5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中国史における酷刑・拷問

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 03:38:27 ID:tel6/8ib0
余りにも有名な呂后の人豚から
20世紀の清末まで行われていた凌遅刑など
中国史における「これは残酷な…」と思われる刑罰等について
正史野史などから引用して語り合うスレです。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 03:40:11 ID:UKrUMjzB0
明の正徳五(1510)年、悪宦官として名高い劉瑾は謀反のかどで
凌遅の刑に処された。以下はそれを見聞した張文麟の記録である。

劉瑾はすでに肉を削がれ始めていた。執刀回数は3357刀、10刀ごとに
息を入れ、一喝して正気に戻す。第1日目は親指から手の甲、胸の左右へと
357刀肉を削ぎ取った。最初の一刀には多少の出血があったが、二刀目からは
出血が無い。恐怖で血が下腹部や脹ら脛に溜まり、削ぎ終わってから胸を開けば
一挙に噴き出すという。夜になり、劉瑾は監獄に護送され、そこでなお二椀の粥を
食べたという。賊のしぶとさ、かくのごとし。
翌日は城内の東に場所が移された。昨日劉が宮中の秘密を暴露したため、今日は
口に胡桃の殻が押し込まれている。劉瑾は十数刀肉を削がれたところで気絶した。
やがて日が昇り、監督官が屍を解体する、と宣言した。劉瑾の被害者たちが
削がれた肉の山に殺到した。その肉で殺された者の冥福を祈るためである。
屍の胸に斧が振り下ろされ、血や肉が数丈も飛び散った・・・

被害者やその遺族たちは劉の肉片を生で食べ、恨みを晴らした、という。



3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 03:49:41 ID:UKrUMjzB0
明の末期、悪宦官の魏忠賢が傍若無人に振舞っていたころ。
都のある宿屋で、五人の男が談笑していた。一人が言う。
「魏忠賢は天子様を操ってしたい放題だが、もう長くはねーよ」
これを聞いた仲間はたしなめる。
「めったなこというで無い。錦衣衛(秘密警察)に聞かれでもしたら命が無いぞ。」
しかし彼は酒の勢いで更にまくし立てる。
「錦衣衛がなんぼのもんじゃい!いくら魏忠賢が悪者でも俺の皮まで剥げねーよw」
さて夜。一同が熟睡していると、一団の男達が戸を押し破って乱入してくる。何と錦衣衛であった。
松明で一人一人の顔を照らしていたが、大言壮語した男を発見すると縛り上げて連行する。
一緒にいた者たちも同様。やがて一同は役所の白州に引き出された。
座敷には立派な衣装を身にまとい、豪華な椅子に座った宦官がいる。彼こそ悪の大宦官、魏忠賢である。
魏は薄笑いしつつ言う。「私が本当にこの男の皮を剥げないか、試してみようではないか。」
魏は刑吏に命じ、男に煮えたぎる松脂を浴びせかけた。ややあって松脂は冷え固まる。
時を見計らって全身を槌で丹念に打つ。絶叫が挙がり、松脂とともに男の全身の皮は綺麗に剥げ落ちてしまった。

あまりの惨状に、同席していた四人は生きた心地もしない。と、魏は彼らに慰謝料5両をわたし、
放免したのであった。


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 04:01:16 ID:tel6/8ib0
※スレのルール
・古代から清朝までの時代範囲でお願いします。
・あくまでも「中国史」限定です(モンゴル帝国等の遊牧民国家も含む)


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 10:51:27 ID:D1sg34l30
このスレの参考書籍

王永寛 「酷刑-血と戦慄の中国刑罰史」
柳内伸作 「中国拷問・処刑残酷史 絶叫!血も凍る残虐地獄」
山口椿 「中国拷問残酷物語凄惨!血も凍る残忍絵巻」
山口椿 「中国残酷物語」

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 11:57:34 ID:jCjdLg+20
尾鷲卓彦の「図説 中国酷刑史」もお勧めしておく

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 12:18:40 ID:HbSCKrE20
なんだかグロいスレになりそうな悪寒だが努めて冷静に語ろう。

牛裂きが文章を読んだだけで想像して気分が悪かった。
有名な人豚は、西太后もやっているが男がされた例はあるのだろうか?

それと、男にとって宮刑もかなり残酷であると思う。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 12:40:27 ID:TakI1YX20
>>7
牛裂きは俺も苦手だ。小説に出てくると、股のあたりが痛くなる。

牛刺は好きなんだが。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 13:41:30 ID:D1sg34l30
>>7
宦官に関しては、中華文明圏に限らず、ユーラシア大陸全般に見られたものだね。
発祥は、遊牧民的な文化なのかな?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 13:57:20 ID:HbSCKrE20
俺も牛裂きのくだりを読んでいると股に神経がいく。

宦官は中国以外にもあるとは何かで読んだが
そんなに多くの国々にあったのは知らなかった。
孫子も宮刑になったんだっけ?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 14:11:17 ID:WAj1imRDO
孫子は宮刑じゃなくて、
罪人刺青+膝の皿を割(取?)って歩けなくする。
だったと思ふ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 14:13:48 ID:OKgsZ1910
宮刑に遭ったのは司馬遷。
孫ピンが遭ったのは脚斬りの刑。

牛裂き、車裂きも怖いが、腰斬りも怖い。
巨大な斧や押し切り機で、胴体をザクッと切断してしまうんだよ?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 14:15:32 ID:jCjdLg+20
孫臏の事なら、臏(刖)刑と黥刑のはず

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 14:21:09 ID:jCjdLg+20
>>7
宮刑は女にも存在し、子宮を人為的に下げて膣を塞ぎ、生殖行為・妊娠等を
封じるとも

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 14:46:51 ID:caHfU9Ke0
何晏とか金聖嘆とかがされた腰斬てのは
腰から真っ二つにされると即死はしなくてじわじわ死ぬんだっけ?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 14:53:24 ID:OKgsZ1910
そうだよ。
胴体切断は、自分の体が真っ二つになって、内臓がはみ出すのを眺めながら死んでいくんだ。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 15:03:10 ID:caHfU9Ke0
つまり大事な臓器がきれいに残って失血死するわけ?
その前にショック死しそうなもんだが…

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 15:15:32 ID:OKgsZ1910
いや、内臓がきれいに残るとはいえないな。
へその辺りからザクッと斬るから、小腸がグジャグジャになるだろ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 16:35:08 ID:l9N8qjd9O
綺麗で有名な姫様を
肘と膝から手足を切断して、鼻を削ぎ落として、便所の底で飼った人って誰だっけ?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 17:05:01 ID:caHfU9Ke0
オリジナルは多分、呂后
西太后もやってたっけ?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 17:19:01 ID:l9N8qjd9O
>>20
ありがとうございます
罪人で自分よりも可愛いと思った女の
頭の皮を剥いで(髪の部分だけ
それを見せ物にした人って誰かわかります?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:44:05 ID:OIBoELB20
>>5
全部読んだことのある俺って・・・

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:48:59 ID:wcWb5i+w0
>>20

西太后はやっていない。あれは映画の演出。
ただ、東太后に毒入り餅を送って暗殺している。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 01:05:23 ID:0Gi+g5aF0
西太后は人豚やってないのか。愛人に嫉妬して人豚にしたのは脚色か。
続西太后も観たけど、それでは東太后が推挙した身重の皇后を高い所につるし上げて
そのまま綱を切って落下させて殺すシーンがあった。
呂后は確か最初は戚姫を牢に幽閉していただけだったが
戚姫が自分の境遇を嘆き悲しむ歌を詠んだので、それに激怒して人豚にしたのではなかったかな。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 01:58:26 ID:91J3l3N50
白檀の刑ってのは何?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 17:00:56 ID:ecowg99h0
ぶっちゃけて言えば串刺しの刑。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 17:22:13 ID:hgKZqr7a0
西太后の映画であった甕入り状態のあれは何なの?
ああいう種類の拷問てあったのかしら
それとも只の演出なりか

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 17:47:49 ID:ecowg99h0
>>23を読もうね。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 18:25:53 ID:h0NliOOy0
西太后の映画にあった「甕」は映画上の演出だ。
則天武后がライバルの后の四肢を切断した挙句、酒甕に漬けた真似をしているんだ。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 18:38:10 ID:91J3l3N50
便所放置の呂后に勝るものなし

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 20:16:23 ID:lbZjwsjF0
この種の話題は、モンゴルも結構豊富だね。
遊牧民は普段から家畜の屠殺に携わることが多いし。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 20:32:07 ID:MPh6PWYk0
そういやス巻きにされて便所につるされた人もいたな

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 22:03:17 ID:VpcYAOlL0
范雎のことですね

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 00:17:16 ID:TVy6wzwK0
武后も人豚をやったんだっけ?武后はとにかく何人もの妃を追放したり殺したりしているからな。
最初に人豚を考案したのは誰だろう。
やはり呂后なのか、それとももっと古い時代から伝統的にあったのか。
ただ、西太后の映画に出てきた人豚は喋っていたが本当の人豚は喋れなかったはず。
呂后が戚姫を人豚にした際には、四肢の切断に加えて、目を潰し耳を聞こえなくして
声も出せないような状態にしたと読んだ。つまり、ただ生きて呼吸をしているだけの存在。
その状態で餌だけ与えられ飼われている。この世にこれ以上の生き地獄があるだろうか。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 00:47:04 ID:RU/DPKTX0
しかも便所に投げ込んだんだよ。
傷口からばい菌が入って、苦しみながら死んだであろう。
第一鼻は残っているから、嫌でも悪臭を嗅いでしまうし。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 02:36:18 ID:12Gu9wBX0
手足がないから嫌でも溺れるしな。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 03:40:24 ID:0amQHmU8O
>>35
鼻を落とされて本当の豚みたいにされた女もいる。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 10:23:10 ID:5seZ5oEg0
>>35
便器は高い箇所に作られ、
排出物がそのまま下に落ち(田舎の汲取り式のような感じかなー。
そしてその排出物を豚が食べられるような厠作りになってたようですね。
で、その落ちてくるところに四肢切断した人間をおく。
そこから人豚と名付けられたというような話を聞いたことがあります。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 22:38:57 ID:B+aKxE310
莫言の『白檀の刑』って小説もお勧め。
清朝末期の凄腕処刑人が主人公の一人で、
凌遅刑を事細かに描写したり、
クライマックスの白檀の刑もなかなかの筆致で読ませてくれる。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 01:06:49 ID:fNPDMED/0
中国の最高刑と言われる凌遅刑は刑法に明文化されたのは五代時代だけど
私刑としては南北朝時代から行われている。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 02:11:13 ID:vy2Qhg2C0
でも、腰斬や車裂きも相当残酷だよ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 11:26:16 ID:kdfs2Hbj0
殷のダツ姫がだんとつだと思うが

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 11:41:37 ID:qdPNkRhh0
良スレっぽいけどつまらないね。
残酷だよとかだんとつだとおもうがとか、少しは語れよ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 12:09:20 ID:dc+avh/Q0
明王朝末期の進士、鄭マン(マンの字はおおざとに曼)は文才と声望で世間を
騒がせた。しかし明朝最後の皇帝、崇禎帝の御代に派閥争いに巻き込まれた挙げ句、
「母を鞭打ち、妹を犯した」かどで告発され、大逆非道の罪を着せられた。
帝は非常にも自ら「凌遅」に処すよう指示したのである。

崇禎12(1639)年、八月二十六日の早朝、鄭を北京皇城西の甘石橋下の
四牌楼の刑場に連行するよう、聖旨があった。すでに小屋が造られて前には先が
二股の柱が打ち込まれている。首切り役人達は鉄鈎と小刀を研ぎ澄ました。
午前十時ころ、牢役人が鄭を刑場に連行した。彼は柳の枝の籠に座ったままで、
召使いの少年に後事を細かく託している。すでに周辺の道も空き地も黒山の
人だかり、やがて西城察院の長官が人だかりを掻き分けて到着し、声高らかに
聖旨を読み上げた。「法に照らして三千六百刀!」首切り役人達が一斉に
唱和する。爆竹が三度はじけ、刑は執行された。

群衆は一層騒がしくなった。有る者は首を伸ばし、有る者は屋根に上がり、
切り刻みの様を見物しようとする。しかし群衆はあまりにも多く、少し
離れれば刑の執行など見ることも出来ない。
かなりの時が過ぎ、件の二股の柱に血の滴る新鮮な心臓と肺が吊り下げられた。
又しばらくすると今度は生首が吊り上がり、更に胴体が吊り下げられる。
その肉体は細かい麻糸のように切り刻まれており、まるでハリネズミのよう。
肉は削ぎ落とされてはいなかったのだ。
刑の終了が宣告された。将校が皇帝に執刀回数を報告するため、早馬で
駆け出していった。
首切り役人は鄭の遺体を引きずりおろし、肉を細切れにすると売り始めた。
群衆は競って買い求める。吹き出物の薬にするためである。


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 23:51:28 ID:XeTiTTr80
>>37
夫が死んだ後に、貞節を守るために鼻を削いだ女ってのもいるな。

46 :マイク男:2006/11/09(木) 18:53:57 ID:Ko9ZZueZ0
三国志(横山版)でも牛裂きがでてきましたね。斬首などグロイ絵を平気で描く横山でもさすがに規制して悲鳴と血だけでしたね。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 19:27:00 ID:mV19FHeG0
ああ、董卓が町娘にしてたね>牛裂き
三国や五胡十六国時代では一般的な刑だったけど
コストがかかる等の理由で北宋以後は(表向き)姿を消している。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 19:32:28 ID:pqoJM+EX0
墨攻の牛裂きも怖かったな〜。
でも、個人的に一番残酷だと思うのは腰斬。
切腹と違って介錯もないし、真横から真っ二つにされるので
相当な激痛を伴いながら死に至るハメになりそう。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:59:30 ID:rKqr7sWkO
>>45
ちと怖い嫁だな

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 21:05:54 ID:WFJSjqWP0
>>45
夏侯一門の誰かだっけ?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 23:22:27 ID:ViycpXpl0
>>50
歴史上、何人もいる。
つか、列女伝なんかにそれが載っちゃうと、真似する者がいっぱい出た。
使った刀の切れ味が悪くて、途中で止まってしまい、
砥石で研ぎ直して削いだ者もいるとか。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 00:58:38 ID:xTdYVBQK0
牛裂きはコストがかかるの??
綱と牛が二頭いればいいと思うけど。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 01:03:09 ID:KvnU3KYG0
確か、牛の背中に藁束乗せて一度に火をつけるんだよ。
牛は驚いて暴走し、つながれた人体はベリベリベリ・・・・

しかし藁はタダみたいなものだからな。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 01:39:24 ID:KvnU3KYG0
四台の馬車で人間の四肢を引き裂く車裂きの刑は、五大十国時代以降は行われなくなりました。
しかし日本では戦国時代、車裂き牛裂きが行われています。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 08:47:01 ID:mRm2o7IeO
日本史板に常駐して久しいが、聞いたことがない。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:06:42 ID:cjGYm44d0
日本じゃ車裂きって聞かないね。あったのかな?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:21:19 ID:tU1LCziLO
斎藤道三はやっていたそうな。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 13:43:07 ID:xTdYVBQK0
あ、そうなのか。単に牛を鞭打って走らせるわけじゃないのか。

俺も日本史で車裂き・牛裂きの類は聞いたことがない。
斎藤道三の件について詳しく。>57

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 23:22:11 ID:LgbViBId0
車裂きで油絞り

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 02:42:49 ID:CDDdxiil0
>>57
聞いたことないな、道三自体半分伝説上の人物だから眉唾だが。

日本の戦国時代なら信長に処刑された浅井長政の母ちゃん。
ちょっとした(本場に較べたら)凌遅刑にされたって言うね。
信長はたしか刺客の杉谷善住坊に鋸挽きもやってたよな。
北斗の拳でジャギの手下がやられてたアレwケンシロウヒドスw

五右衛門で有名な釜茹でやら磔刑やら日本でもそこそこエグイのはあるけど、
大陸に較べたらまだまだヒヨッコ感は否めない。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 03:15:42 ID:CKUf8zCu0
ttp://www.tscholars.com/nihongo/%E6%8B%B7%E5%95%8F
>キリシタンに対する弾圧は豊臣秀吉の時代からあり、
>秀吉の命により子供を含むキリシタン24名の耳や鼻をそぎ落とされ、
>最後には牛轢きの拷問を行ったとされている

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%A6%E5%88%91
>四つ裂き刑(よつざき、引裂刑とも)

wikiでスマソ

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 06:29:57 ID:PpXDn+nE0
秦の始皇帝の母親の愛人、ロウアイも車裂きにされた。
彼の巨大なチンチンも真っ二つに裂けたのかな?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 12:25:02 ID:RFPYjNOpO
>>61
伴天連の印象操作臭がぷんぷんするぞよ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 13:01:43 ID:vJmfssS/O
>>51
美人なら勿体ないって思うけど、
ブス嫁がやったら、世間の笑い者にされただろうな
誰もお前なんかに手をださねーよって

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 21:52:18 ID:OT08H9C50
世界史板に似たようなスレあるだろ。
「英雄」板でやることか?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 23:07:07 ID:x3eLmSkQ0
全身の筋を切って手足を動かなくさせ、
傷口に蜜を塗って蟻にたからせる、ってのは実際できたのだろうか?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 14:08:14 ID:9kkSo2mp0
阿紫ちゃん・・・

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:44:10 ID:j/ZFQCzf0
>>61
キリスト教は実際に日本人を奴隷として拉致してたし
その手引きをしてた現地工作員は処刑しただけ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 01:31:56 ID:02oAfUnP0
秀吉は秀次の妻子達を虐殺したり、播磨上月城攻めでは捕虜の城兵を
串刺しにしているからさもありなんと思うが。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 23:56:52 ID:YBw/bV9U0
秀吉は陽気なイメージとは裏腹に結構残虐なことやっているからなあ。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 14:54:55 ID:M8Yjj2bc0
呂后の人豚より則天武后の酒樽の方が怖い。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 21:05:08 ID:eV4phb0t0
なにそれ?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 21:23:14 ID:h1dontGg0
>>72
則天武后が自分の娘を殺して、その罪を王皇后と蕭淑妃になすりつけておいて
両手両足を切断し、酒の入ったかめに放り込んだことだったと思います。

74 :武則天:2006/11/15(水) 22:01:58 ID:4OibmrCs0
ばばあどもを骨の髄まで酔わせておやり

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 11:21:16 ID:DZintA3ZO
ひぃぃい

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 23:48:31 ID:/owm887r0
武則天は、王皇后を失脚させるために、産んだばかりの自分の子供を絞め殺しているしな。
武則天を皇后に立てる時、反対した朝臣は全て悲惨な最期を迎えている。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 02:27:40 ID:ps1bFh/i0
映画「西太后」の元ネタは武后タンだったんだ

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 05:26:21 ID:lWpzkXq10
武則天もそうだが、中国で朝臣が処刑されると
その一族は勿論、同僚友人に到るまで累が及ぶのが怖い。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 08:11:50 ID:MwaQev0c0
牛裂きとかのこぎり挽きとかは江戸時代の刑罰で存在してたと思うけど
太秦映画村で道具の展示がしてあったw
実際に使用されることは少なかったとか読んだが

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 15:00:04 ID:n6HmCdud0
>>76
反対どころか、積極的に賛成しなかった者にまで報復している。
本当に恐ろしいというか、人の恐怖心というものをよく知っていて、
それを最大限に活用して、権力を手に入れていった女だ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 23:34:38 ID:uT7wtS330
>>79
日本のはおとなしくて控えめ
中国はもっとえげつない

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:49:59 ID:aa83NeyM0
中国に限らず、大陸の国々はえげつない拷問や処刑をする。
遊牧民の屠殺文化の影響を感じる。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 05:53:22 ID:Nbgd32oyO
>>45
それ、なんで貞節守った事になるわけ?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 06:43:21 ID:fAd+nbeH0
>>83
再婚しないという事を行動で表現するのだよ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 03:23:55 ID:aI8p1hphO
カラマーゾフの兄弟でイワンが語ったロシアの残虐性は、中国に比べれば、
まだまだ全然マシな方とだ思う…

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 04:39:59 ID:r+wR0QCmO
>>84
それでなんで鼻をそぐわけよ?w

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 14:34:15 ID:5L5FY+Cr0
お前は鼻を削いだ女とやりたいと思うか?
つまりそういうことだ、それが理解できないなら仕方が無い

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 11:30:35 ID:C4DCga500
 548年、梁に対して反乱を起こした侯景は首都建康を攻略、武帝を幽閉、
武帝が死去すると太子を即位させ、簡文帝とした。だが、その簡文帝も一年
後に幽閉した。侯景は頃合を見計らって兵士たちに指示し、床に押し倒した
簡文帝の上に土嚢を次々と積み上げさせた。簡文帝は最初命乞いをしていた
が、声ばかりか息の根もかすれるようになり、蛙が潰される時に出すような
叫びとも音ともつかぬものを上げ、口と鼻から血が溢れ出た。その後にあば
ら骨が潰れ、腹部が破れるような音がした。それでも土嚢が積み上げられて
いき、簡文帝の姿はその中に没した。
 侯景は別の皇族を皇帝に即け、一年後には自らその地位を奪って漢帝を称した。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 12:27:46 ID:SqI63/S3O
深田恭子でも鼻を削いだらSEXしたくなくなるよなぁ
鼻削いだ女は無理だ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 20:45:57 ID:iZnnXzFj0
つか鼻削いだらどんな感じになるんかな

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 21:39:04 ID:lfN3+DaP0
>>90
横山光輝の「項羽と劉邦」で鼻を削ぎ落とされた李シが出ているので
それを参考にすると宜し。
結構グロいよ。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 10:23:18 ID:VYA4XmyqO
鼻毛丸見えになるんじゃね?


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 10:32:46 ID:/hXdiL0+0
>>10
宦官はオスマン・トルコなどにも存在していました。
やはり後宮の世話をするために去勢されています。


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 11:12:30 ID:0+uZzHLuO
俺は体が佐藤江梨子なら
顔が片桐はいりだろうが宣賛だろうが抱ける自信がある

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 11:56:27 ID:VYA4XmyqO
>>94
どこまで勝者になりたいねんw

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 20:42:04 ID:PgQeIHtT0
明の滅亡直後、清の軍勢が江南を攻めた頃なんて、
顔ごと削いだ未亡人もいたと思う。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 02:07:20 ID:AcdG5AGx0
>>88

ソースは柳内新作の『中国処刑・拷問残酷史』にちぶん文庫だな。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 12:55:11 ID:v98/qya30
 1425年、洪熙帝が在位わずか一年で死に、朱瞻基が皇帝となる。宣徳帝である。だが、その即位直後に叔父の漢王朱高煦
による反乱が起こる。朱高煦は戦場では父親永楽帝譲りの才能を見せていたので一時期皇太子にと思われた事もあったが、
暴虐無礼であるため沙汰止みとなっていた。
 若き皇帝に対する叔父の反乱は建文帝と永楽帝の靖難の変を思い起こさせ、それが漢王の自信の源ともなっていた。しかし
建文帝と違い宣徳帝は果断な人物で、臣下の勧めに従い即座に親征し反乱を鎮圧した。漢王は囚われ、監禁されたが、数年
後宣徳帝が叔父に会いに行くと、漢王は宣徳帝を蹴倒し、これに怒った宣徳帝は叔父を焼き殺してしまった。宣徳帝には果断
の裏に祖父や曽祖父譲りの残虐性があったようである。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 21:14:42 ID:4cDXsAa40
>>98

しかも「焼き殺す」というのが、柱に縛り付けて下から火を焚いたり、
油ぶっかけて火をつけるのとは違うんだよな。

大きな銅の甕を漢王にスッポリ被せ、周囲に炭を積んで火をつける。
つまり蒸し焼きだ。銅の甕は火勢が高まるにつれてドロドロに熔け、
漢王は骨も残らなかった。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 22:43:11 ID:rZrj24N/O
そこまで殺し方を追求するともはや芸術の域といえるね。
ただただ殺すことが目的でないというなら、どこまで苦しんで死んだらゴールなんだろう…。
宗教か何かが絡んでいるのかな?あの世でも苦しむように、とか…。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 17:07:58 ID:biOxFEel0
中国の場合、皇帝=地上における唯一の天の代理なので
それに歯向かう事が如何に大罪かを知らしめる為に工夫された酷刑が編み出されたのだろう。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 17:12:28 ID:mfAyxGmN0
見せしめのためにどこまで残酷に処刑ができるか追求した歴史ってとこですか、怖すぎ・・・


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 22:52:08 ID:Mpgx8UWOO
なるほど。日本の刑務所が定員オーバーになるわけだねW

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 23:15:02 ID:b9gCEahL0
焼けた鉄を押し付けるとか、もう人間のすることじゃないね・・・
いや、むしろ人間だからできることなのかもしれないけど

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 20:12:39 ID:jvFLqVVJ0
王の男だっけか?
あれおまいら絶対見るだろw

106 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/12/08(金) 23:42:40 ID:MIEz8pQ20
嘘の歴史を見てどうすんの。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 00:09:41 ID:wT6Gv2/zO
オーバーに伝えられてるってこと?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 10:31:25 ID:ww0tIu2q0
拷問や処刑をオーバーに伝えてる映画って結構凄くないか

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 11:26:10 ID:VhWzBiKr0
中国映画ならみるんだけどなぁ〜

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 23:36:15 ID:v1qdtGQGO
本当の拷問はハリウッド俳優揃えても再現できないのでは?
なんか特殊メイクと演技の範囲では映像にはできないイメージがある。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 23:45:20 ID:SbBVSCJQ0
韓国の時代劇って衣装とか町並みとか、貧乏臭い感じがする。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 23:46:48 ID:SbBVSCJQ0
で、映画の話題で、「八仙飯店之人肉饅頭」という香港映画を思い出した。

あれを見た後は、1週間立ち直れなかった。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 23:50:56 ID:fPQoZSLt0
あれって最後の手首を刃にゴシゴシやるところが一番個人的には応えた
他は偽者丸出し

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 00:46:47 ID:h7n2jYGS0
『満清十大酷刑』を忘れてもらっては困るな。
あれは名作だ。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 00:55:57 ID:07x9UfV0O
>>93
東ローマ帝国なんて宦官が聖職者になったり将軍になったりしてるぞw
簒奪の心配のある玉付きと違って信頼が置けるし、性欲を絶ったと尊敬されてたそうな

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 11:24:18 ID:eQK0o0wn0
>>112
アレに出てたアンソニー・ウォンが今香港でも屈指の名優になるとは
誰も予想しなかっただろう・・・・


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 18:34:43 ID:Lp8V7YR3O
>>1
手足を落とし、目玉を刳り貫き、耳を聞こえなくし、喉を焼き声を出せないようにした他、
鼻も削ぎ取ってる
かつての美貌を知る人物達に見せ物にした後に、便所に捨てた

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 14:02:42 ID:PsTak5dy0
>>93
クラシック音楽でも、オペラなどで高音を保つため
カストラートと呼ばれる声変わりしないよう去勢された男性歌手が
数多く存在した。
最後のカストラートは20世紀初頭まで存在し、映画にもなってる。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 14:18:19 ID:62A7Td3B0
>>118
確かカストラートの場合キンタマ削除で棹は残ってたはず。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 14:49:24 ID:8gZxpqjvO
1900年代からの去勢って玉を取る事を指してて
肉棒の除去までは含まれないでしょ?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 23:14:20 ID:KViIa30iO
睾丸からを糸で巻いて締め切るという話を聞いたことがある。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 23:34:03 ID:+4RDTDB80
たまに男としての機能が復活する宦官がいたらしいね。
具体的にどう復活したのか知らないけど。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 17:51:14 ID:/kMk2nFd0
発情したのかな

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 23:38:49 ID:VtmQQZUoO
女性でも男性ホルモンが強い人はひげが生えるらしい…。


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 01:02:21 ID:y6z4IQNQ0
最近誰かアイドルで生えたとかいう話なかったっけ?w

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 09:56:21 ID:LVVjSTO90
玉残して、竿だけ切り取られるのと、
竿残して、玉を切り取られるのは、
どっちがつらいかな。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 14:25:14 ID:l0aaeB/B0
中途半端に残っている方が辛そう。
宦官になったら、性欲ってどうなるんだろう?
ホモに走る者や、物欲が燃え上がった者がいるようだけど。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 15:16:58 ID:fQvMckyGO
それよりも排尿ができ(ry

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 15:26:42 ID:94pmovpvO
肛門は感じるからアナルオナニーで自分を慰めていたのは事実らしいな。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 20:33:26 ID:hmZQXnui0
宦官と一口にいっても幼少期に連座で宮刑にされた人から
金目当てに自分から志願してなった金の亡者のようなのまで居るからな。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:44:27 ID:OHcqkn460
明代だっけ、民間から宦官募集したら、
定員の何倍もの数の男があそこちょん切って、応募してきたんだよな。
それで、不採用になった連中って・・・w

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 01:18:34 ID:jn6yV0Jd0
そこはそれ、スタッフがおいし(

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 02:11:17 ID:BvZvecOp0
チンポコ切ると血が止まりませんよ。

玉だけじゃないか?

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 03:43:02 ID:ye2tAhNZO
>>133
玉だけ切除しても竿があれば勃起するし、女とやれるわけだから後宮を任せられないと思う
宮刑くらった奴は尿道の確保やらなんやらが大変らしい
確保に失敗すると傷口が回復する際に尿道まで塞いで放尿できなくなり、死ぬしかなくなる
だからカンガンになるのも宮刑を受刑するのも命懸けだったって世界史の教師(中国史が専門)が言ってた

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 06:39:48 ID:WrXfG5txO
俺、昔に漫画の男塾で凄いシゴキを見たよ。先輩の前で酒好きで強さにも自身が有りますって言ったら、金魚鉢みたいなのをそいつの頭からスッポリ被せて上から酒を注ぎ込んでた!俺。。それは今だにトラウマ。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 14:05:48 ID:IxqtP+hWO
当時の去勢の仕方は、うろ覚えだけど、
いきなり刃物を使うと死亡率が高いから、
まず、糸で竿の根元付近を縛り、腐らせてから切り落とすって何かで読んだ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 14:34:25 ID:PbUFYvYc0
女の膣を縫い合わせてしまう刑罰もあった。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 23:46:08 ID:JEeyU0e40
痛そう。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 23:53:37 ID:3TnlxDLSO
ただこの頃の研究は大したものでね。致死率がかなり低いらしいよ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 08:10:01 ID:EKmCT8E40
エロい酷刑・拷問話を期待したいものだ。
昔読んだ事のある漫画の「戦国獅子伝」
みたいなものを。
酷刑・拷問話からは話が
ズレるが、街中で裸に剥いた男女
を売る奴隷市なんかも古代中国には
あったのだろうか。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 10:06:13 ID:vlaUc+5FO
飢饉で飢え死にしそうになると、美人から喰うんだよな?(子供の次)
でも、解る話。野郎やブスより美人の方がいいよな。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 13:38:14 ID:37HfqfGi0
>>141
その「喰う」っていうのは犯すわけじゃなくて人肉を喰うの方の「喰う」だよね?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 16:14:54 ID:OXdeiF4b0
>>140
 例えば昔の中国には、笞刑という、竹や木の枝ようなもので、尻を叩くという刑罰が
あったんだけど、これは姦通の罪などを犯した女の罪人に対して適用された。
 この笞刑を受ける女は、役所の前で、公衆の面前でズボンを脱がされて下半身を丸出
しにされ、尻を鞭打たれた。
 しかも、怨みを抱いた者から虚偽の告訴をされて、無実の罪でこの刑罰を受けた女も
多かったとか。
 ひどい時には、下半身丸出しのまま立たせて、わざと刑の執行を遅らせ、街の男がい
たずらするに任せる、ということもあったらしい。
 この刑罰は、肉体的苦痛以上に精神的苦痛が大きく、自殺者が相次いだとか。


144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 16:27:21 ID:vlaUc+5FO
>>142
そう、人肉を喰う
胸から喰う、運良く助かっても、胸がない美女とかもいたらしい

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 16:37:54 ID:5CTvA5wWO
>>144
殺してから食べるわけじゃないんだ?

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 22:34:17 ID:1crxYZKJ0
>>143
「酷刑」に載ってたね、その話。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 02:44:58 ID:HgbJZhAT0
今の世の中でも可愛い子(美人)は普通に美味しそうにも見えるもんなぁ・・・

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 07:57:25 ID:iUJUIE/y0
>>147 でも…食べて美味しいワケではなかろう。食べた事ないから知らんけど。
確かに、吸ったら「とても」美味しいけどね。(見える場所をあんまり吸ったら怒られちゃうが)

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 14:55:56 ID:jXc1JKVD0
食うならむさ苦しいおっさんより、美人の方がいいよな。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 16:30:52 ID:w5e7O9VL0
刷洗
…罪人を裸にして鉄板の上に乗せ、煮えたぎった湯をかけながら鉄の刷毛で皮や
肉をこすり取って殺す方法

(;´皿`)ヒィー

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 21:38:42 ID:ikIA0P5E0
草食動物より肉食動物の方が不味い。
よって、人肉を食するならベジタリアンから食うべきだな。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 23:48:01 ID:m+LAJg9x0
今の時代に昔あったこういう処刑を復活させたら犯罪も減るかな?

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 15:41:12 ID:DS06TSR40
>>151
つか、ベジタリアンのライオンはやっぱり不味いだろう。
種の壁は越えられない。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 18:59:40 ID:Vzoav14EO
>>152減るかも。現代は犯罪者に甘いと思う。犯罪者てのは常習性があるから、刑を重くすることによってそれを恐れて再犯は防げる。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 20:06:32 ID:fGsA1XjR0
洪武帝が汚職撲滅のために酷形濫発しても結局、汚職は無くならなかったのと
同じように、幾ら刑を重くしても犯罪抑止には繋がらない。

まあ公開処刑で庶民の娯楽として酷刑復活させるのも一つの手だけどね。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 22:13:45 ID:VyfpNBQ10
地獄って映画で宮崎勤や麻原が地獄でキツい処刑をされている映画があった

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 16:24:02 ID:BLXwMWB30
>152
同じ時代に酷刑上等の国と犯罪者にアマアマな国が文化的にも地理的にも
近い所にあるじゃん。
両国を並べてみて治安維持という意味で酷刑が果たして効果的かと言われると疑問が残る。

思うに犯罪を減らすという行為は処罰とは別の努力が必要なんだと思う。
ちゃんと仕事をやるとか情操教育の部分もその一環だろう。

勿論酷刑をしながら治安のいい国というのも作れると思うけどね。別なんだから。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 00:43:48 ID:PJ06EiOm0
昔の女の人って実はほぼ全員強姦された経験あるのかな・・・?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 19:08:33 ID:IW9VadtcO
それなりの家の女性を犯したりしたら殺されるけどな

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 23:41:06 ID:XZXHt9vq0
戦乱期には盛大な規模で強姦やっているね
抵抗して殺されたり、自害すれば、めでたく列女伝へ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:09:56 ID:wKef1GoX0
映画の「あずみ」みたいななのは実際にあったのだろうか
やたらむごい強姦

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 01:38:32 ID:0Xqn8GnQO
映画のあずみに酷い強姦なんてあった?

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 09:44:46 ID:UeQpMZYW0
>161 の脳内


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 11:13:05 ID:Ph73ZbEd0
>>161
中国に限らず、どこの地域でも普通にあっただろう。
やたら嗜虐癖の強い男というものはどこにでもいることだし。
>>161もそうかもね。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 02:09:50 ID:rZkQtVy90
エロい話が好きなら、それはそれでスレ立てたら?
ここはちょっと趣向が違う。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 01:24:48 ID:mK3Ct0x+0
性愛ネタ、凌辱ネタもいっぱいあるからなあ

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:11:39 ID:JZsaPP1x0
手足を砕く拷問というのが一番きつそう

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 17:11:26 ID:2zGeG5d/0
女に飢えてる男ら100人くらいのいるところに女の罪人を放流する拷問もあったらしい
ちなみに、さすがに何百人に連続で犯されると死ぬらしい(ほんとかどうかは知らん・・・)

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 17:26:23 ID:YqMWlQ6/0
男だってやりすぎると死んじまうらしいから女なら体力が尽きて死にそう


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 02:24:50 ID:DZuhl9yT0
男もそうなの?
まあたしかにヤったばっかの後は無理矢理続行しようとすると痛いな・・・。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 21:15:43 ID:owjI0mtw0
逆もいいね。
男に飢えている20〜30代100人の女の群れ
の中に素っ裸で放り出される男一人の拷問。
孔という孔でいかされて果ては手コキまで。
チャ−ジ完了まで薫似地獄。
拷問になってねえよ・・ってか。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 21:18:20 ID:9eBFvFcR0
ホモ乙

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 21:25:25 ID:0E27qDIO0
>>168
官妓に落とされた場合、それに近い状態になる可能性はあるね。
軍妓(従軍慰安婦)となった場合、戦地で何十人何百人もの兵士を相手にさせられる。

靖難の変で、建文帝の側についた大臣将軍たちの妻女など一族の女性は、
みんな官妓にされている。



174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:58:40 ID:XbVMLhSv0
>>171
宮中に出入りした男で、女官たちの玩具にされた者はいるかも知れない。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:45:41 ID:vx7wTb160
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【強姦】梶原一騎の娘誘拐殺人事件【拷問 】 [懐かしニュース]
【見せしめ】死刑、拷問の歴史【残酷】  第3獄舎 [世界史]

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:56:49 ID:KsIEvgto0
ディスカバリーチャンネルで、眉間に水滴を落とし続ける拷問を
器具まで作って試していたけど、被験者の女性が一時間程度で精神的に参ってs
突然泣き出したりしてた。



177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 00:33:17 ID:xpaCId5r0
ディスカバリー無茶するなよw

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 01:39:38 ID:WgDjq6mF0
>176
ミスバスターズな。水を垂らす事より拘束される事にすごいストレスを感じてるっぽかったが。


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 02:04:34 ID:Pvanp1V10
>>178
「拘束されている現実を常に意識させて、逃避や乖離させない」みたいにまとめてたっけ。


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:58:48 ID:GF0n2UBh0
忘れてはならないのが武則天治下の酷吏たち

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 11:36:19 ID:JPv9V7d90
>53
うわかわいそう…





牛くん…・゚・(ノД`)・゚・。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 16:16:29 ID:4+a9Ykwc0
>>180
来俊臣とか、周興とか、索元礼とか。

あれって、基本的に貴族が対象だったのかな。

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)