5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

司馬懿はどうしてメジャーになれないのか?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 18:38:08 ID:roMK96qx0
ちゃんと評価してやれ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 18:51:07 ID:f5mjgOxqO
おつ

3 :無名武将@お腹せっぷく:2006/10/25(水) 20:20:01 ID:uKFqq/0n0
坊やだからさ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 21:44:55 ID:Eakzsupx0
というより何故某歴史SLGではジジイ顔なのか

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 23:41:31 ID:roMK96qx0
>>4
ボケ老人話が有名だから

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 15:14:20 ID:9CRnPPRU0
俺は仲達は嫌いだ。
人気がないからじゃないか?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 18:30:56 ID:msxHgFbzO
充分メジャーだと思うけどね
なんか陰険なイメージがあるから人気無いのかもね

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 18:36:15 ID:PSsht4zP0
吉川御大と横山御大のせいで出ると負け将軍だと思われているから

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 10:56:52 ID:BavDBui30
三国演義で、諸葛亮が主人公正義の側に置かれている以上、
どうしても、司馬懿は悪の側に回らざるを得ず、これは仕方のない問題。

また、後の簒奪へと繋がる魏の事実上の乗っ取りも行っているので、
こういう点でも、野心家ということで、人々からは嫌われる原因ともなっているのだろう。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 13:24:58 ID:5ZA7Fjqp0
孔明が悪い奴という作品が出ればな支持が上がるのだろうけど
実際、無理な北伐とかして蜀の民にはどう思われてたんだろ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 14:17:05 ID:ZB/RNaZw0
慕われていたとおもうよ。

魏の打倒のための国家が魏を討とうとしなかったらそれこそ失望されるもの。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 16:52:34 ID:0CnKDMPQ0
魏への討伐を行わない蜀に存在理由はないからね

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 01:20:16 ID:B0dY5zbh0
>>11
魏の打倒のためってのは、上の方が言ってるだけで、民衆の意志じゃないでしょ。
北伐がなくなっても「最近兵役がなくて楽でいいなぁ」くらいにしか思わないだろ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 10:46:02 ID:26deI4230
人気はあまりないだろうけど、
メジャーという点じゃ、十分メジャーだよ。
三国演義のおかげでね。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 15:33:25 ID:hcpApT7t0
芝居がうにコードのせいだよ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 01:27:32 ID:0mlzsPSx0
司馬懿

>>15
普通に出るぞ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:49:11 ID:xrpsZy9D0
>>16
普通はでないよ
司馬い い がでない

司馬懿が主人公の小説とか作品ないのかな?
陳寿以外で

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 00:10:43 ID:Vdl8wGa10
悪役だからと言うが、同じく悪役の曹操は結構な人気だぞ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 18:26:05 ID:xlysfc4D0
他の時代の人物に比べりゃ、充分すぎるほどメジャー。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 20:19:44 ID:X0/J9iri0
>>17
漫画なら火鳳燎原。
でもこの作品はもう一人主人公がいて、司馬懿よりもそのキャラの方が
目立ってる。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 18:59:56 ID:bqBESAl20
それ見たことある!司馬懿が主人公で驚いた

司馬懿カッコイイのになんでメジャーになれんかな?
やはりクーデター起こして、国を乗っ取っちゃったからか・・・
曹操さまは人気あるのにな〜

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 19:09:44 ID:THSjT2jhO
何を考えてるのかよくわからないイメージがあるなあ。
有能なのは間違いないと思うけど

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 20:58:24 ID:9qDtxrCs0
司馬懿のイメージは、例の人形劇ですかね。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 21:38:35 ID:LlaFp+0bO
コピーバンドがメジャーデビューできる訳なかろう!!

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 23:28:39 ID:qnEyoaMI0
司馬懿の父司馬防って、曹操を都尉に推挙した人物らしいね。
妙な縁がありますな、曹操と。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 10:19:38 ID:S6FTw7HW0
司馬炎よりメジャーだと思う。晋の初代皇帝よりメジャーなら十分だろ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 12:24:35 ID:/i/eXUl5O
みんな判官贔屓なのさ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 18:03:19 ID:QvRYMu3p0
>>23
あれはひどかったww

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:58:11 ID:xw76JA4X0
人形劇の司馬仲達、しかめっ面の
意地悪そうな感じが良かったけどな。

あと、BSでやってた中国中央電視台制作?の
「三国志」の司馬仲達も良かった。
日本語の吹き替えが野沢那智なのも○
野沢仲達は嫌らしさと悪賢さが醸し出されていた。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 15:24:12 ID:d4A5FXxfO
物語の主人公として、仲達と曹操を比べた時、曹操には旗揚げから死ぬまでに戦場での活躍をメインに出来るからやりやすいけど、仲達は戦場で指揮するのが遅いし、対孔明戦でも華々しく撃退するでもないし、対公孫淵戦は相手が小物過ぎる。

孔明は悲劇の主人公路線が可能だけど、仲達はどう頑張っても無理だし。

やっぱ、物語の主役をはれないと知名度向上やイメチェンは無理じゃないかな。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 16:33:25 ID:aVrjdx9Q0
>>30
活躍してるけど、地味なのがいけないよな。
諸葛亮との決戦での結局のところの勝因が諸葛亮の死なんだし
公孫淵は配下が優れていることが挙げられても、公孫淵自体のネームバリューがない。

別に地味じゃないと言えば地味じゃないが
じゃあ主役張れるか!と言われたら張れないと思う。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 16:59:10 ID:aOv3jnhCO
司馬炎より有名でも
恵帝よかマイナーかもしれん

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 03:10:46 ID:xf7YFRRkO
一つ言っておくが、横山三国志の司馬懿は、全然悪者じゃないぞ
ライバルの孔明を尊敬してる
司馬懿の死に際なんて、あの世で孔明に教えをこいたいなんて言って感動する
クーデターにしても、自分の身を守る為に、仕方無しにやったって感じ
皇族側が非皇族側を排除しようとしたから>例のボケ老人の話

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 08:57:24 ID:ZLoz++XD0
でも悪人イメージ
例のボケ老人も狡猾な印象を持った<横山

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 09:48:45 ID:+2A7jxos0
もともと野望なんてなかったんじゃないかな
曹操が強引に招聘しなければヒッキーだったし
一生懸命仕事して売られた喧嘩買ってたらいつのまにか一番の権勢を持ってたみたいな
曹操も禅譲考えてなくて曹丕が実行したみたいに
司馬師、司馬昭の野心が司馬懿の人物像に影響してそう

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 09:51:03 ID:7s6xctnv0
司馬懿太朗

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 10:42:08 ID:xf7YFRRkO
>>34
俺は魏延を焼き殺そうとした諸葛亮の方が恐かった

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 17:22:06 ID:K4niwXe9O
>>36
シバイたろうか?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 18:51:37 ID:00Sh5nIv0
ホンマ生れついての喧嘩屋やで!

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 19:21:48 ID:S7/lFRUs0
司馬氏の晋は中国史上もっとも陰険に帝位簒奪を実行した王朝。
爽やかさに欠けること甚だしいから、メジャーになれないんだろう。

参考図書:井波律子氏の各著作

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 21:39:23 ID:yg+JbX+u0
そうか?五胡十六国とか南朝の方が酷いぞ。陰険というより冷酷だが。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:36:00 ID:QGISOO+d0
陰険で華やかさもない

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 01:37:08 ID:Yh2H2EI3O
西太后とかもこえーし

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 21:42:13 ID:rKBpgMqq0
>>1
来オフにもポスティングでメジャーらしい

ソースは東スポ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 09:35:22 ID:xwLxbRj00
>>38
(^ω^;)

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:16:57 ID:dzmy8KXgO
>>40
スレ違い、それは息子に言え

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 00:35:28 ID:s8mXn5lx0
司馬炎は孫では?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 01:19:06 ID:7U7hhQBtO
>>47
その親父が爺さん以上に野心バリバリだったってこったろ

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 02:29:13 ID:HlAktJXf0
司馬炎が無能だとしてもあの状況じゃ簒奪できたからな。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 04:36:23 ID:kWldCtjJ0
司馬遼なら司馬懿を主人公で書けるだろうし、書きそうだとおもった。
あの人、勝者目線大好きだからね。結果論的なのがw
まあ三国志は陣さんが書いてるから書かなかっただろうけどね。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 13:15:27 ID:12T38ANq0
ソープ北方先生には芝居中辰を主役にした小説書いてもらいたいもんだ

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 21:43:01 ID:rrbiZvvS0
司馬遼は司馬懿みたいな陰性(っぽい)キャラは得意じゃないのでは。
家康も主人公にしたのは書いてないよね。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:02:26 ID:VuQOP4Bl0
中国が長らく異民族統治国家へと成り下がったのは元はと言えば司馬懿のせいだろ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:29:45 ID:VuQOP4Bl0
>>52
つ覇王の家

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:32:57 ID:K3j/CdUKO
>>53
曹操だろう
烏丸、匈奴、テイを内地に移住させたのが元凶じゃないか

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:35:06 ID:VuQOP4Bl0
そうそう。書いてから気付いた

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:39:39 ID:VuQOP4Bl0
異民族を流入させた八王の乱は内部権力争いという司馬一族の家風を作った
一族の長、司馬懿のせいということでここはひとつ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:40:39 ID:VuQOP4Bl0
書いてて何を言いたいのかよくわからなくなった。
糞して寝るか。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 00:11:45 ID:95KQxqrhO
北方司馬はマゾ設定で可哀想だ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 19:02:05 ID:8VXak3QyO
陰湿に曹魏を乗っ取り朝廷を設立し、最後はみっともない崩壊した王朝のパイオニアだからな〜司馬懿がマイナーなのは。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 07:58:14 ID:yGMZn3wC0
八王の乱は陰湿過ぎて泣けてくるな。
アホかこの一族はと

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 09:42:18 ID:D8dtpChV0
みっともないよな・・・・・
曹魏のほうがマシ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 11:57:30 ID:VYA4XmyqO
司馬懿は関係ねーだろ

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 12:32:25 ID:wpuhjUh7O
朝廷に対する陰湿さなら曹操も負けてないと思うけどな

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 12:42:35 ID:pt2AQlph0
曹操と信長は対比できるけど、
司馬懿は秀吉とも家康ともタイプが違うんだよな。
強いて言うなら成功した石田三成かな。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 13:04:54 ID:NsOu2mdy0
>>55
烏丸はそうだが、テイ・キョウや匈奴は後漢のころからすでに内地に移住していて
政治問題化していた。劉淵を出した南匈奴だって、献帝の東帰の時点ですでに介入
してきている。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 13:38:41 ID:7FY29TvY0
司馬懿は簒奪者というけど
簒奪の方向に動いたのは息子二人だしあくまで魏後期の重鎮じゃね?
本人はどっちかと言うと保身しか考えてなかった気がする

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 14:25:17 ID:LfbQZIuP0
>>67
それはないと思うけどな
強引に大逆罪にしたてて曹爽の三族・一味をごっそり処刑してるのを見るととても野心なしには見えない
自分の代での簒奪は考えて無かったかもしれないが

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 15:17:44 ID:wpuhjUh7O
>>66
問題化してたのを追認どころか推進したわけだ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 16:26:05 ID:eAI6Tt50O
陳御大風に言えば
「身を守る為には皇帝になるしかない」
ってトコかね
そうなった原因は曹爽の司馬懿潰しだけど
さらに遡れば曹爽と劉放・孫資に遺言を踊らされた曹叡
つーか曹叡の寿命が短すぎたどーしよもない部分から始まってる


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 18:49:10 ID:VFyESgINO
>>70
はげどー、曹叡があと35年位は長生きしてくれたら。

>>64
明帝と王導の会話を参考にしたら司馬懿は関係あると思うな。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 22:31:38 ID:yGMZn3wC0
子孫がアホばっかりだったのが残念
息子の代まではかしこいのがいたのに

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 01:34:13 ID:GfPiaBi50
司馬一族は漢民族から見たらただの国賊だろ

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 02:46:37 ID:A2Ag6ZRi0
224 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/08/20(土) 03:40:01 0
>222
>東晋の皇帝たちが皆せめて50歳ぐらいまで生きてたならば、
>六朝史は随分と違うものになってたんだろうなぁ。

何だかんだ言って成漢があれだけ保ったのも、李雄が長生きしたのがまず
大きいもんなぁ。もちろん、劉宋文帝や梁武帝みたいに晩節を汚しちゃった
例もママあるが、皇帝の長寿は、政権の安定化に概ね結び付くものだ。

もし曹丕と曹叡が二人揃って60ぐらいまで生きてたら、司馬懿の出る余地は
まず無かっただろうな。(でもまぁ、仮に文帝・明帝が長寿だったところで、
その後の歴史の趨勢から見て、八王の乱や永嘉の乱に類したものは
明帝の次かさらにその次の代あたりで確実に起こっただろうが。)

225 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/08/20(土) 17:52:49 0
八王の乱は曹魏政権じゃまず起こり得ないだろ
あれは曹魏の失敗を見た西晋が皇族にしっかり力を与えた故に起こった乱じゃないかね

226 名前:世界@名無史さん 投稿日:2005/08/20(土) 20:22:07 0
>225
乱の根本的な原因は、あくまで九品官人法(とりわけ州大中正)制定以後の、
出世ルート途絶による寒門層の不満爆発にあるわけなんだから、諸王に軍権を
与えて要所に配置したっていうのは、せいぜい事件の引き金にすぎないと思う。

故に、もし仮に曹魏が存続した場合でも、史実で衛権らが進言したような九品官人法改革が
行われない(=寒門層の不満を和らげない)限りは、例え史実の晋のような軍権を保持した
諸王の存在が無くとも、外戚なり異民族なりの抗争に乗じて、史実における王浚らのような
各地に割拠した姦雄たちが(配下の将校や在地不満寒門層に推戴されて)挙兵しただけだろう。

あと、八王の乱はともかくとしても、永嘉の乱の方はほとんど歴史の必然だと思う。
胡族の流入はそれこそ後漢中期以来の趨勢だったから、江統の『徙戎論』のような
根本的解決策さえも机上の空論でしかない以上、胡族の挙兵はもはや時間の問題。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 09:39:17 ID:UHNXlZWH0
陸抗最高!

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 18:28:28 ID:y4u+z/tU0
曹丕に関して言えば寒門登用を軽視してたとは思えないけどな
結構改革気質だから>曹丕
曹叡はバランス型で治世は上手くいくけど、問題点を残したまんま死ぬタイプ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 09:51:26 ID:zcSUYwlu0
夏候家も親戚だから冷遇されてたの?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 20:11:36 ID:1lEsRQey0
>77
kwsk

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 09:29:07 ID:0EIdHXP30
普通にメジャーだと思うけど

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 11:11:52 ID:Ph73ZbEd0
日本では三国志のおかげでメジャーだよな。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 10:28:08 ID:Ng76660Y0
逆に三国志に伝(本紀?)が立ってないから、パッとしないんじゃない?
俺は司馬三代の戦いは、兵法の「勝ってのちに戦う」を地でいってると思うが
それは「有利な状況を作れれば負けてもOK」ということだから華々しい活躍にはならないよな・・・

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 12:17:29 ID:qTBBcLA30
司馬懿スレ
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1167793942/l50

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 08:03:13 ID:gq8En2Pg0
司馬家って戦国時代からの名門の家だと聞いた

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 21:02:53 ID:YQ0fBVe40
八王の乱(笑)

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 13:18:08 ID:Z/l5BCd80
司馬亮

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)