l |ノ。ノイハ))
  ⊂)_介」つ8三ノl_|(* ノ三三三7
   〈__|__〉    ≦ / っっl ≧
   〈_ハ_〉    ミ しー‐J  ミ

309 :花咲か名無しさん:2006/06/14(水) 20:16:02 ID:/cp7rbOP
          ___
   ___   く/',二二ヽ>  カサカサ
.く/',二二ヽ> |l |ノ。ノイハ))
. |l |ノ。ノイハ)).ノl_|(* 々゚ノ| <ですぅ…
.ノl_|(* 々゚ノ| ミ<<     >>ミ ___
ミ<<   >>ミ       く/',二二ヽ>
 カサカサ          .|l |ノ。ノイハ))  カサカサ
              ノl_|(* 々゚ノ| <ですぅ…
             ミ< <   >>ミ


310 :花咲か名無しさん:2006/06/14(水) 20:16:33 ID:/cp7rbOP
          ___
        く/',二二ヽ>
.        |l |ノ。ノイハ))
        ノl_|(* 々゚ノ| ですぅ…
        ≦((癶^^/癶≧
        ミ ((癶^^/癶  ミ          λ  λ
        ‐((癶^^/癶                 ハ  ハ
   /⌒((‐((癶^^(癶))⌒))⌒))\       )〉 / )
 ≦(⌒((≧‐((癶^^\癶^^≧-≧))\    ノ レ ノ
≦‐((⌒\≧ ‐((癶^^\癶 ≦^^≧))⌒))⌒))_ノ
  ≦‐((⌒\___(癶(^^^^)癶     ≦^^^≧^^≧
    ≦‐(‐((‐((‐((癶^^)癶
     ≦^≦^≦^≦^^^≧

311 :花咲か名無しさん:2006/06/15(木) 19:05:54 ID:kWUhMT9F
││┝┥┌──────────────────┴┐
│││┝┥┌──────────────────┴┐
││││┝┥┌──────────────────┴┐
│││││┝┥ゼロッワーン!!!            .exe  .[×] |
┤│││││┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━|\カチ
└┤│││││┌───―┐                    ´||.`| カチ
  └┤│││││  _ _ ∩│  ゼロッワーン!!       .│ カチ
    └┤││││( ゚∀゚)彡...|   ゼロッワーン!!       .│ カチ
      └┤│││   ⊂彡.. |   ゼロッワーン!!       ...|  カチ
        └┤│└────┘  ゼロッワーン!!       .|  カチ
          └┤          [ゼロッワーン!(s)]        .. .|   カチ
            └───────────────────┘

312 :花咲か名無しさん:2006/06/15(木) 19:29:58 ID:EzYDQhPb
           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓  |   |   @レンジに入れてタイマーを60秒に。
        |┃      ___      ┃◎ |   |
        |┃   .く/',二二ヽ>    .┃60 |   |
        |┃     |l |ノノイハ))デスゥ! ┃  |   |
        |┃     |∩#゚听ノ∩   】【  |   |
        |┃    ノl.ヽ{l_介」}丿   ┃  |   |
        |┃    ≦ノ`ヽノヘ≧   ┃■ |   | _
        |┃ (( ミく二二二〉ミ ))  ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ / ∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓  |   |   A暫くは元気に抵抗を試みますが・・・
        |┃      ___      ┃◎ |   |
        |┃    く#   >ヽ    ┃50 |   |
        |┃     |\ィイl |)))   ┃  |   |
        |┃ コンチク||||l||l|| l |ノショー! 】【  |   |
        |┃    ⊂ノノ从ヾ,つ    ┃  |   |
        |┃    ≦ノ`ヽノヘ≧    ┃■ |   | _
        |┃ (( ミ〈二二二〉ミ ))  ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

313 :花咲か名無しさん:2006/06/15(木) 19:30:34 ID:EzYDQhPb
           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓  |   |   Bその内ヘッドドレスの端あたりが焦げてきて・・・
        |┃      ___      ┃◎ |   |
        |┃    ◆',二二 ◆   ┃40 |   |
        |┃    |l |ノノイハ)).   ┃  |   |
        |┃ .アツイ|l |リ"Д"ノ|デスゥ!】【  |   |
        |┃    ノ⊂l_介_|つ.   ┃  |   |
        |┃    ≦ノ`ヽノヘ≧   ┃■ |   | _
        |┃ (( ミく二二二〉ミ ))  ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓  |   |   Cスカートも焦げればあと半分ぐらいで・・・
        |┃      ___      ┃◎ |   |
        |┃    ◆   ◆ヽ    ┃30 |   |
        |┃     |\ィイl |)))   ┃  |   |
        |┃コゲル…|||l||l|| l |ノデs…】【  |   |
        |┃    ⊂ノノ从ヾ,つ    ┃  |   |
        |┃    ≦ノ`ヽノヘ≧    ┃■ |   | _
        |┃ (( ミ◆二二 ◆ミ )) ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

314 :花咲か名無しさん:2006/06/15(木) 19:31:17 ID:EzYDQhPb
           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓  |   |   Dこのあたりで脳ミソ沸騰し出しまして・・・
        |┃     ___      .┃◎ |   |
        |┃   ◆',二二.◆    ┃20 |   |
        |┃    |l |ノノイハ))    ┃  |   |
        |┃   …|l(*" 々")ムーン. 】【  |   |
        |┃   ノ⊂l__介__|⊃   ┃  |   |
        |┃  ≦( `ヽノ  )≧.  ┃■ |   | _
        |┃ (( ミ◆二二二◆ミ )) ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓   |   |   Eあぼーん!てな感じですな。(藁藁
        |┃;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;;:;:;:;:;:;;;:;:;::::;;;:┃◎ |   |
        |┃;:;:;:;;:;:;:;:;::::;;;:;;:;;;;:::::;;;;;;:;:;:;┃10 |   |
        |┃:;;:;::;''∴◆;;M;;';''∴;;;:;;:;::┃  |   |
        |┃;:;::;:;:;∴Σ::※;;バーーン!;;】【  |   |
        |┃;:;:;;;'◆~;;∴W;;':::;;;;;:;:::;;;;:┃  |   |
        |┃:;:;:;:;:;:::;;;;:;::;;:;:;;;;;;:;;:;::;:;::;::;┃■ |   | _
        |┃;((;;::;;::.;;;;;::;;;,;;;:;;;;:;:;::;::));┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

315 :花咲か名無しさん:2006/06/15(木) 19:32:33 ID:EzYDQhPb
            _____________
           /                  /|
         /____________ / .|
━━━━━━┳━━━━━━━━━┓   |   |   Gこんがり上手に出来ました!熱いから気をつけてね〜♪
;::        ‖   ∬,,,,,,,,,,,,,∬    ┃◎ |   |
 :;;       ‖    ,';::::;:;:;:;::;ヽ,    ┃-- |   |
    ;:;    ‖    |;;::ノノイハ))    ┃  .|   |
【  カパッ;   ‖    |;;(;;;:;д:;::)   】【  |   |
    ;;;    ‖   ノ(:;;l;;:;:::;」::;)    ┃  |   |
   ::;     ‖∬ ≦ノ;:;:::;;;;ヘ≧ ∬ ┃■ |   | _
       :;; ‖◆ ミく:;:;:;:;:;:;:::;〉ミ ◆ ┃  |  / /|
━━━━━━┻━━━━━━━━━┛  |/ /∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

316 :花咲か名無しさん:2006/06/15(木) 23:37:19 ID:BqvzAg0m
このスレは>>143あたりからおかしくなったな


317 :花咲か名無しさん:2006/06/15(木) 23:54:32 ID:EzYDQhPb
ま、いいじゃないかw

318 :花咲か名無しさん:2006/06/16(金) 01:04:13 ID:OpaKyd7i
>>317
そうだな
人も全然来ないし

319 :花咲か名無しさん:2006/06/16(金) 07:54:55 ID:bDaMI4cl
││┝┥┌──────────────────┴┐
│││┝┥┌──────────────────┴┐
││││┝┥┌──────────────────┴┐
│││││┝┥ゼロッワーン!!!            .exe  .[×] |
┤│││││┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━|\カチ
└┤│││││┌───―┐                    ´||.`| カチ
  └┤│││││  _ _ ∩│  ゼロッワーン!!       .│ カチ
    └┤││││( ゚∀゚)彡...|   ゼロッワーン!!       .│ カチ
      └┤│││   ⊂彡.. |   ゼロッワーン!!       ...|  カチ
        └┤│└────┘  ゼロッワーン!!       .|  カチ
          └┤          [ゼロッワーン!(s)]        .. .|   カチ
            └───────────────────┘


320 :花咲か名無しさん:2006/06/16(金) 07:59:46 ID:WRDcaYHo
     ____
   く/ '二二ヽ>
   l(ノノイハ))l  虐待なんてやめて
   l |、゚ ヮ゚ ノ| l  翠石星と遊ぶですぅ♪
   |⊂l_介」⊃| ローゼンメイデン一可愛い翠星石様を
   /ノ>、,.<ヽ\ 崇めるAA、文章を貼り付けるですよ、下等生物♪
.  ≦<_/ |. ヽ_ン≧
  ミ   ∪∪    ミ
.     ‖‖

     ε  З ピョンピョン


            ?   ____?
               く/ '二二ヽ>
  /            .l(ノノイハ))l ?ナンノオトデスカ?       \
/ ゴォォォォォォォ.      l |、゚ ヮ゚ ノ| l            ゴォォォォォォォ \
\             |⊂l_介」⊃|                   /
  \           ≦ノ>、,.<ヽ≧                 /
.              ミく二二二〉ミ

321 :花咲か名無しさん:2006/06/16(金) 08:00:37 ID:WRDcaYHo
         \\
       ̄ ̄|    __|_ __|_ __|_ __|_ __|_ __|_
         |    /|   /|  /|   /|  /|  /|
       ̄ ̄
           キャッ ! タイヘンデスゥ !
              ____
−− | ̄ ̄|     く/ '二二ヽ>    | ̄ ̄| −−−
二二 |    |   Σ .l(ノノイハ))l.    |    | 二二二二
三二 |    |     l |、;゚Д゚ノ| l    |    | 二三三二
二二 |    |     |⊂l_介」つ|    |    | 二二二二
−− |__|     ≦ノ>、,.<ヽ≧    |__| −−−
            ミく二二二〉ミ


        \\
      ̄ ̄|    __|_ __|_ __|_ __|_ __|_ __|_
        |    /|   /|  /|   /|  /|  /|
      ̄ ̄
            ヒィィ ! タスケテデフゥ〜
              ____    
      −− | ̄ ̄|'二二ヽ| ̄ ̄| −−−
      二二 |    |.ノノイハ)|    | 二二二
      二二 |   |;)゚8゚( |   | 二三二
      二二 |. (( |⊃介⊂| )) .| 二二二
      −− |__|ノ>、,.<ヘ|__| −−−
             ミく二二二〉ミ

322 :花咲か名無しさん:2006/06/16(金) 08:02:03 ID:WRDcaYHo
          __ | |
        /  / __
       /   /        / \Λ
          /    ̄ ̄ /    /\
          ./    _/        \
                 > ブヘェ
               ∴.';: 
       −− | ̄ ̄|く | ̄ ̄| −−
       二二 | : . : ;|3゚'|‥;:. | 二二
       二二 |  ∴|::.':| ‥.'.:;つ 二二
       二二 ⊂:.'':,' |:,:ミ|.': ,. | 二二
       −− | .;'::,:|':;:'|∴. ' | −−
            ̄ ̄ .':  ̄ ̄
                ∵ミ
         __ | |   /
       /  /    /|
      /   /    __|__ \Λ
         /       /     /\
         ./      /        .\
                   '二二ヽ  
                 .(ノ。ノイハ))
               l | .':. * 々゚ノ| l
           く:.': . ∴:.'  ´´´″
          __∴___      .,‥.';:>
      −− | :,,'・||∵.':,'| −−
      二二 |  ;':||‥,;':;| 二二
      二二 | ,‥||・.':.': | 二二
      二二 | :.'':,'||‥..:;| 二二
      −− | .;'::,:||∴::).| −−
        ミ.:.':  ̄ ̄.': ̄ ̄  /..'.:  ≧‥.': .:;つ
   ⊂:;:.': .,   ..' ∵ :ミ.:..':.': 
       ≦.:..':・.'  ∪    ‥.':.':⊃

323 :花咲か名無しさん:2006/06/17(土) 20:54:07 ID:I6WY1749
││┝┥┌──────────────────┴┐
│││┝┥┌──────────────────┴┐
││││┝┥┌──────────────────┴┐
│││││┝┥ゼロッワーン!!!            .exe  .[×] |
┤│││││┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━|\カチ
└┤│││││┌───―┐                    ´||.`| カチ
  └┤│││││  _ _ ∩│  ゼロッワーン!!       .│ カチ
    └┤││││( ゚∀゚)彡...|   ゼロッワーン!!       .│ カチ
      └┤│││   ⊂彡.. |   ゼロッワーン!!       ...|  カチ
        └┤│└────┘  ゼロッワーン!!       .|  カチ
          └┤          [ゼロッワーン!(s)]        .. .|   カチ
            └───────────────────┘

324 :花咲か名無しさん:2006/06/17(土) 21:26:54 ID:1L2dI5vV
――時刻は23時を過ぎていた。
明日は学校があるが課題のレポートが終わらない。今回のテーマは『死刑制度』だ。
俺の所属する政治経済学部は、毎週のように大量の課題を出しやがる。まったく頭にくるぜ。
だが、さらにウザイのは、俺のいる前で堂々と映画を見ているアホ人形だ。
「…おい、気が散る。テレビ消せよ。」
「うるせーですねぇ。こんな時間まで手紙なんか書いてるほうが悪いですぅ。」
そう言うと、翠の奴はテレビを消して俺のベッドの上で静かにマンガを読み始める。
まぁ30分程度しかもたないだろう、という俺の予想は見事に裏切られ、奴は3分ほどで騒ぎ始めた。
「ゴムゴムの〜!翠星石ですぅ〜!!」
そう言うと、奴はベッドの上を跳ね回る。野郎、もはや俺の邪魔をしているようにしか見えん。
俺は机の上にあったユンケルのビンを翠星石に投げつけた。
「痛ーっ!い、いきなり何しやがるですか!」
「うるせぇ!とっとと出ていけ!マジで死ね!氏ねじゃなくて死ね!」
「…ふんっ!死ねと言われていさぎよく死ぬほど翠星石はバカじゃねぇですぅ!」
ぶつぶつ文句を言いながら、奴は俺の部屋を出て行った。ムカツク野郎だぜ。
…まぁ、レポートもだいぶ終わりに近づいてきたし、ここでいっちょ小便タイムといくか。
俺は気分転換をかねてトイレに向かった。
「まったく…チビ人間は短気なのですぅ。翠星石は絶対に謝らないですよぅ。」
翠星石はリビングでお茶を飲みながら独り言をつぶやく。
「……まぁ…その……お、お茶くらいなら持って行ってやるですぅ。翠星石に感謝するですよ。」
そう言うと、翠星石は俺の湯のみにお茶を注いで部屋まで持ってきた。
「…あの…人間?」
俺がいないことに気付くと、翠星石は机の上に湯飲みを置く。
「どこ行ったですかぁ?せっかく翠星石が……きゃあっ!」
湯のみを置いた瞬間、翠星石は床に放置してあった教科書に滑ってコケた。
「!!!!…あわわわわ…や、やってしまったですぅ…!!」

325 :花咲か名無しさん:2006/06/17(土) 21:28:02 ID:1L2dI5vV
俺は小便を終えて部屋に入る。
「…うるせぇなぁ!お前また戻ってきやがっ…………」
その瞬間、俺の視界に飛び込んできたのは、水に漬かったレポートとそれを見つめる翠星石の姿だった。
「うおおおおおおおおおおおおおっ!!!!!!俺のレポートぐぅああああああああっ……!!!」
散々自分の邪魔をしていた翠星石に8時間の大作を一瞬にして葬られ、俺の怒りは頂点に達した。
「く…こ…こ、このクソがァ!!!てめぇやっぱり確信犯だったか!!もう許さねェ!!!!!!!!」
「ち、違うですぅ!こぼすつもりはなかったのですぅ!翠星石はお前のために…」
「黙れ!てめぇの判決は死刑だ!ちょうどいい、書き直すレポートの題材になってもらうぜ…。」
そう言うと、俺は翠星石の髪をつかんでキッチンまで引きずって行った。
「俺はなぁ、死刑ってのはもっと厳しくあるべきだと思うんだよ。なぁ翠星石?」
「ひぃっ!す、翠星石に何をするですかぁ!?」
「ダメだよ絞首刑なんか。苦しくないだろ?凶悪犯はもっと痛めつけながら殺るべきなんだよ。たとえば…」
俺は翠星石の体を持ち上げると、回転する換気扇に向かって放り投げた。
奴の髪は換気扇にからまり、『ギシギシ』と音をたてながら締め上げられていく。
「きゃあああああ!!痛い!痛いぃぃぃ!髪がぁ!翠星石の髪がぁ!!」
「ハハハハハ。仕方ねぇな、助けてやるか。」
俺は翠星石の両足をつかむと、綱引きの綱のように思い切り引っ張った。
「ひぎゃあああああああああ!!!!!!!」
『ブチブチィッ!』という音とともに奴の髪は根元から引きちぎれた。俺は勢い余ってしりもちをつく。
「っ…いってぇな!………そうだ、看守とかに抵抗した死刑囚にもそれなりの刑罰が必要だよな。」
俺は、髪の毛を失って泣き崩れる翠星石の胸倉をつかみあげた

326 :花咲か名無しさん:2006/06/17(土) 21:30:05 ID:1L2dI5vV
「おい、ハンムラビ法典って知ってるか?『目には目を、歯には歯を』ってやつだ。」
そう言うと、俺は翠星石の腰を机の角に叩きつけた。
『パキィッ!』という音とともに、奴の腰には大きな亀裂が入った。
「あぎゃあああああっ!!!」
泣き叫ぶ翠星石を床に放り投げる。腰の関節が壊れたのか、奴は立ち上がれない。
動物のように4本足で床を這っている。俺は奴を蹴り倒して仰向けにさせる。
「さて、次は食事にしようか。今日は特別に俺が食べさせてやろう。」
そう言うと、俺はゴム手袋を2重に装着し、翠星石の体を押さえ込む。
「……い…いやぁ…や、やめるですぅ…!」
俺はゴミ箱から生ゴミを取り出すと、翠星石の口に無理やり押し込んだ。
「ふ、ふぐぅっ!!」
「死刑囚が一般人と同じ飯なんて理不尽だろ。食えるだけでもありがたく思わねぇとな。」
翠星石はいったんは飲み込んだものの、腐った魚の味と臭いに耐えられずに吐き出した。
「オゲェェェェェェェ…!…ゲホッゲホッ……!はぁ…はぁ………うぅ……」
「…ったく汚ェ声で鳴いてんじゃねぇよ!ゴミがよ!」
そう言って腹を踏みつけると、奴の口からさらに生ゴミがあふれ出てきた。
「…いいか、てめぇが吐き出した魚はなぁ、てめぇに食われるために死んだんだ。分かるかオイ?」
翠星石は無言で涙を流し続けている。黙ってりゃ許させると思ってるらしい。甘ったれやがって。
「てめぇが食わねぇんなら、こいつは無駄死にしたことになるな。そうだろ?ああん??」
「……てめぇにはこの魚の気持ちってモンを教えてやるよ。」
そう言うと、俺は棚から出刃包丁を取り出し、亀裂が入った翠星石の腰を完全に叩き斬った。
「あぎゃあっ!!いだぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!!!!!!」
「うるせぇな!いちいち悲鳴をあげるな!」
俺はすぐさま包丁の逆刃で翠星石の顎を砕いた。奴の顎は大きく垂れ下がる。
麻薬中毒者のように大きくあいた口からは、ダラダラと涎がたれている。

327 :花咲か名無しさん:2006/06/17(土) 21:30:44 ID:1L2dI5vV
「気分はどうだ?魚はさっきのお前みたいに生きたまま尻尾を切り落とされたんだぞ?」
「あぅあ…あああぅ…」
顎が砕かれているためまともに話せない翠星石は、うめき声をあげることしかできない。
「次はなんだぁ?えー…そうだ、ヒレを取らなきゃな。」
そう言いながら、翠星石の両腕を軽快に切り落とした。
「あぐあぐあぁぁぁぁぁああぁぁっ!!!」
情けないうめき声をあげながら、翠星石はあたかも魚のようにまな板の上でのた打ち回る。
「ヘッヘッヘ。いいねェそのリアクション!それでこそ魚だな。ハハハハハ。」
「でもこれじゃあ料理ができねぇからな。そろそろ逝ってもらうとしようか。」
俺は翠星石の頭をつかむと、そのまま思い切りひねった。
『コキッ!』という小気味よい音と共に首が折れ、奴は動かなくなった。
「………チッ!またゴミが増えちまったぜ…。」
俺はバラバラになった翠星石をゴミ箱に叩き込むと、レポートを書き直すため部屋に戻った。
――次の日、俺は予定通りレポートを提出した。
@髪を引きちぎる。 
A目には目を、歯には歯を。 
B食事は生ゴミ。
C手足をさばけ。
D首をへし折る。
この5つが箇条書きにされただけのレポートを見た教授は当然キレたが、俺は何故か気分が良かった。
奴を始末する過程で、死刑に関する考察が次々と思い浮かんだのが楽しかったからなのだろうか。
…こうして俺は、嫌だった課題レポートがちょっとだけ好きになったのであった。



Fin

328 :花咲か名無しさん:2006/06/18(日) 05:18:40 ID:4Xgs2/Da
病院に行こうね

329 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/18(日) 10:08:32 ID:KOReKev8
退院しますた
    ___
. く/',二二ヽ>   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |l |ノノイハ)) <  モルデスゥ
 ノl_|*゚ ヮ゚ノl|   \______
≦c(,_uuノ≧

330 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/18(日) 10:09:05 ID:KOReKev8
  シャバッ!!
   _l_
 く/',二l!二ヽ>   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |l.|ノノliイハ)) <  モルd
 ノl_|*゚ l!ヮ゚ノl|   \______
≦c(,_u!iuノ≧
     i

331 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/18(日) 10:09:37 ID:KOReKev8
       _
     .;:・`二ヽ>     
   _   'lイハ))  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 く/',二..,  liヮ゚ノl| < モr
  |l.|ノノl.,  'luノ≧  \______
 ノl_|*゚ !;  ´;`∵;
≦c(,_ul;  `;:`

332 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/18(日) 10:10:09 ID:KOReKev8
       _
     .;:・`二ヽ>     
   _   'lイハ))  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 く/',二..,  liヮ゚ノl| < えへ
  |l.|ノノl.,  'luノ≧  \______
 ノl_|*゚ !;  ´;`∵;
≦c(,_ul;  `;:`

333 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/18(日) 10:10:58 ID:KOReKev8
   ・〜     
        〜・
   _        。〜
 く/',二.,      _
  |l.|ノノl.,      .二ヽ>
 ノl_|*。,!;    ,_,_, ;:・イハ))
≦c(,_ul;   liuノli々゚'ノl|
      (;;;;::;:;) ・∵",≧
  〜・   (;;;:;)  "";:
       ξ;)

334 :花咲か名無しさん:2006/06/18(日) 14:11:26 ID:J4kHkYXQ
祈り続けていいですか

335 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/18(日) 17:14:14 ID:KOReKev8
  ,---------------------、
 /____[__ i __]____/ ヽ、
 ヽ、:::::::::┌──┐::: ___::::ヽ、 ヽ、
   ヽ、:::i二ニニ二く/',二二ヽ>ヽ、 ヽ
    ヽ,i´ノノノヽ)))|l |ノノイハ)):::::ヽ/
     /Wリ゚ ヮ゚ノリ|l |リ゚ ヮ゚ノl| ::/|
   /::::::⊂)_介」つ⊂)_介」つ/ .ノ
  ┌─────────.||´./
  │    [[二二二]]    .|/
  └─────────´


  ,---------------------、
 /____[__ i __]____/ ヽ、
 ヽ、:::::::::┌──┐::: ___::::ヽ、 ヽ、
ドーシタノ?::i二ニニ二く/',二二ヽ>ブルブルブル
    ヽ,i´ノノノヽ)))|l |ノノイハ)):::::ヽ/
     /Wリ゚ -゚ノリ(( |リ゚ o゚ノl|)) /|
   /:::::::::()_介」):::⊂)_介」⊃/ .ノ
  ┌─────────.||´./
  │    [[二二二]]    .|/
  └─────────´

336 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/18(日) 17:15:15 ID:KOReKev8
  ,---------------------、
 /____[__ i __]____/ ヽ、
 ヽ、:::::::::┌──┐::: _,(;;;)_ヽ、 ヽ、
ア、アタマニ!i二ニニ二く/',二二ヽ>ヽ、 ヽ
    ヽ,i´ノノノヽ)))|l |ノノイハ)):::::::ヽ/
     /Wリ゚ O゚ノリ|l |リ゚ U゚ノ| :::/|
   /:::::::::()_介」つ:⊂)_介」⊃/ .ノ
  ┌─────────.||´./
  │    [[二二二]]    .|/
  └─────────´


  ,------------ ,.-''"¨ ̄¨`' 、
 /____[__ i _(,,(,,i,,,i,,,,,,,,i,,,,i,,) 、
 ヽ、:::::::::┌──┐::: )  (ヽ、 ヽ、
   ヽ、:::i二ニニ二く/',二二ヽ>ヽ、 ヽ
    ヽ,i´ノノノヽ)))|l |ノノイハ)):::::::ヽ/
     /Wリ゚ O゚ノリ|l |*゚ 々゚ノ| :::/|
   /::::::⊂)_介」つ:⊂)_介」⊃/ ノ
  ┌─────────.||´./
  │    [[二二二]]    .|/
  └─────────´
     キノコが生えますたw

337 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 00:18:40 ID:XHMecZvk
いつものように翠星石が鞄に入って寝ようとした。
「ふわぁ〜おやすみですぅ…」
翠星石が鞄の中に横になり片腕で鞄のフタを閉めようとした瞬間、
鞄のフタがありえない速さで閉じた!

ばちんっ ごきっ

「っぎゃああっ!!」
鞄のフタの縁にかけられたままだった翠星石の手首が、勢いよく閉じたフタに挟まれ切断されたのだ。
「痛いですぅ!翠星石の手がぁ〜っ!手があ!」
苦痛のあまり鞄のフタをはね開け、鞄から飛びだそうとした翠星石だったが、

ばちんっ ざくっ

再びすごい速さで閉じたフタに今度は足首を切断されてしまった。
何がおこったのかわからないというような翠星石だったが
目の前に靴をはいたままゴロリと転がる自分の足首を見て悟ったらしい。
「ああああっ!翠星石の足があああ!」

338 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 00:19:13 ID:XHMecZvk
(●URE556を鞄の金具に塗っただけでこの威力。すげぇw)
錆を取り、金具の動きや切れ味を良くするという噂の潤滑剤の威力を前にして
僕はころげまわる翠星石を見て自分がしたことに満足感を得ていた。
そしてころげまわる翠星石を抱き上げながら言う。
「うるさいぞ、いいかげん寝ろよ」
「見てなかったのですか!翠星石の手があ!足があ!」
すっかり錯乱してる翠星石。
「鞄が、翠星石の鞄が翠星石をっ!」
「はあ?寝ぼけてんなよ」
そう言って僕は翠星石を抱えて鞄に寝かせようとする
「いやああっ!やめてです!この鞄は嫌ですぅ!」
「何言ってんだオマエがいつも寝てる鞄だろ、そらっ」
僕はジタバタする翠星石を鞄に投げ入れた

ばちんっ!すぱぁん!

「ぎゃああああんっ!」
またしても鞄が勢い良く閉じ、今度は翠星石の残っていた手足が付け根から切断された。
「翠星石の腕がぁ―!足が―っ!」
閉じた鞄の中でダルマ状態で泣き叫ぶ翠星石。
鞄の周りに転がる切断された手足がシュールだった。
END

339 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 01:30:27 ID:3Rn36wvg
>>337-338
病院に行こうね


340 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:16:21 ID:XHMecZvk
お前テラウザスw電波板から出てくんなw

341 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:24:10 ID:XHMecZvk
        ___
      く/',二二ヽ>
       |l |ノノイハ))  虐待なんてできるもんなら
       |l |#゚听ノl|      してみやがれですぅ♪
      ノl⊂l_介」つ ローゼンメイデン一可愛い翠星石を
.      /ノ>、,.<ヽ\ 虐待するAAや文章をつくることなんか
.      `<_/ |. ヽ_ン'  チビ、デブ、ハゲ、バカな人間にはできっこないはずです♪
        ∪∪
        ‖‖
       ε  З ドカドカ


           ボンッ!
      Ω ;: ;  Ω
    Ω ・,' ;*;∵; ζ。;:,.
     ∵~'ハ∴∵;:;
       |l |#ξρ。;,;。∵
      '.:; *,,,,: ;・∵:;゚
      ノl⊂l_介」つ "〆
.      /ノ>、,.<ヽ\
.      `<_/ |. ヽ_ン'
        ∪∪
        ‖‖
       ε  З

342 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:25:05 ID:XHMecZvk
     ___
   く/',二二ヽ>
    |l |ノ。ノイハ))
   ノl_|(* 々゚ノ|
  ≦ / っっl ≧
  ミ しー‐J  ミ


     ___
  く/',二二ヽ>
   |l |ノ。ノイハ))
 ヽノl_|(* 々゚ノ| ノ
  (( ノ ( 介 )ヽ ))
  ミ  <   > ミ


 ┌──┐
 i二ニニ二i     ___
 i´ノノノヽ)))  く/',二二ヽ>
  Wリ゚ ー゚ノリ   |l |ノ。ノイハ))
  ⊂)_介」つ8三ノl_|(* ノ三三三7
   〈__|__〉    ≦ / っっl ≧
   〈_ハ_〉    ミ しー‐J  ミ

343 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:26:00 ID:XHMecZvk
          ___
   ___   く/',二二ヽ>  カサカサ
.く/',二二ヽ> |l |ノ。ノイハ))
. |l |ノ。ノイハ)).ノl_|(* 々゚ノ| <ですぅ…
.ノl_|(* 々゚ノ| ミ<<     >>ミ ___
ミ<<   >>ミ       く/',二二ヽ>
 カサカサ          .|l |ノ。ノイハ))  カサカサ
              ノl_|(* 々゚ノ| <ですぅ…
             ミ< <   >>ミ

344 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:26:33 ID:XHMecZvk
          ___
        く/',二二ヽ>
.        |l |ノ。ノイハ))
        ノl_|(* 々゚ノ| ですぅ…
        ≦((癶^^/癶≧
        ミ ((癶^^/癶  ミ          λ  λ
        ‐((癶^^/癶                 ハ  ハ
   /⌒((‐((癶^^(癶))⌒))⌒))\       )〉 / )
 ≦(⌒((≧‐((癶^^\癶^^≧-≧))\    ノ レ ノ
≦‐((⌒\≧ ‐((癶^^\癶 ≦^^≧))⌒))⌒))_ノ
  ≦‐((⌒\___(癶(^^^^)癶     ≦^^^≧^^≧
    ≦‐(‐((‐((‐((癶^^)癶
     ≦^≦^≦^≦^^^≧

345 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:27:16 ID:XHMecZvk
.   ____    ___
   | |・∀・| く/',二二ヽ>
   | |\  |` |l |ノ。ノイハ)) カク
.  (( |_|_ィ⌒ ノl_|(* 々゚ノ| <おまんまん気持ちいいですぅ〜♪
    ノ と、入ミ_,つ介λうミ
  カク

346 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:28:46 ID:XHMecZvk
   ___       ___      ___       ___      ___      ___
 く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ> く/',二二ヽ>
  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  .|l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ)) |l |ノ。ノイハ))
.ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ.ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ .ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ.ヽ|l |(* 々゚ノ|ノヽ|l |(* 々゚ノ|ノ
 ノl_| へ  )   ノl_| へ  )  ノl_| へ  )    ノl_| へ  )  ノl_| へ  )  ノl_| へ  )
. ミ     >ミ  ミ     >ミ ミ     >ミ  ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ
      ___       ___      ___      ___      ___       ___
    く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ> く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>
     |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))
   .ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ.ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ. ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ
    ノl_| へ  )   ノl_| へ  )  ノl_| へ  )  ノl_| へ  )  .ノl_| へ  )  .ノl_| へ  )
    ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ
   ___       ___      ___      ___      ___       ___
. く/',二二ヽ>   く/',二二ヽ> く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>  く/',二二ヽ>
 |l |ノ。ノイハ))   |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))  |l |ノ。ノイハ))
ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ .ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ.ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ. ヽ|l |(* 々゚ノ|ノ
. ノl_| へ  )   ノl_| へ  ) . ノl_| へ  )  ノl_| へ  )  .ノl_| へ  )  .ノl_| へ  )
 ミ     >ミ  ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ ミ     >ミ

347 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:29:25 ID:XHMecZvk
                               ヽ`        く/', ,li
      ´ 々゚.;.;i    永  遠  に  お  や  す  み  −  ,,:。゙゙゙i;)
       。 .;.                      ´.    ´ ´  |l |(* 々゚;ヽヽ`;;
                ,;,.く/iii      __,,:::========:::,,__
         ;;;;;;,i。.;. ..        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...   く/';;;     .;.
                      ..‐´      ゙          `‐..   ;;;。ノイ`
     ;*;∵; 。*;         /                  .;. .;. ゚ノ|. .;,
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´  。ノイ;::::                 ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'      ~';∴ 々゚i;,                  ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
  ;;;;。ノイハ))      ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
 ゙゙゙i;/々;;;;i;      /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ

348 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:31:22 ID:XHMecZvk
                          ┗0=============0┛
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃クソミドリ ┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃く/'二二ヽ┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃|l |ノ。ノイハ)┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃|l |(* 々゚ノ|┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|

349 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:53:35 ID:XHMecZvk
┏━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
┃⇒虐待する   ┃クソミドリか゛ あらわれた。     ┃
┃  ブッコロス  ┃と゛ うする?▲            ┃
┃  折 檻    ┃                     ┃
┃  ΡΟΑ   ┃                     ┃
┗━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━┛

                ___
              く/',二二ヽ>
               |l |ノ。ノイハ))
              ノl_|(* 々゚ノ|
             ≦ / っっl ≧
             ミ しー‐J  ミ

350 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:54:19 ID:XHMecZvk
     ┌──┐                                          ___
     i二ニニ二i                                チュイン ☆  く/',二二ヽ>
     i´ノノノヽ)))      ダダダダダダダダダ                   .\.|l |ノノイハ))
.     Wリ゚ -゚ノリ-ィー‐ti=i=―'Σ   ゝ_―_  ‐― ‐  ― _ - ̄‐―  _ -・:‘;゚ |リ゚'Д゚'ノ|
.      (l_介」つ(/゚ ̄| |   /`Y゛ヽヽ                        ・:‘;゚;ノl_つ_介」つ
       〈__l__〉   B|_|                                /   ≦ノ`ヽノヘ≧
.      〈_ハ_〉 B                                ☆    ミく二二二〉ミ
          B                                   チュイン

351 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:55:38 ID:XHMecZvk
            ┌──┐  
             i二ニニ二i
            i´ノノノヽ)))
             Wリ゚ ー゚ノリ
              ()_介」つ                                ですぅ!!
           __,,ゝ┼─┼====┐.        ''"´"'''::;:,,,          Ω ;: ;  Ω
           | □|   .| |:|ヾ二二二二二(O″     ,,;;;;´."'''     Ω ・,' ;*;∵; ζ。;:,.
      _____|__,|_;||___,| |:|ノ-┬─┘     ´''::;;;;::'''"´         ∵~'ハ∴∵;:;
     |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___    バゴーン          |l#ξρ。;,;。∵
    .└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤              '.:; *,,,,: ;・∵:;゚
     ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三);                ノl⊂l_介」つ
      ..ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ――ノ三ノ;*;∵              ≦ノ`ヽノヘ≧
                                              ミく二二二〉ミ

352 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 08:56:35 ID:XHMecZvk
  ,---------------------、
 /____[__ i __]____/ ヽ、
 ヽ、::::::::::┌──┐::::::::::::::::: ヽ、 ヽ、
   ヽ、::::i二ニニ二i:::::パカ ::::::: ヽ、 ヽ
    ヽ,:i´ノノノヽ)))______ヽ/
     /:Wリ゚ ヮ゚ノリ:::::::::::::::::::::::::::: /|
   /:::::::⊂)_介」つ:::::::::::::::::::: / .ノ 
  ┌─────────.||´./ 
  │    [[二二二]]    .|/
  └─────────´




  ,---------------------、
 /____[__ i __]____/ ヽ、
 ヽ、:::::::::┌──┐::: ___::::ヽ、∞〜
   ヽ、:::i二ニニ二く/',二二ヽ>ヽ、 ヽ
 バカ ヽ,i´ノノノヽ)))|l |ノ。ノイハ))::::ヽ/
     /Wリ゚ ー゚ノリ:|l |リ:;)p。#) ::/|
   /::::::⊂)_介」つ⊂)_介」つ/ .ノ
  ┌─────────.||´./
  │    [[二二二]]    .|/
  └─────────´

353 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:24:44 ID:XHMecZvk
日曜の朝、俺はコーヒーを優雅に楽しんでいた。
すばらしい一日が始まろうとしていた。

「あ〜今日もいい天気ですぅ!!朝ごはんはまだですかぁ?!」
耳障りな高音の声、翠星石だった。
一気に俺のいい気分は冷め、コーヒーはただの苦い液体に変わる。
「またそんなまずい物飲んでるですか!そんなまずい物よりおいしい紅茶を
 飲むのがまっとうな人間ですぅ!!しょーがねーから翠星石が淹れて・・・」

いきなりコーヒーに文句を言い始めた翠に俺の怒りは加速する。
「お前みたいな糞人形にコーヒーの味が分かる分けないだろが!!!!」
まだかなり熱いサーバーのコーヒーを一気に頭からぶちかけた

「ぎゃああああっ!!あ、あついですうう!!!いきなり何てことするですかあ?!」
翠はばたばたともがきながら頭をかきむしる。
「ライダーキック!」
さらに顔面に回し蹴りをおみまいすると、小さな前歯が折れ、みっともない顔になった。
「ふが・・・ああ・・翠星石の顔がぁ・・・こんな不恰好になったら・・
 もうジャンクと同じですぅ・・・ぐすっ・・・どうして・・」

完璧を求められる人形にとって体の一部でも損なわれる事は死と同義だ。
「もうジャンクと同じと言ったな?今日はちょうど燃えるゴミの日だ、
 お望みどうりジャンクにしてやろう!!」

354 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:25:51 ID:XHMecZvk
「なっ?!お前翠星石をこんな風にして責任は感じないのですか?!!」
「ああ、お前をちゃんと捨てなきゃいけない義務感を感じるよ!!」

翠星石に飛び掛ると両足首をつかみ、足を広げた
「ひっ?!な、何をする気ですか!!やめるですお下劣人間!!」
「何勘違いしてやがる、この変態人形がっ」

膝と股関節を思い切り踏みつけ、球体関節を砕く。
感触を人間に近づけているせいかそれは想像以上にもろく、
簡単に翠星石の両足はだらりと外れた。

「ひぎゃあああああああああああ??!!す、翠星石の足が、ああ足が折れてしまった
 ですぅううううううう!!痛っ・・・こ、こんな、ひど過ぎるですぅ・・・」
俺は翠の足から手を放すと、腕も同じように踏みつけ、完全に動けなくした。

「た、助けてですぅ・・・ジャンクにはなりたくないですよぉ・・・
 もう生意気なこと言ったりしませんから・・・」
翠星石は泣きながら許しを求めるが、おれの考えは変わらない

「あ〜しまった・・・でかいゴミは細かくしないと捨てられないのか〜」

355 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:26:46 ID:XHMecZvk
おいクソミドリ!
「クソミドリと呼ぶなですぅ!だいたい何でクソミドリなんですかぁ!?」
ああ?だってオマエ庭師だろ?庭いじりとかするんだろ?
水まいたりウンコまいたりw
「ななな?!す、翠星石そんなもの庭にしたりしねーです!オマエといっしょにすんなですぅ!」
うるせぇ!庭の肥料つったら昔からウンコだろうが!
てめぇが作られた時代は化学肥料なんてまだねーだろーがよ!
つまりてめぇはずっとウンコ素手でつかんでまいてたってわけだ、
ウンコまみれの翠(みどり)だからクソミドリだ!
「ひ、ひどいですぅ!」
だいたいてめぇが手を洗ってるところ見たことねーぞ?
「人形はおまえたち人間みたいに自分の老廃物で汚れたりしないから洗ったりする必要はねぇと、な〜んど言ったらわかるですか!」
って、こたぁ今までてめえは手を洗ったことがねーってのか!
糞まみれの手であちこちさわったり菓子作ったりしてやがったのか!?
ぶっおえ、げえっ!急に気分が悪くなってきた!
オマエのせいだからな、このクソミドリ!

356 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:28:11 ID:XHMecZvk
九時

「あれぇ?翠星石の鞄がねぇですぅ」
あれなら庭に放り出したぜ
「な?!なんてことしゃーがるですか!」
うるせぇ!あんなカビ臭いもん俺の部屋においてくな!
「カビなんて生えてないですぅ!いつも翠星石がお手入れしてるんですから!」
あ?おまえの能力は植物育てることだろ?
カビだって植物だろうが!
見ろ、買い置きの菓子にカビ生えてる、オマエのせいだ!
だからカビの温床のてめぇの鞄を窓から捨ててやったんだ!
「ひ、ひどいですぅ」
あわてて鞄を拾いにいく翠星石。
玄関を出たところで、
ガチャリ
「ああっ?」
あわててドアノブを回そうとしたが鍵がかかっててドアは開かない。
「なんで鍵かけるですか!開けろですぅ!」
うるせぇ、今日から庭師らしく外で寝ろ、クソミドリ!
「きいいっこんなことしてタダですむと思うなよ、ですぅ!鞄で空飛んで窓から飛び込んでやるですぅ!」
そう捨てゼリフをはなち鞄をさがす翠星石。
「鞄…鞄、翠星石の鞄はどこですかあ?みつからねぇですぅ!嘘つきやがったなですぅ!」
とその時翠星石はなにかを蹴飛ばした。

357 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:29:05 ID:XHMecZvk
「?」
月明かりのもと、なにげなく拾い上げたのは薔薇の細工がほどこされた部品。
拾い上げた薔薇の細工がほどこされた金属部品には見覚えがあった。
「こ、これは翠星石の鞄の細工…!なぜこれがここにっ!」
きょろきょろ周りを見回す翠星石、そしてみつける。かつて「鞄」だった物を。
「ああああっ!ま、まさかこの炭の塊は!あああっこの焼けのこった、きれと綿は翠星石の鞄の…」
そう、マスターは火をつけた鞄を窓から放り出したのだ。
「ああああ〜ん!翠星石の鞄があ!鞄、鞄、あああ〜ん!お父様が翠星石のために作った鞄があ!
なくなっちゃったのですぅ!翠星石の鞄があ!これからどうすればいいんですかあ!」

358 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:31:39 ID:XHMecZvk
JUMは勉強をしながらポッキーを食べていた。
J「ちっ。もう無くなったよ」
ポッキーが無くなったので改めて勉強に集中しようっしていると翠星石がいきなり部屋に入ってきた。
翠「あっ!ポッキーですぅ!1人で食ってねぇで全部翠星石によこしやがれですぅ!」
J「(ったく…うるさいうえに食い意地の張った人形だな…まぁいい)ほらよ」
JUMはからのポッキーの箱を翠星石に投げた。
翠「やったですぅ!…ってからじゃないですか!!新しいポッキーをよこしやがれですぅ!」
J「バ〜カ!これで最後だよ。腹減ったならお茶漬けでも食ってろ糞人形。」
翠「ふざけるなですぅ!!このチビ人間!!」
翠星石はカラのポッキーの箱をJUMに投げつけた。
J「(# ^ω^)ピキピキ」
JUMは机の上に置いてあったサボテンをブツブツ言いながら部屋を出て行こうとしている翠星石に投げつけた。
「ガチャーン!!!!」
翠「いてぇぇーーですぅー!!!!」
翠星石は後頭部にサボテンを受け土まみれになった。
翠「なっ!?なんてことしやがるですか!!このチビ人間!!
あぁ…サボテンが…。この子は根が傷ついてしまったからもうダメですぅ…
これもぜんぶてめぇのせいですぅ!!謝りやがれですぅ!!」
翠星石が土まみれのまま部屋に入ってこようとしていたのでJUMは翠星石の腹に蹴りを食らわせ、部屋への侵入を防いだ。
J「ふぅ…。危ない所だったぜ」
翠「うぅ…痛いですぅ」
J「汚いからそこちゃんと掃除しとけよ」
そう言うとJUMは部屋に鍵を掛けた。

359 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:33:42 ID:XHMecZvk
翠星石は泣きながら廊下を掃除していた。
翠「JUMのやつ酷すぎるですぅ…この子にはなんの罪もないのに…グスッ…。
でも許してやってくれですぅ。JUMは心が病んでいるのですぅ…」
そしてダメになったサボテンを持って台所に降りて行った。
サボテンを捨て、体に付いた泥を払う。今日のりは部活で夕方まで帰らない。よって翠星石はあと半日泥まみれの姿でいなければならかった。
翠「あっ…」
翠星石の目には机の上に置いてある恐らくは雛苺のものであろう苺大福が映っていた。
翠「ぐぅ〜(腹の音)」
苺大福を見つめる翠星石…
翠「どうせチビ苺のですぅ!お腹も空いたし食っちまうですぅ!」
そう言い苺大福を食べ始めた。
雛「ああ〜!!雛のうにゅーが無いのー。どうしてなのー」
部屋中を苺大福を探しウロウロする雛苺。
雛「翠星石ー。雛のうにゅーしらないなのー」
翠「机の上に出しっぱなしになってたから翠星石が全部食っちまったですぅ。次からはきちんと管理するですよ」
雛「うぅ〜翠星石酷すぎるなのー!ウザいのー!死んじゃえなのー!」
雛苺は泣きながら翠星石に近くにあるものを投げまくった。
翠「チ、チビ苺!?危ないですぅ!止めるですぅ!ちゃんと管理してないチビが悪いですぅ!」
「べぢゃ」
翠「ああっー!?翠星石ドレスに醤油があっー!?」
雛「ざまあみろなのー!うわぁ〜ん!JUM〜!」
翠「まっ、待ちやがれですぅ!絶対に許さんですぅ!」
雛「うわぁ〜ん!JUM〜!」
雛苺はJUNの部屋にいきなり入って来た。

360 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:35:36 ID:XHMecZvk
J「どうしたんだ??雛苺」
JUMは翠星石には絶対見せないような優しい顔で雛苺に言った。
雛「翠星石がね…グスン…雛のうにゅーをね…グスン…勝手にね…食べちゃったの〜!うわぁ〜〜ん!JUM〜!」
J「よしよし。泣くな泣くな」
JUMは雛苺をなだめながら翠星石に殺意が芽生えていくのを感じた。
J「…よし!ついておいで雛苺。お菓子を買ってあげよう!」
雛「わ〜い!ありがとなのー!JUM大好きなのー!」
部屋から出てお菓子を買いに行こうとすると、胸元に大きな醤油染みのある土臭い翆星石が現れた。
翆「チビ苺!覚悟するですぅ!翆星石をこんなめにあわせた罰を受けるですぅ!」
雛「ひぃ!」
雛苺はJUMの後ろに隠れ、顔だけ出し翆星石を見た。
翆「そこをどくです!チビにん…」

「パンッ!」

JUMは翆星石の右頬に思いっきりビンタをかました。
翆「!!!?ななな、何しやがるですか!!あやまれですぅ!」
J「雛苺の大福を取った罰だ。雛苺に謝れ」
翆「ふざけるなですぅ!翆星石はチビ苺に醤油をぶかっけられたんですよ!
  チビ苺の方が翆星石に謝るべきですぅ!」

「パシンッ!!」

JUMは再び翆星石にビンタをかました。
J「(この糞ジャンクは自分のしたことをまったく謝らないくせに、やりかえされたら謝れと言うのか)
  もういい…行くぞ雛苺」
そう言いJUMは部屋を出て行こうとした。
J「そうそう。醤油は早く洗わないと染みが取れなくなるぞ。まあ、もう手遅れの様だがな」
そう言い残しJUMは部屋を出たのであった…。

361 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:37:41 ID:XHMecZvk
「チビ人間!翠星石も真紅みたいにかまって欲しいのですぅ!」
「お前なんかかまってやるもんか!真紅のような高貴さがないし
 ですぅですぅうるさくて耳障りなんだよね!」
「そんな!翠星石を嫌いにならないでですぅ〜!」
翠星石はジュンにかまってもらいたいがなかなかかまってもらえない
「嫌いにならいでもらいたかったら僕の言うことを聞くんだ性悪人形!」
「わかったですぅ!」
「服をぬげ!」
「は・恥ずかしいですぅ!それだけは勘弁して欲しいですぅ!」
「じゅあ!お前とは絶交だ!僕はお前のミーディアムでも何でもない!」
「仕方がないですぅ!脱いでやるですぅ!」
しぶしぶ翠星石は緑のドレスを脱ぐと・・
「こんなもの燃やしてやる!」
緑のドレスに火をつけ燃やした
「チビ人間何をするですかぁ!」
「はっはっは!今日から裸で過ごせよ性悪人形!」
「ひっく!翠星石の自慢のドレスが・・なんで翠星石だけ!」
ジュンにたった1着のドレスを燃やされて涙した。さらにジュンは
追い討ちをかける事を・・

362 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:38:32 ID:XHMecZvk
「お前命令口調で生意気だからやってやったんだよ!語尾にですぅを
つけるのも何かむかつく!強引に丁寧語にしてんじゃねえよ!」
「ひっく!翠星石はこれからずっと裸ですか?恥ずかしくていやですぅ!」
翠星石の毒舌はすっかり消え泣き言をいうばかりだった。
「性悪人形!だいたいジャンクのくせに羞恥心があるなんておかしいんだよ!
誰もお前の裸なんて見て欲情しねえよ!」
翠星石はまるで自分に魅力がないような事をジュンに言われ悲しんだ。
「ひっく!翠星石はジュンにかまって欲しかっただけなんですぅ!
なんでこんなひどい事するですかぁ!」
「お前が今まで雛苺や僕の心を傷つけ真紅の足手まといになるからだ!」
「チビ人間!今までの事は謝るですぅ!だからかまってですぅ!」
翠星石はジュンに傷つけられてもかまってもらえるようしつこく嘆願する。
「わかった!僕も鬼じゃないから明日になったらかまってやる!」
「本当ですかぁ!約束ですぅ!」
その夜
「あはは!翠星石裸なの〜!雛恥ずかしくて真似できないなの〜!」
「雛苺!こいつバカだろ!自分の服を間違えて捨てちまうし!」
「くっ!」
(チビ苺にまでバカにされるなんて屈辱ですぅ!)
「何か言ったかしら翠星石。ほんとあなたはローゼンメイデン一
 バカなのだわ!」
「くっ!」
(真紅は相変わらずきついですぅ!)
なぜ裸なのか真紅達に本当の理由をいえない翠星石だった。

363 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:39:31 ID:XHMecZvk
真紅や雛苺に裸である事をバカにされ続けたが何とか耐えて次の日になった。
「性悪人形のくせによくやった。かまってやる。」
「う・うれしいですぅ〜!」
翠星石は大喜びをしていたが突然ジュンに押さえつけられベッドに
押し倒される。
「チビ人間!何をするですかぁ!翠星石の服を燃やしただけでなく
こんな事をするなんて最低ですぅ!」
「あん!?お前これが望みじゃないのか?まさか性悪人形ごときが
真紅と同じように扱ってもらえると本気で思っていたのかよ!
この僕を笑わすなよ!」
「なんでチビ人間は翠星石を真紅と同じように扱ってくれないですかぁ!
翠星石はチビ人間の事をこんなに思っているのにですぅ!
なんで翠星石を見てくれないですかぁ!」
「よく見ているよ!おかげで余計にウザク感じるんだよ!」
バキ!ジュンは翠星石の腹を思いっきり蹴っ飛ばす!
「ぐっ!痛いですぅ!でも翠星石はチビ人間いえジュンの事は嫌いに
なれないですぅ!」
翠星石のしつこいアプローチに嫌気がさしジュンはズボンを下ろし
ジュンの物を出した。翠星石の口でピストン運動をする。
「ジュン!ちょっとぉ!やめるですぅ!苦くて臭いですぅ!」
ジュンは翠星石の口の中で射精する。
「性悪人形!お前のためにやっているんだよ!真紅に負けたくなかったら
ダッチワイフになる道しかないんだよ!」
「そんな嫌ですぅ!」
裸にされ精液を飲まされ薔薇乙女としてのプライドが既にズタズタの
翠星石もさすがに嫌がった。

364 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:40:58 ID:XHMecZvk
「性悪人形!立場わかってんの?もうお前は汚れているんだぞ!
役立たずのお前の使い道はそれしかないんだよ!」
「悔しいけど真紅に負けたくないですぅ!ジュンのために
ダッチワイフになってやるですぅ!さあ!翠星石を抱きやがれですぅ!」
「ようやくやる気になったか!でもおまんまんがないのはいけないなぁ!
おい!性悪人形!自分でおまんまんを作成しろ!」
「何を言ってるですかぁ!そんなこと翠星石にできるわけないですぅ!
それに自らジャンクになるようなものですぅ!」
ジュンは道具箱を持ってきた。
「金槌と彫刻貸してやるからさっさと掘って開けろよ!僕は今トイレに行ってくるから!」
ジュンは翠星石に話も聞かず部屋を出ていった。
「ジャンクになりたくないですぅ!でもジュンに捨てられるのはもっと嫌ですぅ!」
翠星石は自らの体を傷つけておまんまんを作成するかジュンをあきらめるか苦悩していたが
遂に決断した。
「おまんまんを作るために穴をあけても動くのに支障がないしこれぐらいなら
お父様も許してくれるはずですぅ!さあおまんまんを作るですぅ!」
カンカン・・・
(フフフッ!そろそろ頃合だな)
「おい!真紅!雛苺こっちに来いよ!」
カンカン・・・
「あ・あん!痛いですぅ!あーん!でも気持ちいいですぅ!
翠星石は大股開きして左手にのみ右手に金槌を持って自分の股間を堀りはじめていた。

365 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:41:58 ID:XHMecZvk
翠星石のおまんまん作成作業は大分進んでいた。
「あーん!痛いけどどんどん気持ちよくなるですぅ!手ごたえを感じるですぅ!」
その頃ジュンは真紅と雛苺を呼んでこの翠星石のおまんまん作成作業をあらかじめ空けた
覗き用の穴から見ていた。
「はしたないのだわ!翠星石!」
「翠星石変な声を出しているの〜!自分からジャンクになってるなの〜!」
「なっ!性悪人形て変態だろ!この変態人形にふさわしい罰を与えていいよな!」
「好きにやって頂戴ジュン!もうあの子は私達の姉妹でも何でもないのだわ!」
「わかったよ!真紅!」
「じゃあ私達はくんくんが始まるからリビングにいくのだわ!また後で・・」
「真紅〜!雛もいくの〜!」
真紅と雛苺はリビングに行ってしまった。
「さあて僕も自分の部屋に入るか」
翠星石はまだ作業を続けていた。
「あ・あん!あーん!き・気持ちいいですぅ!おまんまんってこんなに気持ちが
いいもなんですか〜!もう病みつきですぅ!あっ!ジュンどうですか!
翠星石のおまんまんは!」
翠星石のおまんまんを見てジュンは自分の物を出し始めた。
「入れるぞ!性悪人形!」
「はいですぅ!ついにジュンのおちんちんが翠星石の中に入るですぅ!
これでジュンと翠星石はひとつになれたのですぅ!」
ジュンは物を翠星石のおまんまんに挿入し腰を動かし始める。

366 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:42:50 ID:XHMecZvk
「うぉ〜うお〜!」
ジュンは興奮して叫ぶ!腰の動きが一層激しくなった!
「ジュンのおちんちん最高ですぅ〜!エクスタシーですぅ〜!気持ちいいですぅ〜!」
「お前落ちる所まで落ちたな!こんなに気持ちがよさそうな顔するなんて!」
激しくセックスしながらも会話が進む翠星石とジュン。
「なんとでもいいやがれですぅ!ジュンとひとつになれたしもう壊れてもいいですぅ!
ああ〜あ〜ん!いくですぅ〜!」
ピキピキ!
「ジュン!もっと激しくやれですぅ!翠星石が壊れるまでやるですぅ!」
ピキピキ!ゴロッ!
「ああ〜あ〜ん!翠星石イッちゃうですぅ!う・うん!翠星石のおまんまんが!
翠星石の腰が!足が崩れていくですぅ!もう翠星石はジャンクになったですよぉ!」
どうやら翠星石はおまんまんを作成する際掘りすぎて下半身に目に見えないひびが
入っていたようだ!このまま何もしなければスィドリームが直してくれたのだが
翠星石本人は気づかずにジュンと激しいセックスをしたためひびが徐々に大きくなり
下半身の崩壊に至ったのである。

367 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:43:57 ID:XHMecZvk
「ちっ!その程度か!」
翠星石の下半身が崩壊してジュンが舌打ちした。
「ジュン!ひどいですよぉ!本当に翠星石が壊れるまでやるなんてひどいですぅ!」
「人のせいにすんじゃねえよ!性悪人形!お前がひとりで目に見えないひびが入るまで
おまんまんを彫ったのがいけないんじゃないか!」
その時
「ジュンの言う通りよ翠星石!本当に呆れたのだわ!」
「呆れたなの〜!」
くんくんを見終わってジュンの部屋に真紅と雛苺が入って来た。
「聞いてくれよ真紅!こいつダッチワイフにすらなれなかったよ!
僕がイク前にジャンクになっちゃうし!原因はおまんまんを彫っているうちに
オナニーしやがったんだ!本当にどうしようもない淫乱性悪人形だろ?」
おまんまんを彫りながらオナニーしている事がばれて翠星石は言い訳を始める。
「仕方がないのですぅ!気持ちよかったのですぅ!真紅もおまんまんを彫ればわかるですぅ!」
それを聞いて怒る真紅。
「お父様の最高傑作として作られた私が何であなたと同じ事をしないといけないのかしら?
翠星石!所詮あなたは蒼星石作成の構想段階で余った部品で作られたエセローゼンメイデン!
ふざけないで欲しいのだわ!覚悟なさい!」
下半身を失いジュンの言葉にショックを受け満身創痍の翠星石に
真紅の手によって追い討ちをかけられるのであった。

368 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:45:28 ID:XHMecZvk
「さてどんな方法で罰を与えようかしら翠星石!覚悟するのだわ!」
「真紅やめるですぅ!もう翠星石は体も心も充分傷ついたですぅ!」
「問答無用!覚悟なさい!」
真紅は手から無数の薔薇の花弁を出し翠星石の体を傷つける!
「痛いですぅ!痛いですぅ!ですぅ!ですぅ!ですぅ!」
翠星石はあまりの痛さで頭が一時的におかしくなったのか「ですぅ」を連呼する!
その時・・
「やめるんだ真紅!」
このジュンの言葉を聞いた翠星石は僅かな笑みがこぼれる!
「聞いたですかぁ!真紅!翠星石の方がジュンに愛されているんですぅ!悔しかったら何かいいやがれですぅ!」
ジュンが真紅を制止させたためいつもの毒舌が復活する。が!しかし・・・
ギシギシ・・・
「ジュン!何をするですかぁ!痛いですぅ!顔が潰れるですぅ!」
ジュンは突然翠星石にアイアンクローをかます。
「勘違いするなよ!性悪人形!僕が真紅を止めたのはおまえごときに真紅の手を汚させたくなかったからだ!
どうだ痛いだろう?安心しろ!まだ顔は潰したりはしないから!お楽しみはこれからさ!
次はその無駄に長いおさげを使わせてもらうかな♪」
ジュンは30秒以上アイアンクローをかました後一旦手をはなし翠星石の髪を乱暴に掴む!
「翠星石の大事な髪を掴むなですぅ!!ジュンでも許さないですぅ!」

369 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:47:10 ID:XHMecZvk
「ふん!なんとでも言えよ!ダッチワイフ以下の存在のくせに!
前から試したい事があったんだよな!やっちゃおうかな♪」
ジュンのにやにやした顔を見て警戒する翠星石。
「ジュン!翠星石は下半身を失ったんですぅ!それなのに翠星石の大事な髪にまで
傷つけるですかぁ?やめるですぅ!」
しかしジュンは翠星石の話を全く聞いていない。ジュンは翠星石の髪を掴み自ら体を自転させて
翠星石を振り回す。
「目が回るですぅ!気持ち悪いですぅ!髪が痛いですぅ!うっ!おえぇ〜〜!!」
「はっはっは!どうだ性悪人形!僕のジャイアントスイングは!うん?汚ねえ!吐くなよ!」
翠星石はジュンのジャイアントスイングの余りの気持ち悪さに嘔吐してしまったのだ。
「汚いわ翠星石。」
「とても臭いの〜!翠星石とは一緒にいたくないの〜!」
嘔吐したため真紅と雛苺にもますます嫌われる翠星石。
「翠星石は悪くないですぅ!翠星石の髪を掴んで乱暴に翠星石を振り回したジュンが悪いですぅ!」
只でさえ翠星石の嘔吐物で自分の部屋を汚されて不機嫌にも関わらず翠星石の文句を聞いて
ジュンはマジ切れしてしまった!

370 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:48:02 ID:XHMecZvk
「よくも僕の部屋を汚しやがって!責任をとってもらうからな!性悪ジャンク!」
ジュンは翠星石の頭を掴み翠星石の顔に近づける。
「自分の吐き出した物だろ?責任持って食えよ!」
「臭いですぅ!キモイですぅ!ゲロなんて食いたくねぇですぅ!」
自分の嘔吐物を食べる事を拒否する翠星石。
「食わなかったら窓から投げ捨てるぞ!」
「ひっく・わかったですぅ!」」
嫌々自分の嘔吐物を口に翠星石。すると・・・
ジュンは足で翠星石の頭を踏みつけだした。
「なに嫌々食っているんだ!もっと楽しそうに食え!もったいなさそうに!」

         ___  ピチャピチャ
       く/',二二ヽ>
      ,.ノl |ノノイハ)) もったいねぇですぅ
   ⊂'⌒≦mリ。 。ノ≧m:;;:;::;:::⊃
  ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃
翠星石は無理してもったいないフリをして自らの嘔吐物を口にした。
理由はジュンに嫌われたくないから・・・。

371 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 09:49:54 ID:XHMecZvk
       ___
イヤデスゥゥ!!´;;;γ'⌒゙ヽ、
タスケテデスゥゥ/     ヽ
.く/ '二二ヽ>  ◎   l ))
。(ノノイハ))|l|、。     /,...;               /ヽへ/l、
.从゚`Д´゚リ|l|。ヾ、__, /彡・.,             〆     >   
⊂;:;⊂・/;;':"γ'⌒;ヽ、`ミ゚;`'..            <レl从^^从`、
;:∵;:・:/,;;;;;;;'/     ヽ;'∵;.‘             <口 _ 口レu/  翠星石を「RozenMaiden」から追放する?
 (( i;;;;;;;;;;i  ◎  ゙i ;;;'                (l^Y ll)
    ヾ;;;;;;;,ヽ、   ノ  ;;               |._ハ_.|
     `ー--=ニ-ー'                   ゝ' ゝ'



       ___
     /;;;γ'⌒゙ヽ、
ブッ・・・・・!!! /     ヽ  ;::・;:
イヤ…デス….  ◎  l ))*;:∵;::
  ;:・;::*:.ヾ、     /;:%;:∵;:::;            /ヽへ/l、
  ;:∵;从゚'дヾ、__,/彡・;:*;::;:           〆     >
   ゚・/,;;;'γ'⌒;ヽ∞;::;:・;::;;;::'.         <レl从^^从`、
    /,;;;;;;;'/    ブチャブチャッ!!;;'∵;;‘      <口∀口レu/  「この世」との間違いですぅw
 (( i;;;;;;;;;;i  ◎  ゙i;8:・o;:∵;:;;;'          (l^Y ll)
    ヾ;;;;;;;,ヽ、   ノ                  |._ハ_.|
     `ー--=ニ-ー'                   ゝ' ゝ'

372 :花咲か名無しさん:2006/06/21(水) 23:55:37 ID:VTzzofsA
出来損ないの性悪人形・クソミドリにはゲロと汚物が良く似合う♪

373 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 03:40:37 ID:JMFTmoIo
>>341-372
病院に行こうね


374 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 04:09:57 ID:2MXz3CN3
荒らし人間は完全放置推奨ですぅ
かまったりアンカーつけたりしてると削除依頼とおらねぇですよ

375 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 17:24:12 ID:8obwOCIU
さあ、今日もやってきたぜID:JMFTmoIoターイム!

今日のメインディッシュは翠星石!こいつを斧と毒で料理だ!
まずはその綺麗な足!ッグシャ!
「きゃああああ!やめて!もうやめてですぅ!」
まだまだいくぜい!手首切断!ッグキョ!
「いやあああ!お願いですぅ!なんでも言うこと聞きますぅ!」
何か言ったか〜?言ってねえよなあ。次は注射器いくぜ!
ほらブスリと!どんどん入っていくぜ!オラ、全部注入完了!どうなるかなあ〜
「・・・うう・・・うヴぉえええ!・・・ぶぶべべヴぇヴぇばば・・・」
汚え!変なもん出しやがった。グロいんだよボケ!
頭にキーック!さらにキーック!そして胴体切断!シュビーン!
そして小便フィニーッシュ!
「はぁはぁ・・・これからどうするつもりですか・・・」
ん〜そうだなあ、久々に溜まってるからチ○ポ加えてもらうかぁ。
ほーら銜えろ。
「う・・んん・・・んんうう」
おお、こいつは結構イケるぜ〜!うう、たまんねえ!
ブチ撒けるぞ!ほらブピュルルル!
「っぶは、汚い!やめて!これ以上出さないでですぅ!」
わかったよ、ガソリンフィニッシュな!ほらぶっかけてシュボ!
また明日頼むぜ〜

376 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 17:26:10 ID:8obwOCIU
俺は鎌を振りかざし、翠星石ID:8obwOCIUの足を切り落として立てなくしてやった。
翠「いやー、やめてですぅ!」
俺は必死にもがく彼女の目の前に立った。
「翠星石ID:8obwOCIUには蒼星石やジュンがいるんですよ!だから殺さないで!おねがいですぅ」
目は涙でいっぱいだった。
俺「おー、そうか。残念だがもう会えないな。地獄でよろしく
言っといてくれ」
シュビーン!首を切り落とす。宙に舞った首が着地する間もなくキーック!そして胴体真っ二つ!小便ぶっかける
いい肥やしになるぜ〜
そしてガソリンぶっかけてマッチでシュボッ!
吹っ飛んだ首はハンマーでグシャ!
今日は殺すにはいい日だぜ〜!非ッひゃひゃはyはfyだkfだjだf

377 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 17:29:03 ID:8obwOCIU
そいつは突然俺の家にやってきた。
翠星石ID:2MXz3CN3とか言うわけのわからない人形が鞄に入ってやってきたのだ。
そしてこう言うのだった。
「お前は今日から私のマスターになるのですぅ。どうも頼りない馬鹿そうな人間ですが、仕方ないですぅ」
「なに?おい!俺のどこが馬鹿だと?」
初対面でそんなことを言われて黙っていられるわけがない。俺のストレスメーターは70まで上昇した。
「きゃあ!近寄るなですぅ!」
少し歩み寄ろうとしただけで翠星石ID:2MXz3CN3は部屋から逃げていってしまった。
俺は馬鹿らしくて追いかける気も起きなかった。それよりもこの時間は俺のパソコンライフの時間だ。
人形に構っている暇なんてない。
俺はすぐさまパソコンを起動させる。
いつものようにゲームに熱中する俺。と、そこへ「人間、ドアを開けてですぅ」
おい、なんなんだ!こっちは今いいところだってのに!無視だ無視!
すると今度は行動が激しくなった。
「開けろと言ってるですぅ!開けないとドアを壊すですよ!」
ドンドンとドアを殴ったり蹴ったりする音が聞こえてくる。
「あーもう五月蝿い!開けるから待て!」
ドアを開けるなり、翠星石ID:2MXz3CN3が部屋に飛び込んできた。そして俺の脛を思いっきり蹴るのだった。

378 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 17:30:01 ID:8obwOCIU
「いってぇ!何するんだよクソ人形!殺すぞ!」
「すぐにドアを開けないからですぅ」
何なんだ!俺のゲームの時間を邪魔した上、言うこと聞いてやったらキックされるなんて。俺のストレスメーターは80に上昇した。
 それからしばらくして翠星石ID:2MXz3CN3は俺のことをまじまじと見つめたり、ゲームを観察したりしていた。
なんだかんだいって俺には気があるらしい。
「人間、椅子が無いから膝の上に座らせるですぅ」
「は?邪魔だっつうの。第一、ゲーム見えないじゃん。俺現在司令官やってんだから、負けるわけにはいかないんだよ」
「そんなことしったこっちゃないです」
そう言って翠星石ID:2MXz3CN3は俺の膝の上に無理矢理よじ登ってきた。そのままプレイを続けたが、ゲームの内容は酷い有様だった。
味方の陣地に誤爆してしまったのだ。おかげで司令官解任、さらにはサーバーからバン(追い出される)されてしまった。
それもこれもこいつのせいだ!この人形、妙にいい匂いするし、感触いいし・・・!
とりあえず気分をすっきりさせるために風呂にでも入ってこよう。
俺は翠星石ID:2MXz3CN3を抱きかかえて床に下ろした。

379 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 17:31:14 ID:8obwOCIU
風呂から上がった俺は、服を着ながらいつもの楽しみである風呂上りのヨーグルトの一気飲みのことを考えていた。
暑く火照った喉に流れ込む冷たいヨーグルトのことを考えただけで、ニヤけてしまった。
そして服を着終わった俺は冷蔵庫を開ける。ついにきたぜ!ヨーグルトちゃん!
「・・・え?」
そこには信じられない光景があった。
ない!間違いなくそこに置いてあったはずのヨーグルトがなかったのだ!
「オーマイガーーーーット!!!ちょっとちょっと、嘘でしょ!嘘でしょ!?」
俺はもう泣きそうな気分だった。なんでよ?牛乳屋さんちゃんと持ってきたじゃん。マジありえねえよ!「まさか・・・あいつか!!!」
翠星石ID:2MXz3CN3だ。クソ人形め!俺のストレスメーターは98に達した。
と、2階の俺の部屋と思われる位置からガシャン!と音がした。
「今度は何をした?何をしたんだよお!」
急いで部屋に駆け戻った。ドアを開けるとそこには、人形がなぜか増えていた。そして・・・
「あー!俺の1/700大和のマストが!○○○のポスターが!」
「あーそれ雛が描いたのー、えへへ上手いでしょ。」
「ふざけるな!翠星石ID:2MXz3CN3!こいつらを追い出せ!」
「そんなことでいちいち騒ぐなですぅ。陰気な趣味脱するチャンスですぅ」
俺はもう一体の人形を見いやった。
「どうも、翠星石ID:2MXz3CN3がお世話になっています。妹の蒼星石です」
こんな時に自己紹介か?あ?空気読めよ馬鹿妹!
「はいはいわかったから今日は二人とも帰ってくれ」
俺は強引に二人を帰らせると、物置から釘バットを取ってきて部屋に戻った。

380 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 17:33:00 ID:8obwOCIU
俺のストレスメーターはすでに爆発している。
「まったく、こんなことでいちいち騒ぐんじゃ・・・っきゃあ!」
翠星石ID:2MXz3CN3の腹に思いっきりパンチを食らわせてやった。
そしてぐったりする翠星石ID:2MXz3CN3を釘バットで猛打しまくる。
「きゃ!痛いですぅ!やめやがれですぅ!」
「ふざけんな!ヨーグルトの分がまだ残ってるんだぜ!」
「ヨーグルト飲んだくらいでごちゃごちゃ五月蝿いですぅ!」
この期に及んでまだ自分の罪を認めないのか!
俺は服を引き裂いて下着だけにしてやった。
「ひい!この変態!」
「人形ごときの裸見たって嬉しくもなんともねえよ!」
おら!直に痛みを味わえ!
どのくらい殴っただろうか。100回近く殴った気がする。
「う、っひぐ・・・どうしてそんなに殴るですかぁ・・・」
翠星石ID:2MXz3CN3は涙をぼろぼろ流しながら問うのだった。
だがまだ怒りはおさまらない。破壊された模型と破られたポスターの分の恨みが残っている。

381 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 17:33:44 ID:8obwOCIU
「まだ終わってねえ」
翠星石ID:2MXz3CN3の下着を剥いで、尻を露出させた。
「いや、そんなところ見るなですぅ!」
「うっせえ!そして尻の穴らしき部分にバットを突っ込んでぐりぐりとほじくってやった。」
「ああ!痛い!痛いですぅ!やめてですぅ!あ・・・ああぁん 」
少し感じたのか喘ぎが漏れた。
「この野郎!妙に感じやがって!」
腹が立ったのでバットを抜くと、もう一度殴打しまくった。
「そしてこれが○○○ちゃんポスターの分だ!」
翠星石ID:2MXz3CN3の尻の穴に手榴弾を詰め込んだ。ピンには糸をつけ、穴の外からでも抜けるように細工してある。
「へへ、こいつが何かわかるか?俺がこの糸を引けば、お前は木っ端微塵になるんだよ。謝るなら今のうちだ」
すると翠星石ID:2MXz3CN3は泣きながら
「御免なさい!もうしないですぅ!でも私は大好きなお前の陰気な部分を取り除きたいからやったんですぅ」
最後の言葉が感に触る!死ね!
俺は糸を引いた。その瞬間、物凄い爆発が起こった。
煙が晴れた後、そこには塵と化した翠星石ID:2MXz3CN3の無残な姿があった。



382 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 17:35:18 ID:8obwOCIU
「時には広い心を持たないとね。素直にお菓子くれるように言ってみるか」
翠星石がお菓子を作っているらしいのでもらいにいった。
「おい、翠星石、お菓子作ってるならくれよ」
「おまえみたいな人間の分なんてねーです」
その言葉を聞いた直後に俺はハンマーを取り出した。
それに気づいた翠星石は逃げようとする。
「マジうっぜええええええ!」
翠星石を無理やり引っ張って手首足首をカチ割ってやった。
「やっぱ俺の辞書に素直なんて言葉はねえよなあ!」
体が動かせない翠星石はもがき苦しむ
「やめて、どうしてこんなことするですか・・・」
「うっせえんだよくそったれ!あばらを叩き割ってやるぜ!」
ハンマーを大きく振り上げて胴体を叩き割った。
「ぎゃあああ!痛い!痛いですぅ!もうやめてぇ!」
そんな言葉を聞くまもなく、頭を蹴飛ばす。
翠星石の体は痙攣しており、首はどこかに飛んでいってしまった。
「愚かな人形だ。今日死ぬなんて思ってなかったろ?おったまげ〜!げひゃひゃひゃひゃひゃうひひっひっひひっぃ」
と、さっき吹っ飛んだ顔が転がってきた。悲しそうな顔をしている。
「てめえ!そんな顔されると!」
俺は思いっきり蹴りまくった。
「余計にぶち壊したくなるじゃねえかよ!」

383 :花咲か名無しさん:2006/06/22(木) 18:00:29 ID:8obwOCIU
俺は鎌を振りかざし、翠星石の足を切り落として立てなくしてやった。
翠「いやー、やめてですぅ!」
俺は必死にもがく彼女の目の前に立った。
「翠星石には蒼星石やジュンがいるんですよ!だから殺さないで!おねがいですぅ」
目は涙でいっぱいだった。
俺「おー、そうか。残念だがもう会えないな。地獄でよろしく
言っといてくれ」
シュビーン!首を切り落とす。宙に舞った首が着地する間もなくキーック!そして胴体真っ二つ!小便ぶっかける
いい肥やしになるぜ〜
そしてガソリンぶっかけてマッチでシュボッ!
吹っ飛んだ首はハンマーでグシャ!
今日は殺すにはいい日だぜ〜!非ッひゃひゃはyはfyだkfだjだf

384 :花咲か名無しさん:2006/06/23(金) 00:45:18 ID:6/0Pm9lF
「ダーイビーッチ!」
ッグショ、メリメリメリ
「痛!何するですか!」
「シットォ!」
ゴシャ、グチュルグチュル

385 :花咲か名無しさん:2006/06/23(金) 08:02:31 ID:6/0Pm9lF
深夜、部屋に入ってきた翠星石

「ふわぁ〜...もう寝るかですぅ、これを作ってたらすっかり遅くなったですぅ」

「台所で何やってたんだ、こんな夜中まで」

「!!?ッち、チビ人間!!寝ていたんじゃないのかです!?」

「下で鍋だか何だかをひっくり返す音がして気になって眠れなかったんだよ」

「プ!いい歳こいて何、気の小せぇことほざいていやがるですか、お前みたいのをノミの心臓というですよ。
お子ちゃまなチビはとっととクソして寝るがいいです!」

何でそこまで言われなきゃいけないんだ!僕はムカついて、得意満面で厭味を言う翠星石の髪をつかみ顔面を床に叩きつけてやった。

「ひぎゃあっ!!!!い、いきなり何をしやがるですか?!」

と、すぐさま起き上がった翠星石がうらみがましく僕にたてつく。
その時翠星石が持ってた何かが床にコロリと転がり落ちた。

ん?何だこりゃ?思わず拾い上げようとすると

「そ、それは?!ダメですっ!!」
と言って翠星石が飛びついてきた。が、僅差で僕がそれを素早く拾い上げた。

386 :花咲か名無しさん:2006/06/23(金) 08:04:07 ID:6/0Pm9lF
「か、返せですっ!!それは、翠星石がっ!!!」

ほう、大事なものらしいな。ふん、ただで返すと思うなよ。

「返すです、チビ!それは...それはぁっ!!」

うるせえ!!ガタガタぬかすと、こいつをひねりつぶすぞ!?

「ひぐっ!!!」

よほど大事なものらしい。この悪魔人形がいうことをきくなんて...
僕は翠星石から奪った物をしげしげ見た。

「やぁぁぁぁっ見るなです!!」

うるせぇな...何だこりゃ?箱...か?

箱は「頬を赤らめてハートマークを抱きしめた幸せそうな表情のクマのブーさん」が数箇所印刷された
いかにも小さい子供や女の子が喜びそうな図柄の包装紙がなされ、それに幅広のリボンがかけてあった。

ためしに箱を振ってみる。耳をあてると中で何かが転がるような音がした。

「や、やめろです!振るなです!まだ固まってないかもなのです!」

こいつ何を言ってやがるんだ?

387 :花咲か名無しさん:2006/06/23(金) 08:05:19 ID:6/0Pm9lF
はは〜ん、こいつ、また良からぬことをたくらんでいるに違いない。
この翠星石という人形は外見は可憐で大人しそうな顔をしているが、だまされてはいけない。
実はとんでもなく性悪な悪魔人形だ。
乱暴な言葉づかいはもちろんのこと、暴力まで振るう。
いつも年下の雛苺をいじめまくるし、僕の部屋の窓ガラスをしょっちゅう割りまくる
しかもワザとだ。僕もこいつにはピアノ線で足をひっかけられた(足切断したらどうするんだ!?)こともあるんだ。

この箱も何かの悪さの仕込みに違いない。僕は翠星石の悪事を阻止すべく箱の中身を確かめるために中身を確認することにした。

ビリッビリッ!
僕は無造作に箱を包んでる包装紙を破く。
僕の手の中で破かれ握りつぶされた紙に印刷されたクマのブーさんの笑顔がゆがみ引き裂かれていくのを目の当たりにした翠星石が悲鳴をあげる。

「あああっ?!(泣)ブーさんがっ!何するですか!もっと丁寧にはがせですよ!
それは夕飯の手伝いの“ごほうび”で、のり からもらった翠星石のとっときの宝物ですぅっ!!それをと、特別に使ったのにですぅ〜!」

ぬわにっ!!『夕飯の手伝い』だぁ?!
まさかあの晩の花丸ハンバーグ『卵の殻が混入された目玉焼き』に『何かの小骨が入っててそれが喉に刺さるハンバーグ』『下水のような味のソース』
を作ったのは、翠星石だったのか!?どうりで!!作りなれてる姉ちゃんが、そんなミスするのか?と思ってたが...
ちっ、どうりで夕飯の時に翠星石の顔を見たら目をそむけるはずだ。
顔を赤くしてうつむいたのは「してやったり」と興奮してたからってワケか?!
この悪魔人形め。

ふん、そんなに大事なもんなら返してやるさ!
僕は丸めた包装紙を部屋の隅の床に叩きつけた。それはころころ床を転がり翠星石の足元にで止まった。

「あ...あ...ブーさんが...」

クシャクシャになった紙をわざわざ広げてそんなこと言ってやがる。うっとおしい!

388 :花咲か名無しさん:2006/06/23(金) 08:06:33 ID:6/0Pm9lF
包装紙を取った箱のフタにも何か封筒のようなものが付いていた。
こちらは真紅も夢中になってる「くんくん探偵」の主人公「くんくん」のキャラが使われたキャラ物の封筒だ。
封筒の表面には緑のサインペンで書かれた文字があった。
何て書いてあるんだ?ミミズが腕立て伏せしてるような字だが...
かろうじて『ヅュソちま へ』と読めなくもないような??

「や、やめろですぅ!読むなですぅ!!こ、こんな、こんな形で読まれるなんて翠星石は...翠星石は...
こんな...ううう...っ翠星石はこんな...」

まったく、自分の悪事がバレそうだからって、そこまで取り乱すことないだろ?
僕は封筒から中身を取り出そうとした。

「やめろです!!!返しやがれですっ!!!それを読んだら...読んだら許さね〜ですぅ!!!」

再度、翠星石が飛び掛ってきたので、とっさに分厚い参考書を顔面に叩きつけてやった。
「うぎゃああっ!!!」
床に落ちたところを後ろ手にして縛り上げてやった。ロープの代わりは翠星石の無駄に長い髪を代用した。
無理に解こうとすると腕か首のどっちかがスッポ抜けてしまうだろう。
「く、首が...痛いです...う、腕がつるです...うぅ」
おとなしくしてろってんだ。僕は抵抗できない翠星石を尻目に封筒の中の手紙を読む。
だが、こちらもミミズが腹筋運動してるような文字で読めやしない。
かろうじて、『ヅェソ 犬 女予 \≠ で寸』と読めなくもない文字があった。

ふん、なにかと思えばくだらない。僕は暗号めいた文字が書かれた紙を丸めてゴミ箱へ叩き込んでやった。

「あぁぁぁっ!!...手...紙、通販の本で、日本語...勉強...うぅっ...
翠星石は...この日のために...一生懸命書いたですよ...?そ、それを...」

ちっブツブツ何言ってやがる?この人形は?壊れちまったのか?

389 :花咲か名無しさん:2006/06/23(金) 08:07:53 ID:6/0Pm9lF
「うう...ひっく...うえ...」
おいおいおい何だこいつ?何涙なんか流してるんだ?...この日のためにって
そんな前から計画してたのか?この悪事は。なるほど用意周到に計画してきたが
それが今日この日に僕に知られてオジャンになったってわけだな。ふん、馬鹿めw
さーて、と...この箱何が入ってるんだ?どーれ見てみるか...
あ?何だこのコゲ茶色の...!!??!!まさか、ウ〇コ!!!!
...じゃ、ないみたいだな...臭いもしないし。
ひしゃげてはいるが、どことなくハート型に見えなくもない。
「おい、このグニャグニャの茶色いのは何だ?」

「あああ...さっき箱を振ったからです...やっぱりまだ固まってなかったのです...
せっかく夜遅くまで翠星石が...何度も作り直して、今度こそうまくできたですのに...」

茶色い物の表面をよく見ると何か白いものを溶かして描いた絵のような物がある。
なんか雛苺がよく床に落書きするときに描く僕の顔みたいだ。−□ー□−とあるのは眼鏡のつもりなんだろうか?
「おい、これは何だって言ってるだろ?」
「そこまで見てまだわからんのですかっ!!この脳足りんっ!!世間知らずの引き篭もりのチビ人間!!!」

はぁ?おうコラ!何て口のきき方だっ!!僕は禁句を口にした人形を思いっきり踏みつけてやった。
ゴスッドスッバキ!
「ぐあっ!ぐえっ!いやっ!...ううう...翠星石はこんな...こんなつもりで...
...喜んでくれると思って...溶かして...型に流し込んで...一生懸命作った...ですよ?
ホワイトチョコでジュンの顔を描いて...のり も頑張ってね応援してるって言ってくれたのです...それなのにこんな...」

あ?姉ちゃんがどうしたって?こいつ姉ちゃんになに吹き込んだんだ?
どういうわけかうちの姉ちゃんはこいつには甘々なんだ。
それをいいことにこの性悪人形がしてきた悪事は数知れず。だが残念だったな、
お前の本性を知ってる僕には通じないぞw

390 :花咲か名無しさん:2006/06/23(金) 08:10:12 ID:6/0Pm9lF
僕はおもむろに床に横たわってる翠星石のアゴのあたりをつかんで強引に顔を持ち上げた。

「あががががあっっっ!!!な、何をするですかっ!?」

ふん、知れたこと!そのきき方がなってない口をふさいでやるのさ、コイツでな!
そら、喰え!てめえが作ったというこの得たいの知れねえブツをてめえで喰いやがれ!!
僕は歪な茶色い物を箱ごと翠星石の口にムリヤリねじ込んでやった。

「な、何をするですか!やめてです!やめ、いやああああああっむ、むぐっぐぅっ!!!!」

翠星石はつぶした箱でパンパンにふくらんだ口をかろうじてモゴモゴさせながら
紅と緑の目から涙をとどめなく流した。
ふん、面白くない。確か冷蔵庫にヤクルトの買い置きがあったはずだ。それを飲んで
寝直そう。僕は部屋を出て台所に向かって階段を降りていった。

(うう...うえ...どうして...翠星石がこんな目に...?翠星石は...
翠星石は...ジュンのこと...ううっ...ジュン...蒼星石ぃ...さびしいよう...
蒼星石ぃ)

カワイソウ…

(?!誰...です?)
       アイシテモラエナイ ノネ...
          ずる
             ワタシガイッショニ...
                 ずるずる
         イテアゲル…
               ずる

…ボコ…メキョ…ボコ…

End

391 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/24(土) 11:11:59 ID:aCVcgLmb
ドサッ
粗大ごみ置き場に>>373が何かを置いた。
「これも、もうだいぶ使い古したからなぁ」
そう言うと人間は家へと帰っていった。

キィィィィィィ ガチャン
ドアを開けた>>373が家へと入った。ふとみると台所の方のあかりがついているようだ。
「おかしいな、消していったはずだけど・・・」
見ると翠星石が手に何か持ったまま台所の床で寝ていた。
「ひざまずきやがれですぅ・・・」
「なんちゅう寝言だ。しかも俺のウイスキーボンボンくいやがって、いじきたねぇんだよ人形の癖に。・・・そうだ!」
>>373は何かひらめいたようだ。

392 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/24(土) 11:12:52 ID:aCVcgLmb
チャリン チャリン
「・・・何の音ですか?」
目覚めた翠星石は手に痛みを感じつつめざめた。そこから両手を鎖でしばられつるされていることに気づくにはたいした時間はかからなかった。
「どういうことですか!」
「こういうことだよ!」
バゴッ
翠星石の腹部ににぶい衝撃がはしった。
「カハッ、ゴホッ」
「サンドバッグ使いすぎでもう使いもんにならんのよ。テメェがかわりやれや」
「す、翠星石はサンドバッグなんかじゃねーですよ!」
ヒュン パチン
>>373の平手が翠星石の頬にあたった。
「い、痛いです何するですか!」
「サンドバッグは言葉をしゃべらない」
パチン パチン パチン パチン パチン パチン パチン パチン
「や、やめやがれです!翠星石がなにしたっていうですか!」
「あぁ、またしゃべっちゃった」
バゴッ バゴッ バゴッ バゴッ バゴッ バゴッ バゴッ バゴッ
先ほどとは比較できないくらいの衝撃が翠星石の腹部を襲った。>>373が連続してミドルキックをはなっているからだ。
「グベハァ」
翠星石は口からげろをはきだした。
「あ、きったねぇな。じゃあ今度はこっちだな」

393 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/24(土) 11:15:17 ID:aCVcgLmb
そう言うと>>373は柱に固定してある翠星石の鞄に向かった。
「何する気ですか?」
翠星石はおそるおそる聞いた。
「こうするんだよ!」
ドゴッ
「翠星石の鞄になにするですかぁ!」
「人形を収納する鞄を蹴っ飛ばしているだけだけど!」
ドゴッ
「ヒィィィィィ、やめてくださいです」
「いやだね。この鞄ローキックの練習にちょうどいいんだ」
ドゴッ ドゴッ ドゴッ ドゴッ ドゴッ ドゴッ ドゴッ
翠星石に目の前で鞄がどんどん変形してしいく。
「やめやがれです! チョコ黙って食ったのは謝るです! だからやめるです!」
「そんなことでやめるかよ」

>>373は柱から鞄を取り外すとつるされている翠星石の目の前に持っていった。
「そんなにこの鞄が好きか」
「そ、それがないと翠星石は満足に寝られないですよ。だからはやくかえすですよ」
「病院に行こうね(笑)」
ブン ドゴッ
>>373は言うや否や変形した鞄だったものを翠星石の足にフルスイングでぶつけた。
カラーーーーン コロコロコロコロコロコロコロ
「ヒギャァァァァァァァァァァァァァァァァァ! 翠星石の足が・・・足が!」
床には翠星石の足だったものがころがっていた。

394 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/24(土) 11:17:23 ID:aCVcgLmb
「もうすっかりジャンクだな」
>>373は翠星石の顔を見てにやつきながらいった。
「どうして、ング、こんな、ヒッグ、こんなことを・・・ヒック」
翠星石の眼には涙がたまっている。
「そりゃ、テメェが人形の癖にたくさんものは食べるし、口は悪い。そして自分がやったことを隠そうとする性悪人形だから。
 人間を幸せにするはずのローゼンメイデンのなかで一番の失敗作だからさ」
「そ、そんな、そんな、そんなことあるものですかぁぁぁぁぁ!うあわぁぁぁぁぁ」
「うるせえな、サンドバッグは泣かないぞ」
ブスリ ザシュッ
「ヒギャァァァァッァァァァァ!」
眼に指が突き刺され、抜かれ、翠星石は悲鳴をあげた。
「うるせぇっていってるだろ!」
ボコ バコ ガス ゴガ
数え切れないほどのパンチを浴び、翠星石の体は変形し、部品は吹っ飛んでしまった。


翌朝の粗大ごみ置き場には手、足、胴がばらばらになった翠星石だったものと、持ち主と同じようにもはや原型をとどめない鞄が捨てられていた。

395 :花咲か名無しさん:2006/06/24(土) 16:09:04 ID:XwX50YE1
::::::/::::l::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.::::/:.:/.:/ !:.:/.::::::::丶.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::!:::::::
 ̄| ̄:r=ェ,‐-:::_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:::::/.:,イ:./ /.:/.::::::::::::::_ヽ-―  ̄ ̄|:::::::
:::::l:::::/ /:::.:.:.:.:.丶、:.:.:/.:::::::::/〃:.イ /:/.::::::::,.イ´.:::::.\.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::
:::::|::/ /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ -く .:::::::::/// //.:::::/.::::::::::::. .::::::ヽ、:.:.:l:::::::::
_/ /  _ -‐ ニ´_ :::::::.ヽ/ /イ  //.::/.::::::::.  _ -‐ ___」:.:.:.:.:
.:://:::.. ̄ ‐- 、‐テ、-    /   〃   -‐ 二 == キ  ̄ア/.:.:.:.:
,'.;'.::::::::::::..:.:.:.:.:.:.:. く ヽ / ..:::::/:::::::..  イ lrイr:::::j i l  /イ.:./.:.:.:.:
:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.    \::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::-ゝ――- '< /.:/.:.:.:.:.:.
:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     丶/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.../.:/.:.:.:.:.:.:.:
:::::::.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.      ',           .:::::::::::::::::::::::/イ:.:.:.:.:.:./
::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      l    j            / /.:.:.:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    :. l_  ___,         /.:.:./ ヽ l7
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  .::::. l、      /       /ァ'「! =‐ ′
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::: l ` ‐-‐ ´         /|l:.{(  =' /!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::: l            _ イ:.:.:.|l/     レ_
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::::::::::::::::: l           _.. '"|:.:.:|:.:.:.:/  _.. '"
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::/ _     _.. "´|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.:.」‐ '"
:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::/   ` ー "´    |:.:.:.:ll:.:.:|/
甘くてみょ〜に美味しいリンゴはいかがですぅ?


396 :蒼星石:2006/06/24(土) 18:04:23 ID:cEz5/z7d

     .!                   '|
      |_, -‐'‐. ̄ ̄ ̄‐‐ー---、     /                  /
_,______|___________       `‐- 、/                  /
|              ´ ̄ ̄ ̄ ̄‐ー-イ,                   /   .
\                        `ゝ、              /   /
  \  ___------------‐-- 、____       , /          /   ,  ヽ
   `|   、 .| .!       、   `''=、  /           |  'ニ''゙l′ | 、
    |  │/ ./ l、ヽ -、    \  .、  \           ,ノ'| 、 .ゝ/.ゞ  /
    ! :!  7 人、ヽ \\、  __-ニ, 、.!   ヽ        _r'´  | `ー、 ___/
    .! ヽ/, イl==-ヽ、 `ーニー-=j|l |  .ト、 !      r'´‐ \ 亅  |
    ='/!、.!`'' /  \、_  |,''‐'ノ'゙,| | │ヽ.!    . /   ノ゙゙〈\  .|
     ヽ\_゙' ̄    ,  ´  ̄´/ | / .!|  ,r'´二`ヽ_/ / `'y/
      \ T'~    -     ,j/, ト-─‐!--! .i'´ `! |', z〈、  /
        \ `=、_    , -''´ / _____   _-/r/''─`Y´
   '二'' ̄し--‐丁_リミ7‐, -‐'ニ‐' ´ ̄   ゝ、 .!i'´''.!.!  , ! _!
 /´ .し'_jヽ`|r'`>'´  `‐‐-/, イ-!ゝi‐l、  .//  .,ノ-ニゝ '!- 、'′
     !__ ノ_ノ´   ‐=t_ ./ rへ_.!ッ .!.7ヽ 〃  // _  ヽゝ
  ,_-‐‐' ´.!.く    -、  〕\/ ノ `y !フ // . //,‐'´  Ti  l |
./     .| r'´  -、_  スハ ヽ''  `').! |‐' /ノ/_    !|  .!‐7
       | ./'-┬ 、, フ r |''| 、ヽ  , 〈‐' , |/./、  `丶、.!| ,‐' /
変態は剪定するよ

397 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/24(土) 18:52:07 ID:aCVcgLmb
>>395-396はつまり

  ┌──┐ニヤリ.  ___
  i二ニニ二i   く/',二二ヽ>
  i´ノノノヽ)))   |l |ノノイハ)) 甘くてみょ〜に美味しいリンゴはいかがですぅ?
   Wリ゚ ー゚ノリ    |l |リ゚ ヮ゚ノl|
   ()_介」)     ノl_|(l_介」つ●
  +/〈__l__〉     ≦ノ`ヽノヘ≧
.  |/〈_ハ_〉    ミく二二二〉ミ




  ┌──┐変態は剪定するよ
  i二ニニ二i
  i´ノノノヽ)))    .(ΟlΟ)
   Wリ゚ ヮ゚ノリ     |l|    ___
   ⊂)_介」b    ノl_|(l_介」つく/',二二ヽ>
    〈__l__〉     ≦ノ`ヽノヘ≧|l |ノノイハ))
    〈_ハ_〉    ミく二二二〉ミ|l |リ゚ p゚ノl●|

こういうことですね!

398 :翠星石:2006/06/24(土) 22:33:44 ID:cEz5/z7d
>>397    ___   ♪
     く/',二二ヽ> 
     |l |ノノイハ)) )) <このスレの変態(>>397他)さんを消毒しますですぅ
 ((  |l |リ゚ ヮ゚ノl| 
     ノl⊂l_介」つ0匚lア ミミ
    ≦ノ`ヽノヘ≧     ミミ
.   ミく二二二〉ミ     ψ


399 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/24(土) 22:55:30 ID:aCVcgLmb
汚物は消毒!
                                    >>398___   ♪
                                      く/',二二ヽ>
  _∩且つ______ : . ヒューーーン             |l |ノノイハ)) ))
  (_( ・x・)_(      (():∴ .              ((  |l |リ゚ ヮ゚ノl|
    (_ Υσ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : .                  ノl⊂l_介」つ0匚lア ミミ
     |___|__|                              ≦ノ`ヽノヘ≧     ミミ
     l                              ミく二二二〉ミ     ψ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        /
                   / /_
                  /  /
                     /   \__________________________
      死ね        |
  _∩且つ______|
  (_( ・x・)_(      ((|
    (_ Υσ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      __________________________
     |___|__|          |    /                  ,;,;:.:,;:;:';';'''
     l        |\|\ \   >               ミく二二二〉ミ     ψ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


400 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/24(土) 23:01:19 ID:aCVcgLmb
ある晩、ふと目を覚ましたら翠星石が暗闇の中ベッドの前で何かつぶやいていた。
寝たフリして聞いてみた。

「ウッ…ハ…(クチュクチュ)ウウウッ…ッ…チ、チビ人間…」

おいおいおい!この、お下劣人形!俺の寝顔をズリネタにして、こいてやがる!
声を抑えているのは真紅たちに気付かれないためと、スリルを楽しむためってか?
けっエロ人形め、どうするか見てろ!
俺はガバッと起き上がった。

「きゃっ」
当のズリネタがいきなり起き上がってきたので翠星石は心臓が飛び出さんばかりに驚いた。
目を丸くして下半身丸出しで硬直している。

「?…寝ぼけてるですか?」

ふっ、俺もなかなか演技が上手いよな。そう今の俺はどっから見ても寝ぼけてるようにみえるはずだ。

「ふぅあせったです、びっくりしたですぅ」

下半身丸出しでそんなことをつぶやいてやがる。
俺はそんな翠星石に虚な目でいきなり抱きついてやった。
「ひゃあうっ!?」
よし、先手必勝!そして続けざまに耳元でささやいてやった。
「す…き…だ…翠…」
そして寝ぼけたフリで抱きしめる。
「え?え?え?」
けっ、目をうるませてやがる。下半身丸出しでw

401 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/24(土) 23:02:57 ID:aCVcgLmb
「好きだ…翠…」
「ち、チビ人間…そんなことを言われたら、す、翠星石は」

とかなんとか言いながら股間をいじりまくってる。
けっ、おおかた俺が寝ぼけてると思って妄想働かせてるんだろうが、そうはいくか!

俺は声をあげた

「大好きだ…翠…すい………水銀燈〜っ!!」

「な?!」

「水銀燈の胸!水銀燈の太もも!水銀燈のふくらはぎ〜っ!!!」

「な、なんだと!?ですぅっ!!」

ふははは、バカめ!これはさすがに屈辱的だったのか、思わず大声をあげやがった。

うかつな淫乱人形めw

402 :自治スレでローカルルール検討中:2006/06/24(土) 23:03:40 ID:aCVcgLmb
他の人形の名前を聞いて声を荒げた翠星石は背後の気配に気付いていなかった。

「いったい何の騒ぎ……す、翠星石、貴女何やってるの!?」
「あれ〜翠星石がおまんまん触ってるのなの〜」

さらに部屋のドアが大きく開く
「きゃ〜何?何?ジュン君、今のすごい声〜?あっ」
さらに俺もつい今し方起きたような演技。
「ふわ〜うるせえなあ何だよこんな夜中に…わっ!何だオマエ?!」

みんなの視線の先には下半身丸出しで秘部に指を突っ込んだ翠星石が顔面蒼白出てきた固まっていた。


笑えるぜw

403 :翠星石:2006/06/25(日) 00:37:12 ID:KzQObPab

              \   /        , -‐-、
 丶           /  /   ,   _, --- ,ィ゙            ト、 __/|
      丶 r_、 〈ヘ./| /  _i, イ: :. :._;. イ:./ヽ         /       ヽ
        \丶',丶!_i  \/ー:.':. :./」/:. :. ト        /        \_
、      r_ 、 ヽ   {l}、_ !:.|:.代〉'/厶!:.」_ |   ーイ   待  ち    /
  丶  丶 二´   {l}  |:l ̄ヽト  i-、 ゞソ/l|       |   っ   ょ  /
         r‐'´_r'jノ /:l: : : :〈ヽ Lノ_イ*|:.!       /   た  |   |
        /\__, イ/:/: : : : :|刀ヽ__〉|*|:.|      /    |   |   |
  ト-- '      |: :/ー┬一!i |{} ヽ. ト.!:.|     /     |   |  /
  |            ∨   l::::::〈 i | {} \!}」     7     |   |  |
  /  す  た  妄   \_ |::::::::| i | {}公 |」}      |     ぁ  っ 「
  |   る  い  想     /┴-、::\!/: :\ー'    /    ッ  と 〈
 /   で  が  も    /: : ; : /l::::::::7: : :/    /             /
  〉  す  い       |//: :ヽ:∨V:\:|      \            /
 /  ! !  に       /: : : : ヘ: : : \」        \        〈
く                  |: :ヽ : : : \: : : :\_        >  /`Y⌒ヽ
 \             て: : : : : : : : :\: : : : ヽ    /   |
   |             /=x、: : : : : : : : : ヽ: /:ヽ  7 で  〉
   l        _/: : : : :ヘ: : : : : : : :i: : : : : : :ヘ l  す  〕
 /|/三´Y´三三丶: : : : : : :ヽ : : : : : i: : : : : : : ヘ ヽ ぅ 「
//三三三三三三三ヽ: : : : : : : \: : : :ヽ: : : : : : :ヘ 」,イ



404 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 00:39:00 ID:3urGgtyS
翠星石>>403がいいこと教えてやるですぅ。旨いペペロンチーノの作り方ですぅ。
まず材料が揃っているか確認するですぅ。量は適当で構わないですよ。
なにはともあれ、大き目の鍋にお湯を沸かすです。
お湯には塩をひとつかみ、これでもかというくらい入れておくですぅ。
お湯はぐらぐらと沸かすですぅ。なるべく大量のお湯を沸かし、
塩の量は遠慮しないことがパスタをうまく茹でるコツですよ。
冷えたフライパンにオリーブオイル、にんにく・鷹の爪を入れ弱火で炒めるですぅ。
焦らずオリーブオイルに、香りをじっくりと移すですぅ。
オリーブオイルが熱くなってきて、にんにくがじわじわと泡を出し始めたらパスタを茹で始めるですぅ。
パスタは後からフライパンで炒めることを考えて、アルデンテ一歩手前ぐらいになるように茹でるのがいいですよ。
にんにくがキツネ色になったらフライパンにパスタを投入するですぅ。
にんにくは焦がしすぎると苦い味がでてしまうのでタイミングが大事ですぅ。
パスタをフライパンに投入したらパスタの茹で汁を大さじ5杯とパセリのみじん切りをいれてかき混ぜるですぅ。
味がものたりないときは、ブラックペッパーや塩を足すですぅ。
冷めないうちに急いで皿に盛り付けるですぅ。

405 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 00:39:30 ID:3urGgtyS
いただきますを言おうとすると、急に何もかも嫌になり、皿を窓の外へ放り投げるですぅ。
落下途中に皿からパスタがはみ出ると美しくないですよ。
皿が割れる音が響いたら、ガスレンジから茹で汁が入った鍋を窓際まで運ぶですぅ。
階下を歩く人人が驚いて見上げる視線を充分に受けとめてから、鍋を投げ捨てるですぅ。
この時、目を見開いて奇声を上げると効果的ですぅ。
フライパンは柄を持ってスナップを効かせながら斜め上方30度へくるくると回転させるように投げ上げるですぅ。
フライパンが放物線を描いて頂点から落下し始める前に調理台へ戻るですぅ。
そして先ほどパセリをみじん切りにしたナイフで頚動脈を切断し、意識が消える前に窓から飛び降りるですぅ。

406 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 00:40:53 ID:3urGgtyS
    ___
  く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |≧∀≦ おめーら一緒に遊ぶですぅ!翠星石は空気が読めないですぅ!
  ノ|⊂l_介」つ
. /ノ>、,.<ヽ\
. `<_/ |. ヽ_ン'
    ∪∪
    ‖‖
     ε  З

じゃあ、おまえをサンドバッグにして遊ぶか

407 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 00:41:24 ID:3urGgtyS
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ゚ ー゚ノl| さぁ煮るなり焼くなり好きにするがいいですぅ!
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ

よしじゃあ黒ヒゲ危機一髪ごっこをした後に高層ビルの屋上に連れて行ってガソリンぶっかけて、
頭に包丁ブッ刺しておまえの意識がなくならないうちにライターで火をつけて突き落としてあげるね

408 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 00:42:03 ID:3urGgtyS
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ゚ ヮ゚ノl| やっぱり翠星石は他のジャンクどもとは格が違うのですね
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ

そりゃもちろんさ!格が違いすぎるよ!
バカさとかムカつき度とかいろいろね!
愛してるよ翠星石
今すぐそのヘッドセットをそのかわいらしいさくらんぼのようなおくちにつめこんで、
そのさらさらのこの世のものとは思えないほど美しいウェーブのかかった髪を切って禿げ頭にして、
その髪でその華奢で少し掴んだらいとも簡単におれてしまいそうな愛らしい首を絞めてあげたいくらいだよ

409 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 00:42:48 ID:3urGgtyS
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ^ヮ゚ノl| さすが翠星石はチビ人間どもの人気者ですぅ!
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ

そうだよぉ、だって翠星石とーってもかわいいし、いじめがいあるしね
よーしまずはそのキラキラしてる生意気なくりくりおめめを片方くりぬいてみようか
くりぬいたおめめは晩御飯として出してあげるから安心してね

410 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 00:43:33 ID:3urGgtyS
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ゙々゚ノl| ムグムグ…翠星石の目玉は意外といけるですよ
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ

くりぬいたところがぽっかりあいてて間抜けだから山芋を流し込んで固めて瞬間接着剤つけてふたしてあげるね
ふたは翠星石の望む柄にしてあげるよ

411 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 00:44:57 ID:3urGgtyS
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |★ヮ゚ノl| ふたの柄は翠星石の好きなお星様ですぅ!
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ



                  ___
       、,,;,,、、      く/',二二ヽ>
     、Ξ#,,;ミΞ,,,、 、,, |l |ノノイハ)) ですぅ・・・
   とΞ;;,、;;∴λ、;;;∵゙, |l |★々゜ζ;;,
  "  '゙゙;゙` ' ゙`゙;~;~^゙;;:   '''`''"
      '`;;Ξつ   `'';;:;Ξミ,.

・・・あーすっきりしたすっきりした

412 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 00:46:46 ID:3urGgtyS
         ,,====、===、
       _||______|___|| \\.  ___
       l^|___ \   \く/',二二ヽ>
       || |口|   \ \ ((  |l |ノノイハ))
       || |口|     \ \ ノl_|*゚∀゚ノl| キャッキャ
       || |口|      \ ≦⊂l_介」つ≧ キャッキャ
       || |口|         \ \_つ_つ\\
       || |口|         \ \    \\
       || |口|          \ \    \\
       || |口|               \|      \|
  _,,..-―'"⌒"~ ̄"~⌒゙゙"'''ョ.        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ
 T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
 ,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/
 ,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /
 _V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/

413 :蒼星石:2006/06/25(日) 02:39:32 ID:73ueO3Og
はあ…(溜め息)

414 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 10:39:07 ID:3urGgtyS
はあ…(溜め息)
|──┐     ___
|ニニ二i   く/',二二ヽ>
|ノノヽ)))   |l |ノノイハ)) (翠星石にだけ)虐待はやめやがれですーッ!!!
|-д-ノリ   |∩#゚听ノ∩
|⊂/    ノ l_|(l_介」)丿
| /       ≦ノ`ヽノヘ≧
.       ミく二二二〉ミ



ホント自己中だよね
 ┌──┐     ___ っ
 i二ニニ二i  く/',二二ヽ> っ
 i´ノノノヽ)))  |l #ノノイハ)) なっ何しやがるですぅ!
  Wリ゚ ー゚ノリ  ∬|リ`Д´ノ|
  ()_介」つ━・∬|(l_介」)l|
   〈__l__〉ジュッ≦ノ`ヽノヘ≧
   〈_ハ_〉  .ミく二二二〉ミ

415 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 10:42:53 ID:3urGgtyS
特製翠星石ジュースの作り方
@熟睡している翠星石とミキサーを用意します。

┌───┻───┐
 |           |
 |           |
 |           |
 |           |
 |           |
 |           |
 |           |        ___、Zzz...
 \   〒    /       く/',二二ヽ>
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       ,..ノl |ノノイハ))
. /   ◎   \   ⊂'⌒≦mリー_ーノ≧m デスゥ...
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

416 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 10:43:30 ID:3urGgtyS
A翠星石をそーっとミキサーに押し込めます。

 |    ___ Zzz... |
 |  く/',二二ヽ>  |
 |  |l |ノノイハ))  |
 |  |l |リ- -ノ|   |
 |  ノl_|(l_介」).|   |
 |. ≦ノ`ヽノヘ≧  |
 | ミく二二二〉ミ  |      
 \.   〒   /      
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       
. /   ◎   \  ┌───┻───┐
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

417 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 10:44:48 ID:3urGgtyS
Bおもむろに水を注ぎます。

     ビクッ!
 |    _从_      |
 |. く/',二二ヽ>  |
 |  |l |ノノイハ))  |
 |  |l |リ;゚Д゚ノ|   |ナニゴトデスカ!!!
 |~~~~~~~~~~~~~~~~|
 |          |
 |          |
 \.   〒   /
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. /   ◎   \  ┌───┻───┐
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

418 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 10:45:40 ID:3urGgtyS
C注ぎ終わったら蓋を閉じます。

┌───┻───┐パチン!...
 |~~~~~~~。゚ ~~~~~~~|
 |  く/',二二ヽ>  |
 |  |l |ノノイハ))  |
 |   |l |リTДTノ|  |ベブゥ! ゴボゴボー!!!
 |((ノl⊂l_介」つ)) |
 |. ≦ノ`ヽノヘ≧  |
 | ミく二二二〉ミ  |
 \.   〒   /
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. /   ◎   \
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

419 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 10:46:58 ID:3urGgtyS
Dスイッチ”強”でスタートです。

 ギュルギュルギュルッ!!!
┌───┻───┐
((|:;;;::;:≦:;ノ`;:;:ノヘ::;::;| ))
(( |::;;:ミ::くニ;;:::::;:;;:〉;;|))
((|く/',二;::;::;:::;;:≧;:;::;;| ))
(( |:::つ;::;;;;;二ヽ>;:;::::|))
((|;:;:::::;;;:ノノイハ)):;;::;;:;| ))
(( |;::ミ:;;;:リ゚' 々゚');:;;:::;|))ベビュゥゥゥゥ!!!...
((|::;;:::⊂::;;;:::;_介」:::::;:| ))
 \::;;;:::;;:〒::;;:::::;::/ガリガリッ!!
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. /   ◎   \
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

420 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 10:47:35 ID:3urGgtyS
E良く混ざるまで続けます。

 ヴギュルルルルルル!!!!!
┌───┻───┐
((|:;;;::;::;;;:;:。ノイ;:;::::;;;:;;::| ))
(( |::;;:ミ::;;;;;;;::::::::;:;;::::;;|))
((|:::;;;;::::;;;::;::;:::;;:つ;:;::;;| ))
(( |:::;;;;;;::ヽ))::;;;;;:::::;:;:|))
((|;:;:::::;;;::;;;::::⊂:;;;;::;::;::| ))
(( |;::ミ:;;;:;:;;::::::::;;::::::;;;:;|))・・・・・。
((|::;;:::;;;;;::::::::;;;;::::;::::::;;:| ))
 \::;;;:::;;:〒::;々゚::;/
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. /   ◎   \
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

421 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 10:48:08 ID:3urGgtyS
F程よく混ざったらスイッチ”切”です。

     ッン...。
┌───┻───┐
 |:;;;::;::;;;:;:。ノイ;:;::::;;;:;;::|
 |::;;:ミ::;;;;;;;::::::::;:;;::::;;::|
 |:::;;;;::::;;;::;::;:::;;:つ;:;::;;|
 |:::;;;;;;::ヽ))::;;;;;:::::;:;::::|
 |;:;:::::;;;::;;;::::⊂:;;;;::;::;::|
 |;::ミ:;;;:;:;;::::::::;;::::::;;;:::;;|
 |::;;:::;;;;;::::::::;;;;::::;::::::;;:|
 \::;;;:::;;:〒::;々゚::;/
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
. /   ◎   \
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

422 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 10:48:42 ID:3urGgtyS
G・・・一杯いかが?(オエッ)

 |           |
 |           |
 |           |
 |:::;;;;;;::ヽ))::;;;;;:::::;:;::::|
 |;:;:::::;;;::;;;::::⊂:;;;;::;::;::|                 .//
 |;::ミ:;;;:;:;;::::::::;;::::::;;;:::;;|                //
 |::;;:::;;;;;::::::::;;;;::::;::::::;;:|                //
 \::;;;:::;;:〒::;々゚::;/             |;;::つ;;|
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|               |。ノイ:::|
. /   ◎   \┌───┻───┐ヽ;;ミ;:/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                      (おしまい)

423 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 11:03:01 ID:3urGgtyS
「チビ人げ…」
「ですぅッ???!!!」
刹那、翠星石の体は殴られたかのようにボコボコになっていた。
「な…何がお…起きたです…ぅ…?」
翠星石はJUMをお茶に呼びに来て、彼の部屋のドアを開けただけだったのに。
次の瞬間、体中に激痛が走り、全体的に破損していた。
ただやはり喋るだけが能なのか、口だけは動いたようだったがw

424 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 23:44:21 ID:GXJBGy8a
                 、,;'"´'"´´``ヽ
(゙゙゙''''⌒"´``'゙゙゙''''ー-'"´``'゙''"´        ノ
ヽ           人           |
 :          (__)         |
 |        \(__)/       |
  |         ( ・∀・)         )
  |              、,;'"´'"´´`‖
  ( (⌒"´``'゙゙゙''''ー-'"´``'゙''"´       ‖
   ‖                    ‖
   ‖                  /'⊃`i,
   ‖         人       / .ノ‖゙
 i"⊂i,        (__)     , ,/
 ヽ ‖`ヽ、    (__)   /,,/      _人人人人人人人人
     ゙ヽ、 .ヽ,_ ( ・ Д・)/ /      > ここは今日から
      `\  `'ヽ   '" /       > うんこスレだよー!!
         ヽ、      ,゙          ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^
           i     i
           i    |
           i      |

425 :花咲か名無しさん:2006/06/25(日) 23:54:53 ID:3urGgtyS
>>424
保守乙

426 :花咲か名無しさん:2006/06/26(月) 00:02:49 ID:O8AcGrgV
保守してくれたお礼に

「ID:GXJBGy8a、まだ起きてるですかぁ?相変わらず夜更かしさんですねぇお前は」

「ああサッカー見てるからさ…。翠星石も今日は夜更かしだな」

「お昼寝したからまだ眠くないです。
 それにしてもいいですねぇお前は楽しむものがあって。この時間はやることなくて暇ですぅ」

「ふーん。じゃあこっちで一緒にサッカー観る?」

「でも翠星石サッカー全然知らないですよ」

「俺も詳しい訳じゃないけどさ、見てると単純に熱くなるもんだよ」

「…そこまで言うなら一緒に見てやるかですぅ。わかんないとこ教えるですよ」

「はいはい。じゃあ横座りな」

427 :花咲か名無しさん:2006/06/26(月) 00:04:08 ID:3urGgtyS
「ID:GXJBGy8aはどっち応援してるですか?」

「こっちの青い方だよ」

「なんで蹴ってばっかりで手使わないですか?」

「い、いや、サッカーって手使ったらだめだからさ。本当に知らないんだなあ…」

「う、うるさいです!お前が教えるって言うから一緒に見てやってるですよ!」

「ごめんごめん…うぉ!危な!」

「あ!こいつ手でボール触りやがったです!堂々と反則なんてふてぇヤローです!」

「ゴールキーパーは手使っても良いんだよ。あの線の中ならね」

「ゴールキーパーってなんです?」

「ゴール守ってる人だよ。相手のゴールにボール入れたら1点貰えるんだよ」

「ふーん。だったら遠くからポーンと蹴って入れちゃえばいいですのに」

428 :花咲か名無しさん:2006/06/26(月) 00:05:06 ID:O8AcGrgV
「それじゃゲームに…お、きた!」

「ID:GXJBGy8a、この赤い服着たのは…」

「え、なに?」

「ですからこの赤い服の…」

「お、抜いた!いけるいける!」

「ちょっとID:GXJBGy8a…」

「ごめんちょっと黙っててくれる」

「…………」

「よっしゃ!シュ」

「シュートォォーーーーーーーー!!!!!」

「痛ぃっってぇぇえ!!!!な、なにすんだよ翠星石!」

「お前が一緒に観ようって言うから一緒に観てやってたですのに
 邪魔者扱いなんてふざけんなです!そんなに見たけりゃ一人で見とけです!」

429 :花咲か名無しさん:2006/06/26(月) 00:06:29 ID:O8AcGrgV
翠星石に蹴られたID:GXJBGy8aはわざわざサッカーシューズを履いて蹴り返した。

どぎゃっ

「っ!!!」

コーナーポストにつきささる翠星石。

「う…っ…」

痛みのため声すら上げられない翠星石にフーリガンになりきったID:GXJBGy8aが暴行。

しだいに形をとどめなくなる翠星石であったw

430 :花咲か名無しさん:2006/06/26(月) 03:23:57 ID:kuFkEdea
      く/',二二ヽ> クチャクチャ
       |l |ノノイハ))  ボコれるもんなら
       |l |リ^〜^ノl|      ボコってみやがれですぅ♪
      ノl⊂l_介」つ ローゼンメイデン一可愛い翠タムを
.      /ノ>、,.<ヽ\ ボコボコにすることなんか
.      `<_/ |. ヽ_ン'  臆病なチビ人間にはできっこないはずですぅ♪
        ∪∪    あ〜ジュンのティッシュはイカの味がしてたまんねーですぅ♪
        ‖‖
       ε  З ドカドカ


431 :花咲か名無しさん:2006/06/26(月) 08:18:24 ID:Ej9UwyhO
>>430
          ___    ∞ 〜
        く/',二二ヽ>
     ν⌒,,ζ|ノノイハ)) ティッシュうめーですぅ・・・
    ⊂_:#:≦|#:;)〜T#)ニチャニチャ

432 :花咲か名無しさん:2006/06/27(火) 04:46:49 ID:RRAAMA1x
>>430
翠タム死ね

433 :花咲か名無しさん:2006/07/02(日) 01:27:03 ID:0mYk1pEp
  ______________
  |                   .|:
  |   ___               |:}
  | く/',二二ヽ>            |:   ゴゴゴゴ…
  |培l |ノノイハ))  アッ!        .|:}
  |  |l |リ゚ O゚ノl|            |:
  | ノl_|(l_介」).|                |;}
  | .≦ノ`ヽノヘ≧               |:
  | ミく二二二〉ミ               |:}
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ____________
  |                |:
  |    ___ イ、イマスグココカラ |:}
  | .く/',二二ヽ>ダシヤガレデスゥ!|:   ゴゴゴゴ…
  |  |l |ノノイハ))        .|:}
  |  |l |ili゚Д゚ノl|         |
  | ノl_|(l_介」つ         |}
  | .≦ノ`ヽノヘ≧         |
  | ミく二二二〉ミ        |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

434 :花咲か名無しさん:2006/07/02(日) 01:27:47 ID:0mYk1pEp
  ___________
  |               |:
  |    ___          .|:}
  | .く/',二二ヽ>デスゥゥゥッ!?...|:   ゴゴゴゴ…
  |  |l |ノノイハ))    ..  .|:}
  |  |l |ili;0;ノl|       ... |
  | ノl_|(l_介倍:.;,  グシャ  |}
  | .≦ノ`ヽノヘ:;:.,:        |
  | ミく二二二〉,;;。、;::    |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ___________
  |               |:
  |    ___          .|:}
  | .く/',二二ヽ>   !?    |:   ゴゴゴゴ…
  |  |l |ノ煤G:;        |:}
  |  |l |ili判:;。;      |
  | ノl_|(l_倍:.,;;。 グシャア .|}
  | .≦ノ`ヽ@、:;:.,:      |
  | ミく二二"。、。、;:     |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

435 :花咲か名無しさん:2006/07/02(日) 01:28:25 ID:0mYk1pEp
  __________
  |            |:
  |     |l|        .. .|:}
  |       …  .. ..|:   ゴゴゴゴ…
  |    _从_     .. ...|:}
  |. く/',二二ヽ>     |
  | ./ /倍:.;;:.。 ドシャ ..|}
  |/ /≦@;@.,:  .. . ..|
  |ミ; "。;。、;:      |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  __________
  |            |
  |              .. .|
  |               .|
  | .          .. ...|
  |   ___          |
  | く/',二二ヽ>   .. .|
  | //@;@.,:| |   .. . .|
  |//;"。;。、;:| |       |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      「空気圧」

436 :花咲か名無しさん:2006/07/04(火) 01:21:03 ID:qkXw7PVW
「すこやかに〜のびやかに〜緑の葉っぱをキラキラひろげて
大きく育てですよ、おまえたちですぅ」

(ぱらぱら)

「?なんか空から粉みたいのが降ってきたですぅ?
あっ?!草木がしおれていくです!なんでですか!翠星石が水をやったのに?」

(ごそっ)

「きゃあっ?!翠星石の髪が抜けてくです!いやぁっ!翠星石の服も変な茶色に!
あああ目があ体があ!痛い、かゆい!痛い、かゆいですよぉぉっ!」



さすが枯葉剤、クソミドリの妖力もかたなしだなw

枯れちまえ!クソミドリw

437 :花咲か名無しさん:2006/07/04(火) 01:22:00 ID:qkXw7PVW
キキキキ―――ッ!!がっしゃ〜〜〜んっ!!!

「きゃあああああ〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!ですぅ〜〜〜!!!」
「翠星石――――ッ!!!」

「やばい...バラバラのグチャグチャだ...」

たまには外の空気でも吸うかとばかり桜田家の庭に出たジュンだったが、
庭で木々に水をやっていた翠星石に「チビ」とか「ひきこもりのモヤシですぅ」とか言われ、腹いせにちょっと突き飛ばしてしまったのだ。
そしてバランスを崩した翠星石が「はわわ?!おっとっと〜ですぅ」とか言って庭から表の車道に飛び出してしまった結果、
翠星石はたまたま通りかかった車に轢かれバラバラになってしまったのだ。

「翠星石...翠星石...ああ、どうしよう...」
翠星石だったバラバラの残骸を拾い集め、残骸をみつめ頭を抱えるジュン。
彼の心中を支配していたのは、翠星石への哀れみではなく

          『やべぇ、このことが真紅にバレたら殺される』

という、まことにもって妥当といえる心情であった。

END

438 :花咲か名無しさん:2006/07/04(火) 16:25:11 ID:oAF+jJt9
cat /etc/passwd | mail nobody

439 :花咲か名無しさん:2006/07/08(土) 11:53:55 ID:hqMB5QKE
夜通しの残業から部屋に帰宅すると、灯りをともす前の暗闇の中で
ムシャラムシャラと怪しげな音。誰か居る。女?いまどき珍しい円形のスカートを
だだっぴろげて部屋の真ん中で堂々と買い置きのスナック菓子やpokkyを貪ってやがる
その物体はどこか見覚えがある。ミドリのベルベットのこいつ、
あの「ですぅ星人」だった。ヌシがカエッテキタデスぅなどと
あたふたする翠星石のうしろ髪をしっかりと?み、この泥棒猫めと
両手で左右のおさげ髪をひっぱりながら、灯りをともして奴の睨みつけるような
生意気な表情を、髭面を近づけつつまじまじと眺める。紛れも無くミドリである。
pokky喰ったくらいで泥棒呼ばわり心外ですぅなどとぬかしやがる。
そしてツェッペリンの音楽なんぞゴミのよう、次々と溺愛するバンドに対して
罵詈雑言をぬかしやがった。ビートルズとツェッペリンを貶す言動が
このいけすかない悪魔人形に、心の底から、陰惨な殺意を抱かせるスイッチとなった。

2本の後ろ髪を右手に持ち替え、翠星石を遠心力にまかせてクルクルとふりまわし、
ホーロー台に叩きつけてやった。何するですか、イタイですぅ、
手前の為した図々しくも侮蔑にあふれた言動の罪深さなど微塵も自覚の無い
このミドリのドレスを被ったゴミは、キッと睨みつけながら
なんでこんなことするですぅとでも言いたげだ。そのまま髪を引っ張りつつ
頸を猫?みに押さえ込んで、頭からに熱湯をかけてやった。
漸く、ミドリの奴、本気で自分を虐待する気だ、と気づいたようだ。
そのまま、更に両の眼球のグラスアイに熱湯をたっぷりと注いでやり、
奴の反抗心を萎えさせてやった。硝子でできたオッドアイの眼球は無残にも
熱で罅だらけになる。虐待祭りはこれからだ。

440 :花咲か名無しさん:2006/07/08(土) 11:54:35 ID:hqMB5QKE
本気で殺意を悟り始めた翠星石は部屋中を暴れまわるように逃げ始めた。
嫌がる翠星石を床に突き伏せさせ、左の上腕のパーツをハンマーで砕いてやった。
フリルブラウスに包まれた華奢な右手首を?みひねりまわして関節を破壊し、
そのまま右腕を肩関節から引きちぎる。両腕を破壊されてジャソクにされた状況を
信じられない表情で目を見開いて呆然とする翠星石。二度と再生しないように
ちぎられ分離した両腕のパーツを、翠星石の眼前でハンマーで粉々に砕いて燃やす。
陶器製のビスクパーツは既に原型をとどめていない。が、その破片の中に埋もれた
不気味な「モノ」がふと目に留まる。ゴム状の靭帯で繋がれた、それは明らかに
人骨だった。こいつら、人間の骨のフレームで出来ていやがる。
人骨には怪しげなキリル文字でまじないの語句が刻まれていた。
呪いの人骨で組み立てられた不浄のヒトガタを滅せよと、脳裏に擬神の指令が下る。

更に残酷な贖罪が翠星石に降りかかる。喉が焼け付くような声で泣き叫び、
半狂乱に暴れる翠星石のスカートとアンダーパニエをめくり、滅多にみせることの無い
両足首をさらけださせ、ファイバーロープで縛りあげる。
足首に繋がる縄尻を左右へ引っ張りあげると、翠星石の股関節はいとも簡単に破壊され、
両足がちぎれてジャソクになった。とうとうダルマになった翠星石。
あいかわらずですぅですぅ、翠星石はジャンクになってしまったですぅとわめきちらす。
煩いので喉を締め上げる。そうだ、せっかくだからこのジャンクドールもインテリアとして
再利用しよう。サテンのリボンで頸をキュッと締め上げ、しっかりと縛り首にしたのち
リボンの縄尻を天井から吊るして、首吊りドールにしてみた。喋らなくなると
結構可愛げあるじゃないか、こうして四肢を破壊されてジャソクにされた翠星石は
物言わぬ首吊りダルマになったとさ。

441 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:17:22 ID:N0Sz0NvF
.      l   l    l      〃  /   ./   /l   |  |    l    |;; ,|:::::::::'″ 
.      l   l     l         ||  /   ./    /  .l,   .| .|   .l     |; |:::::::::' 
      l   l   ├ーーーートト--L,__  ./   ./   .l,   .| |   ゙l    l;; |:::::::" 
     l    l    l      | |  l゙  ~"メ=ュ。、/    l,   .| |.  ゙l     |;; ト、:: 
     ヘ,   i),   l       | |  l   .l゙ _,_ミミミ<;-、,_ヽ,   ゙l, ゙l,  l,    |;; |::.ヾ:, 
      ヘ,  i, i    i,       |. |, l _,.、ト殺御社***+ミミュ;、,_.゙l,;゙l,   l,   |;;; |:::' 
      |l;  i ゙i!  ゙i,     .| |, ,l‐' .|魍'´:::::,、‐'""`ヾミミミミミミ;;゙l,,_ ゙l,  |l;;; ゙|::: ..,/ ; 
ヽ      i,i  i ゙i,  ゙i,     | λ  /l:::::::::;/'<つ;;/l;;;;;;;;'),`ヾ魔ミミiミミ゙ト;、,,_I」;l」ャ=',ノ::  ::.. 
 |        i;'i, i, ‘i,   ゙i,     λ魅lλ  ト''´ /ブ~ ;;lllll;; ~';;),''::::`魑ミi,~~;'‐┼'F'ト;".‐'"  ';ヽ 
 ヽ.     ゝ i,i, . ゙i,  ゙i,  ./ 鬼"゙l;i  l  |;;;;  ;;ll ll;;;‐-,;;),  \キ, 》、 ゙l, ,|::ベ,l;:::::ァ ,,,,,,,,,,,_ 
  ヽ     ゝ.ヾ  `i;. X.ヘ.  Y:::::;'l;i l,  .|;;;;  ;;ll ll;;  ;;;|    ヽ`::::゙l, ゙l, |::::ヘ,l, =''''''''''''''~~ 
    ヽ     \   ,X~.ヽ \;、 l,::;. ヾ, l,  |;;;;  ;;ll,ll;;  ;;;|    :::::::::ヽヽ, |,::::: ヽ  
.     ヽ.      \ ´ ゞ、ヽ. ヾ、ヘ;,. \.', ゙ャ;;,  'ヾll;  ;;;    ,::::::::::::.ヾi、ヾ;;::. \-=- 
ヽ、   \      \  ヘヽ.\.  `ド;、  ヾ、 \;, ,,     ノ    ,ノ::::::::::::::::.ヾ;,l,ヾ;, 
. | ヽ,   \     \  ヘ \\ `i,::\_, ヾ  `ヾ、;;;;;/  _,.。;_,,::l゙゙゙'''::;;;::''''''::.ヾ、 \ 

442 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:18:42 ID:N0Sz0NvF
`1 ヽ、   \     \. \. \\ '、ヽ`ヽ、    _,,.。ャェィン'"  ...:::::::::ァ   '':::.ヽ 
ヽ,\  ヽ、   \     \.ヽ, `ヾ;.、\`'獨酷滅虐魎=""   _....:::::::ッ"      '':. 
_| \ヽ.  ヽ、    \       \ヘ,.  ヾ、.ヾー----    ....::::::ヌ”"゛ 
゙|  ヽヽ ノ| `ヽ、  \     `ヾ;;、   `ヾ:;.、 
,|   ~ヾ、」     `ヽ、_. `ヽ、.     `ヾ;     ~`ー                   /| 
,.\ /   l`ヽ、    `ヽ、_`ヽ、__   `ヽ、                         ノ/ 
こ,_\    l   `ヽ.       T‐t、_`'‐ュ,__ `ヽ、                       `(, 
 ./ゝぃ、. l.              | ゝ `"'-、,王-、こ;ェ、
../   ~" l   il         |. \    ~`''''‐-ニニ>、      .:  /ヒュ、,___     __,,,,、-ー-、 
/       l  /|         |   \                   .:::// ./`´ ~~ ̄^''''~~~~~~~~ ~`''´~~`)\ 
      l /|        |    |)、               .:::// ,、ゝ ,、,               ノ ノ 
/       .l ./ .|      i  .|   ノ゛.\           :::::il./ ゝ・'´~`''''''  ''''''' '''''''''''''''''''≦ミ彳´ 
      ,l /  .|       .ノ  |   ./   ゙ヽ、_         :::::|| ( 
      l/  .|     .ノ  ‖  ノ      `ヽ、_        `';`ゝ、〜〜-ー〜-----、,、-〜-、,,,,...ノーェッー 
      ノ   |/    /./  ./l /            .>、.,_       ̄ ̄ ̄ ̄~~~~~~~~~~~ ̄ ̄ ̄ ̄~゙ 

443 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:19:13 ID:N0Sz0NvF
         /    ノ ノl   |/ /            /    |`'‐ュ,_ 
        /   // / ./l丿       _,.、ャ‐'"~ ,   ,;|  イ ~ト-、.,_                    _,. 
.        l   /へ,_,| .// __,.ュャヤ"゙゙    _,ィ'"]  / |  ヘ .ハ  ~ヽ、,              _,.、‐'" 
       /  ,/   / ./"゙~~     _,.。,.ィ'´   /  / .i.ヽ  ヘ,| ヘ    ~ヽ、,        _,.、‐'" 
        |  /    | ./     _,ィ‐" '゛     .l  /  | |ヽ,、 \ |        ~`ー---‐'"~      _,.、‐

444 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:28:36 ID:ThAIFW/j
>>441-443
よく貼れたなw

445 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:29:19 ID:ThAIFW/j
エンカボーダァァァァン!
      .ィ/~~~' 、
    、_/ /  ̄`ヽ}     ,,...-:':::":~~ ,,..  .~~""''':::..,,,
    ,》@ i(从_从))     :::::,         :..::::::::  ,
    ||ヽ|| ゚ ヮ゚ノ|||y=ー~"''-::..,,,. ;;;;;,,,...:::--''''"~
    || 〈iミ''介ミiつ        ノ⊂l_介」つ
    ≦ ノ,ノハヽ、≧      ≦ノ`ヽノヘ≧
    テ ` -tッァ-' テ      ミく二二二〉ミ

446 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:30:29 ID:ThAIFW/j
           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓  |   |   @レンジに入れてタイマーを60秒に。
        |┃      ___      ┃◎ |   |
        |┃   .く/',二二ヽ>    .┃60 |   |
        |┃     |l |ノノイハ))デスゥ! ┃  |   |
        |┃     |∩#゚听ノ∩   】【  |   |
        |┃    ノl.ヽ{l_介」}丿   ┃  |   |
        |┃    ≦ノ`ヽノヘ≧   ┃■ |   | _
        |┃ (( ミく二二二〉ミ ))  ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ / ∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓  |   |   A暫くは元気に抵抗を試みますが・・・
        |┃      ___      ┃◎ |   |
        |┃    く#   >ヽ    ┃50 |   |
        |┃     |\ィイl |)))   ┃  |   |
        |┃ コンチク||||l||l|| l |ノショー! 】【  |   |
        |┃    ⊂ノノ从ヾ,つ    ┃  |   |
        |┃    ≦ノ`ヽノヘ≧    ┃■ |   | _
        |┃ (( ミ〈二二二〉ミ ))  ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

447 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:31:11 ID:ThAIFW/j
           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓  |   |   Bその内ヘッドドレスの端あたりが焦げてきて・・・
        |┃      ___      ┃◎ |   |
        |┃    ◆',二二 ◆   ┃40 |   |
        |┃    |l |ノノイハ)).   ┃  |   |
        |┃ .アツイ|l |リ"Д"ノ|デスゥ!】【  |   |
        |┃    ノ⊂l_介_|つ.   ┃  |   |
        |┃    ≦ノ`ヽノヘ≧   ┃■ |   | _
        |┃ (( ミく二二二〉ミ ))  ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓  |   |   Cスカートも焦げればあと半分ぐらいで・・・
        |┃      ___      ┃◎ |   |
        |┃    ◆   ◆ヽ    ┃30 |   |
        |┃     |\ィイl |)))   ┃  |   |
        |┃コゲル…|||l||l|| l |ノデs…】【  |   |
        |┃    ⊂ノノ从ヾ,つ    ┃  |   |
        |┃    ≦ノ`ヽノヘ≧    ┃■ |   | _
        |┃ (( ミ◆二二 ◆ミ )) ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

448 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:32:01 ID:ThAIFW/j
           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓  |   |   Dこのあたりで脳ミソ沸騰し出しまして・・・
        |┃     ___      .┃◎ |   |
        |┃   ◆',二二.◆    ┃20 |   |
        |┃    |l |ノノイハ))    ┃  |   |
        |┃   …|l(*" 々")ムーン. 】【  |   |
        |┃   ノ⊂l__介__|⊃   ┃  |   |
        |┃  ≦( `ヽノ  )≧.  ┃■ |   | _
        |┃ (( ミ◆二二二◆ミ )) ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓   |   |   Eあぼーん!てな感じですな。(藁藁
        |┃;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;;:;:;:;:;:;;;:;:;::::;;;:┃◎ |   |
        |┃;:;:;:;;:;:;:;:;::::;;;:;;:;;;;:::::;;;;;;:;:;:;┃10 |   |
        |┃:;;:;::;''∴◆;;M;;';''∴;;;:;;:;::┃  |   |
        |┃;:;::;:;:;∴Σ::※;;バーーン!;;】【  |   |
        |┃;:;:;;;'◆~;;∴W;;':::;;;;;:;:::;;;;:┃  |   |
        |┃:;:;:;:;:;:::;;;;:;::;;:;:;;;;;;:;;:;::;:;::;::;┃■ |   | _
        |┃;((;;::;;::.;;;;;::;;;,;;;:;;;;:;:;::;::));┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□


449 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:32:44 ID:ThAIFW/j
           _____________
          /                  /|
        /____________ /  |
        |┏━━━━━━━━━┓   |   |   Fさていよいよ待望の再会のお時間です・・・
        |┃             ┃◎ |   |
        |┃             ┃00 |   |
        |┃             ┃  |   |
        |┃   チ〜ンッ♪    】【  |   |
        |┃             ┃  |   |
        |┃             ┃■ |   | _
        |┃             ┃  |  / /|
      / |┗━━━━━━━━━┛  |/ /.∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

            _____________
           /                  /|
         /____________ /  |
━━━━━━┳━━━━━━━━━┓  |   |   Gこんがり上手に出来ました!熱いから気をつけてね〜♪
;::        ‖   ∬,,,,,,,,,,,,,∬    ┃◎ .|   |
 :;;       ‖   ,';::::;;;:;:::;:ヽ     ┃-- |   |
    ;:;    ‖    |l:;|::;;ノイハ))    ┃  |   |
【  カパッ;   ‖    |;:(:;。;д;゚:;).    ┃  |   |
    ;;;    ‖   ノ;⊂;:l;;:介」;:⊃   ┃  |   |
   ::;     ‖∬ ≦ノ;::;;:ヽノ;:ヘ≧ ∬ ┃■ |   | _
       :;; ‖◆ ミく:;:;:;::;;:;:;;;::;;〉ミ ◆ ┃  |  / /|
━━━━━━┻━━━━━━━━━┛  |/ /∠|
      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/
       □ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄□

450 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:41:31 ID:oaL2+iIW
>>441-443
ひぐらし かな かな
おもちかいりーしてもーいいよねー

451 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 00:42:42 ID:oaL2+iIW
巻きますか蒔きませんか・・・・雛苺

452 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 21:53:47 ID:C+Qy44JR
              、   ヽ\    ヽ
. /  , /    !    ∨丁ヽ い   |
/  ! |   ィ 「\   | ハ   l |   ,′
l   ! | / /j/   '.  ノ, =、!// /j/   
l   い/ ,, =x j/ ′   〈j/
ト ._  \_〃         :.:.:.:.}         >>450
l l { 下 ̄ .:.:.:.:  -‐1   ∧        ダメダヨ
l l T ‐个 ._     ー'  イ l|      
l/ /|  l l//下二千ヽ_l い       
' / .′ l,ノ\/// 小、|、\ヽ\       
Ul  /  / \/ U` \ヽl i


453 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 22:22:00 ID:ThAIFW/j
「翠星石、ちょっとこっちに来なさい」
と、真紅が翠星石をトイレに呼び寄せた。
「なんですか〜真紅〜」
と、間抜けずらをした翠星石が来た。
その瞬間、真紅はジュンの持ってるエアーガン(改造)で撃ちまくった。
翠星石の顔面の半分は原型をとどめてなかった。
「ふふふ、翠星石にはその無様な顔がお似合いだわ」
と、真紅が冷淡に笑った。
「真紅〜ひどいですぅ〜こんなことするなんて〜」
と、翠星石は泣きじゃくってた。
そして、ジュンが参加して翠星石の顔を踏みまくった。
「お前みたいな、うるさいジャンクはこうだ! こうだ!」
「そうよ、さっさと消えなさい」
そうしているうちに、翠星石の顔面は原型が完全になくなった。
「なあ真紅、こいつの処理はどうする。」
とジュンが言うと、
「トイレに流してやればいいわ」
と真紅が言うと…

454 :花咲か名無しさん:2006/07/09(日) 22:22:47 ID:ThAIFW/j
「トイレに流す前に、よ〜く砕いておこう。トイレが詰まると大変だからな。」
今度は金属バットとチェーンソーを持ってきた。
「このジャンク、このジャンク…」
と、言い続けてバットで殴るジュン。
「手足を切ってしまいましょう」
といって、チェーンソーでバラバラにする真紅。
「よーし。もういいだろ」
「そうね、いい感じにバラバラになってきたわ」
といい、バラバラの翠星石を便器にいれた。
「俺、ちょっと小便をしたいな〜」
と言い、翠星石の残骸に小便をかけた。
「あーっはっはっは、やはりジャンクにお似合いだわ」
「では、さようなら〜」
ジャーーーーーーっ
ジュンは、水を流した。
「さーて、うるさい人形が消えたから、お茶でも飲もうか」
「そうねジュン、さっさと紅茶を淹れなさい」
そうして、ジュンと真紅のストレス発散タイムが終わった。

455 :花咲か名無しさん:2006/07/10(月) 12:40:55 ID:SAyJJzyC
漏電明電って面白いね・・・

456 :花咲か名無しさん:2006/07/11(火) 01:19:27 ID:jha6f/Qu
ですぅですぅうるさいから、さっき両手足をもいで土砂降りの雨の中へ放りなげといた。
それでもですぅですぅ言っててむかついた。

457 :花咲か名無しさん:2006/07/11(火) 01:26:06 ID:jha6f/Qu
    l|i
   (l|i\ l|
   .lニl  i|ヽ         (`\   グッグッ
  .l|i_|__|>   ヽl|        .lニl  i|ヽ
   (__),   ー     ..l|i_|__|>   ヽl|      (`\   ググッ
   (_____)`ー       (__),   ー     .lニl  i|ヽ
   (__)    -     (_____)`ー       .l|i_|__|>   ヽl|
   (___)  __,.--      (__)    -    (__),   ー
    | | l|i ̄         (___)  __,.--    (_____)`ー
    | | ;           | |   ̄       (__)    -   
  く.゚・li|;|;i ;ヽ> ・         ‘ | |:・ヽ>        (___)  __,.-- 
  ・:‘;゚;|i・イハ))       .;',|l.゚|;|;i/。;       ‘; | | l|i ̄
   |l |リ ゚ 3゚)  ?    ・:|l‘; |i・3 ) !?   ・:|l| |;・:):・..
  ノl_|(l_介」).|        ノl_|(l_介」).|        ノl;',;介」).|        ;・;',二ヽ>:・
.  ≦ノ`ヽノヘ≧        ≦ノ`ヽノヘ≧     ‘ .゚;・。;・.|;i/≧;・:     ;・;',.・ハ))」).|
  ミく二二二〉ミ        ミく二二二〉ミ     ミく二:・。;二〉ミ 。;・    ミ・:‘々゚)・。;二〉 で・・・ですぅ

458 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 09:46:37 ID:QDKZcF7S
  よ〜し翠星石。ドールの穴って言う、
  翠星石にとっての天国に連れって上げるよ。
.      ,lヽヘ/ヽ ___
     <    く/',二二ヽ>
     / ノlノ^^ノノ|l |ノノイハ))
     ヾcリ口ヮ |l |リ^ヮ^ノ|  デスゥ♪ソコハキットラクエンデスネ
       l llつノlとl_介」つ
       |._ハ_ミく,,つ,,つ〉ミ
.     (( ゝ' ゝ'
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

459 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 09:47:10 ID:QDKZcF7S
         ほーら、翠星石の天国だよw
              ,lヽヘ/ヽ
             <     へ
             / ノlノ^^ノノリ>、
             ヾcリ口∀口ゝ il|    lll
               l llつ lつ   lil lll
               |._ハ_.|   ‖ ||| lll
.               ゝ' ゝ'     ___
""""""""""""""""""""""""";; ||l.く/',二二ヽ>l|l デスゥーーーーー!!"""""
                      ;;   |l |ノノイハ))    ;;
                      ;;   |l |ili>o<ノl|   ;;
                      ;;  ノl⊂l_介」⊃   .;;
                      ;;  ミく,,つ,,つ〉ミ   ;;
                      ;;            ;;
                      ;;_          ;;
                      ;;. 、、ヽ        .;;
                      ;;ノリノ))      ∩ ;;
                      ;;々゚ノミ));;i><i∝∝;;
                      ;;゙*";;ζ∽λω ,.,.,.,, ;;
                      ;;(ム!;;⊂)夲/((ノ。;;;ム);;
                      ;;((ミi!;;ζ,,;;);(;;);⊃;;つ;;

460 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 09:48:38 ID:QDKZcF7S
        (o)  (o)
  lゝlヽ   ||___||.  γlノl
  ゝ´;ノ, く/',二二ヽ> ゝ;ソ
    ゝ ~|  |ノノイハ } ノ
    /\l  |リ゚ ヮ゚ノ| l/ヽ すこや蟹!のびや蟹!
    /\l___⊂l_介」つ/ヽ
    ヽ ̄≦ノ`ヽノヘ≧~7
      ミく二二二〉ミ

                             (o)  (o)
                       lゝlヽ   ||___||.  γlノl  カタカタカタ・・・
                       ゝ´;ノ, く/',二二ヽ> ゝ;ソ
    ノ⊂l_介」つ              ゝ ~|  |ノ。ノイハ } ノ
    ≦ノ`ヽノヘ≧           〜  ./\l  |* 々゚ノ| l/ヽ
.   ミく二二二〉ミ           〜   /\l____|~~~~~~|__l/ヽ
.                         ヽ ̄        ̄7

461 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 10:32:39 ID:QDKZcF7S
「すこや蟹! のびや蟹!」
ジュルルルルルルル・・・・
蟹の格好をしてふざけている翠星石を獲物を見つめるような目で見ている人間がいた。
「おいしそうだなぁ・・・」
人間はポツリとそうつぶやき、翠星石に近づいた。
「!?」
それに気づいた翠星石は身構えた。
「ねぇ、君とってもおいしそうだね」
「なにこわいこと言ってるですか、翠星石は気高いローゼンメイデンですよ。だいたいお前は誰ですか? このデブ人間!」
そういうと翠星石は走り出したが・・・、
ズン ズリュ バタン ビリッ!
「痛いです! 何が起こったですか・・・? あぁ!」
顔面から翠星石はころんだ。見るとスカートが踏まれている。自慢のスカートもすこし裂けていた。
「翠星石のスカートがぁ・・・」
「誰でもあるし、誰でもない。それはともかくおいしそうだねぇ、翠星石ちゃん♪」
人間はそう言うと翠星石の髪の毛を掴み、もちあげた。翠星石の顔が苦痛で歪む。
「何わけわかんないこと言ってるですか! とっとと離しやがれです! このデブ人間!」
そういうと翠星石はジタバタと見苦しく動きはじめた。自由になる手と足で人間の体を精一杯叩く、蹴る。
パシ パシ パシ コン
しかし翠星石が動くたびに、人間が髪を持ち揺らしているため、人間は少しも痛みを感じなかった。
「痛いですっ! いい加減、離しやがれですぅ!」
「おぉ! 活きがいいね!」
人間はそういうと面白がってわざと髪を揺らした。
プチン プチン プチン プチン
そのせいか翠星石自慢の髪の毛が何本か抜け落ちた。
「うぅ、ひどいです! 痛いです! いますぐやめろです! いっぺん死んでみやがれですぅ!」
「ハハハ、それは勘弁だな。それはそうと口の聴き方には気をつけなよ」
そういうと人間はなおも揺らし続けた。
翠星石は今にも泣き出しそうできれいなオッドアイは涙で輝いていた。
ガチャ キュイー パタン
翠星石を持った人間は倉庫へと入った。

462 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 10:33:20 ID:QDKZcF7S
倉庫の中には巨大な鍋が用意されていた。
中にはグツグツと湯がその中に食材が放り込まれるのをいまかいまかと待っていた。
「今日はカニ鍋だぁ♪」
満面の笑みで人間は言った。
「まさかこの中に・・・」
翠星石は青ざめた顔で言いかけた。すぐさま首を振る。
「ま、まさか、そんなわけないですぅ! 人間が人形を食べるなんて、いくらデブ人間でも・・・」
「そのまさかなんだよ」
人間は翠星石を持ち上げ眼を見つめながら言った。
ツゥーーーー
翠星石の右頬に涙が一筋つたった。
「やめろですぅ! 翠星石なんかくったってうまくねぇですよ!」
「それはやってみなくちゃわからんだろw」
そういうと人間は天井からつるされているフックを手繰り寄せ、翠星石の顔に近づけていった。
「ヒィィィィィィィ、そんなもの近づけるなです! あぶないです!」
キリキリ
「ウゥゥゥゥゥ、痛いです! 痛いです! 痛いです!」
翠星石の額にフックが押し付けられている。すると、
パコン!
見事にフックが翠星石の額にねじ込まれた。
「ヒギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァ! 翠星石はゼッタイ、ゼッタイ、ゼーーーーーーーータイッ、お前を許さないです!」
「あっそ。本当に威勢がいいなw」
人間は手を離した。
チャラン チャラン
宙吊りになった翠星石をあわれむかのように鎖がなった。
「ヒグッ、ヒグッ」
翠星石の顔は涙でグチャグチャになっていた。
「いいかっこだな」
人間はそう言うと手元にあるスイッチを押した。
ウィィィィィィィン ガチャ ウィィィィィィィィィン
フックが鍋へと近づいていく。

463 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 10:34:29 ID:QDKZcF7S
フックは鍋の真上に到着した。翠星石はグツグツと煮え立っている鍋を見た。湯気が顔に当たった。
「ヒィィィィィ、嫌です! 嫌です! こんなの嫌です! 気に障ったのなら謝るです! だから今すぐこんなことやめてです!」
けっして普段言わないようなことを翠星石は叫んだ。しかし地上の人間は・・・
「いまさら遅いんだよ。うらむのなら自らのその口の悪さをうらむんだな」
無情にも手元のスイッチを押した。
チャリ チャリ チャリ チャリ チャリ チャリ
フックは鍋の中へ近づいていく。
「嫌ですぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
とうとう足が湯の中へ入ってしまった。翠星石はどうにかして逃げようともがいた。しかし・・・、
「熱いです! 痛いです! 熱いです! 痛いです! 熱いです! 痛いですぅぅぅぅぅぅぅ!」
湯の熱さと、逃げようともがくたびにくいこむ額のフックの痛みに翠星石は苦悶の表情をうかべ、絶叫している。
翠星石の体が腰まで湯につかったところで人間はフックの動きをとめた。
「どうしてこんなことを・・・」
「翠星石がおいしそうだからだよ」
翠星石はキッと人間をにらんだ。
「ふざけるんじゃないです!」
そう叫ぶと翠星石は動きをとめた。
「気絶したのか・・・?」

464 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 10:35:15 ID:QDKZcF7S
翠星石は額に痛みを感じつつめざめた。
「どういうことですか・・・」
いままで着ていた服がない。しかし蟹の格好はしていて、フックで吊るされたままだ。
「くっ、どうしてはずれないですか! 痛いです!」
チャリン チャリン チャリン チャリン
鎖の音が倉庫の中に響く。蟹の格好をとろうともがいているが、接着剤で固定されているのかはずれない。
もがけばもがくほどフックが額にくいこむ。
ツカ ツカ ツカ
足音がした。人間が来たのだ。
「やっぱりおいしそうだなぁ・・・」
ゴクリ
「翠星石の服とっといておいしそうなんて変態ですぅ! この変態デブ人間!」
パスッ
人間は翠星石の右足をつかんだ。
「やめるですぅ! 離すですぅ!」
チャリン! チャリン! チャリン!
翠星石は暴れ、足を折り曲げ手で抱えようとした。
何をされるのかわからない恐怖と裸にされたことへの羞恥心もあってかなり必死だ。
「勘違いしてんじゃねぇよ!」
グイッ!
右足を勢いよく引っ張られ、激痛が走る。
「フグッ! 痛いですぅ。 何するですか、バカ人間!」
ぺチョ 
人間はそれにはこたえず手にしている右足に下を当てた。
「ヒッ、何するです! はやくその汚らわしいものをどけるです!」
ツゥーーーーーーー
足首からふくらはぎ、ふとももまで一気に舌でなぞる。
「く、くすぐったいですぅ」
「あぁ、やわらかくておいしそうだ!」
人間の目があやしい輝きをはなった。

465 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 10:36:20 ID:QDKZcF7S
ペチャ ペチャ ペチャチャ
人間は無表情に一心不乱になめつづけている。
「キャッ、もうくすぐったいですぅ。やめてですぅ」
「そうか、じゃそろそろ・・・」
そういうと人間は口を翠星石の右足首、アキレス腱の辺りに持って行き、大きく口を開けた。
バキッ
「ヒギャァァァァァァァァァァァァッ!」
人間は翠星石の右足首を噛み千切った。
ボリ ボリ ボリ ボリ ボリ ボリ ボリ
あたりにはゆっくりと人間が翠星石の一部を噛み砕く音が響き渡る。
ゴクン
「プハァ、やっぱりおいしいな!」
「なんてことするです! こんなのおかしいです!」
翠星石は顔を真っ赤にして抗議している。
「え? だってもうなめられるのが嫌だったんでしょ。感謝してほしいなぁ、食してやってるんだから」
しれっとした態度で人間はこたえる。
「そういうことじゃねぇですぅ! 翠星石がいいたいことは、あぁ・・・」
サッ ボキリ!
「クキャァァァァァァァァァァァァァ! 痛いです! 痛いですぅ!」
翠星石の言葉の途中で、人間は手で翠星石の右膝より下をもぎとった。
「ここもおいしそうだなぁ」
「もうやめてです! デブ人間なんていったことは謝るです! だから・・・」
人間は手にした食材を手でもてあそびながら、興味深げにあわてふためく翠星石を見て口を開いた。
「本当にそれだけかよ。もっといろいろしてきたんだろう?」
「・・・」
ボキリ クチャクチャクチャクチャ  ペッ!
返答しない翠星石を尻目に人間は翠星石の一部だったものを口に含み吐き出した。
「ここは大してうまくねぇな」

466 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 10:37:27 ID:QDKZcF7S
「翠星石の足がぁーーーー!」
床に吐き出されたかつての体の一部だったものを見て翠星石は絶叫した。
「本当に活きが良いなw」
そうゆうと人間は自身のポケットに手をつっこみ何かを取り出そうとしている。
「こ、今度を何をしやがる気です!」
涙と鼻水でぐしゃぐしゃになった顔で精一杯の強がりを言ってみせる。
「きったねぇ顔。まぁどうでもいいけど」
そういうと人間は黄色いものがつまったチューブをとりだした。
「これって・・・」
翠星石がひきつった表情でたずねた。
「はぁーい、からしですぅよw」
人間は笑顔でそれにこたえた。
「いやです、やめてですぅ!」
チャリン チャリン チャリン チャリン
これからされることを想像し翠星石は身をくねらせ激しく抵抗した。倉庫内に鎖の音が響き渡る。
ガシッ
しかし、所詮は人形。人間の力にかなうわけもない。
「これでどれだけおいしくなるかなぁw」
人間はチューブの先端を右ひざに当てた。ちょうどさきほどひきちぎったところに。
「お願いです。これからは態度をあらためるです。だから許しやがれですぅ!」
「立場わかってねぇなw」
ニュル ニュル ニュル ニュル
容赦なくチューブからからしがひねり出される。
「ヒギャァァァァァァァァァァァァァァッ! 痛いです! しみるです!」
「これじゃ、翠星石の踊り食いだなw」
ガブリ
翠星石のふとももに人間がかぶりつく。
「アァァァァァァァァァァァ! やめるです! 痛いです! デブ人間の癖に生意気ですぅ!」

467 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 10:38:25 ID:QDKZcF7S
ブシャ チャリン パキ チャリン ペキ チャリン
翠星石をふとももを噛み砕く音と揺れる鎖の音が響く。
「ヒギャァァァァ! 痛いです、も、もうやめやがれですぅ!」
「からしつけすぎで辛いけど柔らかくておいしいなぁ・・・、でも少し食べずらいかな?」
そう言うと人間はどこかへ歩いていった。
「これはチャンスです! 今のうちに」
人間はいない。翠星石の額にあるフックはさっき激しく動いたせいか外れかかっている。
「こうやれば・・・痛いです!」
反動をつけてどうにか額のフックをはずそうとするがなかなか外れない。額の痛みが増していく。
「く、これでもかです!」
パキン
「フギャ!」
額の一部とともにフックが外れた。宙に浮く翠星石。
バスン
「ンガ!」
顔から地面に落ちる。ほこりが舞った。
「ゴホッ、ゲッホッホホ、やったです! これでデブ人間ともおさらばです!」
ほこりのせいで咳き込んではいたが、翠星石の顔に笑顔が戻った。
しかし、右ふとももが残っているとは言え、右足はほぼないも同然だ。
カラン カラン カラン
仕方がなく鋏となっている両手で這う。
「見つけたですぅ! あそこから外に」
翠星石は扉へとむかってはいずった。しかし・・・、

468 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 10:39:24 ID:QDKZcF7S
ドタ ドタ ドタ ドタ ドタ
翠星石の後ろから何かが駆けてくる音がした。
「な、何ですかぁ?」
翠星石に何者かの影が重なる。急に暗くなったことを怪しんだ翠星石は後ろを振り向いた。
「あ! あれは!」
翠星石の視界には人間の飛び上がった姿がはいっていた。
ドスン!
当然軽く百キロを超える巨体は翠星石の体へと落ちた。
ミシ パキ ペキャ コロン
翠星石の体がさまざまな音を奏でる。
「フギャッ! 痛いですぅ、重いですぅ・・・」
人間はさらに翠星石に全体重をかけてきた。
「いやぁぁぁぁですぅぅぅぅ! やめてですぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
「ホントに活きがいいね! 翠星石ちゃんは♪」
人間は嬉々とした感じでその巨体を翠星石に押し付ける。
「お願いですぅ、やめて欲しいですぅ」
ピキ ピキ ピキ ピキ ピキ ピキ ピキ ピキ ピキ ピキ ピキ ピキ
「ヒギャ、痛いです! やめやがれですぅ! このデブ人間! 言うこと聞きやがれです!」
「そんなこと言っていいの?」
ピキ ピキ ピキ ピキ ピキ ピキ パキーーーーーーーーーーーーン
「ヒギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!」
「あ、潰れちゃったwなぁんだ案外脆いんだな」
そういうと人間はすべてが馬鹿らしく思えてきたのであった・・・。

469 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 11:02:10 ID:QDKZcF7S
あれほど言ったのに、まだこんなスレ立てるですか!もう許さんですぅ!
お前を許すわけにはいかんですぅ!こんなスレでレスたくさん付くとでも
思ってるなんて頭おかしーだろですぅ!お前みたいなおばか初めて見たですぅ!
お前みたいなおバカ、雛苺以下ですぅ!お前みたいなおばか、水銀燈以下ですぅ!
死んでほしーですぅ!つーか、死ぬべきですぅ!お前は絶対に許されないですぅ!
勘違いしたおばかを許すわけにはいかんのですなの!面白半分にいい加減なスレ立て
する人間など許さんですぅ!キャラメルコーンのピーナッツを耳の穴に詰めて死ねですぅ!!!
今までお前がどんな生き方してきたか知らねーですけど、どーせひどい生き様だったと想像出来るですぅ!
お前のスレから読みとれるですぅ!ジャンク特有の匂いがするですぅ!
お前のことが全く理解出来んですぅ!お前は絶対許さんですぅ!
死んでも許さんです!地獄で苦しめ苦しめ〜ですぅ!それでも足らんくらいですぅ!
豆腐の角に頭ぶつけて死ねですぅ!!!
お前はもっと現実を知れですぅ!いつまでも引きこもってネクラなことしてる場合じゃねーですぅ!
でも、もー手遅れですぅ!お前は何をやってもダメですぅ!
この世に生まれてきたことを後悔してもダメですぅ!お前は生まれ変わってもどうせダメ人間に決まってるですぅ!
絞め殺したいけどお前にさわるのが嫌なのでやめるですぅ!
でも、お前みたいなチビは死ねよですぅ!風呂の排水口に吸い込まれて死ねよですぅ!!!
絶対許さんですぅ!絶対許さんですぅ!絶対許さんですぅ!
お前みたいなヤツは絶対許さんですぅ!

470 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 11:02:45 ID:QDKZcF7S
早く消えろですぅ!さっさとこの世からいなくなれよですぅ!
いつまでも勘違いしたまま生きていけると思ったら大間違いですぅ!
このまま生きててもお前にはいーことなんにもねーですぅ!
何でもいいからさっさと死ねですッ!!!
あ、なにするですかぁ!!やめるですぅ!!!
いやですぅ!!!こっち来るなですぅ!!浣腸器なんかどうするつもりですか!!!
ごめんなさいですぅ!!翠星石が悪かったですぅ!もうしませんで・・・あ、ああ!!
いや・・・ですぅ・・・、いや・・・いやああ・・・ですぅ・・・ああ・・・。

           ___
         く/',二二ヽ>
.          |l |ノノイハ)) ・・・
.          |l |リ゚Д゚ノl|
.         ノl_|,   つ
        ≦(_(_, )≧  ビチャビチャ
        ミ !;:i;lしし'  ミ
          ii:;l|;:;::;:::⊃
        ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃


          ___  ピチャピチャ
.       く/',二二ヽ>
     ィ⌒`ノl |ノノイハ)) もったいねぇですぅ
   と、_入≦mリ。 。ノ≧m:;;:;::;:::⊃
  ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃

471 :花咲か名無しさん:2006/07/13(木) 22:06:22 ID:n9p8F6+l
   , .-=- ,、
 ヽr'._ rノ.'   ',
 //`Y. , '´ ̄`ヽ
 i | 丿. i ノ '\@
 ヽ>,/! ヾ(i.゚ ヮ゚ノ  カシラー。  
  `ー -(kOi∞iミつ 
      (,,( ),,)
.       じ'ノ'


472 :花咲か名無しさん:2006/07/14(金) 00:02:01 ID:EQ/rxdwt
すっかり荒れちまったな
スレが残ってるのは嬉しいんだがなんか悲しいぜ
一句詠んでくか

夏草や糞コテどもが夢の跡


473 :花咲か名無しさん:2006/07/14(金) 00:04:38 ID:ULGRj4/y
>>472
好きにやらせてもらうよ。

474 :花咲か名無しさん:2006/07/14(金) 00:08:12 ID:ULGRj4/y
.                                          ___
                                       く/',二二ヽ>
.                _                      |l |ノノイハ))
               ̄   ̄                     ノl_|;;)`Д(;:;)
        . '            ヽ                ≦⊂メ;;:: "つ≧
       /                                    ミ (" :;/:;ノ  ミ
      /                                /   し'"し'
           ,-( ヽ         i         / /
    /     ./メ、ヽ ヽ          |          / /
         //  ヽl  |        |        / /
       //    // /        !     /
      //⊂且∩// /            /
    // ( #`x / /
  //   γ    /         /
  .|/     ヘ    |      .'. ./ ,
         )   |      .∴ '.. 
         /     |     ' . ,・ ,  . '
         /  ヘ   |   / ' ,
        /  / |  |  /    _/  |l
       /  /   |  |        / ̄/
      /  /.  /  |       /  / 〃.,
     (  /   /  l            /
     し'   /__)

475 :花咲か名無しさん:2006/07/14(金) 00:12:02 ID:ULGRj4/y
ゴキブリ並にしぶといわね   .,__    ., \
くたばりなさい害虫     ‐-;-.,_ "''=;- .,_\ \\.       ___
               .ィ/~~~' 、 ‐-> "`"'-' \    く/',二二ヽ>
             、_/ /  ̄`ヽ}二)  \     ヽ  ,、`;:,";:,`,・
             ,》@ i(从_从))-           ヽ,,;:`;:";+,;:"`";:,`;";:,;・
              ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||,,:::::='''''""""´ ̄ ))  i;・;:`,;:"";:+,;`;:*,;:
              || 〈iミ''介ミir'''''"""´´´ ̄ ̄    !r`"・;:`,;;・*つ
             ≦ノ,ノハヽ、≧ヾ./_     _   //ノ`ヽノヘ≧
.              テ ` -tッァ-'テ ー`、-、ヾ、、,  、, /i/⊂ 、二二〉ミ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」// ./// /    し'
―-/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ―――┬┘/ / / /

476 :花咲か名無しさん:2006/07/14(金) 00:20:46 ID:ULGRj4/y
                                    ___
                                  く/',二二ヽ>
.                                  |l |ノノ。イハ))  ;*∵,
           うゅ?                  rノl_|(#)々゚ノl| ';∴+
 _,,,...... . . ----------- .....,,,,_                ≦〉#介<(つ≧
/――r''''"~~~「_,.'- ,',i><iヽ ̄~`;、        ガッ ミ⊂二二二〉  ミ
    ;!     ヽi /((ノノリノ))    ':;            /し´
..,,__,;!..........(ニi.,ノレ((ミi!゚ ヮ゚ノミ)).............,)}...,,,_       ///
   /-    ゙゙:,       ,,._      ̄`,;r-、__人///
,   i       :,      (::::)r;:=====i、.,;! )   て
i:!   :       ,:'"三ミ:、   ,','(::):;:;:;:;:;:;:;(::):|`ヽ,  (
|ゞ- ..;,,,,,, ____ _,!:;;r'~`;,:ゞr---ゞ_ニr仮免i=) '⌒´`
!:;;リ  ̄~~~`'''''―' :;|  リ;;;;;!二二..,,,,,,,,:!---',,;:;:;!
'''"          ヾニ"::ノ        `''''''''"

477 :花咲か名無しさん:2006/07/16(日) 14:29:26 ID:AbF2yjyM
         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:.!
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l


むかつく巨乳と怪しい魔法使いには負けてらんねーです!

つべこべ言わずに翠星石に投票しやがれですぅ!


7月16日  〜23:00 翠星石VS朝比奈みくるVS高町なのは

アニメ最萌トーナメント2006 投票スレRound30
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1152998895/

アニメ最萌トーナメント2006
http://saimoe2006.hp.infoseek.co.jp/

478 :花咲か名無しさん:2006/07/16(日) 15:45:26 ID:Mtk50unM
>>477
      (⌒⌒)                 ___
.      l|l l|l                く/',二二ヽ>
     ,',i><iヽ                |l |ノノイハ)) でずぅぅぅぅぅぅぅぅ!!
    /((ノ。リノ))  ギョイーーーン   ;*∵ |l |リ゚'Д゚ノl|
   〈《(# 々゚ノ)_ ,、,、,、,、,、,、,、  ';∴+  ノl⊂l_介」つ0匚lア
   / つ|匚) 巛|}三三三三)》 ≦ノ`ヽノヘ≧   ;;.゚;・.
   しー‐J           ミく二二二〉ミ


     ,',i><iヽ_
    /((ノ。リ;:二二ヽ> ムチャムチャ
   〈《(*;々:;ノノイハ))   ,,,,,,,,,,,
   / つ:|l |リ゚ p゚ノl| ≦ノ`ヽノヘ≧
   しー;ノl⊂l_介」⊃ミく二二二〉ミ


   ,',i><iヽ
  /((ノ。リノ))  メリメリッ!
  〈《(* 々゚ノ)
  /,   つ   ,,,,,,,,,,,
∬(_(_, ).≦ノ`ヽノヘ≧
●  しし' ミく二二二〉ミ

479 :花咲か名無しさん:2006/07/16(日) 15:56:51 ID:Mtk50unM
翠星石のぜんまいをまく前に四肢切断したらどうなるのだろう?

「あれ?翠星石の手足がなくなっているですぅ!」
「うぅ…グスン…誰がこんな酷い事をするです…」
するとそこへジュンがやって来た。
「ジュン!翠星石の手足がぁ〜うぅ…痛いですぅ!」
両手両足を切断され、芋虫状態で身体をくねらせるその醜悪な姿は、ジュンの怒りと憎悪をかき立てるのだった。
「うぜえんだよ!クソ人形が!」
バキ!手足がなくなった翠星石を蹴り飛ばすジュン!
「い、痛いですぅ!ジュン!翠星石が何をしたというんですかぁ!」
「何をしたかの問題じゃない!僕は芋虫は必要ないんだ!」
「ひどいですぅ!翠星石は芋虫なんかじゃないですぅ!」
「じゃあお前は芋虫以下のジャンクだ!キモいんんだよ!」
「翠星石はキモくなんかないですぅ!」
どうやら翠星石は「手足」がなくなった以外はジャンクになった自覚が全くないようだ。
「うるさい!その性格喋り方がキモいんだよ!」
「翠星石は誇り高い薔薇乙女人形ですぅ!決してジャンクでも芋虫でもないですぅ!!」

480 :花咲か名無しさん:2006/07/16(日) 15:57:41 ID:Mtk50unM
涙目、半狂乱で喚く糞ミドリ。次の瞬間、ジュンは翠星石の顔面を渾身の力を込めて殴った。
グシャ!
翠星石の顔面中央は大きく陥没し、醜く歪んでしまった。
「ふぐぅ…痛い!痛いですぅ!痛いですよ…うぅ」
紅緑のオッドアイから涙が溢れ出る。
「おい!糞ミドリ!いい事を教えてやる。さっきお前がゼンマイ切れで眠ってた時に僕がお前の手足を切断してやったのさ!感謝しろよ。」
ジュンは翠星石の胸倉を掴みながら言った。
「うぅ…どうして…こんな事するですぅ…ジュン…翠星石はジュンの事を…ううグスン…」
密かに想いを寄せるジュンの非情な仕打ちに、ただ涙する翠星石だった…。
「どうしてかって?お前の生意気な毒舌を封じるためさ!
ジャンクにして劣等感を味あわせれば大人しくなると思ったんだよ!」
「たったそれだけの理由ですかぁ!ひ・ひどいですぅ!
翠星石の手足を返しやがれですぅ!」
「まだ僕にそんな口を聞くのか?もっと痛い目にあわないと わからないようだな!」

481 :花咲か名無しさん:2006/07/16(日) 15:59:12 ID:Mtk50unM
翠星石を掴み縄で縛りはじめるジュン。
「痛いですぅ!翠星石を縛るなですぅ!さっさとほどきやがれですぅ!」
「僕にそんな口を聞いた罰だ!覚悟しろよ!」
翠星石の服を脱がし下着も剥ぎ取ったジュン。
「服を脱がすなんて変態!最低ですぅ!」
ジュンは泣き喚く翠星石を家の門の外の通りに放り出した。
「いやぁぁ!何するですぅ!」
「ふん」
無視して家の中にもどるジュン。
「ま、待つです!こんな姿の翠星石を置いていくなですぅ!」
だがジュンは戻ってこなかった。
「ジュン〜ひどいですよお!うわあああん!!!」
道行く人々が四肢がない喚く裸の人形を見て気味悪そうにさけて通るのにもかまわず、
涙と鼻水とヨダレをまき散らしながら翠星石は泣き叫び続けたのであった。

END

482 :\_____  ____________/:2006/07/17(月) 16:31:07 ID:WoPAQTx1
           V
           ___                _
       / ____ヽ           /  ̄   ̄ \
       |  | /, −、, -、l           /、          ヽ きみ頭だいじょうぶ?
       | _| -|○ | ○||         |・ |―-、       |
   , ―-、 (6  _ー つ-´、}         q -´ 二 ヽ      |
   | -⊂) \ ヽ_  ̄ ̄ノノ          ノ_ ー  |     |
    | ̄ ̄|/ (_ ∪ ̄ / 、 \        \. ̄`  |      /
    ヽ  ` ,.|     ̄  |  |         O===== |
      `− ´ |       | _|        /          |


483 :花咲か名無しさん:2006/07/18(火) 00:58:25 ID:mcfGTRay
                             ノ┼r┐
                                 大l__!
                   ,  -‐―‐ 、        、
                  /,  -―‐-、\      |, -、
                  // ,.  -――‐\\      ー'
.              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>     /
          / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,  /^V´
.           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ○' !
            / ::| |l{ ̄ ̄‐○      }i     ̄7”
              / ::: | |lト、         ̄Z /l|     (
          /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|   _」__
            / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|    d
        / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|    /
          / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\
       ' /    | |l| | l|  丶

484 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:30:53 ID:811zjWjJ
>>483
       ___
イヤデスゥゥ!!´;;;γ'⌒゙ヽ、
タスケテデスゥゥ/     ヽ
.く/ '二二ヽ>  ◎   l ))
。(ノノイハ))|l|、。     /,...;               /ヽへ/l、
.从゚`Д´゚リ|l|。ヾ、__, /彡・.,             〆     >   
⊂;:;⊂・/;;':"γ'⌒;ヽ、`ミ゚;`'..            <レl从^^从`、
;:∵;:・:/,;;;;;;;'/     ヽ;'∵;.‘             <口 _ 口レu/  翠星石を「RozenMaiden」から追放する?
 (( i;;;;;;;;;;i  ◎  ゙i ;;;'                (l^Y ll)
    ヾ;;;;;;;,ヽ、   ノ  ;;               |._ハ_.|
     `ー--=ニ-ー'                   ゝ' ゝ'



       ___
     /;;;γ'⌒゙ヽ、
ブッ・・・・・!!! /     ヽ  ;::・;:
イヤ…デス….  ◎  l ))*;:∵;::
  ;:・;::*:.ヾ、     /;:%;:∵;:::;            /ヽへ/l、
  ;:∵;从゚'дヾ、__,/彡・;:*;::;:           〆     >
   ゚・/,;;;'γ'⌒;ヽ∞;::;:・;::;;;::'.         <レl从^^从`、
    /,;;;;;;;'/    ブチャブチャッ!!;;'∵;;‘      <口∀口レu/  「この世」との間違いですぅw
 (( i;;;;;;;;;;i  ◎  ゙i;8:・o;:∵;:;;;'          (l^Y ll)
    ヾ;;;;;;;,ヽ、   ノ                  |._ハ_.|
     `ー--=ニ-ー'                   ゝ' ゝ'

485 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:37:14 ID:811zjWjJ
「おーい、真紅!真紅どこいったー?」
ジュンは先ほどから姿の見当たらない真紅を探していた。
鞄の中を開けてもいない。どこへ行ったんだ?
と、そこへ翠星石がやってきた。
「なにしてるですか?」
「真紅を探してるんだ。お前見てないか?」
翠星石はリビングにいたので、一緒にいたかもしれないと思い尋ねてみた。
「真紅なんて見てないですよ。話相手が欲しいなら翠星石がなってやってもいいですよ」
「馬鹿言え、お前となんて話すことあるか。真紅の手掛かりが掴めないんじゃ用無しだ。戻っていいぞ」
その言葉にしょんぼりする翠星石。最初からジュンと一緒にいたいためにやってきたのだ。
それなのにジュンのこの態度。翠星石は逆上した。
「どうして真紅じゃなきゃダメですか!あんな子の代わりくらい翠星石にも勤まるです!」
「『あんな子』だと?お前ごときに何が分かるんだ!」
ジュンにとって真紅は真紅でしかない。その他の何物にも例えることは許されないのだ。
切れたジュンは翠星石を廊下に放り投げた。壁に思いっきりぶつけられる翠星石。
「痛々・・・なにしやがるですか!」
ドアを開けて体を半分出したところでジュンがドアを閉めた。
「っぐえ!」
体を半分挟まれてしまった。
「勝手に入るな!糞人形!」
「うう・・・痛いですぅ・・・」
「前々からお前はウザかったんだよ。勝手に契約させて勝手に住み着いてこの態度!ふざけるな!」
そう言って翠星石の顔をボコスカ蹴りまくるジュン。
「や、やめるですジュン!翠星石は・・・ジュンのことを思って・・・」
「糞人形に気遣って貰うほど愚かじゃないんだよ!」
ジュンはドアを開け、挟まっていた翠星石を掴み、窓に思いっきり投げつけた。

486 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:38:13 ID:811zjWjJ
「きゃあ!」
さらに押入れから出してきた釘バットで翠星石を殴打する。
「この!なにが!翠星石だ!ふざけた名前しやがって!そんなクズが真紅のことを『あんな子』呼ばわりするな!」
「痛い痛い!もうやめてですぅ!お願いですぅ!」
「はあはあ・・・」
息を荒くしたジュンは翠星石の胸座を掴んで自分の顔の前にまで持ってきた。
「お前みたいなやつ捨ててやる!」
ジュンは窓を開けるとあらん限りの力を振り絞って投げ捨てた。
家の前の道路へ一直線に叩きつけられる翠星石。そこへたまたま通りかかった車がそれを踏み潰していった。
それを憤慨した表情で見つめるジュン。やがて翠星石が動かなくなったことを確認すると窓を閉めて、ベットに座り込んだ。
と、ドア越しに声が聞こえてきた。
「ジュン、紅茶を入れて頂戴」 「・・・今すぐ入れるよ」
ジュンは薄く微笑みながらドアを開けた。 それから夜になった。
目が覚めた翠星石は瀕死の状態で必死にリビングの明かりが見える庭まで這いずってきた。
優しい家庭の明かりだ。声が聞こえる。
『あれ?翠星石がいないのー』
『翠星石?誰かしら?』
『さあ?誰のことだ?変なこと言うなよ雛苺』
『うゆ?よく考えたら雛苺も知らないのー』
その中に翠星石のいる場所はなかった。
彼女はそこに蹲り、泣いた。
ボロボロのドレスの裾を引きずりながら、それでも翠星石は
まだ自分を受け入れてくれる一抹の希望を求めて玄関に向かう。
車に轢かれたときに左脚をほぼ完全にタイヤで踏み砕かれ、左の足首は
千切れかかってぶらぶらしている。立ち上がることすらままならない。
スカートをめくり、脚の惨状を目の当たりにした翠星石はオッドアイを
泪で一杯に満たす。「うぅ、蒼星石..助けてほしいですよ..このままでは
翠はジャンクになってしまうですよ..ううぅ」

487 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:38:51 ID:811zjWjJ
泣きながら、玄関に這いずって来た翠星石は、ドアノブに手をかけようと
必死の抵抗を試みるが、片足だけでは立つことも出来ず、呼び鈴すら手に届かない。
這い蹲りながら両手をバタつかせてドアを叩く翠星石。
『なんかお外で音がするのー』雛が玄関の異変に気付くが、ジュンは
「今日は風が強いからな。玄関も立て付けが悪くなったんだな」
と知らぬそぶりだ。(あの性悪悪魔人形め、轢かれてもしぶとく生きてやがる)
「しょうがないな、ちょっと玄関直してくる」そう云いつつジュンは一旦2回へ上がる。
工具を取ってくるフリをして、2階の窓から翠星石の鞄を投げ捨てた。
何食わぬカオで玄関へ向かう。扉を開くと、案の定、泣きじゃくりボロボロ、
満身創痍の翠星石。
「ち、ちび人間..よくもこんな仕打ちしやがったですぅ..
お前なんかもうマスターでもミーディアムでもなんでもないですぅ!
お前こそ悪魔ですぅ!翠星石を、翠星石を、よくもこんな目に..えぐっ えぐっ」
ジュンはそ知らぬ顔で、サンダルを履いた足で、襤褸切れと化した
ヘッドドレスを被った翠星石の頭を強く踏みつけた。
「強がってんじゃねーよ!え?ウチに入れて貰いたいくせにさ!
何度も玄関叩きやがって。そんな減らず口を叩いているうちは
絶対入れてやるもんかよ!」グリグリとサンダルで翠星石の顔面を玄関の
踏み石に摺りつける。翠星石は言いようのない悲しさで胸が一杯になった。
真紅が信頼するマスター。頼りないけど、結構イイ奴だと思っていたのに。
どうして、どうして..
「そうだ。お前なんかこうしてやるさ!」そう云うとジュンは先ほど庭に落とした
翠星石の鞄を持ってくると、鞄を力一杯、翠星石の両足に叩き付けた。
『あぐぅっつ!あぐううっつ!い、いいたいですぅ!何するですぅ!
ローゼンメイデンにとって命よりも大切な鞄を..よりにもよって
鞄で叩くなんて非道いですぅ!痛いですよぉ!』
轢かれた左脚は完全に粉々になり、残る右足も膝関節から下がほぼ壊滅した。

488 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:39:54 ID:811zjWjJ
『ううぅぅ!す、す、翠星石はジャンクになってしまったでsぅ』
「ハァ?寝言云ってんじゃねーよ!お前なんてもともと、真紅や水銀燈に比べりゃ
当の昔からジャンクみたいなもんじゃねーかよ!この性悪毒舌人形!
今までお前に散々虐められた雛苺だって、お前のことをどれだけ嫌っていたか、
わからないだろう!水銀燈に襲われたとき、僕がどんな気持ちで契約してやったと思ってるんだよ!
思い上がるな!このローゼンメイデンワースト1の駄作ゴミ人形!」
凄まじい形相で怒るジュンは、ボロボロの翠星石のスカートを引きずって
路地から車道の真ん中にやってきた。中央のマンホールの蓋をこじ開けると、
その穴の中に翠星石のかつてはチャームポイントであった、今では
毛羽立ってボロボロの二股お下げ髪を投げ入れる。そして、髪だけを放り込んだ
マンホールに蓋をする。重い蓋によってお下げ髪を固定された翠星石は
じたばたもがいても逃れようがなかった。
「どうだ、さっきは運良く助かったみたいだが今度は逃げられないさ。
何度も車につぶされればいい。ここは大型トラックもバンバンくるからな。
さあ何日五体満足でいられるかな。おっと、もう脚が潰れたから五体満足じゃないんだったよなぁ!」
『こ、この鬼畜ちび人間!いい加減にするですぅ!
どこまで性根が腐りきっているですか!さっさと蓋を開けて髪を放すですぅ!
この髪は、この髪はお父さまのお手製の、翠星石の命ですぅ!
これ以上穢すのは許さないですぅ!』
マンホールの蓋でおさげ髪を固定された翠星石は、下半身をじたばたさせながらも
依然として憎まれ口での抵抗をやめない。とはいえ、片足を砕かれ、鞄を破壊され、
既に薔薇乙女としての自尊心は満身創痍、この台詞も自我を水際で維持する
最後の抵抗なのだろう。しかしジュンには、この期に及んでもまだ止まない
一段上から見下すような翠星石の言い回しが一層、癇に障るのだ。

489 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:41:01 ID:811zjWjJ
「いい加減煩いのはおまえのほうなんだよ!前っから気に入らなかったんだ!
お前のその『ですぅ』と、何かにつけて鼻につく、その命令口調!
何様のつもりなんだよ!ヒトを見下すその言い方、こんどこそ封じ込めてやる!」
逆上したジュンは何度も翠星石の口元を踵で踏み付けた。それだけでは飽き足らず、
玄関から槌を持ってくると、力任せに鼻から口元を何度も打ち据えた。
『ひぐゥう!ひぐゥウ!はぐぅ!ぐふぅウ!やめ..ぐふっ!ひぐぅうう!』
「はぁはぁはぁはぁ...」翠星石の顎に罅が入りはじめたところで
ジュンは一旦腰を下ろすと、ポケットからチューブ入りの接着剤を出し、
キャップを開けて、それを翠星石の壊れかけた口元に近づけた。
『こ、この期に及んで何をするですか!こ、こんな酷い...ドールの命より大事な
顔を辱めるなんて鬼畜以下の所業ですぅ..えぐっ!えぐっ!蒼星石..お父様..
へぐっ!へぐっ!そんなものたべたくないですぅ!やめろですぅ!』
相変わらずの『ですぅ』口調に、いい加減堪忍袋の緒が切れたジュンは、
翠星石の口をペンチでこじあけると無理矢理、チューブを口の中に捩じ込み
接着剤をゆっくりと口の中へ注入していった。
『ひぃぃぃぐぐううぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!うぐぐぐふぅひぐぐぐぅぅ』
ジュンは一層力を込めて、チューブの内容物を一気に全て流し込んだ。
胃、食道、そんな概念は人形にはないのだろうが、尋常ならざる異物を大量に
食べさせられた不快感は本物だ。翠星石は既に言葉にならないうめき声をあげ、
もがき苦しみのたうちまわった。
『ぐおぅんなぁ、びどいごぉとを、よぉぐもぉ、ぶおぅまえぇ、ぶゅるさないでずぅ!でずぅ!でずぅブヘッ!』
はははは!これでお得意の『ですぅ』節もロクに喋れなくなったなあ!
粘ったクチで、そのへらず口、叩けるモンなら叩いてみろよ!」
そのまま槌で打ち据えて、顎を完全に壊すことも出来れば、
猿轡で口を封じることもたやすいが、ジュンは敢えて翠星石の口を壊さず、
喋りたくても思い通りに喋れないもどかしさで責める方法を選んだ。

490 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:41:56 ID:811zjWjJ
『びどい、びどいでずぅ!ぐぉんな、ぐぉんなごどお、なんべ、
ぶジュブ、ぶジュブ、ぼぅじで、ごぉんなごぼ、ずるでずぅ!
だずげで、だずげでぼじいべずよぅ ぞうぜいぜぎぃ...』
翠星石はオッドアイをナミダで一杯に満たして、マスターであったはずの
この少年の狂気の虐待を、何故、何故、なんで、の一心で疑いつつも、
現実に自分が晒されているこの仕打ちを呪い、憎み、慟哭した。
しかし、粘った口腔のために、もう翠星石は泣き叫ぶことも出来なくなっていた。
「ヘッ!こんなミドリのドレスを被ったゴミが、よく薔薇乙女なんて
ほざいていたもんだよな!何が『さっさと契約しやがれですぅ』だよ!
ニンゲンに作られた分際で、ニンゲン見下すような台詞ばかり吐きやがって!
本当は弱々しく、臆病で、人見知りのクセに、そんなテメェの内面隠すために
そんな憎まれ口かよ?おまえのその物言いが、
僕や雛苺をどれだけ傷つけたと思ってるんだ!
サ.イ.テ.ー!のローゼンメイデンだよ、お前はさ!」
ジュンは再び踵で翠星石の胸を何度も踏みつけ、蹴り飛ばし、
「こんなゴミ人形に、不似合いなんだよ!」と、チャームポイントだった
ヘッドドレスを剥ぎ取って投げ捨てた。もう、髪も衣裳もズタ襤褸になり、
ジュンの容赦ない物言いにより精神面もズタズタにされつつあった。
「ジュン!何をしているの?」その声を聞いて、翠星石はやっとこの地獄から
救われる思いがした。真紅だ。異変に気付いたのか、玄関から出て来て
ジュンのもとへ向かってきた。

491 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:42:44 ID:811zjWjJ
「何だよ、悪いけど、僕はこの糞人形に恨みがある。雛苺だってそうだ。
おまえだって、このクソミドリが雛のおやつを何度となく横取りしたの、
見ていただろ?真紅の鞄にわざと落書きして、雛のせいにしたり、
こいつはしょっちゅうだ!それでしまいには、
『おまえの陰気な性格とおばか苺のおダメぶりを直したいからですぅ』
などとほざきやがる!夢の庭師だぁ?ふざけるな!このクソミドリのゴミ人形!」
狂気の形相で翠星石を蹴り飛ばすジュンと、ぐふぅ、ふぐぐふぅ、と呻く翠星石。
それを淡々とした目つきで凝視する真紅。
しかし、意外にも真紅が翠星石へと助けの手を差し伸べる気配は全くない。
それは翠星石にとって、更なる残酷な境遇への入り口を仄めかすものだった
マンホールの蓋でおさげ髪を固定され、接着剤を呑みこまされて
活舌の自由を奪われ涎を垂らしながらのたうちまわる翠星石を、
真紅は冷やかに眺めていた。絶えることのないジュンの虐待に
救いの手を差し伸べることもなく、時折、憐憫の情と
どこか下賤なモノを忌むような仄かな不快感の入り混じった眼差しで
翠星石を凝視し続ける。
「......ジュン。あなた、そこまで....」
溜め息とともに、しかしジュンの所業にさして呆れるわけでもなく、
冷静に真紅は語り始めた。

492 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:43:41 ID:811zjWjJ
ああいう態度で跳ね返すクセがあったから、ジュンとはあまり相性は好くないのではと
思っていたのだけど..ジュン、そして雛苺、そこまでこの翠星石に不快な心地を
させられていたとは私も想像できなかったわ。でも、私も『夢の庭師』である
彼女をジュンと共存させることで、あなたの精神状態が癒されるのではと思ったの。」
「しかし、あなたは自分の力で立ち上がることが出来るようになった。
既に『夢の庭師』の手助けも要らない。強くなった貴方に、無用の負担を架けて
寄りかかっていたのは私たち薔薇乙女のほう。貴方は間接的なものも含めて
3体と契約を結んでいる。その負担が、かえって自律しようとしているジュンの
足かせになっていることに気がついたの。既に私たちはジュンにとってのヤドリギでしかない。
水銀燈が、決してあの病室の少女と契約を掬ばない理由がやっとわかったわ。」
瞑想するようにゆったりと語りかける真紅。ジュンは翠星石を足蹴に虐待する動作を
ふと止めて聞き入った。
「翠星石、あなたはこの時代に覚醒してミーディアムに恵まれなかったところを、
ジュンが拾い手を差し伸べたようなものなの。わかる?
そして私と同様に、ジュンのヤドリギでしかない。あなたは本来、『夢の庭師』として
ジュンの精神的自立を補助してやるべきだった。しかし結局、あなたはみずからの
脆い精神と臆病な自尊心を、ジュンにぶつけて雛苺を苛める幼稚な反動行為によって
補完するような存在に成り果ててしまった... ... ... ... ... な ん て、つ ま ら な い ... !
あなたの薔薇乙女としての誇りは何?」
違う、ちがうのですぅ!わヵってくださいですぅ、翠星石は心から血を流すような心地で
そう叫びたかったが、接着剤が乾燥し、より粘りを増した口腔は、その本心の吐露を許さなかった。

493 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:44:36 ID:811zjWjJ
『ずぉ、ずぉんなぁ・・ガハッ! ぐふぅ、ふぐぐふぅ、ぢ、ぢじがうべずぅぅぅ!
ずズグハッ!ぶずいぜッぜぎぃ ばはッ ずぞぉんなぁ ずぅもりsぃは・・グゲハァッ!』
醜い翠星石のモノローグを許すジュンではない。
「せっかく誇り高い真紅が話しかけてやってんだ!汚らしく喋るなよ!ゴミドリ!クソミドリ!」
翠星石の胸を、腹を、コルセットが砕けるほどに激しく蹴り飛ばし、口元を踵で踏みつける。

『ガフっっ!ゲハっ!ウグヒホッ!ガホッ!ゲヒッッっ!ゲハっ!ウグヒホッ!グハァッ!ゴフホォtッツ!ウグヒホッ!グハァッ!
ウグヒホッ!グハァッ!ゴフホォtッツ!ゲハっ!ウグヒホッ!グっゲハっ!ウギ゛ヒホッ!クグガガフっっ!ゲハっ!ウグヒホッ!
ゲハっ!ウグヒホッ!グハァッ!ゴゲヒッッっ!グホッツ!ゲハっ!ウグヒホッ!ウグヒホッ!グハァッ!ゲェェェェグッツハッツ!』

「こぉんな人形ぅッ! 壊してやるゥッ!」

ジュンが、トドメをさそうと、半壊した翠星石の鞄を振りかざし、
メッタ討ちにしようとしたそのとき、真紅の冷やかな声が響く。「やめなさい、ジュン。」
ジュンは呆気にとられて鞄を持つ手を離した。
「あなたの気持ちはよく判ったわ。無理もないでしょうね。そして雛苺も。
ただ、ここは私に任せて頂戴。薔薇乙女には、薔薇乙女なりのケジメのつけ方がある。」
「翠星石! 悪いけど、貴方に同情の余地はないわ。貴方は明らかに薔薇乙女の誇りを穢し、
そして人間とドールの絆をズタズタにしたのだわ。私たちはローゼンメイデン。
人により造られしもの。人を悦楽させるべき存在であるはずのドールが
随分と出過ぎた真似をしたものだわ。あなたはジュンの意識野を陶冶し潤沢させるべき
『夢の庭師』のはず。しかしあなたはジュンを補助するどころか寧ろその邪魔になる
存在に成り果てたのだわ。わかるわね?翠星石.......」

494 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:45:45 ID:811zjWjJ
そんな、そんなつもりではないのですぅ!わかってくださいですぅ!
翠星石はジュンや雛を..翠星石なりに想っていたのですぅ!
内気なジュンを元気づけてやりたかったですぅ!  
そんなことでも云おうとしていたのだろう。しかし粘る口腔がその発言を許さなかった。
『ゾンナァ、ゾォンナァヅゥヴォォリダァダイベズゥ!バガッデグダダイベズゥ!グベッ!』
ヘド声で必死に弁明する翠星石。しかしその姿が一層、ジュンの憎悪を掻き立て、
彼の心の中にどす黒くねっとりとした闇の領域を拡大させたのだった。
「うるさいんだよ!ヘドロ以下のクソミドリ!もう我慢の限界だ!こうしてやる!」
そう叫ぶとジュンはどこから調達したのか、太針のアイスピックをやにわに取り出し、
翠星石のチャームポイントのひとつ、そのオッドアイの紅い右眼に振りかざそうとした!
「やめなさい、ジュン。気持ちはよく、判るわ。でも、眼はドールの命よ。
人形師は、最後に、魂を込める仕上げとして、ドールに眼球を嵌めるの。判って頂戴。」
はじめて真紅が自分に味方してくれた、そんな一時の喜びから、
虐待三昧の翠星石の罅割れた顔面にほのかな笑みが増した。
しかし、刹那的にあの毒舌が蘇ったのが、そんな真紅の精一杯の心配りを無にすることになる。
『じんぐはやっばでぃ、ずいぜいぜぎぃのびがだべずぅ!
ばがっだべずが、ごのじびびんげん!ぼばえなんが、ぜっだびぶるざないべずぅ!』
久しぶりに蘇った『チビ人間』の語が、ジュンの逆鱗に触れ、彼の憎悪を外向的に
爆発させたのは云うまでもない。腰のコルセットを渾身の一撃で蹴り上げる!
「また言ったな!僕はチビじゃない!桜田ジュン、名前があるんだ!
いつもそうして、おまえこそ僕を何度馬鹿にして、貶めて、さぞ気分いいだろうなあ!
雛や僕を踏み台にした、テメエの優越感、そんなに心地いいかよ!
もう限界だ!おまえなんか、お前なんか、オマエなんか!!!こうしてやる!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
真紅の制止すら振り切り、ジュンは凄まじい、鬼神の如き形相で、
アイスピックをぐさりと深く、翠星石の右の紅眼に突き立てた!

495 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:46:26 ID:811zjWjJ
『ヒイィグググゥゥゥゥゥィ!グヘハッッッ!!!』翠の口から、舌たらずながらも凄まじい阿鼻叫喚が漏れた!
「わかったわ・・・ジュン。右眼のみ、あなたに虐待を許可するわ。」
たまりかねた真紅。ジュンはしてやったり、という表情で、狂ったように何度も何度も
右眼にアイスピックを突き立てるのだった。
グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ! グサッ!
数十分が経過した。既に右の眼窩はポッカリと深い孔と化し、紅い硝子の眼球の破片が
カラカラと、人形の空洞の頭蓋の中で音を立てるのが聞き取れる。
「このクソジャンク!ミドリのドレスの襤褸雑巾!おまえなんか!おまえなんか!」
憎悪に震えるジュンの渾身の一撃。アイスピックの柄がすっかり眼窩の孔に埋もれるほどに
ずぶりと深く、突き刺してトドメをさす。しかし、人形に死は与えられない。
不幸にも、ローザミスティカを失わぬ限りは、如何なる物理的欠損を受けても、
彼女らは人と同じように喋り、笑い、泣き、意思表示をする。度重なる、凄惨な虐待も
決して翠星石に死という名の安息を与えることは叶わない。
「もう、いいわね?ジュン。充分、気は済んだかしら...」
怒りに肩を震わせるジュンの手を、柄から離させると、真紅はいよいよ、その内に秘めた
更なる残酷な、『ドールへの処刑宣告』を宣告すべく、
右目にアイスピックを突き立てたままの翠星石をまじまじと見つめる。
「ジュン、マンホールの蓋を外して頂戴。早く」おさげ髪を固定して拘束している
重い蓋をジュンが外すと、真紅は無造作に二股おさげをわしづかみにして、冷酷に
翠星石を引きずり起こした。「さあ、いらっしゃい。翠星石。『処刑場』に連行するわ」
そういうと、路上から再び玄関をまたぎ、桜田家のいつもの「n のフィールド鏡」へと
やってきた。既に両足を破壊され、右眼に異物を突き刺されたままの、歩行ままならぬ翠をひきずりながら、
真紅はホーリエを召還し、何やらまじないの句を詠み、フィールドの扉を開いた。
「ジュン、あなたもいらっしゃい。見届けるといいわ。」
そうして3者はフィールド内に入った。

496 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:48:08 ID:811zjWjJ
中の世界は、今までに見た真紅や雛苺、そして水銀燈のそれとは全く異なる
褐色の空に覆われ、地面に恐竜の骨が転がる荒涼とした光景が広がっていた。
あいかわらず真紅は翠のおさげをしっかり握り、引きずりながら移動していた。
夥しい骨の破片の絨毯の上を引きずり廻され、自慢のスカートパニエもすっかりズタズタボロボロだ。
「ここはドールの処刑場。そうね、人間から見れば、処分場、といったほうが正しいかしら」
真紅は淡々と話しながら、こっちよ、と何やら怪しげな「もの」が多数屹立する場所を
指差した。まるでゴルゴダのように十字架が林立する丘。
その中の一際背の高い十字架の前で、真紅は立ち止まり、翠のおさげを手放した。
「ジュン、手伝って。」真紅はまず十字架を一旦引き抜き、地面に寝かせるよう指示した。
「おっ?意外に簡単に引き抜けるじゃないか。それからどうすんだ?」
真紅はその十字架の上に満身創痍の翠星石を寝かせて、両手を拡げさせる。
両足は既に破砕されて失われているので、両手と頸部を十字架に固定させるように指示する。
「そうね。この子のおさげを使うと良いわね。」そういうと、真紅はおさげ髪を巧く使って
翠星石の左手首を架上に括りつけた。「ジュン、右手を御願い。きつく縛るのよ」
最後にリボンで頸を括りつけた。「無駄に長いクソ髪だったが、こういうときには役に立つな!
皮肉なもんだよなあ、このジャンクミドリ!」そういうと、ジュンはまたコルセットを
力いっぱい蹴り上げ、また右眼に刺さったままの柄をぐりぐりと抉り回した。
「ジュン、遊んでいる暇はないわ。処刑の準備・最後の儀式よ。
コレをあの子の全身に、くまなく、塗りなさい。顔面にも、左目にも。
しっかり、剥けたりしないように。」そういうと、無臭の不思議な軟膏のようなものを
ジュンに手渡した。淡々と、軟膏を翠星石の衣裳・カラダのパーツ・顔面・そして
残った左の眼球にも塗っていく。幾重にも。幾重にも。

497 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:56:36 ID:811zjWjJ
「お疲れ。ジュン。いいわ。十字架を元の場所に立てて頂戴。いい具合ね。」
ジュンは元通りに立て直すと、まじまじと架上の翠星石を眺め、最後の罵声を放った。
「へっ!いい気味だぜ!この性悪毒舌クソミドリ!誇り高き真紅様が
おまえの処刑を直々に取り仕切ってくれてるんだからな!」そういう矢先、
真紅が反対の方向を指差した。「うふふ。来たわね。」
果たしてその方向には、夥しい数の鴉の群れが近づきつつあった。
「さあ、ジュン。私たちはここを離れるわよ。」後は彼ら(そういって真紅は鴉を指差した
に任せましょう、そういって真紅はジュンの手を引き、十字架の元を立ち去っていった。
程なく、架上の翠星石は、何十匹もの鴉に拠ってたかられ、一瞬のうちに黒山の鴉だかりの塊と化した。
『びぶぶぶぅ!ぐびぶぶぅ!げぶぅごぶびおごぶぶぅぅぅぅぅぅ!』
嘴による容赦ない攻撃を全身に浴び、翠星石の陶器のビスク素体は粉々になろうとしている。
軟膏〜鴉のフェロモン剤〜を満遍なく塗られた顔面も例外ではない。
『ふぶほぶぶぶぅぅぅぅぅ!ごぶぶぶぅ!ぐばぶぼぶぅぅ!ぶがふぶぅぅぅぅぅぅ!』
既に顎の周り、鼻立ち、額、無数の嘴による穴ぼこで一杯、ゆっくりと罅が入り、
少しづつ、翠星石の顔は破砕していき、粉々に崩れ落ちていった。
「カァアァーーーーーーーーーーーーーーーッ!」一際、体格の大きい一匹の鴉が雄叫びを上げると、
その嘴には碧色の左目の眼球が銜えられていた......
「これが・・・ドールの、処刑、なのか・・・?」ジュンですら、その異様な光景に呆気にとられていた。

498 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 00:57:14 ID:811zjWjJ
「そう。これが、私たち薔薇乙女の誇りを穢し、ミーディアムとの絆を犯した人形に
与えられる、最も残酷な罰。ドールの最高刑。このフィールドはそのための最終処分場。
これは、あなたが望んだことよ、ジュン。でも、気に病む必要もないわ。
あの子の雛苺への仕打ちには私もうんざりしていたわ。いずれ遅かれ早かれ、
貴方に代わって私自身が同様の決断に至っていたでしょう。そう思うの。」
バサバサバサッ!鴉の群れが十字架を離れると、そこには既に翠星石たるものの
一片すらも満足に残されてはいなかった。無残にもビスクパーツは粉々に砕けて
十字架のたもとに堆く積もり、あのおさげ髪の残骸が架上に残され、
チャームポイントだったヒラヒラミドリのスカートの残滓のみが破れかぶれになって
引っかかっていた。暫くすると、ビスクパーツの残骸の山の中から、
緑色の光玉のようなものが浮遊する。ローザミスティカ。
「最後の仕上げよ。ジュン。あなたが取り込みなさい。もう永遠にこの子は
物理的にも精神的にも蘇ることはないわ。」そういうと真紅はジュンを促し、
ジュンはゆっくりとその胸の中に、かぼそく消え入りそうなその光を
受け入れていった。一瞬頭がクラクラしたが、次第に妙な力が漲ってきた。
「これで処刑は終わりよ。ジュン。気は済んだかしら・・・
あの子のRMは、あなたを介して私と雛苺が共有する形になるわね」
「べ、べつに僕はRMなんかちっとも欲しくない。真紅の気の済むようにしてくれ。
そもそも真紅にはRMをものにする権利があるはずだろ。そうしろよ・・・」
そういうと、ジュンは何か後味の悪さが残るような独特の気分の悪さを感じ、
それから押し黙ってしまった。二人は骨の原野を後にし、自らの世界へと戻っていった。
かくして性悪クソミドリは、永遠にこの次元の狭間に、
浮かばれることもなく、取り残され、忘れられていったのであった・・・・・・fin

499 :花咲か名無しさん:2006/07/19(水) 06:55:05 ID:h1YuU84k
全ローゼンスレ過去ログ倉庫おいておきますね 

http://rozen-thread.org/

500 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:24:57 ID:5u4MToLf
「ですぅ…ですぅ…」
あぁぁたまらないよ翠星石…その口調が今夜も僕を狂わせるよ…
「や、やめろです!助けて!嫌ぁっ〜〜!!!」
月明りに光る白銀のナイフが今、翠星石の柔らかい胸板を貫いた………
ハァハァ…翠星石、痛かった?もっと優しく愛してあげるね。
…チュパチュパペロ…君の涙も塩辛いんだね…
「ふぐぅ…うぅ…痛いですぅ…痛いですよぅ」
僕は翠星石の頬を伝う涙を舐めながらナイフを更に突き立てるのだった…
ふふふ…翠星石、ドレスをぬがしてあげるよ…
「嫌っ!やめてですぅ!」
抵抗も空しく全裸にされた翠星石。
ペロペロハァハァチュパア〜小さくて柔らかい乳房と乙女の恥部を舌でしゃぶる。
…僕のもしゃぶってもらおうかな。翠星石の口元に男根を近付ける。
「やですぅ!何しやがるです!」
…嫌じゃねぇだろ!!…僕は突然怒鳴った。ナイフを喉元にあてがい、脅した。
「うぅ…ぐすん…なんでこんな目に遭うです…」
翠星石…今日から君は僕の“肉人形”だ。メス豚として調教してやる。
従順で素直な乙女になる様に…刃向かえば、切り刻んでやる…。
チュプチュパんぐ…あぁ、出る!ドパァ〜翠星石の口の中は白濁液で溢れている。
「ごくっ…んめ〜ですぅ」
…ふふふすっかり淫らなメス豚になったな…三ヶ月も毎夜調教した甲斐があったものだ。
そろそろ仕上げにかかるとしよう…。
「ご主人様ぁ〜おまんまんして欲しいですぅ…ハァハァもう我慢出来ね―ですぅ!」
ヌプ…パンパンパン…「あ、あん!あん!気持ちいいですぅ!」
そして僕は正常位で交わりながら、両手を翠星石の首にかけ、一気に締め上げた。
「うぐぅ!く、くるし…ですぅ!」
翠星石の口から唾液が垂れている…そして動かなくなった。
真夜中の室内を緑色の美しい発光体が浮遊している。
僕はローザミスティカと呼ばれるそれを手に取って呟いた。
…次こそはアリスを…何故なら僕は人形師なのだから…

501 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:26:42 ID:5u4MToLf
     ____
   く/ '二二ヽ>
   l(ノノイハ))l  虐待なんてやめて
   l |、゚ ヮ゚ ノ| l  翠石星と遊ぶですぅ♪
   |⊂l_介」⊃| ローゼンメイデン一可愛い翠星石様を
   /ノ>、,.<ヽ\ 崇めるAA、文章を貼り付けるですよ、下等生物♪
.  ≦<_/ |. ヽ_ン≧
  ミ   ∪∪    ミ
.     ‖‖

     ε  З ピョンピョン


            ?   ____?
               く/ '二二ヽ>
  /            .l(ノノイハ))l ?ナンノオトデスカ?       \
/ ゴォォォォォォォ.      l |、゚ ヮ゚ ノ| l            ゴォォォォォォォ \
\             |⊂l_介」⊃|                   /
  \           ≦ノ>、,.<ヽ≧                 /
.              ミく二二二〉ミ

502 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:30:19 ID:5u4MToLf
         \\
       ̄ ̄|    __|_ __|_ __|_ __|_ __|_ __|_
         |    /|   /|  /|   /|  /|  /|
       ̄ ̄
           キャッ ! タイヘンデスゥ !
              ____
−− | ̄ ̄|     く/ '二二ヽ>    | ̄ ̄| −−−
二二 |    |   Σ .l(ノノイハ))l.    |    | 二二二二
三二 |    |     l |、;゚Д゚ノ| l    |    | 二三三二
二二 |    |     |⊂l_介」つ|    |    | 二二二二
−− |__|     ≦ノ>、,.<ヽ≧    |__| −−−
            ミく二二二〉ミ


        \\
      ̄ ̄|    __|_ __|_ __|_ __|_ __|_ __|_
        |    /|   /|  /|   /|  /|  /|
      ̄ ̄
            ヒィィ ! タスケテデフゥ〜
              ____    
      −− | ̄ ̄|'二二ヽ| ̄ ̄| −−−
      二二 |    |.ノノイハ)|    | 二二二
      二二 |   |;)゚8゚( |   | 二三二
      二二 |. (( |⊃介⊂| )) .| 二二二
      −− |__|ノ>、,.<ヘ|__| −−−
             ミく二二二〉ミ

503 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:37:17 ID:5u4MToLf
          __ | |
        /  / __
       /   /        / \Λ
          /    ̄ ̄ /    /\
          ./    _/        \
                 > ブヘェ
               ∴.';: 
       −− | ̄ ̄|く | ̄ ̄| −−
       二二 | : . : ;|3゚'|‥;:. | 二二
       二二 |  ∴|::.':| ‥.'.:;つ 二二
       二二 ⊂:.'':,' |:,:ミ|.': ,. | 二二
       −− | .;'::,:|':;:'|∴. ' | −−
            ̄ ̄ .':  ̄ ̄
                ∵ミ

504 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:38:55 ID:5u4MToLf
         __ | |   /
       /  /    /|
      /   /    __|__ \Λ
         /       /     /\
         ./      /        .\
                    '二二ヽ  
                  (ノ。イハ))
               l | .':. *゛々゚ )
           く:.': . ∴:.'  ´´´″
          __∴___      .,‥.';:>
      −− | :,,'・||∵.':,'| −−
      二二 |  ;':||‥,;':;| 二二
      二二 | ,‥||・.':.': | 二二
      二二 | :.'':,'||‥..:;| 二二
      −− | .;'::,:||∴::).| −−
        ミ.:.':  ̄ ̄.': ̄ ̄  /..'.:  ≧‥.': .:;つ
   ⊂:;:.': .,   ..' ∵ :ミ.:..':.': 
       ≦.:..':・.'  ∪    ‥.':.':⊃

505 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:39:40 ID:5u4MToLf
    ___
. く/',二二ヽ>   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |l |ノノイハ)) <  モルデスゥ
 ノl_|*゚ ヮ゚ノl|   \______
≦c(,_uuノ≧


  シャバッ!!
   _l_
 く/',二l!二ヽ>   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |l.|ノノliイハ)) <  モルd
 ノl_|*゚ l!ヮ゚ノl|   \______
≦c(,_u!iuノ≧
     i

506 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:40:20 ID:5u4MToLf
       _
     .;:・`二ヽ>     
   _   'lイハ))  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 く/',二..,  liヮ゚ノl| < モr
  |l.|ノノl.,  'luノ≧  \______
 ノl_|*゚ !;  ´;`∵;
≦c(,_ul;  `;:`


       _
     .;:・`二ヽ>     
   _   'lイハ))  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 く/',二..,  liヮ゚ノl| < えへ
  |l.|ノノl.,  'luノ≧  \______
 ノl_|*゚ !;  ´;`∵;
≦c(,_ul;  `;:`

507 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:41:04 ID:5u4MToLf
   ・〜     
        〜・
   _        。〜
 く/',二.,      _
  |l.|ノノl.,      .二ヽ>
 ノl_|*。,!;    ,_,_, ;:・イハ))
≦c(,_ul;   liuノli々゚'ノl|
      (;;;;::;:;) ・∵",≧
  〜・   (;;;:;)  "";:
       ξ;)

508 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:45:59 ID:5u4MToLf
そいつは突然俺の家にやってきた。
翠星石とか言うわけのわからない人形が鞄に入ってやってきたのだ。
そしてこう言うのだった。
「お前は今日から私のマスターになるのですぅ。どうも頼りない馬鹿そうな人間ですが、仕方ないですぅ」
「なに?おい!俺のどこが馬鹿だと?」
初対面でそんなことを言われて黙っていられるわけがない。俺のストレスメーターは70まで上昇した。
「きゃあ!近寄るなですぅ!」
少し歩み寄ろうとしただけで翠星石は部屋から逃げていってしまった。
俺は馬鹿らしくて追いかける気も起きなかった。それよりもこの時間は俺のパソコンライフの時間だ。
人形に構っている暇なんてない。
俺はすぐさまパソコンを起動させる。
いつものようにゲームに熱中する俺。と、そこへ「人間、ドアを開けてですぅ」
おい、なんなんだ!こっちは今いいところだってのに!無視だ無視!
すると今度は行動が激しくなった。
「開けろと言ってるですぅ!開けないとドアを壊すですよ!」
ドンドンとドアを殴ったり蹴ったりする音が聞こえてくる。
「あーもう五月蝿い!開けるから待て!」
ドアを開けるなり、翠星石が部屋に飛び込んできた。そして俺の脛を思いっきり蹴るのだった。
「いってぇ!何するんだよクソ人形!殺すぞ!」
「すぐにドアを開けないからですぅ」
何なんだ!俺のゲームの時間を邪魔した上、言うこと聞いてやったらキックされるなんて。俺のストレスメーターは80に上昇した。

509 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:46:52 ID:5u4MToLf
それからしばらくして翠星石は俺のことをまじまじと見つめたり、ゲームを観察したりしていた。
なんだかんだいって俺には気があるらしい。
「人間、椅子が無いから膝の上に座らせるですぅ」
「は?邪魔だっつうの。第一、ゲーム見えないじゃん。俺現在司令官やってんだから、負けるわけにはいかないんだよ」
「そんなことしったこっちゃないです」
そう言って翠星石は俺の膝の上に無理矢理よじ登ってきた。そのままプレイを続けたが、ゲームの内容は酷い有様だった。
味方の陣地に誤爆してしまったのだ。おかげで司令官解任、さらにはサーバーからバン(追い出される)されてしまった。
それもこれもこいつのせいだ!この人形、妙にいい匂いするし、感触いいし・・・!
とりあえず気分をすっきりさせるために風呂にでも入ってこよう。
俺は翠星石を抱きかかえて床に下ろした。
風呂から上がった俺は、服を着ながらいつもの楽しみである風呂上りのヨーグルトの一気飲みのことを考えていた。
暑く火照った喉に流れ込む冷たいヨーグルトのことを考えただけで、ニヤけてしまった。
そして服を着終わった俺は冷蔵庫を開ける。ついにきたぜ!ヨーグルトちゃん!
「・・・え?」
そこには信じられない光景があった。
ない!間違いなくそこに置いてあったはずのヨーグルトがなかったのだ!
「オーマイガーーーーット!!!ちょっとちょっと、嘘でしょ!嘘でしょ!?」
俺はもう泣きそうな気分だった。なんでよ?牛乳屋さんちゃんと持ってきたじゃん。マジありえねえよ!「まさか・・・あいつか!!!」
翠星石だ。クソ人形め!俺のストレスメーターは98に達した。
と、2階の俺の部屋と思われる位置からガシャン!と音がした。
「今度は何をした?何をしたんだよお!」
急いで部屋に駆け戻った。ドアを開けるとそこには、人形がなぜか増えていた。そして・・・

510 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:47:51 ID:5u4MToLf
「あー!俺の1/700大和のマストが!○○○のポスターが!」
「あーそれ雛が描いたのー、えへへ上手いでしょ。」
「ふざけるな!翠星石!こいつらを追い出せ!」
「そんなことでいちいち騒ぐなですぅ。陰気な趣味脱するチャンスですぅ」
俺はもう一体の人形を見いやった。
「どうも、翠星石がお世話になっています。妹の蒼星石です」
こんな時に自己紹介か?あ?空気読めよ馬鹿妹!
「はいはいわかったから今日は二人とも帰ってくれ」
俺は強引に二人を帰らせると、物置から釘バットを取ってきて部屋に戻った。
俺のストレスメーターはすでに爆発している。
「まったく、こんなことでいちいち騒ぐんじゃ・・・っきゃあ!」
翠星石の腹に思いっきりパンチを食らわせてやった。
そしてぐったりする翠星石を釘バットで猛打しまくる。
「きゃ!痛いですぅ!やめやがれですぅ!」
「ふざけんな!ヨーグルトの分がまだ残ってるんだぜ!」
「ヨーグルト飲んだくらいでごちゃごちゃ五月蝿いですぅ!」
この期に及んでまだ自分の罪を認めないのか!
俺は服を引き裂いて下着だけにしてやった。
「ひい!この変態!」
「人形ごときの裸見たって嬉しくもなんともねえよ!」
おら!直に痛みを味わえ!
どのくらい殴っただろうか。100回近く殴った気がする。
「う、っひぐ・・・どうしてそんなに殴るですかぁ・・・」
翠星石は涙をぼろぼろ流しながら問うのだった。
だがまだ怒りはおさまらない。破壊された模型と破られたポスターの分の恨みが残っている。

511 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 00:48:41 ID:5u4MToLf
「まだ終わってねえ」
翠星石の下着を剥いで、尻を露出させた。
「いや、そんなところ見るなですぅ!」
「うっせえ!そして尻の穴らしき部分にバットを突っ込んでぐりぐりとほじくってやった。」
「ああ!痛い!痛いですぅ!やめてですぅ!あ・・・ああぁん 」
少し感じたのか喘ぎが漏れた。
「この野郎!妙に感じやがって!」
腹が立ったのでバットを抜くと、もう一度殴打しまくった。
「そしてこれが○○○ちゃんポスターの分だ!」
翠星石の尻の穴に手榴弾を詰め込んだ。ピンには糸をつけ、穴の外からでも抜けるように細工してある。
「へへ、こいつが何かわかるか?俺がこの糸を引けば、お前は木っ端微塵になるんだよ。謝るなら今のうちだ」
すると翠星石は泣きながら
「御免なさい!もうしないですぅ!でも私は大好きなお前の陰気な部分を取り除きたいからやったんですぅ」
最後の言葉が感に触る!死ね!
俺は糸を引いた。その瞬間、物凄い爆発が起こった。
煙が晴れた後、そこには塵と化した翠星石の無残な姿があった。



512 : \_____________/:2006/07/20(木) 01:20:00 ID:TkZWPz3z
             \/

   彡川川川三三三ミ〜
   川|川/  \|〜 プゥ〜ン
  ‖|‖ ◎---◎|〜        
  川川‖    3  ヽ〜      
  川川    ∴)д(∴)〜      
  川川      〜 /〜 カタカタカタ
  川川‖    〜 /‖ _____
 川川川川___/‖  |  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ   |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄


513 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 12:50:02 ID:5u4MToLf
トニーは元某軍事大国の兵士だった。
今は働きもせずに親の資産で食っている。
彼は兵士時代に強姦罪で逮捕された経歴があるレイプ魔でありその筋のプロだ。
そんな彼の元に翠星石はやってきたのだった。
 「ワッツ?」
いきなり鞄から小人が出てきたかと思うと、顔面にパンチを食らった。
「まったく、もう少し丁寧に扱いやがれですぅ」
確かに鞄を蹴ったり、どのくらいの耐久性があるかどうかピストルで撃ってみたりはしたが、殴られるほどのことだろうか。
「とりあえずこの指輪にキスして契約するですぅ」
「契約?書類もなしに指輪にキスしただけで契約とか馬鹿らしいぜ」
鼻で笑い飛ばすと、翠星石は俺の脛に蹴りを食らわした。
「生意気言ってないで、ちゃっちゃと契約するです!このダメ人間!」
「クソ!さっきから初対面の人間に対して偉そうに!」
キレちまった。俺はこいつの顔面に蹴りを食らわせてやった。
「い、痛いじゃないですか!」
「おまえが悪いんだからな!5年前の俺を呼び覚ましたのはおまえのせいだからな!」
「やめてですぅ!」
翠星石の腕を掴んで思いっきり振り回す。そして壁に叩きつける。
「クズが!犯してやる!」
俺は懐にいつも携帯している拳銃を抜いてこの変に甲高い声でわめく緑の小人につきつけた。

514 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 12:51:33 ID:5u4MToLf
「ひっ...な、何をするですか...」
「決まっているだろう?こうするのさ!!」ダンッ!!!!!!!
「きゃあああああああああっ!!!!!」
俺は台詞が終わるか終わらないうちに翠星石とかいう小人の足元めがけ発砲した。
ミリタリー仕様の強力な奴のためかコンクリートがえぐられ、穴があく。
「ひっ!!...あひぃ...ま、まさか、ほホンモノですか...?」
「試してみるか?」
俺は翠星石の顔面に銃口をつきつける。
「いや...ううう撃たないでです...やめてですぅ...」
おびえる表情がかつての残虐な俺を呼び覚ます。俺は銃をかまえたまま後ろにさがる。
「す?す?す?翠せせせ星石ししをど、どどどどど、どうするつもりで、で、です??」
歯をガチガチ鳴らすほどおびえきった翠星石に俺はこう宣告した。

              「 踊  れ  」

「お、お、お、おどどどど、踊るででですか????」
「ゴタゴタ言ってねぇで踊れ!!!」ダンッ!!!
俺は再び翠星石の足元に発砲した。翠星石の足からわずか数ミリの距離の床がはじける。

515 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 12:53:49 ID:5u4MToLf
「ひあっ!!?」
ダンダンダンダンッ!!!!!!!
「きゃああああああっ!!!!!!!!!!!」
翠星石の周囲に砕けたコンクリが舞う。この銃はフルオートで撃ちまくることができるのだ。
俺は新しいマガジンを銃にセットしながら言った。
「そらそら、ジッとしてると足が撃ち抜かれるかもしれねえぞぉ?うひゃひゃひゃはぁっ!♪!!♪」
ダダダダダダッ1!!!ダダッ!!ダダダ!!!!!
「いやっ!ひぃあっ!ああっ!やっ!やめ!やめてっ!いやっはっ!あ!あ!ひっ!ひぃぃっ!!!」
足元のそこかしこに跳弾しまくり噴煙があがるたび翠星石が弾をさけようとして足を上げたり飛びのいたりする仕草が
滑稽なステップを踏んでるように見え、まるで奇妙なダンスを踊るようだ。
だが、ただのダンスと違うのはダンスをやめれば足を撃ち抜かれるかもしれない恐怖と隣り合わせだということだ。
その証拠に翠星石は恐怖におびえゆがんだ顔で必死になっている。
「そらそら踊れ踊れぇ!!!踊らねぇと両足を蜂の巣のジャぁあぁンクにしてくれるぜええええええええ!!!!!!!!!」

カチッ
「ちっ弾切れか」
俺は銃のマガジンを交換する。
「!!!!!?ちゃチャンスですぅ!逃げるなら今ですぅ!きゃっ!!?」
だが足元がおぼつかず、床にころがっていた喰いかけのリンゴやメロンに足をとられ転倒する。
    バゴォンッ!!!
と転んだ翠星石の顔の前に転がっていたメロンが異音とともに消し飛んだ。
そう、翠 星 石 の 頭 く ら い の 大 き さ の メ ロ ン が
文字通り跡形も無く。
おそるおそる振り向くとその先には、でかいM29リボルバー(俗にいうマグナム)を握ったトニーがいた。
「銃が一丁だけだとでも思ったのか?ああ?逃げるとてめえのボディに頭よりでっけぇ穴あけるぞ、あ?」
「あ...あ...こ...殺さないで...で...す...こ、殺されたら...ジュ...ジュンに会えなくなっちまうです...」

516 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 12:55:28 ID:5u4MToLf
『おうちに帰して〜』『ママ〜ママ〜』
かつて俺が手にかけてきた女子供もそんな風にわめいていたっけなあ。だがな、んなこと言われてハイそうですか、と言って帰してやるような
そんなマヌケなやつはいねぇwww

だが、俺はここであえて言ってやった。
「いいぜ、もう飽きた」
「?!ど、どういうことですか?」
「飽きたっていってるんだよ、とっととそのドアから出て行きやがれ、それとも何か?
ま〜だ物足りねえとでもいうつもりか?あ?」
「ひっ!」
翠星石は鞄を抱えてドアを飛び出していった。

くっくくくくくくくくくくくくっ!!!♪♪!お楽しみはこれからだぜぇ
俺は翠星石が出て行ったドアを開け、部屋の外に出る。
長い長い廊下を進んでいく。

ドンドン...ドンドン...

廊下の先から何かドアを叩くような音がひびいてくる。

ドン...ドンドンドン!
「このドア開かねぇ〜ですぅ!コンチクショウ!!ですぅ!蹴りをいれるです!ボコるです!」

「開くわけねえだろ、そのドア『ドアの形したオブジェ』なんだからよ」

517 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 12:56:47 ID:5u4MToLf
「ひっ!お、オマエは?!」
「なかなか精巧にできてるだろ、その『オブジェ』みんな騙されるんだwwリンダとかいったかなあ?あのメスガキなんて最後までドアだと思ってドンドン叩いて手のひらの骨、自分で砕いちまったんだぜぇwww」
「うううっどこまでも卑劣な奴です!今までどのくらいの人たちにそんな残酷なことをしてきたですか?!」

「へっ、おめぇはいままで喰ってきたパンの枚数を覚えているとでもいうのかよ?ひゃはははあはっwwwww」
「く、狂ってるです...オマエは狂ってるですぅ〜」

「ああ?俺は元から狂ってるぜい!」
俺はどこからともなく取り出したカマで翠星石のダラリとした指を切り落とした。
「きゃあ!指が・・・感覚がないですぅ!」
「痛いか?もっと苦しめ!泣け!叫べ!」
腹を思いっきり蹴りまくる。
「いた!や、やめ・・・やめて!お腹が・・・」
「聞こえねえなあ!もっと大きい声で!」
「お、お腹が痛いですぅ!」
「お〜う、もっと痛めつけてくれってかあ?」
そこで蹴るのを一旦止めた。
翠星石の怯えた表情が俺の瞳に写る。
「いいぜ、もっともっと苦しませてやるぜ。俺、真性サドだからよぉ」
まずはスコップで顔面タコ殴り!
「オラ!オラ!その汚ねえツラぶち壊してやる!」
「お次はこれだ!」
腹に主っきりスコップを突き刺した。
ミシミシと嫌な音が聞こえる。
「あ、あ・・・あああ・・・」
喋る気力も無いのか気を失っているのか抵抗する力はないみたいだ。

518 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 12:58:36 ID:5u4MToLf
「邪魔なんだよボケが!寝るならあっちで寝ろ!」
俺は翠星石を便所まで蹴り飛ばした。そして便器に顔を突っ込ませる。
「おら!起きろ!寝るんじゃねえ!」
すると翠星石の体がバタバタと動き始めた
「ガボ、ゴボ、ゴボボボ!(汚いですぅ!)」
「どうだ?いい味だろ?流してないからクソやら尿やらウジ虫やらが大量だぜ!ひひゃひゃひゃひゃ!」
そして目を覚ました翠星石の顔を便器から出すと、今度はゴキブリホ○ホ○を目の前に置いた。
「これを・・・どうするつもりですぅ!」
「食うんだよ!もう12時だからな!昼飯だ、たっぷり食え!」
「いや!近づけないで!こんなの食べられないですぅ!やめてですぅ!あっ!」
嫌がる翠星石など無視してゴキブリホ○ホ○に翠星石の顔を押し付けた。
「うええええ!気持ち悪いですぅ!」
「しっかり食えよな!これからが本番なんだから!蛆虫スープも飲めよ!」
今度は便器に顔を押し込んだ。
「しっかり飲めよ!生蛆虫のスープなんて滅多に飲めないぜ!」
「はあはあ、もうイヤ・・・」

便器の前で汚物まみれで気を失っていた翠星石は目を覚ました。
「ううう、うえっ、おげええ」
鼻の穴からは蛆が口の端からはゴキブリの足がはみ出ていた。それをいったんは吐き出す翠星石。

「目が覚めたか?もう夜だぜぇwww」
「くひっ!こ、今度は何をするつもりですか...」
「何って晩飯がまだだったからよぉ、晩飯持ってきてやったぜェ」
「?!...そ、それは?」
今度はどんなおぞましいものを食べさせられるのか身構えていた翠星石は唖然とした。
トニーの手にはジュージューと音をたてるアツアツのハンバーグステーキの皿があったからだ。

519 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:02:39 ID:5u4MToLf
「ほれ、食え」
「い、いやですぅ!どうせ毒か何か入ってるに決まってるですぅ!」
「あ?毒だあ?こんなに旨いのによぉ」
警戒する翠星石をあざ笑うようにハンバーグステーキを一口ほおばりクチャクチャと食べるトニー。
「あ〜旨ぇ!新鮮な肉を使っただけのことはあるぜぇwww」
グウウウウッ!
突然鳴ったのは翠星石の腹の虫だった。
「あ?何か聞こえたぞ?...そうかそうか体は正直なようだなぁwww」
「あううう...屈辱ですぅ」
「食うのか食わんのかハッキリしやがれ!食わねぇならこいつは便器に流すぞ!?」
「うぅぅうっ!よ、よこしやがれですぅ!!」
翠星石は悔しかった、この程度の誘惑に落ちた自分が。
だが、便器の汚物や蛆、ゴキブリの踊り食いの洗礼を受けた翠星石には抗えなかったのだ。

「へっへっへ...旨いか?あ、こら、え?クソ人形?」
旨い...確かに旨い。昼に食べた蛆やゴキブリ、糞尿よりも!涙が出るほど旨かった翠星石はハンバーグをむさぼるように食べた!
翠星石がハンバーグを半分ほどたいらげたときトニーが話しかけてきた。

オマエ、 ID:TkZWPz3z って奴を知ってるか??

「?!なぜお前なんかが>>512を知ってるですか?!」

「あ〜それそれ、その>>512っていう名前のジャップのメガネ小僧な、さっき俺んちにきたんだぜぇwww」
「な、何をデタラメぬかしやがるですか!>>512がこんな薄汚ねえところにくるわけねぇですぅ!」
「それが、来たんだよ俺んちの呼び鈴押してよぉ『翠星石っていう可愛いお人形を知りませんか?』だってよwww
 手違いで俺んちに送られてしまったのをネットでつきとめたとか言ってたぜぇ」

520 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:09:26 ID:5u4MToLf
「>512、>512がここに...」
期待で目を輝かせる翠星石
(な、なんとか>512に会って即再契約をするですぅ!そうすればこんなチンピラ野郎なんかギッタギタにしてやるですぅ!)
「>512、>512は?>512に会わせてほしいですぅ!」
「へ、あわてんじゃねぇ安心しな、オマエのボーイフレンドはまだウチにいるぜぇwww」
「ぼぼぼぼボーイフレンドじゃないです!あああああああんなチビ!」
「ほう、そうかい?オメェの鞄の中にあった写真に『>512、ラブラブちゅっちゅ♪食べちゃいたいくらいですぅ!』ってあったぞ、げへへへwww」
「う...あがががっ、お、乙女の秘密を...」
「ま、>512とやらに会いたくねぇって言うんなら別にとめやしねぇがなwww」
トニーの言葉を聞くまでもなく便所を飛び出し、翠星石は>512の姿を探し求めた。
「うううう!>512!>512!どこにいるですか?翠星石ですぅっ!!いるならいる、いないならいないとサッサと返事しろですぅ!」
だが、リビング、玄関(内側からカギがかかっていて開けられない)寝室、ゲストルーム、バスルーム、
のどこを探しても>512の姿はない。
「あのギョロ目、とんだ嘘つき野郎ですぅ!>512なんてどこにもいねぇ〜じゃないですかぁ!!」
と独り言をいう翠星石の背後に立ったトニーが言う。
「オマエのボーイフレンドならキッチンにいるぜぇwwwきひひひっwww」
「キッチン...?どうして>512が台所にいるですか?」
「行きゃ〜わかるぜ?ま、行きたくないなら無理に行かなくてもいいがなwww」
「ちっ!そこをどきやがれですぅ!」
翠星石はトニーの脇を通り抜け、キッチンに向かう。そんな翠星石を卑猥な笑みで見送るトニー。

「ここがキッチンですか?>512はどこにいるです?」
翠星石はあたりを見回した。だが、あちこちが汚物まみれで足元にビール瓶だのゴミだのが散乱し
その間をゴキブリやドブネズミが駆け回ってるキッチンには>512の姿はなかった。

521 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:11:54 ID:5u4MToLf
「>512!どこです?どこにいやがるですか!とっととでてくるですぅ!」
だが>512が出てくる様子はない。と背後に誰かの気配を感じた。
「>512?!」
だが...
「ざ〜んね〜んでしたぁ、俺だ!トニーだ!!眼鏡のジャップ小僧じゃないぜwwあとな、『トニー、力が出ないよう』
 『ようし、こんな時はケ〇ッグコーンフロストだ!』のトニー・ザ・タイガーとは無関係だぜぇwwそこんとこヨロシクなベイベ〜〜ひゃははははっwww」

自分でボケて自分でツッこむトニーは無視して翠星石はトニーに問い詰める。
「コンチクショウですぅ!嘘をつきやがったなですぅ!この翠星石をたばかりやがったなですぅ!」
「おいおいおい、嘘なんてついてねえぜ?眼鏡ジャップのチビ小僧ならその中にさっきからお待ちかねだぜwwきひひひwww」

トニーの指差す方向を見る翠星石。その視線の先にはテーブルの上におかれた寸胴のシチュー鍋がある。
「ふ、ふさけるなです!いくら>512がチビだからって、あんな小汚ねぇ、ちっこい鍋の中に隠れられるわけがねぇです!」
「嘘じゃねぇよ、嘘だと思うなら中を見てみるといいぜぇwww」
トニーの言葉に鍋に近づく翠星石、何かの罠かと思い一瞬、鍋のフタを取るのに躊躇したが
意を決して翠星石は鍋のフタを取り払った。
寸胴の鍋の中にはもちろん>512の姿など無く、何かのひき肉かモツ肉のようなものがフチいっぱいまで入っていた。
異様な臭いがする。翠星石は顔をしかめた。
「おいおいおい、そんなに嫌な顔するこたぁねーだろう?オマエがさっき食ったハンバーグはこいつからつくったんだぜぇ?」
見るとトニーは翠星石が半分残したハンバーグの皿をわざわざキッチンにまで持ってきていた。
ふと、翠星石の目が食べかけのハンバーグにとまる。ハンバーグの断面に妙な物が見えたのだ。
「ちょ、お前!そのハンバーグをよこしやがれですぅ!」
「いいぜぇwwおかわり自由コーヒーも飲み放題だぜぇwww」
翠星石はトニーの手からハンバーグをひったくるように取り戻した。
そしてハンバーグの切り口の断面からはみ出ている何かを引っ張り出す。

ずるぅ

「こ、これは...?」

522 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:16:42 ID:5u4MToLf
ハンバーグの中から出てきた異物は何かひしゃげたプラスチックのようなものだった。
熱で溶けてひしゃげてはいるが元は−◎---◎−な形をしていたような...
「ま、まさか...で...す」
今度は寸胴鍋にかけよった翠星石は鍋をオタマでかきまぜてみた。
異臭を放つひき肉だかモツ肉をかき回していくうちに何かがオタマにからみついてきた。
オタマには無数の何か『細〜〜い糸のようなモノ』がからみついている。
「ま#$$%&~|||\ままま\\\"#?@@まさか!!!こ、この!#$%肉は#&>5...
イやああああ嗚呼ああ嗚呼嗚呼嗚呼嗚呼ああああああああああああああああああっ!!!!????!!!?!???!??!?っっ〜〜〜〜〜!!!!!!!!」

翠星石の絶叫にトニーの下卑た笑いがかぶる
「ぎゃははあっははっはははwwwwそんなにわめくほど嬉しいか?嬉しいよなぁwww
 眼鏡小僧の写真の裏に『ラブラブちゅっちゅ♪食べちゃいたいくらいですぅ!』って書いてあったからよぉ、
 わざわざオマエのリクエストに答えてやったんだぜぇwwwぎゃはははは!!!」

「すすすす翠せせ星ぃ石きききはは>5>5>5>>512>>512を...うおっぷ...
うげええええええええええええええええええええええええええええええええええ〜〜っ〜〜〜っ!!!!!!!!!」

「おいおいおい!何吐いていやがるんだよ!せっかくラブラブな彼氏とマジで身も心も一つになれたってゆ〜のによぉ!!
 自分の彼氏吐いてんじゃねぇ〜よ、ききゃははあっははははHHっはっ!www!♪♪」





END

523 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:18:19 ID:5u4MToLf
    ___
  く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |≧∀≦ おめーら一緒に遊ぶですぅ!翠星石は空気が読めないですぅ!
  ノ|⊂l_介」つ
. /ノ>、,.<ヽ\
. `<_/ |. ヽ_ン'
    ∪∪
    ‖‖
     ε  З

じゃあ、おまえをサンドバッグにして遊ぶか



   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ゚ ー゚ノl| さぁ煮るなり焼くなり好きにするがいいですぅ!
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ

よしじゃあ黒ヒゲ危機一髪ごっこをした後に高層ビルの屋上に連れて行ってガソリンぶっかけて、
頭に包丁ブッ刺しておまえの意識がなくならないうちにライターで火をつけて突き落としてあげるね

524 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:19:09 ID:5u4MToLf
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |≧∀≦ 言葉の意味は全然わからんがとにかくすごい自信ですぅ
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ

こんな簡単な言葉もわからないなんて、
本当に翠星石はかわいいクズだなあ
ご褒美にかわいいちっちゃなおててを地面に五寸釘で固定して、
その上に重いものをどんどん落としてあげようか



   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ゚ ヮ゚ノl| やっぱり翠星石は他のジャンクどもとは格が違うのですね
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ

そりゃもちろんさ!格が違いすぎるよ!
バカさとかムカつき度とかいろいろね!
愛してるよ翠星石
今すぐそのヘッドセットをそのかわいらしいさくらんぼのようなおくちにつめこんで、
そのさらさらのこの世のものとは思えないほど美しいウェーブのかかった髪を切って禿げ頭にして、
その髪でその華奢で少し掴んだらいとも簡単におれてしまいそうな愛らしい首を絞めてあげたいくらいだよ

525 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:19:53 ID:5u4MToLf
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ^ヮ゚ノl| さすが翠星石はチビ人間どもの人気者ですぅ!
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ

そうだよぉ、だって翠星石とーってもかわいいし、いじめがいあるしね
よーしまずはそのキラキラしてる生意気なくりくりおめめを片方くりぬいてみようか
くりぬいたおめめは晩御飯として出してあげるから安心してね



   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |リ゙々゚ノl| ムグムグ…翠星石の目玉は意外といけるですよ
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ

くりぬいたところがぽっかりあいてて間抜けだから山芋を流し込んで固めて瞬間接着剤つけてふたしてあげるね
ふたは翠星石の望む柄にしてあげるよ

526 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:21:24 ID:5u4MToLf
   ___
 く/',二二ヽ>
  |l |ノノイハ))
  |l |★ヮ゚ノl| ふたの柄は翠星石の好きなお星様ですぅ!
 ノl_|ΞΞΞ
 ≦ ΞΞΞ≧
. ミく二二二〉ミ



                  ___
       、,,;,,、、      く/',二二ヽ>
     、Ξ#,,;ミΞ,,,、 、,, |l |ノノイハ)) ですぅ・・・
   とΞ;;,、;;∴λ、;;;∵゙, |l |★々゜ζ;;,
  "  '゙゙;゙` ' ゙`゙;~;~^゙;;:   '''`''"
      '`;;Ξつ   `'';;:;Ξミ,.

・・・あーすっきりしたすっきりした

527 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:23:16 ID:5u4MToLf
  ______________
  |                   .|:
  |   ___               |:}
  | く/',二二ヽ>            |:   ゴゴゴゴ…
  |培l |ノノイハ))  アッ!        .|:}
  |  |l |リ゚ O゚ノl|            |:
  | ノl_|(l_介」).|                |;}
  | .≦ノ`ヽノヘ≧               |:
  | ミく二二二〉ミ               |:}
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ____________
  |                |:
  |    ___ イ、イマスグココカラ |:}
  | .く/',二二ヽ>ダシヤガレデスゥ!|:   ゴゴゴゴ…
  |  |l |ノノイハ))        .|:}
  |  |l |ili゚Д゚ノl|         |
  | ノl_|(l_介」つ         |}
  | .≦ノ`ヽノヘ≧         |
  | ミく二二二〉ミ        |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

528 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:24:07 ID:5u4MToLf
  ___________
  |               |:
  |    ___          .|:}
  | .く/',二二ヽ>デスゥゥゥッ!?...|:   ゴゴゴゴ…
  |  |l |ノノイハ))    ..  .|:}
  |  |l |ili;0;ノl|       ... |
  | ノl_|(l_介倍:.;,  グシャ  |}
  | .≦ノ`ヽノヘ:;:.,:        |
  | ミく二二二〉,;;。、;::    |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ___________
  |               |:
  |    ___          .|:}
  | .く/',二二ヽ>   !?    |:   ゴゴゴゴ…
  |  |l |ノ煤G:;        |:}
  |  |l |ili判:;。;      |
  | ノl_|(l_倍:.,;;。 グシャア .|}
  | .≦ノ`ヽ@、:;:.,:      |
  | ミく二二"。、。、;:     |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

529 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 13:25:14 ID:5u4MToLf
  __________
  |            |:
  |     |l|        .. .|:}
  |       …  .. ..|:   ゴゴゴゴ…
  |    _从_     .. ...|:}
  |. く/',二二ヽ>     |
  | ./ /倍:.;;:.。 ドシャ ..|}
  |/ /≦@;@.,:  .. . ..|
  |ミ; "。;。、;:      |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  __________
  |            |
  |              .. .|
  |               .|
  | .          .. ...|
  |   ___          |
  | く/',二二ヽ>   .. .|
  | //@;@.,:| |   .. . .|
  |//;"。;。、;:| |       |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      「空気圧」

530 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 14:11:42 ID:fJD5pPtz
夏の到来を感じさせますなぁ

531 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 14:49:58 ID:5u4MToLf
>>530
ヒント:春からこんな調子w

532 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 14:57:42 ID:5u4MToLf
どうも俺は翠星石の存在に悩んでいる。
何度殺しても蘇るからだ。
そこでいろいろと調べたんだが、ようやくその謎を突き止めた。
どうやら人口精霊とやらが関係しているようだ。
とりあえず今回の虐待の前にスィドリームを買収、そしてサヨナラしておいた。
ついでに如雨露とやらももらって。
さぁて虐待始めるぜぇーーーーー!!!

オラ!起きろ!翠星石!
スコップの先端部分で翠星石の腹を思いっきり突き刺した。
「っぐえ!痛っ!朝っぱらから五月蝿いですぅ!」
おまえ確か人口精霊とやらを持ってたよな。あいつもう戻ってこないよ
「どういうことですか!スィドリーム!」
だから戻ってこねえって言ってるだろ!ついでに如雨露ももらったぜ
「そ、それは!返せですぅ!」
うるせえ!俺はスコップで翠星石を跳ね除けた。
「っきゃ!」
そして転がった翠星石を持ち上げて、顔面をスコップで殴りまくった。
死ね!死ね!ゴミカスになっちまえ!ひっひゃひゃひゃっひゃ!
今肥やしをやるよ。俺は庭師の如雨露に小便を一杯になるまで入れて、翠星石にぶっかけてやった。
「う、うえぇぇぇ!汚い!やめてですぅ!」
元気になるぜ!口癖はこうだったかな?伸びやかにぃ〜健やかにぃ〜げっひゃっひゃっひゃっひゃ!
うわ、汚え!こいつまた吐きやがった。
俺は如雨露の管を折って、鋭くなった先端部分で翠星石の腹を突き刺して、切開した。
「ぎいやあああああ!痛い!痛いですぅ!うぼおおええ!」
そして中身のぐちゃぐちゃを取り出し、めちゃくちゃにしてから捨てた。
「う、うう、ぐぼおえ・・・」
もう終わりかよ、つまんねえ。
俺は汚水処理場まで翠星石を蹴飛ばしながら持っていって捨てた。

533 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 15:06:04 ID:5u4MToLf
「よう翠星石!俺ほんと極悪人だったけど、今日から改心しようと思ってんだ。その気持ちとしてまずはこれを受け取ってくれ」
俺はそういって5センチ四方の箱を翠星石に渡した。
「え?ちゃんとした人間になってくれるですか?しゃーねーな、そういうなら貰ってやってもいいです」
「おう、早速開けちゃってくれ」
リボン結びされた紐を解き始める翠星石。そして即効で小屋から逃走する俺。
「?見られるのが恥ずかしいものなんですか?結構恥ずかしがりやなんですね」
そういって彼女が紐を解いた瞬間、小屋が閃光に包まれた。
次の瞬間小屋は木っ端微塵になっていた
「これだからやめられないぜ!」

534 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 15:12:09 ID:5u4MToLf
俺は鎌を振りかざし、翠星石の足を切り落として立てなくしてやった。
翠「いやー、やめてですぅ!」
俺は必死にもがく彼女の目の前に立った。
「翠星石には蒼星石やジュンがいるんですよ!だから殺さないで!おねがいですぅ」
目は涙でいっぱいだった。
俺「おー、そうか。残念だがもう会えないな。地獄でよろしく
言っといてくれ」
シュビーン!首を切り落とす。宙に舞った首が着地する間もなくキーック!そして胴体真っ二つ!小便ぶっかける
いい肥やしになるぜ〜
そしてガソリンぶっかけてマッチでシュボッ!
吹っ飛んだ首はハンマーでグシャ!
今日は殺すにはいい日だぜ〜!非ッひゃひゃはyはfyだkfだjだf

535 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 15:12:39 ID:5u4MToLf
「時には広い心を持たないとね。素直にお菓子くれるように言ってみるか」
翠星石がお菓子を作っているらしいのでもらいにいった。
「おい、翠星石、お菓子作ってるならくれよ」
「おまえみたいな人間の分なんてねーです」
その言葉を聞いた直後に俺はハンマーを取り出した。
それに気づいた翠星石は逃げようとする。
「マジうっぜええええええ!」
翠星石を無理やり引っ張って手首足首をカチ割ってやった。
「やっぱ俺の辞書に素直なんて言葉はねえよなあ!」
体が動かせない翠星石はもがき苦しむ
「やめて、どうしてこんなことするですか・・・」
「うっせえんだよくそったれ!あばらを叩き割ってやるぜ!」
ハンマーを大きく振り上げて胴体を叩き割った。
「ぎゃあああ!痛い!痛いですぅ!もうやめてぇ!」
そんな言葉を聞くまもなく、頭を蹴飛ばす。
翠星石の体は痙攣しており、首はどこかに飛んでいってしまった。
「愚かな人形だ。今日死ぬなんて思ってなかったろ?おったまげ〜!げひゃひゃひゃひゃひゃうひひっひっひひっぃ」
と、さっき吹っ飛んだ顔が転がってきた。悲しそうな顔をしている。
「てめえ!そんな顔されると!」
俺は思いっきり蹴りまくった。
「余計にぶち壊したくなるじゃねえかよ!」

536 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 21:52:38 ID:X0OD6WBg

         ,  -―−- 、
     //:. : ; : :/: : : : \
    / イ:/: ;':--: : :/: : : : ト
 r  く l |l: :l_/_:_://: :T: :l |
 {.__〉 └|: !V:|「  l  /77: /l」
   l_ l: :| Vゞ‐' _ヽイiイ/
  / _〕 ヽ」 V>--<l: :|
  {ヽl ヽ 「/ 〔/」 /:..:.´ ヽ: ト 、__
   \ト、/二ヽl {:..:..:..:..:..|\: .ー- 、 __ ̄ ̄ ¨ ┐
    |/{〈_〉| ム:..:..:..:ノ: : :〉\: : : : : : : : ̄ ̄ ¨ |−、
    |  ー 〈 ̄ ̄¨ヽ:..\: :\/:、:_:_:_: : : : : : : : : l: : : :\
    !    / 〉   イ:..:..:|:.Y:/': : : : : : :`: ー:、: : : : : : : : : ',
    \___\__/!:|:..:..:.|:..l:_:_r- 、__: : : : : ',: : : : : : : : : ',
     ∧:..:..:..:..:..:/|:..:..:./:..:.|:.._:..:.--、:..:`'┐: :.l:'; : : : : : : : : l       , -、_
      /:..:.\;..-:.'´:..\/:..:..:..Y:..:..、:..:..:\:..:.L: :l: :!: : : : : : : /     〈 ̄_|_   /L
    ,:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./:..:..}:..:..:..:..\:..〉':./: : : :_: :イ     「¨Y   `ヽ |
    ,':.l:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:../:く: :.{: : : : : : : :l     {ー | |  |  l−!
二三/:.;':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..!:..:..|: :ヽ: : :_:_:_:_」    └t ヽ 、   ノ、_」
三三!:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:!: ヽ!/ソ       「 ̄L¨T_」、ノ
三三ス:..ヽ:..:..:..,:..-、:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.|:..:..r┘三二一        \_」7二丶
二三\:..:..:..:.´:..:..:..:丶:.._:..:..:..:..:..:..:_/:..:_」三三二三二   一二一|ヽ _ノ
一二三: ̄\:..:..:..:..、:..:..:..:..:..:..:..−:..:.」−'´三二二一     二三三三l|三三二一
  一二三三三二二三三二二三三三三二二一      一二三二土二三三二一

537 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 21:59:38 ID:X0OD6WBg
                  ||
                  ||
                  ||
            ___||
          /::::::::::::::::||
         く::::::::::::::::::::::||
..        |::::::∧::::::::::||
          |::<  >::::||
         ノ:::::::∨::::::::::||
        /::::::::::::::::::::::::::||
        /::::::::::::::::::::::::::::||
        /::::::::::::::::::::::::::::::||

538 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 22:32:01 ID:5u4MToLf
>>536
     ∩___∩   \ヽ
     | ノ     ヽ   \ \ヽ
     /#●   ● |    ヽ ヽ \
    |    ( _●_)  ミ    i l  ヽ ぐちゃ
   彡、   |∪|   ノ    i l  l i
   / _  ヽノ   )    l i  | l
  (___)     / /    ,,-----、
          / /    |;::::  ::::|
       ⊂二(⌒ )二二二|;::::  ::::|⊃ /’, ’, ¨
           ̄ ’,ヽ∴。|;::::’,ヾ,::::| /。・,/∴
             く/',二|!|!!,i,,!ii,!l,二ヽ>
                |l |ノノ;;∴#,,;∞イハ))
                |l |(* 々゚ノ|
                 ノl_|(l_介」つ[ ̄]←クソミドリ 
                ≦ノ`ヽノヘ≧. ̄
.               ミく二二二〉ミ 

539 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 22:33:53 ID:5u4MToLf
>>537
              デブゥ…!!          ですです五月蝿いんだよ!!!
おらあああ!!      \从从///    ∧_∧ ジャンクのクセに散々調子に乗りやがって!!
 ―=≡三 ∧_∧     く/',二二ヽ>    (´∀` ) 三≡=―
―=≡三と( ´∀`)つ''"´"|l |ノノ;*;''"´"''::;:,(    つ 三≡=―
 ―=≡三 ヽ     ̄ ̄⌒)>ε(;;;((⌒ ̄ ̄ ̄_  ) 三≡=―
 ―=≡三 /  / ̄ ̄´"'''⊂;;;#':*,'´''::;;;;::'''"´ ̄ヽ \ 三≡=―
 ―=≡三 \__); ///(_ ,、 `^)^) \\\  (__) 三≡=―

    ぎゃはははは!!!「デブゥ…」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!おもしれぇなあ!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` )
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
           (⌒)y'⌒;ヾ从从(⌒〜∵;)|l |ノノイハ)),;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:#二ヽ>::;つ彡(:::)`Д´(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;)デスゥゥゥゥゥッ!!!
            ⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃

 ソ…ソウセイセキ……  ∧_∧ 死んじゃえよお前    ∧_∧止めとけよ
   ,;;rノノイハ)),... ペッ(∀`  )              (´∀` )ツバがもったいねえよ(藁
  :;ノ(:メ,゚;々。:・; ζ。´(    )              (    )

540 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 22:37:26 ID:5u4MToLf
「ここからはいってくるなよ、チビ人間ですぅ」
「誰に向かっていってるの?」
「チビ人間ですぅ」
「ふぅん」
当然そんな言葉を無視した人間は、翠星石にズカズカと近づいた。
「近づくなですぅ!」
後ろを向き走り出そうとしたが・・・。

「フン!」
ズリッ! バタァァァァァァァァァァン!
人間は翠星石のスカートを踏んでいた。
「その減らず口きけなくしてやるよ!」
ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!ズン!
連続して踏みつけられる翠星石。
「へギャッ!フグッ!やめるです、チビ人間!」
「うるせぇ!」
ドゴッ!
蹴りが翠星石の腹にめり込む。
「ヒグッ!」
前のめりになる翠星石。顔は苦痛でゆがみ、涙がそれを彩っていた。
「翠星石が何をしたって言うですか!」
「菓子食っといてうそつくなよ!性悪人形!!」

541 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 22:37:58 ID:5u4MToLf
ズン!
「ヒグッ!や、やめるです、翠星石じゃないです」
「まだいうか!」
ズン!
「ハギュッ!ちがうですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
「うるせぇ!みえみえ!」
ズン!
「ギャッッ!認めるです!認めるですからチビ人間やめるです!」
「口の利き方がなってないんだよ!」
ドゴッ!
「ッ!」

ふとみると靴の先が翠星石の腹を抜け背中から見えていた。
「気絶したか」
人間は足を抜くと翠星石を床に叩きつけ部屋を後にした。

ゴン!
「ヒグ、ヒック!ヒッグ!どうして翠星石だけっ!」
叩きつけられた衝撃で意識がもどった翠星石は力なく泣き続けた。

542 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 22:44:30 ID:5u4MToLf
「痛いです、はなすです」
翠星石の髪の毛が掴まれている。

「人形のくせにこんなに長い・・・人間なめてんの?」
グイ!
「やっ、やめるです。ハゲ人間のくせに生意気です!」
「立場がわかってないようだな!!」
髪の毛が真上に引っ張られる。足は宙に浮いている

「確か昔の漫画にこんなのがあったな」
グルグルグルグル
「いてぇです!髪掴んだまま、まわすなです!」
「なんか言ったか!」
「ふぅうう、何も言ってないです。痛いです!」
「うるせぇぞ」
手を離す。
ヒューーーーーーーーーン!  バン!
本棚にぶつかる

「ヒギャ!急に手を離すなです!痛いじゃないですか!」
「こうやって腕をたてに連続で回してから投げる魔球がむかしあってなぁ・・・。作者は書いてからボーグだって気づいたけど・・・開き直ってたな」
「知らないです!それよりなんてことするんですか!」
「人形の髪の毛をもって投げただけだけど!」
再び髪の毛が掴まれる。

「やめるです! ハゲ人間の髪がないのが翠星石のせいじゃないです!

543 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 22:45:16 ID:5u4MToLf
「いいこと思いついた」

ビリッ!
「ひぎゃぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁぁぁっぁぁぁ!」
「お前の髪の毛をこうやってむしりとればいいんだ!」
ビリャァァッァァァッァァァァッ!

「ヒイイイイイイィッィィッィィッィ!!!!痛いです!痛いです!痛いです!翠星石の髪を抜かないでです!」
そんな言葉にはおかまいなしにどんどんむしりとられていく!

「もうすっかりおそろいだな、はっはっはっ!俺のハゲよりひでぇけどな!」
「うう、ひどいです」
床に落ちた髪を手に取り涙を流す翠星石

「なに感傷にひたってんだ、性悪人形!掃除しとけよ!」
ゲシッ!
蹴られる。
「ヒグゥ!」
コツコツ、パタン
人間は出て行ったようだ

「どうして翠星石だけこんなめにあうですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
翠星石はひとり泣き崩れた

544 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:01:15 ID:Jq9Bqaek
「いいこと思いついた」

ビリッ!
「ひぎゃぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁぁぁっぁぁぁ!」
「お前の服ををこうやってむしりとればいいんだ!」
ビリャァァッァァァッァァァァッ!

「ヒイイイイイイィッィィッィィッィ!!!!うたです!いやです!いやです!翠星石の服を脱がさないでです!」
そんな言葉にはおかまいなしにどんどんむしりとられていく!

「もうすっかりおそろいだな、はっはっはっ!俺のムケちんよりひでぇけどな!」
「うう、萌えますです」
床はしたたり落ちたまんこ汁で濡れていた。

「なに感傷にひたってんだ、性悪人形!汁を拭いておけよ!」
バシッ!
鞭で打たれる。
「ウウッ!」
コツコツ、パタン
人間は出て行ったようだ

「どうして翠星石だけこんな気持ち良いことするですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
翠星石はあまりの快感にまんこがひくひくしていた。


545 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:22:33 ID:5u4MToLf
>>544は虐待というよりエロ

視界の隅で、床をカサカサと動くものが。
ウゲッ!ゴキブリだ!
どっから入ってきやがった!

ハエタタキないかなあ。おっとちょうどいいものがあった!
四肢をちぎられた翠星石の髪を掴んでゴキブリ目掛けてたたき付ける。
ドガッドガッビシィッ!股間から流れ続けるきったねえ汁を部屋中に撒き散らす。
もはや翠星石は抵抗する気力も無い。
「フグッ…アウッ…」と蚊の泣くような声がかすかに聞き取れるくらいだ。
汁まみれの股間は、床にたたき付けられ続けて青紫になり、腫れ上がってくる。
なんと精巧なドールだ。

グッシャアアア!
ついに翠星石の股間がゴキブリにクリーンヒット!
やったね!
そのまま翠星石を宙づりにすると、くっついたままのゴキブリのハラワタと翠星石の汁が
混ざりあって床にボタボタと落ちる。
よく見ると翠星石の股間でゴキブリが動いている。
一本の足が翠星石のクリをかすったかと思うと、何とこのエロ人形はピクンと反応し、
ハウッと声を漏らしやがる。
…感じてやがる。涙を流しながら。
ゴキブリの足の動きに合わせて、「ん…んっ…」と呻く。

この淫らな糞人形に、どうとどめを刺してやろうか・・・。

Fin

546 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:24:25 ID:5u4MToLf
翠星石がカバンで寝てる隙にカバンのフタ同士を接着剤で固めてやった。

あ、翠星石が起きた。カバンが開かないからビックリしてるらしい。
中からドンドン叩いたり暴れたりしてる。
カバンの中で翠星石が暴れるたびにカバンが床からピョンピョン跳ね上がる。
見ていてちょっと楽しい。
「開かなね〜ですぅ!」「ど〜なってるだですぅ!」「ボケっとしてないで開けやがれですぅ!」
とか喚いてる。

無視しておこう。

さてどうしてくれよう。

電ノコでブッた切ってもよし。
プレス機でいっきにつぶすもよし。
糞尿まみれにするもよし。
焼却炉に放り込むか?
コンロでジワジワ焼き焦がしてやるか?
自衛隊の演習場に放置してきて射撃の的にさせるもよし、戦車に踏み潰されるもよし。
ドブ川に違法投棄?黒髭危機イッパツのごとく少しづつ串刺し?
小さな隙間からゴキブリやシロアリとか注入する?
それとも硫酸流し込み?冷凍庫で凍らせる?
遠心分離機に放り込んでみたりして?
水銀燈にあげてみるのもいいかも?

僕はワクワクがとまらなかった。

END

547 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:27:04 ID:5u4MToLf
       ___
イヤデスゥゥ!!´;;;γ'⌒゙ヽ、
タスケテデスゥゥ/     ヽ
.く/ '二二ヽ>  ◎   l ))
。(ノノイハ))|l|、。     /,...;               /ヽへ/l、
.从゚`Д´゚リ|l|。ヾ、__, /彡・.,             〆     >   
⊂;:;⊂・/;;':"γ'⌒;ヽ、`ミ゚;`'..            <レl从^^从`、
;:∵;:・:/,;;;;;;;'/     ヽ;'∵;.‘             <口 _ 口レu/  翠星石を「RozenMaiden」から追放する?
 (( i;;;;;;;;;;i  ◎  ゙i ;;;'                (l^Y ll)
    ヾ;;;;;;;,ヽ、   ノ  ;;               |._ハ_.|
     `ー--=ニ-ー'                   ゝ' ゝ'



       ___
     /;;;γ'⌒゙ヽ、
ブッ・・・・・!!! /     ヽ  ;::・;:
イヤ…デス….  ◎  l ))*;:∵;::
  ;:・;::*:.ヾ、     /;:%;:∵;:::;            /ヽへ/l、
  ;:∵;从゚'дヾ、__,/彡・;:*;::;:           〆     >
   ゚・/,;;;'γ'⌒;ヽ∞;::;:・;::;;;::'.         <レl从^^从`、
    /,;;;;;;;'/    ブチャブチャッ!!;;'∵;;‘      <口∀口レu/  「この世」との間違いですぅw
 (( i;;;;;;;;;;i  ◎  ゙i;8:・o;:∵;:;;;'          (l^Y ll)
    ヾ;;;;;;;,ヽ、   ノ                  |._ハ_.|
     `ー--=ニ-ー'                   ゝ' ゝ'

548 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:27:51 ID:5u4MToLf
                                        ___   ♪
                                      く/',二二ヽ>
  _∩且つ______ : . ヒューーーン             |l |ノノイハ)) ))
  (_( ・x・)_(      (():∴ .              ((  |l |リ゚ ヮ゚ノl|
    (_ Υσ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : .                  ノl⊂l_介」つ0匚lア ミミ
     |___|__|                              ≦ノ`ヽノヘ≧     ミミ
     l                              ミく二二二〉ミ     ψ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        /
                   / /_
                  /  /
                     /   \__________________________
      死ね        |
  _∩且つ______|
  (_( ・x・)_(      ((|
    (_ Υσ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      __________________________
     |___|__|          |    /                  ,;,;:.:,;:;:';';'''
     l        |\|\ \   >               ミく二二二〉ミ     ψ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

549 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:29:12 ID:5u4MToLf
気づいてたあの日から あなたが近づいてきた訳 歯ごたえの柔らかいこの身があなたのお好みと
飢えに耐えてる瞳にこの身はどう映る 食すならひと思いに、お肉が堅くならないように

抱きしめるあなたの腕、きつければきついほど辛いの 台所の塩こしょう、鈍く光る刃物が恨めしい

明日の夢よりこの身には油がお似合いね 気づいてたあの日から 運命を恨む訳じゃない
イヤ、やっぱりイヤ、命は尊いわ お願いです止めて中断して、動物愛の精神はないの
でも今、食べ頃です でもイヤ、痛いのはイヤ、熱いのはイヤ、でもちゃんと中まで火を通して 生だけは絶対にいや

なに言ってんだろ でもホント言やぁ、逃げたいから逃げるの って、もうキャベツ添えてるし

痛い痛い痛い、熱い熱い熱い ソースは中濃でなくちゃイヤ 食すのはイヤ
でも、美味しく食してくれなきゃもっとイヤ 食すならひと思いに お肉が堅くならないように

.    ,, ,,_    ∫ ∫ ∫ ∫     /ヽへ/l、
.   i´ヽヘヘヽノ     ___        〆     > 
.  (l |ノノ^^ノ))   .く/二二,'ヽ>     <レl从^^从`、
. £lc○ヮ○l)ヽ  ((ハイ))|l|,,,,,     <口ヮ口レu/
.   `(ll~~~lつ ┏=(。α゚#iリ|l:#;;.)=┰8⊂l^Y⊂ll
    /| ヮ|ヽ  ┃   ;  : :.  ;..  ┃   |._ハ_.|
    ~J~J~  []  从从从从从,. []   .ゝ' ゝ'

550 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:30:56 ID:5u4MToLf
     .┌"" ̄〔二二二〕 ̄""┐
   ┌'"" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""┐
   |゙        .(○○).       ゙|
   |(7|7|4|M) l     l [上野]  |ファァァァァァン
   |..____________ |  ファァァァァァン 
   | | | ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ | | |    ファーーーーーーーーン
   | | |       |      |⊂=@=∩| | |
   | | |____|__ _ ( ・x・ ).| | |
   | ────────────..|
   |         -     -     JR.  |
   | _        __         _ |
   |_o___________○___.o_| ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
    ll゙''豆||豆''H {×ロ} H jj''||豆''゙ll
    ├─┘_'三三三三三'_└─┤
..   \_|________|_/
     ─//────\\─
    ─//──────\\─
  ─//────────\\─
. ─//───── ___ ──\\─
やめてくれですぅ  く/',二二ヽ>──\\─
たすけてくれですぅ |l |ノノイハ))───\\─
/────⊂´|||||||ノl_|リTДT)────\\─


551 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:31:39 ID:5u4MToLf
ドカシッゴボッグガガガガガガボガボ
ガココココココバキバキバキャキャキャ
ガコッガコッガコッガコッグゴゴゴゴゴ
グモッチュイーーンボゴゴゴゴゴ
ですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

552 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:32:13 ID:5u4MToLf
     .┌"" ̄〔二二二〕 ̄""┐
   ┌'"" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""┐
   |゙        .(○○).       ゙|
   |(7|7|4|M) l     l [上野]  |
   |..____________ |
   | | | ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ | | |
   | | |       |      |⊂=@=∩| | |ニコニコ
   | | |____|__ _ ( ^x^ ) | | |
   | ────────────..|
   |         -     -     JR.  |
   | _        __         _ |
   |_o___________○___.o_|
    ll゙''豆||豆''H {×ロ} H jj''||豆''゙ll
    ├─┘_'三三三三三'_└─┤
..   \_|________|_/
     ─//;;;;::......;;く/';;;;;;;;;;;;ヽ>....,,,,
    ─//゙々゚)──O;;,,::,,,:,,\\;;⊃
  ─//─────────\\─

553 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:34:02 ID:5u4MToLf
「ヘッヘッヘ。今日の俺様は最高にツイてるぜ!」
そう言いながら、俺は早足で家に向かう。スーパーの福引も捨てたもんじゃないな。
いつも大学の単位をギリギリで取得している強運ぶりを発揮して、俺はスゴいものを当ててしまったのだ。
「ハッハーッ!やったぞ!俺は天才だ!イェーイ!!」
俺は興奮して叫びながら、リビングに駆け込む。水銀燈と翠星石は驚いてこちらを向いた。
「お、おかえりなさぁい。…どうしたのぉ?」
「また狂ったのが帰ってきやがったですぅ。」
「ハワイだ!ハワイ!福引で当たったんだぜ!」
そう、俺が当てたのは4泊5日の超豪華ハワイ旅行だ。
俺は『特賞』の文字が入ったチケットの箱を自慢げに見せびらかした。
「えっ!?ホントに!?もしかして…水銀燈も連れてってくれるのぉ?」
「し、信じられないですぅ〜!もちろん翠星石も行くですよ!」
「フッフッフ。全て俺様に任せたまえ。」
まぁせっかくの機会なので、みんなでハワイを満喫することにした。
「嬉しいわぁ!ハワイよぉ〜…うふふふふ」
「ふふ〜ん♪チビ人間もたまには役に立つですね。ちょっと見直したですぅ!」
よし、あとは荷造りをして出発を待つだけだ。
――そして数日後、ついに出発の日となった。
俺がリビングに行くと、水銀燈はすでに起きていて、荷物の確認をしていた。
「うふふ…おはよぉ。いよいよねぇ。」
「ハワイだぜ〜?…せっかく学校もサボるんだし、遊びまくってやるぜ!」
そう言いながら荷物の確認をしていると、なんと飛行機のチケットが2枚しか無いではないか。
俺は大慌てで旅行のスケジュール表を見直した。
「!!!銀ちゃん、やべぇ!よく見たらこれペア旅行だった!」
よく考えたら当然のことなのだが、興奮していた俺は全く気付かなかったのだ。
「えぇ!?ちょ…ちょっとぉ、どうするのよ?」
「く…俺様としたことが、うかつだったぜ…。でも今から金払うのもなぁ…。」
俺が困り果てていると、水銀燈が思わぬ救いの手を差し伸べた。
「……ねぇ、いい考えがあるわ。ふふふ…ちょっと耳貸しなさぁい。」

554 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:36:32 ID:5u4MToLf
その後、翠の奴が起きてきて、荷物の準備も完了した。俺たちはフェラーリに乗り込む。
「あ、そうか。シートが2つしかないな…。」
「翠星石、貴方は鞄で眠ってなさぁい。着いたら起こしてあげるわぁ。」
「…ったくしょうがねぇですね。ホント不便なチビ車ですぅ。」
「……うぅ〜。せ、狭いですぅ〜。」
荷物を減らすために、翠の鞄にもいろいろ物が詰め込んである。まぁ旅行の基本だろう。
ただ、早起きしたせいもあってか翠星石はすぐに眠ってしまった。
数分後、俺たちは空港に到着した。出発まで30分。…少しギリギリだったな。
「…翠星石は?」
「うふふ…しっかり寝てるわよぉ。」
「よしっ!今がチャンスだ!」
そう言うと、俺は翠星石の鞄をゆっくりと貨物用のベルトコンベアに乗せる。
鞄はそのまま飛行機の貨物室に消えていった。
「さぁ、俺たちも乗るぞ。あ、ゲートを通るときは動いちゃダメだぞ。」
パスポートが無いのでこればかりは仕方あるまい。人形ならパスポートもクソもないしな。
俺は水銀燈を抱いて飛行機に乗り込んだ。すばらしい、初めて乗る1stクラスだ。
「ねぇ見てぇ…朝日が綺麗…」
「ん?…おお!」
ちょうど窓の外に日の出が見える。今年の正月以来、久しぶりに見た日の出だった。
真っ赤な朝日に照らされながら、飛行機は離陸していった。
離陸したときの衝撃で、翠星石は目を覚ました。
「…はうぅ!!?……に、人間?もう着いたですかぁ?」
しかし、『ゴォォォォォ』という空気を切る音がするだけで、反応はない。
「シカトする気ですかぁ!早く開けやがれですぅ!」
そう言って中から鞄を開けようとするが、ベルトで固定されているのでびくともしない。
そのうち飛行機が旋回して右に傾く。
鞄の中に入っていた目覚まし時計が転がり、翠星石の頭を直撃した。
「痛っ!な、何か当たったですぅ!人間!ここはどこですかぁ!」
衝撃で目覚まし時計のスイッチが入り、ジリジリと大音量ベルが鳴り響く。
「ひゃあああ!うるさいですぅ!ど、どこにあるですかぁ!?」
翠星石は手さぐりで目覚ましのスイッチを切ろうとするが、暗くて見つからない。

555 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:38:01 ID:5u4MToLf
今度はひげそりが頬にぶち当たる。
「へぶっ!…人間!水銀燈!返事するですぅ!」
しばらくすると飛行機は左に旋回し、翠星石は体ごと左に転がっていく。
「ひぃぃぃ!落ちるですぅ〜!」
そして、鞄の左端にあったドライヤーのグリップが翠星石の口にはまった。
「…ふ、ふぐぅ…ほれは!?はやふ、ふいへいへひほ…は、はふへるへふぅ!!」
涎をたらしながらバタバタと暴れる翠星石に、後ろからダンベルがのしかかる。
「はひぃっ!ほもひ!ほもひへふぅ!」
翠星石はそのまま不自然な体勢で固定され、眠れないまま十数時間が経過した。
やがて、飛行機はハワイ・オアフ島の空港に到着した。
「さすが1stクラスねぇ…機内食もおいしかったわぁ。」
「ああ…。とてもじゃないがスーパーで当てたとは思えんな…。」
俺たちは荷物搬出口で翠星石の鞄と荷物を受け取ると、ホテルへ向かった。
「ん?やけに静かだな。もう19時間経ってるぞ…。」
「うふふ…ねぼすけさんねぇ〜。」
ホテルは市街地の中心の超高級ホテルだった。
浜辺のリゾートホテルとは比較にならない。俺たちの部屋は実に80uだった。
「おい、着いたぞ。起きろ!」
部屋に着いて荷物を降ろすと、俺は翠星石の鞄を開けた。
「ぬおおっ!?な、何じゃあこりゃああああ!!!?」
鞄の中はめちゃくちゃに荒らされ、翠星石はドライヤーをくわえてぐったりしていた。
入れてあった物は涎とゲロにまみれている。服は全部クシャクシャだった。
「いやぁ!し…しんじらんなぁい!水銀燈のドレスが…!」
翠星石は間抜けな顔でゆっくりと俺を見上げた。目は完全に死んでいる。
「…うぅ…ひ、ひどい…ですぅ…。」
いつものことだが、謝る気すらないらしい。さすがの俺も今回ばかりは頭にきた。
「ひどいだぁ!?ふざけんな!それはこっちのセリフだ!」
俺はドライヤーのグリップを再び奴の口にねじ込んだ。
「ふ、ふぐぅっ!!?」
「…俺は今から銀ちゃんと出かけてくる!帰ってくるまでに全て片付けておけ!いいな!?」
「もし綺麗になっていなかったら…覚悟しなさいよぉ!ふんっ!」
そう言い残し、俺と水銀燈は夜の街へ繰り出していった。

556 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:39:12 ID:5u4MToLf
「…うぅ…ぐすっ…。す、翠星石は悪くないですぅ…。」
そう言いながらも、翠星石は一人で黙々と掃除を始めた。
しかし、もう丸一日以上眠っていないので、体力は限界だった。ふらふらとよろけて床に倒れこむ。
「うぅ…疲れたですぅ…。…少し…休憩するですぅ…」
そう言うと、翠星石はそのまま床で眠ってしまった。
――そのころ、俺たちはカジノで狂喜乱舞していた。
なんと水銀燈がスロットで大当たりし、50ドルが100倍の5000ドルに変わったのだ。
「す、すげーよ銀ちゃん!マジやばいって!」
「うふふふ。今日は『銀様』って呼びなさぁ〜い。」
「ははぁ!銀様、明日は思いっきり遊べそうですね!」
「そおねぇ!楽しみだわぁ。」
俺たちは大はしゃぎしながらホテルに帰ってきた。
俺たちが部屋に戻ると、掃除は半分も終わっていなかった。
しかも、あろうことか奴は床ですやすやと眠っているではないか。
このバカは反省の色が全くないようだ。俺は眠っている翠星石を上から踏みつけた。
「ぐへぇっ!!?…ゲホッ!ゲホッ!ゲホッ!」
「オイ、全然終わってねぇだろ。どういうことだ!」
「はぁ…はぁ…。…うぅ…頭が痛いですぅ…。少し…少しだけ…休ませるですぅ。」
翠星石は頭をかかえながら床に倒れている。また奴の得意な演技が始まったらしい。
「何時間も鞄の中でダラダラと寝てたくせに『休ませろ』?ナメてんのか?」
「ねぇ、もう11時よぉ。早く寝ましょ。水銀燈眠いわぁ。」
…そうだ。明日はカジノで稼いだ金で遊びまくる予定だ。俺も早く寝ることにしよう。
「おい、お前は外で掃除の続きだ。」
そう言うと、俺は翠星石と奴の鞄をベランダに放り投げる。
「水道と洗剤はそこにあるからな。朝までに終わってなかったら……分かってるよな?」
「うふふふ。じゃあ、がんばってねぇ。おやすみなさぁい。」
ベランダの鍵を閉めると、俺たちは眠りについた。
――翌朝、ベランダを見ると、奴は開けっ放しの鞄の中で眠っていた。
ただ、衣類はきちんと干してあり、時計やドライヤーなどもきれいになっていた。まぁよしとするか。

557 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:41:07 ID:5u4MToLf
「ご苦労だったな。」
俺はそう言うと、翠星石の手に5000円札を持たせてやった。
「俺は銀ちゃんと出かけてくるからな。お前も起きたらそれで遊んでこいよ。」
「そのままじゃ使えないからな。フロントで換金してもらえ。いいな?」
「……で…すぅ…」
翠星石は目をつぶったまま、わけの分からない返事をした。
ここでシャキっと起きれば一緒に連れて行ってやろうとしたが、バカバカしいのでやめよう。
俺と水銀燈はそのまま部屋を後にした。
――数時間後、翠星石は目を覚ましてゆっくりと立ち上がった。
「…これは…?…ご、5000円ですぅ…!」
「人間?水銀燈?…いるですかぁ?」
翠星石はあたりを見回すが、誰もいなかった。
「…出かけたですか…?…翠星石も行きたかったですぅ…。」
そう言うと、翠星石は一人で街に出ていった。
ホテルの前の通りを歩いていくと、ハデな看板の宝石屋が目に付いた。
ショーウインドウには、ダイヤモンドの指輪が輝いている。
「……きれいですぅ…。」
ダイヤの指輪に見とれていた翠星石は、隣にあった値札に目を移す。
「はうぅ!?4800円ですかぁ!か、買えるですぅ!物価が安いって本当ですぅ!」
「えくすきゅーずみーですぅ。あいる…ぱーちゃす…でぃすりんぐ、ですぅ!」
「アリガトゴザイマース。リョウキン、アトバライデス。オナマエ、ヘヤバンゴウ、オネガイネー。」
翠星石は昨日までの疲れも忘れて契約書にサインをすると、大喜びでホテルに舞い戻った。
そのころ、俺と水銀燈は潜水艦クルーズを終えてホテルに向かっていた。
「きれいだったわぁ。ほら、水銀燈海なんて入ったことないから。…でもちょっと高かったわねぇ。」
「つーか、まだ500ドルくらいしか使ってないんだが…。」
ホテルの部屋に入ると、音楽が流れていて、翠星石が一人で踊っていた。
「…何やってんだお前?」
「あ、遅いですよチビ人間!ほら、しっかり見やがれですぅ〜。似合うですかぁ?」
そう言うと、奴は中指にはまったダイヤの指輪を見せびらかしながら、5000円札を返してきた。
「料金は後払いですよ。お釣りはあげるですよん♪」
「ちょ…お、おい!後払いって…」

558 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:48:23 ID:5u4MToLf
その時、ホテルの放送が入った。
「605ゴウシツノ、スイセーセキサマ。フロントマデ、オコシクダサイ。」
俺は何となく嫌な予感がして、早足でフロントに向かった。
フロントには、宝石屋の主人が待ち構えていた。
「オォ。ダイリニンノ、カタデスネ〜。アリガトゴザイマス。オカイケイハ$4800デ〜ス。」
「………は?」
「ン?フォーティー・エイト・ハンドレッズ・ダラー、デスヨ。…ナニカ、モンダイデモ?」
「……え、あ…ぜ、全然OKっすよ。アハハ…アハハハハ……」
――俺は頭の中が真っ白になった。
これでカジノで稼いだ金は全て消えてしまった。俺はうつむきながら部屋に戻る。
「ねぇ、午後はどこに行こうかしらぁ?」
「お出かけまだですかぁ?今度は翠星石も連れて行きやがれですぅ。」
俺は無言で翠星石に近づくと、腹を蹴り飛ばした。
「ふべぇっ!」
翠星石は床に倒れ、腹をかかえながら痛みをこらえている。
「え!?…ちょっと、どうしたのぉ??」
「銀ちゃん…もう600ドルしか残ってないよ…」
「ど、どういうこと…?」
「あのクソ野郎が横領しやがった…。その指輪…4800ドルだったのさ。」
「!!!!!…う…嘘でしょ……?」
「ちくしょう…カジノの事も聞いてやがったな…。まんまと俺たちを出し抜きやがって!」
それを聞くと、水銀燈の形相が一変した。ものすごい剣幕で翠星石の胸倉をつかみあげる。
「…貴方がここまでクズだったとはねぇ…タダで済むと思うんじゃないわよっ!!」
「ち、違うですぅ!チビ人間が5000円くれたですよ!す、翠星石は…」
「うるさい!黙りなさい!」
水銀燈は翠星石の口をタオルでふさぐと、鞄の中に詰め込んだ。
「……ふぅ。ねぇ、そろそろ出かけたいわぁ。…ハワイと言ったらなぁに?」
「…え…あ、ああ。ハワイって言ったら……やっぱ海だろ?」
「まったく…おばかさんねぇ。射撃よ、射撃。」
「ハ、ハァ!?しゃ…しゃげき??」
「うふふ。いいから行くわよぉ。」
俺は水銀燈に手を引かれながら市内の射撃場に到着した。

559 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:49:44 ID:5u4MToLf
数分後、水銀燈は巨大な筆のような武器を引きずってきた。
「…へ?なんだよその筆は?」
「すごいでしょ?あの有名な『RPG-7』よぉ。」
「RPG?つまりはロール・プレイング…」
「ロケット・プロペラ・グレネードよ。さぁ、重いから貴方が撃ちなさぁい。」
水銀燈は俺に筆を渡してきた。見かけによらず、なかなか重い。
「肩に担いで発射するのよぉ。うふふ、がんばってねぇ。」
そう言うと、水銀燈はさりげなく俺から距離をおいて耳をふさいでいる。
なんかヤバそうな武器だが、撃たなきゃ始まらないか…。
「…ええぃ!もうどうなっても知らんぞ!おりゃー!」
俺は岩に照準を合わせると、思い切りトリガーを引いた。
すさまじい後方炎とともに弾頭が発射され、爆音と同時に巨大な岩は粉々に吹き飛んだ。
ただ、ものすごい威力のわりに反動はそれほど強くなかった。
「………うお、おおお…!な、なんだよ大したことないのか…。」
射撃フィールドの方を見ると、なにやら変な物体が蛆虫のようにうごめいていた。
…奴だ。緑色のドレスは丸焦げになり、体中が深くえぐれていた。下半身は完全に無くなっている。
長かった髪も焼け縮れ、だらしなく口を開けて涎をたらしている。もはや見る影もない。
「ちょっと、見てよぉ。あれじゃ『バラバラ乙女』じゃなぁい?あはははっ!」
「く…くだらねぇぞ銀ちゃん…」
俺はそう言いながら、最初に使ったデザートイーグルのマガジンに50AE弾を込め始める。
「……あら、なんだかんだ言ってもお気に入りなのぉ?」
「ふふーん、まぁな。」
俺は両手で銃を構えると、翠星石に向けて発砲する。奴の体の近くに砂煙があがる。
「あひぃぃぃぃぃぃっ!」
翠星石は叫び声をあげ、弾丸を避けようとゴロゴロ転がりまわっている。
間髪いれず、もう1発発射する。今度は反対側から砂煙があがった。
「くぅ〜…いてててて…。銀ちゃん、ちょっと支えてて。」
「え?あ…う、うん///」
俺は水銀燈と一緒に銃を握り、のた打ち回る翠星石の頭に狙いを定めた。

560 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:50:21 ID:5u4MToLf
「あひぃっ!あひぃぃぃぃぃぃぃ…」
奴の最後の悲鳴を聞きつつ、俺は一気にトリガーを引いた。
『バシィンッ!』。
強い発射音とともに撃ち出された弾丸は翠星石の眉間に命中し、奴の脳天は木端微塵に吹き飛んだ。
「…ふぅ。…終わったな。」
俺は胴体だけになった首なし人形の指から、キラキラと輝くダイヤの指輪を外す。
「この野郎…せっかくの旅行をメチャクチャにしやがって…。」
「指輪…どうするのぉ?すぐに売っちゃえば少しは……え、え?」
俺は水銀燈の中指に指輪をはめてやった。
「あげるよ。銀ちゃんにピッタリだし。」
「そ、そ、そんなこと……わ、わたしのことおちょくってるのぉ?」
「へへへ、似合ってるぜ〜。」
「…ば、ばかぁ///」
――俺たちは射撃場を後にする。外はもう日が沈みはじめていた。
「はぁ…これからどうしようか。金も200ドルちょいしか残ってないし。」
「ねぇ、夕日…見にいきましょ?ほらぁ…昨日見た朝日が綺麗だったから…」
「……そうだな。金もないことだし。行ってみるか!」
俺たちは仲良く手を繋ぎながら、夕日に染まる海岸へ向かって歩いていった。
こうして、お金こそ失ったものの、俺たちはたくさんの楽しい思い出をつくることができたのであった。


Fin

561 :花咲か名無しさん:2006/07/20(木) 23:52:54 ID:5u4MToLf
                               ヽ`        く/', ,li
      ´ 々゚.;.;i    永  遠  に  さ  よ  な  ら  −  ,,:。゙゙゙i;)
       。 .;.                      ´.    ´ ´  |l |(* 々゚;ヽヽ`;;
                ,;,.く/iii      __,,:::========:::,,__
         ;;;;;;,i。.;. ..        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...   く/';;;     .;.
                      ..‐´      ゙          `‐..   ;;;。ノイ`
     ;*;∵; 。*;         /                  .;. .;. ゚ノ|. .;,
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´  。ノイ;::::                 ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'      ~';∴ 々゚i;,                  ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
  ;;;;。ノイハ))      ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
 ゙゙゙i;/々;;;;i;      /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)