5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【匈奴】大月氏【漢】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 00:26:53 ID:yaxBEclg0
匈奴と血みどろの死闘を演じた大月氏のスレ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 01:00:18 ID:8ctQj7yK0
人種的にはどんな感じだったんだろうね?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 23:04:34 ID:jmIgJ87G0
コーカソイド系もいたのかな

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 06:20:40 ID:N6VG2gvQ0
 月氏(げっし)は紀元前3世紀から1世紀ごろにかけて北アジア、中央アジアに存在した遊牧民族とその国家名。東西交易で
栄え、匈奴と対立し、敗れた後は西に逃れて大月氏と呼ばれるようになる。
 月氏の民族はチベット・モンゴル・トュルク・イランと諸説あり、はっきりしない。自身は記録を残さず、ほとんどが中国の史書に
よる記録が多い。紀元前3世紀ごろからタリム盆地に拠って東西交易を独占し、一時は匈奴を圧倒するほどの強勢となった。
 しかし匈奴に冒頓単于が立つと紀元前206年・紀元前176年と冒頓による攻撃を受けて、西のイリ地方に逃れる。この時に一
部は甘粛・青海に残った。中国の史書では、残ったほうを小月氏、西遷した方を大月氏と呼んでいる。紀元前162年に冒頓の
息子老上単于による攻撃を受けて、王が殺された。この王の首を匈奴は持ち帰り、頭蓋骨をくり抜いて、杯にしたと言う。
 敗れた月氏は更に西のソグディアナに逃れ、この地で大月氏は大夏を征服して大月氏国を立てて、中継貿易で大いに栄え
た。(この大夏はバクトリアのこととする説とバクトリアを滅ぼしたスキタイ系のトハラ人の国だとする説がある。)
 紀元前130年ごろに前漢の張騫が対匈奴の同盟を求めに来たが、すでに安住の地を手に入れた大月氏はこれを断った。
 1世紀初めごろから、トハラ人のクシャーナ侯が強大となり、クシャーナ侯が立てたクシャーナ朝がこの地を代わって支配する
ようになり、東西交易も支配するようになった。しかし中国はこのクシャーナ朝も大月氏と呼んでいた。
 中国への仏教の伝来についての説に紀元前2年に大月氏国王の使者伊存(いそん)が『浮屠教』と言う経典を伝えたと言うも
のがあり、これが諸説の中でもっとも早いものとなっている。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 14:35:02 ID:LLssZ0AR0
オアシス都市国家の連合体みたいな感じ?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 23:59:12 ID:1crxYZKJ0
>>3
今のアフガン人あたりと同じような感じかな?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:55:52 ID:sYvBvphZ0
>>4
西遼とかと似た感じだね。
東から西に追われて、新しい国を建てたあたり。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 00:07:26 ID:U4u6U/CM0
パキスタン〜バングラディッシュにも通じるような?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 11:16:43 ID:Ph73ZbEd0
中国の北方から西域にかけての、古代の民族が、
どんな人種だったのか興味深いね。
今とはだいぶ違っていただろうし。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 13:47:17 ID:MbLIK6RK0
大月氏の正体は、スキタイ系のサカ人だろう。
特に、中央アジアからイランにかけてのサカ人の伝承は古いからな。
6000年前にはすでに強大な騎馬軍団を形成して、ギリシャ、インド、ペルシア辺りを荒らし回っていたらしい。

大月氏は多分サカ人の末裔の一派だろう。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:08:40 ID:JZsaPP1x0
パルティアの側から見た大月氏ってどんな感じだったんだろう?

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)