5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【70・100回】水滸伝総合スレッドPart1【120回本】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:38:44 ID:sXKhA1340
水滸伝に関して色んな議論や雑談をするスレッドです。
議論や質問の場合は上げ進行でも構いませんが、雑談の時は下げましょう。
70回、100回、120回本いずれの話題でもOKです。
質問する人は何回本か、登場人物は誰か等可能な限り細かく書きましょう。
答えは皆さんで協力して。
ゲームや漫画の話は該当板でお願いします。
荒らしはスルーの方向で。

類似スレ
【花逢春タンの美尻】水滸後伝【象に乗った関白】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161680317/
水滸伝の二次創作で一番面白いのって?
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161660610/
水滸伝の英雄好漢について語れ
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161616094/


2 :盧俊義:2006/10/24(火) 18:39:49 ID:x/1McbZP0
河北の玉麒麟が2位奪取じゃ!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:40:51 ID:6IO3YM3P0
水滸伝スレたくさん立ってきたなあ。
やっぱり水滸伝となると、知っている人が多いね。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:40:57 ID:KfLOpIJT0
燕青はなんか美味しいポジションな気がする。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:41:56 ID:BGPAANLb0
そもそも70回、100回、120回本ってなにさ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:45:06 ID:sXKhA1340
>>5
次々と話が付け足されてるわけですよ。
70回本は大団円で終了みたいな感じなのに、
120回本は最後終わってます。
好漢たちが死にまくりです。
単純に3種類の水滸伝があると思って下さい。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:46:24 ID:x/1McbZP0
>>
100回本が一番元になったとされるもので108星集結までの過程と
その後の官軍、遼、方臘との戦いを描いたもの

120回本が、遼・方臘戦の間に田虎、王慶編を追加したもの

70回本は、108星集結でぶった切った改変(改悪?)本

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:47:42 ID:sXKhA1340
>>3
すいません。
総合スレはどこの板でも必要かなぁ?と思って一応立てておきました。
もし必要なら使ってやって下さい。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:53:09 ID:BGPAANLb0
>>6-7
そうなんだ、ありがと
死にまくりの奴しか知らなかったよ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:55:22 ID:x/1McbZP0
>>6
俺は70回本の夢オチの方が終ってると思うがなぁ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 18:58:59 ID:x/1McbZP0
sage忘れスマソ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:18:21 ID:8yEFpSaL0
>>10
私の私情になりますが、どうも120回本は蛇足としか思えないので、
どうしても駄作というイメージしかないんですよ。
滅びの美学よりハッピーエンドを応援してしまう私としては120回本はどうしても許せないです。
あくまでも私情ですが。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 19:22:01 ID:x/1McbZP0
>>12
70回本もハッピーエンドじゃないでしょう
盧俊義の夢で108人が首チョンパされて終わりなんて
結局、盗賊はいつまでも栄えないって言いたいだけなんですよね70回本は
あと70回本の成立年代が一番最後だとはわかっておられますか?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:19:55 ID:8yEFpSaL0
>>13
んー、私の書き方が悪かったのか表現力の無さが原因なのかわかりませんが、
そこまで低レベルに思われるとは残念です。
70回本に関しては別に何も批判したつもりは無いっていうか触れてないつもりなんですが。
あくまでも120回本の話をしただけで。
とにかく楽しく話していこうとした私にとっては残念です。
あまりにも挑発的な発言なので。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:23:40 ID:8yEFpSaL0
>>13
あ、読み直して誤解のありそうな箇所を見つけました。
ハッピーエンドの部分ですよね?これは言い忘れてました。
水滸後伝が私は特に好きです。
このことを書くのは意外と重要だったかもしれません。
失礼。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:37:38 ID:1mQzRoWo0
水滸伝は、水滸伝そのものに加えて、水滸伝の大きな影響を受けた作品、
金瓶梅とか、日本だと南総里見八犬伝とかの存在感が大きいね。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:42:01 ID:JgE6eu2s0
重複誘導

水滸伝の英雄好漢について語れ
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161616094/l50


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:02:28 ID:5y/3xbq0O
後伝スレタイの花逢春タンて誰?
名前からすると花栄の娘っぽいけどやっぱ、強くて可愛いの?
あと後伝てどこで読めるの?


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:22:26 ID:PnQ058qoO
後伝はでかい図書館とかにないかなあ
自分は大学の図書館で見た

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:34:33 ID:YnrUxDPi0
>水滸後伝
私は図書館でも見つけられなかったので、自分の足で探しました。
10年前から古書店を歩き回り、4年前にようやく見つけたのは小汚い本…。
でも、3冊1000という安値だったし、ちゃんと読める状態でしたので満足してますが。

今なら新刊でも、(その手のも充実している)大きい書店に行けば置いてあると思います。
購入する気があるならネット上でも買えますし、
東京なら、神田神保町の中国書籍専門店に行けば手に入ります。
ttp://www.toho-shoten.co.jp/

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:34:37 ID:506NoMsW0
>>18
花逢春は花栄の…

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 22:15:34 ID:Eakzsupx0
スレタイにpart1って何年チャネラやってんだよ>>1

まあ後伝は同人だろ
水滸伝の悲劇的endが我慢できないファンの作った
つか日本人としては関白て。。。



23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 23:52:55 ID:rSIhk2A00
同人って…
それを言ったら水滸伝や三国志演義だって同人って事だよ。
水滸伝は講談や劇、説話をまとめてアレンジを加えた物だし、
三国志演義だって、正史をアレンジして作った物だし。

そもそも、羅貫中ってのがサークル名みたいなもんとも思える。
それとも、映画のAlan Smitheeみたいなもんか?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 00:04:03 ID:6XK2BnuX0
>>23
そんな事言い出したら
全ての歴史小説は同人になるわけだが

25 :23:2006/10/26(木) 00:10:16 ID:fSZn/shP0
>>24
そうなっちゃうから、個人的には「後伝は同人」ってのは肯けないのよ。
古典にプロもアマも無いでしょ、ってね。

ってか、この話は止めよう。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 00:30:53 ID:6XK2BnuX0
>>25
水滸伝は説話の寄せ集めではあるし、宣和遺事なんて下敷きなった本もある。三国志演義にも先行する平話が存在するけど
設定、登場人物の性格付け、物語自体は全く別物といってよくこの二つは同人としては定義されないんだよ
後伝は水滸伝の設定をほぼ踏襲して書かれている訳だから同人誌または二次創作小説だろう


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 10:04:49 ID:o3xkLot+0
「宣和遺事」は靖康の変について詳しいよね。
水滸後伝の、靖康の変に関する部分も、あれが土台になっているのか。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:51:26 ID:S40O29IS0
嗚呼、俺の目の黒いうちに水滸伝総合スレが拝めるとは…

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 00:05:57 ID:FsFcBIcOO
流浪の民時代がまざまざと思い出される
まさか大手を振って総合スレが立つ時代が来るなんてなあ…

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 00:35:36 ID:X6f4Dp+60
世界史板では、史実に沿った堅苦しいことしか語れず、
三戦板では、板違いだと迫害され、更にスレを削除され、
古文・漢文板では、スレを立てても過疎板なので誰も来なかった…

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 06:04:53 ID:NAdWES430
つうか何故水滸スレがこんなに立つ…
ただでさえ過疎ってんのに戦力を分散させてどうするんだ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 06:20:37 ID:YLAezmvsO
>>31
大丈夫
最後は天命に従い一つに集結するから

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 14:43:04 ID:tIijBJqZ0
絵巻は稽英とか李俊とか所々に120回や後伝の複線が入ってるけど70回分を終わらせた後もやるのかな。
このペースで進めてたら一体いつになったら終わるんだという気もするが。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 16:44:51 ID:EqF0bRfC0
>>31
水滸伝は中国英雄物語の稼ぎ頭であることが照明されたのだ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 10:16:01 ID:BavDBui30
まだ中国英雄板の存在を知らない人も多いし、各板に散らばって、
不遇をかこつている水滸伝ファンへの周知を行う必要はあるだろう。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 17:51:42 ID:Zk4zfcyf0
>>33
ありきたりだが売れ行き次第かと

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 12:36:57 ID:26deI4230
内容はいいんだけど、値段的にちょっと手が出しづらい・・・

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 12:17:23 ID:b8dTcf7lO
天ゴウ星が変換できない件

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 14:13:01 ID:Qd3gnpHV0
絵巻の単行本一巻、巡り巡って林沖の手に渡った白虎が鬼斬に名前が変わって最後は陸の剣になって終わってるけど、変更したということは楊志入山時に林沖とやる一騎撃ちは削除されるんだろうか。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 15:10:25 ID:tUlM8RZV0
>>39
いやそのままやった

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 19:30:03 ID:LvQqhspi0
>>38
つIMEパッド

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 19:43:29 ID:TWevuNn70
>>41
何じゃそれ?

天罡星 地煞星

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 17:39:46 ID:/+NfZA3P0
第四十三位 地英星 天目将age

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 18:10:32 ID:8jGDKCW+0
水滸伝を読みたいと思うのですが、お勧めの本(訳者出版社等)を教えてください。
まずはなるべく原典に近いのを読んでみたいと思います。
その後、他スレで絵巻水滸伝が評判良いみたいなので見てみたいと考えています。

歴史小説は好きなのですがあまり種類は読んだことがありません。
吉川英治先生の著作が好きです。三国志と新平家物語が特に好きです。

よろしくおねがいします!

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 18:20:01 ID:G+cGI5aq0
駒田信二訳「水滸伝」(講談社文庫全八巻)じゃないかな?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 18:49:02 ID:8jGDKCW+0
>>45
ありがとうございます。
こちらは100回本というやつですか?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 18:52:23 ID:G+cGI5aq0
>>46
学術的な正確性はわからんが、120回本を基にしてるはず。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 18:53:27 ID:8jGDKCW+0
ありがとうごさいます。
明日見に行ってみます。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 19:07:15 ID:JSzF3TUq0
>>48
駒田版は120回本で本当に直訳という感じ
あと岩波の100回本はどちらかというとべらんめえ調

二次創作ものなら絵巻水滸伝が一番
少々値は張るが一読の価値あり
北方水滸伝は評判いいし小説としては面白いが水滸伝とはまるで別物だから注意

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 19:55:14 ID:vXA004I80
>>43

彭玘

51 :48:2006/10/31(火) 20:02:38 ID:8jGDKCW+0
>>49
ありがとうございます。
北方先生のは三国志を読んでるのでなんとなく想像できます…。
駒田先生のを探してみます。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 21:57:16 ID:oY2Vvx7E0
>>45
講談社文庫のは絶版だよ

>>44
現在はちくま文庫から内容がまったく同じものが出ている。
巻末の高島俊男の解説がかなりいいので氏の水滸伝研究の出版物を
読んでない向きにはこれだけでも読む価値がある。

絵巻はそもそも完結していない(現在刊行途中)なのでこれから読む向きには
オススメできない。

53 :48=44:2006/10/31(火) 22:22:51 ID:8jGDKCW+0
みなさんご親切に本当にありがとうございます。
2chでこんな丁寧に教えてもらったの初めてな気が(感涙)

>>52
ありがとうございます。
満場一致ということはかなり読み応えがありそうですね。
楽しみです。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:26:04 ID:JSzF3TUq0
>>53
ただ残虐シーンやどう見ても梁山泊が悪だろ
ってシーンもノーカットだから気をつけろ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:36:36 ID:fZZNTrsG0
残虐シーンとか無しのなら、岩波少年文庫がオススメ。
子供向けだから表現柔らかく、ヤバいとこはカット。120回本準拠。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:40:14 ID:JSzF3TUq0
>>55
最低最悪の坊ちゃん真っ二つはどうなってた?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:45:47 ID:X1Dx7iWD0
>>52
>絵巻はそもそも完結していない(現在刊行途中)なのでこれから読む向きには
>オススメできない。
いやあ、先の展開を知らずにwktkするのもいいかもよ?
と無責任に言ってみる

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 11:31:43 ID:Fs8hWfvW0
>>54
しかしどうせ読むなら清濁併せ呑む方が水滸伝のおもしろさを堪能できる気がする

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 17:15:33 ID:A9bjalf1O
70回本は世界文学全集のだけ?

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 17:31:53 ID:LrsBdVx70
そういえばさ、岳飛対秦檜の構図と梁山泊の好漢対朝廷の四奸臣の構図って似てない?
結局、奸臣が生き残っちゃう点とか。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 18:16:55 ID:Y+tPyQ7o0
案外どこにでもある構図だとおもわれ。
思想がすれちがいまくってる二者。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 18:28:12 ID:CH4WtOEB0
>>60
お前、中国史以外本読まないだろ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 19:00:44 ID:LrsBdVx70
む、酷い言われようだが確かによくあるパターンだな。
時代も近いので必要以上にそう思ってしまったのかもしれない。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 19:45:22 ID:3EVZOnan0
狡猾な人間はなんだかんだで生き残るからな。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 18:54:50 ID:K5j+72y30
第65位 地走星 横山光輝版で相方、上司に外伝がついたのに1人だけ外伝を貰えなかった男。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 19:02:08 ID:/Z+0CmTt0
>>65
俺原作ちゃんと読むまで
こいつは樊瑞一味の軍師的立場の奴だなと解釈してた

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 21:58:37 ID:au/t3Xcc0
「悲華水滸伝」って評価はどんな感じ?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 22:07:04 ID:/Z+0CmTt0
>>67
ちょっとヤオイ臭い
楊林と薛永がやけに優遇されてる
あと俺のような晁蓋、李逵、樊瑞ファンは見るな

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 22:08:38 ID:/Z+0CmTt0
まあヤオイ臭いといっても
書いてるのは80近いばあちゃんだけどね

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:20:00 ID:WNRN8CwG0
>>67
宋江と薛永に衝撃シーンあり

あと、方臘戦で宋清大活躍
あとにも先にもあんなに活躍した宋清みたことねえ

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:42:47 ID:78QOB6pa0
悲華水滸伝は、やたら美形描写が多いんだよな。
んで「男でも見とれそうになる」とかなんとか書くからヤオイくさくなる

72 :70:2006/11/02(木) 23:47:05 ID:WNRN8CwG0
あ、忘れてた。

日本の二次創作水滸伝(小説)で方臘戦までやった数少ない作品だったっけ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 14:32:49 ID:caHfU9Ke0
晁蓋、李逵、樊瑞はそんなに酷い扱いなの?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 18:44:55 ID:mLeRpkHS0
悲華は宝塚 
ずいぶん前に読んだなぁ 今は文庫版とかも出てるのね

好漢たちがの年齢がみんな正伝のイメージより10〜20歳は若かったような記憶

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 21:40:48 ID:caHfU9Ke0
>>74
好漢達の年齢て明記されない事も多いけどみんなどう補完してる?
おれは時間経過無視すればこんなイメージがある

50代後半 皇甫端、杜興
 
50代前半 呼延灼、裴宣、安道全、金大堅

40代後半 公孫勝、秦明、李応、宣賛、燕順、湯隆

40代前半 晁蓋、呉用、魯智深、徐寧、朱武、韓滔、彭玘、侯健、宋万、杜遷
     李忠、朱貴、李雲

30代後半 宋江、林冲、柴進、索超、戴宗、孫立、陳達、顧大嫂

30代前半 盧俊義、関勝、花栄、朱仝、楊志、雷横、李俊、張横、黄信、郝思文
     欧鵬、楊林、凌振、蒋敬、孟康、楊春、雛淵、雛潤、朱富、蔡福、孫新
     張青、孫二娘、郁保四
          
20代後半 武松、穆弘、阮小二、張順、楊雄、石秀、解珍、単廷珪、魏定国、蕭譲
     ケ飛、王英、樊瑞、馬麟、陶宗旺、宋清、龔旺、丁得孫、周通、蔡慶
     李立、段景住

20代前半 董平、張清、李逵、阮小五、解宝、燕青、鮑旭、孔明、孔亮、項充、李袞
     穆春、曹正、薛永、焦挺、石勇

10代 史進、阮小七、呂方、郭盛、扈三娘、童威、童猛、楽和、施恩、王定六、白勝

ただ時遷だけはいくつくらいなのかどうにもこうにも想像できない

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 21:46:08 ID:caHfU9Ke0
一人抜けてた

50代後半 皇甫端、杜興
 
50代前半 呼延灼、裴宣、安道全、金大堅

40代後半 公孫勝、秦明、李応、宣賛、燕順、湯隆

40代前半 晁蓋、呉用、魯智深、徐寧、朱武、韓滔、彭玘、侯健、宋万、杜遷
     李忠、朱貴、李雲

30代後半 宋江、林冲、柴進、索超、戴宗、孫立、陳達、顧大嫂

30代前半 盧俊義、関勝、花栄、朱仝、楊志、雷横、李俊、張横、黄信、郝思文
     欧鵬、楊林、凌振、蒋敬、孟康、楊春、雛淵、雛潤、朱富、蔡福、孫新
     張青、孫二娘、郁保四
          
20代後半 劉唐、武松、穆弘、阮小二、張順、楊雄、石秀、解珍、単廷珪、魏定国
     蕭譲 、ケ飛、王英、樊瑞、馬麟、陶宗旺、宋清、龔旺、丁得孫、周通
     蔡慶 、李立、段景住

20代前半 董平、張清、李逵、阮小五、解宝、燕青、鮑旭、孔明、孔亮、項充、李袞
     穆春、曹正、薛永、焦挺、石勇

10代 史進、阮小七、呂方、郭盛、扈三娘、童威、童猛、楽和、施恩、王定六、白勝


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:08:12 ID:PSIfCjgb0
そしてそれでもなお忘れられている鄭天寿
不憫なり。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:39:28 ID:quMW8jAq0
史進は登場時18歳という記述がなかったっけ

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 00:29:57 ID:/vbdIFnG0
>>76
公孫勝はもちっと若いイメージあんな。
道士として一人立ちしてなかったし、登場時はっちゃけてたし。
晁蓋と呉用は同年代で、少なくともこの二人より若いイメージがあった。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 00:39:52 ID:91J3l3N50
>>76
大体同意だが
俺はこうなるかな?いわれてみれば時遷がつかみどころがないな

60代 皇甫端

50代後半 公孫勝(外見的には30くらい)、杜興
 
50代前半 呼延灼、裴宣、安道全、金大堅

40代後半 秦明、李応、宣賛、燕順、湯隆

40代前半 晁蓋、呉用、魯智深、徐寧、朱武、彭玘、侯健、宋万、杜遷
     李忠、朱貴

30代後半 宋江、林冲、柴進、索超、李俊、孫立、韓滔、李雲、顧大嫂

30代前半 盧俊義、関勝、花栄、朱仝、楊志、戴宗、雷横、張横、黄信、郝思文
     欧鵬、楊林、凌振、蒋敬、孟康、陳達、楊春、宋清、曹正、雛淵、雛潤
     朱富、蔡福、孫新 、張青、孫二娘
          
20代後半 武松、劉唐、穆弘、阮小二、張順、楊雄、石秀、単廷珪、魏定国
     蕭譲 、ケ飛、王英、樊瑞、馬麟、鄭天寿、陶宗旺、龔旺、丁得孫
     周通 、蔡慶 、李立、郁保四、段景住

20代前半 董平、張清、李逵、阮小五、解珍、解宝、燕青、鮑旭、孔明、孔亮、項充、李袞
     穆春、薛永、焦挺、石勇

10代 史進、阮小七、呂方、郭盛、扈三娘、童威、童猛、楽和、施恩、王定六、白勝


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 15:21:01 ID:DNCRk6vW0
李応とか柴進などの地主連中が梁山泊入りしたあとそこの小作連中はどうしたんだろうか。
二人とも糧食担当だから梁山泊から睨みを効かせてたんだろうか

そういや史進も地主階層出身だが家を焼き払ったあとそこの小作連中は(

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 20:19:22 ID:lbZjwsjF0
この種の物語では、細かいことは気にしないのが流儀

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 02:00:08 ID:5oOGeiZV0
>>81
土地の顔役が梁山泊入りしたため官憲の風当たりが厳しくなったので、
小作連中もみんなして梁山泊入り、と脳内補完

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 21:47:39 ID:RHkm29VM0
>>82
どこで収入を得ているんだ?と思うような、金の使い方をする人物っているよね。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 14:29:42 ID:pPzZ7iUb0
収入源は聞かない約束。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 12:37:43 ID:lytDNvZTO
サンテレビで古いドラマやってるけど林冲は中村敦夫かあ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 14:16:32 ID:D/Dml5Vx0
おおお…
水滸伝の総合スレか…素晴らしいな
2ch始まって以来、水滸伝スレはあちこちで迫害うけて、俺ら水滸伝ファンは肩身の狭い思いしてたからなぁ…

また遊びに来るぜ!

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 18:07:25 ID:9s0vTbpV0
お待ちしてます(^0^)

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:17:25 ID:ohSXd1rj0
>>87
水滸伝はこの板のメインコンテンツだ。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:22:22 ID:U4RVan500
もう一個の総合っぽいヤツのがのびてるな。
合流すれば最強スレだぜ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 23:50:13 ID:2KVJZBJD0
水滸伝派は我が武侠派のライバルか?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 03:39:21 ID:CX+BvaUa0
わああ、こんなスレできてるじゃないっすか!
嬉しい・・・嬉しすぎる。
また来ます( ^_☆)

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 17:58:59 ID:GOeArI5x0
高島俊男「水滸伝と日本人」
買ってみたが面白いな。
まだ読んでない諸兄はぜひみるべきだぞ。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 21:52:57 ID:lYP8weru0
>>93
具体的に、どういう内容で、どう面白いか教えてもらいたい。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:12:31 ID:dfiF2m0c0
「水滸伝と日本人」いいよね。
日本に渡ってきた水滸伝の原文、文簡本、後年の翻案や翻訳、創作の遍歴と歴史をあつかった良本。
高島さんは「水滸伝の世界」や「水滸伝人名辞典」とか水滸伝への研究・貢献が目覚しい。
宮崎市定さんの「水滸伝 虚構の中の史実」と佐竹靖彦さんの「梁山泊」とともに、
水滸伝ファン必見の書だと思う。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 01:01:07 ID:A99y0J5T0
ただ高島氏は「中国文学」の研究者だから
水滸伝の時代(舞台となった時代や成立した時代)のリアルな中国の
習俗とか風習とか流行なんかにはちと弱いんだよな

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 01:39:05 ID:fysNES320
水滸伝で描かれた世界は、だいたい明代初期が下敷きになっているらしいね。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 02:29:03 ID:ug/zo4yt0
>>95
しかし言いたかないけどあの辞典はかなりクソだよな

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 07:41:08 ID:xNW5D5yQ0
>>98
そうなの??

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 22:48:57 ID:uT7wtS330
100

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 15:54:02 ID:MBk8B1nV0
辞典は卒論書く時に
「コイツがあれやったのって何回だったっけな〜」と調べるのに役立った
ありがとう高島氏
口語文で水滸伝研究やってもらえると、文語に弱い人にも入りやすくて良いと思う
普段から活字好きって人以外にも、みんなに水滸伝読んで欲しいし

ところで李逵が人気あるのって納得いかないんだけども
あの人、猟奇殺人者じゃないか・・・

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 16:15:34 ID:G20zRzqm0
中国人と日本神社考え方が違うんだろうね。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 02:21:12 ID:jXOCC4SI0
>>101
辞典は異常にひらがなが多いんだよな…あと、唐突に出てくる関西弁がむかつくw

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 07:46:32 ID:3wRsfwjw0
>103
内容とまったく関係ない私情じゃねーかソレwww

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 08:38:56 ID:aMCMjf2O0
>>101
李逵は人間じゃなくてああいう動物だと思えば愛せるよ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 13:05:41 ID:jXOCC4SI0
>>104
いや、あのひらがなの量は異常。関西弁もなあ…辞典やることじゃないよ
って粘着してどーする俺w

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 13:27:24 ID:9KkN5oEC0
↓おめ

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 15:47:43 ID:GQwnj2tW0
↑THNKS!

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 22:06:18 ID:dE2YFKid0
駒田訳文庫の第七巻を電車に置き忘れてしまった。

瓊英が出てくる直前だったのに。。。。。


凄いショック。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 22:50:46 ID:su2xCISU0
マジレスすると
幸か不幸かネコババされるほどメジャーでないので遺失物で届いている可能性あると思う

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:51:07 ID:3cKyysCV0
馬霊はショタでFA?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 01:46:53 ID:KguBPMgSO
李逵はショタだよね

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 17:37:33 ID:bVhLNJkC0
あまりにショタすぎて斧で真っ二つにするぐらいだ

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 22:44:49 ID:wwFbgPz70
高島先生はなぜか助教授なんだよな
論文の数が足らないわけでもあるまいに

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:11:12 ID:pOIEvc7+0
>>103,106
高島俊男の『日本人と漢字』はお勧めだよ。
なんで高島俊男の文章にひらがなが多いかもちゃんと理由がある。
かいつまんでいうと
・漢字は一文字一音節一単語発音は四声の中国語を表記するのに最適な文字で
 日本語を表記するには本来最低の文字。
・漢字信仰に凝り固まったエセ知識人は逝ってよしm9(^Д^)プギャー!!
・しかしこれだけの長い間漢字によって発達してしまった日本語は、漢字抜きでは
 まともな文章にならない。漢字撲滅はもってのほか。
・戦後の当用漢字常用漢字はどうしようもない糞。国語審議会とJISは氏んでいいよ。

ということを凄く分かり易く知的に書いていてくれる。
結論として、漢字の使用を極限まで減らしているということ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 20:17:46 ID:+OumUf0P0
飛天蜈蚣の王道人あげ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 23:41:52 ID:pY5EE1Rc0
梁山泊軍団vs尿蛋白

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 17:44:36 ID:wa6RT03RO
歌川国芳、通俗水滸伝豪傑百八人之一個の
(及時雨・呼保義)宋江・霹靂火秦明・双鞭呼延灼・風流双槍将董平・百勝将韓滔・托塔天王晁蓋の
画集の本のタイトル名、画像、サイト、の情報教えてください!

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 20:59:06 ID:jkm6x8fD0
邪道かもしれないけど北方の水滸伝もかなり面白いよ
同じ名前の人達が出る別の話しと思えばいいのかも

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 21:09:46 ID:8xdd5tyn0
小説としてもつまらないと感じた俺・・・

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 00:04:00 ID:EIjMkE0y0
武松ヲタなんだが、北方読むのやめといた方がいいか?
なんかハン金蓮をレイプしたとか聞いたんだが。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 00:27:44 ID:izVx9vA+0
北方武松は心の弱さを持つ“人”として描写されていて、自問自答を繰り返してのた打ち回るという感じだから、
原作の“豪傑”のイメージを持つ武松が好きならやめといた方がいいよ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 02:42:22 ID:fUlMEWQR0
>>118
日本語でおk

北斎の描いた一0八豪傑図、どいつもこいつも同じよーな顔に同じよーな服装でツマンネ
李逵なんか完全に坂田金時だし
凌振が巨大な火縄銃みたいのぶっ放してるのは笑ったが


124 :121:2006/12/30(土) 11:08:28 ID:EIjMkE0y0
>>122
レスdクス
ちょっと萌えたから図書館で借りてくるわ

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 02:26:51 ID:FejtNMsHO
>>123・ダぁー!
知ってるの?情報教えてよ!!
ちなみに北斎じゃないからね…(・・;)
国芳だよ!(◎-◎;)

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 21:59:52 ID:THVMxQjE0
>>122
ちなみに原作って一般に誰の著書を言うの?
北方を最初に読んでるので、次にそちらに移りたいのだが。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 13:44:44 ID:T2Bg37LC0
ちくま文庫の駒田信二訳・水滸伝
たぶん、日本ではこれが一般的だと思う

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 21:43:53 ID:5FjnIIit0
>>125
国芳の豪傑図も見たことあるけど、>>118のがまとめて載ってる本は知らないなぁ。
湯隆とか孫二娘とか渋いチョイスだよな。

>>126
俺は高校ン時に横光から入って岩波文庫、ちくまのデカいやつと同時期に絵巻。
その後悲華やら後伝やら新・水滸伝やら。
今はちくまの文庫版もあって便利ですね。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 10:56:16 ID:2GPzup9a0
初めて読んだ水滸伝が、沼田清&久保田千太郎によるマンガだった
正直あまり出来はよくないと思うけど、討伐の時の高球と呼延灼の会話だけ印象に残ってる

高球 「私を裏切るなよ」
呼延灼 「私は男です」

高球 「男か・・男だから困るのだ。男というものはすぐ『意気に感じたり』するからな・・・」

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 23:44:28 ID:2Q3JMBJX0
>>129
いや、沼田&久保田版は絵はともかくストーリーや演出はかなりいいと思うぞ。
ラストの宋江と李逵の最後は、原作とほとんど同じことやってるのに180度イメージ
が違う名シーンだと思う。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 01:19:57 ID:hlovJFD/0
二人が梁山泊万歳を叫んで倒れるシーン、あの間とか演出のせいでかなりぐっと来た・・・
あちこちはしょんなかったら最高だったのに(扈三娘ぐらいは出して欲しかった)
あと高Qかっこよすぎなのがなんかいやだった

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)