5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【涅】 狄青 【北宋名将】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 17:15:57 ID:Yboc7WIz0

 狄青(1008 - 1057年)、字は漢臣、汾州西河(現在の山西省汾陽)の人。貧家の出身だったが、騎射をよくし、宋仁宗の
宝元年間に初年に、宋夏戦争に従軍、功を立てて一介の兵士から延州の指揮使となる。戦いの度、狄青は先頭に立っ
て突撃し、功を積み重ねた。
 陝西経略安撫副使兼延州知事として赴任した宋代の名臣范仲淹からは厚遇を受け、『左氏春秋』を授かった。これより
狄青は読書に励み、兵法に精通して更なる戦功を上げ、皇佑4年(1052年)に枢密副使にまで昇進した。
 その年、広西で儂智高が乱を起こすと、狄青は自ら兵を率いて討伐に向かい、崑崙関の戦いで儂智高の軍勢を打ち破
った。それによって狄青は武官の最高位である枢密正使にまで登りつめる。だが、狄青があまりに将兵の心を得ていた
ことから、朝廷から猜疑の眼差しを向けられるようになり、やがて枢密正使の職を免じられてしまう。
 その後も朝廷の監視を受け、悶々として楽しまぬまま死す。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 19:20:34 ID:vx7wTb160
 武将として優れていた狄青も偉かったが、きちんとその能力を見抜いて、
引き立てた范仲淹らの名臣たちも偉かった。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 13:51:46 ID:7BnuuoTj0
井上祐美子の短編小説「涅」はなかなかいいよ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 23:33:34 ID:4eCPVGmN0
井上祐美子は桃花源奇譚でも、
文曲星の包拯に対する、武曲星の狄青を出しているね。
狄青、まだ子供だけど。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 18:54:58 ID:17GBGVst0
宋の仁宗皇帝の時代は魅力的な人物が多いね。
范仲淹とか、包拯とか、この狄青とか。
何と言うか、政治面で陰険さを感じない。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 02:20:42 ID:qlgOQugU0
楊家将の物語の中じゃ、狄青は悪役で、
三代目の楊宗保をいびったりするんだよね。

万花楼演義だと逆に、楊家将と力を合わせて西夏の侵略に立ち向かう設定になっているけど。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:48:46 ID:oC9Op4Pf0
対西夏戦争の舞台であった西北と、儂智高の乱が起こった南方とでは、
ずいぶんと風土が違うだろうに、どちらでも戦えたなんて、
器用だな。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:53:47 ID:GF0n2UBh0
明でも、倭寇を撃退した、漠北に転戦した武将がいるよ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 16:10:42 ID:4+a9Ykwc0
戚継光か

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 16:32:38 ID:XKlWsvT90
貧しい家に生まれたが、その才能はぬきんでていたというね。
「戚家軍」という精鋭部隊をつくり、南に北に大転戦。
後に『紀効新書』、『練兵実紀』という兵法書も記している。

ただ張居正の死後、まもなく弾劾をうけて、最後は不遇だったらしい。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 13:02:22 ID:tu5YB08B0
晩年が不遇ってのも、狄青と共通している。
中国の優秀な武官は、不幸な最期が多いな。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 15:27:38 ID:0OlrgDQR0
>>11
宮廷に理解者が居るうちは良いんだけど理解者が亡くなった後
中央から危険視されて不遇な結末を迎えるパターンが多いようで。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 18:37:30 ID:0Ns6pCC10
狄青は范仲淹には気に入られて歐陽脩には苛められた

スレ違いだけど范仲淹めっさ好き
愚直なところも詰めが甘いところもひっくるめて

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)