5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【天山系列】 梁羽生 【悲恋武侠】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 22:37:31 ID:EIsBRGH20

 金庸、古龍と並ぶ武侠小説の三大家の一人にして、新武侠小説の開祖。金庸と同じく歴史上の人物や出来事を創作世界に
織り込んだ大河小説を得意とする。古典や歴史の豊かな教養に基づいた格調高い文体に、愛国主義的色彩を含んだ民族性
が付与されている点で特徴的であり、また侠義と情愛の狭間で揺れ動く男女の恋愛物語を細やかに描き出している。代表作
には、『萍踪侠影録』『白髪魔女傳』『雲海玉弓縁』などがあり、明代から清代にかけてを舞台とした一連の作品群は、天山系
列と呼ばれている。

武侠関連スレ
★武侠小説総合★
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161652664/
【読者】金庸作品【12億人】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161760129/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 22:43:09 ID:wJMM7k/Q0
梁羽生の武侠小説

唐代

『女帝奇英傅』

『大唐游侠傳』〜『龍鳳宝釵縁』〜『慧劍心魔』

宋代

『武林天驕』〜『狂侠天驕魔女』〜『飛鳳潜龍』〜『鳴鏑風雲録』〜『瀚海雄風』〜『風雲雷電』

明代

『還劍奇情録』〜『萍踪侠影録』〜『散花女侠』〜『聯劍風雲録』〜『廣陵劍』〜『武林三絶』

清代    
  
〜『白髪魔女傳』〜『塞外奇侠傳』〜『七劍下天山』〜『江湖三女侠』〜『冰魄寒光劍』〜『冰川天女傳』〜『雲海玉弓縁』〜『冰河洗劍録』
〜『風雲震九州』〜『侠骨丹心』〜『游劍江湖』〜『牧野流星』〜『弾指驚雷』〜『絶塞傳烽録』〜『劍網塵絲』〜『幻劍霊旗』

『武林一劍』

『龍虎鬥京華』〜『草莽龍蛇傅』

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 22:44:00 ID:wJMM7k/Q0
日本語翻訳されている作品は、今のところ、七剣下天山(徳間文庫)だけ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 10:59:05 ID:A/kIBOdD0
歴史性のある大河小説風の武侠小説が好きなので、
古龍作品より、梁羽生作品の方が好みだ。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 12:40:00 ID:Yd7RUXlG0
翻訳業をやっている方が『白髪魔女傳』の序章の和訳をネット上で公開してるよ!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 15:37:26 ID:PLGbqSdn0
ゲップが出るほどガイシュツ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 15:43:41 ID:CiRyURVV0
ゲップが出るというとこまではいかんな。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:43:53 ID:gKo4z4RJ0
卓一航って、マザコンじゃないけどマザコンっぽい印象を受ける。
いつも玉羅刹姐さんに助けてもらってばかりで。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 14:01:58 ID:D1sg34l30
いつもピンチになると、玉羅刹の笑い声が聞こえてくるw

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:50:51 ID:OIBoELB20
梁羽生作品は、ほとんど翻訳されていないので、
語れる人がかなり限られるな。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 15:37:43 ID:V8MlL4X+0
梁羽生先生は、金庸先生以上に、作品内の時間の流れにアバウトなところがあるね。
納得できない部分が多々ある。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 15:37:43 ID:kXQLmcCq0
霍天都って何歳まで生きたんだろう・・・

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 11:50:48 ID:JgkUzCEx0
>>12
何歳まで生きたとは書いてないけど、
白髪魔女傳で亡くなったのは確かかと。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 15:33:41 ID:XeTiTTr80
霍天都は、まず散花女侠の終わりの方で既に成人して出てきたが、
散花女侠は奪門の変(1457年)に始まり、最後の部分でも、それから数年内のはず。

で、白髪魔女伝は、挺撃の案(1615年)頃に始まるが、
作品の最初の方では、まだ霍天都は生きているっぽい。

この間だけを取っても158年となる。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 23:24:31 ID:XeTiTTr80
武林三絶という幻の作品があるらしい

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 23:25:13 ID:LgbViBId0
ネットで探しても、武林三絶だけは見つからないね。
他は読めるんだけど。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 23:57:19 ID:x3eLmSkQ0
梁先生のバトル密度は金先生以上だな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 23:58:09 ID:nmrMUlL70
>>14
恋愛描写が細かいわりに、時間の流れは雑。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 23:55:47 ID:YBw/bV9U0
梁羽生もペンネームなんだよね。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:11:02 ID:4OibmrCs0
嗚呼、遥かなる天山

天山山脈って西域の物凄い辺境だよね。
中原から天山へ行くまでの道程で野垂れ死にしそう。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 15:18:01 ID:QpqNV7cM0
>>20
大陸は日本と違って地形が単調なので、何日か馬を走らせれば
結構な距離を移動できるんだよ

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 15:20:23 ID:Ih508dKX0
馬に乗ってたら、一日にどれくらい移動できるんだろう?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:58:32 ID:ohSXd1rj0
>>21
でも、天山へ行くには、タクラマカン砂漠を越えなければならない。
中原を移動するのとはわけが違う。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 23:50:13 ID:R9h/KX1G0
>>22
平坦な草原なんかだと、500キロ近く移動できることもあるらしいよ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 21:14:15 ID:OwOxPfgt0
雲蕾萌え

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:44:56 ID:lYP8weru0
梁羽生先生も作中で漢詩持ち出すのが好きだよな。
金庸先生以上かも。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 23:57:53 ID:EGMyDZUi0
二人とも古典と歴史の教養が並外れている。
いい意味での中国の伝統的な知識人だね。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 21:50:51 ID:mDDr2WIp0
簡単には真似できない。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 23:57:07 ID:ggiNvxTj0
梁先生、肝心のストーリーで、最初の方と最後の方で、
整合性が取れていない部分が目につくな。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:50:38 ID:QGISOO+d0
還剣奇情録、最後が……(TT)

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 23:48:56 ID:MhIsTo7E0
広陵剣も……、つか梁羽生は無理矢理悲劇に持って行きたがる……

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 13:07:25 ID:dC0XunPP0
この人の小説、ネットで読めるんだけど、どうも誤字脱字が多くて・・・

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 23:57:45 ID:CIdK8T8W0
同じところからみんなコピーしてるからね。
どこも同じ箇所に誤字脱字がある。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 09:04:28 ID:vmGpwu3U0
きちんとしたもの読みたけりゃ、本を買え、ってこと。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 00:00:00 ID:japu7YGK0
別スレで進めている武侠小説の創作、梁羽生からのパクリ

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 23:54:34 ID:JEeyU0e40
未翻訳作品なら多分ばれない

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 23:44:09 ID:3QpLgdr00
七剣下天山だけ翻訳が出ているのは何とも中途半端だね。
映画のせいで、仕方なかったとはいえ。

白髪魔女伝〜塞外奇侠伝〜七剣下天山で一体化しているから。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 02:56:39 ID:rZkQtVy90
嗚呼天山

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 23:42:21 ID:kUQs2Tdn0
游剣江湖もドラマと原作ではだいぶ違うようだな。
この人の小説の映像化作品はたいてい大幅改編。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 13:55:58 ID:17GBGVst0
娯楽性で金庸作品に劣るのは否めない。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 23:34:22 ID:gvAZl7lL0
游剣江湖のドラマの日本語版ソフトの発売が予定されているらしいよ。

ある人が、ブログでそのドラマの感想を書いていて、
原文の冒頭をちらっと読んだけど、
冒頭からしてドラマの内容とは全然違うな、と感じた。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)