5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆☆☆三国志の英雄を語るスレ☆☆☆

1 :張春華 ◆Shunka/GUM :2006/10/24(火) 00:24:36 ID:OHA0GabF0
中国の三国時代の人物達を語りましょう♪

※正史・演義問わず!どちらかを卑下した質問は控えること!


2 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/10/24(火) 00:30:40 ID:K4Si42Sa0
それは相応しい板を優先しろよ・・・

3 :張春華 ◆Shunka/GUM :2006/10/24(火) 00:32:00 ID:OHA0GabF0
この板にあっても問題ないと思います!m9(*・ヮ・*)キャハ

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 00:35:52 ID:NUxUnz6j0
こういう奴がいるから荒れるんだよな

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 09:11:53 ID:x/1McbZP0
総合スレ一つだけならいいんじゃない?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 09:44:13 ID:TECWZCWd0
はわわ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 17:34:05 ID:s92vdKVI0
わはは

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 20:36:57 ID:+dgy6r9V0
張春華様∩(´∀`∩)万歳

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:36:20 ID:uYV7wkl90
はわわ。ご主人様!敵が来ちゃいました!


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 21:37:53 ID:5Tq/9hus0
韓信一人で曹操、劉備、孫権全て平らげます

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:26:32 ID:8s3jzaOwO
このスレは三戦と差別化するために、完全正史限定で話進めて行けばいいんじゃないの?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:04:51 ID:6L/esRA30
>>11
必要ないね
なんで三戦と使い分けなきゃいけないの?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:08:17 ID:sGnlR7Jz0
ドキ!女だらけの三国志。
ポロリもあるよ! で行くべき。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:29:07 ID:XO4OMi8+0
>>11
板の趣旨からするとむしろ演義とか平話が主になるんじゃないかなあ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 21:46:13 ID:Z0+AVTLKO
審配正南
マジオヌヌメ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 16:10:03 ID:9d5zg0uzO
三戦板で赤壁の戦いなんて大したことなかったみたいなこと言ってた人いたけど
実際どうなんだろうね
自分は赤壁の戦いは中国史の中でも非常に重要な一戦だと思うんだけど
この板の人達ならいろんな時代に詳しい人が多いだろうし、そういう人達の意見を聞いてみたい

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 16:16:34 ID:C4QxV7qz0
非常にとまでは行かないが、南北決戦の常に中国史における一大転機

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:42:44 ID:LPkOSVWI0
>>16
と言うより赤壁の戦いは創作、実際は曹操が船焼いて退却した

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:52:36 ID:2mLn6hUTO
「中原政権の軍が赤壁まで行きながら、目的を果たさずに引き返し、その後数十年はまた赤壁まで行くことも出来なかった」
つまり当時の中原政権の限界を如実に示す画期だった。
戦いがあったかどうかは歴史的には重要じゃあない。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 21:13:39 ID:9d5zg0uzO
>>18
創作は言い過ぎじゃないですか?
周喩伝でも黄蓋伝でも黄蓋が投降すると見せかけて火計をしかけ
魏の側では相当な数の者が死傷したとありますが?

21 :霍去病 ◆jNfzY2GRwo :2006/10/26(木) 22:37:32 ID:eRm0ezT00
>>18は釣りだからスルー推奨

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 22:45:50 ID:LPkOSVWI0
赤壁の戦いは不可能

・揚子江は水流が速く動力を持たない当時の舟では水上戦は不可能
・漢口は疫病の産地
・赤壁では曹操軍は攻勢終末点に達してる

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:00:37 ID:woiG2IWT0
>>22
お前は三戦から出てくるな

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:08:34 ID:LPkOSVWI0
ありもしないできもしない事を作るなんて特定亜細亜人ですか?
ましてや反論もできない上、意見も受け入れないということは北朝鮮崇拝者ですか?

25 :霍去病 ◆jNfzY2GRwo :2006/10/26(木) 23:13:57 ID:eRm0ezT00
何か気持ち悪いのが沸いたみたいだなw

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:20:06 ID:woiG2IWT0
>>24
「周瑜は加封されてない」なんて項目をアッサリ消すくらい
簡単に論破される程度なんだからよ。
そういう釣りはあっちのスレだけでやってろってw
必死になってage続けるなってのw

>>25
だね

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:23:56 ID:LPkOSVWI0
>>26
あいまいな部分を消して合理性のある部分のみ書いてるんですが?
もっとも妄想空想しかできない人間だろうが(笑)

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:31:38 ID:2mLn6hUTO
意外に釣りじゃないのかもな
だとしたらかなり痛いが

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:34:38 ID:XT9U3+YpO
>>25
クソコテの藻まえが言える立場じゃないがな

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:53:11 ID:9d5zg0uzO
確かに言われているほど曹軍の決定的な敗北ではなかったのかもしれないけど
曹操の天下統一を阻んだという点で非常に価値ある一戦だと思いますけど

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:58:37 ID:LPkOSVWI0
Φ Φ
 ゝ
 З「もう赤壁の話飽きた」

32 :霍去病 ◆jNfzY2GRwo :2006/10/27(金) 00:11:53 ID:A55BoFsF0
飽きたなら消えなデブw

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 00:21:30 ID:msxHgFbzO
三戦でも赤壁の話題で盛り上がってるね

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 00:27:42 ID:kwiCFF4u0
赤壁て、正確な場所もわからないんでしょ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 00:36:10 ID:zyHwpQIs0
三国志から一人選べと言われたら周瑜を選ぶ
周瑜の軍事経略は後の歴史が正しいことを証明しているからな
先鞭を付けた意味で卓越した戦略眼の持ち主であったことは間違いない
惜しむべくは病で倒れて実行出来なかったことだが

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 02:25:10 ID:KTVqNARj0
.\                            ,へ、,.-‐ー/´\- 、
  \                          ./,r^ヽ -―‐'⌒'ミヽ ヽ
    .\                       ,.'/ 〃,    ヽ ヽ\. `、
      \                  .,.'〃/ / i ! ! l l i lノ (,. i l .'、
       \     .          〃!l. ! !_l,⊥| l. | { l⊥⌒i } !.l. i.
     .    \               ´ l.| | Nヽ)_NVヽレ)L_レ | | l !
      .ト    \               .!|ヽN.ハ「';i」   ´|l';;il」_|_! l l.              はい、オッケーです♪
   ヽ、i / .∠   \                | l |i.ゞ┘ '__ └-'.|>>|. | l__∧__T _ ,,,r -r-T‐-、
    / y'_/      \    __,-,,-、     | l| !ゝ.  ヽノ  ノ |彡|.i l |~ 。 r *o:*::f:::r::::.l
 .ゝ-+-::i⌒ヽ       _\__/| | l |ヾ-!.-ー| l| l | |` ;_-_.'┘、.|三|. l_l l,,、:*o;;;ro ot _f_ヽ丿
  .__/::| |  i >>32 l⌒l二|-l ..uUU"'l---| |.l | レ'7ミ≡彡ノ〈,ハ「| | |. l ,、..-'''''''"V"~~ ┴
   / /:| |  i     "~  | ヽ (   ノ   | レ、'´ {丶ニ ノ ムム| U l l
    i ::| |  }     .   |┌`――,i   | i |ミ丶、 .l  /  ノハヽ、| i |
    /i ::し//        .  | |三三三l   ! l l  ```ミ.レ´彡´//    .| i |ヽ
     ::| (( __       . | |.     . |  / //      `i'´  ///     ) ! | `

37 :霍去病 ◆jNfzY2GRwo :2006/10/27(金) 02:36:56 ID:A55BoFsF0
いつまで起きてんだデブwさっさと寝ろw
そうやって朝まで2ちゃんやってるから赤壁がなかったとか狂ったこと言えるんだよw

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 20:36:59 ID:fDBrCFgG0
烏林の対岸で唐以後には三国時代の鏃や銅矛・銅剣などが出土しているみたいだけど
安易に赤壁の戦いと直結しないほうがいいのでしょうかね?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 20:48:35 ID:TavDgbbI0
よくは知らんけど、赤壁での戦闘は、なにも曹操と孫権の戦いだけじゃないし。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 02:58:16 ID:ZPBkh3H50
赤壁の戦いなど創作確実だともっぱらのウワサ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 03:02:38 ID:Fosa5MMy0
に、しようとしているデヴはとっとと寝なさい

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 09:53:31 ID:PiKkG6uQO
そもそも三国志の歴史書って信用できるの?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 11:03:05 ID:BavDBui30
赤壁は結局のところ、実際にどんなことをしたのかよく分からない。

ただ、当時の情勢に決定的に大きな影響を与えた極めて重要な戦い、ではなかったらしい。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 17:15:23 ID:0CnKDMPQ0
ここは三国志の英雄を語るスレであって、
赤壁スレではない。
遠慮せず、赤壁スレを立てればいい。
中国英雄板が三国志を排除気味なのは、
三国志が駄目だからではなく、
少数派保護のための規制に過ぎないのだから。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 17:35:11 ID:9owSKBVU0
>>44
赤壁の戦い
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1161249798/l50

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 18:30:31 ID:KENND1UvO
ここを三国志総合スレにしてもいいのでは?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 12:49:21 ID:26deI4230
三国志人物総合スレかな。
さすがに、1つにまとめるのは無理だろう。
劉備、曹操、諸葛亮などごく一部のメジャーな者を除いた、
マイナー人物は、まとめてここで語ること。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 16:22:09 ID:PwOzZUuR0
じゃあ趙雲を語ろうか

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 16:52:56 ID:GOhR1eMxO
趙雲別伝は信頼出来る資料か否か

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 22:23:39 ID:zI5/P78T0
↓のスレでは程cは無能の武将と断定されています。
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1159613660/l50

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:39:57 ID:801cTNPH0
>>48
趙雲は、中国史全体を通して、メジャーな人物かと問われれば、
苦しいと思う。

52 :霍去病 ◆jNfzY2GRwo :2006/10/31(火) 23:57:21 ID:i7Ng5lhJ0
>>47
何仕切ってんじゃボケ

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 09:16:38 ID:OHcpydpu0
>>51
マイナーな人物を語るつってんだろ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 14:43:48 ID:cn9gYzFtO
羊胡と陸抗って何で知り合ったんだ?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 23:15:14 ID:vQcgVbcT0
間者を通してじゃない?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 15:54:18 ID:CiRyURVV0
>>52
じゃ、代わりに何か案を出すべし。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 15:48:33 ID:V8MlL4X+0
三国志において、主要十大人物を選ぶとしたら、
誰と誰になるだろうか?


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 18:37:27 ID:C7ibXs9M0
曹操・劉備・孫権:語る必要なし
張角・董卓:後漢に引導を
袁紹:こいつが勝てば三国ではなかった可能性もあり
荀ケ:曹操台頭の原動力
諸葛亮:なんとか三国鼎立となったのは彼の力量
司馬懿:晋へと続く道
陸抗:奮闘したため魏の統一で終わらずドラマチックな展開に

孫堅・策は2人セットでと思ったためあえて入れなかった
まぁ、話の展開重視で選んだので異論も多分にあると思うけど

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:16:53 ID:N6Fb1esYO
曹操・劉備・孫権(言うまでもなく)
――皇帝の壁――
司馬懿(後の晋朝の基礎になったから)
周瑜(曹操の統一を阻んだから)
張角(乱の始まり)
――歴史を変えた壁――
袁紹(華北の最大勢力)
曹丕(曹操とセットで。後の王朝の模範になった)
陸遜(荊州を呉のモノに確立させた)
孫策(孫呉政権の基盤になった)
――歴史に必要な壁――

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 16:13:36 ID:e3Kmt+6jO
あのー・・・あなた諸葛亮を過小評価しすぎじゃない?正史読んでる?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 17:36:25 ID:h5bW/J+GO
荀イクって何故か後漢書にも立伝されてるよね
范嘩は荀イクはあくまでも後漢朝の忠臣としたかったんだろうか
死因に関しても自殺と断定してるね

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 17:59:13 ID:N6Fb1esYO
諸葛亮は歴史的にみれば一地方政権の勝れた宰相でしかない
能力としては評価出来るが、重要人物としての評価が下がるのは仕方ない
文化面に関して言えば、文天祥の正気の歌に並ぶ出師の評があり
その忠節は王導と並べたりしているが
歴史の大河において流れを変えた・後世に影響を与えた人物として第一に上がらない

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 19:50:31 ID:tZCYoU6G0
対外的に見ても、孫権と並ぶ魏の仇敵だろう。十番に入るかどうか知らないが…
ちゅうか、呉が一番多いってのは。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 20:29:21 ID:HO93/cRe0
蜀なんて何時の時代も刺身のツマみたいなもんさ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 04:50:40 ID:aFtsUU3hO
>>62
とりあえずあなたがにわか正史厨ってことはわかった
論じるに足りない客。恥をかく前に早々と失せたまえ
まだコーエースタッフの方がマシな評価つけられるなw

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 09:20:15 ID:2oZUK+PUO
ここは正史準拠で語っちゃダメなの?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 11:40:49 ID:BoEu1Syj0
主要十大人物に選ばれる面々なら、この板でも個人スレを立てる資格があるかもね

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 12:07:37 ID:3kEFJeGv0
諸葛亮は不運・・・・・・・・。
蜀の滅亡の原因は宮廷の内部闘争だったわけで、諸葛亮の過労死も原因は
それだもんな。
国内の経済とか諸々の危機を外征で解消しようとして軍事行動起こして、
出陣したら途中で宮廷が揉めて蜀の内部の危機が高まったから引き帰した。
出ては帰り出ては帰りを繰り返しとうとう魏との決戦を求めた3回目の出陣
では途中で投げ出すように死んだ。



69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 13:37:25 ID:iwCnorKk0
皇甫嵩

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 14:10:08 ID:ikhrBs6u0
阿斗こと劉禅…が英雄だと思います。
あと、星彩ちゃん…XD

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 23:25:16 ID:Aq8FuxDz0
赤壁の戦いはブック

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 23:52:18 ID:BcUz2vZIO
劉備「俺わざと進軍遅らせるから、孟徳お前はそこを一気に攻めちゃって」
曹操「え?大丈夫ッスか玄徳さん」
孫権「いくらなんでも無茶ですよ〜」
劉「いいんだよ、逃げるから。お前も上手いこと手加減しろよ。一番の見せ場だからな」
曹「わかりました。でもそのあとどうするんスカ?」
劉「お前は江陵から江南に向かえ。見栄えするように大袈裟な降伏勧告出しとけよ。で、厨房は俺の味方して参戦な」
孫「わかりました。周瑜出します」
劉「そうしろ。やっぱ腐女子人気考えたらアイツは外せねえな。よし俺は諸葛亮そっちに送るから上手くそっちのイケメンに絡めとけ」

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:16:30 ID:cjGYm44d0
制作人(プロデューサー)劉備

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 02:18:39 ID:OT08H9C50
何で戦国時代板はできたのに三国時代板はないの?
三国時代って英雄だけの時代じゃないじゃん。

75 :霍去病 ◆jNfzY2GRwo :2006/11/11(土) 21:56:08 ID:Xaz6X0OM0
>>59
袁紹とかマジ雑魚www

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 23:23:32 ID:x3eLmSkQ0
>>74
三戦板を三国志板化するんじゃなかったの?


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 01:05:28 ID:iACSOyOMO
>>59
曹操は皇帝になってないのに皇帝の壁より上で
後漢朝から禅譲を受けて皇帝に即位している曹丕がその下なのはどういう訳だ?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 01:52:42 ID:TIwLxSCfO
曹操も司馬懿も皇帝になろうと思えばなれた。
だがあえてそれは選ばなかった。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 05:28:25 ID:Li+Xxmia0
司馬懿はあの時点では無理
曹操は可能だが

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 05:35:11 ID:k1KcoxVW0
皇帝になることよりも権力掌握が重要。
司馬懿も曹操も実より名を取る馬鹿ではない。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 08:33:42 ID:Li+Xxmia0
曹操の場合は名を取っても充分実が帰ってくるよ
けれど赤壁で負けて、漢中から撤退した時点で統一が不可になった
統一していないのに皇帝を名乗るコトが老獪に差し掛かった曹操には億劫だった
後漢貴族としての育ちの良さが結局皇帝へ自身を踏み込ませなかったんだろう

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 08:35:27 ID:rUaFzdaC0
まあ皇帝になるだけなら袁術にもできる。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 15:46:08 ID:UODZ+aaAO
呉が一応は降伏した時点で曹操に即位を望む声はかなり強かった
即位自体は十分可能だった(でなきゃ曹丕もできない)
しかし少なくとも蜀を何とかしてから即位しようというのが曹操の判断
魏がいずれ禅譲を受けることは曹操自身認めていた
(というより自分が漢を無力化したのだから当然か)

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 15:51:45 ID:hWCQkQ0Y0
やっぱ新とかを研究したのだろうか。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 15:52:51 ID:c6VNstcq0
ぶっちゃけおれも皇帝自称してるけど


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 16:21:37 ID:VKFlzrCG0
劉備!人身をつかむそのカリスマ性は今日の時代、世界の国々を越えて
語り継がれるまさにドラゴンクエスト天空の勇者のような実在した存在。
血よりも濃い三兄弟の物語は本当にかっこいいとしか言いようが無い


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 07:57:55 ID:aAxipEIw0


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 23:52:04 ID:nmrMUlL70
>>85
国号は何ですか?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 13:49:40 ID:Ih508dKX0
曹操が漢中で勝っていたら、そのまま蜀へ侵攻できただろうか?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 18:59:08 ID:QztdyMPq0
曹操自らってコトは無いんじゃない?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 09:49:49 ID:hh8B7BFi0
 三国時代で最も優れた君主は劉璋だと思う。
 なぜなら、彼が一番民衆側に立って思考ができる人物だったから。
 民のために自分が支配していた土地を明け渡す。並みの人物にできることではありません。
 曹操のように己の理想に向かって突き進むやり方では、確かに混乱した時代を早く収束に向かわせることはできると思いますが、その代償として多くの人命を失うなど不幸な出来事を免れ得ません。
 ちなみに君主以外では、孔融。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 12:54:59 ID:N25AkjPD0
劉璋英雄伝説

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 11:18:52 ID:bmzR2z2L0
>>75
では、袁紹が雑魚と言える論をどうぞ。
貴方の素晴らしい論文を期待しています^^;

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 12:33:56 ID:qDs3ahRz0
>>93
まぁまぁ落ち着かれよ。

でも、無双とかのイメージで袁紹はザコみたいなイメージが出来てるのも事実…可哀想な人。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 17:01:51 ID:iDMMJDFE0
郭嘉と荀ケにボロクソに言われて見放されたのが大きい

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:21:03 ID:2uX7GNaI0
魏延

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 21:50:50 ID:LhRefOAH0
>>94
雑魚というかアホキャラとして描かれることが多いな

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 16:42:18 ID:CdgR+hDi0
劉備って、背後にいろんな支援者がいたんだね。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 23:54:45 ID:Sr3Y8M9J0
軍需産業みたいなところの支援を受けていた。

100 :霍去病 ◆jNfzY2GRwo :2006/12/05(火) 23:17:40 ID:62aVJzpf0
>>92
信じます

101 :霍去病 ◆jNfzY2GRwo :2006/12/05(火) 23:19:09 ID:62aVJzpf0
まぁというか劉備の持ち上げのせいで散々に書かれてる劉璋はマジ可哀想だよ
ちなみに張任とかマジ最高なんだが

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:39:47 ID:LTs5+NOs0
劉璋を主人公にした小説を読んでみたい

103 :霍去病 ◆jNfzY2GRwo :2006/12/05(火) 23:45:30 ID:62aVJzpf0
>>102
三国自衛隊とかできないかねぇ〜

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:51:58 ID:1cUsr32r0
>>103
三国人民軍

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:59:27 ID:PiTwGtj50
陶謙みたいに争う事なく国を譲っていれば劉璋も思いやりのある善人として描かれたかもね

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 23:56:31 ID:+4RDTDB80
張角は長生きしたら、どうだっただろう

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 23:51:06 ID:OgrjFagK0
魏・呉・蜀の歴代皇帝・袁術・司馬炎
――皇帝の壁――
曹操
袁紹
董卓
――歴史を変えた壁――
張角
諸葛亮
関羽
孫策
李確
――歴史に必要な壁――

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 23:54:37 ID:oC9Op4Pf0
でも、関羽は神様となって、華僑のいるところ、
世界中に廟が作られているからな。

並みの皇帝より上だろう。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 03:39:53 ID:qDZa6z7SO
>>107
何がしたいのか全くわからん。

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)